ウルフルケイスケオフィシャル ブログ ULFUL KEISUKE SANKON Jr.'S BLOG official blog SANKON Jr.'S BLOG official blog SANKON Jr.'S BLOG official blog SANKON Jr.'S BLOG official blog



<   2011年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

根岸さんバースデイライヴ@吉祥寺SHUFFLE!

昨日のライヴは終始あたたかい雰囲気に包まれたライヴだった。


根岸さんとともに音楽を作って来た人、今現在作っている人、そしてこれから作る人。


昨日は根岸さんの音楽人生が凝縮されたような、素晴らしいミュージシャンの方々が集まってくれた。


そんな素晴らしいミュージシャンの方々と一緒に演奏でき、オレも本当に良い経験をさせてもらっている。


感謝です。


お祝いに来てくれたお客さんも本当にありがとう!!!


最後にスーパーミラクルな写真を!

a0168922_21475535.jpg

サウンドチェック終了!

a0168922_17421190.jpg

さぁ今日もがんばるぞー!!!

リハーサル中!

a0168922_15113461.jpg

今日は明日の根岸さんのバースデイライブに出演する、ネギサンwith黒沢秀樹でのリハーサル!


ただいま休憩中。



さて、そろそろやりますか!

明後日は、

「Takamune Negishi "50th Anniversary" Special Party」@吉祥寺Shuffleです!


今日は根岸さん、SHUUBIさんと3人でリハーサルをしていたのだが、


とてもいい感じになりそうだ!!!



みなさま是非ともお誘い合わせの上おいで下さい!!!




そして今日も写真がないので、Howlin' Wolfの1964年のライヴ映像を!!!



ウィーーウゥーーーー!

武蔵野音楽祭!

なんかいい響きなんでもう一度、


武蔵野音楽祭!!!


ひさびさに東くんと吉祥寺Planet-Kに出演し、思い切り叩かせてもらった!


ありがとうございました!




そして今日は、現在タイスケモバイルで月イチ配信中のコンテンツ、着ドラムのREC。

a0168922_22555634.jpg


めずらしく中学のときに初めて買ったスネアドラムを使用。
a0168922_225782.jpg


オレに「ロック」を教えてくれたバンド、A.R.B.のドラムのキースさんが当時使用していたPearl社のフリーフローティングシステムを採用したブラスシェルのピッコロ。


ドラムセットを積み込んでいるときに、

「おっ!?」

と、このスネアがなんか気になったので持って行ったら、

すんげー良い音してた!!!



26年前に初めて買ったスネアが良い音で鳴ってくれると、それだけで嬉しいもんだ!!!



今日録ったトラックは11月から順次配信予定!



お楽しみにー!

サウンドチェック終了!

a0168922_17582316.jpg

今日は武蔵野音楽祭というイベントの一環!

DJブースもあり、手作りカレーもあります!


そしてわれわれの出演は21時から!


オレは待ってるぜ!

ミナミホイール!

来月の14、15、16日に大阪で行われるイベント、ミナミホイール2011に東くんと出演することが決まりました!

10月14日金曜日、場所はFANJ twiceで19:30から!

関西方面のみなさん、よろしくですー!!!


a0168922_22454597.jpg

写真はだいぶ前に買った、Motownの5枚組のレコード。

値段が1450円という脅威的な価格だったので購入したのだが、聴いてみるとイントロに各アーティストのおしゃべりが入っていたり、ラジオのDJのような曲紹介が入っていたりと、やはり驚異的な価格にはそれなりの理由があったのね。

なのであまり聴いていなかったのだが、よくよく聴くと掘り出し物が埋まっていたりするもんだ!

Diana Ross & The Supremesの最後のライヴで歌われた「Someday We'll Be Together」が収録されていたのだが、これが素晴らしい!!!そのライヴ盤を丸ごと聴きたくて調べてみたのだが「Diana Ross & The Supremes Captured Live On Stage!」というタイトルで1970年にリリースされ、1992年にCD化されてたようだが現在は入手困難とのこと。残念。

ということで、スタジオ録音盤のSomeday We'll Be Togetherと、

上記のライヴ音源のSomeday We'll Be Together

そして、こんなMix初めて聴いた!!!オリジナルMIXといわれるSomeday We'll Be Togetherを!



ライヴ音源のドラムのフィルインがたまらんぜ!!!

昨日の新宿。

レッドクロスのステージに立つのは初めてのオレ。

なかなか要領を得なかったが、ライヴは思いきりできた。

昨日はOHIO101を長らく支えてきたベースのケイマンこと窪田くんが最後のステージだった。

オレは関わってまだ間もないのだが、純也くんと窪田くんの関係と言うか、二人の距離感と言うか、やはり6年間一緒にやってきた者同士でしかわからないものがあり、一言では言い表せない思いがそこには確実にある。

そんなことを自分なりに感じながら昨日はドラムを、いつも通り、思い切り叩いた。

これからの窪田くんの音楽人生が実り多きものになることを願っている。



そして写真は昨日のライヴ前、新宿をウロウロしていて見つけたもの。

a0168922_23503775.jpg

某洋服屋さんのポスターなんだが、キャッチコピーを読んで

「!!!」

とならずにはいられなかった!!!

読んだ瞬間聴こえてくるのは、竹安くんの痛快なカッティングで始まるあの曲だ!!!


そういやちょうど去年のいまくらいに、グレートから電話をもらったんじゃなかったかな。

なんとも懐かしく、そして、いま思い出しても興奮する記憶の一つ。



そんなフラワーカンパニーズは現在九州ツアー中!



お近くの方は是非ともヨサホりに!!!

サウンドチェック終了!

a0168922_16245188.jpg

今日は新宿レッドクロスにてOHIO101のライブ!


新宿の街はお祭りらしく、祭り囃子の笛の音や、出店の呼び込みなど、この後ライブじゃなかったら確実にビールを飲んでいるシチュエーション。


楽器屋さんと服屋さんをウロウロしているんだが、はて?オレは何を探しているんだっけ?




今日もがんばります!

レコードを

PCに入れる作業をやっていたら、なんかおもしろい流れになったのでちょっと紹介。


a0168922_18474312.jpg


まず奥左の緑のジャケットはArt Blakey and The Jazz Messengersの「Kyoto」というアルバム。

渡辺貞夫さんの「Nihon Bash」という曲が吹き込まれているのだが、なんともオリエンタルな響きがカッコいい!



そしてその横、Jimmy Smithの「Got My Mojo Workin'」というアルバム。

これは忘れもしない、初めて仕事でニューヨークに行ったときに、ウルフルズのメンバーや当時のプロデューサーの伊藤銀次さんらと行った中古レコード屋さんで買ったレコードの中の1枚。$6.00のシールがまだ貼ってある。当時ファンキージャズが流行っていたのもあって、Jimmy Smithの名前だけがかろうじてインプットされていたのと、アルバムタイトルがあの有名な曲だったので買ったようなもの。当時よりも今の方が断然聴いている!



手前左はThe Walter Wanderley Trioの「Cheganca」というアルバム。

Jimmy Smithを聴いていたら無性に聴きたくなってしまい、PCに入れる予定ではなかったのだが聴くとやはり入れてしまう。「Walter Wanderley」という名前にほとんどの人が馴染みがないと思うが、曲を聴くと知っている人も多いんじゃないかな。タイトル曲は本当にカッコイイ!!!



その隣はブラジルの歌姫、Elis Reginaの「O Melhor De Elis」というアルバム(全然読めない)。

Walter Wanderleyからの自然な流れ。



そしてElis ReginaとZimbo Trioのライヴ盤、「O Fino Do Fino」というアルバム(もちろん読めない)。

この中の「Samba Meu」という曲がカッコよすぎて、何年も前からコピーしようとしているのだが、いまだに出来ず、、、。なんせZimbo Trioの演奏は恐ろしいほどカッコイイので一度聴いてみてほしい。そしてこのアルバム、最後にElis Reginaが歌っているのが「Cheganca」だったということにいま気づいた!ビックリー!



さて、明日は新宿レッドクロスでOHIO101のライヴ!!!

出演時間は19時過ぎからー!!!


オレは待ってるぜー!