サンボマスター サンボマスタープロフィールライブスケジュール オフィシャルサイト レーベルサイト アーティストデータ
インフォメーション 最新インタビュー
[2011.2.18掲載]


『サンボマスター 究極ベスト』

New Best Album
『サンボマスター 究極ベスト』
2011.4.6リリース


【初回生産限定盤】
SRCL-7609~SRCL-7611
¥3,675(税込)

この作品を購入する

【通常盤】
SRCL-7612~SRCL-7613
¥3,150(税込)

この作品を購入する
[収録曲]
<DISC 01>
01.世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
(アルバムバージョン)
02.希望の道
03.世界をかえさせておくれよ
(きみのためにつよくなりたいバージョン)
04.できっこないを やらなくちゃ
05.光のロック
06.青春狂騒曲
07.ラブソング
08.歌声よおこれ
09.君を守って 君を愛して
(きみのためにつよくなりたいバージョン)
10.美しき人間の日々
11.very special!!
(アルバムバージョン)
12.I Love You
(アルバムバージョン)
13.きみのキレイに気づいておくれ
14.手紙
15.全ての夜と全ての朝にタンバリンを鳴らすのだ
(アルバムバージョン)
16.月に咲く花のようになるの
17.そのぬくもりに用がある
(アルバム・バージョン)

<DISC 02>
01.さよならベイビー
02.これで自由になったのだ
03.熱中時代
04.ふたり
05.新しく光れ
06.人はそれを情熱と呼ぶ
07.週末ソウル
08.夜汽車でやってきたアイツ
09.想い出は夜汽車にのって
10.愛しさと心の壁
11.新しい朝
12.朝
13.愛しき日々
14.スーパーガール
15.絶望と欲望と男の子と女の子
16.夜が明けたら Naked
17.あなたといきたい

僕の今年中に!とみてる夢
海がみたいなー。


八重山あたりのズバーって広がってまっ青な海。


スキューバーダイビングなんてしちゃったら最高だね。



朝からスキューバーやって、昼飯は八重山そばかカレーライスだ!


なんかアウトドアな気分の時にはカレーライスが食いたくなるんだ。


宿は民宿かなんかでね、ホテルでもいいな。


でもビジネスホテルは勘弁だ。


ツアーじゃビジネスホテルばっか泊まってるから、せめてこんな時くらいはそこは外したいじゃないか。


一週間くらい居たいなー。


宿にはDVDが付いてて、夜はそいつでお笑いDVDざんまいだな。


夜釣りに行くのもいいなー。


釣りが好きなくせに僕ぁかならず船酔いをしちまうから今回は磯にチャレンジだ。


晩飯は何にするかなぁ。

海の幸でもよし、ニ食連続カレーライスでもよし、ゴーヤーチャンプルー定食もよし。


八重山は牛肉も最高らしいから財布と相談して可能ならばそれでもいーなー。


そうなると夜はちょいと食休みがしたいからやっぱりDVDだな。


ダチョリブレ、ガキ使、くりいむナンとか、ゴットタン、面白いやつ目白押しだなー。


誰といくかも重要だぞ。

元かまボイラーの清水さんなんかといったら笑っちゃうだろーなー。


一緒に曲なんか作ってね。


お互いダメすぎて腹たっちゃったりしてね(笑)。


ダメコンビの八重山の旅。


あぁ、海キレイだろーなー。


週末ダイナーのツアーで行っても楽しいだろーなーって、他人様のイベントで行こうだなんて強欲もイイトコだね!



でもライブに集中出来ないだろーなー。八重山が美し過ぎて。


だいたい他のとこも、ツアーでいくと、まずはライブ!そいつを成功させなきゃ!ってなるから、ま、当たり前だよね、けっこうどうしても臨戦態勢になっちゃうっつーかね。


だったらやっぱり清水さんか。


メンバーと一緒じゃなきゃね。



あー僕の夢はいつかかなうのだろーか。
# by samboblog | 2010-10-20 20:14
またまた下北沢レコード日記
あれから10周年ツアーの間隙をぬって本日わたくしは下北沢レコードガチ買いツアーを決行したのです。


目指すお店は下北沢の名店FLASH disc Ranchィィ!店主の椿さんと名盤たちが俺を待ってるぜ!


まずハヤル心を落ち着かせるために曽我部さんのこれまた名店city country cityでグレープフルーツジュースで一服しつつレコードもチェック。

なんとこの日はスタッフのマッツンさんが曽我部さんとライブハウス・キューでDJをするらしく、そこで配布する用のミックスCDをなんとマッツンさん、僕にプレゼントしてくださったのです!


やったー!!!


がっつりパンクのミックスCD!!


今日はこんなのゲットしたかったんス!!


そしてレコードもチェックしてメボシもつけ、いよいよFLASH disc Ranchに出撃!!(city country cityには後ほど帰還するのだ!)


今日の狙い目は80's以降のパンク・オルタナティブ・パワーポップ。まぁギターがぎゃんぎゃん鳴ってればそれでOKだ(笑)。


早速棚をチェックするとマシュースウィートのオリ発見!幸先良いスタート!!


その後もギャングオブフォー、マッドネスのオリジナル盤などアツいお宝を掘り当てるも、やっぱり他の棚が気になってくる。


どーなってんだべロックやらソウルやらジャズやらのお宝は。


なんだか予感がするなぁ。

名盤が呼んでる気がする…


そしてその予感を信じて棚に行ってみるとありましたありましたお宝の山!


美品でポスター付きのジョージハリスン大名盤<オールシングスマストパス>オリジナル盤が1500円!そしてWHOの名盤<トミー>オリジナルも美品で1800円!でも俺持ってんの!ボロボロで中身の本がなくて、だけどオリジナル盤だから5000円ってやつ(泣)!こっれでもなぁ。これだけの状態のやつ(もちろんインナースリーブ入り!)がこの値段はないもんなー!


よし、方針転換だ!マシュースィートとマッドネスは今回ばかしはあきらめる!そんでジョージハリスンとWHOだ!


こうなったら椿さんに直接聴いてみよう。


椿さーん、ナンかアツい盤ありますかー?


椿さんが教えてくださったのはなんとボブディランのセルフポートレイトオリジナル盤!そしてルードナルドソンのLIVE盤!モンゴサンタマリアLIVE盤いずれもオリ!


他にもエルビンビショップやらアイク&ティナターナーのLIVE、スティービーワンダーインナービジョンズオリジナル盤などを格安でゲットすることが出来ました。


そしてこの日のピカイチお宝はマイルスデイビス、マラソンセッションの名盤<クッキン>なんとオリジナル盤!


アツい!


アツすぎ!


だって2800円なんだもん!


怒られそうなくらいお手頃なんだもん!


そしてこの日はお店にやってきたバンドをやってる若者とも話が出来たんだ。


彼は今度のサンボマスター渋谷AXワンマンのチケットを確か整理番号45番くらいでゲットしたらしくて、こりゃあ僕にとっても有難いことでした。

彼とパンクのレコードやらソウルのレコードの話をして、密かに狙ってたレコードなんかも全部教えちまったんだ(笑)。


若者が安くて良いレコードが買えるってのもFLASH disc Ranchの大きな魅力のひとつだから、僕が独り占めすんのは仁義にもとるってもんなんだ。それに僕は今日はもうスッカラカンになっちまったしね(笑)。



彼はビートルズのマジカルミステリーツアーのオリジナル盤を800円でゲットしてたよ!

正直に告白すれば「山口さん、僕は全くビートルズやらマジカルミステリーツアーやらに興味が無いので、これ、お譲りします」なんて言わないかなーって心の端っこで思ってたのも確かッス(笑)。



いやぁそれにしても素晴らしい買い物だったな!


帰りに曽我部のお店に行ってスカフレイムスのセカンドを更にゲット!!



金は無くなっちまったけど、これ聴いてまた新しい音楽作るぜ!


だれもやってなくて、そのやってないのが君のための発見になるような、そんな音楽をやるのだ!


それでいいのだ!


それがいいのだぁ!!!!!!
# by samboblog | 2010-10-18 20:01
その様子が良いと思ったんだ
秋が来た気がするね


待ってたんだ


夏も良かったけど、今年の夏はちょいと暑すぎたし過酷すぎたよ


つったって今日も気温は30度近くあるらしく、八重山には台風が近づいてるらしい


僕は前ほど過酷じゃない初秋の東京都宮益坂付近でブルースを聴いた


あいきゃんどぅまいほーむわーくえにぃもお、って

アンタ随分洒落たこと言うんだね


この若者たちは革ジャンなんか着ちゃってぎゃんぎゃんがちゃがちゃやってる奴らだから僕ぁホントはロックンロールって言いたいとこだけど本人たちはブルースブルースっていってっからさ、僕もブルースって呼んでみたんだ




もいちど布団の中でつぶやいたりしてね



ブルース



びゅーびゅー吹いてくんねーかなこれから北風くらい




さぁ日本中の笑ってみたりヘコんだりの同士諸君!


ココロがみずみずしくなるよな秋にしようではないかよ
# by samboblog | 2010-09-17 11:53
中華街で清水ミチコさんと僕
f0137035_2254291.jpg

今日は雑誌パピルスの連載で、中華街に行ってきたんだ。


ゲストには清水ミチコさん。


お忙しいなか時間を作っていただいて、お越し下さいました。


今日も清水さんは涼やかに気さくで、僕は笑いっぱなしで過ごしたんだよ。


清水さんはホントにサクリと僕に憎まれ口を言われるのだけど、それ以上に僕の憎まれ口返しを笑って楽しんでくださる方で、つまりそういう話しやすい空気を作ってくれるから、僕は清水さんに気を使わずに話すことができるんだ。


先輩に対して憎まれ口なんて失礼なんだけどね。

でも清水さんのセリフが面白くて気が利いてるからつい打ち返したくなっちゃうんだよなー。



中華街のレストランで清水さんと僕は出版社の予定のコースとは全然別の料理を食べまくってゲラゲラ笑ったり憎まれ口を言い合ったりして過ごした。

文章にするとずいぶん勝手な会食のはずなのに、その場にいた店員さんも出版社の方もスタッフも、そして僕も腹から笑って愉快な気分になれたのは、やっぱり清水さんがみんなを楽しくすることを気にかけてらっしゃる方なんだろうね。


この連載では最後にゲストの方に点数をつけていただくのだけど、清水さんはそこでもやっぱり強烈だったなー!


詳しくはパピルスで。


いやー楽しかった!


清水ミチコさんありがとうございました!
# by samboblog | 2010-09-10 22:54