excite ExciteホームExcite アニメトップサイトマップ
INFORMATION
最新情報はこちら
「円」-madoka-
2005.11.16RELEASE
AVCD-30829/B
¥1,890(tax in)
 CDを購入する
ANIMATION
(ACT18 挿入歌)
「円-madoka-」
(OP曲)
「Brighter side」
「Spirit Awake」


(END曲)
「And you」
カテゴリ:RIO( 12 )
I guess
a0057654_2130599.jpg




生きるって 簡単じゃない
それはまるで 天気みたいに
晴れて曇れば 雨も降る
だから僕らは 探し合う
共にそんな日を
越えてゆく為に

I guess we'll be alright
I guess we'll be alright
I wish you to hold me tight
Then I guess I will be fine

世界中がそっぽ向いたって
君だけはそこで見ててくれているよ
投げ出しそうな夜も
世界中がそっぽ向いたって
君とあたしは 手をとり合ってるよ
泣き出しそうな夜も


幸せって簡単じゃない
それはまるで グラスの水みたいに
満ちたと思えばまた こぼれ落ちてゆく
だから僕らは 語り合う
大げさに笑いながら
救い 救われる為に

I guess we'll be alright
I guess we'll be alright
I wish you could hold me tight
I guess I will tonight

世界中がそっぽ向いたって
あたしはここで君を見ているよ
投げ出しそうな夜も
世界中がそっぽ向いたって
君とあたしは手をとり合っているよ
泣き出しそうな夜も


気持ちって簡単じゃない
それはまるで 海の波みたいに
寄せて行っては 帰ってく
だけど僕らは求め合う
名前呼び合いながら
せめて迷わぬように

I kiss and you'll be fine
You kiss and I'll be fine
I wish you could hold me tight
Then I guess we'll be fine

世界中がそっぽ向いたって
君だけはそこで見ててくれているよ
投げ出しそうな夜も
世界中がそっぽ向いたって
君とあたしは 手をとり合ってるよ
泣き出しそうな夜も

世界中がそっぽ向いたって
あたしはここで君を見ているよ
呼び合う名前を                             
世界中がそっと忘れたって
君とあたしは手をとり合っているよ
きっとそう 信じ合っているよ
by sagablog | 2006-01-11 21:30 | RIO | Comments(1751)
「そこに在る音」
a0057654_1565912.jpg



音楽が流れてる
僕は耳を澄ます
するとそこには
ある景色がある

音楽が流れてる
僕は耳を澄ます
するとそこには
ある気持ちがある

ずっと探してる
あの場所や
何処かに忘れてた
あの心

No music No life
Every music Every life
溢れ出す感情
流れ出す生命

音楽が流れてる
或る人の切なさ
或る人の歓び
或る人のときめき

音楽が流れてる
或る人の思い出
或る人の出会い
或る人の別れ

ずっと求めてる
ある絆や
何処かに隠れてる
あの言葉

No music No life
Every music Every life
溢れ出す感情
流れ出す生命

それに包まれて
僕は歩きだした
それに包まれて
君も歩き出した

それに包まれて
僕は歩いてる
それに包まれて
誰もが生きている

No music No life
Every music Every life
溢れ出す感情
流れ出す生命

No music No life
Every music Every life
溢れ出す感情
流れ出す生命
by sagablog | 2006-01-10 15:36 | RIO | Comments(161)
Rio is ondering tonight
a0057654_13152689.jpgとても久しぶりここにやってきた。。。
というのも
今夜の俺は悩んでいる。
どうしようもないくらいに。 
誰かに全て悩みのたけをうちあけて叫びたいくらいに
でも そんなときにかぎって俺の携帯はOFFに。 
Oh my gosh.
だからちょっとはここに何か書けば気が収まるだろう
と 思って書いてみた。
さて 俺は何を書くんだろうか
ひさしぶりなもので思うままに書こう。
でも悩みの内容は書けない。 書けないというのは辛い。
でも何かがうまく言っていないとき人は悩む
うまくいってない。。。 でも俺は気分屋だ。
なので 今夜寝たらすっかり忘れてしまうのかもしれない。
このご無沙汰中 うまくいってなかったのか というと
そうではない むしろすごく良い
すごくよすぎて ネットを触れなかったほどだ。
だが 今最近は少し良くない。
俺は溜め込んでいるのだろうか 悩みを
曲も 詩も 書ける だからまだ救われてる。
それ以外の事だろうな。 
いや 絶対今夜だけの悩みだ 明日になればけろりとしている
だがきっと俺は今夜 俺を知ってる人に 俺は今夜
悩んで過ごしているということを 
知って欲しかったんだろう。
さっき 俺はもうどうしようもないと思ったので
日本にいるSaGaのマネージャーで 兄貴分でもある
F氏に電話をかけて洗いざらい俺の悩みを
相談しようと思った そしたら さっきまで動いてた電話が
急に使用停止になった(単純に料金未払いだろうけど
それにしたってタイミングがおかしい)
神が止めたんだろうか。 自分で解決しろと。
そして俺はきっとできるんだろう 
今夜の俺が出来ないだけだ
明日の俺にはできることもたくさんある
実は ちょっと自分が情けない
もっとしっかり しろと思う。
ほんとうにしっかりしろと思う。
でも正直 俺だけじゃ解決できない事もある。
そんな時は誰かの助けなり協力が必要だ。
でも自分がそうしないのかただそうならないのか
やはり自分しか いないと思う 状況を良くできるのは
そして俺は結局それで自分だけに答えを求めすぎてしまう。
もうちょっと楽に生きる方法はないんだろうか。
俺は今 俺のやりたいことの どのあたりにいるんだろうか
どれくらいの事が出来ているんだろうか
それが遥か遠く及んでいない事は知ってる
それについて俺は自分を責めるんだろうか
責めないで いいんだろうか
usually I do though...
ああ だんだん眠くなって来た 
いい感じだ 寝てしまえば 明日できることもある。
今夜にはどうしようもない事もある(電話も止まったし)

今を変えたい

今を 変える という歌を作ろう

ん 俺それ何日か前に作ってほってるぞ

まあいい また作ろう。

おお もうすぐクリスマス 実は 
今年のサンタクロースは 俺の人生の全クリスマス中
最大のプレゼントをくれるらしい。
とても遠いところから。 
俺はとてもとてもそのプレゼントを愛するだろう。
本来 それだけで俺の最近は タコ踊りのはずだ。
ただそれとはまた別なので 悩んでるんだろう
いや待て よく思い出してみると
別ではなく きっとそのプレゼントのパワーで
パワーアップした俺が その問題を解決するんだろう。
いつもそういう手はずだったはずだ。
そう 問題はいつだって それ自身が問題ではなく
問題に対する自分こそが 問題なのだ。。。。

かなり眠くなって来た いい感じ。

悩んでる時に言うのもおかしいが
聖夜の前だ 俺をこの世に誕生させてくれた
父さん 母さん そして一族の皆 
大きな宇宙の流れ 神や仏 great spirit
一緒に音楽を作る仲間達
それを人々に届けてくれている人達
俺の音楽を手にとって聴いてくれている人達
こんな俺につきあってくれてるもの好きな友人達
恩師達 いつも俺を支えてくれて
一番俺の心のそばにいてくれている愛するあなた
長い付き合いでつい一昨日も風邪をひいたとき
いつものように助けてくれたあなた
これを読んで俺の今の心をshareしてくれたあなた
俺は感謝をするのがへたくそだから
今 ここで感謝しておきたい。 

今一瞬心がうまいこと開きかけたのに逃しちまった。
さて 今の俺の心はどこへ行ったんだろう。
こりゃあだめだな 今夜は 
クリスマスを待つしかない。 
さて 寝るか。寝てみるか。

おやすみなさい みなさん
明日元気に目覚められるように
もしよかったらみんなの元気をちょっとずつ
オラに分けてくれ。


 
by sagablog | 2005-12-23 22:33 | RIO | Comments(3)
Rio 自伝 「I'm the Tiger」
a0057654_1255144.jpg第五話 「Poet 誕生」

この頃から りお少年の音楽への情熱は
雪だるま式に大きくなっていった。
        そこで最も俺が初めに惹かれたものがものが

「詩」

である。 日本は世界に誇る文学国家
しかも当時 90年代前半は怒濤のように
名曲が誕生するJ−POPの黄金期だったと言えよう!
そんな中、無数の名曲が俺の心に響いた。

当時まだ第二土曜が休みではなかった俺達は
日曜日「ローラーブレードの会」というものを
発足させていて、それはというと学校に来て(忍び込んで)
普段制服と言う衣に抑圧されている
小学生の美的欲求を満たすかのごとく
当時俺達の流行である チェーン付きGパン 派手なカラーシャツ 
バンダナ それにローラーブレードをはき
学校を音楽を聴きながらさっそうと駆け抜ける という
Wild&Coolな集いで、そこで俺は汗を流し
青春を満喫しつつ 仲間とともに大好きな音楽の
歌詞に想像を巡らせたのだ

当時の少年達の心を貫いた詩をいくつかあげよう
やはり詩といえばこの人 B'z 稲葉さんの詩である
まず切ない恋系、、、
「もう一度キスしたかった」

〜木枯らしが過ぎようとする頃 
痩せてしまった二人の灯に
誘われてあなたはやって来た
決断を吹きかけるため〜

「いつかのメリークリスマス」
〜部屋を染めるろうそくの灯を見ながら
「離れる事はない」と言った後で
急に僕は 何故だか分からず泣いた〜


この詩の切なさは半端ではない 
そのリアルで大人びたせつないストーリーに
俺は「大人の恋ってのは、、、なんてドラマティックで
ミステリアスで、、、すげえな」 と憧れたのである

他にはやはり青春系
「Run」
〜よくまあここまで来たもんだなと
明け方に酔いながら おまえタバコ吹かしてる〜

「Pleasure」
〜怖いものはありますか 守るものはありますか
止まれないこの世界で 胸を張って生きるしかない〜

などの 熱い人生のストーリー
男の生き様 簡単ではない夢を追いかける者達の
強さと儚さ。。。
「これから俺が自分が目指す人生は 
こういうもんなんやな! か かっこいい」
とますます熱くなったものだ。

それらの曲を聴きながら ある日突然
俺は新しく買って来たペンとノートで
自分から出てくる言葉を書いてみよう!
とどきどきしながら筆を下ろしたのだった
6年生も終わりにさしかかる ある冬の日である。

-続く-
by sagablog | 2005-12-03 20:27 | RIO | Comments(4)
Rio自伝 「I'm the Tiger」
a0057654_11174414.jpg第四話 「Full out」

それからというもの 俺達のもっぱらの遊びは 

「X Japan ごっこ」
これはどういうものかと言うと 

1、休み時間 掃除時間などを利用し
6年4組の教室のとなりにある図書館に集まる

2、こっそり買って来た 学校の隣の駄菓子屋の人気商品
「タラタラしてんじゃねーよ」という 恐らく原材料名の鱈(タラ)と
かけたのであろう ヘビメタなあんちゃんが表紙で叫ぶ 
お菓子を食べ 空腹を満たしモチベーションの上昇を図る。

3、ヤスダ イワオ を含む他3人のX好き
「G」「スギチョウ」「Oちゃん」 というメンツと共に
図書委員の机の上にどかっと座り
ギターのかわりに恒例のほうきを
ドラムスティックのかわりに図書委員が本の整理に使う鉄の棒を
それぞれ構える

4、Rio扮するYoshikiの「てめえらいくぜーっっ!!」
という絶叫のあと ひたすら鉄の棒で図書委員の机を
叩く 叩く 叩く! ただ一心に 叩く!
その際にブロンドの長髪、、、もとい 刈り上げ頭を
振る! 振る! 振る! ただ無心に 振る!
他の連中はほうきをかき鳴らし
跳ねる! 吠える! 機材(ほうき)を破壊する! 
小太りのイワオは その中肉中背の体を左右に細かく
シェイクしてリズムを取りながら (TMN 宇都宮隆の真似)
貫禄たっぷりにToshiばりのハイトーンで 歌う! 揺らす! 
時に「気合い入れろーっ!!」と客席を煽る!

5 荒れ狂う野郎共の様を眺めて「Yoshikiーー! 」「 Hideーー!!」
とメンバーの名前を黄色い声で連呼するヤスダ。

ノンストップで息が切れるまで演り続けた後
ゼーゼー良いながら図書室の机の上に寝転び
えも言えぬ爽快感 満足感に包まれながら笑い合うメンバー達
やがて立つであろうステージを想像しながら
俺は 生まれて初めての運命的な快感に身悶えするのであった。

-続く-
by sagablog | 2005-11-30 22:23 | RIO | Comments(11655)
Rio自伝 「I'm the Toger」
a0057654_15431246.jpg第三話 「やっぱこれしかねえ!」

そして俺はと言うと
ヤスダに「バツ」の「ベニ」の正体を教えてもらった後
Xの全CDを借りて朝から晩まで聴いていた。

カウントダウンTVでドラムのYoshikiとヴォーカルのToshiが

 「もう二度と届かない この想い」

と一瞬歌ったそれが 俺の心の鐘を特大のハンマーで打ち抜いたのだ。

一番弾かれた原因は、、、
きっとその尋常ではないエネルギーの放出具合である
一打一打を首をちぎれんばかりに振りながら
まるで鬼の様に全力で打つYoshikiと
魂の叫びで命や生の意味を問うToshiの歌、、、

その激しさと共にある どうしようもない切なさ 問いかけ 叫び
家で一人で聴いていて何故か涙が出てくる。
それが不思議に凄く心地よく 自分のまだ言葉にできない想いを
代わりに叫んでくれているような気持ちに 心がぎゅーっとなり
俺の魂はわしづかみにされ揺さぶられたのである。

「いや しょうみXはヤバい ほんまにやばい。
俺エックスみたいなかっこええバンドやりたいわ!」

「え リオちゃんは『ろくでなしBLUES』読んでから
ボクサーになりたい言うてたやん?」

「いや バンドやバンド! これが一番かっこええって!
殴られんのは痛いし! ほんでおまえ 
こんなにみんなにキャー!って言われたくね?」

そう ここでりお少年の
「心がぎゅーってくるこの感じが好き!」
「何かでっかい事がしたい!」「目立ちたい!」
「その際に女の子がキャーっとなって欲しい!」
という願望を全て叶え かつ痛くないという理想的な未来が
像を結んだのである。 

「日本一かっこいい バンドをつくる!」 少年の夢がその時目覚めたのだ。
  
by sagablog | 2005-11-29 19:15 | RIO | Comments(1477)
Rio自伝 「I'm the tiger」
a0057654_15431246.jpg第二話 「ゆかいな仲間達」

そう 俺達はやんちゃだった。  そして音楽が何より好きだった。 
世界最古の寺院 法隆寺の傍らに建つ平凡な田舎の小学校
        斑鳩小学校。

その中でも俺達の6年4組は特にFunckyな猛者の集まり。

朝は無意味に早く(明け方)に集いグラウンドでバスケット練習、、、
いや 正確にいうと 

「スラムダンク」練習である。

それぞれのキャラになりきって 「フンフン フフフン!!」
「自ら打つ!」「いったん戻してまたダンク!?」
「バスケが、、、したいです」
などと口走りながら アツい青春の1コマを演じた後
教室に入り(忍び込み) 
そこからはメインイベントの音楽鑑賞会
こっそり持ち来んだヘボいCDデッキで
持ち寄ったCDをプレイし 熱いトークを繰り広げる。

斑鳩一うまい中華料理屋「オリンピック」のヤンチャ息子 イワオは
大のZARDファンで 小学6年にして既に熱烈な彼女のファンである。

「やっぱ ZARDやわ〜 めらマブ(古い)やって〜!!」

といいつつ机にコンパスで「ZARD」と彫る 
(こ こいつマジやな、、、)

「今宵はわたくしと一緒に踊りましょう♪ って歌詞 めらエロない?
どこで? ベッドの上で、、、? うほほほっ☆」

この程度の事でひとしきりエロ話に盛り上がる ウブな男子陣。

「うちはほんまにT-BOLANとエックス命!」とヤスダ。
俺にエックスを教えてくれた彼女は若くして両親の離婚にあい 
クラスでは女子にして一番のぐれっぷりをみせる
俺達の切り込み隊長だが
ほんとに音楽に一途に命をかける女の子なのである。
ちなみに彼女の机には「HIDE狂」と彫ってある。

(こ こいつはマジってゆうか もはや「狂」なんやな、、、)

彼女のファンっぷりは尋常ではなく
そのアーティストに関する全ての出版物はCD ビデオは当然の事
ファンが書いたメンバー同士が何故かホモとしてちちくりあう
コアな同人誌に至るまで 全て所持しているという徹底ぶりである。
加えて「HIDEの目の中には小さなほくろがあんねんで」

「森友嵐士は曲中に必ず 『ぶおぇ』という呻き声を入れんねんで」

などと細かいネタを無数に持っていて皆を楽しませたのだった。
by sagablog | 2005-11-28 15:18 | RIO | Comments(1345)
Rio自伝 「I'm the Tiger」
a0057654_4415042.jpg第一話 「出会いはいつだって」

そこは奈良のある町 山の中
仲良しの友達とつるんでやんちゃ三昧
なにかでっかい事がしたいぜ! 
と 密かに野望を秘めていた
小学校6年生の かりあげの男の子
それが11年後に SaGaのRioくんとなるのである。

「おいおいイワオよ! B'z めっちゃいいやん! 昨日借りたやつ」
「やろ!? やろ!? ゆったやーん!
リオちゃん好きやと思ったわ!」
「全部いいけど 7曲目最高やって」
「かっこええわー 俺はな 1曲目好き 
♪心配ナイ問題ナイ〜(歌う)」
(お こいつ 歌うまいんとちゃう?)

ガチャン!! 悲鳴を上げる教室のドアっ!
いつものようにフテくされた ヤスダが   

「っっっちゃ ムカつく!!!」

バチーン!! とばっちりを食らう彼女の鞄と机っ!

「なんやヤスダ また先公か?」
「うっとうしいんじゃ あのぼけがっ!」
「いやいや おちつけって、、、
おまえの好きなT-BOLAN持って来たったから」
「、、、、、(少し機嫌を直しCDを受け取る)」
「そうや! あんな昨日カウントダウンTV見とってんけどさあ
なんかすっげー格好したグループでな 『バツ』の『ベニ』
って言う曲知らん? 一瞬やってんけどな 
めええっちゃかっこよかってん」
「リオちゃん それは
『X(エックス)』の『紅(くれない)』と違うか?」


「!?」


これが 平凡な田舎のヤンチャ少年が 
音楽に猛り狂うきっかけとなった X Japanとの出会いである。 

ー続くー





by sagablog | 2005-11-27 10:03 | RIO | Comments(1775)
Rioくん旅行記~関西編~
a0057654_1473918.jpg久々のオフ。。。。 日本最後の休み。。。
私京都に行って参りました。
夜 宝泉院 寺院の庭園に夜の紅葉や松や竹がライトアップされてる
素晴らしすぎる所で その景観は一生忘れられない
俺は瞑想して 生きる決意新たに 研ぎすまされてきました
そしてその帰りは 待ちに待ちに待った 「奴」を喰らふ時、、、

そう 蟹 カニ かに でござる。

名門 蟹家 でコースを。。。
そこで出された 「奴」 の造りを口にした瞬間、、、
新次元の扉が開いた!!!!
皆様 蟹家にお立ち寄りの際は是非お試しあれ

そしてココで一つ目のトラブルが俺を襲う!
冷めたバディーを熱燗でほだされ ほろ酔い気分の俺が
一生懸命カニの殻を入れようとしていたのは殻入れではなく
酒瓶そのものだった! 
「う うかつ、、、」
同行者の「天使の様な方」と蟹屋店員の笑いを頂くRio...

そして気を取り直し完食した後 旅館へ、、、
純和風の温泉館 秀峰館(? だっけ?)
檜風呂に癒される俺。。。

次の日! 
朝食時に待ち構えていた第二のトラブルが容赦なく寝起きのRioを襲う!
Sha Sha Sha!
大好物の「あいつ」、、、湯豆腐! 
ぐつぐつと美味しそうな音をたてて我が口元に運ばれるのを待つ「あいつ」
「期は熟したり!」 
万を期して熱く火照った「あいつ」を相棒の「ポン酢」に浸けて、、、 
!?!?
「不覚、、!」
「あいつ」の飛び込んだ先は何を隠そう「ポン酢」と同じ様な色と
器の持ち主「ほうじ茶」だったのだ!
これは厳しい!
爆笑の「天使の様な方」

再び気を取り直し向かった先は三十三間堂
これは もうマジで凄かった。。。。
千体の千手観音が並ぶその様は圧巻を超えて 異次元 そのもの。
その前に立ち個性豊かな三十三体(おそらく)の守護神。
そして真ん中に鎮座する大仏! 素晴らしい。。。
ひいたおみくじもRioくん得意の大吉さんで大満足で東京に帰る俺。。。

ちなみに、
京都の前日は久しぶりの奈良の実家に帰りSaGa話で盛り上がる我が家。 
今や俺の夢は皆の夢となっているのだ。
決意を新たに家を後にした俺を爽やかな風が満たしたのであった。。。

そんなこんなの関西旅行記
あ 実家の前は、あの「関テーレ」に出演!!
初めての関西のTVで地元テンションの俺ははっちゃけまくりで
大爆笑の収録だった。
とにかく大満足の関西遠征。

しかし美しい時間は足早に過ぎ去るもの、そして再び訪れるものなのです。
日本のみんな愛しています 心から。

また年明けに最高のアルバム お土産に持って帰ってくるからね! 
その時にお会いしましょう。

Thank you all so much!  
by sagablog | 2005-11-21 02:57 | RIO | Comments(2)
新たな誓い
a0057654_1482592.jpgLive 最高だった。

みんなから力をもらって応援してくれてる人達の

愛と期待を空気いっぱい感じて、それが俺の力になってる。

俺はやるぜ。 

天下への一本道を駆け抜ける。

そして俺は彼らを本当に愛してる。 

かけがえのない 尊い存在。

一緒に見た事もないような景色が見たい。 

一緒に誰もやったことのない事がしたい。

そして俺はそれができることを知ってる。

音楽やってて 本当によかった。 

これからは1000倍燃えで行く。
by sagablog | 2005-11-17 14:08 | RIO | Comments(1184)
PROFILE
SaGa is…
『僕らは なぜつくり なぜこわし なぜかなしみ そしてなぜ愛するのか』
探しにいこう その答えを
僕らみんな 永遠の旅人たちよ
LINK
SAGA公式サイト
SaGa
頭文字D
VIEWTIFUL JOE
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
最新のコメント
More of this..
by UnsotIdon at 09:09
With havin s..
by UnsotIdon at 19:42
They debate ..
by UnsotIdon at 23:12
Is that true..
by UnsotIdon at 09:46
louboutin me..
by christian at 09:46
but it seems..
by UnsotIdon at 00:35
Much more of..
by UnsotIdon at 21:53
Usually I do..
by UnsotIdon at 06:27
Much more of..
by UnsotIdon at 02:04
Have you eve..
by UnsotIdon at 14:18
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

copyright © 2005 wedge link Co.,Ltd All Rights Reserved
Copyright ©1997-2006 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム