創業安政三年 佃茂の佃煮

d0339705_09195722.jpg
木箱、熨斗、達筆な日本語の書体。
これらが揃うと、ギフトに高級感が生まれる様に思います。
創業安政三年の「佃茂の佃煮」をいただきました。
d0339705_09215788.jpg
漁師の街として知られる隅田川河口の佃島において、創業された老舗だそうです。
新鮮な素材に極上の醤油、砂糖、味醂のみで味付けされた佃煮。
もともとは、地元の副食として食されていたものが、
観光客らに人気で商品化に至ったとか。

古くから伝わる伝統の味。
温かいご飯と一緒に食べるのは、日本人としても至福の一時。
粋なお持たせに。



<< 理想的な体へ ソラーチェ ソイ... 味の芸術品「錦松梅」 >>