a0014067_17263690.jpg


最近作曲にもDJにも和風のテイストを取り入れることにはまっています。
いくつか紹介したいと思います。




Henry Fong & D.O.D - Bust Dem

よくリファレンスに使わせていただいてます。




Carnage X Timmy Trumpet - Psy or Die

和風サイケ。




Mike Cervello & Alvaro - Empire

BARONG FAMILY よくチェックします。
ブレイクで尺八風リードが聴こえる。




Victor Niglio - Piranha

もう一つ BARONG FAMILY。




ORIONBEATS / Gaijin Minyo

最近はじめた「WAEP」シリーズの第一弾。
第三弾が10月中旬リリース。




Marnik & JAGGS - Kamelot

Dim Mak から一曲。




Mike Cervello & Stoltenhoff - Uzumaki

さらに BARONG FAMILY。タイトルも和風。




ORIONBEATS / Sumo Dance

相撲がテーマの曲。
豪栄道、優勝おめでとうございます。




Chris Bullen - Babylon

雰囲気的に。




Funky Craig - Bamboo

嵐山の竹林を想像させます。


以上、和風なダンスミュージックでした。
ちなみにヨナ抜き音階(ドレミソラ)を使えば簡単に和風なメロディーができます。


てつし
[PR]
# by rkdj | 2016-09-25 17:29 | Tetsushi Hiroyama | Trackback

スケジュールと制作日記

いつもお世話になっているナオヤのお店の、
いつもお世話になっているZONAが四周年で、
いつもお世話になっている熱血社交場で、
いつもお世話になっているみなさんとお祝いです!

a0014067_20254410.jpg




ZONA TORRIDA 4th Anniversary

2016/9/18(日)@熱血社交場
那覇市牧志1-3-53エレガンスカネコビルB1
OPEN 22:00〜goodmorning

Special Guest
Tetsushi Hiroyama (RYUKYUDISKO/ORIONBEATS)
GUM-TAPE (MONGOL800)
KIM (Ku'Damm)

Guest DJ
Lichard (Joogoo)
Swing Chan (Mafali Cafe)
SAKURA
Taka-g (Snufkin Jr)
Petta (CROSSBREED)
nero (ModuleHeightz)
STEVE708 (SMASHUP)

VJ
Mash Guran

supported by
SUNTORY / RAKUEN GRAPHICS



制作日記

今回は何度か書いていますがミックスについて。
ある程度曲ができたら全トラックをオーディオで書きだし、
ミックス作業に移ります。
移るタイミングは曲によってさまざまで、
メロディのアレンジが仕上がった時、
軸となる音色が決まった時、
早く波形で編集したいと思った時、
お仕事系だとクライアントのGoが出た時、など。

ミックスに入ることにより、頭が切り替わり、
一つのきっかけがうまれ、曲のさらに向こうが見えてきます。
余分な音を削り、立てたい音を際立たせる、
絵画が写真になるような感覚。

ーーーーーここから脱線
例えば一つの建物を変更したくなる。
絵の場合、消したり上塗りできるけど、
写真の場合、建物を立て直す。
それくらい面倒。
気になる場合は素直に絵画にもどってやり直す。
ーーーーーここまで脱線

ときにはピントが合わない建物が出てきます。
さんざんいじくりまわした音を一度ミックス前にもどしてみる。
他の音と干渉しあって意外と元の音がなじむ場合がある。
それを見極める感覚と、この音がもっているパワーを
信じることも大事だと思います。



てつし
[PR]
# by rkdj | 2016-09-12 20:29 | Tetsushi Hiroyama | Trackback

YEAH! YEAH! YEAH!
今回は東京からKICK OFF、大阪からTAKAYUKi、沖縄からKUNIO
を迎えパーティーします!

a0014067_1623424.jpg



YEAH! YEAH! YEAH!

2016.8.28(日) @ CROWN(那覇)
OPEN & START 22:00

<前売り>
先着5名!iFLYER限定 1,000円
(1ドリンク別途+1ショットプレゼント)
http://ifyr.tv/x1Tu
<当日>
Man:1,500円 / Lady:1,000円
(1ドリンク別途)

◆GUEST DJ◆
KICK OFF (Play decibel)

◆DJ◆
Tetsushi Hiroyama (RYUKYUDISKO)
Lichard (Joogoo)
STEVE708 (SMASH UP)
TAKAYUKi (AddicteD / Play decibel)
KUNIO (rowfusion)

◆VJ◆
Mash Gran

◆Flyer Design◆
Youki Matsuyama (RAKUEN GRAPHICS)

◆会場◆
CROWN
那覇市松山2-15-8 富士家スクラッチビル2F
098-955-8024

a0014067_1691749.gif

前回の記事でお伝えした
ORIONBEATS / WAEP2

制作日記

作曲の方法は人それぞれ色んな方法があります。
ドラムから組み立てる方法、イントロから、
サビやドロップから、コード進行から、想像から、etc。
新しく手に入れた音源を使う方法、プラグインを変える、
ミックスなどの作曲順番の流れを変えてみる、etc。
前回この作曲方法で上手くいったから今回もこの方法で行こう!
なんて実行するけど、上手く行かないことも。。。
その曲においての方法なので毎回違った方法にするべき。
毎回フレッシュな気分で。
それもまたひとつの方法なので、考えたらキリがない。
それでも考えるのが楽しい。方法が上手くはまったら嬉しい。

a0014067_16154940.png



友達「NEON(ネオン)」のアルバムに参加しました!

『Under The Trees of The Big Beat』
発売日:2016年8月3日(水)
レーベル: TOY BALL RECORDS
品番: TYBL-001
定価: 2000円+税
【収録曲】
01. INTRODUCTION
02. MAC BEER CAMEL feat 福山タク(NATURE DANGER GANG)
03. far side ground feat KAORI(Language)
04. HEY!MONDAY MORNING feat ORIONBEATS
05. Start talking to four stories feat HIDEYAN(カルメラ)
06. K.N.M.R feat ナマニエルボーイズ
07. KISHAKU da BILLY
08. DANCING IN THE M4Ⅱ
09. No Way Back feat MOA(CARIZMA)
10. GOGO!BONGO!
11. FREEWAY in LA
12. TANIMACHI

http://www.neonweb.jp


てつし
[PR]
# by rkdj | 2016-08-24 16:04 | Tetsushi Hiroyama | Trackback

RYUKYUDISKO「島国根性」
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31