excite ExciteホームExcite Cinemaトップサイトマップ
TOHOシネマズ六本木ヒルズにて大ヒット上映中!5/13(土)より、TOHOシネマズ他、全国拡大ロードショー
LNK
GOOD NIGHT, AND GOOD LUCK.
問い合わせ

【本日のエキサイトニュース】
毛沢東の肖像、北京でオークションに出品
歴史と伝統の旅PR 首相、北陸を訪問
韓国野党党首襲われ負傷 統一地方選の遊説中
イラク正統政府発足 各宗派参加、融和目指す
アジア大型台風で104人死亡、160人以上が行方不明

REPORT IT NOW ブログ

ジャーナリズムとエンターテイメントを見事に融合させた映画 『グッドナイト&グッドラック』。
このブログでは、映画とジャーナリズムの理解のためにより身近な形で、ジャーナリズムを語っていきたいと思います。

最終回
この連載コラムもいよいよ最終回。
最後のテーマは、“『グッドナイト&グッドラック』の映画としての意義”から、私、八雲ふみねの個人的見解を交え、結びにしようと思う。

1950年代のアメリカで、マッカーシー上院議員が起こした「赤狩り」旋風、すなわち“時の権力”に渾然と立ち向かったジャーナリストの姿を描いた映画『グッドナイト&グッドラック』。
この映画の監督であるジョージ・クルーニーは、報道の使命を果たし、模範とすべきジャーナリストとして、エド・マローを取り上げ映画化した。製作費を捻出するため自宅を抵当に入れた、という話を聞くだけでも、その思いは並々ならぬものだということが想像出来る。
とりわけ、注目すべきことは、「報道とは?」「ジャーナリズムとは?」という、ややもすれば、硬派に捕らえられがちなテーマを大衆に伝える手段として、エンターテインメントである“映画”を選択したことだ。
この映画を既にご覧になった人は、“報道というジャンルへの”好き嫌いは別として、報道のあり方、報道姿勢について、考え直すきっかけを得たのではないだろうか。                   
それこそが、この映画に込められたクルーニーの想いなのだろう。

私はシネマアナリストとして、これまで多くの映画コラムを書いてきた。
だが、今回のようなテーマのものを書かせて頂くのは初めてである。
『グッドナイト&グッドラック』という映画、そしてその公式ブログ「REPORT IT NOW」。
まさに、エンタテインメントとジャーナリズムとの融合として面白い試みだなと思った。
コラムニストとしてこの映画に関わることによって、私自身もシネマアナリストとしての生き方のみならず、一個人としての人生・価値観を、改めて見つめ直すきっかけとなった。
この映画に出会えたことに感謝している。

日本でも「行き過ぎた報道」「商業主義に偏重しがちな報道」についての問題提起が為されてはいるが、結局、中途半端な追求で終わってしまったり、世論が高まりきっていないというのが現状だと言えるだろう。

まだ『グッドナイト&グッドラック』をご覧になっていない方には是非、映画館に足を運んでほしい。
そして、メディアやジャーナリズムの有り方について改めて考えてみてもらいたい。
あなたが、ジャーナリスとであろうとなかろうと、エド・マローの生き方、ジョージ・クルーニーの信念の中に、あなた自身の「進むべき道」「選ぶべきライフスタイル」のヒントを発見出来るかもしれない。

シネマアナリスト・DJ 八雲ふみね
http://www.yakumox.com


# by goodnight-movie | 2006-05-20 22:01 | まとめ | Trackback(1)
ニュースレビュー その2
昨日に引き続き、今日もエキサイトニュースから抜粋したニュースレビューをしてみます。

靖国参拝

小泉純一郎首相の任期も9月まで。“ポスト小泉”の話題も気になるところだが、毎日メディアを賑わせているのが「靖国参拝」の話題だ。

5月9日発表のニュースによると、経済同友会はアジア近隣諸国との関係を冷え込ませているとして、8月15日の靖国参拝について中止を求める提言を発表。しかし首相の意思は依然固く、終戦記念日に参拝することを検討中だという。

就任以来、数々の改革を行ってきた小泉首相だが、自民党総裁選で公約した8月15日の参拝は実現していない。

日本にとっての“終戦記念日”である8月15日は、中国にとっては“対日戦勝記念日”、韓国にとっては日本による植民地支配からの“解放記念日”に当たる。首相がこの日に靖国参拝に踏み切れば、中韓両国との対立が決定的になる可能性もあると懸念されている。

しかし5月8日付けの東京新聞によると、8月15日に参拝しても、首相は9月には退陣するため、小泉政権後に関係修復は可能、という首相周辺の見方もあるとのこと。

内閣総理大臣就任以来、小泉旋風の巻き起こし、“TIME”誌では「世界に最も影響力のある100人」に選ばれた小泉首相。最後の最後まで目が離せない人である。
事実は小説より奇なり。
小泉首相が退陣しようがしまいが、「小泉劇場」は9月で幕は降りそうにない予感で一杯だ。


上記記事についてのあなたの感想、またこのブログをご覧の皆さんの最近気になるニュースについてなど、是非自由にコメントを書き込んで下さい。お待ちしています。

シネマアナリスト・DJ 八雲ふみね
http://www.yakumox.com

# by goodnight-movie | 2006-05-12 01:01 | ニュースレビュー | Trackback
ニュースレビュー
最近のエキサイト・ニュースから気になるものを挙げてみた。

内臓脂肪症候群、予備軍含め1960万人。
---------------------------------------------------------------------
内臓に脂肪がたまって脳卒中や心筋こうそくなどを引き起こすとされる「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」に、40歳から74歳までの男性の2人に1人、女性の5人に1人が該当または該当する恐れがあることが8日、厚生労働省の2004年国民健康・栄養調査で分かった。同省は予備群を含めると全国で約1960万人に上ると推計している。 (5月8日の記事より抜粋)
---------------------------------------------------------------------

いま日本は空前の健康ブームだ。
“体に良い”と言われる食品は飛ぶように売れ、健康をテーマとした番組が各局並び、しかも高視聴率をマークしている。美を求める女性も無理なダイエットではなく、「いかに健康的に美を追求するか」がテーマになりつつある。
老若男女問わず我が身を気遣っているはずなのに、随分と皮肉なニュースである。
調査元の厚生労働省によると、運動不足や食生活の乱れが同シンドロームを引き起こす原因だと警告。完治するには、生活改善が必要とか。早い話が“ダイエット”と“身体を動かせ!”というわけだ。

そう言えば、数年前から「粗食」が流行し始めた。この「粗食」なるものが登場した時、若い女性を中心に、まるで新しいものを発見したかのように飛びついたものだ。しかしよく考えてみると、この「粗食」というものは、穀類や野菜、海草を中心とした日本の伝統的食生活のことである。新しいどころか、現代人が忘れ去ってしまった“古いもの”への回帰。いわゆる“食”におけるレトロブームと言えよう。

と言うことは、メタボリックシンドロームの解決策は、古来からの伝統的な日本食を見直すことが、いちばんの近道だということか。

厚生労働省では生活習慣病対策で、5月から全職員に対して庁舎内の移動に“階段利用”を呼びかけ、自ら率先して国民に対して医療費削減への姿勢を示そうとしている。

宝は意外と足元に転がってるものなのかもしれない。

Excite エキサイト : 社会ニュース

シネマアナリスト・DJ 八雲ふみね
http://www.yakumox.com

# by goodnight-movie | 2006-05-10 23:02 | ニュースレビュー | Trackback(1)