POLYSICS プロフィールライブインフォ オフィシャルサイト アーティストデータ
インフォメーション

リリース

Album
『What's This???』
発売日:2016/03/02


【初回生産限定盤】
KSCL-2693~4
価格:¥4,000(税抜)

この作品を購入する

【通常盤】
KSCL-2695
価格:¥3,240(税抜)

この作品を購入する

■収録曲
1. Introduction!
2. SUN ELECTRIC
3. アルプスルンルン
4. Funny Attitude
5. 8 Beat Division
6. Nail
7. Dig Down!
8. 春夏秋冬
9. Take Away
10. Be a Human
11. Flying V
12. ロボットマイムマイム
13. 1.2.3.4
14. ドップラーごっこ
15. Hurry Up
16. Vow Vow
17. 299
18. Tempo Tempo Tempo
19. Goody-Goody



できぬかな
2017年 11月 03日 ( 2 )
People In The Box『Tour N A Z O』@名古屋CLUB QUATTROゲスト出演!

People In The Box『Tour N A Z O』@名古屋CLUB QUATTROにゲスト出演したよ!


Peopleのみんな、呼んでくれてありがTOISU!


実は彼らとちゃんと話するのが今回初めて!

もちろんこういう対バンも初。


全然ジャンルが違う対バン、一体どんな感じになるのかとても楽しみだった!


前に「音楽と人」を読んでいた時に「People波多野の影響受けたアーティスト」みたいな記事があってそこに「Skinny Puppy」っていう超マニアックなインダストリアル・バンドの名前があって、「ほ~!なんて渋い趣味だ!」なんて思ったんだよね。


本番前にその話を楽屋でしたら、インダストリアル・バンドの話が止まらなかった。

ミニストリー、フィータス、ラムシュタインの話が沢山出来て嬉しい(笑)。

おまけに筋肉少女帯も好きだという!

「『月光蟲』に入っている『夜歩くプラネタリウム人間』って今聴くと結構ニューウェーブだよね」って話や、「『レティクル座妄想』のワダチって曲、ヘヴィで良いよね」なんて話までしたよ。


割と音楽の趣味は似ているけど、アウトプットが全然違うという(笑)。


POLYSICS新体制3本目、初名古屋!

良いテンションで出来たんじゃないかな。

来年のツアー名古屋はこの調子でさらにガッツリ攻めたいと思っているのでお楽しみに!!!!


People In The Boxのライブ、めちゃくちゃカッコよかった!!!!


一体どうやって曲作りしているんだろう?

ギターとベースとドラムのアレンジがとても緻密で新しいエレクトロミュージックを聴いているみたいだった。

リズムの解釈が自由自在でたまげたよ。


ライブ後はまた波多野君と色々な音楽話を。


何と平沢進ソロが大好きだという!

あとはDepesch Mode、XTC、キングクリムゾンの話が止まらなかった!!!!


話めっちゃ合うじゃん!!!!

またゆっくりとこんな話がしたいね!


ありがTOISU、People In The Box

ありがTOISU、来てくれたみんな!


名古屋!また来年のツアーで会おう!静岡も行くのでよろしく!!!!

b0209830_13515206.jpeg


ハヤシ


by polysicsblog2 | 2017-11-03 13:54
Sparks!!!!

先日Sparks来日公演@東京キネマ倶楽部へ行ってきた!


9年ぶりの新譜「Hippopotamus」レコ発ツアーなのもあってとっても楽しみにしていた。


いきなり感想言うけど、そりゃもう素晴らしかった!

結成50周年なのにまだまだ元気なメイル兄弟!


この2人が並んでいるのを観ているだけで嬉しい気持ちになるね!


「Hippopotamus」からの新曲がSparksワールド全開のPOPSでカッコ良かった!

バックの演奏も割と若めのメンバーで固めていたからかアグレッシブ!

スリリングな展開のキメもバッチリ決まっていた。


本当、来日してくれてありがTOISUだね。


前回観に行った時は2009年4月。

その時のライブは2008年リリース「Exotic Creatures Of The Deep」のアルバム曲を中心に演奏した後、「Kimono My House」のアルバムを完全再現、2日目には「No.1 In Heaven」を完全再現するというスペシャルなライブでとても良かった。

その時のブログ

http://blog.excite.co.jp/polysicsblog2/11398579/



Sparksとの出会いは専門学生時代。


専門学校が水道橋だったので、授業の合間や帰りに御茶ノ水に寄って中古レコード・CD屋に行くのが日課だった。


よく行く中古レコード屋の一つに「FUNTIME」という、マンションの一室がお店になっているところがある。

そこの店長の小幡さんという方がとてもナイスな人で、俺がお店に入るとそれまで流していた曲をゆっくりフェードアウトして、俺が好きそうなNWのレコードを地味に流すのね。


それで「これ、なんですか?」って反応すると「これはジャン・ジャック・バーネルという人のソロですよ」とか言ってNWの名盤・珍盤を教えてくれるんだよ。


それで、そのレコードを確実に買ってしまうという(笑)。

その色々教えてくれた中の一つがSparksの「No.1 In Heaven」だった。


デケデケ鳴る16分シンセベースとタイトな生ドラムがとにかくカッコ良くて、一発で気に入った。

そんな出会いだった。


その後、アルバムを少しづつ集めて聴くようになる。


時代によってスタイルが変わるけど、一貫してクセのある独特のちょっとヘンなポップ感がとても面白くカッコ良くて大好きになった。


個人的なオススメは「No.1 In Heaven」「Kimono My House」はもちろんだけど、「Propaganda 」「ターミナル・ジャイブ」「Angst In My Pants」割と最近の「Hello Young Lovers」とかもイイよ!


てかアルバムが沢山あり過ぎて困るわ!


そんな人にはApple Music「はじめてのスパークス」や、Spotify「エッセンシャルコレクション」というプレイリストがあるので、まだ聴いたことない人は是非聴いてお気に入りの曲を見つけてみて!


彼らはジャケを含めたアートワークもとても良いので、気に入ったらCDもゲットしてね。


写真は以前POLYのライブに来てくれた時に小幡さんからいただいたSparksのカセットテープ。




ハヤシ



by polysicsblog2 | 2017-11-03 13:49