POLYSICS プロフィールライブインフォ オフィシャルサイト アーティストデータ
インフォメーション

リリース

Album
『What's This???』
発売日:2016/03/02


【初回生産限定盤】
KSCL-2693~4
価格:¥4,000(税抜)

この作品を購入する

【通常盤】
KSCL-2695
価格:¥3,240(税抜)

この作品を購入する

■収録曲
1. Introduction!
2. SUN ELECTRIC
3. アルプスルンルン
4. Funny Attitude
5. 8 Beat Division
6. Nail
7. Dig Down!
8. 春夏秋冬
9. Take Away
10. Be a Human
11. Flying V
12. ロボットマイムマイム
13. 1.2.3.4
14. ドップラーごっこ
15. Hurry Up
16. Vow Vow
17. 299
18. Tempo Tempo Tempo
19. Goody-Goody



できぬかな
soundohb 2015@渋谷TSUTAYA O-EAST!!!
スーパーカーやROVOを輩出したレーベル「doub discs」主催のイベント「soundohb」が15年ぶりに開催!

ラインナップはPOLYの他にROVO、Koji Nakamura、フルカワミキ÷ユザーン、D.A.N.、そしてこのイベントのスペシャルプロジェクトのROVO×ナカコー!

なかなか観れないパフォーマンスや、アルバム「ACTION!!!」プロデューサー兼エンジニアの益子さんがシンセを担当しているROVOと共演出来ることもあり、この日をとても楽しみにしていた!!!

でも、何故POLYSICSがここに?関係無いんじゃね??
と思っている人は沢山いると思うけど、それもそのはず!
POLYSICSは直接関係がないけど、フミが以前加入していたバンド「54 NUDE HONEYS」がdoub discsに所属していたのだ!

特設サイトにフミがコメントしているのでチェキ↓
http://ameblo.jp/soundohb-2015/entry-12085878460.html

こういう関係性だったんだね。
ちなみに俺とdoubの関係性は主催のお花見に毎年行っているくらい(笑)。

と言う訳で、このイベントのトップバッターをやらせていただく!!!

いつもとは雰囲気を変えて、このイベントに合わせたセットはこんな感じ。

1.Introduction!
2.Tei! Tei! Tei!
3.Beat Flash
4.DTMK未来
5.I My Me Mine
—————————
6.DNA Junction
7.発見動物探検隊
8.Everybody Say No
9.怪獣殿下
10.MEGA OVER DRIVE
11.Urge On!!

「ACTION!!!」からの曲が割と多めになったけど、これはたまたま。
初めて観る人も多かったと思うし、客席のリアクションもわからなかったので、めちゃくちゃ緊張した!!!
いつもとは違うモードで、あまりワイワイ煽らず(笑)、ほんの少しだけ落ち着いてやる。
会場内の雰囲気が良かったし、楽しくできたな!!

終わった後はこのイベントを堪能! 

D.A.N.は9月の「EASY2」でも一緒だったけど、あの時は観れなかった。
すごい若いのに面白いことやっているな!
独特の浮遊感があって、世界観はすでに完成されているし、23 Skidoっぽいエッジの立っている曲なんかもあってカッコ良かった。また観たいな。

Koji Nakamuraバンド、ギターは田渕ひさ子ちゃん、ベースは345ちゃん、ドラムは沼澤尚さんというすごいメンバー!
スーパーカーの曲も披露。
このメンバーでやるとまた違うカッコ良さがあって曲の新たな魅力が伝わって来たし、今聴いても全く色褪せていない。

それにしてもこのメンバーのライブは見応えたっぷりだったな。
沼澤さんのハイハットを刻んでいるだけでも踊れるグルーヴはスゴい。

フルカワミキ÷ユザーン、面白かった!ミキちゃんの透明感のある声は健在。
リアルタイムでループを組んで作られていくトラックにユザーンのタブラが合わさり、独特のエレクトロニカを作っていた。
ゆるいMCもイイね(笑)。
イベントが始まる前にユザーンがPOLYの楽屋に顔を出してくれたが、その時に何故かセットリストを見て「う〜ん、この中で一番短い曲はね…」と勝手に短い曲を予想したんだけど、あれ何だったんだろう(笑)。超ちなみに「ヨルタモリ」観てたぜ!

ROVO!
今までフジロックや野音で観たROVOのライブも大変素晴らしかったが、この日のパフォーマンスは特にスゴかった。
「Absolute POLYSICS」の「Fire Bison」という曲でバイオリンを弾いてもらった勝井さんの繊細かつダイナミックなプレイはもはや説明不要だよね。
山本精一さんのギターもスゴかった。あらゆる引き出しから繰り出されるカッコイイフレーズにシビレまくり!
益子さんが操るSH-101の切れ味も抜群!芳垣さん&岡部さんの緊張感のあるツインドラム!
原田さんのダイナミックなベース!
最初は小さな点と点から始まっていき、曲が進むに連れてその点が結ばれて、最後にはその点が円になり、巨大な塊となって客席にぶつかってくる圧巻のステージは、ロックでテクノでめちゃくちゃカッコ良かった!!!!!!!!!まだ未見の人、特に若い世代の人には是非観て欲しいな。

そして、この日のメインアクトROVO×ナカコー!
オルタナ系ギターポップとして活動していたスーパーカーがROVOの影響でシンセを取り入れて、新しいバンドに生まれ変わっていったのは当時ものすごく覚えている。
そんなナカコーとROVOがコラボするとこんな凄いパフォーマンスが観れることにとても感動した。
「WHITE SURF style 5.」ナカコーさんが歌い出した瞬間のあの会場の「ウォーーーーーー!!!」という声&盛り上がりはトンデモ無かった。スゴイ瞬間に立ち会えている気がした。

あの会場に来ていたお客さんのムードもスゴく良かったし、揺るぎない強い信念を持つアーティスト達が集まるこのステキなイベントに参加できたことがとても嬉しい。

この日は久しぶりに会う人たちが沢山いて楽しかったなぁ!!!!

終演後にカメラマンの梅川良満さんと話していたけど、彼が「今日はどのパフォーマンスも本当に良くて、とても良い日曜日でした!」と言っていたのが、とても印象的だった。

元DMBQの吉村さんも久しぶりに会えて嬉しかったなぁ。

ライブ後の呑みも楽しかった!

doub discsの皆さん、ありがTOISUでした!!!

写真はROVOの益子さんとナカコーさんと!!!
b0209830_0311426.jpg



ハヤシ
by polysicsblog2 | 2015-12-06 00:31
<< OSAKA HAZIKETEM... ROTTENGRAFTTY 「... >>