今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

タグ:写真系 ( 187 ) タグの人気記事

c0039735_16412574.jpg夜空を彩る冬のイルミーネーションに夏の花火をはじめ、色とりどりに染まる秋の紅葉、春の桜など‥。四季折々の美しい夜景や大自然の風景を雄大に切り撮った写真がとても魅力的!季節の花々やお出かけスポットで見つけたすてきなショットなども評判です。

投稿キャンペーンでもたびたび受賞されているので、みなさんもご存じかと思いますが、すてきな写真を撮るためには、車を飛ばして日本全国どこへでも行く、というフットワークのよさとその熱意には頭が下がるという読者も大勢います。

今回は、そんな魅力あふれる写真に注目の「Today's action」のfuruinu3さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
furuinu3さん:このたびは、ピックアップブロガーへのお招き、とてもうれしく存じます。
日本各地の美しい風景をたずね、春夏秋冬、その季節にしか撮れない大自然の風景、花々や木々の彩り、夜景などを写真に撮ってアップしています。
写真が趣味で、撮り溜まったヘッポコ写真を皆さまに見ていただこうと始めたこの写真ブログ…。日々毎日欠かさず、何かしらの写真を見ていただいて、少しでも「これいいね」とか…、「どこで撮った写真?」「どうやって撮ったの?」…など、何か些細なことでも感じていただけたら幸いと…。
そんな意味合いを意図した写真ブログです。

c0039735_13510081.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログをはじめてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
furuinu3さん:この写真ブログを始めて、私のヘッポコ写真記事にうれしいコメントをいただいたり、たくさんのイイネをいただいたりと、毎日の記事更新への励みにもなっています。
また写真への「もっとよい写真を見ていただきたい」という意識の向上や、写真へのスキルアップにもつながってるとも思います。
そして、何よりも好きな写真を通じての情報交換ができる仲間もできました。

エキサイトブログ編集部:夏の花火写真に秋の紅葉、冬のイルミネーションや雪景色など、季節感の伝わるすてきな写真の数々が魅力的ですが、写真を好きになったきっかけや写真を撮る楽しさは?
furuinu3さん:私の場合、絵的に色味とかきれいな写真=すてきな写真と思うところがありまして…。写真にはまった一番のきっかけが、写真を始めてまもない頃、横浜のみなとみらいで撮ったきれいな街並み夜景写真をとあるコンテストに応募したら、入選してしまったことでした。
以来、きれいな写真が撮りたくて、今では仕事がオフの日には必ず何かしらの写真を撮りに出かけていますし、撮って来た写真をチェックして、その写真を元にさらに好い写真に仕上げるレタッチ作業も楽しみのひとつになっています。

c0039735_13514163.jpg


エキサイトブログ編集部:自分らしい写真を撮るこだわりや大切にしていること、また、雄大な景色や迫力ある写真を撮るときにいつも大切にしていることや撮影時のポイントなどは?
furuinu3さん:写真を撮る時のこだわりは皆さんとそんなに変わったことはありません。まず主役になる被写体のピント合せとか花とか風に影響される被写体なら被写体ブレに注意するとか。水平線とか地平線が写る背景写真の時は水平に注意など基本は外せませんね。もちろん、構図に関してはとても大切にしています。たとえば、花火などはどこの位置に入れ込むとバランスがいい、とか、周辺のすてきな景色にうまく溶け込むようにする、とか。花を撮るときには、主役になりうる花をよく観察して見つけ出し、その主役を引き立たせるためにはどのアングルからがベストか、しゃがんだり背伸びしたりといろいろな角度で構図を決めて撮っています。花は背景をぼかしたりしますが、大自然の雄大さを出したい時にはワイドに撮ったり…。いろいろ撮り分けています。

そして、常にインターネットを駆使して、撮りに行く場所や花なら咲き具合とか、天候、そして駐車ポイントやトイレ情報も欠かさずチェックしています。時には初めて行く撮影地なら、初回はロケハン気分で2回目には気合を入れて撮影するとか…。
そんな撮影ドライブも、ロケハンなら必ず広角レンズでその先々の風景を撮って持ち帰って、その写真から次回の撮影時期やら時間帯も想定して、夜中に出かけることもありますし、人気のある撮影地なら何時間もスタンバイすることもあります。
好きな写真を撮るならどこへでも…という気持ちがフットワークを軽くしているのかなと思います。

c0039735_13520039.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中で特にご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
furuinu3さんさん:自己満足的な写真記事ですがベスト5を…。

まずはベスト1に、ついこの間ゲットできた写真のこの記事です↓
●『雨あがりの翌朝は
雲海に諏訪湖の街明かり…遠くには富士山に星空。雨上がりの翌朝ならではの朝霧がかかった絶景でした!

そしてベスト2が↓です。
●『なんとかゲットしてきました^^
濡れると光る無数の玉を流し、その中を嫁入り舟が…。なんとも美しい景色に出会えました。このコラボイベントはこの年が最初で最後でした。

それとベスト3がこの花火記事です↓
●『宮島水中花火ゲット~!
何といっても遠方過ぎる人気花火。800kmをオーバーの道のりを一人旅…。おまけにあんなスリリングな撮影になろうとは…(汗)。潮が満ちてくる中、足を海中につかなりながら撮ったとても思い出深い花火写真です。

●もう一つベスト4は今年の9月のこの記事です↓
ヘッポコセンスのチョ~絶景写真^^
青い空にアクセントの白い雲。そして険しい山々にカラフルなウェアーの登山者。ここは千畳敷カールというところですが、絶景に出会えて感動でした。

c0039735_14061811.jpg


そして、ベスト5にはこちらの記事を…。
泣くに泣けないおむすびころりん事件¥¥
私の写真ライフ最大の失態記事でして…。
忘れることのできない出来事でしたので…。

ほかにも、探せばまだまだあの写真も…とか、この写真も…と数え切れませんが…。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
furuinu3さんさん:このような写真ばかりの写真ブログですが、私の写真から感じていただけること…。
「どこの写真?」とか、「どうしたら撮れるの?」など、素朴な疑問などありましたら遠慮なさらずになんなりと~。これからもよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_13522599.jpg


           *    *    *   *    *   *    *

【furuinu3さんさんのお気に入りのブログ】

私のお気に入りブログですがやはり同じ趣味で更新されてる↓のこのブログです。

●「+ Spice to life
冒頭の一言が憎めない。

●「HI KA RI
写真スタイルが似ているような…。

●「* thank you *
アップされる写真から好い刺激をもらえるから…。

furuinu3さんの「Today's action」を読んでみましょう。



[PR]
by blog_editor | 2016-12-27 11:02 | 写真

c0039735_16163241.jpg寒くなると鍋が恋しくなりますね!鍋といえば…まん中にちょこんと座ったシロクマの大根アートがとってもユニークと評判。こぐまやおばけバージョン、さんまにかぶりつく猫などどれもかわいくて、思わずにんまりしてしまいます。そんな大根おろしアートの作り方をはじめ、おもしろトークを交えながら作るおうちごはんの数々はどれも個性的で見入ってしまいます。

お出かけ先で撮った写真もずらりと見ごたえたっぷり。独自の視点でユニーク&臨場感たっぷりにつづる記事に、ぐいぐい引き込まれていく読者も多いはず…。
今回は、おいしい料理とお出かけレポをひと手間かけた編集で楽しませてくれる「お料理王国6」のrie cheetahさんに登場していただきました!

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
rie cheetahさん:ブログを始めたきっかけはそもそも婚活でして、お料理やガーデニング、絵を描いたりインテリアにこだわったり、殿方にステキなお嫁さんになりそうだな〜とイメージしていただけるブログを作ろうと思い始めたのですが…。どこでどう間違ったのか、アラフォーの女が自己流の料理を作り、気がつけば部屋の中が温室のようになるありさま。海外旅行でたまにはストレス発散しなくちゃねと出かけてみればモンゴル…などなど。どんなブログなのかを説明するのはなかなか難しいのですが、ひとことで言うなら『東京スナップ』です。

エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
rie cheetahさん:ブログを始めたのはもう15年くらい前でしょうか。その頃はまだまだブログはそんなに発展していなかったと思います。そう思うと最近のブログの人気、そして発展はめざましいですよね。みなさんが自由に生活のいろいろ、趣味のいろいろを発信できる自由な社会になったんだなあと感慨深いです。やっぱりコメントをいただくとすごくうれしいです!めったにこないですけど!(笑)

c0039735_16170798.jpg


エキサイトブログ編集部:大根おろしアートをはじめ、ユニークなお料理記事を楽しませていただいていますが、料理を好きになったきっかけや料理を作る楽しさは?
rie cheetahさん:婚活です(笑)。やっぱり「胃袋を掴まないと!」と思って始めたのですが、もともと凝り性なので、どうせ作るならプロ用のレシピで作りたいなぁ〜とか、大根おろしアートも流行っているけど、これはきっと私が本気を出したほうがすごいもの作れるんじゃないかな〜とか、そういった自信過剰と誇大妄想によりできている料理が多いです。この冬はスッポンを捌くところから始めてお鍋を作ろうかと思っていますが、それが婚活につながるのかは謎です。
というか、大根おろしアートを始めたあたりからは正直婚活はあきらめています(笑)。
どうせお料理するなら、「楽しくおもしろく、おいしく!」をモットーに、そして普通の人がマネしようと思っても、なかなかできないものを作ってやりたい!という感心できない不純な向上心のもとに大根おろしアート、その他ヘンテコ料理にハマっております。

c0039735_16175725.jpg


エキサイトブログ編集部:臨場感たっぷりのお出かけ記事も楽しませていただいていますが、自分らしい記事作りのポイントや大切にしていることは?
rie cheetahさん:出かけるときは必ずカメラを持って行きます。単焦点とズームレンズ2コも必ず携帯します。プラス替えの電池3つと32MBのメモリーカードを2枚、重装備です。実は東京はまだ2年目でして、とにかく駅に書いてある駅名を見るだけでも興奮してしまい写真を撮ってしまいます。『新宿三丁目』とか。とにかく今はままだ東京のすべてが珍しく、私の目にはキラキラと光かがやいて見えています。新橋の高架下でさえ私にはワンダーランドです。それが結果として臨場感のあるブログになっているのであれば幸いです。

c0039735_15500434.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中で特にご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
rie cheetahさん:『お料理王国6』内で言えば、過去に反響が大きくて再度掲載した大根おろしアートの記事。
【プラチナブロガー記念】シロクマ鍋
ですかね。このブログは文章までをマネした海賊版の出ましたから。海賊版を発見したときはそっちのほうがクオリティーが高くてがっかりしました。
大根おろしアートのカテゴリには、シロクマこぐま鍋などもまとまっていますのでよかったらご覧ください。

【夏休み企画】モンゴル旅行02
モンゴル旅行編も気に入っています。なかなかできない経験をさせてもらいましたし、それを発信することもできました。尊敬するムツゴロウさんに少しだけ近づけたような気がしています。これを読めばモンゴルにはトイレがないことがよくわかるハズです。オススメ!

c0039735_14350935.jpg


●「お料理王国2」からですけど…。
タイの旅11
これも大好きな記事です。もうあそこは天国ですからね、ぜひみなさん一度は行っていただきたいし、そんな超絶絶景とわたしの水着姿が同時に楽しめるブログとなっております(笑)。

【夏休み企画】フレンチの会のダイジェスト!
妙齢女子を集めておうちでフレンチ!といっても難しいレシピのものはなく、フランス家庭料理なので誰でも気軽にできるレシピや、手作りでできるテーブルセッティングとなっております。セレブ御用達パーティーには向きませんのでご注意ください。

c0039735_16231292.jpg


二度目の吉祥寺おふくろ屋台
ほんとうは1度目の記事だって見てほしいくらいすばらしかったのですが、吉祥寺はカオス・ハモニカ横丁の中でも群を抜いてカオスなこのおふくろ屋台。おばあちゃんと住んでる同級生の実家の部屋におじゃましながら、お酒を飲んでる感覚に陥るイメクラ的居酒屋といっても過言ではありません。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
rie cheetahさん:婚活ブログです!婚活ブログだったんです!でもいろいろダメでした。このブログを見ておもしろい女性だ、「あっはっは」とおっしゃってくださる方はいましたが、なんらその後には結びついていません。今はむしろこのブログの存在を出会った殿方には隠しております。そんな気持ちで見ていただくと『これで婚活しようとかウケる』と、おもしろい動物を見るように眺められるかもしれません。
今はもう好き勝手やっています。好きなことを始めたとき、そこに出会いはあると信じて!まだ希望は捨てていないアラフォーのブログを読んでみてください!

c0039735_16240630.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【rie cheetahさんのお気に入りのブログ】

はしもとみおのナマケモノ日記   
どうしてあんな生きているかのような個性あふれる彫刻が作れるのでしょうか…。
もう感動に次ぐ感動で、同時にわたしもがんばろうと創作意欲も湧くで大変オススメです!!!
もうすんごいですよ。

トルコ子育て生活
お子さんが、ちょーかわいい!!そしてなかなか触れることのない異文化のリアルを垣間見ることができます。
なんだかときどき一緒に生活している気分にも?(笑)

ぶつぶつ独り言2(うちの猫ら2016) 
やっぱり猫は雑種に限るにゃあ。あああもう癒しの猫画像にデッレデレになります。

rie cheetahさんの「お料理王国6」を読んでみましょう。


[PR]
by blog_editor | 2016-12-02 17:40 | グルメ

c0039735_15022239.jpg色とりどりの紅葉の景色をはじめ、四季折々の自然の中を思いっきり走る姿がかわいい愛犬チポちゃん。冒険心いっはいにはしゃぐ姿と、まるでにっこりして見えるその笑顔からは、元気と癒しをもらえて心がほっこり!
そんな臨場感&季節感あふれるすてきなお出かけ写真とともに、チポちゃん&愛鳥B.Bちゃんとの楽しい暮らしぶりが伝わる写真にも心がなごみます。

先代の愛犬ニコちゃんからのファンも多く、ときどき登場するニコちゃんの写真にも癒されます。
今回はちょうどこれからの紅葉シーズンの写真が楽しみな、「FUNKY'S BLUE SKY」のきゃふぁにこ♪さんに登場していただきました!

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
きゃふぁにこ♪さん:愛犬チポとボタンインコのB.Bとの楽しく幸せな日々。そして季節のいい時期には、出かけた先での風景写真などをアップしています。とくに愛犬チポといっしょに自然の中に出かけ、四季折々に変化する季節の風景とともにうれしそうなチボを撮るのがもっぱらの楽しみです。春は桜、秋は紅葉…そんなふうに季節を追いかけるのが好きなんですよ。
…でも、最近はお留守番インコが待っているので遠出は難しい状態で、愛犬チポと愛鳥B.Bの日常をつづることが多くなっていますね(笑)。ほぼ毎日の更新です(笑)。
日々のチポの様子や、雛から育てたボタンインコのB.Bも楽しくかわいいコで、そのB.Bの水浴びの様子は記録としての掲載をずっと続けています。それから「B.B&Chipo*」というタイトルで、フタリ(?)のちょっとドタバタ~な仲良し劇場(!?)も自分で楽しみながら載せています(笑)。
また、春から初夏にかけては庭の記事も多く、庭仕事して撮影して、チポやB.Bとも遊び、ブログもやって、と自分でも少々ハードです(笑)。 時にはおいしいものも記事にしたり…と、もしかしたらなんでもアリのブログかもしれませんね(笑)。
ブログの写真は、私と主人と二人で撮ったものが混在していますが、編集や文章などはすべて私です。
私のブログに長くつきあってくださっている方たちには、どの写真がどっちの撮影かわかるかもしれません(笑)。

c0039735_15031030.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
きゃふぁにこ♪さん:ブログを始めてよかったことは、ブログをしていなかったら出会えなかったであろう多くの方たちに出会えたことです。ブログを通して知り合えた方と実際にお会いしたことも何度かあります。
そして、上でも述べましたが、ほぼ毎日更新しているわけで、しかも今年の11月には今のブログになってから丸9年になります。その9年の中には、愛犬の闘病や別れなど、辛く悲しいこともありました。そんな時も多くの方に応援していただき、励ましてもいただきました。
そうそう!忘れていけないのは、2011年3月11日の東日本大震災の時、私たち家族を心配してくれたブロ友さんたちがコメント欄にたくさんの書き込みをしてくれていたこと。その日のうちに私との連絡が取れた友人が、私たち家族がみな無事であることを私のブログのコメント欄に書いてくれて、そこからまた温かいコメントが寄せられていて…。しばらくはパソコンを開けない日々でしたが、電気が復旧し、やっとパソコンを開くことができ、みなさんの温かいコメントを読んだ時には涙が出ました。
ブログには文章と一緒に写真も残せますし、みなさんからの温かいコメントも残っているわけで、記憶は薄れてもブログをたどれば鮮明に思い出せることも多く、自分のたくさんの思い出が詰まった宝物の引き出しのようにも思います。 

c0039735_15075154.jpg


エキサイトブログ編集部:季節を感じるお出かけ写真をはじめ、すてきな写真の数々ですが、写真を撮るようになったきっかけや、写真を撮る楽しさは?
きゃふぁにこ♪さん:それはたぶん、自分が愛情を注いでいるもの、愛犬や庭の草花や、そういうものの愛しい瞬間瞬間を残したいと思ったから。
それと同じで、どこかに出かけた時には、美しい瞬間や楽しい瞬間を残したい、そんな思いです。どんな時も、どんな風景も、もう二度と同じ瞬間はないと思っていますから…。
そして、夫(ブログの中では「父ちゃん」と呼んでいます)の影響もあったと思います。私のカメラの先生は夫なので。

c0039735_10152034.jpg


エキサイトブログ編集部:写真にたびたび登場する愛犬チポちゃんを飼い始めたきっかけや、愛犬と一緒に暮らす楽しみ、お出かけ&散歩の楽しみは?
きゃふぁにこ♪さん:チポを迎えた経緯は、この記事に書いていますが、愛犬ニコが闘病の末に亡くなった後、じっとしていたら悲しみに飲まれてしまいそうな自分がいて、庭仕事や部屋の模様替えなど意識的に前へ前へと行動していた頃、目の前にチポが現れちゃった~~という感じ(笑)。
庭や部屋に使うものの購入で何度か通っていたホームセンターで、もう生後6ケ月になろうとしているのにお店に残っているチポに気づいてしまいました。しかも、ホームセンター通いもそろそろ終わりの日には、リードを付けられブルブル震えながらフロアを歩かせられていました。社会勉強の一環でもあったと思いますけどね。
気づいてしまったら、「MIX犬であるこのコが最後まで売れ残った場合どうなってしまうんだろう?」と気になり、放っておけなくなって。うちで迎えることに決め、フロアを歩いていた翌日に迎えに行き、チポと名づけました。
チポには誰か飼い主になってくれる人が必要でしたし、私たちは愛犬を亡くし寂しかった、それがちょうど重なったのかもしれません。でも、いい出逢いだったと思っています。迎えてみれば、チポは明るくイイコで、私たちに元気を運んで来てくれましたし、ボタンインコのB.Bとも楽しい関係が育っています。

c0039735_15083358.jpg


生き物たちと暮らしていれば当然のように悲しい別れもやって来て、それは本当に辛いですし、次のコを迎えたとしてもそのコを忘れることはできません。
でも、また新たに、また違う存在として、愛情を注ぐことはできるし、そうすることが自分たち夫婦の喜びにもつながっているのだと思います。
インコのB.Bもそうですが、生き物たちは愛情を注げば真っ直ぐに答えてくれると思います。

B.Bは小さなインコなので、なかなか一緒に出かけることはできませんが、一度だけ温泉に一緒に泊まったことがありますよ。
かつての愛犬たちと同じようにチポとはいろいろなところに出かけます。
同じ景色の中、同じ風を感じて、ちゃんと笑うんですよ~。それは幸せの瞬間です。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中で特にご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
きゃふぁにこ♪さん:●黄色い絨毯の上でルンタッタ~♪ ^^黄色い絨毯の上でルンタッタ~♪
この記事は、去年11月に出かけた先での撮影です。去年はチポにとって、初めての秋、初めての落ち葉でした。
銀杏の葉が散り、黄色い絨毯ができあがる頃、前の年までは毎年(先代犬)ニコと一緒に来ていたお気に入りの場所なんです。
見上げた空がとっても青くて美しく、空の上からニコたちも微笑んでくれているような、晩秋のころだというのに暖かい風を感じた秋の日でした。
チポとのお出かけ写真はこちらのカテゴリにまとめていますので、よかったらぜひご覧くださいね。

c0039735_15072197.jpg


9月28日の「紙風船PART2 (B.B編)」
私の母が温泉に行った時にチポへのお土産に買って来た紙風船でしたが、チポよりもB.Bのほうがとっても上手に遊べましたよ~という記事です。
B.Bは小鳥だけれど、怖いもの知らずのコでして、自分よりも大きな紙風船もまったく怖がりませんでした。
記事の中では私とキャッチボールをしているんですが、「今度は動画で!」というコメントもいただいていて、いつかご期待に応えたいと思っています。

8月10日の「Chipo* はじめての海♪ (総集編)」
今年の夏の早朝、チポをはじめて海に連れて行きました。
ここは先代犬のニコも大好きな場所でしたが、チポもそれはそれは大喜びで弾けまくりました。
空も海も青く美しく、チポが楽しそうなら私たちも楽しく、いい朝でした。

c0039735_15463151.jpg


3月3日の「B.B & Chipo* (深まる仲!?)
B.Bとチポがどんどん仲よくなり、ケージ越しにチュッチュを繰り返す様子です(笑)。
時々はB.Bがケージから出ている時にもこんな事をしているフタリ(?)ですが、やはりゲージ越しの方がバリアに守られているというような安心感があるからか、密着度の強いフタリです。
そして、なぜこの記事を選んだかというと、チポを迎える時に一番心配だったのがB.Bとの相性でした。
B.Bのほうは先代犬のニコを見て育ち、ニコもB.Bには優しかったので犬を怖がりはしませんでしたが、チポがB.Bに対してどういう行動を取るかは想像できませんでしたので、それによってはB.Bも犬を怖が るようになるかもしれないという心配がありました。でも、まあ、どうでしょう(笑)。 
この記事の写真はB.Bのケージ越しに撮ったものなので写真としての美しさはありませんが、B.Bとチポとの間にある相手を信じる強さや優しさみたいなものが詰まっていると思います。

c0039735_17385085.jpg


1月4日の「夜明け後の5分間」
ずっと前から一度は見てみたいと思っていた光景。真冬の朝、日の出を待って飛び立つ水鳥たちの強さ美しさに感動でした。
そしてこの日は珍しく私と夫でカメラを1台ずつ持って出かけ、それぞれに撮影しました。
記事の写真もほぼ半分ずつそれぞれのが混ざっていますし、撮影中の夫の後ろ姿も載っています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
きゃふぁにこ♪さん:まずは、いつも応援してくださっているみなさんに、「ありがとう!」の感謝を伝えたいです。
そして、今回こういう形で取り上げていただくことになった私のブログに目を留めてくださった方々にも、「ありがとうございます」と伝えたいです。
おそらくは、これからもどんどん発信していくと思います(笑)。
拙いブログではありますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

c0039735_10160223.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【きゃふぁにこ♪さんのお気に入りのブログ】

あいうえお順に紹介させていただきますね。

今が一番
私よりちょっとだけ人生の先輩ですが、すてきに歳を重ねてらっしゃる方で、ブログにはpikoさんの優しさがたくさん詰まっています。
草木染の作品や、お料理や、他にもいろいろ手作りされる方で、どれも愛ある素敵な作品ばかり。そして、pikoさんの艶やかな着物姿もとてもすばらしいです。時々登場のニャンコさんたちもかわいいです。

てしごと sataya
手先がとっても器用な方で、いろんな習い事もされていますが、chikoさんオリジナルの作品は、とても丁寧に作られているだけはでなく、「大人かわいい」という言葉がピッタリで大好きです。
ブログには作品の紹介だけでなく、chikoさんの日々の様子も綴られていて、そこからはchikoさんの明るく楽しいお人柄がついついあふれ出ちゃってま~す。

晴れ時々曇りな日
とにかく芸術にあふれたブログ!芸術家の方たちがたくさん登場しますし、作品もどんどん紹介してくださいます。
sakuramoonさんご自身、お仕事を持つ大人の女性でありながら多才な芸術家でもあり、絵を描かれたり、今は能面も彫ってらっしゃいます。そろそろ完成かな?
思わずゴクッとなるようなおいしいものの記事もまた楽しみです。

きゃふぁにこ♪さんの「FUNKY'S BLUE SKY」を読んでみましょう。


[PR]
by blog_editor | 2016-10-27 22:50 | ペット

c0039735_11371899.jpg一度は行ってみたいと憧れる北海道・美瑛の 風景をはじめ、四季折々の美しい自然を切り撮った写真の数々にうっとり。清々しい緑と青空に向かって元気に咲くひまわりの夏も、黄金に染まる木々が哀愁を漂わせる秋も…。また、まっ白い雪原にぽつりと立つクリスマスツリーの幻想的な冬も。やさしい光に包まれた桜の咲く春も…。
「この景色をずっと見ていたい」と感じる一枚一枚は、まるでポストカードのように、見ている人の心に余韻を残してくれます。

耳を澄ませば、風の音やその場の空気感まで伝わってくるような五感に響く写真とやさしく語りかける言葉に、「いつも感動と癒しをありがとう」という気持ちで更新を待ちわびるファンがいっぱい。
今回は、「私もこの夏は北海道へ行きたい!」「旅した気分になりました」と思わせてくれるすてきな写真ブロガー、「* m i c a m e l i f e *」のmikaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
mikaさん:はじめましての方も、お久しぶりな方も、そしていつも見てくださっている方も、改めまして、mikaと申します。
懐深い北海道の自然に囲まれて、自由に、そして楽しんで撮影した写真たちに、拙いものではありますが、自分なりの言葉を添えて更新しています。

「写真ブログ」というカテゴリーではありますが、写真をやっていない方にも、肩ひじを張らずに、気軽な気持ちで見ていただけたらと思います。「こんな景色があるんだ~」「どこだろう~?あぁ北海道か~」なんていう感じで。皆さまにも楽しんでいただけたら、こんなにうれしいことはありません。
春夏秋冬、どこを切り取っても美しい北海道の魅力が、少しでも伝ればいいなと思っています。ちょっとした小旅行気分で覗いてみてくださいね。

c0039735_14062200.jpg

エキサイトブログ編集部:ブログを始めて良かったこと、ブログの良さや発見したことは?
mikaさん:なんと言っても、全国にたくさんのブロ友さんができたこと!趣味を介して、性別・年齢・住んでいる場所さえ飛び越えて話ができる、感動や感情を共有できるなんて、とってもすてきなことじゃないですか。日本全国、すてきな風景をたくさん見せていただけるので、行ってみたいリストが増える一方です。
ブログの枠を飛び越えて、実際にお会いして撮影に出かける機会もできました。みんなそうでしたが、いつもブログやメールでお話していたせいか、「はじめまして」なのに、そんな感じもなく、すぅっと会話に入っていけるんですよね。
それに、とっても不思議なのだけれど、文字だけの会話( 交流 )とは言え、自分の中には、はっきりとしたイメージができ上がるんですよね。こんな雰囲気かなぁ~なんてことや、声まで。そして、そういうのって、意外と当たっていることが多くて。だからコメント欄でお話しているときは、文字だけど「音付き」の会話なんです。

また、風景を撮り続けている理由のひとつに、「 北海道の魅力を伝えたい」という想いがあるのですが、とてもありがたいことに、ここ1~2年で、「 mikaさんのブログを見て北海道旅行を決めました!」というご連絡をいただく回数がぐんと増えてきたんですね。
ブログをやっていない方でも、わざわざメールやコメントで一報をくださるんです。こうしたお声を頂戴すると、ブログも写真も続けてきてよかったと、改めて思います。

c0039735_14063553.jpg


エキサイトブログ編集部:写真を撮るようになったきっかけや撮る楽しさは?
mikaさん:高校生くらいまでは、外で遊ぶことが大好きだったはずなのに、いつしか、超がつくほどのインドア派にジョブチェンジしてしまって(笑)。再び自然と触れ合うことの楽しさを教えてくれたのがカメラでした。
もともと撮ることは好きでしたが、それはあくまでも「記念写真」としての写真で、カメラもコンデジ。それが「一眼レフ」に代わり、本格的に撮ろうと思ったのは、やはり美瑛町。もっと言えば、クリスマスツリーの木を知ったからです。
お恥ずかしい話ですが、生まれも育ちも北海道ながら、美瑛という街の魅力を教えてくれたのは、本州の写真ブロガーさんでした。もちろん、街の名前は聞いたことがありましたが、まさかこんなにも美しい街だったとは…本当に衝撃的でしたね。通い続けて、もう何年も経ちましたが、未だに新しい発見があるんですよ。ついこの間も、地図に載っていない道を見つけました。

美瑛に限らず、風景との出会いは、一期一会。たしかに、そこへ行きさえすれば、「その場所の写真」は、誰でも撮ることができますが、自然はもっと奥深いものです。
季節、時間帯、光、空の表情、畑に植えられている作物、すべてがそのときだけのもの…。そう思ったら、今見ている景色が、とても愛おしく思えてくるんですね。
自然に感謝しながら、自分だけの1枚を残すことができることも魅力のひとつ。

c0039735_14374090.jpg


それから、季節にも敏感になりました。春は桜、夏はひまわり、秋は紅葉、冬は雪景色など、大雑把な区切りはもちろん、雨が降りそうなにおい、ダイヤモンドダストが出る空気感、虹が出そうな雲行き、少しずつだけど、そういうことにも気づくようになりました。花の名前や、畑の作物もずいぶんと覚えました。
カメラと一緒に季節を追いかけていると、感覚が研ぎ澄まされていくように感じます。

エキサイトブログ編集部:自分らしい写真、大切にしていることやこだわりは?
mikaさん:「感じる写真」が理想です。
例えば、表情は写っていなくとも、笑顔が見えるような1枚だったり、一面に麦秋が写った写真であれば、麦を揺らす風が感じられたり…。その場の空気感を閉じ込めるつもりでシャッターを切っているのですが、これが本当に難しくて、撮れば撮るほど課題が山積みになります。

c0039735_14072503.jpg

わたしらしい…かどうかはわかりませんが、「明るい写真 」が好きですね。それは、ハイキーとかローキーとか、そういう明るさのことではなくて。光を感じるというのかな、エネルギーであふれる写真になれば良いなと思って…。
撮影の段階で、「この時間帯の太陽の高さなら、あの場所に良い影ができているだろう」「あの木に、良い光が当たっているんじゃないか」「この気温と湿度だと、ダイヤモンドダストが出るんじゃないか」といった具合に、ただ撮るのではなく、ある程度予測して動いてみる。そうして撮った写真には、力強いエネルギーが感じられる気がして。
…なんて、えらそうに言ってますが、わたしもまだまだで、できなくて歯がゆい想いをすることが多いんですけどね(笑)。でも、風景は、向き合えば向き合うほど、それに応えてくれるのだと信じています。

それから、いちばん大切にしていることは、やっぱり「楽しむこと」かな。わたしの写真は、色も構図もありふれたものばかりで、特別な方法や機材を駆使して撮影しているわけではありません。「普通の写真」なんですね(笑)。
けれど、どんなに拙い写真でも、撮影しているその瞬間は、楽しくて楽しくて仕方がないんです。本当に自然が大好き。この先、自分の写真や感性が、どのように変わっていくのかはわからないけれど、この気持ちだけは大切にしたいですね。

c0039735_14065989.jpg


エキサイトブログ編集部:気に入っている記事、また読者に好評だったポストは?
mikaさん:●Fun to SHOOT
エキサイトブログに引っ越して来た初日の記事、今でも忘れられません。去年、年が明けてすぐ、ドケルバン病になってしまい、5ヶ月間くらいかな、写真もブログもお休みしていたんですね。心機一転ということで、復帰するタイミングでエキサイトさんに移って来ました。たくさんのお友だちが「おかえり!」の記事を書いてくれて、はじめましての方々も声をかけてくださいました。「ブログっていいな」って、改めて感じた日です。

愛し君へ
毎年テーマを決めて撮っている桜、今年は「和歌」を選びました。予め「 この和歌にはあの風景しかない! 」と決めて撮った写真もあれば、撮ったあとに歌を選んだものもあります。日常生活に馴染みのない和歌ですが、だからこそ「 知れて良かった! 」とご好評をいただき、このテーマにしてよかったと思いました。
和歌 × 桜シリーズの中でも、この記事の写真( 場所 )は、お気に入りです。

c0039735_14065074.jpg


いつかのデイドリーム
去年の夏休み、はじめて訪れた東北の地、そしてはじめて見る蓮の花。夏の日差しを浴びてキラキラ光る水面の向こう、蓮の花を背にひっそりと佇む1羽のサギが目に飛び込んできた。まるで、本の挿絵でも見ているかのような風景でした。
北海道にはあまり自生しない蓮の花、北海道にはない強烈な日差しと気温、どれをとってもいつもと違う、最高の夏でした。

目覚めて見る夢は・・・
気温差が大きくなる晩夏~初秋にかけて、美瑛の丘には朝霧が漂い始める。いつも同じ場所で朝霧待ちをしているのですが、霧が出たり出なかったり、出てもすぐに晴れてしまったり、視界一面真っ白になったり…。当たり前ですが、毎回違うんですね。「 自然は生き物だ」と感じる瞬間です。
まるで白い海のように漂う朝霧と、山の向こうから顔を覗かせる朝陽に夢中になった、とある早朝の記録です。

c0039735_14070709.jpg

真冬の交響詩
「 美瑛に行くなら、いつがおすすめですか? 」
そう聞かれることが多くなり、そのたびに、「断トツ冬です!」と答えています。
白と青、たった2色で魅せる最高の美しさが、そこにはあります。もちろん、青空が見られなくても大丈夫、真っ白な静寂もすてきなんですよ。
霧氷でおおわれたカラマツの防風林を見るたびに、心が洗われていくのがわかります。とはいえ、他の季節の美瑛ももちろん大好きですけどね。


c0039735_14082768.jpg

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
mikaさん:長々とお話してしまいました(笑)。まずは、ここまで読んでくださってありがとうございます。もう少しだけ、おつきあいいただけますか。
いつも応援してくださる皆さまへ。撮影も更新も季節に追いつかず、亀さんペースになってしまったにも関わらず、いつも見てくださって本当にありがとうございます。
いつも思うのだけれどね、10年もブログが続いたなんて奇跡なんです。わたし、飽きっぽいの(笑)。それなのに、写真もブログもこんなに続けられるなんて…。
いつも見てくださる皆さまがいたからこそだと思っています。ひとりでもできる趣味だと思っていたけれど、こうやって共有し、コミュニケーションを取る楽しさは、皆さまから教わりました。本当にありがとう。
これからも、ずーーっと、よろしくお願いしますね。

はじめて来てくださった方へ。事情がありまして、なかなかコメント欄が開けられない日々が続いております。
ですが、過去記事にいただいたコメントに関しましては、どんなに時間がかかっても、必ず、おひとりおひとりにお返事を書いておりますので、「 話しかけてみようかしら」と思ってくださった方がいらっしゃいましたら、お気軽にコメントをいただければと思います。
写真も言葉も、まだまだ未熟ではありますが…これもなにかのご縁、これからも見ていただけたらうれしいです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_14080474.jpg

           *    *    *   *    *   *    *

【mikaさんのお気に入りのブログ】

* 記載の通り、ブログを始めて10年経ったということもあり、5年以上のおつきあいがある、ベテランブロガーさんをご紹介いたします!

*Thank you*  
5年前、はじめてお写真を拝見したときの感動は、今もそのままです。
どんな天候も撮り時、どんな僅かな光も逃さない、ドラマティックなシーンの連続に、ひと目で虜になってしまうこと間違いなし!!
お写真もお人柄も、「 こうありたい 」と思える、わたしの理想です。

月うさぎ  
もう何年経つのかな、7年か8年か…長い長いおつきあいですね。わたしが写真ブログを始めるキッカケをくれた女性です。
写真はもちろん、まるで木漏れ日ようなやさしい語り口調が大好きです。

photo NOW 2007  
toshiさんとも長いですね、7年…とかかな。まさか初めて会うのが、クリスマスツリーの木の前だとは思いませんでした(笑)。
わたしとはまた違った表現で、北海道の魅力を発信なさっています。

日々のかけら
「 コトノハ 」繋がりのご縁も7年目ですね。いつも丁寧なコメントをありがとう。
写真と言葉で、何気ない日常をすてきにつづっておられます。彼女の言葉は「 そのままのあなたで良いんだよ 」って、背中を押してくれる風みたい。

mikaさんの「* m i c a m e l i f e *」を読んでみましょう。


[PR]
by blog_editor | 2016-07-14 17:01 | 写真

c0039735_19115568.jpgみずみずしい季節の花や美味しそうな料理をはじめ、かわいいスイーツや雑貨など…。とてもおしゃれで洗練された写真にうっとり!日々の暮らしの中で「かわいい」「きれい」「すてき」と感じる、美しく幸せな瞬間を切り撮った写真を「リビングフォト」と名づけ、独自の写真スタイルを築きあげていらっしゃるのは、写真家の今道しげみさん。

『リビングで暮らしのワンシーンを撮る写真』という意味合いを込めて、「LIVING PHOTO」=リビングフォトというわけですが、そんな写真に憧れる女性に向けたサロンスタイルのフォトスクールも開催し、人気を呼んでいます。背景をぼかしてふんわりやさしく明るい印象の写真はもちろん、シックでスタイリッシュな印象の写真も、どちらも魅力的だと評判です。
今回は、そんなセンスが光るすてきな写真とともに、楽しく幸せなフォトライフをつづる「LIVING PHOTO」の今道しげみさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
今道しげみさん:エキサイトブログは美しい写真を載せているブロガーが多いという印象でしたので、プロのフォトグラファーとして、少しでも写真が美しく表現できる場を求めて2013年11月にエキサイトブログを始めました。
もともとは2005年に別のブログサービスで「Salon de Sylvie」というブログを始めたのですが、ブロガーとしては比較的早いスタートだったと思います。ブログにフラワーアレンジメントや料理など暮らしの中で「すてき」「かわいいい」と感じたシーンを載せたのが評判になり、『おうちで楽しくリビングフォト』(インプレス)という本を2008年に出版したのも写真家として活動を続けるきっかけのひとつになっています。もうひとつある「LIVING PHOTO」は公認ブロガーとして今でも時々更新していますが、現在は、エキサイトブログの「LIVING PHOTO」がメインとなっています。

c0039735_18541970.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
今道しげみさん:ブログにつけたタイトル『LIVING PHOTO』は、日々の暮らしの中で幸せに感じた瞬間を美しく撮るというコンセプトで名前をつけ、商標登録も取得しています。
背景がふんわりぼけて、明るい、色がナチュラルなスタイルの写真に「LIVING PHOTO」と名前をつけました。コンセプトが伝わりやすいように、一眼レフに50mmF1.4というレンズを使用した写真を撮り続けています。今では明るいスタイルは「LIVING PHOTO CLAIRE クレール」として指導しています。
エキサイトブログを始めたのと同じ時期に、料理の写真をメインにしたフードフォトを教えるプログラムをはじめ、黒い背景で撮影した「LIVING PHOTO DARK CHIC ダークシック」というスタイルも始め、好評です。これは、エキサイトブログの黒い背景にとてもマッチすることもあって、エキサイトフログに移って「先生は最近写真がうまくなった」と噂されました。狙い通り写真家としてのイメージをグレードアップできたのは、普通はカメラ機材を変えたことがきっかけになることがほとんどだと思うのですが、私の場合はエキサイトブログの画像解像度と写真の見栄えの良い黒い背景のおかげと感謝しています。
写真を美しく魅せたい人にエキサイトブログはおすすめです。

c0039735_19120966.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
今道しげみさん:ブログに美しい写真をUPして日記のようにつけ始めてから、人からほめられることが格段に増えました。
フォトセミナーや花の教室で撮った写真を中心に載せていますので、同じように学びたいという人たちへの「広告的」な効果もありますが、ブログのもうひとつの絶大な効果として、私が「LIVING PHOTO」を指導した生徒さんたちのブログの写真が魔法にかかったように美しく変身していく様子が、私自身の大きな励みになりました。いつも見ていたブログの写真がぐんぐん良くなっていくのを目にした彼女たちの読者が、「なぜだろう」とブログを遡って、「どうやらLIVING PHOTOを学んだかららしい」ということを突き止め、「LIVING PHOTO」を学ぶきっかけになったという人は数えられないほどいると思います。

c0039735_14462132.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは??
今道しげみさん:趣味が写真を撮ることと花をいけることで、仕事は写真と花を教えることです。
楽しく続けるためには体力が欠かせないので、ウォーキングや筋肉トレーニングは欠かせません。

エキサイトブログ編集部:夢は?
今道しげみさん:今のまま、ずっと幸せに仕事を続けていくこと。

c0039735_18535546.jpg


エキサイトブログ編集部:お花やフード、テーブルコーディネートなどをはじめ、暮らしの中のシーンを美しく切り撮るすてきな「LIVING PHOTO」(リビングフォト)が魅力的ですが、写真を撮り始めたきっかけやリビングフォトというスタイルを確立された経緯は? 写真を撮る楽しさは?
今道しげみさん:1990年にロンドンに暮らしたのをきっかけに、フラワーデザイナーとして活動をスタートしましたが、美しい花の姿を留めておきたいという思いでフィルムの一眼レフカメラを独学で学びました。
当初は、お花を習ってくれた生徒さんにお稽古の記念としてポストカードを差し上げたくて撮影を始めましたが、教えてくれる先生にも巡りあえず、解説している本もなくて苦労しました。デジタル一眼レフが手に入りやすい価格になった2005年から、私のように撮り方をわかりやすく楽しく学びたい女性がたくさんいるはずと、「LIVING PHOTO」のサロン形式のフォトスクールを始めました。
写真を習い始めたきっかけはポストカードでしたが、写真を教える大きなきっかけになったのはブログです。ブログで多くの人に「LIVING PHOTO」をみてもらうことで、スクールに通ってくださる方が後を絶たなくなりました。写真はその人の価値観をも照らしだす鏡だと思います。好きなものが似ている、美しいと思うものが共通しているという直感的な繫がりを感じることができるのも写真のおもしろいところだと思います。
 
c0039735_19121830.jpg


エキサイトブログ編集部:自分らしい写真を撮るために、大切にしていること、こだわっていることなどは?また、すてきなリビングフォトを撮るために、きれいに撮るコツやポイントなどもぜひ教えていただけますか?
今道しげみさん:「LIVING PHOTO」で一番大切にしているのは2つあります。ひとつは「レンズ」。人の感じる視界よりも少し狭く、奥行きを感じる50mmF1.4かF1.8の「標準レンズ」と呼ばれるズームのきかない単焦点レンズを使います。LIVINT PHOTOを学びたいと来てくださる人たちは、スマホと違って背景をふんわり美しくぼかす方法を知りたい、コントロールできるようになりたいと思っている人がほとんどなので、レンズを指定しています。
カメラは道具ですから、レンズにこだわるのが大事です。もうひとつは「光」。カメラは光の反射を捉える道具なので、光を見極めることが上達への近道です。基本は「自然光」で撮影していきます。花は自然光以外では撮らないと徹底していますが、食べ物の場合は自然光に似た光を見極める方法を教えています。
美味しそうに撮るには「色」が大事ですので、電球の照明の場合はホワイトバランスをオートに任せるのではなく、「電球色」という項目に合わせるだけで、黄色みが取れて特に野菜がフレッシュでおいしそうに撮れますので試してみてください。

c0039735_18542262.jpg


エキサイトブログ編集部:数多くの電子書籍なども手がけていらっしゃいますが、どのような取り組みをされたのでしょうか?また、記事アップの際に気をつけていることや大切にしていることがあればお願いします。
今道しげみさん:「LIVING PHOTO」で写真の勉強をしている人の中には、料理研究家、パティシエール、フラワーデザイナー、デーブルコーディネーター、写真家、ジュエリーデザイナーなどすでに活躍している人や、これからいわゆる「サロネーゼ」としてスタートしたいという人が多くいらっしゃいます。
そういう人たちのひとつの目標が、自分自身の作った「作品」をいつか本として出版するということではないでしょうか。紙の書籍の出版はハードルが高いのですが、電子書籍なら自分でやる気さえあれば、テーマに沿った写真を撮りためるだけでその「夢」を叶えることができます。
「LIVING PHOTO」では書籍の出版の夢をサポートする「LIVING PHOTO AP」を1年前にスタートさせ、20冊ほど出版しました。電子書籍は出版しただけだと、見てもらえるチャンスが少ないのですが、無料ダウンロードキャンペーンなどをグループで仕掛けることによって、短期間ですがベストセラー上位を独占したり、2万件近くダウンロード実績をあげています。
今後も生徒の皆さんの出版の夢を叶えるサポートを続け、読者の皆さんにはクオリティーの高い写真集で楽しんでいただきたいと思っています。

c0039735_18540713.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
今道しげみさん:もう少し興味を持つべきだと思うのですが、アクセス数の見方もわからず、まったくノーチェックです。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
今道しげみさん:食べることと、料理をするのが好きなので、食事の時間は特に大切にしています。多少疲れていてもきちんとした食事をとるとリフレッシュされます。特にワインが好きなので、お酒に合わせた料理を考えたり作ったりするのも大好きです。

c0039735_19120786.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
今道しげみさん:★捲土重来の春
息子が二人いるのですが、やはり「子育て」「教育」はいつも心配の種。次男の大学が決まった時は本当にうれしかったです。たくさんの方に応援してもらい胸が熱くなりました。

2015年10月スタート LIVING PHOTO BASIC 募集案内
フォトセミナーの募集の告知はこうやってブログで行っています。「営業」や「広告」を一切しなくても写真家としてフラワーデザイナーとして仕事を続けらていられるのは、ブログのおかげです。

Paris*rue Cremieux avec Nikon D750
撮影やフラワーデザインの勉強のために年に一度はパリに行っています。こういう写真を紹介してアーカイブできるのはブログならではです。

あけましておめでとうございます
毎年年始の挨拶はブログで。

c0039735_14522147.jpg


Salon de Sylvie 25th & LIVING PHOTO 10th 記念パーティー 挨拶
昨年10月に「LIVING PHOTO 10周年 Salon de Sylvie25周年」の記念パーティーをしました。写真家として10年、フラワーデザイナーとして25年続けてきた区切りにたくさんの生徒さんにお祝いしてもらいました。この写真もすべて生徒さんたちが撮影してくれたものです。

LIVING PHOTO at 立教大学★(1)
自宅サロンやカメラメーカーのセミナーで教える仕事が多かったのですが、大学の教壇でもデビューしました。この時に教えた生徒のひとりが今年成人式を迎えて、お祝いの記念に「一眼レフカメラが欲しい」と言ってくれたといううれしい知らせを聞きました。

DARK CHIC*Bouquet de Photo
ブーケドフォトというフラワーアレンジメントと撮影の両方を楽しんでいただくセミナーでの写真です。

c0039735_19115895.jpg


エキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
今道しげみさん:家事を手伝ってくれる「お手伝いさん」のいる生活をしたいです。以前、香港に暮らしていた時に、アマさんと呼ばれるフィリピン人の住み込みのお手伝いさんを5年ほどお願いしていました。「ごちそうさまでした」と言ったら夕食の片付けをすべてやってくれるお手伝いさんがいたら、もっと気持ちよくお酒が飲めるのにと毎晩思います。

エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
今道しげみさん:ブログを見てくださった方にきれいな写真だなと思ってもらえたら、写真家としてフラワーデザイナーとして、これほどうれしいことはないです。美しい写真は見てくれた人への「ギフト」だと思っています。
また、「LIVING PHOTO」は写真を習いたいと来てくださる方がいるからこそ撮れる写真です。きれいな写真が撮れるのは、美しい花を育ててくれる人がいるから。私が幸せな瞬間を残せるのは、多くの人の支えがあってこそ。そのことへの感謝の気持が写真で伝わればもっとうれしいです。

c0039735_19120421.jpg

 
エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【今道しげみさんのお気に入り&好きなブログ】

*Garden Cafe*
LIVING PHOTOのインストラクターをしているCoomieさんのブログです。透明感のある写真がとても人気のある写真家です。食べ物もとってもおいしそう!

Decoretta〜デコレッタ日々のこと
豊中北摂にあるすてきなフローリスト「デコレッタ」のブログです。

Apricot&Peach
食べることが大好きなApricot &Peachさんのエレガントなライフスタイルのブログです。

小さなしあわせ
おはやさんの「小さなしあわせ」。コンクールで大賞を撮られるほどのカメラの腕前。女性ならではのやさしい風景写真が魅力です。

今道しげみさんの「LIVING PHOTO」を読んでみましょう。

[PR]
by blog_editor | 2016-01-18 10:00 | 写真

c0039735_1811865.jpgときには幻想的に、ときには心の中に思い描いたような心象風景をイメージさせる写真だったり…。ときには、信州の四季を訪ね歩いて伝える美しい風景写真だったり…。目の前の「いま」をいろいろな表現方法で自分らしい感性で切り取った写真とともに、心の中から湧き出る大切な言葉を紡いだ詩が、想像を膨らませてくれます。
そんな、独特の雰囲気を醸し出すすてきな写真と詩のコラボレーションが読む人の心に余韻を残してくれる、フォトブロガー「たなぼた」のhiyoさん。

先日、編集部ブログでご紹介しました『信州大学附属病院の廊下をお花畑にするプロジェクト』というグループ写真展の主宰者としても注目を集めています!
入院患者やその家族をはじめ、病院を訪れる方々が「少しでも笑顔になれるように…」「元気になってもらえたらうれしい」という思いで3年前から開催。そんな思いに賛同した13名のエキサイトブロガーさんや他の参加者とともに大きなプロジェクトを10月1日から開催され、多くの話題となっています!
今回はそんなお花畑写真展でみなさんとの絆を深め、「われらがhiyoさん!」と信頼を集める「たなぼた」のhiyoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。さっそくですが、ブログを始めたきっかけは?
hiyoさん:こちらこそ、いつも楽しませていただいております。ありがとうございます。
ブログは2010年にグループ展に参加した折りに、その店のオーナーさんから、「作家活動をされるならホームページか、ブログを持ったほうがよい」と勧められ、別のブログサービスで「ヒヨちゃんが行く!」(現在休眠中)というブログを始めました。そのうち、写真仲間のアラカワさんご夫婦(「アラカワ・ヒロシの 重なる記憶」、「アラカワ・エミコの『はじめの零点五歩』」)がエキサイトブログを開設されました。そのお写真がとてもきれいだったことと、すてきなお仲間がいることに惹かれて、2012年から私もエキサイトさんにブログを開くようになりました。

c0039735_22591611.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
hiyoさん:写真と詩を中心にアップしています。まずは「たなぼた」というタイトルからでしょうか。写真も言葉も日々の出会いも、ある日突然降ってきます。それらを「棚からぼた餅」的に楽しみたいと、「たなぼた」にしました。

ブログは「いま ここ」を大切に感じたり考えたりしたことがテーマです。これまでの思いやこれからの思いも込めています。でも、特別なことじゃないんです。私のまわりで起きたことを書いています。たとえば、石は一個投げればいいと聞いたそのお店に、welcomeと書いてあって「カスケード」という詩ができました。どうせ石を投げるのだったら、相手からウエルカムといわれるように石を投げればいいんだと気がついて、相手を思いやる感性を磨きたいと思い作りました。

c0039735_23417.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
hiyoさん:なんといっても、その人の目を通して出た言葉や画像の、その人でなければ語れない何かにたくさん出会えることです。すてきですよね。元気をもらっています。

そして人のつながり。最澄の言葉に「一燈照隅 万燈照国」があります。ひとりじゃ少ししか照らせないけれど、みんなで灯せば国中が明るくなるの意味です。今回の信州大学医学部附属病院の展示でもブログを介して、人がつながりあうお花畑にしてくれました。もうご協力いただけた参加者の皆さまに感謝の毎日です。

あとは伝わる言葉や写真を作るモチベーションにもなっています。出会いによって、ほんのちょっとでも背伸びができた時はすてきに思います。たとえば…、創作をめぐって心が痛くて縮こまっていた日に、「どこまでも挑戦しようね」とお言葉をいただきました。そうしたら空が香った気がしました。その時の感慨をつづったのが「空のかおり」。闇に光が飛びはじめる様子の画像を添えました。
こんなときに励ましのコメントや「いいね」をいただけると本当にうれしく思います。

c0039735_1415220.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
hiyoさん:基本はずっと写真なんですね、きっと。
そう言いながら好奇心の強い人なので、貝を拾ってきたら貝の真珠層を取り出そうと実験…(笑)。真珠層が取り出せたら、人造真珠ってどうやって作るのかなって調べている…。要するに実験系。実際に自分で試せることがいちばん好きなんだと思います。

エキサイトブログ編集部:夢は?
hiyoさん:ライフワークとして行なっている「我風展」という写真展を100年続く写真展に発展させたいと思っています。100年後はもう生きていませんが(笑)。コンセプトは「自由な発表 豊かな交流」。2012年にアラカワさんと立ち上げました。写真表現の可能性を追求する人が、その表現を心ゆくまでできるよう美術館での展示をしています。また、作家が在館し来館者との会話を大切にしています。
今年の第三回展では約1000人のご来場をいただきました。新人発掘もかね、地域写真文化醸成に一躍を買えればと願う日々です。

私生活では写真スタジオが欲しいです(笑)。あとはバラが咲いたら蝶々が来るといいなあ…とか、叶っても裏切られても楽しくなるようなことばかり夢みているようです。

c0039735_1484599.jpg


エキサイトブログ編集部:信州の自然が感じられる写真や心の中に思い描いた心象風景のような印象深いアート写真などが魅力的ですが、写真を撮ることが好きになったきっかけや写真を撮る楽しさ、魅力は?
hiyoさん:キラキラしている同級生を撮りたくて、父のカメラを無断借用したら、きれいに撮れちゃって…。それで写真が好きになっちゃったのです。譲り受けた「ニコンの世界」という本に書いてあったデータをまねして撮ったり、撮影データ帳をつくって研究しました。実験系の私にはぴったりですね。写真はほぼ独学で30年以上になりました。
写真も詩もそうなんですが、私は自分が見たもの感じたものしか形にできないんです。ですから何が私の心をゆらしたのか、じっくり観察したり考えるようにしています。
ところがカメラというのはカメラ目線なのです(苦笑)。カメラでしか見えない世界というのがあって、カメラでは見えない世界もあるんです。
そこでCGを組み込みながら、記憶として残したいものを表現するようになりました。絵画で言えばダリとかエゴン・シーレとか写実を超えた写実世界に近かったり、シャガールの言葉と絵画の癒合のようだなと思います。こうして心象表現に挑戦できることが私にとっての写真の魅力のひとつです。

それから…信州はふらっと出かけても四季の移ろいが美しい場所。宝箱を開けるように季節を訪ね歩くのが楽しいのです。万葉集には、「千曲川の小石をあなたが踏んだ。私はそれを宝石と思って拾ってしまう」。なんて恋の歌もあります。
信州は開拓した人の歴史と自然と調和し、たくさんの物語を生んできました。そういう目で信州の風景を見ると、古今東西変わらぬ「人の心」を宿した心象風景に見えてくるから不思議ですね。

c0039735_23585.jpg


エキサイトブログ編集部:自分らしい写真を撮るために大切にしていることや、心がけていることは?また、hiyoさんのブログは写真だけでなく、それに添えた言葉も心にしみますが、写真を撮りながら詩をイメージ?それとも詩をイメージしながら写真を撮るのですか?
hiyoさん:そうおっしゃってくださって、ありがとうございます。「星の王子様」には「大切なことはね、目に見えないんだよ……」という台詞があります。ここでいつも泣いちゃうわけです。伝えたいことのどれだけを受け取れるか、伝えたいことのどれだけを伝えられるかと。
写真も言葉も貴重ないただきもので、猫がいなければ猫は撮れないし、人に出会わなければ言葉は生まれないのです。ですから、見聞きしたことに加えて、その時に感じた目に見えない何かにも感謝や畏敬の気持ちを込めてお伝えできればと願っています。
あとは日本語です。できれば声に出して美しい言葉を残したいのですが、なかなか難しいですね。

写真を撮りながら詩をイメージするか? それともその逆か?ということはよく聞かれるのですが、両方あります。シャッターを切った瞬間に言葉が生まれることもあります。出かけた先の光景に物語を感じて、それに見合った写真を撮ることもあります。
その一方で、言葉って人とのつながりそのものですから、10年経ってようやく上手くそれを語れる言葉に巡り会えることもあります。そういう言葉にはイメージを温めて写真を撮るようにします。半年イメージを探していたこともありました。

c0039735_1403712.jpg


エキサイトブログ編集部:先日編集部ブログで告知させていただいた、hiyoさん主宰の『信州大学附属病院の廊下をお花畑にするプロジェクト』が10月1日から開催されましたが、このプロジェクトを始めたきっかけは?3年前からスタートされていますが、実際にやってみてよかったなと感じたことは?
hiyoさん:私はもともとは看護職ですが、もう30年ほど前のことになります。勤務していた病院は白一色でちょっと窮屈な感じでした。そこで、病院オリエンテーションの冊子にユトリロやゴッホも模したアクリル画で表紙を付けたところ、患者さんからたいへんな反響をもらいました。
海外でも同じだったのでしょう、病院空間をアート空間にしようという試みは1990年ごろからアメリカなどで盛んに取り上げられるようになりました。美術館の絵を病院で展示したり、有名アーティストが壁に絵を書いたり…。それらが患者さんに元気を与えているとの論文も発表されるようになりました。
近年の日本では山本容子さんの「ホスピタルアートを描く」などの活動が有名です。

そんなこともあって、「療養生活にほんのちょっとでも楽しく豊かな気持ちを添えられたらいいな」「少しでも元気になってもらえたらいいな…」と思って、2012年から病院の廊下での展示を始めました。2013年に「花」をテーマにしましたところ好評だったので、「来年以降もぜひ花で!」と病院側から依頼を受け、今年で3回目の花の展示となっています。

c0039735_1441378.jpg


やってよかったなと思うエピソードはいくつかありますが…。
今年からご参加くださったjin-m10-pさんは2014年の展示をご覧になられたひとりです。目にしたのは、ご家族が患者さんに「この花咲いていたね」と話しかける風景でした。患者さんが写真に目をやると、「こんな花あった、あった」。ご家族が言葉をつなぎました。するとその患者さんのお顔がどんどん輝きだして、そのまま元気に退院して行くのじゃないかと思うほどだったそうです。jin-m10-pさんは、そうした光景に「一枚の写真から笑顔や会話が生まれるなんて、まだまだ写真でやれることがある」と写真がもつ可能性を強く感じたそうです。

また、櫻のお花をご覧になっていたご夫婦が、キャプションもないのに、その木の由来を語ってくださったことがありました。あとで作者に問い合わせましたらまさにその木だったので驚きました。その櫻はずっとそのご夫婦の心で花咲いていたのです。
足が不自由なお子様が急に走り出したことも思い出深いですね。お母さまたちが慌ててお子さまの後を追いかけていくと、「好き」とたどたどしい言葉である写真を指さすのです。お母さまはそのお子さんをギュッと抱きしめてあげました。
「大丈夫、頑張って」などという励ましの言葉もありますけれど、言葉では伝えきれない思いを写真の花束にしてほんの少しでもご覧になった人の未来を輝かせてくれたらうれしいなと思います。そして、誰かを輝かせてくれることを目の当たりにできることは撮り手として本当に幸せなことです。
また、展示に当たり、信州大学医学部附属病院の関係者からも多大なご協力や感謝のお言葉をいただいております。一緒になって展示をクリエイトできることも喜びのひとつです。
ちなみにプロジェクトの命名者は私です。ご参加の皆さまの心に感銘を与えた花畑や花がご覧になった人の花畑になったら良いなと思いつけました。命名者は私なのですけれど、今回のプロジェクトをご一緒した参加者の皆さまとの交流で私の心もお花畑になりました。本当にありがたく思っています。

c0039735_22181434.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることがあれば…。
hiyoさん:ごめんなさい、特に気を遣っていることはありません。あえて申し上げるなら、フッと口元が緩むような希望をどこかに織り込めたらなあと思っています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
hiyoさん:大切にしている時間は目覚める時と眠る時です。今日が始まること、今日が終わることがうれしいです。朝にこんなことをしたいなとまずは夢見て、夜にこんな出会いがあった、こんなことができた…と数えています。一日がていねいに過ごせたと思った日はとてもうれしいですね。そのあと本物の夢をまた見るのですから、根っからの癒やし系かもしれません。
」は、まさにそんな気持ちから、「今日を大切に生きるぞ宣言」で作った詩です。

c0039735_1385369.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
hiyoさん:言葉を中心に選んでみました。言葉と写真を合わせてご覧いただくと違った感じになるかもしれません。

夢のあとさき  
当たり前の幸せは、いつも私を思ってくれる人がいるから。いつもやさしさを運んでくれる、そんなあなたに感謝を込めて作りました。

夢のあとさき
昨年の信州大学医学部附属病院の打ち上げをした喫茶店で大量のラテ(350cc)を眺めていたらできました。

接吻      
本当はたくさん伝えたい言葉があったはずなのに何にも言えなかった。何にも言えなかったのに、いちばん繋がっているなと思った時間に。

水中歌     
美ヶ原の小さな湖。空も木々も魚もみんな一緒になって泳いでいました。カラカラと白樺の葉が降る小春日和でした。 
c0039735_154322.jpg


ただよう
創作の合間の昼下がり。真っ白なカエルに会いました。ただただ・・まどろんでいるばかりで、半時間もそこにいたのに何色にも染まりませんでした。
 
化学実験
春は自分の年の数しか来ないから、それだけしか種まきできないと農家の人に言われてインスパイアされました。今年も記念日が巡ってきます。

育っています
凍土が溶け始める2月末になると農家の人は田んぼを耕し始めます。肥料をやったり、畦を整えたり大忙し。そんな姿を見るたびに信州がもっと好きになります。

くたびれて 
本当にくたびれて、草の上にごろんとなったら、ドングリの気持ちが分かったような。ドングリの気持ちで書きました。
c0039735_1864565.jpg


ハテナ      
わからないことを調べてみると、もっと分からなくなることも。おかしくなって作りました。

窯変/朝顔   
秋の朝顔は早々に実を結びます。その姿に、来世というものを信じているのでしょうと心を寄せて作りました。

狩猟民族
頼まれた写真を撮るために最近はもっぱら狩猟民族。皆様に手伝っていただいて一つの作品ができます。その喜びをちょとと斜に構えて書いてみました。

鰊そば
棚田を探して秋に出会った記事です。
c0039735_1462828.jpg


エキサイトブログ編集部:最近感動したことは?
hiyoさん:母の日に娘が贈ってくれた切りバラが根を出し定植できたことです。

エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
hiyoさん:心に風がある、そんな毎日を送りたいなあと思っています。無風の日は自分が動いて風になって、強風だったら立ち向かって、微風だったら伸び伸びと、言葉や光に出会うことを大切にしたいなあと思います。
ブログを続けていくなかで、突きつめていくと風の原動力は誰かに出会った喜びだと思うようになりました。心に降りてくる「なにか」があるから、歩き出せるのだなと皆さまとの出会いに感謝しています。歩き出せば次々にカーブが現れてきますが、そのカーブの先にも道があるんだなあと思えるのも、そうした出会いから得た大きな糧でした。いつもありがとうございます。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【hiyoさんのお気に入り&好きなブログ】

時の記憶  
2012年に信大展でご一緒しました。彼女のお写真はとてもとても人との距離が近く、「人」の存在を強く感じます。そして、ちょっと不思議。何度見ても見飽きない深い世界が広がるブログです。

*雫* 
いつもいつもやさしい応援の言葉をいただいております。その言葉はどうしたって心にしみていきます。そしてていねいに生きていくことを毎回教えられるブログです。かわいい「みいやん」も時々登場します。

長女Yのつれづれ記 
お花の写真を撮る必要があって拝見したのがご縁でした。彼女が生けるお花は芯の強さを秘め躍動的でキラキラして見えます。寄せ鍋風味の語りがまた楽しいブログです。

ポケットに季節の手帳  
言葉を本当に大切にされておられる人と思います。季節ごとに紡がれる物語には人の心を柔らかくする魔法のエッセンスが。和の奥ゆかしさも感ぜずにはいられません。

kaleidoscope  
絵を描く人が写真を撮ると、こんな世界になるのだと毎回驚きと喜びを持って覗きに行きます。想像する、創造した、そんな言葉をいつも思いながら勉強させてもらっています。

我風展 オフィシャル・ブログ  
100年続く展示を目指し、会のコンセプト、現在までの展示アーカイブと情報を掲載しています。第4回に向けて準備中です。

mikka Web  
今回の信大展のメンバーです。彼女の生きようとする力や、前向きな活動に毎回元気をもらっています。「ポータル ANNニュース&スポーツ」のオープニングアニメーションを作成するなど活躍中です。ぜひ彼女のポップなアートにお触れください。

【hiyoさんがお使いのカメラとレンズ】
●カメラ/Nikon D4 NikonD800 ときどき Nikon D40
●レンズ/
(よく使うレンズ)
 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
 AF-S VR Zoom-NIKKR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
 AI AF Zoom-NIKKOR 80-200mm f/2.8D ED
 AI NIKKOR 50mm f/1.2

(ときどき使うレンズ)
 Reflex NIKKOR 1000mm F11
 AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR

★hiyoさんの「たなぼた」を読んでみましょう。

★hiyoさん主宰の『信州大学附属病院の廊下をお花畑にするプロジェクト』の写真展の様子&参加者の皆さんのご紹介などは近日、偏執部ブログ「エキサイトブログCAFE」のほうにアップしますので、ぜひお楽しみに。
[PR]
by blog_editor | 2015-10-03 23:05 | 写真

c0039735_1428156.jpg雄大な山頂からの景色を眺めながら、天空のランチを楽しんだり…、透き通るほどきれいな湖で、すがすがしい風を感じながらカヌーを楽しんだり…。思わず、「わ~、こんなすばらしい景色に出会えるなんていいな~!」「私もこんな体験してみたい!」」と憬れる読者も多いはず。

そんな登山やカヌーをはじめ、渓流でのフライフィッシングなど、一年を通してアウトドアを思う存分楽しむ様子からは、こちらまで一緒に楽しんだ気分になるような臨場感が伝わってきます。とくに、夏らしい自然体験を楽しむ写真は清涼感もいっぱいです。
ときには仲間とともに童心に返って楽しんだり、ときにはひとりでのんびりと心ゆくまでリラックスしたり…。大自然に身をゆだねがら、かけがえのない時間を満喫しているのが感じられ、見る人の心も癒してくれます。

また、それらを楽しむ道具にも愛着を持って大切にし、同じような趣味を持つブロガー仲間からも注目されています。
今回はそんなアウトドアの魅力を写真とともにつづるブロガー「Sauntering」のkkai0318さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部: いつもご利用いただき、ありがとうございます。さっそくですが、ブログを始めたきっかけは?
kkai0318さん:こちらこそ、ピックアップブロガーに取り上げていただきまして、ありがとうございます。びっくりしました。
ブログを始めたきっかけは、友人に薦められたのが大きいですね。もともと日記を書く習慣があったので、日記代わりにもなればいいなという気持ちで始めました。
あと、外遊びや道具を使いながら、そろそろ自分だけに閉じ込めておくよりも、発信をしてみようと思ったんです。
これまで自分になかった「発信する」ということに、とても興味があったのかもしれませんね。エキサイトさんにしたのはシンプルで写真が大きく出せるから、というのが大きな決め手でした。

c0039735_14293796.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
kkai0318さん:「Sauntering」というのは散歩や遊歩といった意味です。そのタイトルのように、自分の興味があることを、それぞれ散歩中のような目線で紹介しています。
カテゴリにあるように、登山や釣り、カヌーやクラシックカー、そしてアウトドアアクティビティを中心に、それにまつわる道具や考えなどをつづっています。
あとは…ガーデニングや、古くから使われている美しい物を思い出したように時々アップしています。
古い物はとっても手間がかかりますが、それ以上に魅力あふれるものが多いです。そんな道具とのつき合い方や、実際に使っている様子を書いています。
興味や持っている道具が細かすぎるので、時には辟易すると思いますが…(笑)。時に修理したり、使いやすいようにアレンジしたりして紹介したりしています。なので…新しい物や、便利な物は極端に少ないです。

また、出かけた先でも、そこの詳細情報よりも、感じたことや場所の雰囲気を伝えるようにしています。詳細情報は優秀なネットにおまかせして、その場で感じたことを大事にしています。
なるべく全力で遊ぶというのがコンセプトなので、時に子どもじみているかもしれません(笑)。

c0039735_1053733.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログをはじめてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
kkai0318さん:よかったことは…どんなに眠くてもパソコンに向かう習慣ができたことですね。あとは出かけた先でも、ブログのことを考えてすばらしい景色や感動したこと、お気に入りのものを「伝える目線」で捉えられるようになったことです。
実は…始めた当初は、自分の性格上、それらがわずらわしく感じることもありました(笑)。自分の中でだけ留めておけばいいんじゃない?って。でも、自分だけの中で熟成させるのにも限界があって、共有の楽しさが最近になってわかり始めたんです。予想外にきれいな景色があった時、誰かがそこに一緒にいたら感動も大きいですし、大きな魚が釣れたら、誰かに見てもらうってすごく喜びを増幅させるんです。
…とか言いながらも、時にはひとりで見たい時もありますが…。要はバランスですね。
コメントをいただいたり、反響が大きい時にはその共有している感じが大きいです。「こんな風景もあるんだ」ってコメントをいただくと、「あぁ良かったな」って思います。

また、自分の出かけたくなるきっかけも誰かの写真や文章だったりすることがあるので、逆に誰かが自分のブログを見て、行動したり考えてもらえたら一番うれしいですね。
これまでは記録のような写真、文章でしたが、「誰かに見てもらう」ということを意識してから写真の撮り方や文章も変わりました。誰もが均等にわかりやすく、伝えるということはとても難しいですが、いろいろ練ったりできるので、今は相当楽しいです。

最も大きいのは、いろいろな方と交流できることですね。とても良い縁があったりして、世界が広がりました。これまでに興味のなかったことや知らなかったことを教えてくれる人にたくさん出会うことができました。
自分の書いた記事や写真に考えてもみなかったコメントが入っていると、こんな見方もあるんだととても感心することがたくさんあります。
体調を崩した時なども、肉親のように心配をしてくれたりして、みなさんのあたたかさを感じます。

c0039735_14305979.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
kkai0318さん: うーん、たくさんありすぎて…(笑)。しいて挙げるなら…カヌーを修理するのに付属して、木工に夢中になっています。数年あたためていたことなので、今は木工のことで頭がいっぱいです。
好きな物はやはりウッドシャフトのピッケルです。ブログのプロフィール画像も、そのピッケルという古い山登りの道具です。鉄と木を使った絶妙な道具で、ブログにも時々登場しています。
今はほとんど使っている人はいませんが、山の道具としての美しさはピカイチです。
命を守る道具であるので、実用に耐えるように、日々のメンテナンスは欠かせません。そのお手入れが楽しくて、使う時間を上まわっていますが(笑)。

あ、あと竹竿も好きです。日本の和竿なんですが、これも手入れを含め、魅力でいっぱいです。
これも使う人が激減していますが、草の根活動のように密かに賞賛しています。和竿のアクセスも多くなってきたので、けっこう実を結びつつあるのかも…。
…とまあ、一番がたくさんあって…答えになってないですね(笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
kkai0318さん:夢ですか!久し振りに聞かれた気がします(笑)。
趣味については段階的に夢を叶えているので、このまま引き続き…。
夢と言えるのかどうかわかりませんが…。生活全般をより自然に近づけたいです。衣食住が自分の手の中で収まるような生活が夢です。ありきたりですが、納得いくようにきれいに生きてみたい、というのが最終的な目的地で・・。それには決意や体力、気合いもいるので、そのための準備を日々重ねています。
質問を受けて、改めて考えちゃったんですが、一生かかるのかも…(笑)。
自然の中で暮らすというのは実現したいなぁ。

c0039735_14313993.jpg


エキサイトブログ編集部:登山やカヌーなど、とても雄大な景色の中でアウトドアを楽しむ様子が伝わってきますが、最初に始めたのは登山ですか?そのきっかけやその魅力は?
kkai0318さん:登山は中学生の時からですが、担任の先生が山好きで、ある時ヒマラヤに行ってしまったんです。帰ってきてから話を聞いた時、強い興味を持ったんです。その後、せがんで一緒に丹沢に登ったのが初めての山でした。今でも印象深い自分の登山黎明期ですね。
最初に登った山でその山の持つ雰囲気にすっかりやられてしまって…。少年は(笑)。その後も難易度を少しずつ上げて、ひとりで登るようになって…。中部の主だった山は20代の時にあらかた登りました。

登山はアスリート的な技量や専門的な環境でなくとも、我慢して足を運んでいれば山の頂上にだとりつけます。自分の体力と相談しながら、段階を踏めばちゃんと結果が出てくれる数少ない趣味です。ふだんの生活とはまったく違う世界が「自分の足」で見られるというのも魅力ですね。
歩いて山々を越え、雲の上に行けるって、すごいことだといつも思っています。
ひんやりした空気に、青い空に流れる雲、冬は真っ白で荘厳な世界。霧に見え隠れする岩峰。これほど美に満ちた世界は他にはないような気がします。植物の良さに気づいたのも山のおかげかもしれませんね。

c0039735_161574.jpg


エキサイトブログ編集部:登山以外にも、カヌーやフィッシングなどを始めたきっかけは?アウトドアライフ全般の魅力は?
kkai0318さん:カヌーを始めたのはごく最近です。10年ぐらい前に一度、那珂川をレンタルカヌーで下ったのが最初ですが、あれはやったうちに入らない(笑)。その後も水面下でカヌーをやりたい情熱がくすぶっていて…。ある時、知人がカヌーを譲ってくれる話になったんです。とってもボロボロでしたが、半木製のカナディアンカヌーで、一番欲しいモデルだったんです。気が変わらないうちに軽トラとビートルでワッと取りに行きました(笑)。
置く場所も無計画だったのですが、「なんとかなるさ」、という根拠のない自信があったので…(笑)、その後、なんとか場所を見つけ、カヌーも友人と楽しみながら修理しました。木製なので、それまで自分の興味を持っていた木工というジャンルが、次々とカヌーを通して学べたので、漕ぐ前から楽しくてしょうがなかったですね。
完成した時に初めて「なんとかなった!」って思いました。何ごとにもあるんですが、とりあえず「考える前にやってみる」ということの重要さを感じた次第です。

カヌーへの憧れは「絵画のような世界に入り込みたい」という欲求から始まっていて、乗る前からどんなカヌーで、どんな風景で漕ぐかというのはほぼ決まっていたんです。
これまでの生活で水の上に出たことがなかったので、初めて漕いだ時にその静かさと独特の景色に心底驚きました。山とはまったく違う風景だったので、とても新鮮でした。
準備している時も夢想していて、楽しみのひとつです。出発前は子どものように寝られない時もあるほどです(笑)。

c0039735_1433067.jpg


フィッシングは…、最初は海釣りから始まり、キャンプして、川で泳いでいる時に山女魚に出会ってから渓流魚の美しさに魅了されました。「こんな細い流れに、こんな宝石みたいな魚がいるのか」って本当にびっくりしました。山女魚の生態、生息域を夏季課題にしたりして、なかなか渋い小学生だったんです(笑)。
その後、中学生でテンカラという毛鉤釣りの世界に興味を持って、教えてもらいに木曽に行き、その後フライフィッシングを始めたという流れです。
釣りはその魚を取り巻く環境をダイレクトに感じることができるんです。釣れなくても身を置くだけで満足してしまうのが上達しない要因ですが(笑)。

キャンプ自体はそれぞれの趣味を何日にも渡って行動するための手段でした。なので、キャンプだけっていうのは最初すごい抵抗があったんです。キャンプだけの良さがわかったのはここ最近です(笑)。
お酒を飲める人は絶対楽しいでしょうね。いつも羨ましく見ています。

始めた理由はこうしていろいろですが、すべて自然の中に入りたいという欲求が根っこにあるので、すべてが繋がっているのかもしれませんね。自転車で山に行き、キャンプをして時々カヌーをやって、釣りをして、カメラでそれらを撮って…とか。自分の中ではうまくリンクしているんです。
ふだん街の中で過ごしているので、時々無機物にうんざりする時もあったりしますが…。そんな時に花鳥風月が大きな癒やしになってくれます。もちろん、気の合った仲間と一緒に過ごすのも大きな喜びですね。

c0039735_15532195.jpg


エキサイトブログ編集部:特に夏の楽しみ方として、いまの季節を思う存分楽しむコツは?また、これまでの体験で思い出深いエピソードは?
kkai0318さん:むむ・・今の季節らしい質問ですね…。
夏といえばやはり川に入り、海を泳ぎ、山に登り、旅をすること!これが夏らしいことでしょうか。たぶん一年を通して、一番外遊びが楽しい季節でしょうね。
荷物も少なくすみますし、ふだんのまま水着だけを持って川に入りに行くだけでも楽しいです。泳いで冷えた体を焚き火で暖めるって芸当ができるのも、この季節ならではですね。
カヌーでも水に落ちてもまったく問題なく、逆に落ちたいって欲求が生まれるのもこの季節ならでは(笑)。
大勢いると、ただ水に落ちるってだけで大笑いしたりしています。

自分は海や川に泳ぎに行く時には、大きい水中眼鏡を持っていきます。水の中は驚くほどきれいというか、きれいな水の所に行くのがミソですが、いろいろな生き物が見られます。
川底に張りついて、川の下から水面を眺めるのもかなりおすすめです。自分の上を魚が通り過ぎるところや、光や気泡が美しくて何度見ても飽きませんね。水中で使えるカメラがあるといい写真が撮れます。張りつくコツは大きめの石をラッコのように抱えて潜ることです。大きすぎる石を抱えて溺れないように…(笑)。

c0039735_18264122.jpg


夏山も人気の山域は混雑していますが、ちょっとマイナーな山に行くと、人がいない所はいくらでもあります。樹林帯は暑いですが、森林限界上は爽快な山歩きが楽しめます。さらに夏は日が長いので、見渡せる天国の時間が長いです。特に日の出と日の入りは神々の世界に足を踏み入れたようです。
山の上は季節が半コマズレているので、お盆すぎる頃には秋の風を感じるでしょうね。
ただ、急な天候の変化には気をつけてくださいね。落雷が多いのもこの季節ならではです。あまり人のことを言えないのですが、装備はちゃんとしたほうがいいです(笑)。

あとは…昔はやっていたんだけど…「最近やっていないな」ってことをやってしまうというのも楽しかったりします。自分は去年からクワガタ採りを再開しました(笑)。子どものように興味を失わないことはとても大変で難しいですが、思いきってそれを再びやってみると、とてもおもしろいと思います。
後々心に残るようなことって全力で遊んだ時のような気がしますね。疲れ果てて、頭が真っ白になった時って心から癒やされているように感じます。
その際、忘れてはいけないのが暑さと虫対策です(笑)。暑さをしのぐ冷感グッズもどんどん利用しましょう。

自分自身の夏と言えば、小学生の頃から丹沢に毎年行き、キャンプ生活を10日ほどやるのが習慣でしたので、そこで潜ったり魚を捕まえたり、焚き火をしたり…。まるっきり小学生の夏休みの延長ですが、それがまた楽しいんです(笑)。でも、毎年同じ場所に行っていたので、水が汚れてきたり、周辺の環境が変わっていくのにも敏感になりました。年々山女魚が減ってきたり、カジカが居なくなったり。なぜだろうって興味を持って環境について調べてみたり…。その丹沢の日々が、今の素地を作ったのかもしれません。
最近は砂利で埋まっていますが、やはりきれいな場所です。時々行ってキャンプしたりしています。でも夏は人が多すぎるので、人が行かない場所に行くのも夏を楽しむ秘訣です(笑)。

c0039735_14332919.jpg


エキサイトブログ編集部:美しい景色&アウトドアを楽しむ写真にも魅了されますが、写真を撮り始めたきっかけや写真を撮る楽しみ、大切にしていることは?また、アウトドアで写真を撮るコツもお願いします!
kkai0318さん:写真を撮リ始めたのは中学生の時、山での写真です。父親のMinoltaで撮っていましたね。この前、記事にしたのですが、そのカメラは今でも持っています。始めてから20年ぐらいでしょうか。
初めて山に登った時の「雄大で美しい景色を切り取りたい」と思ったのがきっかけかもしれません。
目に焼きつけて…というのもひとつの手だと思いますけど…。
うーん…いい写真はいい景色の中に入ると撮れます。なので、そこに行くということが一番大事なコツかもしれません。いい季節のいい時間にそこにいること(笑)。

あとは友人と行動している時は、なるべく人を撮っています。カメラに気づいていない時こそ、自然でいい写真が撮れますね。友人はこっそり撮るのが一番です(笑)。
あとブログでも写真はほとんど加工しないように心がけています。無加工は一枚一枚を大事に撮るという癖になります。フィルムの時からの心がけでしょうか。

カメラはフィルム時代を経て、デジタル一眼では古い部類のを使っています。周りには「早く買い替えなよ」と言われますが(笑)、チリ、水に強く、乾電池が使えることが大きいですね。
レンズはその時の行く目的で使い分けています。望遠とフィッシュアイ、マクロといったように。
ただ、多くのレンズを持っていくと付け替えを考えている時に「いい瞬間」を逃すというのがけっこうあります。なので持っていくのは多くとも2本までに抑えています。最近は18-250mmのズーム1本で撮影しています。
水中カメラも使っていますが、これは時々しか登場しません。
楽しすぎると、カメラも置いて遊んでしまうということがあるので、両立が悩みどころでもありますね。

c0039735_14335816.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
kkai0318さん:アクセスアップ!できる方法があれば知りたいです。
特に心がけてはいませんが、なるべく間隔を開けずに記事を投稿するようにしているぐらいでしょうか。体験したこと、きれいなもの、感動したことなどを早めに記事にするようにしています。
一見、一部の人にしか興味のないようなことも平滑にわかりやすくしています。
誰でも読めるというか。…読めていますか?(笑)
記事も偏らないように多くの方が興味を持てるように心がけています。
あとは継続するというのが大事かも…と思っています。長く続けているうちに、見てくれる人がわずかながら増えてくれます。それはとてもありがたいことだと思っています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
kkai0318さん:大事にしているのは、道具の手入れと本を読む時間です。
あとガーデニングをやっている時ですね。
本は多くの方と同じで心の旅路(笑)。音楽を聴きながら、本を読むこと以外、何もしないというのが気に入った時間です。極端なので、本当に何もしません(笑)。
ガーデニングは最も気に入った道具を握りしめて、植物と会話できます。夜遅く帰った時も剪定や花の様子を見るととても癒やされます。
庭を持つ前からも植木鉢の植物に癒やされてきました。なので会う人には植物を薦めています(笑)。
道具を手入れしている時は、「次はどこ行こう」「これをどんな時に使おうか」と夢想できることですね。あとはいつでも出かけられるように道具を整えておくのも楽しいですね。

c0039735_14344175.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
kkai0318さん:●「掲載!
キャンプの様子が雑誌に掲載されました。うれしくて記事にしています。
あと、新しい車が納車となったので、思い出深いエントリーです。反響がとても多かった記事です。

●「Launching ceremony 4 後編
時間をかけて直したカヌーの進水式の模様です。そして、初めて夜に漕いだ時の写真です。月明かりの中、漕いだカヌーは幻想的でした。

●「Side Issue(Canoe)4
またまたカヌーですが、こちらは初めて船上ランチをした時。
気持ちよい天気の中、静かな水面での朝食は格別でした。カヌーの可能性をたくさん感じ始めている時です。

●「SevenSisters Country Park3
英国の旅に行った時のエントリーです。最も出会いたかった景色に唐突に出会ってしまったエピソード。
記憶に残るすばらしい景色でした。

●「immediate travel.4
木曽駒ヶ岳にテントで泊まった時の記事。テント内から満点の星空を眺めた印象深い記事です。
写真は未熟ですが、その星空はとてもきれいでした。

●「Nagano 7
鹿島槍ヶ岳の登山。天空のランチと、紅葉の散歩道。靴が壊れましたが…(笑)。
雷鳥や高山植物を見ながら歩いたのは印象に残っています。この日は雲の形がとてもよかったです。

●「always bring rain camp 2
雨予報での丹沢ソロキャンプ。何もせず、ゆっくり本を読むだけでしたが、リラックス度がすごかった時(笑)。大雨でしたが、とても静かで快適な時間を過ごしました。

c0039735_14353517.jpg●「Short Backpaking in 上高地 2015 その5 下山
気の合う友人と上高地に行った時の記事です。いいジャンプを決めて、「編集部おすすめ」になった記事です。天国のような季節、いい天気の中歩きました。植物を見るだけでも天国です。この日の空と雲はきれい!
「Short Backpaking in 上高地 2015」シリーズは1から続いているので、よかったら併せてご覧ください。

●「Motosu 2015 夏 6
初夏に本栖湖にカヌーキャンプに行った時の記事です。半分上高地メンバーですが、やはり文句なしに楽しかったです。ちゃんと水を撮ろうと思ったので、透き通った本栖湖の様子がよくわかります。そう、カヌーが浮いています(笑)。
この暑い中、見ていて気持ちよい記事です。この「Motosu 2015 夏」シリーズも気に入っています。

●「遅れてきたGW 3
高校生から乗り続けているカブ(原付き)での旅。横浜から富山まで走りました。
その途中、気に入った道を走っている様子です。見所がたくさんで、お気に入りの記事です。

エキサイトブログ編集部: いま一番したいことは?
kkai0318さん:うーん、時間があるのであれば、北アメリカを周ってうろうろしたいです。
アラスカで釣りやカヌー、森歩きをやって、現地の自然や生活を見て…。アメリカの各州の田舎を見て周って、シェーカーやアーミッシュビレッジを見て、イエローストーンに行って歩いて…。カナダのセントローレンスに行き、アザラシを見るという長大な旅をしてみたいです(笑)。
それぞれ行ったつもりになっているので、ちゃんと自分の目で見て、しっかり歩きたいです。特に…アザラシは絶対に見たいですね。

もっと読む
[PR]
by blog_editor | 2015-08-07 11:42 | アウトドア

c0039735_1222297.jpgふんわりとやさしくてかわいいファンタジックな写真から、アート風でかっこいい写真まで。人気のカメラ女子ということばがぴったりの、すてきな感性の写真にうっとり! 

淡いブルーの空にピンクの花びらが舞ったように見える夢見心地な観覧車の一枚や、やわらかい光とぼかし感が美しい季節の花、ブルーの空や夕景&夜景がかっこいい一枚など。まるですてきなポストカードのように切り取った一枚は、見る人の心に余韻を残してくれます。

そんな印象深い写真は多くのフォトコンテストに入賞したり、カメラ雑誌に掲載され、読者ファンからは「憧れのフォトブロガーのおひとり」として、注目を集めています。エキサイトブログのフォトブロガーさんたちとのつながりも大切にし、たくさんの仲間とともに写真を撮る楽しさを共有されています。
今回は、心をとらえる景色や瞬間を、女性らしい繊細な感性で切り撮って楽しむ「The sky is the limit」のmicchi+さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。さっそくですが、ブログを始めたきっかけは?
micchi+さん:こちらこそ、いつも楽しくブログを利用させていただいています。このたびはお声をかけていたきありがとうございます。憧れのピックアップブロガー!お声をかけていただけるなんて思っていなかったので、大変うれしく思っています。

c0039735_1223505.jpg


ブログを始めたきっかけは写真を撮るようになってからです。当初は他でブログを楽しんでいましたが、エキサイトさんには写真の上手な方がいっぱいいらっしゃるということを聞いて、武者修行(笑)の気持ちでこちらに移ってきました。
私の周りには正直カメラに興味のあるコがいないし、エキサイトさんでブログを始めたら、たくさんのカメラ好きな方と出会えるかもと思ったからです。もうひとつの理由は、写真を大きく飾れることでした!実際にエキサイトブログを始めたらお友だちも増えて、写真も思ったように大きく飾れてとても充実しています。

c0039735_12412557.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
micchi+さん:はじめましての方、そしていつもお世話になっているみなさま、こんにちは!東京は下町生まれ下町育ち、三代続く江戸っ子(笑)。『The sky is the limit 』の管理人micchi+でございます。撮影は東京中心なんですが、これと決まったスタイルはなく、心が「いいね!」っと思った瞬間を切り取っています。ブログも自由に気ままに撮った写真中心になっています。
自由といえば、私のブログタイトルが好きと言ってくれた方がいらしゃったんです。
「The sky is the limit」とは、可能性は無限とか制限なしという意味なんですけど、同じ被写体を何度撮っても表現は無限大に広がっていて、そういう自由な感じが私っぽいって思ったんです。なによりも空を無限に例えるなんてとてもすてきだなと思って。それがブログタイトルに込めた思いです。

エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
micchi+さん:このごろ特に感じるんですが、たくさんのお友だちができました。そしてたくさんの方の応援。人の気持ちって温かいって感じる場所です。
「今日の写真すてきだった」「micchiさん色だね」「本、読んだよ!」などうれしい言葉をいっぱいいただいて、「もっと上手になりたいという気持ちになり、モチベーションが上がります。
自分が調子を崩したり、主人の手術の時もたくさんの方がメッセージをくださって落ち込んでいた気持ちをやさしく包んでくれました。とても心強かったし、前へ進むためのチカラになりました。
ほんとうにブログをやっていてよかったって感じましたし、感謝の気持ちでいっぱいです。
また、ブログを観てくださった編集者の方から雑誌掲載のお誘いがあったりして、自分の写真を見てくださってうれしいですね。いままでの人生ではなかった出来事なので、とてもいい経験をさせていただいています。

c0039735_1374147.jpgエキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
micchi+さん:一番好きなこと、夢中になっていることは、やはりカメラなんですけど、昔からこれだけは私の人生で外せないっていうのがゲームとアニメです(笑)。
時間ができればアニメを鑑賞したり、オンラインでゲームを楽しんでいます。
写真を撮ることに関係なさそうで、意外とあったりします。
感性を育むのにさらに外せない好きなものになっています。

エキサイトブログ編集部:夢は?
micchi+さん:夢…。私にはふたり息子がいて、二男がいま音楽の勉強をしながらバンド活動をしていているんです。
これは息子と私の夢なんですけど、二男はメジャーになる。私はメジャーになった二男のアルバムジャケットを撮影する…。それまでには何がなんでも上達していたいです。
カメラを始めていなかったら夢を持つこともなかったかもしれないです。

エキサイトブログ編集部:心に余韻を残すとてもすてきな写真を楽しませていただいていますが、写真を好きになったきっかけや写真を撮る楽しみ、魅力は?
micchi+さん:カメラを始めたきっかけはですね…。私はかなり早い時期に子どもを出産していて30代後半で子育ての手が離れてしまったので、「趣味でも持つかな」と思って始めたのがきっかけです。その時、突然「カメラ、やるかな」みたいな直感的な感じで始めました(笑)。
正直な話、長続きしないだろうって思っていたんですけど、いろいろなシーンに触れて感動するたびに、「今度ここへ来たときはもっと上達しておこう」と向上心がいっぱいになるんです。瞬間の感動と向上心、新しいものとの出会いがとてもうれしく、長続きしないだろうと思いながらも、独学で4年カメラをやっています。
いろいろな意味でカメラは魔法の道具です。

c0039735_1392662.jpg


エキサイトブログ編集部:どんな写真をめざしていらっしゃいますか?自分らしい写真を撮るこだわりや大切にしていること、心がけていることは?
micchi+さん:ズバリ!目指す写真は「なんか気になる」写真です。
私の写真を観てなんとなく通り過ぎてしまっても「なんだろう?さっきの写真、気になるな」。そんなふうに覚えていてもらえたら幸せだなって思います。
写真を始めたころ、写真作家協会の会長さんとお話させていただいたことがあったんです。その時にいただいた言葉があります。
「人生の重みでシャッターを切りなさい。」
それはずっと忘れない重くて大事な言葉です。
誰かの心に記憶にすーっと浸透していくような写真をめざしたいです。

c0039735_1314546.jpgエキサイトブログ編集部:多くのフォトコンなども受賞されていますが、すてきな写真を撮るコツもお願いします。また、記事アップの際にこだわっていることがあれば…。
micchi+さん:ほんと、ありがたいことに選んでいただいて。この出来事もとても励みになっているんです。
この頃で一番力を入れて作品作りに取り込んだのは昨年の「写ガール vol.21」。ボケ写真で2番をいただいたときです。作品を作るのに常にアンテナを張っているような状態でいました。
そんな中でも日頃心がけているのはオシャレをして出かけること。かわいいものを身につけたり、かわいい色のメイクをしたり、小さなことなんですけど、女子としてのテンションを上げるようにしてます。
あと、好きな音楽!インスピレーションをもらう感じですかね。そうすると自然と写真がかわいい感じになったりアートっぽくなったりするような気がします。気持ちってすごく私の中では重要です。
最近、『女子カメラ部♡』のサークルにお誘いいただいて、「ブログメイトの春のキャンペーン」でも、写真を選んでいただきました。誘ってくださったなこさん、そしてエキサイトブログ編集部の方々ありがとうございました。
この活動では、春というお題の中で春っぽさ楽しさ暖かくなってきたことのウキウキ感を探して写真を撮りました。
自分の中でもカメラでの設定を色を強めたりなるべくカラフル感を出すことをめざして撮りました。とても勉強になる時間を過ごさせていただきました。

エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
micchi+さん:うむ~。すごく困った質問ですね(笑)。
どうしたら観てもらえるか、あまり意識をしたことがないんですけど、写真をやっぱり魅力的にすることでしょうか。かなりの努力が必要ですが…。
それと、時おり家族の話や夫婦の話をして親近感を感じてもらえればいいなと心がけています。

c0039735_12431585.jpgエキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
micchi+さん:なんといっても家族と過ごす時間です。みんなが大人になるにつれて家族みんなで食事をするということも減ってきたのでとても大事にしています。
そういう時間も家族愛を表現するのに必要だなっと思っています。
癒される時間は、これはたまになんですけど、某カメラ屋でカメラやレンズ、フィルターを見ている時がめちゃめちゃ癒されます。とにかく楽しくて時間の経つのを忘れます。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
micchi+さん:●「Happy birthday!!!
最近の記事なんですが、「月の雫」のRinちゃんの呼びかけでみんなで「EAM photo」のえむちゃんのお誕生日をお祝いしようってことで、この日はみんなでえむちゃんに向けた写真をアップしました。お祭りみたいですてきな出来事だなって思いました。

●「*+ HEART festival +*
Sablier」のRicoちゃんの呼びかけでみんなでバレンタインの楽しむFesに参加しました。この時も写真を撮ったりするのがとても楽しく、またみんなの写真を見たりするのも楽しくてサイコーのお祭りでした。

●「カーテンが揺れるのを
この記事の1枚目の写真はある写真家さんに「この写真好きで覚えてるよー!」って言っていただけてとてもうれしい写真になりました。タイトルもその後、雑誌の企画ですてきに生まれ変わりました。
「なんとなくキミ想うとき」とても思い入れの強い一枚になりました。

c0039735_1321991.jpg


●「写ガール No Photo No life 02 選ばれました!
コンテストに出すときはお題が出た時点で自分で構想を練ったり、お題にあうものを探しにいくんですけど、できないことも多々あります(苦笑)。でも、このお題の時はめちゃ気合いが入って、いつになく「選ばれたい」という気持ちで臨んだので、2番をいただいたことがうれしく、この風景に出会えたことにうれしく、私には奇跡でした。

●「ブログはじめました!
ブログをはじめて、初めてできたお友だちが、初めて声をかけてきてくれた記事です。
夢輝煌」のencbrさんは今もとても仲良くしてくださってくれて、ほんとあのとき声をかけてもらってとてもうれしかったのを今でも覚えています。

●「ファンタジー観覧車
この写真は写真家さんにお褒めいただいたり、雑誌にも掲載させていただいたり、とてもうれしいことがいっぱいの写真になりました。私も明るくかわいいところがとても好きな写真なので大事にしたい写真です。

●「春の風物詩*
エキサイトブログで「春で繋がるブロ友」にてグッドメンバー賞をいただきました。選んでいただいたことがとてもうれしくて、この写真も春っぽさを意識して撮ったので思い出の一枚になりました。

c0039735_122607.jpg


エキサイトブログ編集部:いま一番したいことは?
micchi+さん:いま、一番したいことは夫婦で写真を撮りに行きたいですね。
主人の目が悪くなってからまだ撮影に行けてないのでゆっくり時間を過ごしたいです。
物理的なものは物欲が果てしなく…(笑)、いくらあっても諭吉さんが足りません。
なのでその欲しいものは宝くじで当ててからですね(笑)。

エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
micchi+さん:ピックアップブロガーとして紹介されてドキドキしています。
ブログの中で私ってイメージがあると思うんです。
その中でこのピックアップブロガーの記事を読んでいただいてちょっぴりmicchi+という人がどんな人なのか知っていただけたらうれしいです。
いつもブログへ遊びに来てくださって私の成長を、あたたかい気持ちで見てくださっているみなさま、いつも応援ありがとうございます。
この記事を読んで初めて遊びに来てくださる方々、私の写真はまだまだ成長途中です。それでも、私の写真が気持ちのどこかに残ればいいな、という気持ちで撮っています。
マイペース更新ですが、よかったらまたお越しください。
未熟な写真ですが、スローペースで上達できるようにがんばっていこうと思います。
どうぞ、長い目で末永くよろしくお願いいたします。

c0039735_12243320.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【micchi+さんのお気に入り&好きなブログ】

ピックアップブロガーに選ばれているお友だちをはじめ、すっごくすてきでパワーに溢れている作品の方ばかりで5人に絞るのが難しかったんですけど、個性的で独特な色合いがすてきなカメラ女子をご紹介したいと思います。

■「PLACE IN THE SAN
ayaaさんのお写真はどこか懐かしい気持ちになる色合いで心温まる感じ!
とても癒されます。

■「IL EST TROP TARD 時は過ぎゆく…
roseyさんのお写真は、しっとりといていて大人っぽさにぐっときます。
とても惹きつけられる世界です。

■「chikka*ism
Chikkaさんのお写真は幻想的で不思議な世界に入りこんだ気持ちになります。
夢を見ているような感じです。

■「HI KA RI
a*kkoさんのお写真は童話の世界のようでとーってもすてきです。
最近こちらにお引越しされて、同じエキブロ仲間になれてうれしいです。

■「sora*koto
soraさんのお写真はどんな風景もかわいらしく表現されていて、拝見しているととても爽やかな気持ちいい気分になれます。

micchi+さんの「The sky is the limit」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2015-07-07 14:55

c0039735_2355262.jpg動物園の動物たちを、独特な感性でやさしく、しなやかに…、そして、かっこよくとらえた芸術作品のような写真の数々。まるでスポットライトをあびる劇場のキャストたちのように、それぞれが物語を演じるような存在感を見せてくれる動物たちの写真に、思わず見入ってしまいます。

ときには秀逸なポートレートのような一枚だったり、迫力感が伝わる一枚だったり、ポストカードのように心に余韻を残す一枚だったり…。光と影が織りなす美しい世界観を作り上げていることにも注目です。

長年にわたり、動物園に足を運び、やさしいまなざしで動物たちとコミュニケーションをとりながら撮影を続けてこられた動物写真家・脇田 智さんのそんな作品は、被写体への愛とやさしさが感じられます。
動物写真を撮る人たちにとっては、憧れる存在として注目され、これまでも個展を開かれたり、いろいろメディアでも取り上げられたことがあるので、ご存じの方は多いはず…。
今回は、動物たちのやさしい心とまなざしに魅せられ続けているという、「動物たち・光と影」のbigtigerさんこと、脇田 智さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもエキサイトブログをご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
脇田 智さん:最初はホームページを公開していたのですが、画像や記事を更新することがもう少し手軽にできる方法はないものかと思っていたところ、エキサイトブログを始めた友人に勧められて…。その利便性というか、私のようなパソコン初心者にも更新が簡単なところが気に入って、さっさとHPを閉じてブログに転向しました。

c0039735_23102585.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
脇田 智さん:動物園で暮らす動物たちを撮った写真ブログです。写真は動物だけでなく、動物園の環境も含めた動物園らしいものを撮りたいと思ってやっています。
食べることや住むところが保証されていて敵対するものもいない、自然のフィールドの動物とはまったく違う生き方をしている彼らです。人間社会で暮らしているだけあって実に人間的なのですね。動物たちの躍動する姿態の美しさ、かわいらしさ、神秘的で不思議な紋様、アーティスティックな狙い等々、撮る写真の切り口はたくさんありますが、やはり動物園という飼育される環境の中での生きざまなど、彼らの心の中の光と影を写し取りたいのです。
私はいつも近距離から彼らを観ているので、言葉は通じなくても同じ生きとし生けるもの同士、心の交流もたくさんあります。
自分の撮る写真が彼らの言葉を代弁できるようなものになればいいなと願いながら、動物たちと大いなる親しみをもって向き合っています。

c0039735_2395224.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログをはじめてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
脇田 智さん:何よりも良かったことは同じように動物を撮っておられる方々と親交が生まれたことですね。これまでオフ会に何度も参加させていただきました。自分は動物に決して詳しいわけではなく、写真にキャプションをつけるのもほとんどしたことがないくらい動物音痴で、今でもブログでコメントをいただいたご返事に困惑することもしばしばです。ブログで友だちになった方々はみなさん動物に詳しいので、いろいろと教えていただきながら少しずつ知識が増えました。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
脇田 智さん:もちろん、一番好きなことは動物園に出かけていき、動物たちを観察すること、そして撮ることです。これは生涯変わらないと確信しています。

エキサイトブログ編集部:夢は?
脇田 智さん:檻がなくても動物たちと一緒に過ごせるような動物園があったらうれしいですね。不可能とわかっていても何時もそんなことを夢見ています。自分がオーナーの動物園なんていうのも良いですね〜。

c0039735_23142742.jpg


エキサイトブログ編集部:動物たちの美しい写真に魅了されますが、動物写真を撮り始めたきっかけや動物写真を撮る楽しさや魅力といえば?
脇田 智さん:小学校6年生の時、父にねだって買ってもらったカメラでスタートした写真ですが、学生時代は演劇を学び、本当は新劇の俳優になりたかったのです。ところが、いつの間にか仕事で俳優さんや舞台の写真を撮るようになっていました。
しかし、だんだん仕事とは別に、何か自分自身でテーマを決めて写真を撮りたいと思うようになって、ライフワークとして幼い時から好きだった動物をテーマに撮り始めました。

最初は自然のフィールドの動物を撮っていたのですが、動物のことを未だまだよく知らない自分でしたので、少し勉強をするつもりで動物園に行くようになりました。ところが、何度も通って動物たちのドラマチックな暮らしぶりにふれるうちに、もしかしたら自分の写真は動物園という舞台の上で動物の俳優さんたちを撮っているのではないか、これまでやってきた舞台写真と妙に重なってしまって自分のやるべきことは自然のフィールドで撮ることではなく、むしろこちらではないだろうか、と思うようになりました。
以来、35年完全に動物園の魅力にとり憑かれています。

c0039735_23113875.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自分らしい写真を撮ろうと心がけていることやこだわり、大切にしていることは?また、シャッターチャンスのとらえ方なども教えてください。
脇田 智さん:自分らしい写真を撮ろうと意識したことはまったくありません。実際のところ自分らしいというのは、いったいどういうものなのか?自分自身ではよくわからないのです。これは私の写真を見てくださる方の評価にお任せということになるでしょうかね(笑)。
特に大したこだわりや大切にしていることなどないのですが、とにかく時間ができたら、せっせと動物園に通うことが私のこだわりであり、大切にしていることでしょうか。そうすることによって、自分なりの動物園写真術をこれまで作ってきました。

動物の行動や仕草、季節、天候、時間帯、どこの動物園に行けば自分のイメージした写真ができそうなど、実践しながら少しずつ自分の引き出しを増やしてきました。動物に限らず、どんなジャンルでも同じだと思いますが、シャッターチャンスはいつでも、どこでも転がっています。シャッターボタンを押したら良い写真、面白い瞬間が撮れていたなんてことは誰にでもあり得ることです。
しかし、それはほとんど偶然のことであって、そうそう簡単には行きません。その偶然を限りなく必然に近づけるためには、動物園、動物のことを良く知るということしかなかったのです。

そうそう、ひとつだけおそらくみなさんはやらないだろう、と思う私のこだわりがあります。それはカメラを持たないで動物園に出かけることを年に4、5回はやっています。その理由ですが、カメラがあるとどうしても撮るという意識が働いていて動物をファインダーの中だけで見ている時間が長くなり、目で直に動物たちを見ていないことがイメージ作りの視野をだんだんと狭くしていたのですね。
特に「最近どうもスランプだなぁ」と感じたら、カメラなしで動物たちの観察を一日実行してみます。すると構図、光、動物の動きなど、見過ごしていたものが見えてきたり、新しい発見やアイディアが浮かんだりするのですね。そんなとき、たとえ素晴らしいシーンが目の前に展開してカメラを持っていない悔しさを味わうことがあったとしても、逆にカメラがないことが「ああ、撮りたいなぁ」という意欲を倍増させたり、気持ちを初心のようにリフレッシュするきっかけっになったりするのです。

c0039735_2391046.jpg


エキサイトブログ編集部:これまで動物園に足を運んで印象に残ったエピソード、動物写真を撮っていて感動したことや元気づけられたことなどは?
脇田 智さん:実は私がこんなにまで動物園撮影にのめりこんだのは、一頭の牡のゴリラに出会ったことが大いに影響しています。
ある夏の日の午後、私は動物園のゴリラ舎の前で三脚にカメラをセットして目の前の放飼場にいるゴリラにレンズを向けていました。その年は例年になく、猛暑続きで熱帯雨林生まれのはずの彼もその巨体を持て余すかのように、放飼場の片隅にある建物の僅かな陰にじっと西日を避けるように座っていました。気がつくと辺りにいた人影はなく、私と彼だけになっていました。
何だか妙に空気が緊張しているような沈黙の時間がお互いの間に過ぎていくのを感じていたのです。まるで夏日の熱気が演出しているように数秒、いや数分だったかも知れません。突然、その空気を破るように彼は放飼場と私のいる場所を隔てている溝の一番手前に来て座ったのです。彼を撮影するには絶好のポジションで、先程来、私は彼がその場所に来てくれることを想像しながら強く心に念じていたものでしたから、大変びっくりしたのです。

偶然なのかもしれませんが、実は動物園ではこういう感じのテレパシーみたいなものが普通以上に働き、自分の思いが動物たちに良く伝わるのです。特に彼らと一対一になるこんな時間帯ではそれぞれのセンサーが最大限その能力を発揮します。そして、何よりも撮影する私の集中力が高まることがすごいのです。
だからそんな時はいつも何のためらいもなくシャッターを切ることができてしまいます。その日、私がカメラをしまうまで彼はその場所から動きませんでした。それ以来、彼は2つの動物園を移動しましたが、どこに行っても私のことを良く覚えてくれていて、傍から見れば「ゴリラを撮影しているカメラマンがいるな」程度にしか見えなかったでしょうが、とても不思議な交友関係でした。
彼とのつきあいは13年続きました。平成8年の春、残念ながら永遠の別れをしました。彼の名前はサルタン。
いつも目の前で大きな身体を半身にかまえて私のために座ってくれた姿を、昨日のことのように思い出します。

c0039735_2312338.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
脇田 智さん:最近は更新する頻度が少ないし、間隔が開くのでアクセスアップはあまり望めないと諦めています。
ただし、皆さんに納得していただける写真をエントリーしようと心がけているつもりです。
以前は舌足らずの写真にキャプションをいっぱいつけて、なんとかわかっていただこうとしたりしていましたが、写真で語れないようなものは結局はダメだと思って、とにかく写真で勝負するのだと大いに開き直っております(笑)。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
脇田 智さん:どんなジャンルでも写真を撮るということは体力が必要です。動物園では望遠レンズが不可欠であり、最低限、撮影目的に見合う機材を準備するだけでもけっこうな数と重量になり、それを一日持ち運ぶには体力がないとやっていけません。やはりふだんは身体を鍛えたり、最近は何が何でも動物園ではなくて休息を取る時間も大切にしています。

c0039735_23124368.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
脇田 智さん:自分の気に入っている記事は全部だと思っているので、ランダムに選んだ中からベスト10として順番に並べてみました。ベスト5まではフィルムで撮っていた頃の記事です。

1.「Are you smiling
素敵な笑い顔に癒やされました。

2.「啄木
ゴリラを見ていて自分のことのように思ってしまいました。

3.「老化現象」 
これもまさに今の自分そのままです。

4.「対話する」 
動物たちとお話しするときは、お互いに目を見つめあうと良いのです。

5.「休息
こんな美しいデュオは見たことがなかったのです。

c0039735_2315386.jpg


6.「横臥」 
このポーズもまた美しい。

7.「寒い日」 
こんな日はじっとがまん。

8.「寄り添う
ふたりの愛は深い。

9.「親子」 
お母さんと一緒。

10.「」 
裏側もこんなに美しいのです。

エキサイトブログ編集部:いま一番欲しいものは?
脇田 智さん:一番欲しいものは、やはり健康な身体でしょうかね。実は二年前、心臓疾患で手術をしました。
動物園に通うことでリハビリや体力づくりができるぞと思っていたのですが、そんなに簡単なものではなかったです。
以前は毎週2〜3日はどこかの動物園にいましたが、今は平均で月に3日程度に大幅減少しました。

c0039735_23135329.jpg


エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
脇田 智さん:数あるブログの中から、いつも私の動物園写真ブログをご高覧くださいましてありがとうございます。
そして今日初めてお越しくださったブロガーの方、どうぞよろしくお願いいたします。
本当は自分の思いを何かつづって写真に添えてみたいと、ホームページからブログに転向したのですが、よく考えれば自分には文才があるわけもなく、気がつけばライフワークのつもりで始めた動物たちの写真がいつの間にかメインになっていました。
最初は続けて行くことに不安もありましたが、拙い写真にも共感してくださる方があり、熱いエールのコメントもたくさんいただくようになって、撮影にもどんどんと拍車がかかり、ブログは自分の生活の一部になっていました。
ブログで知り合った同好の士とのオフ会、個展の開催、写真集の刊行など、ブログがあったからこそできたことが数々あります。私にとってブログ最高! 動物園最高! です。 
あっ、そうそう、もしあなたが今度どこかの動物園に行ったとき、動物に向かってニコニコ顔で何やらぶつぶつと動物に話しかける初老の怪しいオジサンを目撃したら、試しに声をかけてみてください。もしかすると、それが私かも知れませんよ(笑)。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

脇田 智さんのお気に入り&好きなブログ】

動物園へ行こう」     
日本中の動物園に精通しているfuchakaさんのブログ。私のお師匠さんと勝手に思っています。

●「ひなもよふ」      
猫をこよなく愛しておられる1725canonさん。その眼差しのやさしさがじわっと伝わってきます。

●「正方形X正方形
leica_m4mさんのブログ。そこはかとなく昭和人間にはたまらない郷愁を感じます。

●「larywa
心象風景はlarywaさんの代名詞です。

●「一獣三菜」        
kuricawaさんのおいしそうなブログ。猫好きで食いしん坊の私には一日一回訪れないといられません。


【脇田 智さんがお使いのカメラとレンズ】

(現在)
■カメラ/Canon EOS 6D 他
■レンズ/Canon EF70-200mm F2.8L IS USM
EF100-400mm F4-5.6L IS USM
EF500mm F4.5 USM 他

脇田 智さんの「動物たち・光と影」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2015-02-23 16:15

c0039735_1314513.jpgやさしい光と空が透けて風にゆれるファンタジックなコスモスをはじめ、季節感が伝わる美しい風景や、幻想的なムードを漂わせる大自然の風景写真など…。時にはふんわりとやさしく、時にはかわいらしく。時には息をのむほどかっこいいアーティスティックな写真の数々に、思わずうっとり…。
光の使い方や背景のボケ感がとてもすてきで、その場の空気感や透明感、躍動感まで伝わり、まるでポストカードのようです。
丸くて小さな世界に風景が透けて見えるクリスタルボールを使った写真も「わ~、きれいで幻想的!」と評判を呼んでいます。

また、「ありがとう」の心が伝わるハートをモチーフにした写真も注目度が高く、見る人をとりこにしてしまう写真の数々は、多くの読者ファンに親しまれています。「Ricoさんの写真は、いつもしびれるほどかっこいい!」「いつもすてきな写真をありがとう!」「私もこんな写真が撮れたらいいな!」と憧れの声がいっぱいです。
今回はそんな感性豊かな写真を撮り続けながら、読者とのつながりも大切にされている、「S a b l i e r」のR i c oさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
R i c oさん:こんにちはR i c oです。今回、ピックアップブロガーに「S a b l i e r」ブログを紹介させていただく機会をいただきまして、とても光栄に思っております。このたびはエキサイトブログ編集部のみなさま、お声がけいただきましてありがとうございます。
ブログを始めたきかっけは、自分が撮影した写真をブログに載せたら主観的に見てどんな感じなのかなという思いで載せたのが始まりです。
「S a b l i e r」としてブログを始めたのはちょうど1年くらい前になります、その前には違うタイトルでエキサイトブログを1年ほどさせていただいておりました。その時はいろいろな写真サイトを利用していたので、どれもこれも疎かになってしまい、統一感もなくなってしまっていたので、ブログを一度リセットしてまた新たにエキサイトブログでフォトブログをスタートさせていただきました。
エキサイトブログはシンプルで画像がとてもきれいに表示されるので写真が好きな方にはとてもいいブログサイトだと思います。

c0039735_11123490.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
R i c oさん:主に、自分が「いいな」って思って撮った写真を載せています。
本当はもっと写真を統一して載せたいなって気持ちはあるんですけど、その時感じた雰囲気を写真にも出したいのでかっこよかったり、きれいだったり、かわいかったりという見たものを感じたままに写真を撮っていることが多いので、ブログもそのようになっています。
また、私が住んでいる仙台は豊かな自然が身近に感じられる土地で、週末はアウトドアでキャンプに出かけることも多く、今まで知らなかった絶景や東北ならではの豊かな自然と出会いたいために県内をはじめ東北各地に足を運んだりしています。
その土地の四季折々に咲く花々や澄み渡る空、長閑な風景などを写真に撮ったり、被写体も身近なものから時には自然の中でという案外手軽なフォトが多いです(笑)。
あとはたまに身のまわりの出来事を記事にしたりもしています。

エキサイトブログ編集部:ブログをはじめてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
R i c oさん:その時の記憶として写真と言葉が一緒に残せていつでも記憶を振り返れるところがいいですね。また、エキサイトブログを利用されているフォトブロガーさんたちは本当にすばらしいお写真を撮られる方ばかりなので、ブログにお邪魔してお写真を拝見するのがとても私には刺激になります。
またそんな方々からコメントをいただくと、うれしくって舞い上がってしまいます。
お忙しい中、いつもわたしのブログへと遊びに来てくださっている方々、本当にありがとうございます。

c0039735_1112331.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
R i c oさん:おしゃれなインテリア雑誌とおしゃれな食の雑誌を見るのが大好きです。食の雑誌では『ELLE à table』をよく購読しています。
たぶん、お洒落な雰囲気が好きなんでしょうね(笑)。
あとは、写真は変わらずこの先も好きなように撮っていくと思います。

エキサイトブログ編集部:夢は?
R i c oさん:夢ですか?久しぶりに夢を聞かれた気がしますね(笑)。
今の夢は、私も夫もアウトドアが好きなので、歳をとってからも気軽にキャンプができるようにいつかはキャンピングカーを購入して、季節を感じながら自然の中でアウトドアをいつまでも楽しみたいです。
そして、自然の中でさまざまな朝の景色を感じて、それを写真に撮れたらいいな~って思っています。
その時もエキサイトブログを続けていたいですね。

c0039735_11405191.jpg


エキサイトブログ編集部:季節感が伝わる美しい景色をはじめ、時には幻想的に、時にはかっこよく、まるでポストカードのように印象に残るすてきな写真の数々ですが、写真を撮り始めたきっかけや写真を撮る楽しみは?
R i c oさん:写真が好きになったのは、10年前くらいです。写真を記録ではなく記憶しようと思い始めたのは、空が好きなので心惹かれる空をいっぱい撮って記憶していきたいなって思ったのがきっかけです。
その頃はまだ一眼レフではなく、コンパクトデジタルカメラで普通に撮っていました。また、その当時の私はテーブルウェアにもちょっとした趣味として興味がありまして、テーブルコーディネートをされている方のブログをよく拝見していました。その方はキャンドルを使ったテーブルフォトなどを一眼レフでとてもきれいに撮られていて、興味を持っていた世界が私にはさらに魅力的に見えたのです。
デジタル一眼レフカメラは7年ぐらい前、ちょうど主流になり始めたころに購入し、それを機にさまざまな写真を撮るようになりました。
写真の中でも、空は今でも一番ワクワクしちゃう被写体ですね。でも最近気づいたのは、ワクワクするだけではなくて、ファインダー越しに空を見上げると「無心にもなれる瞬間なんだ」って思ったんです。
嫌なことや辛いことがあると写真を撮る元気もなくしてしまうのですが、きれいな空を見つけた時、久々にファインダーを覗いたその瞬間に辛いことがどこか遠くへいって心が無心になれたんです。
そして、また気持ちが少し前向きになれたような気がしました。
それと、写真にも人それぞれの個性があり、写真は自分を表現するもののひとつでもあるように感じています。私も、写真で自分というものを上手く表現できたらいいなって思っています。

c0039735_11192477.jpg


エキサイトブログ編集部:どんな写真をめざしていらっしゃるか?自分らしい写真を撮るこだわりや大切にしていること、心がけていることは?また、すてきな写真を撮るコツもお願いします!
R i c oさん:常に撮りたいと思っている写真は、動きを感じる写真です。時を閉じ込めて一瞬を撮るのが写真だと思うんですけど、止まったものの中にもなにか動いているような雰囲気で躍動感のある写真を、被写体を問わず撮れたらいいなって思っています。でもそれを写真で表現するのはとても難しいですね。
たまに自分らしい写真とは何か、と考えたりもしますが、改めて考えるとなんでしょう?(笑)。少しでも心の記憶に残る写真を撮れるようにと心がけているんですけど、自分らしい写真をもっともっと見つけていければいいなと思っています。
写真を撮りたいと思う時間帯は朝です。朝の空の雲はとてもきれいなんですよ。また空の色も澄んだブルーできれいだなって思います。朝の優しい光と夜明けの時間帯からの空と空気が一番好きです。
なかなか毎日は早起きができない私ですけど、キャンプに出かけた時は必ず早起きして写真を撮ります。主人は寝ていますけど…(笑)。

私の写真をすてきだと思ってくださっているとうれしいんですけど、すてきな写真を撮るためのコツは、写真を撮りに出かけた時はできるだけひとつのものを少しでも時間をかけて撮るようにしています。そうしていると次第に撮りたい写真が雰囲気として自分の中に自然とイメージが湧いてくる気がします。
そして、時間があればまた同じ場所へと出かけて撮ったりもしています。自分の撮った写真をPCで確認しながら、「この写真はもっとこんなふうに撮ったらおもしろいかも!」って思う時があるので、時間がある時は続けて同じ場所へと行ったりしています。時間がない時は次回写真を撮るときに試したりしています。
最近の記事ではコスモスがそうです。撮った写真を見ていたら、ピンクのコスモスのボケ具合がハートに見えたので、自然と花びらが残り2枚になったコスモスをみつけてハートにして遊んでみたり、クリスタルボールを利用したり、写真の中にちょっとした遊び心を入れるように工夫してみました。
クリスタルボールを使う時は、撮りたい被写体に向けて角度を変えて何枚か撮ってみると、また雰囲気が違うので「これがいいな」って納得できるまで撮っています。あとは、被写界深度を浅くして撮ると背景のボケ具合がアーティスティックな雰囲気になるので一番浅くして撮っています。
そんなふうに遊びながら写真を撮るのもおもしろくて大好きです。

c0039735_1123816.jpg


写真に添えられた言葉やメッセージも心に余韻を残しますが、記事アップの際に心がけていることがあれば…。
R i c oさん:いつも言葉少なめで、写真に添える言葉は様々なんですが、何を伝えようか悩んでしまいます。
何気ない呟きもあるんですけど、最近は読んだ方の気持ちも考えて添えたりしています。読んでくださる方々の心境で言葉の受け取り方もまた違いますので…そう考えているうちに何を添えたらいいのかって…写真はアップできても文章で手が止まり考え込んでしまう時もあります。
でも、『ハート祭り♪2.14 Heart festival♪』の時はとてもうれしかったです。私が発した言葉でみなさんが次々と集まってきてくださって、あの時は内心びっくりしました。最初はひとりで「ハート祭り~♪」なんて気軽に考えていて、でも、「多くの方と一緒にできたらもっと楽しいだろうな」ってふと思い、何も考えずに発信してみたんです。
また私のブログを見ていただいている方がそれをさらに広めてくださったことで、次々と参加者が増えていき、当初考えてもいなかった人数が集まって、とても賑やかなハート祭りを楽しむことができました。参加してくださった方々、本当にありがとうございました。
とてもいい経験となり、またすてきな想い出になりました。ぜひ次の機会もよろしくお願いします(笑)。
でもブログでハートが繋がっていくってとてもすてきなことですよね。ひとりひとりの心も繋がっていく感じがしてとても温かい気持ちになりました。

c0039735_1121659.jpg


2011年に起きた東日本大震災は人生観が変わるくらい、想像を絶する出来事で、それ以来、仙台市在住の私はとても大切にしている言葉があります。
被災した方が少しでも前向きな気持ちになり、決してひとりじゃないんだよって感じられるように、みんなが一人ひとりの気持ちを察しながら心を支えてあげ、逆にひとりはみんなのために何かをしてあげること、この両方のバランスがとても大切だと思っています。
『All for one and one and one for all 一人はみんなのために、みんなは一人のために』
そしてこの言葉はどんな場面にでも当てはまる気がします。
これからもエキサイトブログでみなさんと心を繋げていけたらうれしいので、ブログのコメント欄はたまにしか開きませんが、何か話したいなって思った時は気軽に声をかけてください。
また、言葉を交わさないでいても、ここにいれば繋がっているんだって思える場所がエキサイトブログだと思っているのでコメントに対してはどうぞ気を遣わないでください。
みなさんとのブログの交流で一番大切にしているのは心の対話ですので、訪問していただけるだけでうれしく感じています。

c0039735_1132915.jpg


ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
R i c oさん:特にしていることはありませんが、私がエキサイトさんから教えていただきたいくらいです(笑)。

生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
R i c oさん:私が大切にしていることは、少しでも心が豊かになる時間を作ることです。
それは、お金をだして贅沢をすることではなくて、普段の生活の中に何かを取り入れたりすることです。
いつものテーブルに一輪の花を添えてみたり、夜はお部屋にいくつかのキャンドルをつけて雰囲気を変えてみたり、ゆっくり過ごせる朝は美味しいパン屋さんでパンとコーヒーを買って自然の中に行き、テーブルを広げて椅子に座りながらのんびりした朝食を楽しんでみたり普段とは少し違うことをする…。それだけで心が豊かになり癒されていきます。
あとは、好きなインテリアに囲まれているだけで癒されます。求めているものが探しても見つけられない時には自分で作ったりもします、プロのように上手にはできませんが、完成すると達成感があります。
もの作りの工程を考えると、なんとなく写真ももの作りも似ている気がします。

数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
R i c oさん:●広がる光....
宮城県の菖蒲田浜海岸で撮った朝の風景になります。夜明けとともに朝陽が空の雲を照らし始めて陰影を作り出しとても幻想的な瞬間でした。

c0039735_11303632.jpg


Cosmosの中で...
クリスタルボールとハートに似せたコスモスの花びらを使いながら、遊び心を入れた写真です。かわいいコスモスにお似合いの組み合わせだと思います!

空と共に...
コスモスを撮っていたら空を流れる雲に目が行き、コスモスも雲の動きに合わせて空へ向かっていくような気がしたので、そのさまを表現してみた写真です。

Sky
空を近くで感じたくなると行きたくなる場所が宮城蔵王です。夏の始まりを告げる大きな雲が目の前に広がり、空に近づいたと思える瞬間でした。

●「桜に恋して...
桜はお花の中でもさまざまな表情があって、それを感じるがままに何度も表現したくなる被写体です、必ず毎年撮ります。

ハート祭り♪2.14 Heart festival ♪ START ♪
2月14日のバレンタインデーにみなさんそれぞれの発想とアイディアでハートを使った写真で楽しく盛り上がった企画です!
参加してくださった全員の方がわたしのお気に入りのブログでもあります。記事にもみなさんのブログのリンク先を貼り付けていますので、ぜひハート祭り記事と一緒にみなさんのページへリンクしていただけるとうれしいです。また、次回のハート祭りも…あるかもしれません!?ので、参加できなかったみなさんもぜひ次回は参加してくださいね!

c0039735_112589.jpg


東北 TOHOKU
エキサイトブログで東北の素晴らしい景色を写真にして発信されている『EAM photo』のえむちゃんが、以前ピックアップブロガーで紹介されていた時、私も応援したい思いで数少ない写真ですが、東北の写真を記事にさせていただきました。東北2の記事もあるのでそちらも見てくださるとうれしいです。
また、私の大好きなブロ友さんで『Chikka*ism』のchikkaちゃんは、ピックアップブロガーでえむちゃんが紹介された時に、お気に入り&好きなブログで東北のブロ友さんを5名挙げていて、その中のひとりがchikkaちゃんです。彼女のブログへぜひ遊びに行ってさらに東北を感じてみてください!

東京
今ではすっかり気を許し合える仲になったブロ友さんたちと、街フォトをご一緒した時の記事になります。みんなで撮る写真はほんと楽しかったな~。
かっこいいものも大好きなので、たぶん東京にいたらわたしのブログは街フォトがメインになっていたかもしれません。

c0039735_1135621.jpg


いま一番ほしいものは?
R i c oさん:欲しいものはいろいろありますが、写真に関するものであれば望遠レンズが一番欲しいです。今は、ほとんど1本のレンズで写真を撮っているので、望遠を使ってまた違う世界を覗いてみたいです。

最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
R i c oさん:ブログではなかなか自分のことを話す機会がないので、今回のピックアップブロガーの記事を見てくださる方々に、私の人物像をなんとなくでも知っていただけたら幸いです。
そして、いつも私のブログへ遊びに来てくださる方々、本当に感謝しております。時折で構いませんのでお時間のある時、また思い出した時にでも覗いてくださるとうれしいです。
初めて遊びに来てくださった方は、S a b l i e rブログをどんなふうに感じてくださるか解りませんが、少しでも心に残るような写真を撮ることを心がけますので、これからもマイペースの更新、マイペースな私ですが、みなさん、末永くどうぞよろしくお願いします。

c0039735_1131147.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【R i c oさんのお気に入り&好きなブログ】

私のお気に入りのブログの中から5つだけを選択するのはとても難しいです。
またいろいろなサイトでお気に入りのブログもありますのでとても悩みます。
エキサイトブログでは、7月のピックアップブロガーに掲載されていました『夜光虫SBC』のたっつんさんをはじめ、男女問わずたくさんのお気に入りのフォトブロガーさんがおります。
今回は、その中でも今もコメント等の交流がある方でキラキラと輝く女性フォトブロガーさんを順に紹介させていただきます。

●「* thank you *
私の憧れの女性です!エキサイトブログを始めたばかりのころ、彼女のブログへ訪問した時にとても衝撃を受けました。
写真でこんなにもきれいな世界を表現できるなんて、まさみさんの撮る写真は本当にきれいで美しい世界が広がっています。まるで芸術的な写真集を見ている感じですばらしいです。

●「月の雫
とっても感性が豊かな女性で、季節ごとにいろいろな場所ですばらしい景色を撮りながら、いつも臨場感あふれる迫力のあるお写真をみせてくれます。また繊細な花々を巧みに表現して多彩なお花の世界観が魅力的です!

●「EAM photo
東北の景色をいつもきれいに撮影されていて、初めてブログへ訪問した時は「東北の景色をこんなに素晴らしく表現する方がいるんだな~」って驚きました!その時からわたしは彼女が感じる世界、そしてすべての作品の虜になりました。

●「The sky is the limit
繊細でひとつひとつの写真にさまざまな思いが込められている作品に圧倒されてしまいます。表現力がすばらしくて参考になることが多いです。また彼女がファインダー越しに見ている世界にとても興味を持ちます。

●「Sora*Koto
ブログを開くとナチュラル感がいっぱいです。絵本の中に入りこんだように、ほんわかしていて疲れている心をほっとさせてくれます。わたしには絶対に感じとれない雰囲気が表現されており、自然と彼女の世界に惹きこまれていきます!

           *    *    *   *    *   *    *

【R i c oさんがお使いのカメラとレンズ】

■最近、主に使うカメラとレンズ
Nikon D610
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 

■時々使うカメラとレンズ
Nikon D7000
TAMRON SP90mm f/2.8 Di MACRO 1:1
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
TOKINA SD 11-16mm f/2.8(IF)DX
AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR

R i c oさんの「S a b l i e r」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2014-10-08 17:29 | 写真