今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

タグ:ライフスタイル系 ( 105 ) タグの人気記事

c0039735_11423150.jpg子どもの発想ってなんてユニーク&新鮮なんだろう!と面白おかしく、お茶目で天真爛漫なコーちゃんはエキサイトブログの人気者! 思わず噴出してしまう爆笑モノの話題からじーんと感動してしまうシーンまで、「今日のコーちゃん」を毎日覗くのが楽しみ、というファンは多いようです。
そんなコーちゃんの繰り広げる楽しい日々を描いた子育てマンガ、「カラメル堂別館」のおぐらなおみさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
おぐらなおみさん:こちらこそ、いつもお世話になっております。
きっかけは、もともと自分のホームページを持っていて、(カラメル堂) その中の日記のコーナーを外出先から更新できたら便利だな、と思ったのがそもそもの始まりです。その日記部分が独立して、今では本家(カラメル堂)よりも立派な「カラメル堂別館」になりました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
おぐらなおみさん:基本的には、うちの子どもたちのトンチンカンな行動を短いマンガにしたものが中心なんですけど、なんというか…毎日くだらないことをやってくれるんですよ、息子のコーちゃんが。それをちょこちょこっと、なんとなく書き留めている感じですね。
まあ、そんな小さい笑いのブログなので、ちょっと見てふふっと笑って気分転換していただければいいかなあと。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
おぐらなおみさん:ブログの感覚って、学生時代の教室でなにか面白いことを思いついたときに、ノートをビビッと破いてささっと書いて「これちょっと回して。」ってみんなに読んでもらってるような感じなんですよね。新鮮なネタを、ぱぱぱーっと描いてアップするのが楽しいんですよ。だからなるべく早く( 先生に見つからないように早く早く!なんてね。) 気持ちが高ぶっているうちに描きたいし、見ていただきたいです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
おぐらなおみさん:意外と気が小さくて、道を踏み外せないタイプ。だから仕事の締め切りは破ったことないです。わたしが締め切りを守るのは、責任感からではなく、怒られるのが怖いからです。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
おぐらなおみさん:「母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記」のてんきち母ちゃんとは、仕事でご一緒させていただいたんですが、直接お会いする機会がなくて…。編集さんの話では、ものすごく手際よく料理をされるらしいので、その素敵っぷりを実際に見てみたい。んでもって、その料理を食べながらビール飲みたい。そのあと犬のメイちゃんを触りながらうたた寝したい。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
おぐらなおみさん:今、出し巻き玉子に凝っていて、焼いても焼いてもまだ飽きないのが不思議です。こんなに楽しいなら、ちょっと高いけど銅製の卵焼き器を買おうかなあと迷っているところです。でも買ったとたんに熱がさめたりするのよねえ。

エキサイトブログ編集部:夢は?
おぐらなおみさん:とにかく長生きして、生涯現役のイラストレーターでありたいです。
そして、嫁に嫌がられながらも「孫マンガ」を描いたりして、その原稿料で孫に際限なくオモチャを買い与えて、さらに嫁に嫌がられる。

c0039735_15114116.jpgエキサイトブログ編集部:主役のコーちゃんがとってもお茶目でかわいくて、いつも笑わせてもらっていますが、日々の話題はノートなどに描き溜めておくのですか? また、子育ての楽しさ、記事アップの際に心がけていることは?
おぐらなおみさん:本職でもイラストを描いていまして( プロになって10年ちょっと。) 、仕事でネタにしようと思っているものは、ノートにメモすることもあるんですけど、ブログに関してはしてないですね~。というか、ブログにアップしてるイラスト、あれ自体メモみたいなもんで(笑) 。もっとちゃんと描いたほうがいいのかな?と思いつつも、まあブログはスピード感を楽しんでいただきたいので、しばらくはあんな感じでやっていくと思います。
子育てをしなきゃ!とチカラが入っていると、子どものしぐさを見ても失敗ばかりが目について「何でこの子は何もできないんだろう…。」と落ち込んだりしちゃうんですが、「さあ、本日も笑わせてくれたまえ!」という心構えがあると、本当に毎日大笑いですからね。そういう風に考えるようになって楽になりました。(笑ってばかりでもないですけど。)
心がけているのは、愚痴と悪口は描かないように、ということ。そんなの読んでも心が晴れないと思うので。

エキサイトブログ編集部:現在出されている単行本「育児バビデブー」にはブログのマンガもあるようですが、読者にはどのような点を楽しんでもらいたいと思っていらっしゃいますか?
おぐらなおみさん:天真爛漫なコーちゃんのマンガで、子ども本来の明るさとかかわいらしさを楽しんでいただける本だと思います。子育て中の方に「この本を読んで、子育てが楽になった。」という感想をいただきまして、それは本当にうれしいな、と。ブログからもいくつか記事をピックアップして載せました。さらにベネッセコーポーレーション「こどもちゃれんじ・ぽけっと・月刊子どもを学ぶ」で連載していた「コロコロリズム・おぐリズム」というマンガも入っていて、お得感アップでございます。うちの夫( カッパくん) の絵が一部に大好評で、それも載せました。それがまあ、ものすごい迫力で…一見の価値ありですよ。

c0039735_1144225.jpgエキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
おぐらなおみさん:ここ最近、私とコーちゃんの間で流行っているのが、「やだ…うふふ(口に手を当てて薄笑いしながら)、今日…うふふ…カレー?…うふふ…カレーってあなた…うふふ。」と普通の会話を奥様のように話すことで、これを見ると疲れが吹っ飛びます。ものすごくマダムっぽいんですよ、コーちゃんが。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
おぐらなおみさん:私が気に入っているのは、
++5月15日(月) ++ 2006年 遠足と弁当とコーちゃんのお話、
++4月18日(水)++ 2007年 熱が出て幼稚園に行けないお話、
上記のような、笑えるけれどもちょっと切ない…みたいなものなんですけど、
異常に好評だったのが、
++8月6日(月)++  2007年 おかあさん、くさいよ、
++2月15日(金)++ 2008年 お風呂でちくちく、
こんな話で…。いったい読者の方々は私に何を期待しているのかと。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
おぐらなおみさん:ほしいものっていうか、食べたいものなんですけど、東京で一人暮らしをしているときにハマって食べてたアイスで「メイポン・バナナ棒」っていうのがあって、最近よく思い出して、いてもたってもいられないくらい食べたい…。どなたかご存知の方いらっしゃいませんかね?そもそも「メイポン」っていうのはなんだ?会社名か?とにかく「メイポン・バナナ棒」っていう名前だったことしか覚えてないので…。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
おぐらなおみさん:福岡に「元祖長浜屋」っていう有名ラーメン店があるのご存知ですか?そこの本店が閉店しちゃったらしいんですよ!近くに支店があるんですけど、本店と支店の両方があっても、ものすごく混雑してたのに、一店だけになっちゃったらどうなるんだろ?とか、そもそも本店を閉店して支店が残るのってアリ?とか、夫と2人で激論を交わしてます。…すいません、小さいニュースで。でも私の中では今年の重大ニュースにランクインすると思う。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
おぐらなおみさん:コーちゃんを好きになっていただいてありがとうございます。私のブログが皆さんの生活の中で、ちょっとした一口の甘いもの的な楽しみになっていただけたら、私もうれしいです。


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【おぐらなおみさんが好きなブログ、気になるブログ】 

FourSeasonsblog
広告の料理制作をされているyukarinさんのブログ。
何しろ料理がおいしそう…。野菜の切り口とかがスパーンときれいで、見ていて惚れ惚れしております。時々出てくるお寿司( ご実家でお父様が握られているのだと思う。) が美しくておいしそうでたまらん!

カナマルミナコ イラストブログ さんたま日記
もともとカナマルさんのファンだったんですが、ホームページを休止されてしまってさびしい思いをしていたところに偶然ブログを見つけてびっくり。国際結婚されていてさらにびっくり。あかちゃんの腕のむっちむち具合とか、やっぱり上手だなあ…。

万華鏡 
漫画家・鈴木みそさんの奥様、鈴木ゆう子さんのブログ。2人のお子さんを子育て中の鈴木さんの子育て談義が大好きで、時には号泣しながら読んでおります。文章がむちゃくちゃうまくて引き込まれる。育児に悩んでいる知人に紹介したりすると、「あれ、大泣きしたわ…。」という返事がきたりするので、そうでしょ!?と自慢したりして。自分のブログでもないのに。

父母兄弟 
まじゅさんの育児絵日記。こんな個性的な子育て絵日記は見たことない!( だって、みんなゴム人形のような…ハ…ハニワかも…?) このセンス、見習いたい…。パンのレポートも好きなので、バンバンやって欲しい。

祖母ログ
主役は長島ヒデさんというおばあちゃま。私の祖母くらいの年齢だと思います。おしゃれで料理上手、孫や家族に愛されて…という理想的な老後の生活という感じでうらやましい。こうありたい。どうも会話がなつかしい感じだなと思ってたら、私の出身地の群馬県の方でした。そうなんさー( 群馬弁で“そうなのよ”) 。



【おぐらなおみさんのライフログ】

「プレイボーイのうた」
田辺マモル / / MCAビクター

どうも私は「真顔で飄々と冗談を言ってるような淡白な男子」の歌に弱い。ただ淡々と今まで付き合ってきた女の子思い出を語っている歌。まったく男子ってこれだから…とあきれながらも感動してしまった。


作ってあげたい彼ごはん 2 [e-MOOK] (e-MOOK)
岡田 史織 / / 宝島社

人にごはんを作ってあげるのって、うきうきするものだったな、という気持ちを思い出させてもらっちゃった。うはー!スタイリングもかわいい。これを読むと、雑貨好きの血が騒いでしまって大変なのです。


るきさん (ちくま文庫)
高野 文子 / / 筑摩書房

メインの登場人物は、女性2人。その2人がなんとなく一緒にご飯を食べたり、電話をしてみたりというそれだけの話ですが、あったかくて好き。唐突なラストの「しゅわー!」としたような終わりかたもいいなあ。こういうなんでもないのに深く心に残るものを描くのが私の目指すところでもあります。その目標のなんと遠いことか…。



【おぐらなおみさんの本】

c0039735_14283950.gif

育児バビデブー
おぐら なおみ / / 辰巳出版







おぐらなおみさんの「カラメル堂別館」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-04-15 15:33

c0039735_10475161.jpg軽やかな風を感じさせる春色のラリエットやパーティシーンにも似合う優雅なネックレス…。つけただけで、おしゃれ度がぐんとアップする洗練されたデザインのペンダントやブローチ、リングなど。天然石やビーズをつかったオリジナルアクセサリーはとても素敵で、眺めているだけでうっとりしてしまいます。
そんなハンドメイド作家という女性らしい趣味をお持ちでありながら、休日にはアウトドアフィールドで、フライフィッシングも楽しむという、アクティブな一面も見せてくれる「Le Perline ビーズ*days」のleperlineさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
leperlineさん:こちらこそいつもお世話になっています。
作品を紹介している自身のホームページで、日常の気ままなひとり言のようなことを書いたのがきっかけです。作品だけではなく、私ってこんな人、というのも知って貰えたら楽しいかもと始めました。その頃はHPの1ページとして作っていましたが、ブログを知って開眼。画像もたくさんアップできてシンプルで使いやすいエキサイトにして良かったと思っています。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
leperlineさん:天然石やビーズで作製したオリジナルアクセサリーの紹介と、趣味のフライフィッシングやヨガ、好きなこと、日々のなにげないはっとした瞬間、などなどを綴ったブログです。
ビーズの作品作りにも共通することですが、白い画用紙に水彩絵の具で好きな色を足したり引いたりしながら色彩を楽しむ、そんなイメージのブログにしてゆきたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
leperlineさん:作ったアクセサリーを発表して沢山の方に見てもらえること。
見てくださった方からコメントをいただいたりして、ほんとうに励みになります。
それから沢山のブロガーさんとお友達になれたことです。皆さんとても個性的で素敵な方々ばかり。いつもパワーや刺激を沢山頂いています。
ブログをしていなければなかったことです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
leperlineさん:天然系とよく言われますが、自分としてはB型の人と言っておきます。
マイペースで凝り性。興味を持ったり好きになると一直線。
その反面興味のないことはからっきしダメです。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
leperlineさん:いつもコメントを頂いていて、いまだお会いしたことのない国内外のブロガーさんの方々です。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
leperlineさん:最近骨董市めぐりにハマっています。
人にとってはガラクタでも自分にとっては宝物。自分の感性で好きなものを探しだす宝物探しのようでとても面白い。さらに、我が家にある古いものも大事にしようという気持ちにもなり、使っていなかった古いやかんをピカピカに磨きました。
しばらく続きそうなマイブームです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
leperlineさん:作品を沢山作り溜めてカッコいいギャラリーでいつか個展をしたいです。そしていつの日か海外でも個展ができたら。。。と、夢の夢です。


c0039735_10481716.jpgエキサイトブログ編集部:とても素敵なビーズアクセサリーをたくさん制作されていますが、ビーズに夢中になったきっかけやその魅力、作る楽しみは?
leperlineさん:作成歴は10数年です。もともと自分スタイルのオリジナルなアクセサリーを身に付けたいをきっかけに製作を始めましたが、さらに夢中になったのは天然石と出会ってからです。ビーズのキラキラとした煌きも好きですが、天然石の一言で何色と言いきれないようなニュアンスカラーに魅せられました。天然のものですから全く同じ色、柄はないという希少価値も魅力です。
自分で作る楽しみは、すべて一点ものの自分だけのオリジナルということ。
シンプルな服装に映える主張のあるデザインが好きです。
基本は常に、自分が身に着けたいアクセサリー。どんなに素敵でも自分の服装やスタイルに合わなければ意味がありませんので。 そして、これからの課題はビーズや天然石にこだわらずメタルや布素材など、色々な素材を取り入れて作ってみたい。そうなるとビーズdays じゃなくなってしまうかも。。。

エキサイトブログ編集部:ビーズ以外にもフライフィッシングやヨガなどの趣味も楽しんでいらっしゃいますが、それらの楽しみは?
leperlineさん:趣味のフライフィッシングをしていると全てを忘れてオフな気持ちになれるんです。どんなに忙しくても釣りをしているとリフレッシュされる。いろいろなスタイルの釣りのなかからフライフィッシングを選択したのはより自然に近い釣り方だから。水生昆虫のことや川の流れ、キャスティングなどいろいろなことを学ばなくてはなりません。難しい釣りといえばそうかもしれませんが、それだけに自分が作ったフライに魚がパシャッとでてくれたときの喜びはひとしおです。
ヨガにも同じことが言えるんです。いままできつかったポーズが少しずつできるようになる。ようするにプロセスが大事。達成感と心地よい汗で心身ともにとてもリフレッシュされて明日もがんばろうと言う気持ちになります。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
leperlineさん:家族を送り出し、家事もひと段落着いてほっと一息のひとりの時間。作品の構想を練ったり、いろいろなことを考えるのにをひとりの時間が必要なんです。
癒される瞬間は、アクセサリーを作っているときに愛猫アトムが隣で居眠りをしてくれているとき。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中で、ご自身が気に入っている記事といえば? また、読者に評判だった記事は?
leperlineさん:●忘れた頃にやって来た。。。2006-12-14 ビーズアートジャパン大賞入選を頂いた作品です。35個の天然石のモチーフをつなぎ合わせ、思い通りのフォルムになるまで何度も何度もやり直してようやくできあがった思い入れの深い作品です。

Summer Snow ネックレス@ママリブ 2007-07-24 ママリブのお教室用に作った作品の中で最もお気に入りのネックレス。お教室の先生のお役目も慣れてきた頃でした。

フライフィッシング釣行記in信州 2006-08-17 長野県奈川、大雨の被害が多かった年。そして釣り歴7年目にして初めて熊に遭遇した釣行。まさに自然の驚異と隣り合わせで釣りをしていると実感しました。

春風 2008-03-10 まる2年かかってようやくできあがった私たちの家。途中、紆余曲折有りました。母の命日に墓前に報告した日、春風が心の中をさっと吹きわたったような清清しい気持ちをいつまでも忘れないでいたい。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
leperlineさん:長い休日があったら、山や川がすぐ側にあるつろげる心地よい宿に泊まり、気の向くまま夫婦で釣りをしたり本を読んだり、散歩したり、とにかくのんびりしたい、です。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは??
leperlineさん:地球温暖化問題。人間も動物も平和に暮らせる地球のために身近なことから出来ることを実践です。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!?
leperlineさん:いつもご訪問いただきありがとうございます。
作品に興味を持っていただいたり、コメントを頂戴したり、アクセサリー作りを続けてきて心から良かったといつも本当に励みとなります。
とてもマイペースなブログではありますがお暇なときに遊びにいらしていただければ幸せです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【leperlineさんが好きなブログ、気になるブログ】 

森のフィッシュ魚ッチング」 
森の美しい自然と渓流で撮った魚の写真とともに、フライフィッシングの魅力をつづるheboheboyさん。金色に輝くアブラビレのアップ写真、水中のレインボーの写真、ライズの瞬間、などなど写真を見ているだけでもワクワクしてしまう上に、文章も最高に楽しい。

hana*blog
komiさんの柔らかい色と雰囲気のお写真が好きです。お人柄が表れているような優しいブログです。愛犬のまめたんの可愛らしさについ笑顔もほころび癒されます。

海の青と空の青」 
hiroさんのお菓子はプロの腕前。お料理のレパートリーの広さ、アイデアの豊富さにいつも脱帽です。

クイイジーヌmintoto@北九州」 
mintotoさんの作られる和菓子はおみごとです。食材や作り方に対する探究心もすばらしく、同じ料理の数あるレシピの中からmintotoさんのをときたまこっそり拝借させていただいております。

お外にゃんこの家修行4」 
お外猫がお猫入りし、修行を重ね里親さんへ譲渡されるまでの修行記。
ここの猫ちゃんたちは本当に幸せな猫ちゃんたちだと、幸せのおすそ分けをもらったような気持ちになります。



【leperlineさんのライフログ】

ずっと一緒さ
山下達郎 / / Warner Music Japan =music=

http://item.excite.co.jp/detail/ASIN_B001277M92/
美しいメロディーラインと懐かしい達郎の声。やっぱり山下達郎はいい!と改めて再確認。


晴れときどき猫背―seabreeze from kamogawa〈2〉
村山 由佳 / / 集英社

辛い時は雨の日の猫のように背中をまるめてやり過ごそうよ。その後に、ちゃんと嬉しいことが待っている。元気が無いときにこの本のことを思い出す。
猫の親子の子離れのシーンは何回も読みかえし、泣けました。


スタイリッシュ・ビーズジュエリー
日柳 佐貴子 / / 文化出版局

ビーズ作家の日柳さんの本。私のビーズアクセサリーのすべての原点がこの一冊から始まったともいえます。


leperlineさんの「Le Perline ビーズ*days」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-04-08 16:53

c0039735_13315518.jpgヨモギやバジル、カモミールなどのハーブをはじめ、緑茶やはちみつなど自然の素材を使って手作りした石けん&化粧水は、香りも見た目もとってもナチュラル!もちろん肌にもやさしいから安心ですね。
なかでも、スイカやかぼちゃ、夏野菜を使ったアイディアいっぱいの石けんたちは、キュートで自然な色合いが読者に人気です。
今週は、そんな石けん作りを通して、地球にやさしいプチエコライフをエンジョイする「*もなこの手づくり石けん日記*」のもなこさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
もなこさん:こちらこそ、いつもお世話になっております。
きっかけは、その頃何かwebに関する物をやりたいと思ってて、HPを勉強してたんです。が~なかなか出来上がらなく、時間がかかりすぎてはじめのアイデアが飽きちゃって放置してたところに「ブログ」という存在を知り、「これだったらすぐ始められる!」と飛びつきました。ちょうど石けんを作りはじめたばかりだったので、ネタもあったし。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
もなこさん:手づくり石けんや化粧水などのレシピを中心に、手づくり石けんをきっかけに気づいた日常のプチエコお試しの記録です。石けんは奥が深いのでまだまだ作り足りないし、プチエコは、毎日の生活の中で楽しみながら、あれ?これってエコぢゃん!って気がつくような、気負いなく環境を大切にできれば・・・。読んでくださる方が、ちょっと試してみようかな?と簡単にできて長く続けられる方法を模索中。あとは日常の時々を。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
もなこさん:今さらですが、世の中いろんな人がいて、楽しいな~って!それと趣味、嗜好が同じ人は波長が合う方が多いってことを発見しました。初めて会っても、初めて会った気がしない!

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
もなこさん:更新がラクチンなこと。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
もなこさん:好奇心旺盛で、マイペース。イレギュラーなものを発見するのが得意かな。たとえば、電車の中で・・・あの人のあの部分何か違和感がある(笑)・・・とか。山手線さいこー。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
もなこさん:会ってみたい方は沢山いるけど、しいて挙げるなら、「自戒録 by hito von Frizburg」の♪hitoさん、いつもお世話様です~。いろんな事にこんなに気配りできる方、私の周りにはいないよー!爪のあか煎じて飲みたいくらい!(こんな事書いてほんとに送ってこられても困るw)どんな方か想像つくようなつかないような・・会って確認してみたいです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
もなこさん:今は写真かな?石けんだけでなくいろいろ撮って勉強してます。ブログにアップする写真は、はじめはコンデジでがんばってたんだけど、どーやっても撮りたいように撮れないってことが分かってきて一眼じゃないと!と買いました。(ピックアップブロガーのバックナンバー読むと、以外と同じ人多いですね)

エキサイトブログ編集部:夢は?
もなこさん:夢っていうほどじゃないですが、一度でいいから、WRC(車のレース)を肉眼で見たい!それもヨーロッパのどこかで。手作りしてるのでおしとやかに思われてるみたいですが、全然違うんですよ。乗り物大好き!レース大好き!

エキサイトブログ編集部:石けんや化粧水を手作りし始めたきっかけやその楽しみは? 手作り生活&自然にやさしいエコライフを通して、心がけていることがあれば…。
c0039735_1333948.jpgもなこさん:きっかけは、「お風呂の愉しみ」という日本の手作り石けん界では有名な前田京子さんの本を偶然読んだのがはじまりです。バスソルトを作ろうと本を探してたら、その日一番目立つところに立てて陳列してあった本。読んでー!と何かが出てました。写真がほとんどない本なんですが、夢中になって読んで、即材料集めに!そして初めての石けんから約3年半経ちました。
石けんはオイルの種類+オイルの割り合い+香り付けや色等々、組み合わせが無限にあって、もちろんその石けん石けんで使い心地も違うので、飽きるヒマがない!楽しんで材料選んで、作って、熟成して、使う。また試行錯誤して・・・と!
化粧水とかはだいたい手作り石けんの本に一緒にレシピが載ってるので、好奇心には勝てませんから(笑)すぐ作ってしまいました。材料が一目瞭然で、怪しいものも入ってないし、材料費も安い!石けんより作るの簡単ですし。こちらも突き詰めると奥が深いです。

肌が特別弱いわけじゃないので、好奇心から作りはじめた石けんですが、髪の毛から身体、顔と全身使えるし、台所の洗い物や洗濯、掃除にまで使えて、今では合成洗剤は使ってません。石けんって以外と汚れ落ちがいいんですよ!楽しみながら地球にやさしい、これよ、これ!って気分♪
生活の中で気をつけてる事は、物を増やさないようにすること。無駄なゴミを増やさないようにすること。なかなかできてないですけどね。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
もなこさん:大切にしている時間は1人の時間です。ぼーっとしてるのもよし、がしがし掃除するのもよし、マイペースで何かをする時間は大切だと思います。癒される時間はやっぱり石けんを作ってる時かな~。ぐるぐる混ぜてる時は無心です。

エキサイトブログ編集部:数あるポストの中で、ご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
もなこさん:●気に入ってるのは夏野菜石けんシリーズ。
★「スイカ果汁石けん」2006.8.13
★「夏野菜石けん」2006.8.27
トマト、きゅうり、スイカでそれぞれの果汁を入れて作った石けん3種です。スイカは皮部分の白と緑がうまくできて気に入ってますし、その他のきゅうりやトマトの石けんも素朴で気に入っています。キュウリが一番手間がかかりました。

化粧水のポストでは自分で使い心地がよく気に入ってるのが★「オレンジフラワープラセンタ化粧水」2008.2.6 
だんだん自分の肌の状態とそれに合わせた化粧水のころあいが分かってきて、今までで一番ドンピシャな化粧水です。香りもかなり満足♪

●読者に評判だったポスト
やっぱり先ほど挙げた★「スイカ果汁石けん」2006.8.13でしょう。
もなこといえばスイカ石けんと言われたこともw

あとは最近去年作った★「火星マーブル」2007.11.7
球体のシリコン製氷型を使ったので誰でもきれいにできると思うんだけど、マーブル模様がうまく火星っぽく出たのでかなりな反響でした。自分でも反響が大きくてびっくり!

もう1つ、お遊びで作った★「一人闇鍋石けん」2007.4.7
石けん作ったときの道具に残った少しの生地を延々集めて作った、容器がいっぱいになってはじめてどんな色模様になってるかわかる石けん。沢山のソーパーさんが一人闇鍋に挑戦してくれたみたいです。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
もなこさん:一番欲しいものは長い休日です。食物が豊富でもちろんハーブやアロマの歴史も古いフランスに行ってみたいです。ルーブル美術館や街並み、マルシェも見たいし、ハーブ水を採るところや精油を抽出してる工房を見学したい。もちろん石けんを作ってる現場も、できれば一緒に作るとか、やってみたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
もなこさん:日本のゴミ問題。東京都の埋め立て地があと30年でいっぱいになるニュースを見て愕然としました。サーマルリサイクル?この率が他の先進国と比べてほとんど0に等しいくらい少ない日本、ちょっと愚かだなと思いました。
「どーせ私1人だけがやっても大差ないし・・」のような気持ちでは日本はダメになっちゃいますよ。1人1人の小さなところから・・・がんばります。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
もなこさん:いつも遊びにきてくれてありがとうございます!ゆる更新ですが石けん作らなくならない限りは続けるつもりなので、これからも楽しい交流よろしくお願いします。


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【もなこさんが好きなブログ、気になるブログ】

ベスト5ってのは難しい・・ううう・・

◎「Tao's Soaplog
石けんの先生taoさんこと小幡有樹子さんのHPの中にあるブログです。正確にはぷろぐ(^.^)3度お会いしたことがありますが、やはり文章って性格が出ちゃうんでしょうか?内容ももちろん楽しみですが、リズムが好きです。姿が思い浮かびます。

◎「自戒録by hito von Frizburg
お会いしたいブロガーさんでも紹介した、hitoさんのブログ。
真面目な情報、話題から、殿方が好きな話題までいろいろてんこ盛りです。仕事の合間のコーヒーブレイクって感じ。

◎「ビバ!ゆるゆる生活
癒されるワンコ”かるび”が登場する、pokopen-7さんのサイト。
ゆるいかるびの顔や青空ウ○コの姿にいつもいつも癒されてます。1度お会いしたことがありますが、石けん趣味同士じゃないのに初めて会った気がしない!

◎「岩合通信
動物写真家岩合光昭さんのブログ。
珍しい動物の様子が見れるだけでも楽しいですが、世界をまわってる方なので、地球温暖化の現状もリアルタイムに伝えてくれて、気持ちも引き締められます。



【もなこさんのライフログ】

ボタニカル・ライフ―植物生活
いとう せいこう / / 紀伊國屋書店

石けんの先生、taoさんこと小幡有樹子さんがオススメしてた本。いとうせいこうさんの”ベランダー(ベランダで植物を育てる人)への道”行脚物語です。
植物好きな人にはもちろん、そーでなくても読み物としても面白い!植物が大好きなゆえに犯してしまう・・・・うふふな出来事満載です。


スーパーマーケットマニア ヨーロッパ編
森井 ユカ / / 講談社


スーパーマーケットマニア アメリカ編
森井 ユカ / / 講談社

どちらも外国のスーパーマーケットに売っている商品パッケージを中心に紹介してる本です。なんで外国のパッケージってこんなにかわいいんでしょうね?萌え~です(^.^)日本のパッケージも海外の人には萌え~なんでしょうか?アジア編もありますが、まだ手に入れてません。


もなこさんの「*もなこの手づくり石けん日記*」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-02-26 15:17

c0039735_151017100.jpgエレガントなヨーロッパの磁器やベネチアングラス、銀食器をはじめ、アンティークレースやジュエリー、バックなど。優雅な時の流れを感じさせるアンティークな小物たちをコレクションし、日々の暮らしの中に生かしてみたら…豊かな時間が過ごせそうですね。
古きよき時代のアンティークなティーカップ&ティーポットで昼下がりのブレイクタイム……なんて、とってもロマンチック。
今週は、そんなお気に入りのアンティークたちに囲まれ、日々の暮らしを優雅にエンジョイされている、「アンティークな小物たち」のケセララさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
ケセララさん:こちらこそお世話になってます。 
ブログをはじめたきっかけは、アンティーク仲間の一人が他州へ引っ越すことになりまして、『じゃあ、ブログで近況を知らせるからね』と言ったのが始まりです。
ブログ初心者の私は、エキサイトさんの“顔”といいますか画面構成がシンプルで明るかったので即決しました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ケセララさん:自分の好みのアンティークの小物たちを写真中心に紹介させていただいています。
アンティークというのは、万人向けに作られたものではないんですね。その時代にそれが必要だったり、気候や土地柄を考えてつくられたものだったりと、オーダー品に近い物なのです。
だから私はアンティークを『たかがガラクタ、されどガラクタ』と思っているんです。
そして私のブログが、アンティーク選びにちょっとでも役立ってくれたらうれしいです。

ちなみに、↑の写真の黒い切り絵のシルエットは私の20年前の姿なんです。ちゃっかり自分もアンティークにしてしまいました(笑)。ちょっと(というか、かなり)若すぎましたけど。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
ケセララさん:ブログをはじめて一年が過ぎましたが、だんだんと自分のコレクションの整理が出来てきて、改めて“自分はこんなものが好きだったのか”と気づいたり…。それから、ブログに載せるにあたってあやふやな所を本で調べたり、と自分自身の勉強にもなります。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
ケセララさん:口は悪いが、義理人情に厚いタイプだと思います。大阪生まれのO型ですから(笑)

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
ケセララさん:いつも私のブログにコメントを残してくださる方たちにお会いしてみたいです。
タイプはそれぞれ違うと思うのですが、せかせかしてなくてマイペースな所が共通点じゃないかと思っているので、確認してみたいですね。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
ケセララさん:もちろんアンティークショップ巡りです。僅差でゴルフかな。
最近、ムーンストーンというオパール色のグラスにハマっています。それとピンク色のグラスも。
アメリカではピンクは60歳からの色、なんて言われているんですよ(笑)私も60になった頃ピンクのグラスに囲まれていたいですね。

エキサイトブログ編集部:夢は?
ケセララさん:自分の好きな物だけを集めたアンティークショップで、毎日お茶をしたり本を読んだりして過ごす事です。

エキサイトブログ編集部:素敵なアンティークの数々ですが、コレクションされたきっかけや、アンティークのもつ魅力は? また、ライフスタイルでのこだわりなどがあれば…。
ケセララさん:学生時代にたまたま入ったアンティークショップで、フランス製の小さなガラスのランプを見たとき、その白い光に体が引き込まれ、フランスの古い時代の香りがしました。その瞬間は今でもはっきり覚えています。
それからアンティークの虜になり、ヨーロッパの磁器、ビクトリアンやベネチアングラスを集めています。あと80年代に作られたリヤドロも好きで小さいものを含めると50以上あるんじゃないかと…
怖くて数えた事はありませんが。
アンティークというのは、使ってはじめて価値がわかるものなのです。だからガラスケースに飾るだけでなくガンガン使ってほしいと思います。私はアンティークを選ぶ時、まず何に使うか考えます。あと、ひとつこだわりがありまして…人柄のいいオーナーさんのお店から買うという事です。どんなに気に入っても、強欲な人とか意地悪っぽい人からは絶対に買いません!思い入れのあるものには“育ち”があると思っています。同じアンティークでもそれがかもし出す雰囲気がまるで違うような気がするのです。せっかっく自分の家に来てもらうのなら、心の綺麗な人が選んだ物を買いたいと思いませんか?

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
ケセララさん:息子があと1年半で高校卒業で家を出て行くことになるので、送り迎えの車の中でできるだけ会話をしようと心がけているのですが、いつもケンカになってしまって…。家に戻って愛犬に愚痴って癒してもらっています。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
ケセララさん:☆2007.12.14 「リヤドロのクリスマス
大好きなリヤドロのクリスマスバージョンやスポードのオーナメントを見てください。
このリヤドロの素朴な表情がたまらなく好きで集めています。

☆2007.12.6 「我家のクリスマスデコレーション
我家のクリスマスはこんな感じです。
私はキャンドルがついているものが何でも欲しくなる病で、ジョージジェンセンのオーナメントもさっそく揃えてしまいました。

☆2007.5.5 「アフタヌーンティー ~ サンドウィッチⅡ
サンドウィッチレシピ番外編です。是非お試しください。
サンドイッチやケーキ、クッキーを作ったときに、アンティークのお皿は大活躍しますよ。

☆2007.4.4 「HAPPY EASTER☆
卵大好きな私の卵グッズコレクションと卵レシピです。
こちらのお教室で習ったエッグアート(卵の殻にビーズなどで装飾したもの)の作品もいくつか紹介させていだだいています。
シルバーのエッグスタンドはイギリスの1900年はじめの頃のアンティークです。生命誕生を意味する卵は、神聖なもので大切に扱われたので、こんな手の込んだエッグスタンドが作られました。(卵の陶器はヘレンドで最近のものです)

☆2007.3.24 「アフタヌーンティー ~ お茶の入れ方のポイント
イギリス人のおばあちゃんアンから教わった紅茶の入れ方を。
100歳近いアンのお部屋は、すべてピンクで統一されていてとてもかわいいんです。その中にピンクの花柄のアンティークのティーポットが飾ってあって、おばあちゃんからもらったものだとうれしそうに話してくれたのを思い出します。
  
☆2007.3.20 「アフタヌーンティー ~ ティーポット、ティーコジー
アールデコのシルバーのティーポットは、私のお気に入りです。何ヶ月もかかって作ったティーポットカバーは、アメリカに咲く花を刺繍してみました。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
ケセララさん:アメリカ人のような長い手足です!でも不可能なので、中国の玉(ぎょく)の湯のみセットにします(笑)お茶がうっすら透けて見えてとても美しいですよ。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
ケセララさん:私がアメリカに来た15年前は《変人》の話題が多かったように思います。変人といっても、何かのプロフェッショナルだったりして世の中のために活躍する人たちのことです。でも最近は《変人》じゃなくて、どうしようもない《変態》のニュースばかりで悲しくなります。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
ケセララさん:私のブログにおいでいただきありがとうございます。
アンティークコレクションにスタイルや決まり事はありませんので、自分の目で選んだアンティークを大切に使ってあげてください。使えば使うほど愛着がわいてきますよ。これからもどうぞよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【ケセララさんが好きなブログ、気になるブログ】

☆「東京ねこ小屋生活
チョコレートやケーキ、香水情報は専門家のよう。でも面白おかしく説明してくれます。
お菓子屋さんの社長さんからお礼コメントが入った事もあるんですよ。
   
☆「café ‘blanc’
北海道のお洒落な生活を綺麗な写真と一緒に見られます。
とてもおいしそうなパンをあっという間に作れる腕とセンスの持ち主です。
北海道に住みたくなりますよ。
   
☆「桜色の日々
まさに桜色の心温まるブログです。
家族のお話やコレクティブルの食器の話をとても分かりやすく説明してくれます。
ロマンティックなものが好きな方は必見です。

☆「普通な暮らし
彼女の凛とした態度と優しい心を持っているところが大好きです。
そして彼女の生まれ持ったセンスがとても羨ましいです。勉強させていただいております。

☆「チワワとトラ猫
言わずと知れたペットブログ。二匹のかわいさもたまりませんが、文章がとにかくおもしろくて楽しませていただいています。



【ケセララさんのライフログ】

素晴らしき哉、人生〈特別版〉
/ ビデオメーカー

アメリカのアンケートで『生きる勇気を与えてくれる映画』でいつも一位に輝くこの映画。
悩みなんて自分が生きている価値に比べたらほんの小さなものだ、と教えてくれます。
ラストシーンは何回観ても涙が止まりません。

ケセララさんの「アンティークな小物たち」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-02-05 16:50

c0039735_15483927.jpg天然酵母のパンを焼き、素敵なテーブルコーディネイトの中で、優雅な時間を生徒さんと共有するパン教室の風景…。そして、インテリアのプロとしてのおしゃれなインテリアの話題や、センスのよさが光る写真に、思わずうっとりされている読者は多いはず・・・。
インテリアコーディネーターであり、パン教室の先生でもある、とてもパワフルな女性として注目度が高く、その感性はとても豊かで、しなやか。今週は、そんなおしゃれ度の高さが人気の「丁子色」のchojiiroさんこと、ブログ内ではもうひとつの愛称で親しまれていらっしゃる、chakoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
chakoさん:いつもお世話になっております。家作りプロセスHPを仕事上で拝見する機会が多く、インテリアの施工例をまとめたHPを作ろうと思っていたところ、HPよりも簡単で日記風にまとめられるブログの存在を知りました。その中でも写真・文章の更新が比較的簡単に出来て、レイアウトの良いエキサイトブログを2005年4月に開設以来、おかげさまでライフワークの一つになっています。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
chakoさん:開設当時は、一企業のインテリアコーディネーターであり、仕事の記事・インテリア講座・プライベートの過ごし方などを、ただただ、気ままに綴っておりましたが、昨年思い切って、フリーランスのインテリアコーディネーターに転身したのを機に、時間も自由が利き、今まで休日を利用して開催していた「パン教室」も次第に回数が増え、今ではインテリア記事よりもパン教室風景の方がブログ記事の中心になっています。というのは、ブログをご覧になって下さった方々からパン教室へのレッスン参加者が日増しに増え、また「Baking Studio Grano Di Ciaco」のお教室名もブログで募集させていただいた中から決まりました。

パン作りの楽しさのみならず、パンがある食卓空間のコーディネートもあわせて提案できたらと思っております。
インテリアにおいても、視覚的なインテリアだけでなく、色・空間構成・人間工学的インテリアなど、実は身近な部分において一見難しいと敬遠される分野へも興味を持っていただけたら嬉しいです。住まいは完工が終点ではなく年数と供に住まい手が作り上げていくものだと思っていますが、その辺りがブログから伝わるようにインテリア記事の充実を図っていこうと思います。

これからも、今まで通り等身大の日常を綴っていきたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
chakoさん:多くのブログ友達から、生活の楽しみ方、あたたかい心、お料理の工夫の仕方、器の楽しみ方、国内に留まらず国外の方からも、豊かな心の刺激を頂戴し、日々慌しく過ぎていく生活のスパイスになっています。
多くの素晴らしい皆さんとの出会いが最大の収穫です。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
chakoさん:年齢・居住地に限らず、多くの方の考え方・ライフスタイルをこの場で容易く把握でき、情報交換や、最新情報のキャッチ、自己啓発につなげられることです。また、落胆している時など、頑張っておられる方の姿をブログ上で拝見する度に、前向きになり励まされます。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
chakoさん:好きな事だけに拘る一点集中楽天型人間。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
chakoさん:今までに沢山のブロガーさんとお会いする機会に恵まれ、またパン教室へも多くのブロガーさんが参加してくださいました。
ブログのコメントをいただく皆さんにお会いしたいと思っています。
また、お名前を出すのなら「by the beach」の男前な女性のflowerchildhさんにお会いしたいです!(男前は・・・勝手に想像しているだけです)
ういっすー!なんて体育会のお声が届きそうで元気を与えてくれるこの方は、例えば娘のソフトボール試合優勝に一緒になって歓声をあげてくれたり、涙したり、笑ったり。気持ち良いぐらい爽快でご主人様とのやりとりもまた男前!さっぱり、律儀で、思いやりに包まれたそんなイメージで一杯です。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
chakoさん:ラテン系のダンス、音楽・動き供に大好きな分野です。時間ができると大荷物抱えてジムに直行。エアロビクス・マシーントレーニング・水泳・最近では特にコナミ系のレスミルズ、中でも「ボディ アタック」にはまっています。

エキサイトブログ編集部:夢は?
chakoさん:避暑地山荘で開くパン工房・パン教室。または、その中でインテリア事務所も合わせて兼ねられないかな~なんてまさしく夢!!

エキサイトブログ編集部:パン作りの楽しさ、インテリアコーディネーターの仕事の魅力は? また、写真がきれいでセンスのよさが感じられますが、自分らしい記事をアップしようと心がけていることは?
chakoさん:パンの焼成後の香りは幸せを運んでくれます。10年以上パン作りをしていますが、酵母は生き物ゆえ、毎日の仕上がりには作り手の心が反映され、笑っているパンだったり、泣いているパンだったり、「たかがパン、されどパン」奥が深いのが面白いところです。
配合が数%違っても味のバランスが取れなかったり、粉の種類によっても味を左右したり、突き詰めていくほど面白みが出て、たぶん生涯「たかがパン、されどパン」を求めていくのかと思います。

インテリアコーディネーターの仕事においては、クライアントさんの意向が形になり、完成時、喜んでくださるお顔を拝見する度に、どんな苦労も消え去るぐらいの嬉しい瞬間になります。これがあるから続けられるのかと思います。

昨年の7月にデジタル一眼レンズカメラを購入しました。それ以降、写真を撮ることが面白くなってきていますが、なかなかこちらも奥深く、日々格闘中です。
お教室風景は、その場の空気感を伝えられるようにとシャッターを切ってはいるのですが、こちらもまだまだ・・・・・のようです。
主役のパンをメインにしたテーブルコーディネートに季節感が感じられるようにテーブルクロス、お花、小物使いで、さりげないインテリア空間の提案をしたいと思いカメラのファインダーを覗いては、どの方向から表現するのがいいのか考えながらシャッターをきっています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
chakoさん:家族で過ごす時間、夫・娘の笑顔。ジムで流す汗の爽快感。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
chakoさん:*2007年2月5日「立春そしてciacolitta
五反田の「アリエッタ」(パン屋さん)のパンを目指して研究の結果作り上げたパン
のネーミングを募集したところエキサイトブロガー「http://amazcharko.exblog.jp/」のcharkoさんが「ciacolitta」なる愛らしいネーミングを考えてくださいました。

*2006年11月4日「ウクレレ楽団 お披露目
反響が大きかった記事です。ウクレレ好きの夫がテニス仲間と組んだウクレレ楽団のコンサートの模様です。

*2007年 2 月26日「exicite de パン教室
エキサイトブロガーさんが参加されたパン教室の1回目、これを機にブロガーさんからのお申し込みが増えてきました。記念のお教室日です。

*2007年4月8日 「春の足音2  芽吹き
マクロレンズ90mmを愛用のキスデジに装着し、早春の散歩時に春を待ちわびた木々の声を聞きながら写した写真数点です。

*2007年4月25日「椅子と机と人間工学
机の高さと椅子の座高さの相関関係を記事にしましたところ、今まで不釣合いの高さで不快感があったというお声を沢山いただきました。さっそく椅子の高さを変えた方もいらっしゃいました。
インテリアコーディネートの立場で書いた記事ですが、少しでもお役にたてたことが嬉しかったのを覚えています。

*2007年1月17日の記事「体のあたたまる色
(以下記事から抜粋)
色彩は体の機能に大きな影響を与えています、「赤は人を興奮させ、青は落ち着かせる」とよく言われることですが、実際に赤と青の照明の下で手にグラス等を持たせると、赤の照明の下での方が手の震えが大きくなります。
このように色は心理面だけでなく、身体面にもはっきりとした影響を及ぼします。       
健康にも「色」を取り入れて楽しく、元気になりましょう!
*******
このような投げかけに対して、インテリア好きな方のみならず健康志向に注目している方々からも色彩と心理状態・健康状態の相関関係に興味を持っていただきました。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
chakoさん:パンを焼く窯、出来たら自家製で窯を作り上げたいです!
パン教室のスタジオ。手作りレンガを組んでのパン焼き窯のあるBaking Studio、窯です~戸外のテラス併設スタジオです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
chakoさん:食品偽装問題、今日現在42個の偽装が判明しているとか。
消費者が安心して食べられる食品の管理をお願いしたいです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
chakoさん:いつもご覧になっていただきありがとうございます。時には一緒に笑って下さったり、励まして下さったり、褒めて下さったり、そんなお気持ちが嬉しく、今までブログを続けることができました。コメント欄でお話ができるのもまた魅力の一つで、私にとってはそんな皆さんからのお声が日々の活力になっております。
これからも引き続きお付き合いくださいね。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【chakoさんが好きなブログ、気になるブログ】

好きなブログ・気になるブログは沢山あり選択が難しいのですが、今回は毎日覗く好きなブログを紹介します。(今までピックアップブロガーに選ばれた方は外しました)

フーの気まぐれ日記
*透明感のあるお写真、優しい語り口調で綴ったフーさんのお気に入りのお品・お菓子・風景、どれもこれも拝見しているだけで心が癒されます。

マレエモンテの日々
*雰囲気のあるお写真、特にエッセイスト並みの文章がまた面白くいつも大声で笑わせていただいたり感心したり、涙したり、お料理の腕も超一流、沢山のマレエモンテ流エスプリがぎっしり詰まっています。

Matoiの『あらら・・』の日々
*日常の中から生まれるmatoiさん流のセンス、お笑い、根底には常に優しさがあり、
気持ちがふわっ~となるような空気感で、ほっとさせてくれます。
ぴよぴよ劇場のファンもいるほど細かい創作・美的感覚+おち付きのお笑いセンスは絶妙
です。

雨の日も好き♪
*携帯リアル投稿ありの生き生きとしたライブ感覚、等身大の飾らないrainyさんの日常は
元気を分けてくれます。
悲しい時、自己嫌悪の時など、常に前向きに軌道修正してくれるブログの一つです。
一眼要らずの携帯写真は臨場感を充分に伝え、リズムのある文章はrainyさんの日常のようにいつもパワーでみなぎっています。

KuU’s Day
*お嬢さまお二人・ご主人様との日常を等身大で綴り、何事も精一杯頑張る姿勢に励まされます。実はブログ開設前からこちらのHPの大ファンでした。
ボキャブラリーも豊富でKuUさんのエッセイもまた読み応えがあり、元気を分けてくれます。
また社会問題にも敏感でズバッと正面から捉える姿勢に男前なKuUさんを感じます。



【chakoさんのライフログ】

ドラがみつけたパリのインテリア
ドラ トーザン / / ギャップジャパン

日仏文化の架け橋として活躍中のエッセイストが普段では見ることの出来ないパリジャン・パリジェンヌのお洒落な工夫に満ちた暮らしぶりを紹介したインテリア本です。
パリジェンヌの色使いの素敵さは洋服だけでなく、インテリアにも及び、生活空間に取り入れたいと思うことばかりです。同色の重ね使いであったり、アクセントカラーの効果を狙った色使い、古いものを大事にする心など参考にしたいと心がけています。


英国スタイルの家事整理術―おしゃれに、すっきり生活 (PHP文庫)
佐藤 よし子 / / PHP研究所

手間と時間をかけないことこそお洒落で素敵な家事の基本という、暮らしをもっと豊かに楽しむコツが紹介されています。
温かなおもてなしのテーブルにするにはどうしたらいいのか、ハウスキーピング法・暮らしを豊かに楽しむちょっとしたアイディアを参考に日常の生活空間・パン教室に取り入れています。


それでも脳は学習する
山田 規畝子 / / 講談社

瀕死の状態から見守り続けた息子さんとのリハビリの日々から、高次脳機能障害を負ってまでも生きている限り希望を失わないことで脳は学習を少しずつ取り戻していくという医師の立場で脳の仕組み高次脳機能障害と向かい合った本です。
諦める弱い自分とは反対に脳は生きようとしているという現実、生命の尊さ、脳の神秘に感動しました。


国家の品格
藤原 正彦 / 新潮社
 
国際化という名のアメリカに踊らされた日本人に誇りと自信を与えてくれる日本論です。
いま日本に必要なのは、論理よりも情緒、英語よりも国語、民主主義よりも武士道精神であり、「国家の品格」を取り戻すことである。(文章から抜粋)
すべての日本人に誇りと自信を与える画期的提言にある意味拍手を送りたいような気持ちになりました。


chakoさんの「丁子色」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-12-27 15:42

c0039735_1549491.jpg美味しいものに出会えたり、素敵なお店や小物を見つけたりすると、なんだかうれしくなりますよね。
そんな暮らしの中の「うれしい」ものたちを集め、心あたたまる詩的な文章と写真で紹介。行ってみたくなるようなプチ旅行記や手作りのあたたかさが伝わるオリジナル作品などにも注目。
今週は、そんな心がほっこり癒されるライフスタイル系ブログ、
うれしいの素」のmi-mianさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
mi-mianさん:こちらこそ、いつも利用させていただき、ありがとうございます☆
ブログをはじめたきっかけは?というと、前は、ホームページを作っていたのですが、更新が大変で。
そんな時、友人に、「シンプルで、いい感じのブログがあるよ」って、エキサイトさんを教えてもらって。
じつは、それまでブログってあまり見たことがなかったんですけれど、「じゃあ試しに」と、はじめてみたら、
あっという間に、ホームページの方は、更新しなくなりました(笑)

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
mi-mianさん:日々の生活の中の<うれしいの素>たちを綴ってます。

<幸せ>となると、そうそうたくさん、姿を見せてくれないかもしれないけれど、
<うれしい>だと、生活の中に、たくさん「ころりん」って、してると思うんです。
そんなささやかな、私をうれしくさせてくれる素たちを、のんびりと、気ままに。
そして、見てくれた方が、「あれ?なんか、うれしいような気がする...」
って思ってくれたら、さらに、うれしいです☆

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
ブログのよさは?

mi-mianさん:視野が広がりました。
私は興味のあることにしか、反応しないので、
普通に生活してると、世界がせまくなっちゃうんです。

でも、ブログをはじめてからは、いろんな方に見ていただいたり、
自分でも、いろんな方のブログを見にいったり。
そうすると、自分の興味のあること以外も、目にする機会が増えて、知り得なかったことを、知ることが出来る。
こんなものもあるのね、とか、そういう考え方もあるんだー!とか。
日々、そういった新しい発見が満載です☆

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
mi-mianさん:「ま、いっか」「折角だから」がベースな人間。
友人の私に対する言葉をお借りすれば<マイペースな行動派>

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
mi-mianさん:やりとりをさせていただいている方達。
みんなで集まって、「さ~、私はだーれだ?」って当てっこしたら、楽しそうだなあと。
あ、でも、やっぱり、どきどきしちゃうから、だめかも(笑)

ただ、おひとりだけ、以前エキサイトさんでブログをされていた神戸の雑貨屋さん「kitschen」(http://kitschen.exblog.jp/)さんには、お会いしたことがあります。
ブログを通して知り合うことができ、旅行に行った際、お店にお伺いしたんです。
どきどきでしたが、お会いしてみたら楽しくて、ついつい、お店で2時間近く立ち話しちゃいました(笑)

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
mi-mianさん:古いものを扱うお店や市、センスのいい雑貨屋さんを見ること。
お気に入りのものが見つからなくても、幸せな気持ちになります。
あとは、ぶらりお散歩。

エキサイトブログ編集部:夢は?
mi-mianさん:縁側のある家に住んで、そこに座り、足をぶらぶらさせながら、
夏には、ビールを飲んだり、花火をすること!

エキサイトブログ編集部:読み終わると心があたたまる文章と写真に癒されますが、自分らしい記事をアップしようと心がけていることは…? また、あたたかい手作り作品も紹介されていますが、手作りする楽しみは?
mi-mianさん:ありがとうございます☆
そんな風にいっていただけると、とてもうれしいです。

うーん、心がけていることは、しいて云うならば、不快な気分になるようなことは綴らないこと!
あとは、なるべく、見た目読みやすく綴る!(自分が、長い文章を読むのが苦手なので・笑)

お気に入りのものを『ブログのために、意識して集めておく』ということはないです。
ものや、ものごとを、抽き出しの中にしまっておいて、
それを、ちょうどの時に、ぽん!と、取り出すことが苦手なので(笑)
その日に感じたことや、ふと、思い出して、ふふふってなること、そんなことをアップしてます。
(なんだか、こうやって文章にすると、いい加減!って言葉がピッタリ・苦笑)

手作りの楽しみは、
お料理でも、お裁縫でも、日曜大工でも、みんなそうですけど、時間が<形>になるところ☆
過ごした時間が、作品として目に見えて分かるのが、うれしい。
あとは、機械で作ったものにはあまり感じられない、人のあたたかさが、いいなあと思います。
(タショウシッパイシタトシテモ)

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
mi-mianさん:*ソラを見上げる時間(イソガシイトキハトクニ)
 気分転換にもなるし、心に余裕が生まれる大切な時間。

*カフェ時間(時間に余裕があるときは)
 たまには、非日常空間で、ゆったりと。

*家お茶時間(イツデモ)
 珈琲やお茶なんかの、ふわりとした香りに癒されます。

*あんこ時間(マイニチ)
 我が家の猫、あんこと交流は大切(ギム・笑)です。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
mi-mianさん:★お気に入りの記事
*手作りのこと
☆2007.09.16 「本の☆旅装い
  思いつきで、はぎれを使い、ブックカバーを制作。
  裏に使用した使い古しの手ぬぐいがアクセント。
  赤い鳥と、じつは青い鳥が中に潜んでるところがお気に入り。

☆2007.09.03 「秋空の☆飛行機
  毎月、手作りのカレンダーを作ります。9月はスカーっとするようなソラに飛行機。
  月の数字と飛行機のバランスがお気に入り。

*旅のこと
☆2006.11.02 「はじめての函館旅☆付録
  函館で出会った動物たちを付録として。
  前から気になっていた、かもめと海猫の違いを調べました。
  んー、これですっきり!ということで、お気に入り(笑)

☆2007.09.26 「神戸ひとり旅☆vol.5
  はじめてのまともな一人旅(神戸旅)で、ブログでお知り合いになった「kitschen」さんとお合いしました。
  すてきなお店をされている「kitschen」とはじめての顔合わせ。思い出深いです。

☆2007.07.12 「梅雨の京都旅☆インデックス2007夏
  京都の旅紀。土砂降りでも、めげずにたくさん歩きました(笑)

*その他のこと
☆2006.11.13 「冬の☆膝掛け
  あったか膝掛けをゲットしたのですが.....。

☆2006.12.05 「乗り物にのる☆猫*2
  かっこいい猫さんに出会いました。

☆2007.09.17 「ソラ☆パレット
  やっぱり、ソラは不思議で美しいです。

★好評だった記事
☆2007.11.02 「みちのく岩手旅☆vol.12
  鉄瓶を見に、七つ森工房へゆきました。ここの方がとってもおちゃめで(笑)
  すてきな鉄瓶と、このおちゃめな佐々木さんに、みなさん反応してくださいました。

☆2007.11.06 「小さな☆花うさぎ
  甘いものはみなさんお好きなようです☆

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
mi-mianさん:今一番ほしいものは、<真鍮のキャンドルランタン>
そういうものが、存在するかどうかは、分からないんですけど(笑)
これをね、ベランダに置いて、夜お酒を飲みたいなあと思うんです。空を見ながら。
そして、重みのある感じと、鈍い輝きが欲しいので、やっぱり、真鍮製がいいなあと。
これがあれば、缶ビール1本でも、なんかわくわくしそうでしょ?

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
mi-mianさん:我が家のニュースとしては、「シクラメンがまだ咲かない。はたして今年は?」です(笑)
3年前に購入し、次の年は咲かず、昨年は見事に花咲き、今年はまだなんです。。
このシクラメンが<1年お休み・ナマケモノシクラメン>なのかどうか、
ついに、今年判明するので、かなり注目!(笑)

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
mi-mianさん:いつも見にきてくださり、ありがとうございます☆
コメントくださる方は、もちろん、気になって見に来てくれている方、ふらり、と立ち寄ってくださった方。
この場をお借りして、皆様に、ありがとうと、伝えたいです。
そして、御覧いただき、<うれしい気分!>に、少しでもなっていただけたら、幸いです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【mi-mianさんが好きなブログ、気になるブログ】

リンクさせていただいているブログは、どれもお気に入りなんですが、
今回は、折角なので、リンクしていないものから。

Brocante tit. de journal
神戸にあるブロカント・布・ボタン等々のお店のブログ。
神戸旅の際、訪れ、中に入ると幸せ気分に包まれたお店。その雰囲気をブログでも味わえます☆

Beret
やはり神戸にある、雑貨屋さんのスタッフの方の日記です。
神戸旅の際、訪れましたが、いい感じの雑貨や服を見ながら、食事やお茶が楽しめるのです。
その感じを思い出しながら見てます☆

野良っ猫写真日記
写真家・藤範智誠さんのブログ。猫の自然な表情や、仕草が最高☆
こんな瞬間、よく撮れるなあと、いつも感動してます。

coffee days/コーヒー・デイズ
京都・大阪・神戸のカフェ情報がたくさん。珈琲好きなので、名前に惹かれて。

ペンネンネネムのペン
京都にあるカフェの店主さんのブログ。
こちらは、私のブログにもリンクを貼らせていただいてるんですが、
文章が、物語になっていて、本当に楽しいのです。大好き。ハマリマス(笑)



【mi-mianさんのライフログ】

つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)
吉田 篤弘 / / 筑摩書房

装丁に惹かれて。ちょっと風変わりなつむじ風食堂に集う、人々の物語。
事件なんかは起きないのだけれど、どこか、不思議な物語。


家守綺譚
梨木 香歩 / / 新潮社

やっぱり、装丁に惹かれて。
日本で、妖しや鬼など、異界のものが信じられていた時代のお話。
本当に、不思議なのだけれど、それが当たり前の日常のように書かれているので、
読んでいてふっと、その世界へ入り込んでしまいそうになる。


ドリトル先生アフリカゆき
ヒュー・ロフティング / / 岩波書店

オウムのポリネシアから、動物語を教わった、ジョン・ドリトル先生の物語。
動物と話が出来るなんて!と、子供の頃、夢中になって読みました。


「ウェイクアップ!ネッド」
ウェイクアップ!ネッド
/ 東芝デジタルフロンティア

アイルランドが舞台の映画。
おじいちゃん、おばあちゃんたちが活躍します。
大笑いして、感動して、ラストは、ちょっぴりエスプリも効いていて。最高に楽しいです。


mi-mianさんの「うれしいの素」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-12-20 16:26

c0039735_1344347.jpg毎日食べるものだから、体に健康的でおいしいものを!
そんな思いをこめて始まった無農薬、有機栽培の野菜づくりが、とても潤いある生活をもたらしてくれた素敵な畑生活。
スーパーの野菜とは違った野菜本来のおいしさを味わえる幸せ、小さな種から手をかけて野菜を育て収穫するまでのワクワクどきどきする喜び。そして、とれたて野菜の味をそのまま生かした料理や保存食を作る楽しみ…。そんなスローライフを心からエンジョイする姿は、読んでいるこちらまで気持ちがゆったりと癒されます。
今週はそんな“美味しい菜園生活”、“野菜への愛情”をていねいな文章でつづる「ぬるぅい畑生活」のshogame2さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
shogame2さん:こちらこそありがとうございます。 以前から畑のことは、ホームページにしたいと思っていました。 ところが普段PCを使う仕事をしているにもかかわらず、仕事以外のことはさっぱり分からず…。結局手を付けずに数年経ったある時、妹から「ブログなら簡単よ」と教えてもらったのがきっかけです。ついでにエキサイトが良いとのアドバイスでしたので、とりあえず畑の写真を撮って右も左も分からないうちに始めました。
一年間の野菜作りを紹介しておしまい…だったらどうしようと思っていましたが、世界はどんどん広がり、とうとうはまってしまいました(笑)。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
shogame2さん:かれこれ10年以上やっている家庭菜園のお話と、食いしん坊な家族の美味しいモノをつづった日記です。菜園では、我が家の8割程度の野菜をまかなっています。だから我が家は冬にトマトとかキュウリを食べません。その時期の旬のモノを一番美味しい形でをモットーに。。。もちろん無農薬、有機栽培です。

半分はアトピー体質だった子供の健康のために始めた畑ですが、今や私の心と体の健康には無くてはならないものになりました。 畑の真ん中に座って、そっと土にふれて、その土の暖かみを感じ、近くをうろうろしているアリや生えている雑草、芽を出したばかり野菜に目を向ける。 常にそんな目線のブログでありたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
shogame2さん:ブログを始めるまでは、数人の畑仲間と教則本的なものだけのとても狭い世界でした。 でも、ブログを始めて、沢山の方と知り合い、新しい野菜や栽培方法、収穫後のお料理の仕方、またブログに載せる写真の撮り方など沢山のことを教えていただいて。 狭い世界が一気に広がった感じがしました。
そしてなにより、いろいろな失敗の時や落ち込んだ時に励ましてくださったり、打開方法をアドバイスしてくださる方々と知り合えたことは大きいですね。 それが日々の生活の中のつらいことでも、菜園のブログに頂くコメント一つ一つが、元気の素になったということがたびたびあります。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
shogame2さん:わがままで元気なおばさん。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
shogame2さん:皆さんにお会いしたい気もするし、でも私のことも分かってしまうと「なんだ~」ってちょっとがかりされそうな気もします。 どの方にお会いしたいというよりは、皆さんが大切にしている畑を一つ一つ訪問して、見てみたいという気持ちはとってもあります。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
shogame2さん:これが、畑のこととは全く関係のない「犬」でして、今無性に飼いたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:夢は?
shogame2さん:120坪の土地を手に入れて、25坪の平屋の家を建て、50坪の畑を耕し、残りの土地に果樹を植え、山羊と鶏を飼いたいです。 「ぬるぅい畑生活」実践版。パートナーがどう思っているかは無視します。

エキサイトブログ編集部:手をかけて野菜づくりを楽しむ日々が伝わってきますが、家庭菜園をはじめたきっかけやその魅力は?
shogame2さん:赤ちゃんの頃からアトピー体質だったうちの子が、今の場所に引っ越した頃にアトピーがひどくなってきました。私もベランダでハーブを育てるなどしていて、ちょうど家庭菜園にも興味を持ち、せめて健康で安全な野菜を食べさせたいと思っていた矢先、友人から小さな畑を借りられるという情報をいただき、思わず飛びついたのが、野菜づくりの始まりです。
ですから、無農薬有機栽培の野菜を作ることは、最初から当たり前のこととしてありました。

実際作ってみると、虫は付くし病気になるし、なかなか大変でしたが、出荷するわけではないので、次第にこれが本来の姿だと思えるようになりました。 ゴマ粒のような小さな硬い種から、本当に小さな瑞々しいフタバが出てくるのは、何度見ても感動するし愛おしいとさえ思えます。 それがやがて、1,2kgのキャベツになるというのは、奇跡かとも思えるほどです。
無農薬有機栽培の野菜の味は、言葉では表せないほどの豊かな味わいです。野菜本来の持つ力で育つわけですから、皆本来のしっかりとした味になります。
それを食べてしまっておしまいなのが気になり始め、出来る物から種を取ってみることにしました。
種を撒く、育てる、収穫する、種を取る。この繰り返しは、とても不思議でしかし楽しい命の繰り返しです。

畑が徐々に広がるにつれて、野菜の種類も増え、収穫した物を食べる時もちょっと冒険をしたパスタにしてみるとか、楽しみも増えました。さらに収穫して食べるだけではなく、もうちょっと長い目で見るようにもなりました。
堆肥作りもその一つ。丁度これからの時期に落ち葉を集め、積み上げ、約1年かけて落ち葉堆肥を作ります。
夏のトマトなら、余ったトマトでトマトソースを作り、瓶詰めにして保存。冬までパスタなどにも使えます。ついでにラベルも作って楽しみます。
今年初めてゴマを作りました。このゴマと島唐辛子で、二味唐辛子が出来ます。さらに柚と山椒の苗も植えたので、4年後くらいには四味唐辛子になる予定。すごい長期計画です(笑)
小さな畑から始まった野菜作りは来年15年になります。昨年からはブログという強い味方も得て、想像もしていなかった広がりになり、とても嬉しく思っています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
shogame2さん:畑にいる時です。普段は仕事もあるので、朝1時間程度の作業になってしまいますが、週末は、ゆっくりと眺めることから始められる大切な時間です。 日常の生活の中で、へこむことやちょっとつらいことがある時は、とにかく畑に行きます。 シャベルを持って用もないのに土を掘ったり、草取りをしたりすると、いつの間にか土がとげとげした気持ちを吸い取ってくれるように思えます。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中で、ご自身が気に入っている思い出深い記事、また、読者に評判だった記事は?
shogame2さん:●2006年11月30日 おわりとはじまり
ブログを始めて間もなく、突然13年もお借りしていた畑を返却しなければならなくなりました。 頭の中が真っ白になりながら、でもまだ知り合ったばかりのブログ仲間の方が、励ましてくれたのは本当に涙が出るほど嬉しかったです。 そしてなんと言ってもパートナーの支えはありがたかった。この11月30日は、古い畑の最後の日でした。 子供と楽しんだ思い出の写真を載せ、胸がいっぱいになりながら文章を書きました。忘れられない最後の日です。

●2006年10月16日 あの不思議野菜がついに!_
落花生の初収穫 初めて作った落花生の初収穫でした。ブログ仲間のご協力を得て、落花生の生態を最後まで内緒にしていただいたので、育てている間もわくわくどきどきの本当に楽しい栽培でした。 収穫後初めて茹でた落花生を食べ、感動しました。さらに写真を撮る楽しさに目覚めた時期でもありました。

●2007年6月30日 シシリアンのアラビアータ
ほとんど市販されていない「シシリアンルージュ」というクッキングトマトの種を、ブログで知り合った方から送って頂いて、出来たトマトで作ったアラビアータです。 材料が、シシリアンルージュ、島唐辛子、タマネギ、ルッコラと全て私の畑製です。 このトマトで作るパスタの味は格別と感動しました。

●2007年5月24日 ハ・ジ・メ・マ・シ・テ
これもブログで知り合った方から頂いた「ヒヨコマメ」を栽培しようという試み。 「ヒヨコマメ」は栽培記録が検索をかけてもほとんど見つからず、種も実は食用です。 想像力を膨らませながらの栽培でしたが、皆さんからの反響も多く、私自身もとても楽しんだ栽培でした。 たった一粒収穫したヒヨコマメは、本当に可愛らしく、その可愛らしさをなかなか表現出来なくて沢山の写真を撮りました。

●2007年7月18日 豊作ブルーベリー
10年以上、失敗を繰り返しながら育ててきたブルーベリーが、嬉しいことに今年初めて大豊作になりました。特に去年の秋畑の引っ越しで、新しい場所の土の状態とかを調べたり、肥料などを試行錯誤したので、今年は思い入れもひときわでした。
出来上がったブルーベリーはソースにして、瓶詰めに。せっかく保存するならとオリジナルラベルを作り瓶もちょっとおしゃれに飾って楽しみました。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
shogame2さん:ビミョウにデジタル一眼レフ。 若い頃、35mmの一眼レフは、ちょっと使ったことがあります。ブログを始めてここ一年くらい写真が妙に楽しくてなりません。 今のデジカメはデジカメ創世期の頃のカメラで、こちらの希望通りにはなかなか写りません。 でもあのデジイチをたすきがけして鍬やシャベルをふるうことが出来るのか、想像しても可笑しいし。 だからとっても欲しいのですが、ビミョウに迷っているのです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
shogame2さん:子供を虐待する親のニュース。この事がニュースになる度に心が痛みます。 きっとお母さんが作った美味しいご飯を家族で食べていないんじゃないかと・・・・。 こういう家庭こそ畑で野菜を作ってみんなで収穫して、お母さんが料理してってやれば、きっとそんな事しなくなるんじゃないかと無責任に思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
shogame2さん:いつもありがとうございます。 今年の3月、2年目はどんな話題にしたらいいのやら、なんて思っていましたが、今のところ次から次に書きたいことが出てきています。 そのヒントも皆さんのコメントなどから沢山頂いています。本当に感謝しています。これからもよろしくお願いいたしいます。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【shogame2さんが好きなブログ、気になるブログ】

好きなブログやいつも気になっているブログは沢山あります。
その中から選ぶのは、とても難しくさんざん悩みました。
悩んだあげくそれぞれ違う分野から4つ選ばせていただきました。

●「うらぐち」  
家庭菜園から知り合った方ですが、ここ1年ほど引っ越し続きで畑仕事がままならないようです。
でも畑以外のことでも、とても文章がお上手なので、とにかく楽しいブログです。
あまりのおもしろさに、一人くすくす笑いながら2日ほどかけて読破したほどです。  
お住まいが北海道なので、もうこの時期畑作業が出来ず、最近はパン作りに凝っていらっしゃいます。
来年の野良仕事ブログがとても待ち遠しいです。

●「2008年にイタリアンレストランを開くまで
ただいまイタリアで、武者修行中。間もなく日本に戻って来ていよいよお店をオープンします。すごく楽しみにしています。 お料理の写真は、いつもとても美味しそうだし、イタリア野菜のことを沢山知っていらっしゃいます。 私もイタリア野菜の種を送っていただきました。
イタリア語は全く分からないので、想像力をたくましくて育てますが、なかなか上手く育てられません。miyaki_yaさんごめんなさい。

●「ズッキーの野菜畑
私と同じように畑を借りて、家庭菜園をされている方。でもお庭では、ガーデニングもし、お菓子作りもプロ並みの美味しさ、さらにお料理もいろいろ参考になる物ばかりです。それらをまとめたホームページまで作っていらっしゃいます。
それなのに、わさわさとしたところがなく、いつもゆったりとしていて優雅に思えます。こんな風にゆったりと日々が送れたら良いなーといつも思います。

●「白金の森から
北海道美瑛に住んでいないと撮れない美しい写真ばかりのブログ。すばらしい感性の持ち主の方と思っています。 この方の写真を見ると、心が落ち着き、ゆったりとして、静かで豊かな気持ちになります。  
隠れファンの私は、今回ここにご紹介させていただくために初めてのコメントを恐る恐る書きました。快諾していただいて嬉しい限り。  



【shogame2さんのライフログ】

現代農業 2007年 11月号 [雑誌]
/ 農山漁村文化協会

ちょっとマニアックですみません(笑)(現代農業 HP
時として「どうして私の疑問が分かったの?」というくらいぴったりの特集の時があります。
そんな時に購入。
もちろんプロ用の本なので、そのままは無理な事が多いですが、沢山のヒントを貰います。
広告欄には私にとってはとても珍しく、おもしろい道具などが出ていてそちらも結構楽しいのです。


Pen (ペン) 2007年 11/1号 [雑誌]
/ 阪急コミュニケーションズ

おしゃれでクリエイティブな雑誌。(pen HP) 
毎回こだわり満載で、楽しめます。そのこだわり方が、宇宙だったり、鎌倉の旅だったり、エコロジーだったり、とにかく多方面にわたるので面白い。
毎回パートナーが読んだ後お借りします。


shogame2さんの「ぬるぅい畑生活」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-11-06 16:07

c0039735_14233144.jpg栗ご飯やさんまなどの“秋の味覚”がより一層おいしそうに見える趣きのある器、シックな秋色のクロス、食卓を飾る秋らしいお花…。そんな食卓まわりをすてきに彩る、季節感たっぷりのテーブルコーディネイトにうっとりさせられます。読者にとっても、見ているだけで爽やかな風を感じ、食卓作りの参考にしてみたくなるような演出のコツがいっぱい! 今週は読者の注目度もおしゃれ度も高いブログ、「食卓の風…」のstudiopinotさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
studiopinotさん:こちらこそありがとうございます。
ブログを始めたのはコーデイネーターとしてかかわってきた仕事のこと、料理教室のことを記録をかねてまとめておくために、HPを立ち上げることにしました。手がけ始めた途中でBlogのことを知り、Excite Blogを先にスタートさせたのです。
現在はHPでまとめようとしたことがすべてBlogで出来ることもわかり進めておりますが、それは牛歩の如くな状態です。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
studiopinotさん:おもに、お料理や器、テーブルコーディネイトなどの食卓周りの記事を中心にしていますが、「食卓の風」のタイトルにしたのは、そういうジャンルにとらわれずに、食の楽しみや生活そのものに楽しみを感じていただけるブログにしたかったのです。
西から、東から素敵な風がいつも吹いていることを感じていただきたいのです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
studiopinotさん: 多くの方と出会い、学び、パワーをいただいております。
世代、地域、お国を超えてつながる事が出来る、
これは想像もしてなかった嬉しいことでした。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
studiopinotさん:好奇心旺盛で、マイペース。
これはと思ったことは追及するタイプです。
  
エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
studiopinotさん:行ったことのない地域や、世界中に散らばっているブロガーさんを訪ねてお会いしたいですね。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
studiopinotさん:今はまっているのは、デジタル一眼レフカメラです。
といっても専門的に勉強したわけではないので試行錯誤、遠回りの道のりですが楽しんでいます。ブログの私の写真をご覧になったプロカメラマンがアドバイスを下さったのはとても嬉しいことでした。

エキサイトブログ編集部:夢は?
studiopinotさん:カメラ片手に、愛犬レクシーと(もちろん夫も)一緒に、ゆっくり世界中を回ること。

エキサイトブログ編集部:料理と器、テーブルコーディネイトがとてもすてきですが、食をトータルで考える楽しみは? またその際に心がけていることは?
studiopinotさん:テーブルコーデイネーターの仕事をしていて、料理というのは、お料理を器に盛ってはじめて食卓が出来上がる、ということを感じ、それを実践したくて、お料理教室もスタートさせました。
お料理を作る楽しみ、喜んで食べてもらう楽しみ、そのために設える食卓…。
全員でお料理を作り、今月はなぜこのように食卓をコーデイネートしたのかを説明し、その後、皆様と楽しい会話とともにお食事をいただきます。
そんな楽しさをブログでもお伝えしています。

一番心にかけているのは季節感です。季節の移り変わりがあるのでコーデイネートが楽しいともいえます。残念なことに現在は、食材、生活に季節感が薄れているのも(私も含めて)事実です。
ですから季節感と、もう一つは器と料理の関係を意識してお伝えしているつもりです。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
studiopinotさん:メニュー作成などで疲れたときよくお庭に出ます。草取りをするのですが、何故か無心になれます。
それと愛犬レクシーが何時も傍らにいてくれることですね。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
studiopinotさん:●「いやしのお茶ハーブテイーと紅茶倶楽部の事」2007-07-24
コーヒーよりお紅茶が大好きという話から、紅茶倶楽部が立ち上がったときの記事です。10月には第一回のお茶会を行うまでになりました。

●「大切な玉手箱」2007-06-29
オランダから連れて帰ってきたアルフレッド、そしてサシャ、レクシー。愛犬たちの幼い時に抜け落ちた乳歯です。

●「一眼 一眼 一眼」2006-12-25
今はまっている一眼レフカメラを、一生のお願いをして買ったときです。

●「日本頑張れ」2006-06-12
ブログ中を青で染めろcha cha cha。
ブログを青で染めワールドカップを応援した思い出のページです。
ヨーロッパ在住さんからは、リアルタイムで状況が入ってきたり興奮した日々でした。
    
●あとは毎月のお教室の様子「今月のお教室」を伝えているものです。
記録であると共に、この記事を開けば、この月の皆様のお顔、楽しい会話まで思い出させてくれます。

エキサイトブログ編集部:3日間のフリータイムをもらえたら何をしたい?
studiopinotさん:3日間のフリータイムをもらえたら・・・一日目は何もしなくてボーっとしてます。
もちろんお食事も作らず。
2日目、3日目はレクシーの写真を取り捲ります。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
studiopinotさん:日本の食糧自給率が39%。先進国で最下位とか。
豊かな食生活の裏にはこんな事実があるのです。先日そば畑を見に行ったとき休耕田が沢山あることを知りました。
この先日本へは輸出しませんといわれたらどうなるのでしょうか。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
studiopinotさん:いつもいらしてくださりありがとうございます。
皆様のコメント、出会いから沢山のパワーをいただいております。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【studiopinotさんが好きなブログ、気になるブログ】

おうちごはん・さつきの台所手帳
食を中心に活躍してらっしゃるフリーランスのライターさんです。
本業とはいえ、軽やかにしっかりと伝えていく文章に楽しませていただいてます。

食卓から愛を込めて
HP作成途中に出会い、Blogへ転向するきっかけになったBlogです。
お菓子つくりの姿勢、丁寧な生活ぶりを豊かな、やさしい文章で表現されてます。

クイジーヌmintoto@北九州
お料理に対して研究熱心で、参考にさせていただくところが大きいです。
また、Blogの知識がなく困っていると何時も助けてくださったのも、mintotoさんでした。

写真家の犬
パリ在住のカメラマン、パンダさんの愛犬漆黒のトイプードルあづき君のいきいきした表情がたまらなくいいのです。写真集も出版されてます。

KAZのNY庭生活
綺麗な画像と、優しく語り掛けるような文章でNY郊外の生活を楽しめます。



【studiopinotさんのライフログ】
Jambalaya: Bossa Americana
Lisa Ono / / EMI

暑い今年の夏、アメリカの懐かしいポップスを小野リサのさわやかな歌声とリズミカルなボサノバのアレンジで清涼感を感じさせてくれました。 

ホルトハウス房子 私のおもてなし料理    文化出版

若い時お料理に惹かれるきっかけになった懐かしい本です。
海外生活が長かった著者が体験してらしたおもてなしについて、
ライフスタイルとともに初めて知るお料理が沢山掲載されておりました。

味覚旬月 (ちくま文庫)
辰巳 芳子 / / 筑摩書房
        
食べ物は体を作り守るもの。
毎日の台所仕事も、心の持ち方ひとつで楽しくなることを季節を追ってかかれてあります。  
これは私の教科書になってます。

studiopinotさんの「食卓の風…」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-10-02 15:24

c0039735_934180.jpg職人さんの手仕事をプロデュースした作品の紹介から、エココンシャスなライフスタイルやインテリア、雑貨、おいしいもの、旅の思い出…まで、素敵な写真とともにアップ。心地よい生活&小粋な暮らしぶりが伝わるライフスタイル系ブログとして、おしゃれなセンスが光ると評判の「きままなクラウディア」のclaudiaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
claudiaさん:こちらこそいつもお世話になります。
ブログをはじめたきっかけは、デザイン・インテリア関係の仕事をしてまして、「自分達のオリジナル商品を紹介するブログをエキサイトで作れ」という社長(主人)からの指令で。(笑)
ですが、当初はまだ紹介するものがなく、きままに日々のことをツラツラと綴っていたらいつしか日記のようになり、商品紹介そっちのけで私日記的ブログになっていきました。今ではシンプルで使いやすいエキサイトにしてよかったと思っています。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
claudiaさん:旅行あり、外食あり、お仕事あり、タイトル通りきままなブログです。共通するのは、自分が興味のあるもの、好きなもの。
写真も記事も素人ですが、日々の足跡残しとライフワークの紹介。デザインの仕事を通じて、手仕事の素晴らしさを伝えることと環境活動を応援することが私のライフワークです。 民芸品とかエコとか上辺だけでない、現実的でスタイリッシュなもの作りが目指すところです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
claudiaさん:今までの生活では知り合えなかっただろう方たちと地域、国、世代を超えてお知り合いになれたこと。
幾つになっても好奇心旺盛で前向きな方が多く、いつも新鮮な刺激を受けています。
なにより「好き」なアンテナが似ているから、コメントのやり取りも心地よい。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
claudiaさん:のんびり屋のせっかち。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
claudiaさん:幸運にも会ってみたかったブロガーの方に何人かにお会いすることができ嬉しい限りです。
みなさん素敵な方ばかりで教えてもらうこともたくさん。とても感謝しています。
これからもそんな出会いがあるかと思うと素敵ですね。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
claudiaさん:先月自分たちの事務所を職人さんたちの手を借りながら自分たちでコツコツとやってからDIYにハマっています。
汗だくになりながら体を動かした結果、形になる楽しさを味わっています。
壁のペンキ塗りは得意かも?!(笑)

エキサイトブログ編集部:夢は?
claudiaさん:ギャラリー付き畑付きの広い一軒家を持ちたい。都内近郊で。
自分で育てた安全な野菜を、食べる直前に採って食べたら美味しいだろうな~。
   
エキサイトブログ編集部:ブログでは職人さんの作品を紹介していますが、クラウディアさんご自身はどんなことをされているのですか?また、日々の暮らしを小粋に楽しんでいらっしゃるのが伝わりますが、ライフスタイルでのこだわりなどがあれば…。
claudiaさん:手仕事の素晴らしさを伝えること、環境活動を応援することが私のライフワーク。長年インテリアデザインの仕事に就き職人の手仕事にの大切さを経験し、以前から好きだった雑貨の世界にもその手仕事の素晴らしさを再認識しました。
それから職人さんひとりずつに会いに行き、作り手の環境や行程を見せてもらい、私のやりたいことを伝えてHPで販売する形をとっています。 
私は職人でなくデザインプロデュースをする立場をとっています。時にはくるみオイルを塗ったり職人的なこともしますが(笑) 
まだ始めたばかり、環境に考慮しなおかつスタイリッシュな商品作りを基本理念に、作り手、販売者、買い手みんながハッピーになれるように少しずつ階段を上っていきたいと思っています。
   
生活を小粋に!・・・・・目指すところですが、髪振り乱しドタバタしている毎日。小粋に日常を楽しみたいですね。
日々心掛けていること。マナーを守る。安全で体が喜ぶ食事をとる。ムリしない。感謝する。笑う。ことかなー。
   
エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
claudiaさん:ひとりの時間。いろいろと頭の中を整理したり冷静になったりする時間が大切なんです。
時間をかけて作りだしたものに対して「使ってみてよかった」「デザインが好き」など言われた瞬間が癒されます。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
claudiaさん:2007.3.16「ホワイトポッド
私たち一市民ができることから・・・と始めたドネイションプログラム。この商品の販売収益の一部を植林活動に人生を捧げたポール・コールマン氏の活動資金として寄付しています。このポストの反響が多く、ブロガーの方の環境に対する意識の高さ、励ましの言葉ににたくさんの力をいただきました。
品切れでご迷惑お掛けしていますが、次回の販売は10月ころになりそうです。

2006.9.7「旅 Special Thanks
昨年5月にドイツと北欧を全5カ国22日間旅したラストの記事。
旅した国々でのすてきな出会いに感謝。今でもみんなの笑顔を見ると元気になります。

2006.8.24「ブルーベリータルト、そしてギクッ!」
ダブルパンチで心身共に凹んでいた私に、お見舞いコメント励ましコメントをいただいて気分は元気に。温かい言葉はありがたいですね。

2006.2.23「BALI~Ubud Puri Wulandari部屋編
あーまた行きたい。ボーッと過ごした数日間。
忙しくて休日がとれないそんなとき、このポストを見て行ったつもりの現実逃避してます。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
claudiaさん:いろんな意味でパーフェクトな体。完璧な健康(なにごとも体が資本ですよね)と完璧なボディーライン(こればっかりは生まれ変わらなければムリ)
そしてまだ行ったことのない国を廻ってみたい。
   
エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
claudiaさん:食の安全性を疑うニュース。食は生きていく上で大切なもの。是非とも安全な食を提供してほしい。
政治家や企業トップの発言や危機管理能力のなさ。これから日本がどうなってしまうのか。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
claudiaさん:きままな内容、更に不適更新ながらいつも訪問してくださってありがとうございます。
なにも考えずに始めたブログでしたが、みなさんからの温かいコメントが今では私のビタミン剤になっています。
これからもスローペースで続けていきますが、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【claudiaさんが好きなブログ、気になるブログ】
好きなブログはたくさんあって5人に絞るのはなかなか難しいですが、今日訪れたいブログを選びました。

フィンランドマガジン
ブログでお知り合いになり、初めて海外でのオフを経験。
私たちだけでは行けなかった街に行けたり、フィンランドの生活のお話を聞けたり、mashizさんのお陰で楽しい滞在になりました。
フィンランドの生活にすっかり溶け込んで楽しんで生活している一家のフィンランドの日常と旅行の日々が綴られています。   

暮らしのエッセンス ようこそ北鎌倉の山の家へ
北鎌倉でお花のお教室をされているmikiさんの温かいブログ。ホワイトポッドの撮影にも協力くださって力になっていただきました。
いつも包みこむような大きな優しさでいっぱいのmikiさん。知識も豊富で文章力抜群。東北弁ってあったかいと思わせてくれます。

stew stew stew !
彼女の写真が好き! 「こんな雰囲気の写真が撮りたい」というお手本です。
食器、インテリア、子供のお洋服のセレクト、旅の行き先、どれもセンスが光っています。
なんどお会いしても周りに気を遣わせないホストぶり、サクッと頼れる存在も魅力です。

気ままなフォト日記
私の母と近い世代なのに写真にブログにフォトショップにと使いこなし、あちこちお出掛けして写真を撮られている気ままさんのフォトブログ。
写真とフォトショップの技が日々バーションアップされていることに毎回驚きです。幾つになっても学ぶことを怠らないその姿勢に刺激を受けています。
    
ぐうたらチャコのひとりごと
羊毛作家チャーコさんのブログ。自分のことを「ワシ」と言い、独自視点で綴られた日常の出来事がとにかくオモシロイ。
二代目お子らもかなり愉快な存在。肩の力を抜いて本音で語っているからコメントする方も日常会話的で良い感じです。
ここでクスッとするとイヤなこともちっぽけな存在になっているから不思議。



【claudiaさんのライフログ】
    
Dowland: A Dream
/ Naive

アンティーク家具でそろえたショールームに似合う音楽を探していて見つけた。他にバロック音楽も数点購入し、心地良いチェロやハーブの音色に癒されています。そこに居て心地よい空間になりました。


上と外
恩田 陸 / / 幻冬舎

夏休み。中学生の楢崎練は家族とともに中央アメリカへ。そこで勃発した軍事クーデター。絶え間なく家族を襲う絶体絶命のピンチ。ノンストップの面白さで息もつかせぬ恩田陸の最長篇小説。 ハラハラドキドキ一気に読めてしまう。夏休みにお薦めだった本。


風の谷のナウシカ
/ ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

宮崎駿の名作。主人が好きで何十回も見ているうちに宮崎ワールドにハマりました(笑)とくに風の谷のナウシカは何度みても感動。
いろんなメッセージがこの中にあります。戦争を起こしている人たちに見て欲しい。


プラダを着た悪魔 (特別編)
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

自分に素直に頑張っている姿に励まされます。ほっとくとすっぴん&どこへでもご近所ファッションになってしまう私にファッショナブルな画像はこれではいけない!と刺激を与えてくれる作品。DVD発売と同時に買い繰り返し見ています。

claudiaさんの「きままなクラウディア」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-09-04 15:37

c0039735_1356189.jpgシンプルながらとても味わい深く、涼しげですてきな吹きガラスは、ひんやりデザートやジュースが美味しそう♪ ときにはかわいいガラスのオブジェやきれいなトンボ玉も登場。そんな世界でたったひとつの吹きガラス作品を趣味で手作りしながら、生活の中の小さな幸せを写真で紹介する「恋するガラス*」のajicoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
ajicoさん:こちらこそ大変お世話になっております。
ブログをはじめる少し前にHPを開設し、その中で写真と日記をUPしていました。
写真をもっともっと色々な人に見てもらいたいと思っていた頃"カメラ日和"の雑誌を拝見し、
ステキな写真を撮られているブロガーさん達皆さんがエキサイトブログを使用していたので、写真の上手なブロガーさんとお近づきになりたくて(笑)開設させていただきました。
実際、ステキな写真を撮られるブロガーさんが大勢いらっしゃりとても刺激を受けるので、
こちらではじめて良かったと思っています。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ajicoさん:趣味でやっている吹きガラスの作品達と一緒に、ガラスのある生活の一部を写真に切り取っています。
エキサイトブログ内に吹きガラスの作家さんもいらっしゃるので、まだ吹き歴も浅く作品も上手ではない私がガラスの魅力をアピールするなんてお恥ずかしいのですが、
読者の皆様に少しでも吹きガラスの美しさや魅力が伝われば嬉しいです。
また他に料理・ハンドメイド・気ままな写真などなど、私のまわりにゴロゴロと転がっている小さな幸せのかけらを写真に残しています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
ajicoさん:ブログを始めたことで、今までは見過ごしていた身近にある小さな幸せ探しが上手になったような気がします。
いつもは見過ごしていた道路の隅に咲く小さい花に気が付いて写真を撮ったり、いつも作ってるポテトサラダが今日は特別美味しくできたから写真を撮るなど、
そんな些細な写真や話がきっかけで色々なお友達とコメント欄を通じてお話や情報交換ができること、ブログの良さだと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
ajicoさん:一見、でかい心臓の持ち主かと思われがちですが、
外見からは想像できないほど、ノミも驚く超ヘビー級の小心者。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
ajicoさん:いつも楽しいコメントを入れて和ませてくださる皆様や、リンクしていただいてる皆様全員に会いたいです!
ですが、小心者なのでドキドキしてしまい会ったらお話できないかも・・・・(照)

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
ajicoさん:1つは写真です。去年息子が生まれた事で写真熱はさらにヒートアップ中。
息子のアルバムには主人&息子の写真はたくさんあるのですが、
私&息子の写真は数枚しかありません(笑) カメラ好きの宿命ですね・・・
もう1つは吹きガラスです。 
月2回しか工房へお邪魔できませんが、作業も先生のガラスの作品も大好きなので、
毎回行くのが楽しみで仕方ありません。
作業中のオレンジ色のドロドロとしたガラス・・・ たまりません(笑)

ハマっていること(食べ物)は、『ふんわり名人 きなこ餅』というお煎餅。 
すっご----く美味しいですコレ。

エキサイトブログ編集部:夢は?
ajicoさん:☆ 写真または吹きガラスの個展をやりたい。(東京銀座あたりで贅沢に・・・) 
☆ 老後に写真旅に出て色々な写真を撮りまくりたい。(まずは屋久島に・・・)
☆ 宇宙に行きたい。月面着陸してみたい。(でも高所恐怖症&小心者なのでスペースシャトルには乗れません。どうやって行こう・・・(悩)

エキサイトブログ編集部:すてきな吹きガラス作品の数々ですが、吹きガラスを始めたきっかけやその魅力は? また、写真もきれいに撮られていますが、ブログアップの際に心がけていることがあれば…。
ajicoさん:私が15歳の時、大好きだった祖母と二人旅をした沖縄で琉球ガラスを見た時に吹きガラスを知り、それ以来いつか絶対習ってみようと思っていました。
今の工房へ通い出したのは2004年の春。(昨年は出産でお休みしていました)
ガラスの魅力は、作業途中のガラスのドロドロ感というのでしょうか、いつもは涼しげで爽やかなガラスですが、作業途中は真っ赤でドロドロ。 
ドロドロとした感触(実際熱いので触れませんが:笑)と、真っ赤と涼しい顔の2つの表情のギャップがとても面白いんです。
私の通っている工房は、マンツーマンでその人それぞれの個性を大切に指導してくださるので、作りたいモノ、好きな形など自由にでき、作るモノそれぞれに楽しみがあります。
何度も同じ事を言わせ、物覚えの悪い生徒で申し訳ないのですが、こんな作品ができるのも懲りずに指導してくださる優しい先生のおかげだと感謝しています。

また、写真は出来上がった作品を日常の生活の中に取り入れて、その一部を切り取っているのですが、私の手から生まれた作品達を綺麗に写真に残してあげたいという気持ちでついつい燃え上がり、『そこのラインいいね~♪』 『その表情いいよ~♪』と写真を撮ってる最中はグラビアアイドルを撮る写真家さんのよう(?)・・・(笑)。
私らしい写真を心がけていますが、あまり意識し過ぎると逆に私らしい写真が撮れないという事が最近わかったので、あまり考えずに脳の中を空っぽにして撮るようにしています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
ajicoさん:息子(もうすぐ8ヶ月)と主人との時間が何よりも大切ですし、息子が笑いかけてくれる一瞬は、失神しそうなほど骨の芯から癒される瞬間です。
あとは、ふんわり名人きなこ餅を食べてる時も癒される瞬間です(笑)

エキサイトブログ編集部:数ある吹きガラス作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
ajicoさん:★気に入っている作品
2006-03-06「ミルククラウン風
初めてお嫁に出した作品です。この時、娘を嫁に出す父親の気分がわかりました(笑) 
嫁ぎ先で元気でやってるといいのですが・・・

2007-05-30「夫婦冷茶グラス
普段色を入れた作品はあまり作らないのですが、色鮮やかで和風テイストに仕上がり、
とても満足しています。
今、7/1から教室展が始まりましたが、この作品はそちらに出品中です☆

2006-03-16「燃えてます
こちらは私の作品ではなく、先生がデモで作ってくれた作品ですが、
写真からガラスのモッテリとした、今にも溶け流れるような感じが写し出されてるのでこの写真はとても気に入っています。

★読者に好評だった作品
2007-06-19「ブ--ブ--ブ--
ガラスのオブジェ初挑戦。 ブタ好きの方が案外たくさんいる事にとてもびっくりしました。

2007-02-14「チョコチョコチョコチョコ*
吹きガラスの器でチョコレートプリンを作った時の写真です。
器の話はさておき、やっぱり女の子はみんなチョコ好きなのでチョコの話で大盛り上がりしました♪

エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
ajicoさん:息子が生まれた昨年の11月以降、長時間の睡眠をとっていません(涙)
息子はおっぱい星人なので今でもまだ3、4時間おきの授乳です。
8時間・・・、いや6時間でもいい! 全身をマッサージされながら、ぐっす---------りと眠りたいデス・・・・Zzz...
あと、焼肉屋に行きたい・・・

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
ajicoさん:地球全体の異常気象や温暖化問題。
これから息子達が生きていく地球、よりいっそう大切にしなければならないと思っています。
小さな努力ですが、お買い物へ行く時は必ずエコバックを使うようにしています。
 
エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
ajicoさん:不定期更新にも関わらず、楽しみに訪問してくださり、そしてあたたかいコメントを入れてくださりとても感謝しています!
吹きガラスが共通の友達、写真が共通の友達、パン作りやハンドメイドが共通の友達、それぞれ皆さんからの良い刺激が私の元気の源となっています。
こんな私ですが、末長くこれからもどうぞ宜しくお願い致しますっ! 

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【ajicoさんが好きなブログ、気になるブログ】

★camera4me★
前々から拝見させていただいてたのですが、とあるカメラ雑誌に掲載していただいた際に、私が掲載されていた頁の前頁がmanaliさんでした。
それがきっかけでお話させていただくようになりました。
とっても幻想的ですてきな写真を撮られるmanaliさん、ママカメラマンの憧れです!

・・・花に想いをのせて・・・
私がブログを開設しだした当初から、仲良くしていただいているjunoさん。
まるでお花畑を歩いているかのような美しいお花の写真がこちらにはいっぱいあります。
そしてjunoさんのお人柄の良さがブログにぎゅっ!と詰まっていていつも癒されてます♪

宙色風船 *glassblowing*
私と同様、趣味で吹きガラスをやられているsora_toさん。 
レベルの高い作品の数々に毎回お勉強させていただいてます。
ガラスって楽しい!っていう気持ちを理解してくださる吹き友の1人です。

うちの3姉妹 ~マンガで見る今日の出来事~』 
ここを訪れると可愛い3姉妹が、3姉妹のボケとマンガ家さんのママの鋭い突っ込みで、笑いにして癒してくれるので大好きです。
もちろん本も全巻揃えてます!

もう1つはアレもコレもと、たくさんあり過ぎて絞り込めませんでした~



【ajicoさんのライフログ】

c0039735_14375420.jpgマイケル・ケンナ写真集 レトロスペクティヴ2
/マイケル・ケンナ 河出書房新社

静寂の中へググッと引き寄せられていく写真です。
大好きな写真家です。

女子カメラ vol.2―かわいい、すてき、きれいの瞬間をキリトリたい!
/ ローカス

vol.1に続きカメラ好きの女子50人のリアルなフォトライフが詰まった1冊です。
私の写真を掲載していただきました。 記念に残る1冊となりました。

ajicoさんの「恋するガラス*」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-07-03 15:29