今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

タグ:ペット・動物系 ( 52 ) タグの人気記事

c0039735_15183424.jpg黄金の光の中にたたずむ姿や青空に羽ばたく姿、雪の中を舞う姿…など。大自然と調和しながら、神々しいほどに美しいタンチョウのさまざまな姿を撮り続け、その魅力とタンチョウへの想いをつづったブログ。今週は、襟を正して見入ってしまうほど、美しい画像に引き込まれる「奥様よりちょときれい!『サロルンカムイと呼ばれた鳥』」のakisukeさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
akisukeさん:タンチョウを撮り続けていたら、けっこう写真がいっぱいたまったんですが、それをただ自分でながめていてもつまらないと思うようになりました。それで、誰かに見てもらおうと思ったときに、ホームページよりは手軽に始められるブログがいいと思ったんです。
そして、写真のブログならエキサイトと。(スリスリ、ゴマゴマ)

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
akisukeさん:タンチョウって有名な鳥なので皆さん知ってるけど、実際はごく一部の地域にしかいないので、見る機会ってほとんどありませんよね。だから、タンチョウの本当の美しさや楽しさを多くの方が知らないと思います。それらをこのブログで知って欲しいと思います。そして、本物を見たいと思ってくれたら、さらに実際に見に来てくれたら、こんな嬉しいことはありません。自称「タンチョウ観光大使」です。(笑)

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
akisukeさん:世界中につながっているということが、爽快で楽しいですね。実際に海外に住んでいる方からもたくさんコメントをいただきます。「ふえ~っ」って、思っちゃいます。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
akisukeさん:好奇心旺盛、興味津々人間です。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
akisukeさん:う~ん、たくさんいますね。リンクしていただいている方々は特に。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
akisukeさん:携帯で写真撮ること。(笑)最近携帯を変えたら、カメラの性能がよくて・・・。
うれしくて、バチバチ撮りまくってます。

エキサイトブログ編集部:夢は?
akisukeさん:大手出版社から「ぜひ、うちから写真集を出させてください」「いやいや、ぜひうちから」と、先を争ってお願いされること。す、すみません、大胆で。(笑)

エキサイトブログ編集部:タンチョウに魅せられたきっかけやその理由は?
akisukeさん:仕事で道東に転勤し、初めてタンチョウという鳥を見ることになります。カラフルな美しさが魅力の鳥が多い中で、タンチョウは白、黒、赤のきわめてシンプルな色とすらっとした姿形をしています。道東の雄大な景色の中を優雅に舞うタンチョウの番(つがい)を見たとき、私の中に衝撃が走ったのです。
以来、タンチョウの美しさをカメラに収めたいと、週末になると、彼女と逢うような気持ちで、いそいそと家を出ることになったのです。(笑)それが、三年前の秋のことでした。
タンチョウは美しいだけではなく、フッとした瞬間に見せるひょうきんな一面もあります。犬などがよくやる後ろ足で耳の後ろを掻くようなポーズや幼鳥などが枯れ葉と戯れる仕草など、見ていても飽きることがありません。それらのタンチョウ自体の生活の他に、タンチョウが住んでいる厳しい環境なども伝えられたらと思っています。

エキサイトブログ編集部:自分らしい写真を撮ろうと心がけていること、またシャッターチャンスを見つけるコツやこだわりなどがあれば…
akisukeさん:相手が生き物なので、こちらに合わせたシャッターチャンスなどはないし、自然にいいタイミングが訪れるのをひたすら待つことになります。夫婦の鳴き合いのようないい瞬間だとか、自分がイメージしているポーズなどをしてくれるまでに、2~3時間待つのはあたりまえで、1日待っても結局だめという日の方が多いのです。
また、きれいな夕焼け空をバックに飛ぶツルを撮りたいと待ちかまえることも多いですが、だいたい思い通りになりません。
「今ここにツルが飛んできたら最高なのに!」…でも、来ません。
いつも根比べ状態です。負けんぞ。(笑)

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
akisukeさん:1.2006年1月21日『紺碧のカムイ
これは、自分でも気に入っており、HPのバナーにしているくらいです。
翼の先から足の先まできれいに整っているのがすごいと思っています。(笑)

2.2005年11月11日『長い喉
これも自分が気に入っている一枚です。けあらしと呼ばれる水面からの蒸気(冷え込んだ朝に見られる)の中で、飛び立った二羽のタンチョウを捉えたものです。絶妙のタイミングと自負しています。きゃは~。

3.2006年1月16日『月下夢幻
これは当時としてはたいへん多くの方々にコメントをいただいた一枚です。
夜中にわずかな月の光だけで撮ったもので、不思議な色合いが評判になりました。

4.2006年12月17日『あきすけの丞 雪変化
思いっきりふざけたタイトルですが、ひらひらとまるで舞台で降る雪のような情景の中で撮ったものです。これも不思議な色合いがたいへん面白いと言っていただきました。

5.2007年1月7日『神たちの夜明けに
朝の幻想的な色合いの川で、二羽のタンチョウが不思議な儀式を繰り広げていました。微妙なタイミングのシャッターチャンスで、シンメトリーの二羽が美しいと言っていただきました。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
akisukeさん:大きな写真を印刷できるプリンター。う~ん、現実的じゃ。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
akisukeさん:地球の自然がどんどん壊れていくこと。温暖化もそうですし、タンチョウが住む湿原環境などもどんどん壊れていってます。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
akisukeさん:こんな変なブログに毎回お越しいただき、感謝です!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【akisukeさんが好きなブログ、気になるブログ】

あや☆さん「Happyあざらしblog♪『晴れ晴れ』」
あやさんの詩とかわいいアザラシたちの写真のブログです。あやさんの人柄と楽しいコメントが素敵なブログで、いつも元気をもらって帰ってきます。

bigtiger.sさん「動物たち・光と影
テレビにも出演しているプロの動物園写真家、脇田さんのブログ。動物たちの生き生きとした表情の写真はレベルが違います。

photo-tさん「Photo.Color
こちらもプロの写真の先生のブログ。色にこだわった写真は、思わず息をのみます。

Ge.さん「Solomon’s Ring
こちらも写真記者の方が撮る動物園の動物たち。プロの撮る写真のひと味もふた味も違う迫力をご覧ください。

argon-lさん「水族館ふりーく
水族館に行った気分になれる楽しいブログです。毎回、水族たちの豆知識が紹介されており、主催者かんちょさんの人柄もあって、大人気ブログです。



【akisukeさんのライフログ】

真珠の耳飾りの少女 通常版
スカーレット・ヨハンソン / / メディアファクトリー

以前見た映画です。17世紀、オランダの画家フェルメールとその家の使用人の少女グリート。
アトリエの掃除を任されたグリートは彼の絵に強い衝撃を受ける。彼もまた彼女の優れた色彩感覚に気づく。最初は画家と使用人という関係だった二人は、芸術のパートナーのような関係を築いていく…という内容で、映画全体が一枚の絵のような芸術的な美しさです。

光の画家と呼ばれるフェルメールが大好きなので・・・。
それとスカーレット・ヨハンソンの美しさがもうたいへんです。

akisukeさんの「奥様よりちょときれい!『サロルンカムイと呼ばれた鳥』」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-05-21 15:40

c0039735_15113987.gif何か言いたげに、ぎょろりとこちらに向けた視線。なんと動物がカメラを向いた写真ばかりを撮り集めた、ユニークなブログに注目。写真についたひと言も笑える、「動物チラリズム(動物のカメラ目線写真ブログ)」のやきそばかおるさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
やきそばかおるさん:実は3年前から「1000ネタ大行進」「高田純次発言集」といったホームページも作っているのですが、エキサイトブログは写真がたくさん載せられて更新も簡単なので「動物チラリズム」はコチラにしました。ブログは2006年6月スタートで、1年前から撮っていた写真がたまった時点でスタートさせました。その後、1~2日に一度のペースで地味に更新を続けて現在は230種の動物のカメラ目線の写真(チラリ写真)を公開しています。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
やきそばかおるさん:全国50ヶ所の動物園に行って撮ってきた、動物がカメラ目線をしている写真(チラリ写真)を載せたブログです。ただ、それだけだと飽きるので、カメラ目線をしていない時の写真と比較しています。ちなみに「チラリズム」は動物がカメラを「チラリ」と見た瞬間を「ズーム」で撮っているのでこのタイトルにしました。それがどうしたと言われても困りますが。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
やきそばかおるさん:フリーの構成作家という仕事上、東京にこもることが多かったのですが、「動物チラリズム」を始めてからは積極的に全国各地に行くようになりました。よく考えたらライオンとかキリンとかはわざわざ北海道とか沖縄まで行かなくても上野動物園に行けば撮り放題なんですけど(笑)。動物園によって全く雰囲気が違うのが新鮮で、パンフレットも全部保存しています。おかげで動物園には詳しくなりました。「ライオンを見たいならここの動物園」とか「デートで行くならこの動物園」「絶景を楽しみたいならココの動物園」などノートにメモしています。そのうち公開できれば・・・と思います。ちなみに、羽村市動物園のパンフレットの動物の絵が実に艶やかでおすすめです。ごく限られた人のための情報ですけど。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
やきそばかおるさん:全国、色々な動物園に行っては写真を撮ってくるので、その地方の方から「よくこんな遠くまで来ましたね」というコメントをいただくのが嬉しいです。多分、あきれられてるんでしょうけど(笑)。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
やきそばかおるさん:ハシビロコウのような人。ハシビロコウはテレビでも紹介されたことがありますが、じっとして動かない鳥として有名です。魚に目をつけると魚を獲るタイミングがくるまで何十分も待ちます。ワタシも動物がカメラ目線をしてくれるまで最大で1時間は待ちますので似ています。だからどうしたと言われても困りますが。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
やきそばかおるさん:内田春菊さん&清水ミチコさん:内田さんは大の水族館好きで全国50ヶ所をまわられたそうです。いずれは「水族館ファンVS動物園ファン」でお話ができたらな~と思います。あくまでも夢ですけど。清水ミチコさんはブログで猫の写真を掲載されていてめちゃめちゃ可愛く撮れているので動物の話ができればと思いまして。これも夢ですけど。

エキサイトブログ編集部:夢は?
やきそばかおるさん:世界の動物園に行くこと&世界の野生のマンドリルのチラリ写真を撮ってくること:マンドリルは顔の雰囲気が1頭1頭 全く違います。華やかな化粧をした歌舞伎役者ふうの顔をしています。様々な野生のマンドリルの写真を撮ったら いずれは写真集を作って母が40年間勤めた保育園の子どもたちに感謝の意味をこめて寄贈するのが目標です。でもその前にお金をためないといけないんですけど。

エキサイトブログ編集部:動物の目線だけを撮りだめようと思ったきっかけは?撮影枚数・撮る時のコツなどは?
やきそばかおるさん:ちょうど横浜市の野毛山動物園でキリンの写真を撮っていた時、2頭いるキリンが、われもわれもとカメラ目線をしてきたのを見て、「園内にいる動物がカメラ目線をしている写真を片っ端から撮っていこう」と思って撮り始めました。現在はカメラ目線の写真が1000枚、それ以外の写真を含めると10000枚はあります。
カメラ目線の写真を撮るコツはハッキリいってありません。ひたすら待つのみです。ちなみに「最高チラリ待ち時間」は、京都市動物園のカリフォルニアアシカで1時間10分。池の水が濁っているので一度水に潜ってしまうと次にどこから顔を出してくるか全く想像がつきません。カメラを構えたままじっとして動かないことがあるので知らない子どもからヘンな目で見られることがありますが、そんなことを気にしてたらカメラ目線の写真なんて撮れません(笑)

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
やきそばかおるさん:気に入っている作品
2006年 10月16日付け
日立市かみね動物園 ライオン
ライオンというと夜行性なので昼間は寝ているイメージが強いですが、ここのオスとメスは見ていて嫉妬するくらい仲が良く、昼間からイチャイチャしています。ただし、チラリ写真ではオスが目をつむってしまい、とある有名芸能人みたいな顔になってます。詳細はブログにて。

2006年 8月2日付け
上野動物園 ハシビロコウ
注目すべきはそのムダに気合の入った目ヂカラ(←「ムダに」は余計)。非常にりりしい顔をしていますが、魚を撮る瞬間の顔は・・・ブログを見てのお楽しみ。

評判がよかったもの
2006年 12月22日付け
鹿児島市平川動物園 アミメキリン
男性からの人気が非常に高かった写真。桜島の広大な山をバックに、マイペースなキリンのチラリ写真を撮影。平川動物園はキリン好きにはたまらないスポットなのですが、なぜおすすめなのかはブログにて。

2006年 10月19日付け
旭山動物園 ボルネオオランウータン
女性からの人気が非常に高かった写真。旭山動物園でおなじみのオランウータンの空中散歩。親子で競い合いながら ものすごいスピードで綱を渡っている写真。どのくらいすごいかはブログを見てください。

エキサイトブログ編集部:最近、感動したことは?
やきそばかおるさん:夜行高速バスのデラックス化:よく高速バスを使って全国に行くのですが、仙台に行くときに乗った夜行高速バスは新型車両で、座席も外国製でフカフカ。寝たらあっという間に仙台に着いていて、信じられないくらいスヤスヤと眠れました。とはいえ、もっと新幹線を使えるようなセレブになりたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
やきそばかおるさん:高田純次さん、還暦。(高田さんも動物好きです) 個人的に作っていた「高田純次発言集」がきっかけで某テレビ誌の「高田純次特集」を担当させていただきました。とても60歳とは思えない「くだらない発言(←良い意味で)」連発で、一緒にいらっしゃった関根勤さんに「高田さん、よくそんなにくだらないことばっかり思いつきますよね!」と連呼させていました。それにしても「あの」高田さんが還暦だなんて・・・

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
やきそばかおるさん:「究極の癒し系ブログ」といってくださる方もいらっしゃるのですが、実は動物に一番癒されているのはワタシだと思います。感謝しています。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【やきそばかおるさんが好きなブログ、気になるブログ】
●「4325清水ミチコブログ
ワクワクさせるブログ。某テレビ誌のお仕事日記の文章でも定評のある清水ミチコさんが、「本当にちょっとしたこと」を紹介。途中で更新が滞って脱落しているケースが多い芸能人ブログの中で高いレベルと更新頻度を保っている秀逸ブログ。

●「白金の森から
嫉妬してしまうブログ。「なんでそんなに綺麗な写真が撮れるんだ?」「同じ日本なのに、なんて綺麗な景色をご存知なんだ?」という意味で嫉妬してしまう。北海道の絶景がこれでもか、これでもかと掲載されていて、見ているうちに思わず引っ越したくなる。

●「ばーさんがじーさんに作る食卓
せちがらい世の中に一筋のあたたかい光を照らしてくれるブログ。70歳の妻が「減塩・ローカロリー」をめざす夫のために作った料理を紹介。丹精こめて作った料理を文学風に表現した文章が秀逸。ここに出てくる料理を毎日食べられる旦那さんがうらやましい。

●「ある編集者の気になるノート
油断しているとビュンビュン更新されるブログ。出版社に勤める「ある編集者」が日々気になることをどんどん紹介。ただでさえ仕事が忙しいのに毎日2~3ネタも更新している姿が素晴らしい。時折グチが入っているところも人間らしい。

●「やきそばかおるの気になるじゃないか
「手前味噌すぎてスミマセン」的なブログ。その名の通り、ワタシが気になったことを淡々と紹介。「ある編集者さん」と違って、読んだからと言って脳みそのシワが増えるワケでもなく、世の中が何か変わるワケでもないが、ネタの数は950本を達成。だからどうしたと言われても困りますが。



【やきそばかおるさんのライフログ】
Lovin’Life
FUNKY MONKEY BABYS / / ドリーミュージック

タモリさんの音楽番組にも出演したヒップホップユニット。ヒップホップだからといって敷居が高いわけではなく、なぜか親近感が沸く3人組。DJケミカルさんがタモリさんにおもいっきりイジられていましたが、なぜイジられていたのかは公式サイトで写真を見ればスグに分かります。ちなみにファーストシングルのタイトルは「そのまんま東へ」

雷音
ジン / / パームビーチ

これまたタモリさんの音楽番組にも出演したバンド。ボーカルのひぃたんが非常にパンチの効いたボーカルで○○をしながら歌っている姿を見てタモリさんがビックリしていましたが、タモリさんがなぜ驚いたのかはPVで歌っている姿を見ると分かります。一度見たら忘れられない、頭にこびりついて離れられないバンド。

川べりの家
松崎ナオ / / エムアンドアイカンパニー

ジャケットに高田純次さんを起用。ステテコ姿でくつろいでいる高田さんの写真が笑いを誘うが、曲のほうは隠れた名曲。いらないメロディーを一切捨てて淡々と歌っています。たった3分で人生のちょっとした喜びを見事に表現している。NHK「ドキュメント72時間」のテーマ曲。

やきそばかおるさんの「動物チラリズム(動物のカメラ目線写真ブログ)」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-03-06 16:47

c0039735_13455422.jpg街角にたたずむのら猫、家なき猫たちのありのままの姿をとらえ、そこに詩を添えて発表。かわいいだけではなく、けなげにたくましく生きる姿は、どこか寂しげで、切なさや哀しさも秘めています。そんな猫たちを通して、「命はみんなかけがえのないもの」ということを、改めて考えさせられる「野良にゃん写真集」のkochiさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
kochiさん:野良猫のかわいいという写真ではなく、かわいいの裏の実態を少しでも多くの人に見てもらいたくて、ブログだと気軽に目にしてもらえるかと思い、始めました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
kochiさん: 街角の野良猫の生活をきりぬいて、それに思いつくままの言葉を添えています。
外に住む「家なき猫」「野良猫」と呼ばれる猫たちの実態を、ただ「かわいい」や「自由」だと終わらせず、かつ悲惨なものだけを主張せず、「命の大切さ」を表現しているつもりです。
おだやかに生きているように捉えられがちな「野良猫」には、苦悩もあり、それは決して猫たちだけの世界ではないことを認識してもらえると思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
kochiさん:広く、広く、伝えたいことを配信できることに感謝。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
kochiさん:命の大好きな妄想おやじ

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
kochiさん:「わたしの時間」のブログの写真やさしくて大好きです。「写真」みているとあぁ「写心」だなぁって思います。こんな写真をさらっと撮れるブロガーさんにあってみたいですね・・・・ドキドキですが。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
kochiさん:猫や犬にまみれて眠ること・・・・かな?

エキサイトブログ編集部:夢は?
kochiさん:世の中の野良猫や野良犬など、無下にされて踏みつけられる命がなくなること。もちろん人間もふくめて。

エキサイトブログ編集部:野良猫たちのいろんな表情をとてもよくとらえていますが、撮影するにあたって、心がけていることやこだわりは? また、詩を書く際に大切にしていることは?
kochiさん:撮影はあまり意識していないです。
近づいていいよという猫にはぴったりと、これ以上だめという猫にはその距離で・・・
猫に遊んでもらうときにパシャッとシャッター切っている、そんな感じです。
詩は、実は文章に句読点入れることが得意ではなくて詩みたいになっています。
メッセージは写真撮っているときにひらめいているのがほとんどです。
もしかして猫たちからのテレパシーなのかもと真剣に思っています。笑

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中で気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
kochiさん:気に入っている写真とコメントは「2007年01月27日 疑問
なんともいえずたたずむ表情がいろんなことを語っているようですきです。

「2007年01月10日 猫の手」も気にいっています。
可愛いしぐさに切なさが表現できたのでは…と自画自賛です。

「2007年01月09日 待ちぼうけ」は評判がよかったです。
きっと猫の生い立ちに共鳴してくださったのでしょう。

「2007年01月05日 無常」はストレートに苦しむ猫の姿です。
でもそこに生きるという力強さをかんじとって反応してくれたのでしょう。
これには、高校生と名乗る子から直接メールをもらいました。
「死にたいという気持ちが今日限りで失せました」と。

エキサイトブログ編集部:ブログの写真が一冊の本になったようですが、簡単に本のご紹介を。ブログとは違った雰囲気を出されているのですか?
kochiさん:今回出版の「のらねこ。」は、ブログの雰囲気とは違って、よりなにげな描写の中に思いを込めて言葉を添えました。少しでもいつも見る「家なき猫」たちが、実はこんなに苦悩し、強く生きているのだということを身近に感じていただけると思います。

エキサイトブログ編集部:最近、感動したことは?
kochiさん:大の猫嫌いと声たからかに宣言していた初老の男性が、次第に猫にやさしくなりながらも、一生懸命猫嫌いを自負している。彼の心の葛藤に感激です。ぼくの支えでもあるかも。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
kochiさん:徳島の「がけっぷち犬」の話題。
救出されるときの話よりも、その後里親を決める抽選のときの話題のほうが気になりました。だって、抽選会場には報道陣も含めて400人余りの人が集まり、他県からも参加した抽選者が11人いるにもかかわらず、また、「がけっぷち犬」以外にも25匹の犬たちが里親探しに参加していたにもかかわらず、あの「がけっぷち犬」にそっくりな「姉妹犬」すら里親の申し出がひとつもなかったこと…。
愛護センターにいる犬や猫たちはすべて明日のない「がけっぷち犬」なのに…哀しかったです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
kochiさん:訪れてくれる人たちから優しさをたくさんいただいています。
時にはぼくの恋人のようであったり・・笑 パートナーのようだったり、よき友人であったりと。本当にパワーをいただいていて、いつもいつも感謝です。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【kochiさんが好きなブログ、気になるブログ】

ブログヨコハマ
ここの管理人さんが撮る風景や情景にはなんともいえない光と影があり
いつもいつも見入ってしまう。
この風景に身をおきたいと思ってしまうのです。

猫の集会場
タイトルの通り「ねこ・猫・ネコ」優しさがいっぱいでいつもほっとするんです。
カサカサ心に潤いを与えてもらえます。

河原猫の日記」 
ここの管理人さん河原の家なき猫に優しさをふりまいてくれています。
でもきっと大変なことがたくさんあるのに、悲壮感を表面に出さず
さらっと・・・・・ここにくるとがんばらなくちゃって思うんです。

犬猫中毒」 
東京都あきる野市のムツゴロウ動物王国の動物たちの画像がいっぱいです。
ここの管理人さんのフィルターがかかると、
ムツゴロウ動物王国の様子がまた一味やさしくて、とっても幸せになるんです。

添乗員のひとりごと
海外添乗員さんとお家を守る留守番さんの日常と海外情報のブログ。生きている生々しい情報。
元ボートピープルとしてはついついのぞいてしまうブログです。



【kochiさんのライフログ】
ムーラン・ルージュ
ニコール・キッドマン / / 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

イギリスの上流階級出身の作家志望・クリスチャンと、「ムーランルージュ」で女優をめざすサティーンが恋に落ちてしまう悲哀の物語。やがて彼女は病に倒れるストーリー。
おとぎばなしのようなメルヘンな世界にくりひろげられる、妖艶な世界でのかなわぬ悲恋。
なぜか涙腺を刺激していつも号泣してしまいます。


Smilin’
noon / / ビクターエンタテインメント

彼女の音楽は全般的に好き。
さわやかな空気が流れるので聞いてしまうのですが
素敵な声に恋しています。


メンフィス・ベル
マシュー・モディン / / ワーナー・ホーム・ビデオ

1943年、イギリスの米軍基地。ナチス・ドイツを叩くため危険な白昼攻撃を繰り返す空の要塞Bー17の中で無償の強運を持つのがメンフィス・ベル。
最後のフライトでの窮地、仲間が助け合って無事に帰還するというストーリー。うわぁと、ドキドキしているうちに終わる・・・そのときのホッとする感覚が好きでくせになります。


太陽の帝国
クリスチャン・ベール / / ワーナー・ホーム・ビデオ

空を飛ぶことに憧れるイギリスの少年が、上海の収容所で体験した戦争物語。
アメリカの航空機が爆撃に来たとき、声援を送る子供に敬礼するシーンと子供と日本兵のパイロットの敬礼シーンが大好き。
純粋な子供の空を飛ぶ夢、敵味方なく共通の仲間意識が戦争というなかで無残に壊されていく・・・・むなしさとはがゆさが忘れられず、何度も見てしまいます。


kochiさんの「野良にゃん写真集」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-02-06 16:40

c0039735_13193857.jpg見ているだけで、こちらまでうれしくなってしまう「あざらし」たちのかわいい表情がいっぱい! なんともいえず、あったかい気持ちに包まれる…と癒されるファンは多いはず。今回はそんな心温まるあざらしの写真を撮り続ける、「Happyあざらしblog♪『晴れ晴れ』」のあや☆さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
あや☆さん:3年程前より、WEB上で詩を書いていたのですが
その詩に添える、大きいサイズの画像をUP出来るサイトを探していたところ
エキサイトブログに出会い、ブログを開設致しました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
あや☆さん:あざらし系お笑いブログです(笑) 
Happyな気持ちになれる、あざらしの写真に、気ままに綴った言葉や、日々の雑記を載せています。
シンプルに、自分の好きと心地よさを追及した
とても素直な自分でいられる、私の大切な居場所のようなものです。
ただ可愛い、ただ癒される、ただ面白い。
『笑ってみたら、楽しい気持になった』
そんな当たり前にシンプルで、分りやすくキャッチーな
脱力系のブログを目指しています(笑)
写真についても、言葉についても
自由な発想でご覧頂ければと思います。
そこから何を感じ取って、何に繋げて行くのかと言う事は
全て受け取る手側の皆さまに、お任せしたいと思っています。
気ままに書き綴った、拙い写真や言葉達ですが
そんな中から、私のココロの何か一部でも
見付けて頂く事が出来れば、とても嬉しく思います。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
あや☆さん:私にとってのブログは、自己表現の場であり、コミュニケーションの場です。
私のような一般人が、こうして何かを発信する場を持つ事が出来る。
ブログという媒体の存在は、とても有難いものだと感じています。
このブログを通じて、沢山の方々に出会い
そして大切な人達を、とても身近に感じる事が出来るようになりました。
ブログを通じて得たものは、本当に数え切れません。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
あや☆さん:開設、更新、管理が簡単な事だと思います。
コメント欄を利用して、コミュニケーションが取りやすい点も魅力の一つだと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
あや☆さん:気合の入った女。。。です(笑)

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
あや☆さん:読者の皆さまも含めて、皆さまにお会いしたいです。
今年はグループ展への参加や、写真展を開催する機会を何度か頂き
お会いしたいと思っていた、沢山のブロガーさんにお会いする事が出来ました。
いつも一緒』 の陽子しゃんにお会い出来た事も、とても嬉しい出来事の一つでした。
微笑みの貴公子との噂通り(笑)、笑顔がとても素敵な方でした。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
あや☆さん:モチロン。。。あざらしの写真を撮る事です(笑)

エキサイトブログ編集部:夢は?
あや☆さん:あざらしの写真集を出版する事です。
そして何より、自分自身の生涯のテーマとして
楽しむ気持ちを大切に、あざらしを撮り続けて行くという事です。

エキサイトブログ編集部:あざらしを撮り続けることになったきっかけやその魅力は? また、シャッターチャンスを見つけるために心がけていること、詩を書く際に大切にしていることなどは?
あや☆さん:16年前に出会った、小原玲さんの写真集がキッカケで、あざらしをとても好きになりました。
そして5年前に、北海道で撮影したあざらしの写真を
大切な友人が『とても感動した』と褒めてくれた事が、あざらしを撮るキッカケとなりました。
愛くるしい姿と、表情豊かな所に、とても魅力を感じています。
あざらしを見る事や撮る事で、私自身がとても癒されています。
これからも優しい気持を大切に、撮り続けて行ければと思います。
苦労話は沢山ありますが、その全てを笑い話に変えて行けるような(笑)
そんな生き方が理想です。
詩は全て後付けなので、写真と合っていない事が多々ありますが(笑)
その時々の自分の想いのままに、綴って行ければと思います。

エキサイトブログ編集部:数ある写真の中で気に入っている作品、読者に評判だったポストは?
あや☆さん:私自身が気に入っている作品は、
①2006年7月3日 『どんな言葉でも
5年前に撮影したこの写真を褒めて頂いた事が
あざらしを撮るキッカケとなりました。
今の私の原点とも言える、とても大切な1枚です。

②2006年2月27日 『晴れ晴れ
穏かなあざらしの表情と晴れた空が
苦しい時にも、笑顔と、上を向く勇気をくれるような気がして
私自身がとても元気になれる1枚です。
自分の名刺にも、この写真を使っています。
『晴れ晴れ』という、このブログと同じタイトルを付けて
とても大切にしている1枚です。

③2006年1月22日 『あゆみ』 
『後ろに下がった分も、同じ1歩なんだよ』という前向きな詩と、エビフライみたいと噂のアザラシ君がお気に入りの1枚です。

④2006年7月28日 『いい時間を刻もう
大好きな、ちゅーの写真です(笑)
親子のどちらも優しい表情をしていて、私自身が本当に優しい気持ちになれる1枚です。

⑤2006年11月30日 『いつかまたこの場所で
今年初めて訪れた、カナダのマドレーヌ島で撮影した思い出の1枚です。
アザラシ君も私も、本当にいい笑顔でした(笑)

読者に評判だったポストは、
⑥2006年12月8日 『笑顔の法則
今年1番人気だったのは、この笑顔のアザラシ君でした。

⑦2006年9月28日 『ありふれていて
沢山の方に『こんなに可愛いアザラシは初めて見た』と言って頂きました。
私も大好きな1枚です。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
あや☆さん:北海道で野生のアザラシを、長期間かけて撮影してみたいです。
モチロン車中泊で。女を捨てて本気出します(笑)

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
あや☆さん:やはり命が犠牲になるニュースには、胸が痛みます。
先日発表された2006年の漢字は『命』という事でしたが
最近のニュースからも、動物写真を撮る事からも
命の尊さというものを、改めて考えさせられる1年となりました。
『大切にしよう』と言葉にするだけでなく
自分自身が一生懸命生きる事で
命の大切さ、生きる事の素晴らしさ、尊さを
何より自分自身が感じ
そして少しでも伝えて行ければと思います。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
あや☆さん:いつもご覧頂き、ありがとうございます。
頂いた言葉達に励まされ、撮る事が、書く事が
そして毎日が、今まで以上に楽しいものになりました。
素晴らしい出会いに、心から感謝致します。
これからも、どうぞ宜しくお願い致します(^-^)

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【あや☆さんが好きなブログ、気になるブログ】

akisukeさん『奥様よりちょっときれい!「サロルンカムイと呼ばれた鳥」
写真もakisukeさんのお人柄も本当に素晴らしく
タンチョウの魅力と
akisukeさんのタンチョウへの想いに溢れたブログです。

argon-lさん『水族館ふりーく
写真を通じて水族の魅力を伝える
とてもイキイキとした、リアルタイム水族館のようなブログです。
丁寧な解説も、とても勉強になります。

cyberumtさん『南横浜 潮風1丁目
ロボット・ジョージの冒険記です。
あちこちにジョージを連れ出して
撮影されているumtさんが凄すぎです(笑)
演出も凝っていて、とても面白いブログです。

タクマクニヒロさん『カメラマンへの道
大好きな写真家、タクマクニヒロさんのブログです。
素敵な写真と、タクマさんからの温かいメッセージが沢山詰った
どんな時も前向きな気持ちになれる、私の大好きブログです。

小原玲さん『動物写真家 小原玲のブログ
私がアザラシを好きになるキッカケとなった写真家、小原玲さんのブログです。
小原さんの撮られる、優しい写真がとても好きです。
写真の素晴らしさは勿論の事
環境問題や、動物達との共生の事、寒冷地での撮影アドバイスなど
素敵で、そしてとてもためになるブログです。



【あや☆さんのライフログ】

ナヌークの贈りもの
星野 道夫 / / 小学館

『生まれかわっていく、いのちたち。』
見失いかけている大切な事に気付かせてくれる
とても深く、美しい一冊です。
星野さんの写真や言葉には、何度読み返しても
涙が出るほどの温かさと、感動があります。

あや☆さんの「Happyあざらしblog♪『晴れ晴れ』」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-12-19 15:23

c0039735_1423814.jpgさくら&ぎんがちゃん、2匹のフェレットの習性やお茶目な魅力をコミカルタッチのマンガで紹介。時にはお子さんも登場してほのぼのした気分にさせてくれる「にょろにょろおひさまライフ」のnnlifeさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
nnlifeさん:もともとフェレットのホームページをやっていまして、「ブログ」というものが世間で流行り始めた時に「新しいもの好き」な性格も手伝ってちょっと流行に乗ってみようかなー?とミーハー心からはじめました。
最初はサイトの一コンテンツとして主にフェレット雑記を書いていたのですが、サイトを閉める事になり、そちらで公開していたフェレットマンガをブログのメインとしてやっていく事にして、現在に至ります。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
nnlifeさん:高慢ちきで食べる事しか頭に無い女の子フェレット「さくら」と、暴君だけど実はスーパービビリな男の子フェレット「ぎんが」との日常をマンガ形式で描いてます。
フェレットって容姿やしぐさは可愛いけど、時に血が出るほど人を噛んだり、独特の強い臭いがあったり、ストレスの影響を受けやすかったり。また、夏場はエアコンでの温度管理が必要だったりと飼育するにあたってのデメリットが多い動物なのですが、そういうマイナス要素もひっくるめての「フェレットという動物の魅力」を皆さんに伝えていけたらなと思ってます。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
nnlifeさん:得たもの… 毎日頑張る心?(笑)
実は異常な程のめんどくさがりでして、日記なんて1週間続いた事がないというダメ人間なのですがブログはサボりまくってるものの、今の所2年ぐらい続けられてます。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
nnlifeさん:「気軽に見られる」ことでしょうか。
大抵のブログが記事をカテゴリ別に分けてるので、見たい記事が検索しやすいというのも気に入ってます。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
nnlifeさん:ものぐさ。
「【めんどくさい】ばっかり言わないの!」と母に注意された事、星の数ほど…

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
nnlifeさん:いたち猫的日常風景のlovelyfayeさん宅にお邪魔してみたいです。
家中動物がいる景色に憧れます。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
nnlifeさん:やっぱり育児でしょうかねぇ…
ハマるつもりは全くないんですが、今、生活のすべてが子供中心なので…

エキサイトブログ編集部:夢は?
nnlifeさん:息子が元気に成長してくれる事です。

エキサイトブログ編集部:フェレットを飼ったきっかけ、それをまんがに描こうと思ったきっかけは? また、フェレット+お子さんとの生活の中で癒されることは?
nnlifeさん:それまで飼ってたハムスターが亡くなってしばらく経ち、寂しさから何か飼おうかなと思い、最初はハリネズミを飼うつもりだったんですが、ワームが苦手で虫を与えれないので断念。じゃフェレットにしようかーと安易に決めたのがきっかけです。
まんがを描こうと思ったのは、まんがを読むのが大好きでして、でもフェレットのまんがってあんまり世間に出回ってなくて読めない。じゃ自分で描いちまえ!と思ったのがきっかけです。
お陰さまで先代のももの時から途中ブランクありですが、7年ほどフェレットまんがを描き続けてます。

癒される時は、朝フェレット部屋に行ったら2匹が足を舐めてきたり、しがみついてきたり、よじ登ってきたりと私から離れる事なく甘えてくることですね。
まあその真意は「餌くれ」だったり「水くれ」だったり「脱走する為の踏み台」だったりなんですが…
あと子供がフェレットの事を自分なりの言葉で表現してくれるのも面白くて大好きです。

エキサイトブログ編集部:ご自身で思い入れのあるポスト、読者のみなさんに好評だったポストなどは?特に、さくらちゃん、ぎんがちゃん2匹の個性がよく出ているポストは?
nnlifeさん:一番思い入れのあるのは「さくら日記」(2006/7/16)です。
以前尻尾の脱毛から始まる病気で先代のフェレを亡くしてまして、淡々と描いてますが実はさくらの尻尾の毛が生えてきた事がすごく嬉しかったんですよ。

フェレットのIQテスト ぎんが編」(2006/7/20)と同タイトルの「さくら編」(2006/7/21)は、読者の皆さんがウチのフェレでも試してみました!と結果を聞かせて貰えて面白かったです。

一番さくららしさが出てるのは「ゴハンをめぐるフェレットと人との微妙な関係 前編」(2006/7/10)とその「後編」(2006/7/11)。これを見ていただければ、彼女のすべてが分かるかと(笑)。
一番ぎんがらしいのは「さくらのものは俺のもの 俺のものは俺のもの」(2005/7/18)。これを描いてから一年以上経ちますが、未だに超ビビリの性格は変わっていません。

エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
nnlifeさん:誰にも邪魔されずに朝寝たいだけ寝て、一日中パジャマでダラダラと何もせず過ごしたい…

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
nnlifeさん:小さな子供が虐待されたり殺されたりするニュースは心が痛みます。
小中学生のいじめによる自殺も、そこまで辛かったら学校なんて行かなくてもなんとでもなるんだよと言ってあげたいです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
nnlifeさん: いつもありがとうございます。
なるべくサボらないよう、自分に鞭入れてがんばります!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【nnlifeさんが好きなブログ、気になるブログ】

胴長倶楽部
お友達のブログです。
フェレわらわらと超美麗な手芸の写真がとても素敵なブログです。

楽園まであと一歩 on blog
フェレットの栄養学から獣医学まですごく勉強されてて、
詳しく解説されているのでとても勉強になります。

ばーさんがじーさんに作る食卓
旬の食材と野菜たっぷりのお料理がすごくおいしそうで…!
たまに出てくる京都のお店もひそかに楽しみだったりします。

京都パン部
実はパンの食べ歩きが趣味だったりするのですが、
こちらのブログをよく参考にさせてもらってます。

うちの3姉妹~マンガで見る今日の出来事~
今育児中なので育児系ブログをよく見るのですが、さすがプロ!
日々共感しつつも笑わせてもらってます。



【nnlifeさんのライフログ】

ソロモンの指環―動物行動学入門
ソロモンの指環―動物行動学入門
コンラート ローレンツ Konrad Lorenz 日高 敏隆 / 早川書房

この本に出会ってから、動物の行動をより深く観察してその行動の意味を考える様になりました。
これを読まなければ今のフェレットマンガは描けなかったです。


それいけ!アンパンマン アンパンマン・クラシックス
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 野見祐二 / バップ

アンパンマンは私というより息子のライフログなんですが、毎日聞かされているので…
アンパンマンの曲がクラシックにアレンジされてて、子供のクラシック入門としてオススメです。


nnlifeさんの「にょろにょろおひさまライフ」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-11-28 14:38

c0039735_2023249.jpg被写体はあくまで猫でありながら、その空間全体&写真の撮り方がおしゃれでアーティスティックな世界が広がる写真ブログ。そのまま写真集にしても人気が出そう! 今回は猫好きにはもちろん、インテリアや建築に興味のある人にも注目の「ヒトは猫のペットである」のy_and_r_dさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
y_and_r_dさん:昨年1月に自宅を新築、7月に猫を飼いだし、9月にデジタル一眼を購入、次は・・・ブログでもやってみるか、が理由です。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
y_and_r_dさん:いちおう猫ブログのつもりなのですが、写真、インテリア、建築、アート、音楽・・・いろんなことに興味があるので雑多なコトが詰まったブログになっています。「猫の写真」というよりは、「猫のいる空間を撮った写真」が多いようです。また、猫には「可愛い」だけでない様々な表情がありますので、それも表現できたらいいなあとも思っています。写真を1日1枚づつしかアップしないので、じっくり写真と向き合ってみてください。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
y_and_r_dさん:撮影した写真を様々な人に見ていただいて、リアルタイムで意見が聞けるのはすばらしい事だと思います。自分が気付かなかったことを教えてもらえるチャンスを得たと思っています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
y_and_r_dさん:普通の人。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
y_and_r_dさん:すばらしい写真を撮られている多くのブロガーさんに会ってみたいです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
y_and_r_dさん:やはり写真でしょうか。

エキサイトブログ編集部:夢は?
y_and_r_dさん:猫をお供に、二人と一匹で世界中を旅行してみたいです。

エキサイトブログ編集部:全体の空間の撮り方がおしゃれだなと思いますが、写真を撮る際にこだわっていることやご自身のスタイルというのは?
y_and_r_dさん:自宅を設計していただいた建築家のセンスが良かったことに尽きると思います。狭い、細長い、日当たりが悪い、という条件をクリアするための設計上のアイデアが、結果的に写真スタジオのような家になったのだと思っています。あとは日射しの入るところを探して、そこでシャッターを押しているだけなんです。

エキサイトブログ編集部:ご自身で気に入っている写真や読者に評判のよかった写真などは?
y_and_r_dさん:2005年10月30日の写真はSNS型写真共有サイトzorgでも高評価を受けました。とにかくかわいい!との評価がほとんどでした。

また大阪10Wギャラリーに出品した写真の中では、2006年5月29日の作品。花を見るやさしい眼差しが多くの人に気に入ってもらえました。
もうひとつ、2006年6月2日の写真も評判がよかったと思います。人間のような表情が面白いとの意見が多かったです。

2006年5月29日の写真は自分でも、意外性があって好きです。
本当は花を食べようとしているところなのに、
写真では花を優しく見守っているように写っているところが、面白いと思っています。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
y_and_r_dさん:望遠レンズが欲しいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
y_and_r_dさん:カメラメーカーがフィルムカメラの製造中止を決めたことでしょうか。今はデジタルで撮っていますが、フィルムで撮りたくなった時にカメラが無いというのはちょっと寂しいです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
y_and_r_dさん:猫に興味のない方でも楽しんでいただけるのではないかと思っています。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【y_and_r_dさん:が好きなブログ、気になるブログ】
y_and_r_dというのは、アートディレクターと写真班のユニットということになっています。
そこでそれぞれの厳選オススメブログとして選定しました。

写真班のオススメブログは
On Land
毎回アップされてくる写真のレベルの高さに驚嘆しているブログです。
非常に心地いい緊張感に満ちてます。

アートディレクターのオススメブログは
プーチン写真館
大阪のイケメンアビシニアンのブログです。
臨場感のある写真と、キレのいいネタで
見るヒトを裏切りません。


【y_and_r_dさんのライフログ】

MICHAEL KENNA A TWENTY YEAR RETROSPECTIVE―マイケル・ケンナ写真集
マイケル ケンナ Michael Kenna / エディシオントレヴィル

東京都写真美術館で開催されていたマイケルケンナの写真展が良かったです。彼の写真集はよく見ています。

y_and_r_dさんの「ヒトは猫のペットである」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-08-14 20:23

c0039735_11345233.jpgとっても愛らしい老犬タミコさん&お茶目な猫2匹とのほのぼのした暮らしを、コミカルなイラストで紹介。涙と笑いありの老犬介護の日々を明るくつづる、「タミコ14歳 まだまだ現役」のtamico_cavalierさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
tamico_cavalierさん:いつもお世話になります!
2005年7月に、老キャバリアのタミコさんが熱中症で倒れました(7月のポスト)。
それから、多臓器不全を併発して寝たきりに…。完全介護の日々がつづきました。
それから奇跡的(お医者さんいはく)に回復しました。その介護の日々を含めて今のタミコさんの日記を書きたいと思いました。
妹B夫婦が遠方に住んでいて、彼らにタミコさんの近況を伝えたかったというのも理由の一つです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
tamico_cavalierさん:老キャバリア、タミコさんの介護日記です。ヨボヨボ犬ならではの「老犬力」に満ちた生活をショボショボ・イラスト付きで書いてます。
写真は元々ヘタだったし、あまりにも生々しい老犬紹介になってしまうので…。
「介護=つらい」という事実は変りませんが、その中にもホノボノとすることもあるんだ!ということが伝わったらいいなあ。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
tamico_cavalierさん:老キャバを介護していた方や、看取った方との出会い。
また、元気バリバリの若者キャバリアオーナーさんとの出会いです。
猫のことをちらほら書くようになってからは、猫マニアの方のコメントもいただいて嬉しい!
在野のセンス抜群の方々を発見できるのも、イイ!!と思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
tamico_cavalierさん: 『なまけもの』です。
家族が『13歳のハローワーク』を持ってきて「ほら!ピッタリのページがあったよ!!」と私に言ったのですが、「何もしない・寝ているのが好き」だった時はしばらく考え込みました。
自他ともに認める筋金入りの『なまけもの』なのだと自覚しました。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
tamico_cavalierさん:コメントくださるみなさん!
そして、老キャバ・タミコを愛してくださるみなさんにお会いして、
タミコにリンゴを手ずから食べさせてみてほしいです♪

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
tamico_cavalierさん:タミコと2匹のニャニャンです。
それ以外のことにハマる時間は…ないです。
あ!歌舞伎を観劇するのにはハマってます(*´∀`)

エキサイトブログ編集部:夢は?
tamico_cavalierさん:『晴耕雨読』生活。
涼しい田舎の山と畑付き一軒家で、山羊と鶏を飼って、モリモリ広葉樹を植えて、
ガツガツ畑仕事をして、緑と動物に囲まれて…。
日々妄想してます。

エキサイトブログ編集部:タミコさんが熱中症になった当時の心境や犬の介護について思うことは? また、タミコさん+2匹の猫との生活で癒されることは?
tamico_cavalierさん:夏は老犬にとって過酷な時期です。
特に日本より涼しい地方でブリーディングされた犬にとって、日本の夏は過酷極まりない(シベリアン・ハスキーやヨーロッパの犬種など)。
獣医さんの再三の注意を「今まで大丈夫だったんだから…」と無視していたら、
タミコがこんなことになってしまって…。それからは獣医さんのいうことを守って、
食事療法・室温を23度にする、などなど努力しました。私はもちろん秋の装い。
23度にしてるというと、みなさん驚かれるのですが、26度くらいでフリースとセーターを着こんでみると、犬の心地がわかるかもです。
タミコと北欧に2~3年滞在してると思うことにしてます♪
もちろん、若い犬は元気なぶん、少々の暑さには耐えられるようです。
どうしても25度くらいで生活したい!と言う方は、ぜひ犬をマルガリータ(丸刈り)にすることをオススメします。ただし、犬の皮膚は紫外線に弱いので、注意してください。
夏場は路面が冷えてから散歩するので、その時刻は辺りも暗くてマルガリータ犬を見られることもないし…♪ 秋までには伸びるからダイジョウブ!
タミコの寝息と、2匹のニャニャンのフカフカのお腹、いろんな表情に癒されてます。
日々の「笑い」も提供してくれる、タミコさんとニャニャンたちと戯れていると、
多少のストレスはふっとびます!!

エキサイトブログ編集部:初めての方に読んでほしい思い入れのあるポスト、タミコさんの個性がよく出ているポストは?
tamico_cavalierさん:2005年10月10日の「!!」です。
寝たきりタミコが立って私の横に来た日です。
もう、嬉しくてたまりませんでした。
それからしばらくの一喜一憂日記は、今でも読むと涙が出ます。

エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
tamico_cavalierさん:Fiat500D(車)を手に入れて、
タミコとトコトコ、ドライブしたいです。でも、クーラーがないんでムリ!! 

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
tamico_cavalierさん:動物のニュース。
特にメチャクチャな業者の無茶なブリーディングには、はらわたが煮え返る思いがします。
NYアニマルポリスに出張逮捕してほしいです!!

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
tamico_cavalierさん:ボチボチ更新ブログなのに、
いつもあたたかく見守ってくださり、ありがとうございます!
これからも「絵の神さまが降りてこない」ことも多々あるかと思います…。
エキサイトブログに引っ越したばかりですが、これからもよろしくお願いいたします!!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【tamico_cavalierさん:が好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】
小心者なので、いつもながめるだけですが…。

写真家の犬
パリ在住のプロカメラマンさんのワンコ、漆黒のトイプー「あづさん」目線のブログ。
写真はもちろん、文章もハイクオリティ!! いつもなごませていただいてます。

絵日記*鳥の宴
絵と文章の高クオリティさを保ちつつ、高頻度の更新。人間技じゃない。
やっぱり鳥技です。

■tototitta! – トトチッタ!■
こんな絵がかけたらなああああっ!! と、思います…。一生ムリです。
絵がうまい人は、どうしてこう、文章も面白いんでしょうか。神さまのイジワル!

伝助と福助
ワンコたちのネーミングもさることながら、写真がかわいすぎます。
こんなタミコさんの写真が撮れたらなあ…。餃子にギラギラ☆とかじゃ、かわいそう。

fiat500D&
大好きな憧れの車「Fiat500」のオーナーさんのブログ。
かわいい車に、かわいい犬。完璧です。



【tamico_cavalierさんのライフログ】

犬を飼う
谷口 ジロー / 小学館

タミコと暮らし始めてすぐに読んだ漫画。涙腺壊れます。
まだタミコは赤ん坊なのに、老犬介護の漫画。
心の奥に「覚悟」が生まれました。
これから犬と暮らそうかと思案中の方、今、元気いっぱいの犬と暮らしている方、
ぜひお読みいただきたい!!


ノラや
内田 百けん / 中央公論社

元祖「ペットロス」日記。
老文豪が愛猫の家出にオロオロする姿を、自らつづった日記です。
タミコが重篤な時期の自分と重なって、涙…涙…です。


きょうの猫村さん
ほし よりこ / マガジンハウス

猫村さん!我が家にも来てほしい!!
この漫画で、かなーーーーーーり癒されました♪


tamico_cavalierさんの「タミコ14歳 まだまだ現役」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-07-04 15:00

c0039735_1149198.jpg思わずぷっと噴出してしまうお茶目な猫たちの表情やしぐさがいっぱい。人気の癒し系ペットブログのひとつ、「ぶつぶつ独り言2(うちの猫ら2006)」のkachimoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
kachimoさん:仕事がら、これからは、ブログの時代が来ると思って最初に始めたのが2003年。あっち、こっちと無料ブログサービスを試して回って、エキサイトにたどりつきました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
kachimoさん:ぶつぶつ独り言2(うちの猫ら2006)は、最初は何でもありで、好きなことを書いて行こうと思ったのですが、途中からうちの猫ら中心PHOTOLOGに特化した方がいいかなあと思い今に至ってます。笑っていただけたら、本望です。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
kachimoさん:同じ写真でも、見る方によっていろいろいろな見方があって、それが自分でも思ってもみなかった場合もあり、なるほどって思うことがしばしばあります。
ホント、面白いですし、参考になります。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
kachimoさん:ブログは、やはり更新の簡単さとブログを見て下さる方とのコミュニケーションですね。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
kachimoさん:好奇心旺盛なへんなオヤジ。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
kachimoさん:昨年、「ネコは『ぱるぷんて』をとなえた!」の「しなぶぅ」さんが上京した際、OFF会に参加して約15のブロッガーさんとお会いできました。会って見ると、ブログがまた違った見方になってしまいますね。それがまた面白いんですけどね。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
kachimoさん:やはり、ブログでしょうか・・・。
あとはiPodで音楽聞きながら自転車に乗る事。
携帯の9×9パズル、J-POP、邦画、読書、現代アート鑑賞、大阪万博36周年。

エキサイトブログ編集部:夢は?
kachimoさん:3人の娘が路頭に迷うことなく問題なく無事に成長すること。

エキサイトブログ編集部:いつも猫のお茶目な表情や姿をとらえるのが上手いなと思っていますが、撮影のコツは? また、猫との生活で心やすまる瞬間や楽しい時間は?
kachimoさん:撮影のコツは・・・ひたすら枚数を取ることです。
へたな鉄砲も数撃ちゃ当たる!
あとは、ネコらの素材まかせです。
猫との生活で心やすまる瞬間は、夜中一人で仕事してて、ふと横を見たら、
猫らが、だらだらとひっくり返って、爆睡してる姿を見たときですね。

エキサイトブログ編集部:猫たちの特徴がよく出ている人気シリーズや人気ポストは?
kachimoさん:やはり、ヨウカンを中心とした「はらへりーず」でしょうかねえ。
大食いで巨猫のヨウカンはいつもお腹すいてますから、毎食事の度に家族とともに誰かの椅子に乗って、「なんかくでー」って何かくれるのを待ってます。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
kachimoさん:今、一番ほしいものは、1円になったvodafoneの20Gのハードディスク内蔵で音楽聞けてVIDEOも見られるsuica定期対応ワンセグ携帯(まだ出てないって)と取りたくないけどあった方が便利な運転免許。
3日間フリータイムを貰えたら・・・
大分の実家に親の様子を見に帰るかな?。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
kachimoさん:本当に小泉さんて総理辞めるんですかね〜?
なんか続投するような気がします。

最近多い地震。

あと、ちょっと前ですが、WBCですっかり報道されなかったパラリンピックが可愛そう。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
kachimoさん:いつも、本当にありがとうございます。感謝しております。
これからも宜しくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【kachimoさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】

ネコは『ぱるぷんて』をとなえた!
ここのしなぶぅさんのセンスがイイですね。毎日覗いてます。
前回うちのヨウカンが優勝しちゃった第3回春の可愛い★ぶさいく顔選手権開催中です。

THE『押忍!手芸部』
昨年の青山スパイラルホールでのSpiral Independent Creators Festivalで見てすっかりファンです。もうロボぐるみは、カワイ過ぎです。

言 壷。
とにかく言壷さんの取り上げる事は面白い。
すばらしい感性の持ち主だと思う。同業者として勉強にもなるし・・・

今日、思った事
なんだか、次から次にいろんな事が起こるので目が離せません。
なんだか面白いです。

カラーコーンブログ
町中にあるカラーコーンの写真を集めたブログ。
いやー、いろんなカラーコーンがあるモノです。



【kachimoさんのライフログ】
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー / 扶桑社

もう通勤の電車の中で読んでいて、人目があるにも関わらず泣いてしまいました。


公式記録映画 日本万国博 DVD-BOX
/ ジェネオン エンタテインメント

これは、もう万博好きにはたまりません!
DVD4枚組総時間582分ですよ!


おいしいバングラデシュ―世界探訪・食と風土
オウル カゼット編集部 カルゴ野原薫 / カゼット出版

この本の料理のレシピを担当してるのが娘のバイト先のインド料理屋の店長さんで
ここのカレーがとにかく美味いです。


RADWIMPS3~無人島に持っていき忘れた一枚~
RADWIMPS / 東芝EMI

このアルバム、名曲揃いです、
でも今年のCOUNTDOWN05/06でちょこっと覗いたんですが、まだほとんど知らず、すぐに真心ブラザーズに移動したのが今でも悔やまれます。


プレイズ・ワイエムオー(初回限定生産)
セニョール・ココナッツ / 3Dシステム

ラテンであのクラフトワークをカヴァーしたセニョール・ココナッツがとうとうYMOをやってしまいました。この夏は、これですよ!


めくるめく前頭葉刺激レストラン&バー
羽衣 える / 小学館

小学館のDIMEに10年間連載されていた「前頭葉刺激地帯」をまとめたものです。
こんな変わったお店を面白楽しく紹介してる本はないですよ。
実は、この本の地図をお手伝いさせていただきました。


kachimoさんの「ぶつぶつ独り言2(うちの猫ら2006)」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-05-08 13:30

c0039735_13381238.jpg都会ではなかなか見られなくなった野鳥の美しい姿に、心癒される人も多いはず…。今回は、京都周辺の野鳥を撮り続ける写真ブログ「野鳥のお昼寝」のtakaorthoさんに登場していただきました。
(写真は野鳥撮りに出かけた移動の車中で、お昼寝するtakaorthoさん)

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。さっそくですが、ブログをはじめたきっかけは?
takaorthoさん:同じ鳥の写真を撮っている仲間が始めたのがきっかけです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
takaorthoさん:京都近辺で見られる身近な野鳥の写真をデジタル1眼レフで撮影した作品を紹介しています。珍しい鳥が登場してくることはあまりありません。どちらかというと、素人ならではの鳥に対する、きれい、美しい、凄いって感じる瞬間を表現できたらなあと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
takaorthoさん:”通して得たもの”とかをあまり考えなくていいところが、このツールのよさのような気もするので、あまり大上段に考えたことがないのです。答えになってなくてすみません。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
takaorthoさん:こと写真をメインにするようなブログの場合は、他の方が撮られた粋のいい作品を、解凍直後のほかほかの状態で見られることではないでしょうか。それがまた誰かを刺激し、次の作品を生むきっかけとなる具合に。
創作意欲を生起する偶力がブログを通して発生しているのだと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
takaorthoさん:これはとても難しい質問です。メビウスの輪がたった一つの面でできているにも関らず、表にも裏にも見えるごとく、自分のことはつかまえどころがないです。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
takaorthoさん:自分のところにリンクされている方々には全員、お会いしたいです。実際にフィールドで会うことも多いのですが、結構恥ずかしいんですよね。自己紹介の時が。。。。
「あの○○さんですよね?私、例の鳥の写真でお世話になってる、”うずら”こと○○っていいます。はじめまして。」、「あー、”うずら”さん!ですか~!」
ってな具合になりますので。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
takaorthoさん:読書が一番好きです。翻訳ものの小説がほとんどです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
takaorthoさん:夢ですか~。夢想の類ですが、千年後かもっと先の未来を見てみたいとよく思います。冷凍睡眠から蘇生したら地球はどんな風になってるのか。常温核融合やミニブラックホール利用などの画期的なテクノロジーで、エネルギー問題が解決。それに端を発する紛争が消失。化石燃料を使用しなくなったことで、地球上に緑と動物が溢れる。空を見上げると無数の鳥が飛翔し、さらにその先の宇宙空間に恒星間航行船が浮かぶ。子供たちは小学校で、既に解明久しい統一理論を学ぶ。そうしたアポロン的な世界になっているのか。はたまたデュオニソス的な破滅の道を歩んでいるのか。
う~ん、知りたいです。

エキサイトブログ編集部:野鳥の姿を捉えるのは難しいように思いますが、撮影はどんなふうにされている? また、野鳥撮りの魅力や楽しみは?
takaorthoさん:今日はどっち方面に向かおうと決めたら、あとは行き当たりばったりがほとんどです。田んぼや川、森などにつきあたれば、あたりを観察して、鳥がいれば撮影開始という具合です。
鳥はいつ現われるかわかりませんし、同じ写真でも、風景と違い、地道に準備を進めて、露出OK、シャッタースピードOKという具合にはいかないことも多いです。小枝にハッと止まるか、前を飛びながら横切るのか、突然、”その時”がやってきて、作品の経絡がすっぱりと一瞬で決まるのが魅力です。ですので、なかなか思うようには撮れないのが常なのですが、その分、うまくいったときがうれしく、やめられないのかもしれません。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
takaorthoさん:まだ出ていない、スティーブン・キングの暗黒の塔、5、6、7巻の翻訳本を手にしたいです。それとJ・K・ローリングの貸し金庫の中に入っていると言われるハリー・ポッターの最終巻をこっそり読んでみたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
takaorthoさん:昨日もありましたが、簡単に善良な市民が殺される事件が頻発していることでしょうか。小説ばりに黄色い目をしたブギーマンが我が物顔で闊歩してますね。特に年末で仲のよい姉妹が亡くなった事件では、見方によっては愚かな裁判官がブギーマンに餌まで与えて黒い欲望を肥え太らすのに加担しているともとれるバカさ加減です。
あとは、マンション偽装問題でしょうか。この国は人口減少時代に入り、ますます夜警国家を目指していかない瀬戸際に立たされてるというのに、個人財産を補填するような施策はいかがなものかといったところです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
takaorthoさん:自分も鳥の写真を撮り始めるまでは、雀ぐらいしか知らなかったのですが、意外にも身近にいろんな鳥が生活してることに驚かされます。「こんなきれいな鳥が近くを飛んでいたのに、なんで今まで気づかなかったんだろう」とか、「そういえばこの鳥、冬になると見かけるけど、あんなに遠くから来てたんだ」などなど。写真の上手・下手より、そんな素人の驚きを込めて撮っているものと、見てくだされば幸いです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【takaorthoさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】
P-days Bird Blog 
徳島在住の、作者のPeroさんは、「あ~、自分もこんな風に撮れたらなあ」と思わしめてくれた師匠のような方です。今まで何度かお会いする機会が巡ってきたのですが、互いの休日の都合でかなわぬままとなっています。

Field Guide 淡路島の野鳥 Blog
淡路在住の、作者のMSKD019さんは、写真だけでなく、シギチ、カモメなどの話も楽しいことこのうえなしです。

PixelCafe ぶろぐ」 
大阪在住の、作者のkei3xさん、真似のできないテクニックに裏打ちされた鳥に対する愛情を感じます。

おとうさんのフィールドノート
作者ののほほん父さん、この方は、写真でなく水彩で、鳥を始めフィールドの様子を活写されています。ほんとにうらやましいです。

ありしまつねお のブログです
ひょんなことから知り合った、千葉県在住の作者のTsuneo_Arishima さん。これぞブログといった感があり、鳥馬鹿の自分には撮れない写真をいっぱい写されています。



【takaorthoさんのライフログ】
ダーク・タワー1 ガンスリンガー
スティーブン・キング 風間 賢二 / 新潮社


ダーク・タワー〈2〉運命の三人〈上〉
スティーヴン キング Stephen King 風間 賢二 / 新潮社

ダーク・タワー〈2〉運命の三人〈下〉
スティーヴン キング Stephen King 風間 賢二 / 新潮社


新訳になって今年中に最後の7巻まで出る暗黒の塔シリーズの導入部です。池央耿氏による旧訳はかつて擦り切れるほど読み込みました。新訳では、表外漢字がひらがなになっており、少しテンションは下がりますが、キングが最初に戻って手を入れ直した作品。3回ほど精読してヒントはつかみましたが、さて最後にどういうエンディングを迎えることになるのか、今年一番の楽しみであります。

takaorthoさんの「野鳥のお昼寝」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-01-12 13:30

c0039735_1444237.jpgおしゃれなイラストやほのぼのした猫フォト、生活雑貨の写真などをちりばめたキュートなブログ。今回は「nakisoなときもあるヨ。。。」のmiimii102さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
miimii102さん:1年前に友人とネットショップを始めました。
ワタシはweb担当をしておりまして、HPを作っていくうちにページ作りの面白さにハマりました(笑)。写真加工やイラストの描き方など覚えていくうちに、HPとは違うテイストの自分専用の遊び場が欲しくなったのデス。
ブログというモノをほとんど理解していないうちに、ぴょんと飛び込んでしまいました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
miimii102さん:イラストや写真で日々思ったコトや出来事をつづっています。
毎日の家事や仕事の『くたくた感』からちょっと離れ、息抜きというか、ワタシにとってはブログに向かっている時間はとても楽しみで大切な時間になっています。
その大切な時間を誰かと「うんうん」と共有できたらな~と思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
miimii102さん:得たものは「言葉の温度」を感じたことです。
記事やコメントを読んでほんわか暖かい気持ちになる時もあります。
そういえば手紙でもメールでも嬉しくなったり悲しくなったり。
意外と肌で感じることってあるんだな~と思いましたね。

新しい発見は、文章を書くときカタカナを意識して入れると文字にリズムができる!ってコトですかね。
カタカナって意外とかわいいデス♪

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
miimii102さん:「手軽さ」ですね。1行「こんにちは」と書いて送信するだけで、もう自分だけのスペース確保ですよ~!
手間要らずだし、更新もしやすいのがいいですネ~!

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
miimii102さん:ん~。。。一つ一つ積み上げるのがニガテな人デス。
直感ですばやく動きたい!!(笑)

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
miimii102さん:いつもコメントを残してくださるみなさんです。
あたたかくて、面白い方たちばかりなので。
ホントに会ってお話してみたいですよ~♪

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
miimii102さん:今はネコですね~♪
ワタシはまだネコ歴1ヶ月ですが、ここ1ヶ月、休日はネコの日でした(笑)!
あと、そのネコの日に家でやる簡単工作です。
最近はノート棚、ネコシールを作りひとり満足したのでした。

エキサイトブログ編集部:夢は?
miimii102さん:これは、悩んだ質問です。
ん~、特にこれだーってモノはないのですが、ワタシにとって大事な家族とネコと心穏やかにずーっと仲良く過ごしたいです。笑いながら。
なんか、おかしいですね~照れちゃう(照)!

エキサイトブログ編集部:とても素敵なイラストですが、PCで描いている? また、生活の中でお気に入りの時間や癒される時間は?
miimii102さん:ハイ。PCで描いてます!マウスで一筆書きに近い感覚で描いてるものもありますし、布の画像を切り貼りしてコラージュしてるイラストもあります。
デザインなどまったく勉強したことないので、未だに手探り感覚で描いてますが(笑)。
心が癒される時間はネコがひざの上で寝た時。
暖かくてやわらかくてこっちまで「トロ~ン」としてきます!

エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
miimii102さん:今一番したいことは?
そろそろ北海道は秋が終わりますから、お日様が出ててもキリっと冷たい外で「紅葉お散歩」をしたいです。(もう遅いくらいかな?)
写真をいっぱい撮って、お気に入りの1枚をUPしたいですね~。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
miimii102さん:今はウォームビズでしょうか。
北海道に住んでますと地球温暖化を肌で感じますよ~。
ここ数年、冬になっても雪が積もらないとか、気温が高いとか、寒い地方に住んでる人にとっては有難いですが、変な現象だな~と思っています。
そこへきてクールビズやウォームビズ。
趣旨は賛同できますし、先のことを考えたら自分でできることはすべきですよね~。
でも北海道人のウォームビズはどうでしょう。
冬は家中ぽかぽかでなきゃ暮らせませんし。
なるべく努力はします。(^^;)笑

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
miimii102さん:ほんとにホントにありがとうございますって気持ちでいっぱいです!
毎回つたない文と自分でもたまに「ん?」というイラストに「うんうん」とうなずいてくれる。
これほど、勇気付けられることはないです!続けられるのも、お話してくれる方がいるからデス。

これからもどうぞヨロシクお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【miimii102さんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】

おいしくてしあわせ」 
とってもおしゃれで「おいしい」ブログです!
毎日のメニューをステキなテーブルコーディネイトとともに紹介されてます!
盛り付けやお皿などなどいろいろ参考になるし、makotaさんとのおしゃべりも楽しいのです!

トマトの気持ち」 
可愛いネコちゃんとちょっと魔女っぽい(笑)楽しい生活を写真で紹介されてます。
お料理あり工作ありとマルチな方で、遊び行くとワクワクします♪
写真に添えられる文章にハッとさせられることがたびたびあります。

Ciao,gatti!
かっこいい車とネコちゃんたちとの生活を落ち着いたトーンで語ってくれます。
奥様とネコちゃんとの仲良しな感じがワタシは好き!
ちょっとほんわか気分になるのですよ。

らくがき生活」 
とっても可愛いイラストが印象的でちょこちょこお邪魔させていただいてます!
イギリス旅行記の写真もいっぱいでこっちまで旅行気分にさせてくれました。楽しかったですよ~!

だびだびだびちゃん♪
とにかくマンガが面白いですし、イラストもあったかいのですよ。
大好きなネコちゃんがいっぱい出るので毎日楽しみですね~!




【miimii102さんのライフログ】

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 11月号 [雑誌]
マガジンハウス / マガジンハウス

唯一定期購読してる雑誌で、ワタシのバイブル的存在です!
とにかく、写真やレイアウトの美しさといったら、見るたびに「ぽ~っと」してしまうのデス。
ページのちょっとしたカラーの使い方が新鮮で、真似したくなりますが、そうそううまくはいきません(笑)!


Bad Cat 2006 Calendar (PAGE A DAY CALENDAR)
/ Workman Pub Co (Cal)

悪(ワル)の顔ばかりのネコちゃんを集めた日めくりカレンダー。
こんなの出していいの?って写真もありましたが、ワタシは思わず笑っちゃいました。ふふ。

miimii102さんの「nakisoなときもあるヨ。。。」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2005-11-09 14:00