今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

c0039735_22405352.jpgふわふわもこもこの羊毛でチクチク…。しあわせな感じをぎゅっと詰め込んだ結婚式のウェルカムドールや指人形をはじめ、ネコやさかなのバッグ、犬のルームシューズなどの羊毛フェルト作品がとってもかわいいと評判です。
羊毛というあたたかい素材感はもちろんのこと、見ている人も笑顔にしてくれる、にっこり顔&ほんわかしたムードのオリジナル作品は心もほっこり! あたたかなぬくもりを運んでくれます。

とくに今年の干支は「ひつじ年」というだけに、羊毛で作ったひつじのウェルカムドールは注目されそうですね!
ただいま2月の手作りイベントに向けて、「ひつじ」の作品もたくさん準備しているそうなので、楽しみです。

今回は、そんな心あたたまる作品作りを楽しむ、「羊毛フェルトでプチ・ボヌール」のricoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもエキサイトブログをご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
ricoさん:写真をうまく撮れるようになりたいな、と思ったのがきっかけです。
自分の中のストーリーでは、ブログを開設して写真を掲載するとなると、きっとたくさん写真を撮影することになって自然に腕が上がるかな~なんて、軽い気持ちのまま2007年ごろ始めました(笑)。

そんなわけで、最初は日常を切り取る写真を掲載していこうかな、と思っていたのですが、羊毛フェルトを始めてからは、羊毛フェルトのほうが楽しくなってきてしまって。タイトルもいつのまにか「羊毛フェルトでプチ・ボヌール」にしてしまいました。
当時を振り返ってみると、ちょうどそのころ韓国語を習っていて、勉強のために韓国語でも文章を入力していたのですが、だんだん難しくなっていきづまってやめました(笑)。そのときどきのマイブームによって掲載傾向は変わっていますが、羊毛ブームだけはいまもずーっと続いていますね。

c0039735_19243411.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ricoさん:羊毛フェルトで作った人形や小物などのほか、ワークショップや教室に通って作ったもの、旅で出逢った風景、実家が茨城県なのでときどき茨城県ネタなどをご紹介してます。
羊毛フェルトについては、作っている途中のものや作品が完成したときなどのほか、ときどきですが、人形を購入いただいたお客さまからの写真などもご紹介しています。

タイトルの「羊毛フェルトでプチ・ボヌール」の“プチ・ボヌール”は「ちいさなしあわせ」という意味ですが、ブログを見にきてくださった方に、心がほっこりとあたたかくなるような、羊毛フェルトの人形などを少しでも楽しんでいただけたら、と思って作品を掲載しています。

羊毛以外では旅の写真が多いかもしれません。私の旅の感動を「誰かに伝えたいっ!」という気持ちで、旅に出たときはたくさんの写真を撮影してブログに掲載するようにしています。昨年は奈良のお寺や島根の出雲大社関連の写真をたくさんご紹介しました。

ブログを始めたころの写真は小さいのですが、最近は写真はなるべく大きめに掲載し、文章は少なめに(笑)、改行して一行スペースを空けるなど、なるべくスッキリするように心がけています。
職業柄でしょうか?web制作関連の仕事をしていますので、改行なし長文が許せないのです(笑)。
あと、ブログでは思ったことをそのまま書いているので、facebookやホームページなどに比べると、自分の素の部分がうっかり出ているかなーと思います(笑)。

エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
ricoさん:ブログを通じてお客さまからのお礼のご連絡やお写真をいただけるのは本当にうれしいです。とくに、ウェルカムドールを「結婚式でこんなふうに飾りましたよ」と、お写真やメッセージをいただいたりしますが、毎回ジーンとしてしまいます。
ご結婚されたご本人からだけでなく、「娘が結婚するので…」とウェルカムドールをお買い上げいただいたお母さまから心のこもったメッセージをいただいたこともありました。
お客さまからのメッセージは、あらためて「人形作りをがんばろう!」と自分にとって大きな励みとなっています。

c0039735_073378.jpg


それから、3年ぐらい前になりますが、ブログの作品を見ていただいたことがきっかけで、「ダイソー」さんのキットデザイン(第一弾)を担当させていただくご縁もできました。当時、実際に自分の手がけたものがお店に並んでいるのをみつけた時はとっても感動しました!
海外のダイソーさんでもキットは販売されていたので、会社の友だちが仕事で海外出張に行く先々で、写真を撮ってきてくれたり、わざわざお土産として買ってきてくれました。日本にあるのに(笑)。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
ricoさん:いま一番気になるのは「革」です。昨年より念願だった靴教室にやっと空きが出て、通い始めることができました!現在3足目にチャレンジ中です。
羊毛と違ってなかなかアバウトな感じではいきませんが(笑)、教室の先生も生徒さんも個性的な方が多くて、楽しみながら作っています。
自分の足に合った好きなデザインや好きな色の靴ができあがるのは、考えていた以上に満足度が高いです。
でも、作業が難しくてなかなか覚えることができず、あまりの自分の不出来さに悲しくなることもしばしばですが。

c0039735_1926289.jpgエキサイトブログ編集部:夢は?
ricoさん:とくにこれというものがないんです(笑)。
ただ、いろいろなもの作りをこれからも楽しくチャレンジしていくことができたらいいなーと思っています。
あ、そうそう、海外で羊毛フェルトの人形を展示や販売できる機会があったらいいのになーなんてと思います(笑)。
海外の方からもブログにアクセスいただいているようなので、私の作る人形は海外の人からはどう思われているのかな?と興味がありますね。

エキサイトブログ編集部:とてもキュートであたたかさを感じる羊毛フェルト作品の数々に心がほっこりしますが、羊毛フェルトを好きになったきっかけや作る楽しさは?
ricoさん:きっかけは2006年、ワークショップで羊毛フェルトの体験をしたのが最初です。そのときに、「なんだか自由でおもしろい!」と思って。そのあとからは見よう見まねでチクチク…です。
ふわふわの羊毛を裂いて丸めてニードル(専用の針)でチクチク。すっかり夢中になってしまい、その2年後には展示会に出展したり、雑貨店での委託販売などを行うようになりました。

羊毛フェルトの楽しさは…、思い描いた形になるようにイメージしながら刺していくと、不思議とだんだんと思ったような形になることですね。型紙も何もいらないシンプルな手芸。羊毛とニードルがあればいつでもどこでもすぐ始められます。
そんなアバウトな感じが自分の性格にマッチしました。

c0039735_19262067.jpg今はたくさんのレッスン本が出ていますのでいろいろなテクニックを学ぶことができますが、私が始めたころはあまり本も出ていなかったので、わからないことが多かったかもしれません。
短期間ですが人形作家の先生のところに習いにいったこともありました。

それと、自分の作品はずっとニードル製法がメインだったのですが、2年ぐらい前、もう少し作品の幅を広げたいなと思って羊毛を扱っている専門店に、石けん水のお湯でゴシゴシする「ウェット製法」を習いにいきました。
基礎の基礎、コースターから始めてバッグやハット、ストールやルームシューズなどを作りました。
習ったおかげで制作するものの幅が少しずつ広がってきている感じがします。

ニードルと違って、バッグやポーチを作るには型紙が必要になります。完成型を考え、立体的なものに仕上げていくのが難しいけれど、そこがおもしろいところでもあると思います。
羊毛を小さく裂いて何層か型紙に敷き詰めてから、お湯に少しの石けんを混ぜたものを羊毛にかけて、シャカシャカのビニール袋でやさしく羊毛をこすって。
羊毛がぎゅっと固まったら巻きすやタオルでくるんで、ごろんごろんと力を入れてさらに縮めていきます。これが結構な重労働なんですよ。

エキサイトブログ編集部::自分らしい作品作りのポイント、大切にしていることは?
ricoさん:ニードルで作る人形の場合、素材のやわらかさを活かす場合はふんわりと仕上げる一方、変形しないようになるべく固めに刺して仕上げたり…など、ひとつひとつ丁寧に作ることを心がけています。制作には時間がかかるので、一度にたくさんの作品制作は難しく、空いた時間をコツコツと有効に使って制作をしています。
ウェットの場合、形がおもしろくて、実用性のあるものなどを作れたらいいな、と思っています。ネコやサカナのポーチなどのほかにもレパートリーを増やしていきたいですね。

c0039735_0171782.jpg


現在はウェルカムドールをメインに作成しています。ありがたいことにウェルカムドールはお客さまからのご要望も多いです。衣装、装飾品のディテールにも、もう少しこだわっていけたらいいな、と思っています。

それと、昨年、お客さまからステキなお写真で結婚式のご報告をいただきました。
ウェルカムドールの写真を見て販売しているお店にお問い合せいただいたお客さまだったのですが、ご購入いただいたドールたちをハワイの挙式連れて行ってくださって、とってもステキな写真に収めてくださいました。
新郎新婦のお二人と同じ衣装で、同じポーズなんですよ。構図もステキで、何よりお二人のしあわせそうな感じが写真からすごく伝わってきました。
昨年の一番うれしかった出来事でした!

c0039735_0324737.jpg


それから、ルームシューズを作ったら母のお友だちから欲しいといわれたので昨年作ってお渡しし、モニターをしてもらいました。「本当にあったかい」と言われ、うれしかったのですが、ワンコのルームシューズだったので履いているうちに耳の部分が取れたり…とアクシデントもありました。
でも教えていただいたおかげで、次に作るときにどこを強化して作ったらいいのかが明らかになり、貴重なご意見に感謝!です。

エキサイトブログ編集部:今年はとくに「ひつじ年」ということで、羊毛フェルト作家としては思うことがあるかと思いますが、今年とくに力を入れていることや、イベントなどがありましたらお願いします。
c0039735_19265764.jpgricoさん:2月6日より、くりくり万華鏡#1 「FLOWER&CHILDREN 花と子どもたち」というイベントに参加します。場所はスカイツリーの街、押上のAMULETさんです。
このイベントに向けて現在ひつじのウェルカムドールを制作中です!
普段だと、「なんでひつじなの?」って思われるかもしれませんが、今年はひつじ年。
ひつじが注目を浴びているようでなんだかうれしくなってしまいます。
いつもの年よりひつじを手に取っていただく機会も増えそうですね。

ご存知だと思いますが羊毛フェルト手芸は「ひつじの原毛」をもちいて作品を作っているんです。
作品からはなかなか想像できないかと思いますが、購入するときはふわふわでモコモコなんですよ。
ニードルにもいろいろと種類があって、ざくざく刺したいときは「太針」、細かい作業は「細針」、布を刺し込みたいときは「布針」など目的によって使い分けているんですよ。

エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
ricoさん:とくには気にしてはいないのですが、「おっ!」と思う作品ができたら『カワイイ!』に投稿したり、旅の写真でいい感じのものが撮れたなーと思ったなら『旅とお散歩』に投稿したりしています。
「採用されるとうれしいな~」と思って投稿していますが、採用された結果、それに付随してアクセスアップにもつながるのかな…なんて、エキサイトブログのしくみ?を活用しながらアクセス数の変化も楽しんでいます。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
ricoさん:お風呂の中での作りたいもののイメージ作成すること…ですかね。
だれに見せるわけでもないので、しわっしわになったノートに絵を描いてみたり。
絵心がないのがすごーく残念なんですが(笑)。

あとはお昼休みの制作時間。フルタイムの派遣社員をしながらの制作なので、お昼休みの時間を利用してチクチクするのがとっても貴重な制作時間です。
残業で疲れてしまうと、家で制作することができなくなってしまうので、私にとっては物理的にも精神的にもお昼休みの時間がとっても大切な時間。短時間集中でリフレッシュにもなっちゃいます。

それとInstagramのいろいろな写真を見ること。…これは、写真や動画を加工・共有するスマートフォンのアプリですが。片手の中でいろいろな国の人のセンスのよいステキな写真やおもしろい写真を見ることができてしまう便利なツール(笑)。通勤時を利用して毎日楽しんでいます。
写真に添えられる言葉の美しさ、おもしろさなど写真以外でも多くの発見や出逢いもあり、刺激を受けています。

c0039735_19272453.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
ricoさん:●2014年 12月 23日 「今年一番うれしかったこと 」 
先ほどふれた内容ですが、こちらの記事内にお客さまからいただいたステキなお写真があります。
ハワイでのステキなお写真、ホントに感動!です。

●2014年 07月 05日 「my first shoes
現在通っている靴教室で作った初めての靴。
できあがって履けたときは感激でした。中敷に絵を描けるのも記念になっていいなーと。

●2011年 10月 18日 「花いっぱいのアルパカウェルカムドール
会社で一緒に働いていた女のコが結婚するということでプレゼントしました。
昨年お家に遊びにいったら今でも飾ってくれていて、うれしかったです。

●2012年 06月 03日 「ダイソーさんから羊毛フェルトキットが発売されました!
ブログを見ていただいてのご縁があって、キットのデザインを担当させていただきました。
同封されている作り方の説明のイラストも描いています。
もうお店には出ていないと思いますが、いまだにたくさんの方にこの記事を見ていただいているようです。

●2013年 06月 22日 「羊毛フェルトのハット
ウェット製法を習いにいったときに初めて作ったハット。気に入っていて冬によくかぶっています。

●2014年 10月 11日 「ひたち海浜公園 みはらしの丘の真っ赤なコキア
実家が茨城県なので、行こうと思えば行ける範囲のところなのですが、なかなか行く機会に恵まれず。
昨年思いたって東京からバスで日帰り弾丸!で行ってきました。どこまでも広がる真っ赤なコキアの丘に感動!

●2014年 04月 30日 「池の上に浮かぶ色鮮やかな牡丹 大根島の「由志園」
出雲の旅でとっても印象に残ったところ。池に浮かぶ無数の牡丹が色鮮やかで美しいのなんの。

●2013年 03月 09日 「行ってきました! 鎌倉市 大船「孝虎」旨い魚と粋な酒
お友だちのダンナさまのお店なのですが、なぜか検索でこのページにたどりつかれる方が多いようです。
本当においしくてステキなお店なので、ぜひご紹介したいなと。

●2013年 05月 11日 「羊毛フェルトネコポーチ
前々から動物のポーチを作りたいと思っていたのですが、ひと工夫してリーゼントのネコポーチ(笑)が完成。

c0039735_19232132.jpg


エキサイトブログ編集部:いま一番したいことは?長い休日があったら何をしたい?
ricoさん:「旅」です。近年は、京都、奈良、出雲、伊勢など国内が多かったので、海外の行ったことのない国に行きたいです。街をぶらぶらして雑貨店や美術展などを見に行ったり、めいいっぱい予定をつめ込んだキツキツの旅がしたいです(笑)。
それから、昨年母の古希のお祝いができなかったので、今年こそ母を連れて新幹線が開通する金沢へ行ってみたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
ricoさん:あまりまじめなことを書いていないし、駄文ばかりの自己満足ブログですが、羊毛の「ほっこりあたたかなところ」がみなさんにも伝わったらいいな、と思って細々となんとか続けています(笑)。
最初にもふれましたが、「羊毛フェルトでプチ・ボヌール(=ちいさなしあわせ)」な感じをこれからもお伝えできればと思います。ときどき「ほっこり」したいと思ったらブログをのぞいてくださるとうれしいです。

c0039735_23195090.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【ricoさんのお気に入り&好きなブログ】

あんなくつこんなくつ
私の通っている靴教室のブログです。靴教室を探していて検索したらこのブログがヒットしました。
ほかの教室と比べてもみなさんがステキな靴を作られていたので、ぜひこの教室に習いに行きたいと思ったのでした。

ズーズにっき
羊毛作家Zoozさんの作る動物がかわいくて、更新をいつも楽しみにしています。
以前Zoozさんの作品展に行ってネコちゃんの羊毛バッグを購入したこともあります。

はしもとみおのナマケモノ日記
ユニクロのCMにも出ていらっしゃるはしもとみおさんのブログ。
もみじ市というイベントではじめて彫刻作品を目にしたとき、クオリティの高さにただただ驚きました。

IRIIRI アトリエ日記
KUCHI-PAKUアニマルスピーカーのデザインをされているIRIIRIさんのブログです。
同じくもみじ市で作品を拝見したのですが、個性的なお人形やポーチに目を奪われました。

ハルデコ日記
こつぶこ造形作家のハルデコさんのブログ。
制作されている雑貨も魅力的ですが、ワンちゃんやご家族、姪っ子さんも出てくるアットホームなブログで、
見ているこっちが楽しくなってしまいます。

ricoさんの「羊毛フェルトでプチ・ボヌール」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2015-01-28 22:37

c0039735_15202638.jpg思わずぷぷっと笑える4コマ漫画とユニークなイラストでつづったブログが大人気。アメリカの州立大学教授のご主人のちょっと笑えるエピソードから、ふたりの娘さんのアメリカの学校生活の話題をはじめ、家族のおもしろおかしい話題や何気ない日常をユニークな視点とセンスでとらえた漫画に注目です。

最近の引っ越しの話や日本滞在日記なども、「うんうん」「あ~、あるある!」とうなづけけることもいっぱい!さくさくっと描いた漫画も、パワーあふれるイラストも、どちらも見る人に楽しさを伝えてくれます。

今回は「イラスト・絵日記」ジャンルでいつもランキング上位に入る、アメリカ在住のイラストブロガー、「-AMERICAN DREAM-」の春子ママさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもエキサイトブログをご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
春子ママさん:こちらこそお世話になっております。
ブログを始めたのはもう6年も前でして、「きっかけは?」と聞かれてもはっきりした理由が思い出せないほどです。というより、これといったきっかけは特別なかった気がします。多分あのころは、子どもたちが高校生になって自分の時間が増え、暇だったのでしょう。暇になって「自分には他にやることがない」「仕事もない」「アメリカのオハイオ州は田舎で楽しみもない」「気の合うアメリカ人の友だちもいない」「日本人の友だちはほとんどいない」…。今考えるときっと寂しかったのでしょうね。
ネット上で社会と繋がりたいという気持ちと、このままボケたくないという気持ちから、英語付き絵日記ブログを始めました。英語は娘にしっかり添削してもらっていましたよ。現在、英語はつけていませんが。
そのとき、どのブログサイトにしようか検索していたら偶然素敵な写真ブログ、「Vivid memorires」さんを発見しまして「かっこいい」と思い、すぐexblogに申し込みました。

c0039735_15205858.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
春子ママさん:基本的にはアメリカに住む日本人家族の日常を4コマ、イラストでつづる絵日記ブログです。日本に住む友だちに話しかけるように気軽な気持ちでいつも書いています。
当初はアメリカの情報を満載にしようと考えていたのですが、それをするとなると、下調べもしないといけないし、間違った情報は入れられないし…で、自分が楽しめなくなり始めたのです。ですから途中からは、なんでも自分の書きたいことを書くようにしました。家庭内のことから近所の人の話、アメリカの学校教育、そして、ときには社会記事やセレブのゴシップなども、おもしろおかしく漫画にしています。
しかし、こんな個人的なブログでも一般公開しているわけですから一応ルールはありまして、どんな嫌な話、辛い話でも絶対にネガティブには書かず、読んだ人を不快にしない、楽しいブログにすることです。そうすることによって自分の気持ちも明るく保っていられるし、一石二鳥なのですよ。なんてかっこいいことを言っていますが、だいたい主婦の愚痴ブログになっちゃっていますね。あはははは。

c0039735_15232856.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログをはじめてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
春子ママさん:毎日の出来事を4コマにまとめるのって結構難しくて、頭を使うのでほんとボケ防止にいいなって思っているんです。それに楽しいオチを考えることで嫌な出来事でもポジティブに捉えることができるようになったし、人と話すときでもネタに困らなくなりました。特に英語で話すときって話すことだけでも大変なのに、話題を自分から提供するというのはさらに大変なんですね。でもブログで事前に出来事をまとめていると会話がスムーズに運ぶことが多くなり、助かっています。
また、このブログを見てニューヨークの日本人向け無料新聞、ウィークリービズさんから4コマ漫画依頼もありましたし、日本料理レストランのロゴの仕事もいただきました。他のイラスト依頼もあったりして本当にありがたいことです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
春子ママさん:テニスですね。ダンナと一緒にやっています。私は40の手習いで始めて、もう10年ちょっとやっています。ダンナは2年ぐらい前から私と定期的にやるようになりました。
はじめは手加減して私が教えてあげていたのですが、最近は試合でダンナに負ける率か高くなってきたんです。前は小手先で負かしていたのに。悔しいです。
前にブログにも書きましたが、今年は、腹筋を鍛えて筋肉を6っつに割らせる「6パック」を作ることが目標です!(笑) 脂肪はなんだか6っつ以上に盛り上がってますけどね。

c0039735_1522059.jpg


エキサイトブログ編集部:夢は?
春子ママさん:この歳で夢ですか、やっぱり4コマ漫画、イラストでもう少し仕事ができるといいですね。そしてそのお金で動物保護をサポートできるともっといいと思っています。いつか実現するといいなぁと夢見ています。

エキサイトブログ編集部:思わずぷぷっと笑える何気ない日常のマンガを楽しませていただいていますが、マンガを描き始めたきっかけや描く楽しさは?
春子ママさん:昔から絵を描くことは好きでした。でも大学は絵の方面には進みませんでした。しかし、結婚してアメリカに住むことになり、主人が永住権を持っていたので私は学生ビザで長期滞在しながら永住権を申請することになりました。その学生ビザで大学に戻ることになり、好きなグラフィックを選んだのです。それはアップルコンピューターの出始め時代でした。そして、無事大学を卒業して、さぁ就職しようとしたのですが、すぐに二人目ができて子育てに専念することを選びました。
それからだいぶたちましたが…、子育ても終わりかけた6年前に、またこうしてイラストを描き始めることができたのです。うれしいです。

c0039735_15223086.jpg


エキサイトブログ編集部:自分らしいタッチや描き方のポイント、マンガを描くために心がけていることやこだわり、記事アップの際に心がけていることなどは?
春子ママさん:描き方のポイントは別にないですが、自分らしい漫画&イラストが描けるときは、その漫画の内容に描く前から自分自身が興奮している時で、一気に描き上げられたときですね。なんだかハチャメチャな仕上がりでも味が出ているし、そのイラストからパワーを感じます。そういう漫画は後で読み返しても、その時の気持ちが蘇ってきて楽しいですね。なので、記事をアップするときには、ノリ/リズムがあるものにしようと心がけています。あんなブログでも何度も読み返し、修正しています。

理由はよくわかりませんが、ネタが一番出るときは、掃除機をかけている時です!ネタを考えていると、つまらない掃除も知らない間に終わってくれます。でもその思いつきを「掃除機が終わってから」と後回しにすると絶対忘れちゃうので、すぐに紙に書き留めるようにしています。とはいえ、メモの書き方がいい加減だったり、その紙を乱雑に扱ったりして、後で見ると何がなんだかわからなくなることもよくありますけど(笑)。
絵は「Adobe」の「Illustrator CS5」を使って描いています。もったいなくて、なかなかアップデートできないですね。現在は数年前に買ってお蔵入りしていたコミックスタジオEX4を使いこなせるように、自分で試行錯誤しながら勉強しています。

c0039735_15213864.jpg


エキサイトブログ編集部:アメリカ暮らしで印象に残ったことや日本との違いなどでおもしろいと思ったことなどがあれば…。
春子ママさん:結婚してすぐにアメリカにきました。子どもたちもこちらで生まれて育ちました。
でも長女が幼稚園に入った時、主人が「子どもが溶け込めないから教育はやはり日本」と言い出して3年ほど戻ったことがありました。しかし、戻ってみたら今度は主人自身が「日本は合わないから」と言いだして、またアメリカに戻ってきました。そんなこんなで計20年以上こちらです。
アメリカと日本の違いでひとつ思い出しました。会話している時に「わたし?」と言いながら確認するとき、日本人は自分の鼻を指でさしますよね。それも人差し指で。でもアメリカでは胸を軽く手で押さえながら「me?」ってやるんですよ。その違いってわかっていてもなかなか身につかなくて、ついつい鼻をさしてしまって、何度も真似されてからかわれたことがありましたね。きっとすごくアホっぽい顔に見えるのでしょうね(笑)。
あと…、そういえばアメリカに来てすぐの頃は、お酒を買うたびに「免許証を見せてくれ」と言われていました。30歳を超えてからもよくありました。その頃は「なめられてるな」と思っていましたが、最近はぜんぜん聞かれないので、何かの間違いで聞かれたりすると、もう有頂天で喜んでしまいます。「もうしょうがないなぁ、見せてあげるよ」ってな態度で(笑)。

エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
春子ママさん:アクセス数はアップしてほしいし、するとうれしいですが、そのために何か特別なことは、しているような?していないような?とにかくおもしろく、そして簡潔に読み手を飽きさせない程度の長さに一回の記事をまとめようと努力しています。
そしてコメントは必ずちゃんと読んで返す。まーこれは常識ですね。でもアメリカのブロガーさんは返事が必要なとき、もしくは答えが必要なとき以外はしないみたいですけど。

c0039735_1625365.jpgエキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
春子ママさん:朝食をゆっくり食べることですね。ダンナが毎朝おいしいコーヒーを入れてくれます。私はサンドウィッチ、フルーツを用意してテレビ見ながらゆっくり食べる。朝食をおいしくいただけるのは幸せなことです。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
春子ママさん:●「ダンナの冬休みーその1
ダンナの冬休みーその 2
ダンナの冬休みーその 3
ダンナの冬休みーその 4
ダンナの負傷した足〜その後
ダンナをコケ落とすと読者に大ウケします!そしてこれがそのウケけた漫画の代表作!実は私自身に一番ウケているのかも?

●「引越しするよ・その8
これは最近、家を売った時の話です。「引っ越しするよ」のカテゴリに話がまとまっていますが、大変なことがたくさんありました。離婚の危機もありました。アメリカ人の職人の出来の悪さにも参りました。とにかく漫画のネタには困らないイベントでした。その中のひとつの出来事がこれです。楽しんでください。

●「クレジットカードが使えないと/5」 
クレジットカードを不正に使われたときの話で5編に分かれているのですが、この最後の話は「捨てる神あれば拾う神あり」的で私が好きな話のひとつです。

●「感謝祭ディナーに必要なものは
感謝祭はアメリカではとっても大切な家族の祝日です。その理由と料理を紹介しています。

●「24時間:第1話:ママにはわからない
高校生の次女の1日を13話にまとめて漫画にしてみた第1話目です。我が家の次女は天然ボケでいつも失敗ばかり。でも本人は、しっかりしていて真面目だと思っているから困っちゃいます。

●「高校生の恋愛問題:前編
高校生の恋愛問題:後編
またまた高校生の次女の話で、題名の通りの話でございます。この時はバレンタインデーだったのでみんな彼氏、彼女が欲しくなるのだなぁ。

●「日本滞在—その1『一人旅』
日本滞在記も読者に評判がいいようです。そしてたくさんある滞在記の中でもこの年の滞在シリーズは私がひとりで先に日本に行き、二人の子どもたちは途中の空港で落ち合って後から日本に来ました。そして旦那は犬のシロとお留守番といういつもと違うパターンでしたので、漫画のオトボケネタが満載です。

●「我が家の今年一番のニュースは
このブログのメイン、そして家族の絆を深くしてくれた愛犬シロの話です。何度読み返しても涙が出ちゃいます。

●「とっても楽しみ
次女が州外の大学の寮に移るとき、長女と一緒に引っ越しを手伝ったときの話。引っ越しも済んで次女だけを残し長女と家へ帰るときの心配な私の気持ちを書いた4コマです。そしてその後に寮に入ったばかりの次女の様子をつづっています。

c0039735_15235261.jpg


エキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
春子ママさん:ほしいものは別にないです。最近引っ越しまして、いらない荷物を処分したばかりですからね。何もいらないです。ああ、ありました。やっぱり信頼できる車ですね。我が家のオディッセはもう16年目で、いろいろな意味で危なくて先日もその話でブログを書いたばかりです。興味があったら覗いてみてください。 「恥をぬぐい捨て」です。
見たら絶対「早く車買い換えてくださいね」って言いたくなると思います。

エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
春子ママさん:いつも覗きに来てくださるみなさま、そして初めてのみなさま、これからも楽しく元気を与えられるブログを更新し続けていきたいと思っています。
今年は、1月中旬からイギリス一ヶ月間、3月、4月日本と台湾、6月、7月イタリア、8月カナダへと旅行(旦那は仕事)が続きます。当分旅行記になるとは思いますが、旅行先からも写真と漫画で日々の出来事を楽しくお伝えしていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

c0039735_15242246.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【春子ママさんのお気に入り&好きなブログ】

自分にはできないことをさらりとアップしているブログを見るのが好きです。

トルコ子育て生活 
トルコで7人の子どもを育てる主婦の奮闘記。忙しいのに毎日ブログをアップされており、写真も満載。料理が手早くお上手!子どもたくさんっていいなぁ〜。でも私には無理。

TEPPEI 101
主に飛行機のブログ。私は飛行機に乗るのが嫌いなので不思議でついつい見てしまう。そして一生乗れないファーストクラスにいつも乗ってらっしゃるので羨ましい。

Vivid memories
わたしがexblogを始めるきっかけとなったブログです。

ローズ家のRosie
どこのドイツだ。ヨーチワだ!
我が家のトイプードルが亡くなってからこのブログで癒されています。シロ〜〜〜〜!あっ、私の亡くなった犬の名前です。

東京黒毛和豚 
ペットの豚の4コマイラストブログ。豚がこんなにかわいいなんて知らなかった。でも自分で飼うのは無理!なので、覗きたくなるブログ。

春子ママさんの「-AMERICAN DREAM-」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2015-01-16 17:59 | アート