今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

c0039735_7223734.jpg一日のはじまりを告げる朝焼けの風景や、ずっと眺めていたいほど美しい夕日の風景にうっとり。赤く染まった空や、ブルーからオレンジ色に変わる空のグラデーションがとても印象的です。
そんな壮大な空の景色をはじめ、四季折々に目にする季節の花々や植物、瀬戸内の自然の景色など、心癒される風景の数々をとらえた写真がとてもすてきです。
「神々しい朝日や夕日の写真にいつも癒されています」「元気をもらっています」と読者からも評判。
数々のフォトコンテストにも入選され、写真ブロガーさんの間でも注目されているおひとりです。

今週は、瀬戸内から美しい写真を発信し続ける「さぬき写真工房」のhirokazuさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
hirokazuさん:こちらこそ、いつもお世話になっております。
ブログをはじめたきっかけは写真をはじめて2年半ぐらい経ったときに身近な瀬戸内の風景をたくさんの方々に見てもらいたいと思い、思い切きって立ち上げました。
エキサイトブログにしたのはブログ立ち上げの時に相談した会社の先輩が、エキサイトブログで写真ブログをしていて「簡単でやりやすい」とすすめられたので、エキサイトブログにしました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
hirokazuさん:ブログのタイトルにもある香川県・讃岐地方の風景、そして季節の花などを中心とした写真ブログです。
僕の撮影の時間帯は早朝、夕方が多いので朝景や夕景の写真が多いので、早起きが苦手で「朝日なんかほとんど見たことがない」とか、「夕方は忙しくて夕日を見る暇がない」なんて方にはおすすめのブログかもしれないです(笑)。
あと夜明け前や日没後のBlue Momentsも僕のブログではよく登場しますよ。
あの深い蒼のグラデーションはたくさんの方々に見てもらいたいですね。

c0039735_726528.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
hirokazuさん:遠く離れていてもブログを通して会話し交流できるのはうれしいことです。
また、たくさんのブロガーさんたちが撮られたすばらしい写真、素敵な写真などを拝見し、刺激や癒しをいただいております。
そんなブロガーさんたちの写真を参考に、狭かった自分の世界がすごく広がり、今では少しだけフォトコンテストでも選んでいただけるようになりました。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
hirokazuさん:変わり者(笑)。自分自身で自分の性格をよくわかっておりません(笑)。几帳面なところがあり、「細かい男は嫌われる」ってよく嫁に言われております(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
hirokazuさん:やはり交流のあるブロガーさんにはお会いしてみたいですね。
昨年とある公募展で入選し、その公募展の写真展が今年の1月中旬に東京で開かれたので、僕は休日に日帰りの予定で上京し、数時間だけ写真展に顔を出したのですが、その時に交流のある2名のブロガーさんが貴重な時間を割いて見に来てくださいましてお会いすることができました。
短い時間でしたが、とても素敵な時間を過ごすことができました。

c0039735_725882.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
hirokazuさん:写真はもちろんなのですが、最近はフットサルもですね。
僕は体を動かすことが大好きなのでジッとしていられないのです(笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
hirokazuさん:僕の写真を見た人が感動し、心に残るような写真が撮れるようになりたいです。
あとはいつか瀬戸内の風景を集めた個展を開いてみたいです。

c0039735_993117.jpgエキサイトブログ編集部:とても心に残る写真の数々ですが、写真を撮る楽しみや魅力は? また、多くの写真展に入賞された経験があるようですが、自分らしい写真を撮るこだわりなどがあれば…。
hirokazuさん:写真を撮るようになったきっかけは会社の先輩に誘われて何気なく…です。写真歴は本格的にデジタル一眼を購入して撮りはじめたのは2004年の末ですね。
あれからよくこれまで飽きずに続いてるな~って自分でビックリしております(笑)。

写真を撮る楽しみは自分が見た感動、出合った感動を写真を通して残せることでしょうか。
さらには光を読んだり、ボケを活かしたりして写真でしかできない表現ができること。あと肉眼では見られないマクロの世界や長時間露光の世界など写真を撮るうえでの魅力だと思います。

ブログ紹介のところでもふれましたが、僕の写真は朝日や夕日が多いのですが、その時間帯の風景がとても好きなのです。
朝日は1日の始まりで元気がもらえ、夕日は1日の終わりで「今日も1日お疲れ様でした」と言ってもらえているような気がして、何度見ても飽きませんし、撮っててとても楽しい時間です。
今の時期は寒くて早起きするのがとても億劫になりますが、それでも今の時期の朝景は空気が澄んでいてとても綺麗なので、一見の価値はあると思います。

フォトコンテストは気負いせず楽しむことが大事ですね。そこが難しいのですが…。何度選ばれなくても諦めずに応募し続けることが入選への第一歩だと僕は考えております。ただ選ばれなければ何故選ばれなかったのかを考え、次に活かさなければ意味がないです。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
hirokazuさん:やはり家族と過ごす時間です。
休日には家族でいろいろなところに出掛けたりしています。
癒される瞬間は娘の幸せそうな寝顔を見たときです。

c0039735_7242260.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
hirokazuさん:●2011/4/14『Blue Moment&Crescent Moon
とても美しいBlue Momentsの時間帯。とても小さいですが、三日月も写っています。

2011/8/20『隔月刊 風景写真2011 9-10月号 テーマⅡ部門[紅の景] 優秀作品賞 「瀬戸落日』 
憧れの雑誌「隔月刊 風景写真」の中のフォトコンテストで初めて入賞した時の記事です。
入賞の通知を見たときの感動は忘れることはできません。

2011/9/30『2011 曼珠沙華
自宅の近所の田んぼの畦で撮った曼珠沙華です。
曼珠沙華の朱が綺麗に出てくれました。

2011/12/23『神戸1000万ドルの夜景
日本三大夜景の1つ、摩耶山・掬星台からの夜景です。
展望台はとても寒くて、鼻水すすりながら撮ったのを覚えています(笑)。

2012/1/7『光放つ
大好きな光芒、四方八方に綺麗な光芒が出ており、夢中でシャッターを切りました。

c0039735_727174.jpg


エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
hirokazuさん:長い休日があったら北海道に長期撮影旅行に行ってみたいですね。北海道の大自然を自分が感じるままにたくさん切り取ってみたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
hirokazuさん:澤穂希選手のFIFA最優秀選手賞(FIFAバロンドール)受賞。
日本人でもやればできるんだって思わせてくれたニュースでした。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
hirokazuさん:いつも僕の拙いブログに訪問してくださってありがとうございます。
みなさんのコメントがとても励みになっております。僕の写真を見て何かを感じていただけたらうれしいです。
あと、気づいた点などがあれば、気兼ねなく書き込んでいただけるとうれしいです。
はじめての方でも気軽にコメントを残していってくださいね。これからもどうぞよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【hirokazuさんのお気に入り&好きなブログ】

My photo
センスあふれる写真を撮られているshihoさんのブログです。
shihoさんのそのたぐい稀なセンスで切り取られるお写真をひと目見れば、誰もがshihoさんワールドに惹き込まれることでしょう。

Lovepan
パンシェルジュ検定1級合格者で、とても美味しそうな手作りパンの記事がメインのLovepanさんのブログです。
パンのみならずお料理、スイーツなどなどどれもプロ顔負けの品々です。
風景や花などの写真もとても上手く撮られています。

薄紅色の花
光の捉え方が抜群のmizuki-39さんのブログです。
mizuki-39さんの光の捉え方、ボケの活かし方はとても勉強になり、いつも参考にさせていただいております。

* thank you *
印旛沼をホームグランドに写真を撮られているmasamiさんのブログです。
印旛沼の朝景、夕景をはじめ、印旛沼以外の風景、マクロ、スナップなどどのお写真もハイレベルで素晴らしいです。

あの日感じた風
競馬写真がメインのsanisaniさんのブログです。
メインは競馬写真ですが風景やスナップ、マクロ写真などで数々のフォトコン入賞歴がある凄腕の持ち主です。




【hirokazuさんのライフログ】

瀬戸内の楽園―高橋毅写真集

高橋 毅 / 東方出版


尊敬している写真家・高橋毅先生の写真集です。この1冊に瀬戸内の魅力がたくさん凝縮されています。

水のゆくえ―米美知子写真集

米 美知子 / 文一総合出版


とても好きな写真家・米美知子さんの写真集です。どのページを開いても魅力的な写真ばかりです。




【hirokazuさんがお使いのカメラ、レンズ】

●カメラ:Canon EOS 5D MarkⅡ
●レンズ:Canon EF24mm F1.4L Ⅱ USM、EF100mm F2.8L マクロ IS USM、EF135mm F2.8(ソフトフォーカス機構付き)、EF17-40mm F4L USM、EF24-105mm F4L IS USM、EF70-200mm F4L IS USM、EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE、SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE

hirokazuさんの「さぬき写真工房」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2012-01-29 10:10

c0039735_19513467.jpg和菓子を連想させるようなブログ名ながら、実は個性豊かでかわいい犬猫たちがいっぱい。
15歳になる老犬ゴマちゃんを筆頭に、寒~い日は仲良くストーブの前に丸まる姿がかわいい猫のモナちゃん&うずらちゃん、きりっとしたお顔と性格が粋なシロップ姐さん、男前のグレコちゃん&ぼんたんちゃん、美猫のはるちゃんの6匹の猫たち。そして、いまは天使になってしまったけど、話の中にたびたび登場するグリちゃん、アールちゃん、あんちゃん、麦太ちゃん。何気ない表情やしぐさがなんともいえずかわいく、それぞれの個性をとらえた写真がとてもほのぼのしていて、癒されます。

そんなかわいい猫たちを描いたイラストも味わい深く、心があたたまります。体にいいと言われる石に描いてみたり、カレンダーにしてみたり。個展や絵本を手がけたり、昨年は被災地支援のチャリティにも参加されました。
ブログ開設のころからのファンも多く、「みんなかわいくって、楽しませてもらっています」と評判。ぐりちゃんやアールちゃんの闘病期にはたくさんの読者からのあたたかい応援もありました。

今週は、見ているだけで心がほっこりあたたまるブログ、「ゴマグリモナカ」のmichimichiさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
michimichiさん:こんにちは。いつもお世話になっております。
2004年の11月にホームページを作ったのがきっかけです。初めは日記をホームページにUPしていたのですが、開設して1週間でブログのほうが管理がラクそうだったのでブログに変えました。その時からエキサイトさんにお世話になってます。
ホームページのほうはいま、すっかり更新がストップしていますが…。

c0039735_19524838.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
michimichiさん:「ゴマグリモナカ」のmichimichiです。美味しいそうな名前ですが、ブログをはじめたときに、我が家で飼っていた大型犬ゴマと、白黒の立ち耳スコティッシュホールドのグリ、きじとらのモナの元の名前のモナカからつけました。7年が経って、ゴマも15歳になり、猫もしっかり者のモナ、甘えっ子のうずら、気が強い姐さんのシロップ、ひっこみじあんのぼんたん、俺様なグレコとFIVで年齢不詳のはるの6頭になりました。その間に2006年にグリが肥大型心筋症で、2010年にあんと2011年にアールがFeLVのリンパ腫で亡くなりました。

犬と猫との何気ない日常、表情。病気の看病記、保護猫の里親募集とその時々で記事が偏るのですが、ブログは欠かせないものになりました。その時々の犬と猫との生活の苦楽を、写真とイラストでつづってます。猫は絵のモデルですし猫たちの生活は、作品を生み出すインスピレーションを与えてくれます。
そして、7年の間に33頭保護猫がもらわれたのですが、里親募集のツールとして、ブログはかかせないものでした。今は募集をしていませんが、「のせのせかぶり隊」隊員募集やコンテストでもたくさんの方とつながりができました。初めのころはホームページでやっていたかぶり隊ですが、ブログではわかりやすいのが結果発表の記事かな。
これからは猫の絵や立体の作品もUPしていけたらいいな、と思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
michimichiさん:人とのつながりです。アールの闘病の時もたくさんの方に支えていたきましたし、作品の感想も励みになります。それと、撮りためた写真です。ブログをやってなければ、こんなに写真を撮らなかったと思いますし大切な宝物です。新しい発見は、ブログをはじめて文を書くことが好きだったんだとわかりました。

c0039735_1031136.jpgエキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
michimichiさん:文や写真で自分を表現出来ること。反応がダイレクトに返ってくることだと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
michimichiさん:マイペースです。直観型で感覚で動くタイプです。姉からは何をしだすかわからないと思われているようです。見た目は、とってもしっかり見えるらしいのですが、たまにすごい大きな失敗をします。ひとことじゃないですね。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
michimichiさん:展覧会などで来てくださる方が多くいろいろな方に会えました。遠くから来てくださった方もいて、ありがたいです。ただ、人が多くてちゃんと話せなかった方もいて、申し訳なく残念でした。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
michimichiさん:アイデアを考えているとき。たとえば、どんな作品をつくろうとか。苦しいけど楽しいです。雑貨とかインテリアを見るのが好きです。ハマっていることは、片づけ。

エキサイトブログ編集部:夢は?
michimichiさん:立体を含めた猫の展覧会を日本各地のギャラリーですること。地方の方もいらしてくださることがあるのですが、ほとんどの方が、展覧会に行きたいけれど地方なので難しいとコメントをくださいます。なので、いつかみなさんに作品を見ていただきたい。
ここ数年展覧会をすると仔猫を保護するというジンクスのようなものがあるので、しばらくは大人しくしていようかと思っています。

c0039735_19515868.jpg


エキサイトブログ編集部:とても愛らしいゴマちゃん、モナちゃんやうずらちゃんたちをはじめとする犬猫の姿にほのぼのしていますが、犬猫を飼いはじめたきっかけや犬猫と暮らす楽しみは? また、記事アップの際に心がけていることなどがあれば…。
michimichiさん:ゴマは、父親を亡くし同居していた甥のバースデープレゼント&クリスマスプレゼントでした。甥の父親が亡くなった年。「何が欲しい?」と聞いた時、「お父さんが、犬を飼うと言っていたので犬が欲しいとい」と言われました。1か月間「他のプレゼントにしよう」と説得したのですが気持ち変わらず、ちょうど子犬の貰い手を探していた知人からもらいました。結局、甥は世話をせず、すっかり私になつきました。
モナは、ゴマのかかりつけの獣医から飼ってくれないかと話がありました。尿道を切断された仔猫の里親をさがしていて、暴れん坊のゴマをしつけた様子を聞いて、そう思ったみたいです。
その後、ゴマの散歩で仔猫を保護したりで猫が6頭に増えました。個性的の子が多く、行動を見ているだけも楽しいです。

c0039735_8432134.jpgでも、楽しいことばかりではなく、悲しい別れもありました。若くして亡くなったぐりやあんとアールの思いでも短かったですが濃いものでした。おかげで、作品の中にたくさん登場しますね。以前、ぐりでブログの中で物語を作ろうと思い、ぐりが住むグリンティーハウスという世界を作りました。時間がとれなくて中途半端なのですが、ぐりが亡くなった時にグリンティーハウスに帰っていったというお話にしています。
旅立ちの準備やぐりからの手紙、保護猫が亡くなった時に描いたお話もあったので、みなさん、あんやアール、読者の愛猫が亡くなった時に「今ごろみんなでグリンティーハウスで、お茶を飲んでいますね」とコメントしてくれるんです。
記事アップの際に心がけていることは、わかりやすい記事にすることです。犬と猫のBLOGなので、見に来てくださる方がほっこりしてくださることが一番だと思っています。

エキサイトブログ編集部:かわいい猫のイラストを描いたり、展覧会などをされていますが、イラストを描き始めたきっかけやその楽しさは?自分らしさを出すために心がけていることなどがあれば…。
michimichiさん:もともと絵を描くのが好きだったのですが、いつのまにかイラストレーターになっていました。ブログをはじめて猫の絵をたくさん描くようになりましたが、ブログに描くようになったのは、カメラに収められなかったりした猫の様子を表現するのに絵で描いたほうが楽しいと思ったことがきっかけです。
今、姫川薬石に絵を描いたりもしています。アールが、この石が大好きだったのです。きっと体が楽だったのかなと思っています。姫川薬石は、微弱な自然放射線(B線)を出していて、体に良いホルミシス効果というのがあるといわれています。癒しとして身近に置いてもらえたらいいなと思ったのがきっかけですが、机の上に石があるより絵が描いてあるほうが楽しいかなと思ったのと。取りあえず手にとってほしかったからです。

ブログにはコミカルに描いていますが、展覧会の絵などはまた違いますね。タッチも気分によって変えてしまうのですが…。筆でささっと描くのも、アクリルでじっくり描くのも好きです。猫を描く時は、何か考えてそうな顔とか、ちょっといじわるそうな顔を描くのが好きなんです。

c0039735_847095.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
michimichiさん:保護猫や猫の闘病が続いたので、なかなか思うように作品を作る時間がつくれなかったり、ボーっとする時間がなくて頭の切り替えが上手くできなかったりしたことが数年続いたので、作品を作れる時間がもてることは幸せで大切にしたいと思うようになりました。カメラを持たないで、ゴマや猫たちと触れ合っている時は癒されます(笑)。

c0039735_8504939.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
michimichiさん:●2006.09.30 猫になりたい 猫帽
ゴマの毛を羊毛フエルトの要領で作った猫帽です。今は、散歩に行きませんので懐かしい。ゴマの笑顔がはじけています。

●2011.10.17 バイバイ
亡くなった子たちは、「旅立ちの準備」というタイトルの絵を描くのですが、アールが亡くなった時、きっとこんなふうに軽い気持ちで旅立ったのではないかなと描いたものです。

●2011.01.13 かいぢゅうが・・
駆虫しても駆虫してもお腹に虫がいるアール。かいちゅうじゃなくて、かいぢゅうがいる(笑)。

●2011.02.17 おやすみなさい
こういう何気ないのが好きだったりします。

●2009.01.03 福のまねきかた
シロップは性格がきつく、姐さんとよばれているのですが、いいキャラで人気があります。

●2006.12.01限界です
保護猫がくるといちばん面倒をみてくれるのがモナ。助かってます。

●2005.12.10 良い日
自分を元気にさせようとUPしましたが、みなさんにも好評でした。

エキサイトブログ編集部:3日間のフリータイムをもらえたら何をしたい?
michimichiさん:3日のフリータイムがあったら。温泉にはいってリフレッシュしたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
michimichiさん:姪が結婚して福島県にいるので、原発関係、地震関係は気になります。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
michimichiさん:いつもブログに来てくださりありがとうございます。みなさんに支えられてゴマグリモナカも長く続けられたと思います。忙しくなるとコメント返しができなくなりますが、みなさんのコメントはうれしく読んでいます。これからもよろしくお願いします。

c0039735_848862.jpg

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【michimichiさんのお気に入り&好きなブログ】

しろいねこ
めわさんとすえこちゃんの人気ブログ。ブログを始める前に猫雑誌で、ぐりとすえこちゃんが人気投票で接戦になった仲です。ご長寿猫として、これからも元気に過ごしてほしいです。

LAVVO
「ポケットにタコノマクラ」の結城伸子さん。
結城伸子さんが作る雑貨があったかい。出てくる雑貨も猫のふぐちゃんもかわいいです。

ひょうたん*カメラ。
ひょうたん好きなので。お散歩で、出会った風景や気になるものを撮っているnezuminekoさん。猫がいたら撮られずにいられないにちがいありません。

a+discovery vol.2英国と暮らす
イギリスのお菓子など調べていてたどりついたブログです。英国の日常の生活のことなど興味深く読んでいます。

カエルに似ている
フレブルをこよなく愛する造形アーティストのかぶだよしさんです。濃い記事にノックアウトされることもしばしば。犬コマ漫画は必見です。



【michimichiさんのライフログ】

木を植えた男を読む

高畑 勲 / 徳間書店


フレデリック・パックの作品集です。展覧会で膨大なデッサンを見た後に見ました。「木を植えた男」は、手書きで一枚一枚丁寧に色鉛筆で描かれたアニメーションです。やさしいタッチですが、力強い作品です。

クリムトと猫

ベレニーチェ カパッティ / 西村書店


アーティストと猫ということで選びました。クリムトが飼っていた猫が語る形で、クリムトの生涯を絵本にしています。絵も素敵ですが、クリムトの作品のモチーフの幾何学模様がつかわれていたり、金色がつかわれていたり海外の絵本の豪華さに目が奪われました。

michimichiさんの「ゴマグリモナカ」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2012-01-21 10:36

c0039735_162267.jpgていねいな手仕事から生まれる切り絵。透かして見ると光と影が映し出すシルエットがとても幻想的で、独特のムードを醸し出しています。
手の込んだ繊細な作品から、シンプルで洗練されたアートな作品、物語を想像させるような味わい深いものなど、どれもオリジナル感のあるすてきな切り絵の数々に魅了されます。

また、軽やかでやわらかなタッチで描かれたイラストは、キュートでやさしく、心癒されます。
ときには消しゴムハンコや心あたたまるハンドメイド作品を紹介したり…。シックな雰囲気のある写真を紹介したり…。

今週は「nao-leeさんの切り絵もイラストも大好き」というファンが多い、アート感覚あふれる「MONO STYLE +」のnao-leeさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
nao-leeさん:はじめまして。nao-leeです。
今日はよろしくお願いします。
ブログをはじめたきっかけは、制作活動をしているアーティストの友人から、「作品を知ってもらうためにちゃんと発信しないと!」と言われ、HPよりはブログの方が継続しやすいというアドバイスをもらってブログをはじめました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
nao-leeさん:私は、関西を中心にキリエを作ったりイラストを描いたりしています。
私の「切り絵」は、和というよりは洋風なテイストを取り入れたいと思っていて、漢字で表すと堅苦しい感じもするので敢えて片仮名で「キリエ」と言っています。
ブログには、作品をはじめ、出先で見つけたものやお気に入りの場所や食べもののことなどもアップ。
街を歩きながら、よくキョロキョロしています。時には壁にぶつかったり、道に迷ってしまったり(笑)。
どちらかと言えば、いろいろ見ているうちに遠回りするほうなのでしょう。私の生き方もそうかもしれません。
でも、そこで見たものや感じたことが作品作りにつながっていると思います。

自分の好きなテイストのものが多く、好みは人それぞれですが、気になった雑誌をカフェでめくるような感覚で見ていただけたり、私の作品を見て、ほっこりしていただけたらいいですね~。
参加型と言えば大げさですが、一緒に楽しもうということでブログ上の「キリエの時間」や「white work」の中で作り方も紹介しています。

c0039735_1882719.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
nao-leeさん:ブログは、自分の世界観も広がりますし、同じ趣向の方とそれについてお話できたり、教えてもらったりと新しい発見がありますね。
また、自分の作品に対してうれしい感想をいただいたり、応援していただけることはすごくうれしいことですし、とても励みになります。
実際にお会いしなくても、こういう人とのつながりもあるんだなぁって実感しました。ブログの世界から抜け出して、実際にお会いできたり…、これもまた楽しみです。

c0039735_18333859.jpgエキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
nao-leeさん:ひと言で言うなら、感覚を重んじる人。意外とこの感覚が当たるんです(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
nao-leeさん:いつもブログ上でお話している方々とは、お会いしてみたいと思いますね。
実際に、お会いできた方々もいますが、みなさん魅力的でした。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
nao-leeさん:ブログタイトルにもあるように、ものを見ることや作ることが好きなんです。
作る面では、画材屋さんや専門店にいくとワクワクします。
アンティークなものや雑貨、器・紙も好きですね。

ブログをするようになってからは、写真を撮ることにすっかりはまりました(笑)。
そのぶん、以前に増して、いろんなものに目がいくようになりました。

エキサイトブログ編集部:夢は?
nao-leeさん:マイペースながらできるだけ長く好きなもの作りを続けていき、絵本や作品集を出したいです。

エキサイトブログ編集部:素敵なイラストや切り絵の数々に魅了されますが、イラスト&切り絵をはじめたきっかけや絵を描くことの楽しさ、切り絵の魅力は?また、自分らしいイラストや作品作りのポイントについて、記事アップの際に心がけていることなどがあれば…。
nao-leeさん:ありがとうございます。

c0039735_18261085.jpg言葉で伝えるのがあまり上手くないので、いつしか絵を描くようになりました。
絵があると、思いのほかすんなりと入っていけるのです。
子どもの頃はよく本を読んだり、絵を見るのが好きで、絵から影響を受けてしまったり、絵を通して出会った方から新たな刺激を得たり。
20代の頃にヨーロッパを長期旅行してさらに「描きたい」「作りたい」という気持が増し、今に至っています。
特別に絵の勉強はしていませんが、今まで影響を受けた絵が私にとっては師であり、見たものすべてが素であると思います。
やめようと思ったこともありましたが、結局のところ好きなので止められないんです。

キリエはいつのころからか夢中になって作っていました。色ではなく、線や面で表現するキリエはイメージを膨らます手段になります。イラストの仕事の時にもシルエットをキリエで作ってみたりしていました。
どちらかと言えば、キリエのほうが時間を忘れて黙々と作ってしまいますね。

イラストは上から色を加えて作っていくといった技法。キリエは何もないところからくり抜いて作り出すといった技法。くり抜く割合によって見せ方が変わってきます。この違いが楽しいです。
作品を作る時には、間や遊びを入れて、あまり力を入れすぎないことに心がげています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
nao-leeさん:ぼーっとする時間と作品作りに打ち込める時間。相方と街散策する時間。
時間に追われてしまうと創造心が生まれてきません。
ついついものを作り出すと引きこもるので、いつも連れ出してくれる相方には感謝です。
街散策では、発見もたくさんあり、いろいろなイメージ作りにつながります。
私にはひとりでいる時間とそうでない時間が必要ですね。

時に、追い立てられることはありますが、自由に作品を作っている時間は癒されます。

c0039735_18291660.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
nao-leeさん:●one seed (2007-11-15)
消しゴムはんこでつくった小さなお話。
絵本をめくるような感じで見ていただくことができました。

そこからみえるもの(2010-04-02)
キリエの世界観をより感じてもらいたいと、影絵仕立てにて物語風に。
キリエの作り出す影が私は好きです。

福だるま 2012(2012-01-02)
ブログをはじめた年から続けています。

夕方の事( 2012-01-09)
自然が作り出す一瞬のでき事。美しいなぁ。すごいなぁと実感することが多いです。

ひとつだけ (2007-12-13)
二つの絵で作った作品シリーズのひとつ。
単調なものですが、ご好評をいただきました。

キリエ de 童話(2008-08-22)
キリエで『注文の多い料理店』を表現してみたものです。こちらも読者に好評でした。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
nao-leeさん:滞在型の旅が好きなので、生活を楽しみながら国内・海外をまわってみたいです。
そんな旅の様子をイラストを加えながら紀行本にしてみたいですね~。

c0039735_18162994.jpgエキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
nao-leeさん:関空から北海道や九州まで、往復500円でいけるというびっくり企画。
飛行機自体が空を飛んでいることもいまだに不思議ですが…。
時代は変わっていくのですね。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
nao-leeさん:訪問してくださる方がいるおかげで、こうして楽しく続けてこられています。
ブログを通じて出会えたご縁に感謝。
つき並みですが、「いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします」。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【nao-leeさんのお気に入り&好きなブログ】

●「cafe ‘blanc’
私も好きな北欧の器においしいそうに盛られた食事風景など、
fuchsiaさんは、こだわりをもった生活を送られておられ心地よいブログです。
時おり拝見する刺しゅうや手作りのバッグや服もステキです。

●「ちりめん戯縫
ちりめんを用いてもの作りをされておられるひいなさん。
ひいなさんを通して、古裂 を使われた奥深いちりめんの世界を知りました。
ひいなさんにしか出せない世界観に魅了されっぱなしです。

●「o-max style
素敵な大人のセンスに憧れます。
心に染みることばもあればユーモアにもあふれ、ブログを通じてお人柄が伝わってきます。
ものを思う気持ちが感じ取れる写真もまた魅力的です。

●「a creative mint
かわいいお花やデザインといったアイデアの宝庫。
ここからなにかヒントをもらったりと、雑誌を見るような感じでみています。

●「そこのまる
養老先生宅の猫のまるちゃん。
ブログを覗くたびに癒されます。




【nao-leeさんのライフログ】

Paper Engineering: 3-d Design Techniques for a 2-d Material

Natalie Avella / Rotovision


紙を使った作品やカードなどが多数掲載されています。ページをめくるたびに驚きがありました。

きりのなかのサーカス

ブルーノ ムナーリ / フレーベル館


ブルーノ・ムナーリ氏の絵本はとてもすばらしいです。
トレーシングペーパーを何枚も重ねて、霧の中の町を表現したり、色紙や穴あけなどを使った絵本。その完成度は感動ものです。

Moon of Manakoora

Janet Seidel / La Brava


ジャズの名曲をジャネット・サイデルのボーカルと心地よいウクレレで。
天国に持っていきたいCDと言われた意味がよくわかります。
このアルバムを聞いているとのんびりゆったりした気持になれます。

datum

Musette / インパートメント


キリエを作る時には歌詞のない曲を流すことが多く、よくかけているもの。スェーデンのアーティストのアルバムで、幻想的でもありかわいくもあり、いろいろなイメ-ジが広がるアルバムです。

nao-leeさんの「MONO STYLE +」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2012-01-11 21:12