今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

c0039735_17134671.jpg家族と離れてオーストラリアで暮らすしっかり者の長女の伊織ちゃんを筆頭に、弟君の面倒見がよくてかっこいいお兄ちゃんたちに、あどけない笑顔がかわいい小学生の弟君たち、総勢七男一女の大兄弟。家のお手伝いはみんなで協力してやり、兄弟仲良く、いつもワイワイ楽しく暮らす「フォーサイス一家」は、国際大家族として、テレビにも何度か登場したことがあるので、知っている方は多いはず。
そんな大家族ならではの思いやりやほほえましい家族愛が伝わるブログは、読者にも大人気です。

オーストラリア人のご主人と国際結婚し、8人兄弟の母として、日々成長していく子どもたちをあたたかく見守る親心、そして、親元を離れながらもたくましく育っていく子どたちの様子や家族の絆も伝わり、思わず、「がんばって!」と応援したくなってきます。

今週は、そんな心あたたまる大家族の日常をつづった、「大家族フォーサイス劇場」のマミーさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
マミーさん:長女が、中学を卒業して、オーストラリアの高校へ行った時、家族の様子をリアルタイムで長女に見せたかったのがきっかけです。
家族と離れて暮らす長女に家族の様子を伝えるとともに、フォーサイス一家で起った出来事をフォーサイス劇場として記録し、将来、子どもたちと楽しく思い出せれば良いなあと、考え、「フォーサイス劇場」を2005年の4月からスタートしました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
マミーさん:私には夫ジムとの間に8人の子どもがいます。子どもたちは、毎日おもしろおかしい出来事を見せてくれます。そして、毎日、成長しています。そんな子どもたちの成長と楽しかった出来事について写真入りで記録しています。テーマはやはり家族愛ですね。
私のブログ、フォーサイス劇場に登場するのは、まず「ダディ」ことジム・フォーサイス。オーストラリア人(57歳)。子どもたちにはとってもやさしいけれど、厳しくもあるダディです。海外留学斡旋会社と英会話学校を経営しています。
私、「マミー」ことフォーサイス幸子は日本人(51歳)。子どもたちがかわいくて、つい甘やかしてしまうマミーです(笑)。
長女の「いおりん」こと伊織(22歳)は、 いまオーストラリアに住んでいますが、とってもやさしいお姉ちゃん。長男「ありま」こと有間(20歳)もオーストラリアに在住のやさしいお兄ちゃんです。二男「おりと」こと織人(19歳)はちょっとまじめなお兄ちゃん。三男の「うっくん」こと右京(16歳)は、ちょっとひょうきんなお兄ちゃん。四男「エイくん」こと永之介(14歳)は、ちょっとクールなお兄ちゃんです。彼も今、オーストラリアに住んでいます。
五男「イブちゃん」こと伊吹(12歳)は、おうちのお手伝いをよくするお兄ちゃん。六男「アオちゃん」こと青羽(10歳)はサッカーがうまいお兄ちゃん。七男の「ウリュちゃん」こと宇龍(7歳)はかわいい末っ子です。
伊織、有間、永之介の3人以外はみんな日本でいっしょに暮らしています。国籍はみな二重国籍です。
上の子が下の子をよく面倒見たり、家の手伝いをしてくれたり…心あたたまる家族の日常、大家族ならではのにぎやかな毎日をみなさんにも楽しんでいただければいいなと思っています。

c0039735_17144880.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
マミーさん: たくさんの人からの励ましのコメントを毎日得ています。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
マミーさん:みなさんからコメントをもらえるので、それが励みになっています。ブログは写真もたくさんUPできる点がいいですね。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
マミーさん:いろんなことに挑戦する人です。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
マミーさん:今は大学生になって、オーストラリアで暮らしている長女の伊織に会いたいですね。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
マミーさん:自転車に乗ること。先日、家族みんなでサイクリングしたことはとってもいい思い出になりました。

エキサイトブログ編集部:夢は?
マミーさん:家族の中の有志と、2週間くらいサイクリングしながら、キャンプしたり、水晶や珍しい石や、化石を掘って、集めたいですね。

c0039735_17152923.jpg


エキサイトブログ編集部:とても仲の良い大家族のみなさんの暮らしぶりに心があたたまりますが、大家族ならではの楽しさや子どもたちのかわいさは? また、記事アップの際に心がけていることなどがあれば…。
マミーさん:とりあえず、いつもにぎやかです。子どもたちは大きい子が小さい子を助けて、見ていて本当にほほえましいですね。
そんな点はやはり大家族ならではよさだと思っています。
主人と出会ったのは、オーストラリアの専門学校で、私が日本語の講師をしていたときです。主人は生徒でした。
主人も私も二人兄弟で、「もっとたくさん、兄弟がいれば楽しいだろうな」と子ども時代に思っていたわけです。
結婚当時、主人は「6人子どもが欲しい。」と言っていました。私は、「女の子が3人欲しい」と言っていましたが…。いつのまにやら、ひとりの女の子と7人の男の子が生まれました。
子どもたちは仲が良く、いつもがやがや、わいわい遊んでくれます。「退屈ですることないよ」と言う子はいないですね。
兄弟同士の思いやりや協調性も自然と生まれるので、大家族でよかったなと思っています。
記事のアップの際は、そんな大家族の楽しさを伝えたくて、いつも子どもたちのかわいい、笑っている写真を貼っています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
マミーさん:大切にしている時間は夕食前や後に宿題をみてやる時間。癒されるのは、子どもたちが進んで家事を手伝ってくれたとき。忙しい私にはとってもうれしいですね。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
マミーさん:★気に入っている記事
●2011年11月3日 ハロウインパーティ   
家族みんなでハーリーポッターに仮装し、ハロウインパーティに出席しまいした。コンテストで1位から4位までをフォーサイス家で独占した記事です。

c0039735_17164614.jpg


●2011年11月6日 サイクリング     
マミーとダディの夢だった、「家族みんなでサイクリング」を実現した思い出の記事です。
みんながこの日のことを覚えてくれたらうれしなと思うほど楽しい一日でした。

●2011年11月12日 オーストラリア!!!!! 私が伊織のパソコンを使って、オーストラリアでUPした記事です。
オーストラリアにいる子どもたちと過ごした休日。とっても楽しい思い出です。

★読者に好評だった記事
●2011年10月4日 運動会
私もダディも子どもたちの運動会を見るのが大好きです。この日も3人の子どもたちががんばった小学校の運動会がありました。
子どもたちのがんばる姿と、おばあちゃん&従妹のなおみちゃん特製の超豪華なお弁当がみなさんに大評判でした!

●2011年9月24日 3男右京
高校に入学して陸上部でがんばる右京のことを紹介した記事です。どの大会に出ても、400メートルで決勝に残るほどで、このまま記録を伸ばしていくと、インターハイも夢じゃないそうです。そんな右京を家族みんなで応援していますが、読者のみなさんにもたくさんの応援メッセージをいただきました。

●2011年10月21日 秋祭り
祭りに行くために、家族みんながマミーに協力してくれたある日のこと。ダディがピザを作ってくれ、オリ兄ちゃんが率先して掃除をしてくれました。「家族みんなで協力してくれて素敵ですね」とコメントをいただきました。

c0039735_17155972.jpgエキサイトブログ編集部:最近、感動したことは?
マミーさん:長い間音信普通だった人と、突然、めぐり合ったことです。
大学時代に親友だった人なのですが、卒業以来、会うことがありませんでした。MIXIサイトで検索をしたら、
名前がヒットし、その後は、相手に私のブログを教えて、詳しく近況報告することができてうれしかったですね。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
マミーさん:世界経済の低迷と地球温暖化、東北の復興についてです。特に、東北のみなさんが一日も早く安心して暮らせる日が来ることをお祈りしています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
マミーさん: いつも見に来てくださっているみなさん、ありがとうございます。
みなさんのコメントがとっても励みになっているので、訪問されたらぜひコメントをくださいね。
楽しみにしています。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【マミーさんのお気に入り&好きなブログ】

なかなか忙しくてみなさんのブログにお邪魔できないため、選ぶのが難しいので、私の長女のブログをひとつご紹介します。
フォーサイス伊織のAUZZIEライフ
長女の伊織が書いているブログです。離れていてもオーストラリアでの生活ぶりや近況がわかるので楽しみにしています。




【マミーさんのライフログ】

青い城 (角川文庫)

モンゴメリ / 角川グループパブリッシング


もつれた蜘蛛の巣 (角川文庫)

モンゴメリ / 角川書店(角川グループパブリッシング)


赤毛のアンの作者、ルーシー・モンゴメリが書いた「青い城」と「もつれた蜘蛛の巣」という本に感動しました。
主人公はみんな、結婚を考えているけれど結婚できそうにないと思っている女性とか、幸せになりたいけれど、まだ幸せじゃない女性たちが主人公なのですが…。みんな少しずつ、自分自身を変えていって、最後には全員、幸せになるんです。読み終わったとき、とてもうれしかったですね。

「サウンド・オブ・ミュージック」オリジナル・サウンドトラック

サントラ / BMG JAPAN


感動した音楽は「サウンドオブミュージック」の中の「ひとりぼっちのヤギ飼い」。先日、小学校で6男の学年(4年生)が音楽発表会で歌った、サウンドオブミュージックのヨーデルがたくさん出てくる歌です。
ヨーデルがとっても美しくできていた上、まるで、ウイーン少年合唱団かと思うほど、子どもたちがかわいらしかったからです。

マミーさんの「大家族フォーサイス劇場」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-11-25 23:10

c0039735_17362698.jpg妹思いのやさしいお兄ちゃんと、笑顔がとびきりかわいい妹さん。ふたりの自然な表情やしぐさに、思わずこちらまでにっこり。やわらかい光に包まれた印象の写真に、心がほっこりあたたまります。
妹さんの誕生を心待ちにし、生まれてきたときには大喜びしたお兄ちゃんのエピソードや、くりくりお目目がとっても愛らしい妹さんは“家族みんなの元気の素!”…というお話しなど、写真に添えられたストーリーにも、家族の愛がいっぱい詰まっています。

そんな、ふたりの成長を見守る読者の視線やコメントもとってもやさしく、「見ているだけで幸せな気分に包まれる」と評判です。
また、家族でお出かけした先で目にした四季折々の花々や自然の風景にも、心癒されるものがあります。

今週は、パパのやさしい視線でとらえた癒し系写真ブログ、「A moment of...」のBOBOさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
BOBOさん:こちらこそ、いつもありがとうございます。
7年前に息子が生まれて、写真をきれいに残したいという思いが強くなり、一眼レフを購入したのがきっかけです。
子どもの成長記録として、別のサイトで子ども写真のブログを運営してたのですが、写真に関していろいろと勉強をしていくうちに花や風景写真など興味が広がり、子ども以外にも好きな写真をアップしようと3年前にこのブログを立ち上げました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
BOBOさん:何ごとにも慎重な7歳の息子と、ちょっと歳の離れた行動的な1歳の娘が見せる日常の何気ない姿を中心とした写真ブログです。娘がやっと息子と一緒に遊べる年齢になってきたので、これから息子と娘がともにどんな姿を見せてくれるのか、私自身も楽しみだったりします。

子どもを被写体としてスタートした写真なので、やっぱり子どもの写真が一番好きなのですが、その時に見た光景や見つけた花や植物など、自分が興味を持った被写体全般に対してカメラを向けるようになってきました。
ブログのほうは、気に入った写真をその時の気分で選んでアップしてるような気ままなブログになっています。見に来てくれる方が、「この写真、いいなぁっ」って、少しでもいいから楽しんでもらえたらうれしいです。

c0039735_17371745.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
BOBOさん:たくさんのブロガーさんが撮られたすばらしい写真や個性的な写真を見せていただいて、日々刺激を受けています。「こんな写真撮ってみたいなぁ」とか、「これがこんなふうに撮れるんだ」とか、写真に対する探究心やいろいろなものへの好奇心とかが膨れ上がっていきます。
今まで気にも止めなかった小さな花や虫、そういったものに目を向けるようになったことで、すごく世界が広がったなぁと思います。
そうやって広がった世界のおかげで、いろいろなフォトコンにも入賞するようになり、さらには私の写真が広告やパンフレットにも使っていただけたりと、うれしい広がりを得られました。承諾をいただいた企業さんに関しては記事の中で公表させてもらったりしましたが、公表できないものも結構あったりします。この経験はブログをはじめていなかったら実現しなかったことだと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
BOBOさん:マイペースで気分屋な典型的なB型だと思いますね…。
好きなものにはすごく凝るけれど、基本的には飽きっぽいので続かないものが多いです(笑)。
写真には自分が予想もしていなかったほどのハマり具合ですけどね。

c0039735_17385624.jpg


エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
BOBOさん:やっぱり交流のあるブロガーさんには会ってみたいですね。
子ども写真を撮られている方にはお子さまにも。
昨年ですが、一度オフ会に参加して何名かの方にはお会いしたのですが、ブログで見ていた子どもたちが目の前で遊んでる姿にちょっと感激しました。そして、みなさん想像通り、“子ども大好き”って感じが伝わってきて楽しかったです。
私は、人見知りな性格もあるので、またの機会があればもう少しお話したいなぁと思ってます。他にも、出かけた先で声をかけていただいたこともありますし、コメントで「今日はどこどこで遊んでませんでしたか?」なんてこともあったりします。きっと気がつかないだけで、いろいろなブロガーさんとすれ違っているんだろうなぁって思うとおもしろいですね。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
BOBOさん:子どもと遊ぶことと写真ですね。
もっとうまく撮りたいと、独学ですけど写真の勉強をしています。なかなか上達しませんけど(笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
BOBOさん:何というか、感動というか、気持ちを伝えられるような写真が撮れるようになりたいです。
子ども写真に限らず、花や風景など自然写真でも、自分が感動したものをそのまま表現してみたいですね。
それと、子どもが大きくなってから、撮り続けた写真を一緒に見て思い出話とかもしたいですね。
ひとつ目は、厳しいですけど…、二つ目は、そんな時が来るのがすごく楽しみです。

c0039735_17392862.jpg


エキサイトブログ編集部:仲の良いお子さんの写真がとてもかわいく、心癒されますが、お子さんの写真を撮る工夫や楽しみは?また、自分らしい写真を撮るこだわりなどがあれば…。
BOBOさん:写真をはじめるようになったのは、息子が生まれた2004年からですね。それまではコンデジでカメラ任せって感じでした。人さまに見せられるような写真じゃないです(笑)。
一眼レフを使い出してからは、撮りたい表現に合わせて自分でいろいろできる楽しさに夢中に。なかなか思い通りには撮れないのがもどかしいです…。
でも簡単に撮れない難しさがあるから、撮影技術を身につけたいという一心でハマっていったんだなぁって思います。

子どもを撮る時は、基本的にはまず一緒に遊ぶところからスタートするのがほとんどですね。子どもって遊んでるときが一番イキイキした表情だったり、自然な笑顔を見せてくれたりしますよね。そんな瞬間的に見せるかわいい表情とかを上手く撮れたときは、すごくうれしくなります。一緒に夢中になりすぎて撮るのを忘れちゃうことがよくありますけど(笑)。
あとは、子どもの性格から行動を予測するのも大切だと思ってます。こんなイタズラしたらどんなリアクションするか、次にどこに行こうとしているのか…。そういった行動を先読みして待ち構えてみたり、その先読みを利用して、撮りたいシチュエーションがあるときはその場所へ誘導するように作戦を練ってみたりしています。「そこで撮るよ」なんて言ってしまうと、途端に表情が固くなっちゃいますから。
子どもの気分次第で、上手くいったり、いかなかったり、いろいろな駆け引きを楽しんでいます(笑)。

相方には、自分が一番楽しんでる、ってよく言われますけど、親が楽しむってことも大切だと思います。子どもって親が楽しんだり喜んでる姿を見ると、同じようにすごくうれしくなりますよね。だから自分も思い切り楽しむようにしてます。

c0039735_1740978.jpgエキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
BOBOさん:これはやっぱり家族みんなで過ごす時間でしょうね。平日はどうしても一緒に過ごす時間がほとんどなくて、夜にひとり食事を終えてから遊んだり、お風呂入ったりする時間が楽しいですね。平日に過ごせる時間が少ない分、休日は思う存分遊ぶためにいろんな場所に出かけています。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
BOBOさん:●2010/02/11 『息子専用 EF300mm F2.8L IS
息子専用にEF300mm F2.8L ISというタイトルで驚かれた方がたくさんいらっしゃいました。まさか子どもがそんな高価で大砲みたいなレンズを持てるとは思ってもいませんからね。
実際にはペーパークラフトで作った紙のレンズなので重くもなく、値段もお安く(笑)、でも精巧にできているおかげで息子もすごく喜んでくれました。

●2010/03/14 『ホワイトデーは手作りシュークリーム
息子とよく料理やお菓子作りをするんですが、男二人で作る料理なのでみなさんの期待値は低いんでしょう(笑)。上手く仕上がった今回のシュークリームは好評でした。もちろん作った息子も大喜びです。今ではお菓子や料理を自分から「やりたい」と言うようになりました。

2010/06/20 『父の日 2010
父の日に息子が作ってくれたトントン相撲のオモチャ。わざと負けてあげることがほとんどないため、いつも真剣勝負。ところが、この相撲だけは息子が完全勝利。あまりのうれしさの笑顔とその後の自慢げな表情に思わず笑っちゃいました。

2010/07/06 『僕が!僕が!
待望の二人目が誕生。息子も出産に立ちあったおかげで妹への愛情がいっぱい。誰かが抱っこしていても「僕が!僕が!」を連呼して、いつまでも離さない息子の姿が忘れられません。

2010/09/26 『絵の具でやられた~!
普段はイタズラできないカメラに対して、ここではやりたい放題。ガラス越しだからカメラもレンズも汚れることはないから、ここぞとばかりに落書きした気分を味わってました。普段できないことをするときの楽しそうな様子が印象的でしたね。

2011/07/03 『明治安田生命 2010 マイハピネスフォトコンテスト
娘の出産意立ち会った直後、初めて母親の胸に抱かれた妹の姿を兄として初めて見つめた瞬間の写真。これは賞をもらったということよりも、息子がそのときの「やっと会えたね」って言葉を、写真を見て思い出してじっと見つめていた姿に心打たれました。こういう思い出に浸れる写真がたくさん撮りたいなぁって改めて思いましたね。

c0039735_2143481.jpg


エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
BOBOさん:平日もゆっくり遊べるくらい時間があればいいなぁ、って思いますね。
子どもはあっという間に大きくなっていってしまうので、今のこの時期をもっと一緒に過ごしたいなぁって思っています。息子が赤ちゃんのころって、もう取り戻せない時間になっちゃいましたから。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
BOBOさん:今年は、東日本大震災に、大型台風上陸…と自然災害が多く、その災害の報道を見るたびに心が痛みます。まだ時間はかかると思いますけど、少しでも早い復興を願っています。また、震災と合わせて放射能の問題も気になります。関東でもいろいろな場所の数値が公表されはじめ、小さな子どもがいる身としては気をつけないといけないなぁと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
BOBOさん:子ども写真を中心としていますが、花の写真とか好きでよく撮ってます。好きな写真を気ままに更新しているブログですが、お時間あるときにチラッと覗いてもらえるとうれしいです。そして、ひと言でもいいので気軽にコメントとか、写真へのアドバイスなどをもらえるとさらにうれしいです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_17404325.jpg





【BOBOさんの気に入り&好きなブログ】

★『あに☆いもうと
子ども写真ブロガーといえば、パパカメラさんのこのブログでしょうね。あにといもうと二人の見せる自然な表情と家族みんなの愛情溢れる雰囲気が見ていてとても幸せな気持ちにさせてもらえます。数々のフォトコン受賞歴を持つ作品の数々は必見です。

★『The other side
とてもイキイキしたお子さんの表情がすごくかわいらしいamimviyさんのブログです。写真から感じる楽しさだけでなく、読んでいて思わず笑ってしまったり、突っ込みを入れたくなったりするコメントも一見の価値ありです(笑)

★『ninoのまち
見ていて思わず顔がほころんでしまうお子さんの写真が満載のninocafeさんのブログです。目の前で一緒になって遊んでいるような雰囲気にさせてもらえ、子どものころのことを思い出して幸せな気持ちになれます。

★『さぬき写真工房
雄大な風景や感動的な花の写真を撮られているhirokazuさんの写真ブログです。どの写真も完成度が高く、毎月のようにフォトコンに受賞されている腕をもつすごさ。いつも構図や光の使い方など勉強させてもらっています。

★『虹のいろ
ハイキーでやわらかな写真がいっぱいの蒼さんのブログです。花の写真が特に好きでいつも癒されています。花だけでなく風景に動物に多彩な写真はどれもやさしい雰囲気ですばらしいです。




【BOBOさんのライフログ】

最近はまったく映画を見てないんですよね。最近見に行った映画といえばポケモンくらいでしょうか(笑)。

リバー・ランズ・スルー・イット [DVD]

ジェネオン エンタテインメント


美しく雄大な自然とそこで暮らす家族のヒューマンドラマ。疲れていた心を癒してくれる大自然の光景が好きです。

BLUE MOMENT

吉村 和敏 / 小学館


太陽が作るこの特別な時間帯、空が赤から青へと変わりゆく独特な雰囲気をもつ瞬間「Blue Moment」。私が好きな瞬間でもあり、この光景に出会えたときは感動しますね。

写真家名畑文巨の子供写真の世界
こんな子ども写真が撮れたらいいなぁと思う作品ばかり。どの作品も子どもの声が写真から溢れてきそうで、こんな写真が撮れるようになるのが目標でもあります。




【BOBOさんがお使いのカメラ、レンズ】

●カメラ  Canon EOS 5D
●レンズ  Canon EF17-40mm F4L、Canon EF24-70mm F2.8L、Canon EF70-200mm F2.8L IS、Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS、Canon EF135mm F2L
Sigma 15mm F2.8 FISHEYE、Sigma 50mm F1.4
Tamron 90mm F2.8 Macro

BOBOさんの「A moment of...」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-11-14 22:13

c0039735_18552012.jpg新鮮な野菜のもち味を生かした野菜料理をはじめ、地元カリフォルニアならではの料理や美味しいスイーツまで。どれも美味しそうで、思わず食べたくなる料理&レシピがいっぱい。
大好きなランニングで爽やかな汗を流した後は、体にヘルシーな料理を…というわけで、野菜本来のうまさや栄養を引き出す野菜ソムリエをめざし、昨年7月にはその夢を実現。今度は、料理のプロを目指し、有名料理&製菓学校のデイプロマの取得に向けてがんばる姿に、読者からも応援のメッセージが多数寄せられています。
盛り付けや写真のセンスもよく、「いつも美味しそうな写真を楽しんでいます」「夢に向かってがんばる姿にこちらまで励まされています」と読者に人気です。

スポーツの秋&食欲の秋らしく、たくさん走って、美味しいものを大いに食べて…。今週は、とっても健康的で、前向きに自分磨きの日々を満喫していらっしゃる、カリフォルニア在住の料理ブロガー、「カリフォルニア食堂- the rustic table-」のkeitonさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
keitonさん:海外在住者ブロガーに多いと思うんですが、私も最初は、日本の両親や姉妹、友人にこちらでの生活の様子を楽しんでもらうためにはじめました。大好きな南カリフォルニアの新鮮な食材、風景などブログを通して知ってもらえたらいいなぁ、と。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください.
keitonさん:はい、はじめまして。「カリフォルニア食堂-the rustic table-」のKeitonです。
パパ君こと、3歳年上の主人と、少年こと、13歳の息子との日々の食生活を淡々とつづっています。
日本人家族なので、基本的には和食を食べることが多いのですが、このブログでは主にカリフォルニアならではの料理を中心としたレシピを紹介しています。
また、西洋の食材で和の味付けをしたりと、不思議なヒュージョン料理もちらほら(笑)、野菜ソムリエならではの野菜のおいしさを生かした料理、ル・コルドンブルーL.Aで学んだ調理&スイーツなどもご合わせて紹介しています。

タイトルにも使っている「the rustic table」とは、田舎っぽいとか、気取っていない、などという意味なんですが、個人的にシャビーシックな雰囲気が好きなので、古いテーブルやアンティークのクロスなどを合わせて撮影することが多いです。

ブログをはじめて2年ちょっとですが、その間に野菜ソムリエ、ル・コルドンブルーL.Aのディプロマ取得と食に関する資格が増えていってます。今後それらの知識を生かして、ブログ訪問者の方々に喜んでもらえる記事を更新できたらいいなぁ、と思っています。最近忙しくて、しょぼいアップも多いんですが…(汗)。
それとブログ開設2周年記念で、読者の方にプレゼントの抽選企画を予定していたのですが、かなり過ぎちゃいました。近いうちに必ずやりますので楽しみにしていてくださいね。

c0039735_104942.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
keitonさん:まず、PCに弱い私でも気軽に操作でき、簡単に写真つきの日記が書けること。日本の両親に近況報告しなくても、ブログで今の状況を知ってもらえること(笑)。

それと、私は何かをはじめる時、ブログでまず公約しちゃうんです。最初はすごくプレッシャーに感じるんですが、なぜか最後は達成できるんですよねぇ。これ、みなさまにもおススメです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
keitonさん:そうですねぇ、他人から言われ続けているのは「てんねん」(笑).
あ、これって死語ですか?
自分で思うのは、興味のあることに対しては猪突猛進。
それと、「ポジティブ!元気!!」ではなく、何でもネガティブに考えない人。何か良くないことが起っても、「いーの、いーの、すべて上手くいってる」って流します。ゆるく生きてますよ(笑)。

c0039735_1194322.jpgエキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
keitonさん:ブログを通して良い出会いがありました。
実際にお会いしたのは、ロッキンちゃんうひひさんのりえちゃんマンハッタンちゃんマロンちゃんYUKICHIさん。そして、今度会う予定のふみえちゃん
みなさんとお料理の話で盛り上がれる楽しい交流が続いています。
こんなボケた私と仲良くしてくれてありがとう(笑)。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
keitonさん:ランニングとヨガ。体育会系です(笑)。
それと、写真。まだまだ納得できる写真は撮れないんですが、いろいろな料理写真を見て勉強したいですね。

エキサイトブログ編集部:夢は?
keitonさん:最終的な大きな夢はNewman's ownの様な、純利益を全額寄付し、社会貢献できる食品会社を作ること。
もう少し近い夢として頑張りたいのは、やっぱり料理本の出版。
そして、人にお料理を教えること。できれば、日本でも仕事したいな…とかいろいろ思っています。ちょっと欲張りかな?(笑)

エキサイトブログ編集部:いつも美味しそうなお料理やスイーツを楽しませていただいていますが、料理が好きになったきっかけや野菜ソムリエになった経緯、また料理&レシピを作る楽しみ? また、自分らしいレシピ作り、記事アップの際に心がけていることがあれば…。
keitonさん:料理に興味を持ったのは、母の影響が強いですね。本当にお料理上手な母で、おやつのスイーツだけでなく、ポテトチップスのようなスナックまですべて手作りでした。電車で築地に行き、いつも新鮮な魚介を手に一杯抱えて帰ってきてました。
そんな母に育てられたせいか、特に母から料理を習ったことはないですが、姉も妹も料理上手です。3人とも、味つけが非常によく似ています(笑)。

c0039735_1202469.jpg野菜ソムリエの勉強をしようと思ったのは、ランニングやヨガから戻った後、体にいいものをとりたいと思ったから。
せっかく運動して帰ったのに、アメリカのジャンクをとるのはちょっと健康的ではないので…(笑)。
特に、カリフォルニアは新鮮な野菜が豊富なので、野菜について詳しく知りたくなりました。
それじゃあ、野菜ソムリエ取得のための勉強をしたらひと通りわかるかな?と思って。通信教育で勉強し、一時帰国の際、テストを受けました。

ル・コルドンブルーに通いはじめたのは、ブログをやっていくうちにプロの力を身につけたいと思ったのがきっかけです。最初は、息子が大学に入ったらフランスに料理留学したいな、なんて淡い夢を抱いていたのですが、調べるとL.Aにあり、なんとか通える距離。なんとかですけどね(笑)。ちなみにハリウッドまで往復160キロ。無理して通いました。
英語の壁、朝一番のコースを取ったので毎朝3時半起き、2週間に一度の筆記テスト、学校でのサバイバル、子どもの世話と、毎日がチャレンジでした。
でも、ブログで公約した「主席で卒業!」がいつも頭にあって、これには何度もプレッシャーに押しつぶされそうに
なったんですが、なんとか約束を果たせそうです。来週卒業式です。
これも、いつもいつもコメントで励ましてくれた読者のみなさんのおかげです。この場を借りてお礼を言わせてください。「本当にありがうございました!!」

レシピ作りで心がけていることは、素材の持ち味を生かすこと。例えば、リンゴでもトマトでも加熱して甘みが増す品種、生で食べるのがベストな品種があります。
肉もマリネして焼いた方がいいもの、さっと炙ったほうがいいものなど、素材によって調理法を変えています。
それと、やっぱり見た目が美しいものが好きなので撮影する時は盛りつけに気を使っていますね。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
keitonさん:ランニングしながらいろんなことを考えるのが好きです。野菜ソムリエも、ル・コルドンブルーも走りながら決めました(笑)。
それと、休日は主人と一緒に走ることが多いのですが、一週間の出来事など報告し合います。喧嘩しても、一緒にランニングすると自然に仲直り(笑)。
カリフォルニアは、とても気候が良く、海岸沿いやトレイルの美しい景色を見ながらのランニングは最高なんですよ!

c0039735_120503.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
keitonさん:★思い入れのある記事
●2010年3月23日 「L.Aマラソン完走!&牡蠣とジャコのチャーハン、卵のっけ
これも、ブログを使って「完走します!」って公約させてもらっていました(笑)。初めてのフルマラソン、単純にハーフマラソンの倍じゃありませんでした。
しんどさ、3倍、4倍…。走りながら野菜ソムリエになることを決意した思い出の記事です。

●2010年12月21日 「ル・コルドンブルー(ハリウッド校)」
次なるたくらみ(笑)として、みなさんに学校通いを発表しました。
ここで夢も書いています。たくさんのコメントでの励ましに感謝!!

●2011年7月29日  「International Cuisine(豆料理)、2度目の成績優秀者賞
この日は自分の誕生日でした。自分の誕生日も忘れるくらいコルドン生活に没頭していた毎日。偶然、自分の誕生日に2度目の成績優秀者の発表があり2個目のブルーのエンブレムをいただきました。
「ご自分で誕生日プレゼントfor meができるなんて素敵!」ってコメントがうれしかった!

●2011年9月15日  「シュー生地を使ったアペタイザー
フレンチスタイルのシュー生地(少し硬め)に、ホタテとフェンネルのサラダを入れました。
これは、ベーキングのクラスでシェフに教えてもらったんですが、読者の方に喜んでもらえて良かった!
ぜひアペタイザーとして試して欲しい一品。

●2011年8月12日  「ル・コルドンブルー最終日、これからレストラン研修へ」
担当シェフと最後の懇談。
「語学の壁がありながらも常に頑張り続けたKeitonをリスペクトする。あなたのインストラクターをできて光栄でした」というシェフの言葉、今思い出してもウルウルしてしまいます(涙)。
私の人生でこれほど頑張ったことは今までなかったかも。こんな貴重な体験をさせてくれた主人にも息子にもに感謝です。

c0039735_1212024.jpg★読者に評判がよかった記事
●2011年1月4日 「チェリートマトの肉詰めwithバルサミコソース」、2010年10月29日 「ストウブで作るトマト丸ごとサフランライス」、2011年10月28日 「玉ねぎの美味しい食べ方
これらはいずれも野菜ソムリエの知識を生かした、野菜が主役のレシピです。みなさんに喜んでもらえてうれしかったです。

●2009年11月22日 「ハワイアン・ガーリックシュリンプ」、2011年2月22日 「ストロベリーのパンケーキ
日本にいながらアメリカを感じるお料理。これらの記事も評判が良かったです。

●2010年1月6日 「グリルドトマトとタラのスパゲッティー、トリュフオイル風味
なぜかわからないのですが、私のブログにたどり着いて来られるキーワードを見ると「トリュフオイル」が多いんですよね。このお料理も評判が良かったですよ。

●2011年9月16日 「一足先に研修終了!
レストランでの研修最終日、感謝の気持ちを込めて、スタッフのみなさんへスイーツを焼いて持って行きました。
ベリータルトとシュークリームたくさん。喜んでいただけてうれしかったです。

●2011年4月27日 「チョコチップ入りバニラシフォンケーキ
スイーツのアップの中でも、シフォンケーキを焼くことが結構多いんです。
抹茶、バニラ、キャラメル、マーブル…。オーブンの中で、シフォンケーキが膨らむところを見るのが幸せ(笑)。
こちらでは、日本の甘さ控えめシフォンがあまり手に入らないのでお土産に喜ばれるんです。

エキサイトブログ編集部:今、一番したいことは?
keitonさん:3つあるんですけど、「京都へ懐石料理を習いに行きたい」、「ロンドンへJane Packerのフラワーアレンジメントを習いに行きたい」、「フランスへスイーツを習いに行きたい」ということ。
すべて習うことですね…(笑)。死ぬまで何かを習い続けたい私です。

c0039735_1221145.jpgエキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
keitonさん:震災、原発問題はもちろん気になります。一日も早い復興、そして一日も早く、子どもたちが安全に暮らせるよう祈らずにはいられません。

そして、先日なくなられたスティーブ・ジョブズ氏について…。
うちにも数冊、彼の本がありますが、これほど深い影響力を他人に与えられる人はめったにいないんじゃないかと思います。すべてコンピューターに対する情熱からなんでしょうね。
ジョブズ氏の名言に、「当時はわからなかったが、アップル社に解雇されたことは、私の人生で起こった最良の出来事だったと後になってわかった。成功者であることの重さが、再び創始者になることの身軽さに置き換わったのだ」とあります。
自分の作った会社に解雇され、こんな考え方が出来る人はなかなかいないと思います。
でも、そんな困難をチャンスにできるジョブズだからこそ成功できたんでしょうね。
そして今月からiPhoneデビュー…とっても楽しみです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
keitonさん:いつも、私のつたないブログに訪問してくださり、ありがうございます!
みなさんが訪問してくださるおかげで、3日坊主で終わると思われたブログを2年以上続けることができました。
ドイツ生活2年+アメリカ生活10年、海外生活が長くなるにつれ、今後ますます誤字脱字が目立ってくることが予想されます(笑)。どうぞあたたかい目でスルーしてやってくださいませ。
あ、でもどんなツッコミもOKですので気軽にどうぞ。これからもどうぞよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【keitonさんのお気に入り&好きなブログ】

たくさんの素敵なブログがありますが、よくチェックするブログです。

★「パリときどきバブー
これは私が紹介するまでもなくみなさんご存知の人気ブロガーさん。とのまりこさんの感性って素晴らしい。
L.Aへ旅行に来られたら、ぜひ家族写真を頼みたいです。

★「101 Cookbooks」 
サンフランシスコ在住のアメリカ人、人気ブロガーさんの英語のブログです。
英語がわからなくても、写真だけでも見る価値あり。レシピブックも持っています。

★「LA TARTINE GOURMANDE
ごめんなさい。こちらも英語ブログ。でも、このブログにどれだけインスパイアされたことか…。
ブログに入っちゃいたいです(笑)。

★「セトレボン
東京でお料理の先生をされている、宮澤奈々さんのブログ。私が憧れるのって職人技。
そんな職人技が光る、繊細で緻密なプレゼンテーションがすばらしい!
習ってみたいのは山々ですが、キャンセル待ち〇百人ですって…(涙)。

★「YPSILONの台所Ⅱ
こちらも、密かにこそこそっと訪問しているブログ。やはり職人技。とっても素敵です。




【keitonさんのライフログ】

ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD]

PI,ASM


何度見ても心が温かくなる映画。

Jane Packer's Guide to Flower Arranging: Easy Techniques for Fabulous Flower Arranging

Jane Packer / Ryland Peters & Small


見ているだけで心が穏やかになる本。
本格的にアンレンジしなくても、ちょこっとお花を飾る時にも参考になります。

Then & Now: The Definitive Herbie Hancock

Herbie Hancock / Verve


ジャズの中でも彼の音楽が特に好きです。
これ聞きながらよく料理したり写真を撮ります。

keitonさんの「カリフォルニア食堂- the rustic table-」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-11-06 08:58