今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

c0039735_1657525.jpgクッキーの絵と形をかたどったポップでかわいいステンシル作品をはじめ、ブックカバーやポーチにワンポイントで描いたステンシル作品など。淡いパステル調の色合いと布のやわらかな感じが、どこかやさしい風合いとほんわかしたムードを漂わせています。
よく見ると、ところどころ、ちくちくと手縫いした刺しゅうが作品のアクセントになっていて、心がほっこりあたたまるようです。動物や和テイストの作品、また、珈琲とペンで描いたイラストなども味わい深いものがあります。

そんなステンシルと刺しゅうを中心とした手作り雑貨やイラストを手がけるステンシル作家として、以前「アトリエ」でもご登場いただき、現在は、1歳5か月になるお子さんの子育ても楽しんでいらっしゃる「akane's croquis」のさくらいあかねさん。今週はそんな手作りと子育ての日々をつづった、さくらいあかねさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
さくらいあかねさん:こちらこそありがとうございます!エキサイトさんには、ブログをはじめ、「アトリエ」でもご紹介いただき、また10/29には、ワークショップもさせていただく予定で、いろいろとお世話になっております。
ブログをはじめたきっかけは、勤めていた会社を辞めたことです。
やりたいことがあって退職したのですが、作った作品の画像をUPするため、また、生活がダラダラしてしまわないように…と、自分への戒めのためにもはじめました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
さくらいあかねさん:もともと手作りをしたり、絵を描くことが好きで、刺しゅうとステンシルを中心としたイラストや雑貨を作っています。その手作り作品やイラストなどを紹介するためにはじめたブログですが、昨年の5月に息子が生まれてからは、すっかり育児日記が中心になってしまいました。
また、おいしくできた料理のこと、お出かけや旅の記録、よく友だちを呼んで開くホームパーティーのことなども載せています。

c0039735_16241278.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
さくらいあかねさん:趣味や好みの似ている人、また、息子の月齢と近いお子さんを持つママさんとの出会いです。
イラストレーターさんや手作り作家さんなど、いろいろな人が作っている作品に刺激をもらったり、他のママさんの育児ブログを読んで、月齢ごとの成長の変化や、離乳食のこと、かわいいおもちゃのことまで、いろいろと参考にさせていただいています。
あと、ブログをやっていたおかげで、文通友達もできました!
私のブログをたまたま見かけた方が趣味や好みがすごく似ているからとコメントをくださり、ふたりとも紙ものや手紙を書くことが好きだったこともあり、文通をはじめました。
ハギレやボタンなどをおまけで添えたり、ご当地おすすめの美味しいものを贈り合ったり、大人の文通です(笑)。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
さくらいあかねさん:日々のことを記録するということに、私にとっていちばん便利なツールというところです。手書きだと身構えてしまうし、途中で熱が冷めてきてしまう…。
ブログなら何度も書き直しができるから手軽に更新ができる、人に公開しているということで、なんとか続けられると思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
さくらいあかねさん:「お調子者で、なまけものな母さん」ですかね…。
自分の好きなことや興味のあることにはけっこうがんばれるのですが、手を抜くところはけっこう抜いてます。
それが、のんびり育児を楽しめていることにもつながっているかもしれませんが。
むすこには、母を反面教師にして、しっかり者に育ってもらいたいものです(笑)。

c0039735_16415416.jpgエキサイトブログ編集部:ってみたいブロガーは?
さくらいあかねさん:まだ直接お会いした方はいらっしゃいません。
ブログ上での出会いはとてもうれしいですし、そのご縁に感謝していますが、ブログ上で出会った方はブログの中でとどめておきたいのかもしれませんね。
実際の私を見て、がっかりされるのも悲しいですし…。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
さくらいあかねさん:やっぱり、手芸小物作りですかね。
2月にふたり目を出産予定なので、その子のためにもスタイやおくるみ、布製おもちゃなど、今、創作意欲がフツフツと沸いています。

エキサイトブログ編集部:夢は?
さくらいあかねさん:自分の描くイラストや手芸でお仕事をしていくことです。
育児をしながら、家でできる手作りの仕事をしていくことが理想ですね。

エキサイトブログ編集部:心あたたまる手作りのステンシル作品がとてもキュートですが、ステンシルをはじめたきっかけやその魅力、ハンドメイドの楽しさは? また自分らしい作品づくりへのこだわりなどがあれば…。
さくらいあかねさん:ありがとうございます。
ステンシルは、小学生のときに、趣味で始めていた母に教わりながら、一度作ったことがありました。
ステンシルとは、図柄や文字の形を切り抜いた型の上から色を塗って絵付けする方法のことですが、下書きを描く→型を切り抜く→絵の具をつける、という単純な行程で、大きな機械や工房なども必要なく手軽にできます。

ステンシルの魅力は、やはり風合いがやさしくなることでしょうか。ステンシル独特の手法で、キワを濃いめに、中心を薄めに色付けると、描いているものがやさしい雰囲気に仕上がるんです。
あるとき、ステンシルと刺しゅうを組み合わせることで、自分が出したい雰囲気をけっこう思い通りに出せるという発見があり、それを表現手段としてイラストを描いたり、雑貨を作ったりしはじめました。
私の場合、ステンシルで描いた絵のふちどりとして、刺しゅうを施すのですが、絵の印象をより強くしたいときに、この刺しゅうとの組み合わせは良かったかなと思っています。面はステンシルで、線は刺繍で、と決めて描くと、刺しゅうがステンシルの中で良いアクセントとなって、ステンシルのやさしい風合いの世界に、キリッとした緊張感が出てくるので。その相乗効果も魅力のひとつですね。

また、ステンシルといえば、もともとカントリーな印象が強いですが、あえて和風のものを描いてみたり、今までのステンシルの概念にとらわれず、どんどん表現したいものをモチーフにしています。

ほかにも、ステンシル作品に限らず、手作りすることは好きなので、マザーズバッグや、息子の洋服や甚平、布小物などを作ったり。最近ではハロウィンのマントも作ったりして(笑)、いろいろなハンドメイドを楽しんでいます。手作りのものはやはりぬくもりがあるので、ずっと続けていけたらと思っています。

c0039735_16244680.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
さくらいあかねさん:息子と遊ぶ時間ですかね。日々急速に成長している彼には、毎日いろんな発見があります。
昨日できなかったことが今日はできていたり、今日初めて見せてくれる表情に出会ったり。
そんな発見をうっかり見落とすまいという気持ちと、ようやく歩き始めたことなど、いろんな意味で目が離せません!

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
さくらいあかねさん:・2009-08-17「富士登山
30歳を向かえる年に、記念に富士山へ登りました。この直後、妊娠が発覚し、大騒ぎに!
でも今振り返ると、あの素晴らしい風景をおなかの中にいたむすこといっしょに見ていたと思うと、けっこう感慨深いものがあります。

・2010-01-23「たびじたく展
大学の友人ふたりと西荻窪「Galleyr MADO」にて行った展示。
作品とギャラリーの雰囲気が合っていて、すごく好きだった展示です。

・2010-05-14「誕生
予定日を2週間過ぎ、ようやく息子が誕生したときの記録です。

・「Graphic art exhibition vol.28
茅場町にある「RECTO VERSO GALLERY」で行ったグループ展の記事です。
動物をリアルにステンシルと刺繍で描きました。

・「動物
珈琲とペンで描いた動物たち。図鑑とにらめっこしながらせっせと描いていました。
シロクマとカワウソがお気に入りです。

・「珈琲Drawing
こちらも珈琲とペンで描いた人物画。珈琲を飲みながら、けっこう夢中で描いていました。

c0039735_16251153.jpg


エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
さくらいあかねさん:海外旅行です。
ドイツのワルトビューネでは、ピクニックコンサートといって、夏にクラシックの野外コンサートが毎年行われているそうで、そのDVDもいくつか持っているのですが、堅苦しくなく、すごく楽しそうな雰囲気なんです。
夫と、「いつか一緒に行って、ドイツビールを片手にのんびりクラシックを聞きたいねー」なんて話しています。
スイスやチェコにも行ってみたいし、北欧好きなので北の方にも。
東欧から北欧にかけて、ゆったりのんびりいろいろな場所をめぐりたいです。いつ実現できるかわかりませんが…。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
さくらいあかねさん:やっぱり半年以上経っても震災・原発のことです。
まだまだ復興には時間がかかるし、私には支援というには本当に微々たることしかできていませんが、せめて、ずっと忘れないでいようと毎日意識して生活しています。
原発問題は、今になっても、公園の砂場で遊ばせることをなるべく避けていたり、息子もまだ小さいので、なにかと不安がつきまといます。それでも東北の方々に比べれば恵まれているのでしょうが…。
早く、どこへ行っても安心して子どもたちが遊べる日本に戻れるよう、また、被災者の方々が、ひとりでも多く普通の生活に戻れますようお祈りしています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
さくらいあかねさん:ちょくちょく覗きに来てくれる方も、偶然通りがかってご覧いただいた方も、ありがとうございます!
つらつらとまとまりのないブログですが、今後とも、おつきあいよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_1626212.jpg





【さくらいあかねさんのお気に入り&好きなブログ】

●「中林うい公式ブログ
バッグデザイナー中林ういさんのブログ。作品がどれもとても素敵です。ファンです。

●「ツペラトトリコ
キッズ雑誌 「Milk」サイト中のtuperatuperaさんのブログ。
tuperatuperaさんの作品は大好きで、息子用というか、私用でもありますが…(笑)、絵本もいくつか持っています。おふたりの愛娘ちゃん・トリコちゃんが羨ましくて仕方がないです。

●「Kippis! from Finland
私にとって憧れの土地・フィンランド在住のKippisさんのブログ。
美味しそうな料理や、ビビットでかわいすぎるインテリアなど、まるで洋書雑誌のようなステキな写真で、拝見するたびにうっとりしています。

●「FU-KOなまいにち
すてきな手作りママさんのブログ。
愛くるしい娘さんの成長記録、FU-KOさんが作り出されるお洋服など、いつも興味深く拝見しています。

●「tutinomanimani
大学の友人で陶芸家のyukikoちゃんのブログ。
彼女の雰囲気そのままの、やさしい風合いの陶芸作品がずらりです。




【さくらいあかねさんのライフログ】

お母さんの「敏感期」―モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる (文春文庫)

相良 敦子 / 文藝春秋


育児本は、いくつか参考程度に読んでいますが、これを読んでから、息子の毎日の行動を観察することが楽しくなりました。
モンテッソーリ教育をもとに、さまざまなこどもの敏感期のことや、その時期に応じてあそべる手作りおもちゃのアイデアまで、いろいろと役立つ内容が充実しています。

ムーミン パペット・アニメーション


手作り感あふれる背景やパペットたちの造作、動きまで全部かわいらしく、独特の哀愁感も漂ってます。
ナレーションとキャラクターすべての声が岸田今日子さんというのもツボです。

第1作 男はつらいよ HDリマスター版 [DVD]

松竹


寅さん…好きなんです。全巻制覇しましたが、やっぱりいちばんのお気に入りは1作目です。
20年ぶりの再会、さくらのお見合いからさくらと博の結婚式まで…、お決まりの寅さんが振られる話など、名シーンが盛りだくさんです。

さくらいあかねさんの「akane's croquis」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-10-28 22:54

c0039735_12415414.jpgスイスを代表する絶景マッターホルンをはじめ、足がすくむようなノルウェイの断崖絶壁、切り立った山々が迫るチリの風景など…。何時間もかけてやっと出会ったという雄大な景色は、どれも迫力あるものばかり…。ヨーロッパの美しい街並みやアメリカの広大な景色なども魅力です。
そんな海外を旅した写真が、「旅とお散歩」でもたびたび紹介され、「私もこんなところに行ってみたい!」と憧れる読者が多い、旅行写真がすてきなブログとしても注目されています。

そして、「いつか小さなパン屋さんを開きたい」という夢に向けて、コツコツと大好きなパンも手作りし、ご紹介しています。美味しそうな手捏ねパンの記事にも注目です。

今週は、お出かけするにはもってこいの季節に、旅気分に誘ってくれる、「un_voyage♪♪」のun_voyageさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
un_voyageさん:こちらこそ、まさかピックアップブロガーに選んでいただけるなんてびっくりです。
ブログをはじめたきっかけは…。2年ほど前、パン屋さんで働いていた頃、 新商品のアイディアが見つからずネットでヒントになりそうな記事を見つけました。それがエキサイトブログの方でした。
そして2年後、パン屋さんを辞め自分の時間が少しずつですが持てるようになってきたので、今度はパン屋をオープンさせるまでのブログを私が発信できたらいいなぁと思い、ブログをはじめました。
もちろんあの時、お世話になったエキサイトブログで…。
いまはまだまだ旅の記事が中心で、みなさんみたいにパンをあまり載せることができていませんが、売りたいパンの試作など載せていけたらいいな、なんて思ってます。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
un_voyageさん:パンを作るのも食べるのも見るのも大好きで、学生時代から「小さなパン屋さんを開くこと」が夢でした。そんなパン屋になる夢のこと、大好きな旅のことを紹介しているブログです。

小さい頃からパン屋さんに憧れて、気づいた頃には高校1年生の夏、パン屋さんでアルバイトしていました…。初めてパン生地を触った時の感動!!は忘れません。先生達には「大学へ行け~!」って言われていましたが、断固として「嫌だ」って言い張って…。卒業後、東京でパン専門の専門学校に通い、一からの勉強。そしてパン屋さんに就職。7年勤務後、ふらふらと何軒か違うパン屋さんで働きはじめ、今はまったく違う仕事に就いています。
そして今、改めて自分の時間を大事にするようになりブログをスタート!! パン屋さんの開業を目指す人や、おうちでパンを焼いている方たちの何かひとつでもヒントになればいいなぁ、と思います。パン記事はこれから載せていかないと!ですね…。
そして、旅行も大好き、海外旅行はもっと好きなので、あちこち出かけて感動した旅の写真を、私自身の旅の記憶として紹介しています。
忙しくてなかなか旅行に行けない方たちがブログを見て、行った気分になれたり、「こんなところに行ってみたい!!」なんて感じてもらえたらいいなぁ、と思っています。
c0039735_12425395.jpg

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
un_voyageさん:人との関わりだと思います。今までまったく知らなかった人たちと交流できるなんて夢みたい。
コメントをくださる人たちや励ましの御言葉が本当にうしいです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
un_voyageさん:飽きっぽく長続きしない人かな? ダイエットは5日間が限界~。
でも、パンだけは続いています(笑)。ブログは続けられるかちょっと心配…。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
un_voyageさん:コメントくださるみなさまにお会いしたいです。
そんな交流があることにびっくり。まだまだですね…。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
un_voyageさん:最近は、一眼レフカメラで写真を撮ることですね。去年の夏前にとうとう買ってしまいました。
持っていくのはひと苦労ですが、やはりきれいに撮れるし、手放せない存在。たまに忘れた時のショックは大きいです。

c0039735_12433842.jpg


エキサイトブログ編集部:夢は?
un_voyageさん:もちろん、パン屋さん!! 何よりも小さな小さなパン屋さん開業が夢です。
お店全体が見渡せる、ひとりひとりのお客さまとの会話ができるくらいの小さなお店。そして「また、来ます」の声が聞けたらいいなぁ。

エキサイトブログ編集部:雄大なスイスの山々はじめ、ヨーロッパの風景などすてきな旅の写真が魅力的ですが、旅をする楽しみやこれまで訪れた中で特に印象に残ったところは? また、記事アップの際に心がけていることがあれば…。
un_voyageさん:私が初めて海外へ旅したのは専門学校の卒業旅行。イタリア、オーストリア、スイスを飛行機やバスで強行突破で巡った忙しい旅でした。初めてでしたし、当時のことはうっすらとしか覚えていないのです(泣)。
やはり学生には贅沢すぎますね…。お母さん、ごめんなさい。
c0039735_15494636.jpgそれから就職後、3日間でしたが、何を思いたったかひとりで旅した国、オーストラリア。ひとりでペンギンを見に行ったり、ひとりで南十字星を砂浜で見たり、町歩きしたりと…。結局なんだか切ない旅と感じたことを思い出します。

そして海外旅行が大好き、山大好き、カメラ大好きなアウトドアーな夫との結婚。…で、1年経つごとに旅した国々が増え、現在21ヶ国突破しました!!

私はリゾート系の国ではなくて、やっぱりワイルドな国が合っているようです。
特に印象に残っている国はバヌアツのヤスール火山。バヌアツの秘島、タンナ島。そこは世界でもっとも火口に近づくことができる活火山です。大迫力の火山噴火、満天の星空や天の川、ツリーハウスに泊まったりと
普段では見たことも、やったこともないことが味わえます。

そんな旅の体験を少しでも見てもらいたくて、写真に収め、ブログを更新しています。

エキサイトブログ編集部:パン屋さんになるのが夢ということですが、パン作りが好きになったきっかけや手作りの楽しみは?
un_voyageさん:子どもの頃、母が自営業で忙しかったため、お昼はよく近所のスーパーの中にあるパン屋さんで、焼きたてのパンをお買い物に行っていました。
「ごはんの時間だよ~」というのが楽しみでした。時々ごはんの時があって、「ごはんじゃなくて、パンがいい」なんて駄々をこねた時もあったっけ…。もうその頃からパンが大好きだったのかもしれないですね(笑)。
高校生になり、授業でももの作りの大切さを教わりました。ガラス吹きで花瓶を作ったり、ろくろでコーヒーカップを作り、ステンドガラスでテーブルやライトスタンドを、革でお財布を作ったり…。
手作りの楽しみはなんと言っても最後には形になることですね。

高校時代のパン屋のアルバイトにはびっくりの連続。ミキサーやパンの分割機、オーブンも見るものすべてが大きいし、ブクブク膨らんでいくパン生地にもびっくり!!
サンドイッチ作りやあんパンの包み方も高校生ながら、少しだけ教わったかな!? パンって本当におもしろいって思いましたね。

c0039735_1264896.jpgエキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
un_voyageさん:仕事が忙しく、休みがなかった時、友だちとも遊ばずに過ごしてきてしまったので、今さらわかった友だちの大切さ…。
少し遠回りしてしまったけど、今は友だちとの時間を大切に、ワイワイ昔話で盛り上がったりしている時が癒されます。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
un_voyageさん:★「酒粕酵母でパン作り」(2011.6.9)
スーパーで売っていた八海山の酒粕で酵母をおこすことに…。昔、初めてレーズン酵母をおこした時の感動がまた味わえました。

★「手捏ねで手折りのクロワッサン♪♪」(2011.5.10)
パン屋さんで働いていた時はあまり考えなかったことが今になって改めて大事なことだった、と感じた瞬間。それはパン屋さんのための機械。もちろん手捏ねが職人の原点ですが、お客さまに買ってもらえるためにはスピードだったり、きれいな仕上がりだったり、おいしそうな焼き色だったり、感動させることだったりと、改めて実感しました。

★「手捏ねでパン作り。」(2011.5.16)」
手捏ねで作った紅茶のメロンパン。とってもいい香りに仕上がりました。

★「絶景~マッターホルン  スイス、ツェルマット」 (2011.6.23)
ツェルマットの町から登山鉄道で約30分、もうそこは別世界!! 氷河やマッターホルンが美しく見える場所があります。そして、なんと言ってもリッフェルゼー湖に写る逆さマッターホルンは絶景でした。

c0039735_15545314.jpg★「チリの旅。~Torres del Paine~」(2011.5.13)
チリ、パイネ国立公園をトレッキング。重~い荷物を背負い、100kmを越える道のりを歩いて歩いて歩きまくった旅。足が棒になった旅でもあります。歩いたからこそ見られる絶景の数々。
でも、「もう1回行く?」と言われたら、絶対「イヤ」って言ってしまいそう…(苦笑)。

★「Evian~水の町」(2011.6.19)
ミネラルウォーターでお馴染みのEVIAN。スイスから船でぶらりと小旅行。
やはりフランス、とってもかわいらしい町でした。
カシャの泉でお腹タプタプになるまで飲みました。なんと生活水はすべてEVIANのお水。日本で飲んだ印象とまったく違い、冷たくてすごくおいしかったEVIANの水。

★「ORTISEIの町歩き」(2011.8.25)
イタリア、オルティセイ。この町のメインストリートにはお洒落なカフェやかわいいお土産屋さんでいっぱい。子どもたちがチロルの民族衣装を着て踊っているところに出くわしました。
歌を唄いながら手を組んだり叩いたり、とってもかわいらしい子どもたちでした。

★「 600mの断崖。」(2011.6.8)
ノルウェ-南部にあるリーセフィヨルド。リーセフィヨルドのプレーケストーレンを目指し登山。
なんとそこは水面から600mもの高さがある、ナイフで切ったかのような巨大な岩壁だったのです。
ここからの景色はかなりの絶景!! 行く価値ありの場所でした。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
un_voyageさん:もちろん海外へ旅に出たい!!
世界1周でも2周でも3周でも…(笑)。

c0039735_15552759.jpgエキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
un_voyageさん:タイの大洪水。ここへは一度訪れたことがあります。暑~い暑~いタイ旅行でしたが、遺跡がきれいに残っていたり、不思議なパワーを感じたところなのです。
ニュースを見て驚きました。まさに訪れたところが報道されていて。1日でも早く水が引いて元通りの町になりますように…。

あとひとつ、こんな私をピックアップブロガーに選んでいただいたこと。まさか、こんな私が…。びっくりしました。選んでいただき、大変うれしく思います。これからもよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
un_voyageさん:数多くのブログがあるにもかかわらず、いつも見に来てくださってありがとうございます。みなさまのコメントが励みになります。どうぞこれからもよろしくお願いします。
初めて見に来てくださった方々へ、リンクフリーですので興味のある方、お持ち帰りしてってください。
これからも、よろしくお願いします。お持ち帰りの時はコメントしてくださるとうれしいです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【un_voyageさんのお気に入り&好きなブログ】

私には選ぶことができないのですが…、毎日必ず、カチッとクリックしてしまうブロガーさんたちをご紹介します。

●「La La La La Mer」 
サンフランシスコ在住だった旦那さまと家の庭に手作りの石窯を作り、自家製サワー種のパンを石窯で焼いたり、ベーコンをスモークしたりと料理や日常のこともつづった興味津々のブログです。

●「KICHI,KITCHEN 2
フィーユさんちの毎日の食卓のブログです。毎日、おいしそうなものばかり。
パンやお菓子も作っていて温かみのあるステキな写真がお気に入り。

●「うひひなまいにち
旦那さまとかっこいいバイクに乗り、国内、海外まで旅してしまうステキなご夫婦のブログです。
毎日の夜ごはんもおいしそうです。

●「coupe-feti
実はこのお方こそ、私のブログの原点。
ハード系のパンや、食パン、菓子パン、ホップ種も使いこなし、何でも作ってしまうパン職人のブログです。

●「パンラボ
東京のパン屋さん200軒を巡る冒険のブログ。
一緒にパン屋さんを巡り歩いているような感じになります。




【un_voyageさんのライフログ】

Tartine Bread

Chad Robertson / Chronicle Books


飛行機の乗り継ぎでサンフランシスコの空港をぶらりとしていたら、なんとこの本に出会ってしまったのです!!
英語は得意ではないけど、頑張って翻訳中。
サンフランシスコにお店があり、ぜひ行ってみたいパン屋さん。
本の中の写真を見てるだけでもおいしさが伝わる大好きな本です。

つづれおり

キャロル・キングSony Music Direct


お店ができたら流したい曲がずらり…。
何回聞いても癒されます。

un_voyageさんの「un_voyage♪♪」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-10-18 16:01

c0039735_1593139.jpg8歳とは思えないほど大人っぽくてしっかり者の長女miuちゃんは、モデルもこなす将来が楽しみ~な美人さん! 次女のyuuちゃんはとってもおしゃべりで、“三枚目っぷり”がかわいいお茶目キャラ。三女のmauちゃんは、お姉ちゃんたちに愛される甘えん坊なかわいい末娘。3人の個性がよく出ている日常の話題やお出かけ先&おうちで撮った3姉妹の仲の良い自然な写真に、思わず笑顔になってしまいます。

ママの愛情がこもった3姉妹お揃いの手作りの洋服もとってもキュート!そんなハンドメイド作品やママの手作りスイーツやパンも心あたたまります。
「3姉妹ってかわいいな~!」「毎日が楽しそう!」「美人3姉妹でうらやましい~」と読者からも大評判。ブログ開設のころから、3姉妹の成長を見守る読者ファンも大勢います。
そんな3姉妹はもちろん、「パパもイケメン! ママもキュートだね」と評判。日々の暮らしぶりからは家族のあたたかさや楽しさも伝わってきます。

今週は「3姉妹成長記録&手作りのものたち」のKAZUママさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
KAZUママさん:こちらこそ、いつも大変お世話になっております。こんなブログをとりあげていただいて大変恐縮です。ありがとうございます。
私がブログをはじめたきっかけは…、周りの友だちが何人かブログをやりだしたり、そのころ私が見ていた松本ぷりっつさんの『うちの3姉妹』というマンガブログがすごく好きだったことが大きいですね。うちも「3姉妹の日常を記録として残していけたらいいなぁ」という思いで、ブログを書きはじめました。
最初は絶対長く続くわけがないと思っていたブログですが…、これがまだ続いてる(笑)。自分でもびっくりです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
KAZUママさん:しっかり者の長女(8歳)と脳天気な次女(6歳)と甘えん坊の三女(3歳)の日常だったり、家族で過ごす休日の様子だったり…。そして、3姉妹にお揃いの洋服を着せたくてはじめたミシン生活のことや、気まぐれに焼くパンだったり…。子どもたちに作るバースデーケーキだったり…。
そんな3姉妹の成長記録と手作りなものたちを紹介したブログです。
子どもたちも主人も私のことを「母ちゃん」と呼びます。そして、主人のことをみんな「父ちゃん」と呼んでいます。そんな家族です(笑)。「どんな家族だ」と言われそうですが…(笑)。

c0039735_1510958.jpg

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
KAZUママさん:たくさんの方との出会いです。ブログを通して同じ趣味を持つ方や育児をしているママや、ときにはお孫さんのいるおばあちゃんにもコメントをいただいたりして、コメントやメールを通じてお話しさせていただく機会が増えました。
あたたかい言葉に励まされたり、面白いコメントで笑わせてもらえたり、いろいろなアドバイスをいただいたり…。顔も名前も知らないネットの世界でもこんなにも人のやさしさや温かさを感じることができて、本当にブログで得たものって私にはすごく大きなものです。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
KAZUママさん:自分でつづる日記だと絶対続かない私ですが、ブログは誰かに見られているという緊張感があるからこそ続けられると思うし、日々の活力にもなっています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
KAZUママさん:好きなことにはとことん力を注ぐけれど、興味のないものにはまったく力を注がない人(笑)。「父ちゃん」に「うちってどんな人?」と聞いてみたら…、「鬼」と返ってきました。優しい妻になれるよう頑張ります(苦笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
KAZUママさん:コメントくださる方みなさんに本当にお会いしてみたいです。
おひとりだけ、ブログ読んでくれてた方がすごく近くに住んでいて、その方とは先日初めてお会いしたのですが、私のブログでのイメージは丸つぶれでした(笑)。あっ、3姉妹のイメージも丸つぶれでした(笑)。
みなさんにコメントとかで「すごくいい家族ですねぇ」とかお世辞でも言ってもらえるのですが、実際はどこにでもいる普通の家族なんです(笑)。夫婦喧嘩もしますし、子どもたちにもキレるし…(笑)。
でも、いつもどこへでも休日は家族で行動します。仲良しな時は気持ち悪いくらいに仲良しです。

c0039735_15103291.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
KAZUママさん:ミシンを踏んでいる時間が一番好きです。生地の色合わせや仕上がりのイメージを頭の中で妄想する時間とかも大好きですね。

エキサイトブログ編集部:夢は?
KAZUママさん:近い夢としては双子の姉と一緒にネットショップを開くことです。
遠い夢は…子どもたちがみんなお嫁に行った後、田舎に「父ちゃん」と工房を持つことです。主人が椅子職人をしておりまして、その椅子と子ども服や雑貨などのハンドメイド工房を持つのが私の夢です。そして、その横に小さなマイホームなんぞを建てられたらいいなぁ、と思っています。

エキサイトブログ編集部:仲の良い3人のお子さんたちの写真がとてもかわいく、心癒されますが、3姉妹の写真を撮る工夫や楽しみは?また、記事アップの際に心がけていることがあれば…。
KAZUママさん:3姉妹のいい表情の写真を撮るには、遊べるところに連れて行くのが一番ですね。夢中で遊んでいる時の子どもの表情が大好きです。
3人で並んで歩く後姿とかも大好きです。
最近気づいたのですが…、いつもカメラを持っているのが当たり前になって、カメラを向けてもカメラ目線でピースをしない我が子たち(笑)。
でも、その分、目線をはずして撮ると自然でいい表情が撮れる気がします。
カメラ歴まだ1年半くらいでただ勘で撮り続けてるので、いつかちゃんとカメラについても勉強できたらもっと撮るのが楽しくなるんだろうなぁと思います。

c0039735_1543536.jpg


エキサイトブログ編集部:心あたたまるすてきなハンドメイドやお菓子作りも楽しんでいらっしゃいますが、ハンドメイドの楽しさや自分らしい作品づくり、お菓子やパン作りの楽しさについて語ってください。
KAZUママさん:パンにしてもお菓子にしても、洋服を作るのにしても、でき上がったときの完成をイメージしながら作ってます。イメージトレーニングってかなり大事だと思います。
バースデーケーキを作りながら子どもの喜ぶ顔をイメージして。3人の洋服を作りながら、頭の中ではもうその服を3人が着てるんですよ(笑)。イメージしながらもの作りをする…。すると自然とそのイメージ通りのもの仕上がったりするんです。
まぁ妄想が得意なだけなんですが(笑)。

もともとものを作るのが好きなようで、時間を忘れて何かに没頭するのが大好きです。
でも、3年前までは糸通しもわからないくらいで、ミシンなんて中学の家庭科以外で使ったこともなかったのです(笑)。お菓子やパン作りとかもかわいらしい女の子のやることだと思っていて、まったく興味すらなかったんですが…。
子どもができるとやっぱり子どものために、と思うとやればできるもんですねぇ!
…って、本当は自分が一番食べたいだけなんですけどね(笑)。
洋服も3人分お揃いで買うと高いし、サイズも揃わないし…。だから「作れるようになったらいいなぁ」という思いから、今に至っています。

c0039735_1511441.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
KAZUママさん:とにかく音楽を聴きながら作業をすること。これといってお気に入りの曲があるわけでもないのですが、音楽を聴くだけですごく気分もよくなるし、作業もはかどるし、穏やかな気持ちにもなれたりします。
あとは海で子どもたちの遊んでいる様子をカメラ片手に眺めていたり、家族で緑いっぱいの阿蘇をドライブしたり、温泉に行ったりするささやかな休日が私の一番の癒しです。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
KAZUママさん:★気に入っている記事
X'mas 3姉妹ワンピ[ 2010-12-16 ]
姉の職場のクリスマスパーティにお呼ばれしたときに作った3姉妹のフォーマルワンピです。
私のお気に入りの3着です。

アンの木さんのリバーシブルロングブルゾン[ 2011-01-24]
みなさんにも好評だったアンの木さんのパターンで作ったブルゾン。
お気に入りの組合せができたブルゾンです。

サンセットへ[ 2010-11-05 ]
夕日百選にも選ばれてるほど夕日がすごくきれいな糸島も二見ヶ浦です。
ここに来るとすごく癒されます。

c0039735_1512253.jpg


大好きな場所[ 2011-04-02]
3姉妹を私ひとりで頑張って連れて行った休日の出来事です。

優羽 HAPPYBIRTHDAY 6歳 ☆[ 2011-09-29]
次女のリクエストにこたえて作ったバースデーケーキです。
いやぁ大変だったキャラチョコケーキ(笑)。

★読者に評判だったポスト。
我が家の次女は・・・。[ 2011-01-20 19:57 ]
我が家の次女はほんとにおかしいんです。でも、なぜかみなさんに好かれています(笑)。
そんなリクエストにこたえて載せた次女の笑えるネタです(笑)。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
KAZUママさん:タイムマシーンです(笑)。時間を自由に操れるそんな道具がほしぃ!なんてね…。
今たくさんのオーダーを抱えてちょっとてんてこ舞いな感じなので、とにかく時間がほしいですね。
寝る時間、子どもと遊ぶ時間、ボーっとする時間、そして作業する時間。24時間じゃぁぜんぜん足りないので(笑)。

c0039735_15471480.jpg


エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
KAZUママさん:生まれて30年博多育ちの私としましては、やっぱりソフトバンクのリーグ優勝はうれしかったです!!
今年こそはクライマックスシリーズを制覇して日本一なってほしいですねぇ!!

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
KAZUママさん:いつもブログを見てくださってる方、コメントくださる方、本当にありがとうございます。
マイペースでのんびりな更新ブログですが、それでも毎日訪問してくださる方や温かいコメント、メールをくださる方にいつも励まされて私の毎日の活力にさせていただいてます。
コメントのお返事ができなかったり、お待たせしてしまったりでいつもすみません。
こんなブログですが、これからもあたたかく3姉妹の成長を見守っていただけるとうれしいです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_1511157.jpg





【KAZUママさんのお気に入り&好きなブログ】

●「Jack&Camera
一緒にネットショップを開くため、長年勤めた会社を辞めてミシン生活を一歩踏み出した姉のブログです。
まだまだ超初心者ですが…楽しく頑張ってるみたいです。

●「*nohohon。*
サンプル制作でお世話になってる生地屋さんのブログです。
お写真もすごく素敵です。

●「yasumin’s cafe*
いつもかわいい手作り木工作品や小物類にうっとりしながら拝見させていただいております。
私のブログにもリンク貼ってるおすすめブロガーさんです。

●「Ramble*letter~らんぶる~
最近姉に教えてもらった衝撃的なブログです。
もうミニチュアの革小物がかわいすぎて、見ているだけでたまらなくなります(笑)。
かわいすぎてずっと眺めていた革小物たちです。

●「含み笑いのカフェごはん『syunkon』
もう前からずっと大好きな超有名ブロガーさんですが…。
毎回笑わかせてもらいながらも、その人柄に魅了されています。




【KAZUママさんのライフログ】

あまりゆっくり映画観たり、本読んだりする時間がないので、ご紹介できるものもあまりないのですが…。

いつもココロに青空を。青空はつながっている。

高橋歩 / A-Works


写真や文章が大好きです。
高橋歩さんの本はたくさん持っているのですが…。男性からの目線での妻に対しての愛情、子どもに対しての愛情がすごく伝わってきて、家族の大切さとかあたたかさとかも感じれる素敵な本です。

太一×ケンタロウ 男子ごはんの本

ケンタロウ / M.Co.(角川グループパブリッシング)


今年の結婚記念日に「父ちゃん」が全巻プレゼントしてくれたお気に入りのレシピ本です。

うちの3姉妹 1

松本 ぷりっつ / 主婦の友社


私が3人目を妊娠したときに、たまたま本屋で手にしたこの本見て、「もしかしたらうちも3姉妹になるのかなぁ」…なんて思いながら読んでいたマンガ本。まさに3姉妹になって、同じような感じに共感しまくりです。
今では子どもたちも『うちの3姉妹』がすごく大好きで、子育てしてるお母さんも楽しめる本です。
ブログは終わちゃったけどブログも笑いあり感動ありで、すごくおもしろかったです。

KAZUママさんの「3姉妹成長記録&手作りのものたち」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-10-12 17:40

c0039735_15201932.jpgいきいきした瞳に、しなやかな体のラインや毛並み、息づかいまで感じられるような、動物たちのありのままの美しい姿。まるで生きて、すぐそこにいるような…、手を伸ばせば目の前で動き出しそうな…、命の輝きを感じる動物たちの彫刻に、ただただ感動するばかり…。
たったひとつの命であり、その動物の性格や体温、表情までを五感で記憶し、そのまま丸ごと表現するために、ひと彫りひと彫り手をかけることで、本当の命が吹き込まれるかのようで見る人の心を釘づけにします。
そんな動物たちの自然な姿を残す彫刻家として、コツコツと日々木を彫り続けるはしもとみおさん。

以前、「今週のピックアップブロガー」でご紹介した「はなももの別館」のはなももさんと、縁あってブログで出会い、はるか海を超えて砂漠の国を訪れ、はなもももさん宅のガゼル親子や多くの動物家族たちの姿を彫ることになりました。そんなすてきな出会いと宝物の時間から生まれた、砂漠の国に住む動物たちのいきいきした彫刻作品にも注目です。

今週は、見る人に感動を与える彫刻家としての日々思いを、すてきな作品とともにつづる、「はしもとみおのナマケモノ日記」のはしもとみおさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
はしもとみおさん:大学院に行くきっかけで、知り合いのひとりもいない、愛知県に行くことになり、今まで住んでいた大阪や東京や全国にバラバラになった友だちに、近況を伝える手紙のような気持ちではじめました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
はしもとみおさん:私は、日本には数少ない仕事、“彫刻家”という仕事をしています。主に動物のリアルな肖像を作る作品作りをしています。
実際、彫刻家と言っても、いろいろな仕事を兼用してやっている方が多いのですが、100%の彫刻家という仕事はどのようなものなのか? どんな毎日を送って、どんなことを考えているのか?ということ…。そして、美術の仕事で生きていくということを、美術をよく知らない人に伝えたいと思っています。

また、最近は美術の仕事をめざす後輩たちもたくさん読んでくれているとのことなので、たくさんの後輩たちへ、あきらめずに続けることの意味や、美術で生きる厳しさ、職業としての美術家の暮らしを、「がんばれ!」のメッセージを込めて伝えていきたいと思っています。

c0039735_15211561.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
はしもとみおさん:たくさんの出会いがあるということに気がつきました。インターネットの中も、ちゃんとみんなが意志や思いを持って暮らしていて、ブログで巡り会えた出会いは数知れず…。特に遠方の方々にも出会えるのが、とてもうれしい瞬間です。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
はしもとみおさん:私たち“もの作り”の人間は、言葉を使うのがとっても苦手です。言葉で伝えられないことを、作品に込めたりしますが、それでもあふれる思いを、言葉で伝えていくことは、彫刻を作る上でも大きな力につながると思います。
そんな意味で、ブログをはじめてから言葉作りが好きになってきたことが、ブログをやっていてよかったな、と思う瞬間です。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
はしもとみおさん:題字の通り、ナマケモノ日記と言うことで、基本、ナマケモノです。仕事では小動物のように動き回りますが、プライベートはゆるゆる、と暮らしています。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
はしもとみおさん:私のブログを読んでくださる方々とはぜひお会いしてみたいですが、ご縁があって、実際にお会いできたのが、「はなももの別館」のはなももさん、旦那様、たくさんの動物の家族たち。あとでその話もじっくりさせていただきますが、お会いできて本当に良かったと思っています。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
はしもとみおさん:空いた時間にのんびりバイオリンをひくことです。兄はジャズドラマーなのですが、私と兄は小さい頃からバイオリンを習っていたので、兄は音楽の道へ、私は美術の道へ、それぞれ別れていったので、兄が作った曲などをたまにバイオリンで遊びでひいたりしています。音楽はなくてはならない趣味の時間です。

c0039735_15243131.jpg


エキサイトブログ編集部:夢は?
はしもとみおさん:少し郊外の大きな土地で、動物たちを育てながら、彫刻を続けていきたいと思っています。
そこに小さなカフェや本屋さん、レストランや音楽室、工作室、学校のような場所、いろいろなお店の集まりの場所を友人たちと作れたらいいなと思っています。

エキサイトブログ編集部:動物たちの彫刻作品の数々に癒されるとともに、才能の豊かさに驚かされますが、彫刻をはじめられたきっかけやその魅力は? 自分らしい作品作りについても語ってください。
はしもとみおさん:はじめは、動物たちと関わる仕事がしたいと思っていたので、「獣医さんや飼育員さんになれたらいいな」と思っていました。
けれど15歳のとき阪神大震災に遭い、たくさんの大好きだった動物たちも、次の日、もうそこにはいない、という経験をしました。
思い出そうと思っても、その姿が思い出せず、写真でしかその愛らしかった姿を残すことができない。「まるごとを残したかった…」とそのとき思って、少し、未来への考え方が変わりました。
動物たちの目の前にある震えるくらい美しいその姿を、たくさんの人に伝えることができたらいいな…と思いました。
それからは何か強い力に引っ張られるように、「私が作らなければ」という思いで、美術を死にものぐるいで勉強し、動物のそのままの姿を作る、彫刻家になりました。

私は、自分の作品を作っている、という意識はまったくないので、現代の美術や、アートのようなかっこいいものではなく、作品、という言葉もなんだかあまり使うことがありません。
ただ、目の前の美しい命の姿を、木の中に残す、という仕事だと思っています。
なので、美術作家さんたちのように、作品のコンセプトがあるわけではなく、生きている動物たちのありのままの美しさが作れたらそれで充分だと思っています。
これまでも、これからも、その思いはずっと変わらないと思います。

c0039735_15221427.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通じて出会った「はなももの別館」のはなももさんちのガゼル家族をはじめ、動物たちを彫刻するために、一か月滞在されたようですが、そのときのいきさつや滞在中の楽しかったこと、感動したことなどは?12月にはその作品展も行われるようですが、見どころや楽しんでもらいたい点などを…。
はしもとみおさん:遠くアラブ首長国連邦に住むはなももさんは、私のブログを偶然見つけてくださいました。
私のブログを見て、自分のお家で共に暮らしている動物の家族たちの彫刻を作って欲しい、と思ってくださり、すぐ連絡をくださって、その後メールでやり取りを重ねながら、はるばるアラブまで、去年一ヶ月取材のため滞在させていただきました。

毎朝4時におきて、猫たちの餌やり取材、砂漠に昇る朝日を見ながらの、犬たちの散歩の取材。午前はガゼルチームの取材、午後は暑すぎる時間は少しお昼寝をして、夕方またガゼルや牛やラクダたちの取材…。取材は、主にスケッチです。水彩画で、約60枚の動物たちの絵を描きました。
晩ご飯はよくはなももさんと一緒にわいわい作りました。私は姉がいないので、お姉ちゃんができたみたいでほんとに楽しい時間でした。
旦那様に砂漠にドライブに連れて行ってもらったり、はなももさんとドバイでお買い物をしたり、チャイを飲んだり。ひとつひとつが宝物みたいな思い出です。
帰る時はなんだか寂しくて、部屋にこもって泣きそうになりながら、一ヶ月の貴重な思い出とたくさんのスケッチたちをただ見返していました。

現在はなももさん家のガゼルや猫たちを、彫刻しているところです。おおよそ半年から一年はかかる、長い彫刻の仕事です。そのすばらしい出会いと、美しい動物たちの姿を、日本の皆さまにも、見ていただきたいと思い、関東地方の神奈川県をはじまりに、名古屋、大阪でも巡回展をして、2011年から2012年中に日本各地で展示会を企画したいと考えています。
また、はなももさんの日常的に撮られているお写真があまりにも素晴らしいので、彫刻の展示会に、はなももさんのお写真もぜひ飾らせていただこうと思っています。
遠くで育った、今の時代でなければ、決して出会うことのなかった美しい動物たち。そのありのままの姿を、たくさんの方に見ていただければいいなと思っています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
はしもとみおさん:愛犬・月くんとの散歩の時間がいちばん仕事を忘れて無になれる時間です。夕焼けを一緒に眺めたり、公園で日が暮れるのを待ったり。
常に何かを考えている仕事なので、ただ、“歩く”という散歩の時間は、充電にもってこいの時間です。

c0039735_15254114.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また読者に好評だった記事は?
はしもとみおさん:★思い入れのある記事
●「デッサンのススメ」(2011年8/12)
デッサンについての思いをまとめたものです。絵が苦手だと思っている方にこそ、「絵を描いて欲しい」という思いをこめて…。

●「やあ、またね」(2010年12/8)
はなももさん一家との、思い出を語った最後の記事です。

●「せんぱい。」(2010年7/10)
たくさんの、美術の仕事でがんばっていこうとする後輩たちにメッセージを込めた記事です。

●「こころでかんじる」(2010年11/25)
●「砂漠の真ん中で」(2010年11/19)
このふたつは、UAEのはなももさんのお家からアップロードしたもの。砂漠の真ん中で考えたことを、リアルに伝えたいと思いました。

★読者に評判だったポスト
●「アトリエ」(2010年6/2  
小さなアトリエの話なのですが、たくさんの方が読んでくださいました。

c0039735_154039.jpg


エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
はしもとみおさん:マダガスカル島にベローシファカを見に行きたいです。またはマレーシアにテングザルを見に行きたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
はしもとみおさん:ニュートリノと呼ばれる素粒子のスピードが光より速かったという実験結果が発表されたというニュース。質量を持っているものが、光より速い速度で運動できるということは、過去の地球を映し出すようなタイムマシンも可能であったりするのか!?と、興味津々です。もともと獣医師を目指していたので、理科系全般は興味があります。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
はしもとみおさん:ナマケモノ日記ですが、ナマケずにこれからもがんばります。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【はしもとみおさんのお気に入り&好きなブログ】

●「はなももの別館
もちろん、はなももさんのブログ。写真をながめているだけでも幸せになります。

●「奈良美智の日々
大先輩の作家さん、奈良さんの日々のことばたちは、わたしたち美術をしているたくさんの後輩たちの宝箱です。

●「nut.petit
予備校時代にデッサンを叩き込んでくれた恩師の美術ブログです。少々毒あり。

●「プシプシーナと日々のあわ
大学時代の友人である、香川にある珈琲屋店主、プシさんのブログ。歯切れのいい現代詩のような言葉づかいが好きです。

●「タブリンの窓
タブリンさんの骨格彫刻は、私の中の古代ロマンをよみがえらせてくれます。アップが楽しみでなりません。




【はしもとみおさんのライフログ】

レミーのおいしいレストラン [DVD]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


小さなネズミが、パリの町で大きなことを成し遂げる、素敵なお話。
私は、小さなネズミが出てくる物語で、好きなものが多いです。
公式ホームページはこちら

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし

レオ・レオニ / 好学社


小さなネズミが、人と違うものを集めて人を幸せにする…。そんな素敵なお話。

SPARK

児玉奈央 / ビクターエンタテインメント


最近よく仕事中に聞いています。気持ちのいい歌声がすきです。

はしもとみおさんの「はしもとみおのナマケモノ日記」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-10-04 17:24