今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

c0039735_1575859.jpg美味しい紅茶とともに、すてきな器に並んだ手作りのティーフードやスイーツをいただきながら、楽しいおしゃべりのひととき。ときにはラブリーな「アリスのティーパーティ」や、おしゃれで優雅な「二都物語ティーパーティ」など、テーマに沿ったティータイムだったり、夏には水出し紅茶で涼しげな気分が味わえるなど、その季節ならではくつろぎの時間だったり…。すてきなティーカップ&ソーサーにもうっとり…。
そんな優雅なティータイムが楽しめるとともに、紅茶の美味しい入れ方なども教えてもらえたら…。実際に体験した方はもちろん、見ているだけでもしばし忙しい日常を忘れて、ふっと心が癒されますね。

今週は、そんな心和む紅茶教室を主宰され、紅茶レッスンのレポをはじめ、紅茶の美味しさや紅茶にまつわる話題、これまで世界各国を旅された話題などを楽しく伝えてくださる、「ミンミンゼミ」のミンミンさんに登場していただきました。 

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
ミンミンさん:ホームパーティーや旅行が好きなので、その記録となればいいかな?と思い、友人たちにもすすめられて、実は重い腰をあげてスタートしたんですよ。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ミンミンさん:今は、『紅茶教室・TEA MIE(ティミ)』を主宰していますので、「紅茶」関連や「ティーパーティーレッスン」のレポが主体となっています。
自分自身の「日記」の中で、旅の記録やレストランの紹介など、「ステキ!」「おいしい!」という感覚を、画像中心で、できるだけ文章を少なくして 、お届けできたらいいなと思って、日々更新しています。
臨場感あふれるレポで、ご訪問していただく方々にも「擬似体験」していただけるとうれしいな~と思っています。

c0039735_1591716.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
ミンミンさん:毎日、自宅PC前で「刺激」をいただいています。コメントのやりとりは励みになるし…、まさに「エキサイティング」!!
ブログを通して、実際にお目にかかった方々が本当に、ブログキャラどおりに素敵で、現在もたくさんの方々とリアルにおつきあいさせていただいています。
住む場所や世代を超えてのつながりに「不思議なご縁」を感じながら…。
 
エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
ミンミンさん:自分の日記代わりにもなるので、新たな感動を伝えられたり、他の方のブログでレアな情報をいただいたり、挙げたらキリがないほど。
ブログは今の私のライフスタイルに「必要不可欠」な「ビタミン」のような…存在ですね(笑)。

c0039735_1593949.jpgエキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
ミンミンさん:好奇心旺盛でお茶目な人(笑)かな?

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
ミンミンさん:リンクしている方みなさんにお会いしたいですね。すでに多くの方とお会いしていますが、中でも印象的だったのはmamejiro19さんですね。2年前にロンドンの「ハリーポッター」のロケ地の記事を書いた時に、ちょうどその場所に旅行に行かれる予定だったmamejiro19さんからコメントをいただき、それからやりとりが始まりました。
彼女は 、長崎県在住の方でしたが、たまたま、「近くまで行くという」私のコメントに応えていただき、有田で初対面のランチ! そして、次には長崎思案橋でも、ご一緒に!! (料亭花月のランチ 2010年6月
ブログにもインテリジェンスな香りが流れていましたが 、 本当にステキな方で、旅の話などで盛り上がりました。
 
この他にも 先日はロンドンでも在英の素敵なブロガーさんたちとランチをご一緒させていただき、ブログを通して「国際的交流」を楽しませていただいています(笑)。 (ロンドンデート1ロンドンデート2) 
改めて『ブログパワー』に驚きです!

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
ミンミンさん:買い物が好きなので、イギリスアンティークを買ったり、珍しい紅茶を買って、 やっぱり…「ティーパーティー」ですね(笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
ミンミンさん:自分の撮影してきた画像を使い、海外のTeaのお話交えて 、文化の違いなどを皆さんの前でレクチャーするようなミーハーな「ミニ講演」、もしくは「海外旅行疑似体験セミナー」のような仕事をしていきたいと思っています。

c0039735_1510523.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自宅で紅茶教室を主宰され、紅茶のおいしさを伝えてくださっていますが、紅茶教室をはじめられたきっかけや紅茶へのこだわり、紅茶をいただく楽しみといえば?
ミンミンさん:子どもの頃から紅茶は好きで、友だちにもお出しすることも多かったのですが、「本当に、この淹れ方でいいの?」という不安がありつつ自己流で楽しんできました。そんな折、フルタイムの仕事を退職することになったので、その機会に15人くらいの先生の各紅茶セミナーに集中して出かけました。

そんな中で、堅苦しい茶葉のテイスティングやレクチャーは自分自身、あまり得意ではなかったので、浅い知識でもミーハーでも「紅茶」の美味しさや 、「スイーツとのペアリング」など、オリジナルの「紅茶レッスン」を開催できたら楽しいかな?と思って、自分で主宰することになったのです。一応2つくらいの「資格」も修得しています。別ブログ「紅茶で おもてなし教室」も運営し、自宅ティーパーティーレッスンをスタートさせていただきました。

かなりの時間をかけてレッスンの準備をしますが、それを最大限に喜んでいただけて、ティータイムに皆さんが紅茶を飲み、『癒される~』なんて言葉を聞くと、本当にうれしくなりますね。

参加者の方々によって、イメージを変えたセッティングをしてみたり、それぞれの紅茶の好みを把握していたり 、どなたもにもバランス良くお話を聞きだすなど 「ホスト・マダム」としての心得こそが、一番の「おもてなし」の心だと思っています!
なかなか難しいけど、毎回、自分も学んでいるつもりで「レッスン」に参加させていただいています!

c0039735_15115260.jpg

エキサイトブログ編集部:イギリスやモロッコをはじめ、世界各国へもあちこち旅をされていますが、旅をする楽しみやこれまで訪れた中で特に印象に残ったところは?
ミンミンさん:旅での思い出深い体験やアクシデントは、沢木耕太郎風に言えば、「人生」の短縮型のような気がして、初めての街や以前と同じ場所が季節によってまったく違う所に見えたり、「非日常」の世界観が好きなんだと思います! 印象に残った場所をいくつかあげてみますね。

・ペルーのマチュピチュ。秘境の地に古代の人々の暮らし、大自然の中の美しい遺跡を目の当たりにして言葉を失う感動でした!

・イタリアのシチリア島タオルミナ。映画「グラン・ブルー」のロケ地で世界一美しい町と称された古代円形劇場から眺めるイオニア海とエトナ山は、ポストカード超えの絶景でした!

・ロシアのサンクトぺテルブルグ。「ロシアのベニス」と称される運河が多いゴージャスでダイナミクな建物の内部がまた豪華絢爛のコレクションなど見所多数で、「エルミタージュ美術館」もとにかく素晴らしいです!(関連記事

・モロッコのフェズ。「スーク」と呼ばれる迷路のような市場には、可愛い雑貨がたくさん。大自然の中でエキゾチックな風情の街並みを眺めて、ミントティーを飲みながら異国の旅情に浸れ、エキサイティングでした。(関連記事
でも、ブログにはまだアップしていないところも多いので、コツコツアップしていけたらいいなと思っています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
ミンミンさん:紅茶を淹れてセッティングを考えてのティータイム。PC前のブログタイムは、ひとりでいてもなんだかおしゃべりしてるようなリアリティーがあって、本当に癒されますね!

c0039735_1681475.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
ミンミンさん:*2010年6月28日「不滅のアリスファンタジー」 
昨夏の「TEA MIE」の人気テーマ「アリスのティーパーティー」のひとコマ。
映画や絵本のアリスのイメージで、カラフル&ラブリーなレッスン風景。

*2010年12月24日「クリスマスイブ ファイナルTP…
昨年の「クリスマス」テーマは「ウイーンのクリスマス」…。
ウイーンのお菓子や紅茶にこだわる豪華ティーパーティー 。

*2011年3月1日「「台湾茶を愉しむ会」3連発♪
2010年秋に「台湾茶を巡る旅」をしてきたので、現地調達の茶器や貴重なお茶を中心にお茶会を。

*2011年7月6日「ピーターラビットの故郷・湖水地方へ」  
今継続して「連載」しているイギリスの旅の中のひとコマ。
自然いっぱいのエリアを一緒に歩いているような感じで、映画「ミス・ポター」の世界観をお愉しみください!

*2009年4月28日「モロッコのティータイム♪
モロッコのスークで買ってきたグラスやポットに、本格的モロカンミントティーのご紹介をしています!この記事がきっかけで、教室にお申し込みされた方もいるほど!「フェズ」の街並みや「コラージュ」が面白いかも?

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
ミンミンさん:長い休日をいただけたら、世界一周旅行で各地からのブログ更新を楽しみたいですね(笑)。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
ミンミンさん:「なでしこジャパン・世界一!!」です!
日本女子の魂の強さを感じ「ブラボー」のひとこと!

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
ミンミンさん:毎回食べたり飲んだりの話題が多いブログですが、楽しさをお伝えできればと思いますので、どうぞお気軽にコメントを残していただけるとうれしいです!

c0039735_15132122.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【ミンミンさんのお気に入り&好きなブログ】

いっちゃんの美味しい食卓 ~おしゃれな簡単料理~  
ご存知、公式ブロガーの「いっちゃん」からはたくさんの「HAPPY」とともに、簡単お料理レシピやらテーブルアイディアも、たくさんいだいています!

蚤の市フリークの雑貨手帳 ウーマン・エキサイト「旅とさんぽ」の常連さんで、蚤の市で出会った雑貨も可愛いし、写真のセンス抜群な海外の紹介に、いつもうっとりしています。
                  
まねきねこ   
京都をはじめ、グルメ情報やお菓子づくりは、プロ顔負けの解説ぶり!
ご主人が撮られたダイナミックで美しい画像も魅力のゴージャス記事が毎週楽しみです。

晴れたらいいね♪    
信州に住む明るくて、はつらつとしたブロガーさんの目線で、お花や自然、動物、食べ物などを鮮やか画像で楽しめるノスタルジック感が癒されます!

ぱにぽぽ Sucre-en-Rose♪ *panipopo & paniヴァンのキッチンから 
日本ブログ村「手作りお菓子部門」の人気ナンバー1。
アートのようなお菓子づくりと、ブログから感じ取れるファイトあふれるマダムのお人柄にも惹かれています!




【ミンミンさんのライフログ】

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]

Happinet(SB)(D)


アカデミー賞受賞の話題作。イギリス王室の歴史上の真実(現エリザベス女王様のお父様のお話)を元に、さまざまな人間の機微や心の通いあいが描かれ、当時の時代の流れに引き込まれていきます。
しっとり感動を呼び起こす、豪華オスカー受賞俳優陣の演技力も魅力でした。
ほんの少し登場の「紅茶」のサーブのシーンもそれは「英国王」のお宅らしい、インテリアからして豪華なものでしたよ!

ミンミンさんの「ミンミンゼミ」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-07-19 12:00

c0039735_20102680.jpg食欲をそそる彩りを添え、すてきに盛りつけられたおしゃれな料理。作ってみるととっても簡単で美味しく、だれもがしあわせな気分に包まれるレシピが評判の、ロンドン在住の超人気料理ブロガー、「いっちゃんの美味しい食卓 ~おしゃれな簡単料理~」のいっちゃんこと、エリオットゆかりさん。
2009年3月のピックアップブロガーに登場していただき、その後もWoman.exciteのオフィシャルブロガーとしてますます人気を集めています。
3月の東日本大震災後にはチャリティイベントなどを行って話題となりましたが、このたび、被災地支援を考えた『電気もガスも使わない しあわせレシピ』(主婦の友社)という本を出版されました!
電気やガスを使わなくても、美味しくてしあわせな気持ちになれるメニューばかりを集めた、というこの本、いっちゃんの意向により印税のすべてを東日本大震災の被災者の方へ寄付されるそうです。

今回はその出版のお祝いに、出版記念特別インタビューと題し、「いっちゃんの美味しい食卓 ~おしゃれな簡単料理~」のいっちゃんに再登場していただき、出版にまつわる話やブログを通じてますます増えた楽しみなどを語っていただきました。

エキサイトブログ編集部:2009年3月のピックアップブロガーにご登場いただき、現在はWoman.exciteのオフィシャルブロガーとして活躍されていますが、まずはご近況を…。
いっちゃん:お久しぶりです!ピックアップブロガーとしてご紹介いただき、たくさんの方にブログを知っていただきました。ありがとうございます。その後、Woman.exciteのオフィシャルブロガーにしていただき、簡単で美味しいおしゃれなお料理とイギリス生活をより充実した記事で発信したい!と思いながら楽しく更新させていただいています。
おかげさまでたくさんのウェブサイトや雑誌でレシピをご紹介していただくことも増えて、さらに充実した毎日を過ごしています。

c0039735_17272215.jpgエキサイトブログ編集部:3月の大震災後にはチャリティイベントを企画されたり、時短レシピを紹介されましたが、この7月8日は『電気もガスもつかわない しあわせレシピ』という本を出版されました! 出版おめでとうございます。本を出版されたいきさつや本になったことに対する感想は?
いっちゃん:ありがとうございます。
海外にいる私ですが、ニュースで日本を襲った大震災を知って言葉を失うばかりでした。
毎日悲しみに明け暮れる日々…。でも驚くことに震災後の数週間はブログに来てくださる方がいつもより多かったのです。
非公開コメントで被災地に近いところにお住まいの方や、被災地にご親戚のいる方、そして身内の安否を気遣われている方、被災地以外の悲しみを抱えながらも前向きに過ごされているみなさんからのメッセージで、私も海外に住んでいても事実を知ることができ、とにかく何か行動したいという気持ちになりました。
そんな時にアップした私の時短レシピを見られた出版社の方から、「電気もガスも使わないレシピっていくつぐらいありますか?」とご連絡いただきました。
とっさに「たくさんあります!」と答えましたが、きっと担当編集者さんは具体的な数を聞きたかったはずです(笑)。私のブログのコンセプトはおしゃれな簡単料理ですから、火を使わないレシピはかなりありましたので。

企画会議の時、私はオックスフォードというところに数日出かけていたので、結果をドキドキしながら携帯でメールをチェックしてました。
「企画が通りました!」とうれしいメールをいただいたのはオックスフォードのパブの中。思い出の場所になりました。
そんないきさつから生まれたのが、この本です。そして、少しでも被災者の方々の役に立てればという思いから、この本の印税はすべて東北大震災の義援金として寄付させていただくことになりました。
7月8日に発売されましたが、表紙もさわやかで、暑い夏に皆さんにたくさん使っていただけそうな本に仕上がって本当にうれしいです。

c0039735_15564991.jpgエキサイトブログ編集部:『電気もガスもつかわないしあわせレシピ』はどんな本に仕上がってらっしゃるのでしょうか?
いっちゃん:この話はブログでも少しお話させていただいたことですが、「電気もガスも使わない」となるとおつまみ系のレシピが多くなってしまいがち。
当初そんなレシピが多くて、担当編集者さんに、「ゆかりさん、もっと読者の方に驚きを与えられませんか?」とお電話で言われました。
私は「電気もガスも使わないのに、揚げ物のレシピを望まれているのですか?」と聞くと、躊躇なく「そうです!」と答えられたのでびっくり(笑)。でも、そのひと言で生まれたレシピがたくさんあります。
火を使わなくても揚げ物気分が味わえる「エビフライ」や「コーンクリームコロッケ」など、ぜひみなさんにご紹介したいレシピがたくさんあります。
食材別にわかりやすいですし、コラムではドレッシングやソースをご紹介して、それを応用したお料理や女子のみなさんの心をくすぐるテーブルセッティングもご紹介させていただいています。

エキサイトブログ編集部:今回の出版化で苦労されたことも楽しいこともあったと思いますが、どんな点がいちばんやりがいがありましたか。
いっちゃん:最初はブログの中からレシピをたくさん載せる予定だったのですが。実はこちらの本の制作を始める前に「PCの中のレシピの写真を整理しておこう!」なんてちょっとやる気を出し過ぎて整理をしたのはいいのですが。誤って野菜や豆腐類の写真を削除してしまったようなのです。そそっかしい私らしいできごとです。
いくら探しても写真が見当たらず、ほとんどのお料理作り直し、写真撮り直しになってしまいました。でも、もう一度食べて調味料の配分なども再確認しながらできるので、ポジティブに考えればそれはそれでいいことなのかなと思えました。
でも、作り直していくうちに新作レシピもどんどん頭に浮かんできて、みなさんにご紹介したいと思い始めました。編集者さんにもその気持ちを伝えると「それはいいですね!」と言っていただき、新作多数になりました。おもに新作が8割をしめているので、ぜひ楽しんでいただければうれしいです。

c0039735_15571730.jpg日本の暑い夏に更に節電できっとお料理するのも大変だろうなと思います。そんな時にもお料理を楽しんでいただける本にしたいと思いました。ですから10分以内に作れるものばかりです。火を使わないとどうしても副菜になりがちですが、火を使わなくてもメインでしっかり召し上がっていただけるものも考えました。

日本中、そして世界に住む日本人の方が暗く悲しい時間を過ごしていた時にもブログに来ていただいてコメントを通じて交流させていただき、日本のみなさんの前向きな気持ちに触れることができたからこそ、私もなんとかレシピをアップしていました。それがこうして形になって本当にうれしいです。

エキサイトブログ編集部:ブログを本にする際、いちばん“自分らしさ”を出すために、こだわった点は?
いっちゃん:どんな時でも笑顔でお料理してくださることを願いながら、ブログのサブタイトルのおしゃれな簡単料理を頭に置いてレシピを考えました。

エキサイトブログ編集部:読者のみなさんにはどんな点を楽しんでもらいたいですか?
いっちゃん:“なんちゃって揚げもの”を家族や友達に出してみてびっくりさせてみてください。きっと楽しい話題になるはずです!(笑)
そして、とにかく気温の高い日でも10分以内でできるレシピばかりなのであともう1品!というときにも使っていただきたいです。
もちろんメインのお料理も豊富なレシピご用意しています!
コラムのドレッシングやタレは作っておけば食材にかけるだけで活用していただけると思います。食材との組み合わせも提案させていただいているので、ぜひ気軽に試していただけたらうれしいです。
テーブルセッティングも「かわいめアイデア」と「大人めアイデア」の2種類があります。シチュエーションによって参考にしてください。

c0039735_1558144.gif


エキサイトブログ編集部:ブログでは時短レシピなどをご紹介してくださいましたが、本に収めたお気に入りのレシピというとどのような記事がありますか?
いっちゃん:●トマトと豆腐のヘルシーパフェ
ワイングラスに切って盛り付けるだけの簡単レシピですが、とにかく「作ったよ」といレぽの多い1品です。見た目もかわいいのでおもてなしにも大活躍。
スモークサーモンぱりぱりキャベツ丼
ごま油の香りが食欲をそそります。キャベツのしゃきしゃき感とスモークサーモンのまったりしたうまみが美味しくコラボしています。
スモークサーモンのユッケ風
とろ~りとした黄身を豪快に混ぜて召し上がってほしいです。スモークサーモンの塩気で美味しく食べられます!ネギの香りで食欲増進。
c0039735_1556284.jpgレーズンとアーモンドのメープルクリームチーズサンド
メープルシロップの優しさが味わえる手軽な1品。甘いサンドイッチはたまに食べたくなりますね。
アプリコットクリームチーズの生ハム巻きチーズとフルーツの組み合わせはヨーロッパでは人気の組み合わせ。それを塩気のある生ハムでくるむだけですがワインによく合うオードブルになります。
お豆とお豆腐のヘルシーサラダ
ヘルシーな豆豆コンビ!豆って体にいいとは知っていても食べ方がワンパターンになりがち。暑い日にも美味しく食べられるのでお試しください。

もちろん、このほか、今回の本のために生まれた新作レシピはどれも自信作ですので、お手にとってぜひ試していただけるとうれしいです。

エキサイトブログ編 集部:ブログを続けていて、改めて楽しみが増えた点や良かったなと思うこと。広がった出会いや人間関係、仕事や生きがいなどがありましたら…。
いっちゃん:毎日私はレシピと日常生活を記事の中に取り入れて更新しています。
レシピは冷蔵庫や戸棚の食材をじっと見つめるとわりとすぐに試作してみたいレシピが思い浮かびます。
日常生活はやっぱり「楽しいこと!うれしいこと!」にいつも目を向けていないとそれに感動せず、日々過ぎ去っていくような気がします。
何気ないことでも、ブログのおかげで「幸せだな」とか「ありがたいな」ということに気がつく機会をもらっている気がします。

そして、出会いもますます広がってます!(笑)「料理を作ったよ~」といろいろな国に住む皆さんに声をかけていただいて毎日やる気をいただいています。

また、ブログを通じて大好きなお料理のお仕事にお声をかけていただくことも多くなりました。
ブログを始める前は、お料理は好きでしたが、出版までさせていただくなんて、考えたこともなかったです。そんな意味で、ブログのおかげで料理という自分がやりたいことが明確になっていったのだと思います。
海外に住む私ですが、そのハンディも受け入れていただき、仕事の依頼などをいただけることに本当に感謝しています。
大好きな日本が最近はより近く感じています。
まだ先ですけれど、子どもたちが巣立ったら、日本の四季ごとに一時帰国したいと密かに思っています(笑)。

c0039735_17223719.jpgエキサイトブログ編集部:これからの目標や夢は?
いっちゃん:今回の震災の翌日からジョギングを始めました。日本の皆さんがとっても大変な時に、海外にいる自分だけが普通の生活しているのが苦しかったです。だから自分が苦手なことを前向きに頑張ろうと思いました。
私はとっても運動が苦手。最初の頃はジョギングなんて2分も走れば疲れて歩く。そしてまた走るの繰り返しでしたが、少しずつ距離も走れるようになってきました。走っている時間はやっぱり日本のことを考えているかな。これからも続けてロンドンマラソンにいつか出てみたいって無謀にも思ってます。ここで言ってしまった以上は絶対実行します(笑)。

エキサイトブログ編集部:いま一番の楽しみや、 幸せを感じることは?
いっちゃん:お料理を考えて試作して食べる瞬間がとっても楽しみですし、それが美味しかったら幸せを感じます。
そして将来の自分を好きなように想像するのも楽しい時間。
思ったことは必ず形になると信じてますから(笑)。

エキサイトブログ編集部:最後に、あらためて読者のみなさんにメッセージ をお願いします。
いっちゃん:いつもブログに遊びに来てくださってありがとうございます。
みなさんのおかげで更新もいつも新鮮な気持ちでとっても楽しんでいます。
私の中のとっても大切な一部分となっているブログです。

c0039735_2047252.jpg国内外、日本人すべての方が苦しい時間を過ごしていた時、「自分は何ができるのか?」と何度も心の中で質問ばかりの毎日でした。
そんな時にこうして出版のお声をかけていただいて、自分のできることが見つかりました。

被災地の方は未だ本当に大変な日常だと思います。被災地以外の方も不自由な生活の中でも被災地を思いながら謙虚に頑張っているのが伝わります。

被災地以外のみなさんにレシピを参考にしていただけて、その印税すべてを被災地へ義捐金として協力させていただくのが今の私にできるベストな形だと思いました。
たくさんの方に「電気もガスも使わない しあわせレシピ」を手に取っていただけたらうれしいです。
日本の復興を心から祈ってます。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【出版記念お料理デモイベントも大好評】

★7月10日には『電気もガスも使わない しあわせレシピ』の出版記念イベントが、都内のキッチンスタジオで開催されました。
多数の応募者の中から抽選で選ばれた30名の方々が参加。本の中でご紹介のお料理3品をみなさんの前でデモンストレーションし、その後、いっちゃんとみなさんとの歓談されました。

とても和気あいあいとした心あたたまるイベントでしたが、その様子はこちらのページで詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

c0039735_13362963.jpg





【いっちゃんの著書】

c0039735_17243539.jpg電気もガスも使わないしあわせレシピ
定価/952円(本体)
出版社/主婦の友社
発売日/2011年7月8日

*この本の印税はすべて東日本大震災の被災者の方へ全額寄付されます。





★2009年3月4日、「今週のピックアップブロガー」の登場記事はこちら

★「いっちゃんの美味しい食卓 ~おしゃれな簡単料理~」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-07-14 20:48

『電気もガスも使わない しあわせレシピ』の出版を記念して、7月10日には、著者のいっちゃんことエリオットゆかりさんのお料理デモイベントが行われました。

c0039735_153053.jpg


発売に合わせてイギリスから帰国されたいっちゃんですが、ブログでもおなじみのとても明るく元気な笑顔でみなさんを迎えてくださいました。

c0039735_14572279.jpg


今回発売された『電気もガスも使わない しあわせレシピ』の印税はいっちゃんの意向により、すべて被災者のための義援金として寄付されるということで、ひとりでも多くの方に手に取っていただこうと、この日もたくさん用意されていました。
手に取ってペラペラっと見やすい手軽なサイズと、夏らしくとってもさわやかな表紙が印象的です。

c0039735_1554522.jpg


参加者のみなさんが集まる前にマスコミ取材があり、今回のレシピ本が生まれたきっかけやレシピについてご紹介がありました(今週のピックアップブロガーでもご紹介)。
そんな中で、今回話題の“揚げ者気分が楽しめる”レシピが生まれたエピソードについてこんな話も披露(笑)。

「出版社の担当の方に、『ゆかりさん、和え物ばかりだとつまみ系ばかりなので、もっと何かインパクトのあるレシピはないですか?』と言われて、揚げ物を…という話になったんですが、『電気もガスも使わないで、どうやって揚げ物を作ろうか…?』とずっと考えていまして…。車で運転しながら、なかなか思いつかないでいたとき、トラックに突然後ろから衝突されたんです!その衝撃で、はっと、思い浮かんだのが、今回の本に紹介している「クリームコロッケ」や「エビフライ」などの揚げ物気分が味わえるレシピでした。うちの主人に話したら、『今回の本は当たるね!』なんて話していましたが(笑)」(いっちゃん談)
発想を変えてみたら、思いがけないレシピが生まれたというわけですね。

今回のお料理デモでは、その話題となったコーンとツナのクリームコロッケをはじめ、東北の素材「笹かまぼこ」を使った梅和え、イギリスではとてもポピュラーで美味しいチーズ&オニオンのサンドイッチの3品をご紹介。
歓談のひととき用に、イギリスで人気の「PIMM'S」というお酒にキュウリとオレンジとミントを入れてレモンの炭酸ソーダで割った自家製ドリンクも用意されていました。

c0039735_15202798.jpg


この日参加されたのは30名の方々。応募総数は100名を超えたそうですが、その中から選ばれた方々はみなさん、いっちゃんの大ファンで、新幹線や夜行バスで愛知や長野などの遠方から参加した方もいらっしゃいました。

c0039735_1532482.jpg


さっそく集まった参加者を前に、いっちゃんがご挨拶。今回のレシピ本のご紹介とともに、被災者を支援したいという思い入れをお話ししたあと、お料理デモをスタート。

c0039735_1533285.jpg


「用意した材料を混ぜて手で和えるだけ。どれも、いたって簡単です!」と笑顔のいっちゃん。
本当に目の前でデモンストレーションする様子は手で和えるだけ。
お子さんにも人気の出そうな「コーンとツナのクリームコロッケ」は、混ぜ合わせた具を手で丸めて、衣の代わりにくだいたドリトスにころころ転がしてまぶして終わり。とっても簡単なので、「これならうちでもできそう!!」と思えます。

c0039735_15351425.jpg

c0039735_18254891.jpg


いっちゃんの笑顔と手際よい手さばきを楽しむ和やかな雰囲気の中で、3品のデモはあっという間に終了。

c0039735_19222459.jpg


あと一品ほしいというときの副菜にとっても簡単な、「ちぎりちくわの甘酢和え」は、この日、ちくわの代わりに、東北から取り寄せた笹かまを使用。また、クリームチーズは小岩井乳業のものを使い、ハムも東北のものを使うなど、ちょっとしたところにも、被災地支援の思いが伝わってきました。

c0039735_15383915.jpg


料理デモのあとは、いっちゃんの出版のお祝いとともに、被災地の復興を祈って、みんなで乾杯!

c0039735_15385757.jpg


美味しい料理をいただきながら、和気あいあい、とても和やかなムードの中、参加者のみなさんと歓談のひとときを楽しみました。
私たちエキサイトブログのスタッフも一緒にお料理をいただきましたが、とっても美味しかったです!特に、ツナとコーンのクリームコロッケはまさに触感がコロッケそのもので感動しました。

c0039735_16361360.jpg


和やかな宴のあとは、購入された本に、いっちゃんがおひとりおひとり直筆のサインを書いてくださいました。
おみやげには東北のお菓子をプレゼント。

c0039735_155223100.jpg


最後に集まってくださったみなさんへお礼のあいさつをしてイベントは終了。
参加者の中にいらしたエキサイトブロガーさんたちから感想を伺ってみると、
「いっちゃんのお料理デモに参加できてうれしかったです」
「今日は長野から来たんですが、いっちゃんとたくさんお話もできて、とってもいい記念になりました。
ありがとうございました」
などとおっしゃっていました。

8月にまた帰国されるといういっちゃんを囲んで、エキサイトでもお料理イベントなどを企画中ですので、
ぜひお楽しみに!!


今週のピックアップブロガー「出版記念インタビュー」へ戻る
[PR]
by blog_editor | 2011-07-12 01:21

c0039735_18431056.jpgいつもいい子で心優しいのんびり屋の柴犬・かぼすちゃんと、天真爛漫でちょっとお転婆な猫のつつじちゃん。
道端に咲く花や美しい夕日の中をお散歩するかぼすちゃんの姿に心癒されたり、かぼすちゃんにじゃれて遊ぶつつじちゃんに心がほっこりあたたまったり…。
2匹が一緒に眠る寝顔やくつろぐ姿などは「たまらなくかわいい」と読者に評判です。

殺処分される寸前に救われた命と、母猫の育児放棄から救われた命が縁あって、ひとつの家族となった心あたたまるエピソードをはじめ、2匹とともに暮らすほのぼのとした日々をつづった、「かぼすちゃんとおさんぽ。」。2匹を見つめるママのやさしい視線が伝わる文章にも心があたたまります。
今週は、ブログtoメディアでもおなじみ、見る人に癒しのひとときを楽しませてくれる人気ブログ、「かぼすちゃんとおさんぽ。」のかぼすママさんに登場していただきました。


エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
かぼすママさん:かぼちゃんと私の散歩道は、四季折々の自然を味わうことができます。毎日歩いているのに、昨日とは違う発見があり、感動があります。空の色。風の柔らかさ。木々の輝き。土の匂い。立ち止まって、心のアンテナを立てないと気づかないような、小さな小さな発見。それを自分の胸の中だけにしまっておくのはもったいない気がして、“誰かに伝えたい、誰かと分かち合いたい”という強い思いで、ブログをはじめました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
かぼすママさん:柴犬の「かぼす」と猫の「つつじ」の何気ない日常を中心に、四季の移ろいや、散歩での出来事、動物愛護のことを主につづっています。
ブログを始めた頃は、生活感のないおしゃれなブログを目指していたのですが、いつの間にか、家族のこと、仕事のこと、遊びに来てくださるお客さまのことまで、何でもネタにしてしまう、生活感たっぷりの「主婦ブログ」になってしまいました(笑)。
よく、「かぼすちゃんとつつじちゃんのほのぼのした写真だけでなく、かぼすママのほんわかした文章にも癒されます」と言っていただきます。うれしいですね。
幼稚園教諭という職業柄、常日頃から難しい言葉を使わずに、幼い子どもにも理解できるような話し方をする習慣が身についていますので、ブログの文章も、きっと知らず知らずのうちに、子どもに語りかけるような気持ちで作っているのでしょう。でもそれがきっと、私らしさなんだと思いますので、これからも背伸びをせずに、ありのままの自分で、ブログを作っていきたいと思います。

c0039735_18435325.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
かぼすママさん:ブログを始めなければ出会えなかった方々と、知り合えたことですね。
実際にお会いしたことのない方でも、とても身近に感じています。
いつも温かさを感じています。
たくさんの励ましや、お誉めの言葉をいただける自分は、本当に幸せ者だなと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
かぼすママさん:それはもちろん、うちの子自慢が堂々とできることです!
「うちのかぼちゃんは、こんなにお利口さんなのよ」
「うちのつーちゃんは、こんなにかわいいのよ」って。
なんたって、自己満足の世界ですから!!

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
かぼすママさん:エキサイトのネームカードにある、動物占いのチータそのものです!
「走りながら考える!」「諦めの早いチャレンジャー」「失敗という概念がない」
はい、その通りです。恐るべし、動物占い…。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
かぼすママさん:「これが昭和のお弁当!!」のdokaben-umesanさんです!ブログの文章から、あたたかいお人柄がにじみ出ていらして、いつもウルウルと涙目になりながら拝見しています。
実物はいったいどんな方なんだろうと興味津々!お会いして、dokaben-umesanの作ったお弁当をご馳走になりたいです。リクエストは、甘酢がたっぷりかかった「肉だんご弁当」です!!

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
かぼすママさん:かぼちゃんと一緒に行くキャンプです。オレンジ色に照らされたランタンの灯りの下で、丸くなってまどろむかぼちゃんを見ながら、のんびりとワインを飲むひととき…。ああ、最高です。

エキサイトブログ編集部:夢は?
かぼすママさん:「夢はカメラマンと歌人です(笑)。
もっともっと歳をとったら、1日1枚でいいから、うんと素敵な写真を撮って、それについて一首詠むというブログを作りたいんです。
そのためには、ちゃんとカメラの使い方を知って、そろそろ俳句や短歌の勉強を始めないといけないですね!
80歳のおばあちゃんブロガーを目指しますよ~!」

c0039735_18442443.jpg


エキサイトブログ編集部:とてもいい子でかわいいかぼすちゃんとお茶目なつつじちゃんの姿にほのぼのしていますが、いっしょに暮らすようになったいきさつ、犬猫と暮らす楽しみは?また、記事アップの際に心がけていることなどがあれば…。
かぼすママさん:10年間共に暮らした「ケン」が突然亡くなり、涙に暮れた日々。ケンは体重が18キロもあった雑種です。心にぽっかり空いた穴は、どんなに月日が流れても、埋めることができませんでした。そ
んなある日、偶然見た里親募集のサイトで、かぼちゃんの存在を知りました。しかも、我が家のご近所に預けられているという事実に運命を感じ、高鳴る胸と震える指で、熱い応募メールを送りました。
すると、なんと翌日にはもうお見合いをして、トライアルに入りました。動物愛護センターに持ち込まれ、人間の勝手で命を消されようとしていたかぼちゃんが、私たち家族に、メガトン級の幸せを運んできてくれました。

そして、かぼちゃんが我が家に来て1年半経った頃、かぼちゃんを愛護センターから救い出してくれた「預かり母さん」の家に、生まれたばかりで母猫から育児放棄された子猫が保護されていると知りました。あまり猫をかわいいと思ったことはなかった私ですが、その話を聞いた時に、なぜか、心が大きく揺れたのです。かぼちゃんと同じように、この子猫も、我が家に来るべき子ではないかと…。それがつーちゃんです。つーちゃんが家族に加わったことで、幸せ度はさらに増しました。

この子たちの小さな命が、私たち家族を救ってくれました。ありがとうの気持ちを込めて、毎日、2匹の姿を写真に撮り、記事を作っています。ところが今度は、記事を読んでくれた方々が、「2匹の姿に癒される」と言ってくださるではないですか!私たち家族だけでなく、ブログを通して、多くの方々に愛を送るかぼちゃんとつーちゃん。2匹は我が家の誇りです!!

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
かぼすママさん:「ただいま」と仕事から帰ると、2匹が玄関まで出迎えてくれます。荷物を置いて床に座ると、2匹が同時に、撫でて撫でてと体をすり寄せてきます。これが至福の時です。
そして、夕飯の後は、毎晩、ソファーの上で横になり、2匹を抱き枕にしてLOVE注入です!もう、とろけてしまいそうなくらい気持ちいいですよ。

c0039735_1844576.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事? また、読者に評判だったポストは?
かぼすママさん:●アナタの瞳は 2010-08-02
我が家に来たばかりの生後2カ月の小さいつーちゃんとかぼちゃんの触れ合いです。

仲良しの秘密 2010-10-15
我が家の2匹は、消えていったたくさんの仲間の命を背負って生きているのです。

2匹一緒に… 2010-11-11
かぼちゃん・つーちゃんの二段重ねがかわいくて絶句です!!

つのつの1本、かぼ鬼!つー鬼! 2011-02-04
鬼のヅラを被った2匹に抱腹絶倒のはず!

癒しの時間 2010-11-22
自己満足の世界ですみません。

黒猫ミミの怒り 2010-12-23
人形達に命を吹き込んで記事を作るのが大好きなんです。

思わぬプレゼント 2011-02-14
風車の向こうには、沈む夕陽と富士山が!!

7年の時を経て 2011-05-31
マンガみたいな2匹が笑えます。

ゆうやけこやけ 2011-06-09
最近一番感動した風景です。

c0039735_18462739.jpg


エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
かぼすママさん:使いこなせるかどうかわかりませんが、いろいろなカメラレンズがほしいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
かぼすママさん:やはり、原発事故関連のニュースと、被災地の状況ですね。
ますます暑くなるこれからのことを思うと、不自由な生活を強いられていらっしゃる方々のことが心配でなりません。暗いニュースばかりですが、避難所でのちょっといい話なんかを見ると、ひとりで号泣しています。
そして、動物愛護センターでの殺処分のこと。いつの日か、殺処分ゼロという日が訪れますように。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
かぼすママさん:みなさん、いただいたコメントにお返事も差し上げない私ですのに、いつもあたたかい応援をいただきまして、ありがとうございます。
がんばれるのは、みなさんのおかげです!これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_1984320.jpg




【かぼすママさんのお気に入り&好きなブログ】

●「よく晴れた雨の日に。
あまりにも美しい写真と言葉の数々に、胸が震えます。

●「これが昭和のお弁当!!
お弁当ブログなのに、あたたかい涙が流れます。

●「machiの素敵な薔薇の庭
2009年10月に終了してしまったブログですが、私の憧れの生活がここにあります。

●「実は昔、ヤンキーでした。
とにかく元気が貰えます。

●「しばりんご
Meekooさんの感性がたまらなく好きです。




【かぼすママさんのライフログ】

ねえ、どれがいい? (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

ジョン バーニンガム / 評論社


「ねえ、どれがいい? お城で食事、気球で朝ごはん、川でおやつ」
「ねえ、どれがいい? 二千円でトゲのあるいばらに飛び込むのと、一万円で死んだかえるを飲み込むのと、二万円でお化け屋敷にとまるのと…」。
たくさんの面白い質問に、さあ、どれを選びますか?
子どもが読むだけじゃもったいない!大人が仲間とワイワイ楽しめる絵本です。

花さき山 (ものがたり絵本 20)

斎藤 隆介 / 岩崎書店


やさしいことをすると、美しい花がひとつ咲くという花さき山。感動の名作絵本です。
私の花も咲いているかな? 時々考えます。

かぼすママさんの「かぼすちゃんとおさんぽ。」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-07-04 22:45