今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

c0039735_8231314.jpg切り立った岩山が連なる美しい景観が、「ヨーロッパ最後の秘境」といわれ、世界遺産のひとつに登録されたイタリア・ドロミテ渓谷。
その麓の小さな村で、冬は白一色に染まる雪景色の中で雪遊びや散歩を楽しんだり、秋はきのこ狩りに出かけたり。緑の季節はアルプスらしい牧草風景での暮らしを楽しむひとときが素敵です。そんな大自然の中でのスローライフをのんびりつづったライフスタイルに、「いつも素敵な景色を楽しませてもらっていま~す」と憧れる読者ファンが大勢います。

何百?何千?頭もの羊が群れをなす大移動で、渋滞をまねく微笑ましい光景や、おめかしして町に出るやぎたちの光景など、この地ならではのユニークで、心あたたまる話題もいっぱいです。
また、オルガニストとして活動し、ヨーロッパの美しい教会のオルガンや音楽活動、オルガン制作をするご主人との話題もつづっています。
今週は、“愛ちゃん”の愛称で読者から親しまれる、「オルガニスト愛のイタリア山小屋生活」の愛さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
愛さん:こちらこそ、いつも楽しく使わせていただいています。その上「ピックアップブロガー」に選んでいただいてびっくり! うれしいです!
ブログをはじめたきっかけですが、イタリアの山奥に嫁いだ私のことを、「毎日どんな生活を送っているのか想像もつかない!」と心配してくれていた親戚や友人たちに、身近な風景を写真に撮って近況報告していける場としてはじめました。
それから、私はパイプオルガンという楽器を演奏するのですが、ヨーロッパの教会で出会う素晴らしい楽器や素敵な音楽家たちを、広く紹介していけたらいいな、とも思いました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
愛さん:はじめて私のブログに目を留めてくださる多くのみなさま、こんにちは。私はイタリア・ドロミテ渓谷の村に5年ほど前から暮らしています。このブログには、その「おらが村」でのスローライフを気ままにつづっています。
ドロミテの隠れた名所や、山の生活、食べもの、夫の釣り、旅行記、イタリアで感じたこと、それから、好きな音楽、パイプオルガンのこと、弾いたコンサートの記録、失敗談、笑い話…気楽な日記風でまとまりがないですが、いろいろな方面から広く親しんでいただければと思っています。

c0039735_1847274.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
愛さん:日記のようにブログをつづるようになってから、それまでなんとなく過ごしていた生活の中に、小さなうれしい事件や幸せな瞬間がたくさんあることに気がつけるようになりました。草むらの小さな花や何気ない風景、村人との触れ合いがなにか貴重なもののように思えてきたんです。それを文章に書くことで自分を見つめ直すいい機会にもなっています。それに、辛いことや失敗談でも「ブログネタ」にしてしまえば笑い飛ばせるし、打たれ強くもなりました(笑)。
また、ブログを通して世界中のいろいろな人を身近に感じられるのは、何よりもブログの大きな魅力ですね。みなさんから応援や励ましのコメントをいただけると、「こんな田舎の生活をどこかで見てくれている人がいるんだ!」と、とても元気づけられています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
愛さん:マイペース。ひとりでいる時間が好きです。夢中になると止まらないけれど、そうでないところではかなり面倒くさがりでもあります…。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
愛さん:コメントをくださるみなさん全員とお会いしたいです!
リンクを戴いている、「さかな と わに」さん、「山と海とつながっていくこころ」さん、「OTENBA PIANIST」さんをはじめ、何人かの方とはお会いできたのですが、どの方とも初めて会った気がしなくて盛り上がりました!

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
愛さん:暖炉や薪ストーブに薪を入れて、木がパチパチという音を聞くこと。その上で沸かしたお湯で日本茶を入れて飲むこと。

エキサイトブログ編集部:夢は?
愛さん:夫の夢なんですが、ベランダで牛を飼いたいと言っています。ただ、今の家のベランダだと牛が一方方向しか向いていられない(笑)ので無理ですが、あくまでも夢ですから?!
私の夢は…、ドロミテにマイ城を建てて、パイプオルガンやいろんな楽器をたっぷり集めたサロンを作り、世界中から音楽仲間を集めて一日中弾きまくる。疲れたら、雪を抱いたドロミテの山々が見渡せる庭園の源泉懸け流し露天温泉につかり、イタリア&日本料理のごちそうをたらふく食べ、全身マッサージをしてもらいながら、笑点の大喜利を観ることかな(笑)。

c0039735_18461476.jpg


エキサイトブログ編集部:北イタリア・ドロミテの自然の中でのスローライフに魅了されますが、ドロミテで暮らすことになったきっかけや自然の中で暮らす楽しさは? また、記事アップの際に心がけていることがあれば…。
愛さん:そもそも私はドイツで勉強した後、日本で演奏の仕事をしておりましたが、たまたま、イタリアのオルガンを訪ねて旅していた時に今の夫と知り合い、5年ほど前に山にお嫁にきました。イタリア人の夫はヴェネト州出身ですが、この「おらが村」にあるパイプオルガン工房で楽器制作の仕事をするために移り住んできていました。
オルガン造りの様子はブログにもたびたび登場します。ですから私も夫も、「ドロミテ歴」はまだまだ浅いのです。

ドロミテの山を初めてみたときの印象は、「なんだこの巨大な岩?!」という感じでしたね。3000m級の苦灰岩のゴツゴツした峰が露骨にこちらに迫ってくる感じでしょうか。それが、毎日の生活で見慣れた今でも、いつも新鮮で新しい表情をしているかのように思えるのが、やはりドロミテの魅力の一つなのだと思います。
その独特で神秘的な山肌も然ることながら、麓には良質の樅や松が群生する森が広がっているのですが、ドロミテでの暮らしの楽しさは、そういった自然がすぐ近くに溢れていることですね。森を散歩して緑の香りのする新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込んだり、鳥や動物達の声に耳を澄ましたり、森を流れる支流で夫と釣りをしたりしながら、自然に身を委ねるのは贅沢な時間です。
私も夫も、もとは体育苦手な完全なインドア派なのですが、ドロミテで暮らすようになって、外に出る時間が圧倒的に増えましたね。こういうところに縁あって住んでいるからには、自然を楽しまなくてはもったいないですから!
冬のこの時期は、やはり雪山遊びですね。真っ白にそびえるドロミテの山並みを前に、スノーラケットやカントリースキー、ソリ滑りは爽快です。そして、その後に山小屋レストランで食べる鹿肉の煮込みや、豚、馬、鹿のサラミ、ヤギのチーズ、ポレンタにかけるとろける濃厚チーズは外せません。

自然に囲まれて生活していると、人間が中心ではなく、自然の大きな営みのほんの一角に自分達が置かされているんだなあと思いますね。特に雪降る日の静寂、雪に残る動物の足跡、毎日違う色の夕焼け、満天の星を見ていると、なにか計り知れないものを感じます。それから田舎らしく、村人との交流もタイトです。雪かきや薪割りをしながら井戸端会議をしたり、夏にはご近所さんと野いちごやキノコ狩りに行ったり。どの人も山に「マイ秘密の場所」を持っていて、それを探り合うのも楽しいですよ。

記事アップの際に心がけていることは、どこかにクスッと笑ってもらえるような一節を入れることでしょうか(笑)。それから、私の拙い写真や文を読んで、ドロミテの自然を偽体験いただけたらうれしいです。

c0039735_1847261.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
愛さん:やはり自然の中にいる時間ですね。毎日は無理でも休みの時にはなるべく、土(雪)の上を歩く時間を作れるように心がけています。
癒される瞬間は、真っ赤な夕焼けを見たとき。それから、鳥がパン屑を食べにベランダに飛んでくるのを見ているとき。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
愛さん:★お気に入りの記事
・「フチャーデの冬
季節が変わるごとに歩きに行く、私のお気に入りの散歩コース。「ブログtoメディア」にも選んでいただきました。

・「羊大行進に遭遇
羊の大移動はよく見かける光景ですが、これはすごかった!とにかく覗いてください!

・「村に初雪&停電8時間
お山の厳しい生活を笑い話にしてストレス発散できた一例です(笑)。

・「瀞多鱒兵衛氏の最期
釣り吉の夫がドロミテの川で大魚(?)を仕留めたときの模様です。

・「ネルヴィアーノのオルガン
最近弾いたコンサートの一つです。出会った楽器の紹介や旅先での人々との交流をつづっています。なかなか近くでは見られないパイプオルガンに親しんでもらえるきっかけになれば、うれしいです。

c0039735_8235954.jpg


★読者に好評だった記事
・「壮大な夢と現実
多くの方に楽しんでいただけた記事のようです。慰めてくださった方たちどうもありがとう。

・「バルコニーの花2010
夏に、村の家々のバルコニーに咲き乱れる花の写真を集めています。

・「きのこ狩り
ポルチーニを求めて山歩き。さてその成果は?!

・「薪積みの風景
どの家も冬は暖炉に薪をくべて生活しています。その薪は夏の間に薪割りをして、外の空気に当てて乾燥させておきます。その村々の様子です。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
愛さん:日本の露天風呂に直結しているドラエモンのどこでもドア(笑)。イタリアに住みながらも夜だけ「ちょっくら日本の風呂で背中流してくるわ」とか「ちょっと親や友達に会いに」なんていう生活、早く可能になってほしいです。誰か作って送ってください。
現実的には…スノーラケット。今バーゲン中だから買っちゃおうかな?!

c0039735_18493711.jpg


エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
愛さん:ドロミテが世界遺産に登録されて、日本でも最近頻繁に取り上げられているようですが、どんなふうに日本で紹介されているのか、気になります!「灯台下暗し」な私です。
それからイタリアのB首相の今後の行く末でしょうか…(滝汗)。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
愛さん:いつも遊びにきてくださってありがとうございます。みなさんからのコメントがうれしくて、気がついたらブログがすっかり日課のようになっています(笑)。これからも気ままにつづっていきますので、いつまでもおつきあいきくださいね。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【愛さんのお気に入り&好きなブログ】

リンクを戴いているブログは、どれもみんな私のお気に入りなんですが…。

●「エミリアからの便り
エミリアさん。素敵な写真とセンスの良い文章が魅力的です。彼女の「小さなもの」コレクションは私のツボです。

●「山瀬山小屋2号奮闘記!と野良生物記
njs2005さん。同じ「山小屋」つながりでも、ご自分で建てちゃおうという方のブログです。賑やかな仲間達との山ライフや、山小屋創作料理にそそられます。

●「料理サロン La cucina di Giulio
giulio71さん。まずは美味しそうなご主人のお料理教室と、そして、たまに顔を覗かせる少し辛口のコメントがイタリア生活の疲労を吹っ飛ばしてくれます(笑)。

●「鉄の仕事屋 モノ創り日記
woodstoveさんこと三河屋しょうすけさん。温かい&暖かい鉄の素敵な暖炉を作っておられる仕事屋さんのブログです。こんな暖炉、私も欲しい!

●「坂の上にある家
おごしゅさん。写真がとにかく美しく、イギリスの暖かい生活が垣間見られるセンス抜群のブログです。




【愛さんのライフログ】

J.S.バッハ:バッハとイタリア (J.S.Bach el’Italia /Ai Yoshida(organ))

吉田愛 / Waon Records


昨年発売された私のCDです。J.S.バッハが、イタリアからインスピレーションを受けて作曲した、色彩豊かで軽快なオルガン作品を集めています。聴いていただけたらうれしいです。

ブラザー・サン シスター・ムーン [DVD]

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン


子どもの時から機会あるごとに観ていますが、映画の内容とともにイタリアの風景が美しい素晴らしい映画です。

七人の侍 [DVD]

東宝


こちらで売られている日本映画は、私は日本語で、夫はイタリア語字幕で一緒に観ています。これは夫と何度も繰り返して観た大好きな黒澤映画の一つです。

モーレツ!イタリア家族 (ワイドKC)

ヤマザキ マリ / 講談社


大好きな漫画家ヤマザキマリさんのイタリア生活おもしろ苦労漫画です。イタリアに嫁に来る時、漫画オタクの友人からお餞別にいただきました。この漫画にどれだけ癒されたかわかりません(笑)。

爆笑落語(五)

桂三枝 / コロムビアミュージックエンタテインメント


ドロミテの山道を車でくねくね登り降りしながら、ガンガンにかけてひとりで大笑いしています。

愛さんの「オルガニスト愛のイタリア山小屋生活」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-01-28 23:50

c0039735_2322297.jpgこちらをじっ~と見つめるまんまるの瞳やもふもふした毛並がなんともかわいいレッサーパンダ。親子でじゃれあう白くまやちょっとおまぬけ顔のカパピラ…など。
動物たちのかわいい姿や表情をとらえた写真に、思わず心がほっこりあたたまります。
近所の猫たちや飼っている愛犬の姿もとても愛らしく、ブログをのぞくたび、「いつもかわいい写真に心癒されています」「ゆるふわ~な写真に、ふっと心もなごんじゃいます」という読者が大多数。
動物たちに向けられたやさしい視線が感じられます。

今週は、ブログtoメディアの「あにまる」にも時々登場する動物写真ブログ、「rio's story」のりおさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
りおさん:こちらこそ、いつもお世話になっております。
そうですね…、『rio's story』をはじめる前に、ちょっといろいろありまして。
2003年に当時飼っていたフェレットの親バカHPを開設したのですが、その中の一ページとして、動物好きなフェレ友さんたちに見せる目的で、『動物たちからプレゼント』というブログを開設しました。
動物園通いはずっと前からしていましたが、デジカメはこの頃からはじめました。…とは言っても、コンデジですけどね!
そのうち、追っかけしていた千葉市動物公園の風太クンが…、みなさんも覚えてらっしゃると思いますが、突然有名になり、動物園は大騒ぎでのんびり撮りに行ける雰囲気じゃなくなってしまって…。それに、ブログやHPの写真が勝手に使われたりしたこともあって、休止することに決めました。
そのままブログも動物園通いもやめようかと思ったのですが、読者のみなさんの励ましに突き動かされ、新しく始めたのが現在の『rio's story』です。
それからは、他県の動物園にも行くようになり、カメラも一眼を買い、HPは表紙だけ残して現在はこのブログが中心になっています。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
りおさん:動物好きのフツーの主婦が「あ、いいな」と思って撮った写真を紹介するブログです。
写真は、動物園・水族館の動物だけでなく、我が家のワンコ、公園で会うワンちゃんたち・ネコさん、そして最近では縁あって『よさこい』を撮っています。
文章は少ないですが、ここの写真を見て「ふ…」と体の力が抜けてもらえたらうれしいです。

c0039735_14233366.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
りおさん:他のブロガーさんや読者さんとの出会いですね。ネット上のみの方も、お会いしたことがある方も。
それから、遠い地域に移動しちゃった動物たちの様子が、他のブログで見られるのがうれしいです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
りおさん:ひとことで言ったら、『ものぐさでマイナス思考』。面倒くさい性格です(笑)。
悩み出すと、しばらくそれにとらわれてグルグルしちゃいます。が、「まぁそういうときもあるさ…」と思うようにしています。
見た目は、「すごく穏やかそう」「怒ったことなさそう」だそうです。あくまでも見た目です。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
りおさん:交流のあるブロガーさんはほとんどお会いしてますが、その中でも『動物園始めました。』のうにさんとバッタリ会って「はじめまして」と挨拶したのが、大阪の動物園だったのが印象に残っています(笑)。
「お互い関東に住んでるのにー!」って(笑)。
うにさんは、すっごく優しい声でニコニコ素敵な笑顔の方なのですが、動物を撮ってるときは鋭い目つきのスナイパーです。
尊敬しています!

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
りおさん:粘土や羊毛フェルトで動物を作ること…だったのですが、アレルギー体質なので、粘土はいじってるとかゆくて腫れてくるし、羊毛は裂くと喘息発作が出てしまって…。
調子の良い時、少しだけやるようにしています。

エキサイトブログ編集部:夢は?
りおさん:ネコと暮らしたいです。アレルギーがあるから絶対飼えないけど。あくまでも『夢』ですね。

c0039735_14182181.jpgエキサイトブログ編集部:動物たちのかわいい表情に心癒されますが、動物写真を撮りはじめたきっかけや、写真を撮る楽しみは? また、シャッターチャンスを狙うために工夫していること、自分らしい写真を撮るこだわりなどがあれば…。
りおさん:写真歴は…最初の2年間はコンデジで、そのうち欲が出て一眼を買って5年になります。
子どもを連れて動物園へ行くうちに、いつの間にか動物を撮りに行くようになりました。撮ってるときは夢中なので、ここ数年、子どもは絶対つきあってくれません。
写真を撮る楽しみ…、それは某アニメと同じ、「ゲットだぜッ♪」です。大好きなシーンを自分のものにできる喜びです。撮った写真を見せたときの、飼育員さんや犬の飼い主さんの笑顔が見られるのもうれしいですね。

写真を撮るときは、「かわいい!」「カッコイイ!」「すごい!」と思いを込めて撮っています。構図とか露出とか難しいことは考えてません。あ~、「よく分からないから逃げてる」とも言えますが…(笑)。
動物園では動物の『個』を撮ったり(たとえばこれ)、ヒトとの触れ合いシーン(たとえば、これこれこれなど)を撮ったり、風景として(これとか、これを)撮ったり…といろいろ楽しんでいます。
シャッターチャンスを狙うために工夫していることのひとつは、“予想して撮る”ことですね。
たとえば、歩いてるレッサーパンダが何かに興味を持った様子だったら、何を見てるのかな?→あっ花だ→きっと匂いを嗅ぐぞ!(こちらの記事)…とか予想して撮ったり。
犬猫を撮るときは、彼らの喜怒哀楽をキャッチして撮るように心がけています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
りおさん:我が家の犬たちと過ごしている時間ですね~。
いやもう、かわいくて、かわいくって!…はい、親バカです(笑)。
でもね、見てかわいい・触って癒される・遊んで楽しい・見つめ合ってキュンキュンする瞬間。最高なんですよ。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
りおさん:■パンダのベビー見たよ~! (2007年01月07日)
ジャイアントパンダの赤ちゃんは何度も見ていますが、ここまで小さいのは初めてでした。感想しました!

レッサーパンダとリンゴ (2007年10月30日)
市川市動植物園のレッサーパンダ写真コンクール入賞賞品として、ドキドキの飼育体験!
飼育員さんの目線で撮ることができた、貴重な写真です。

雪降るzoo(6) (2008年02月04日)
たいてい寝てばかりだったカナダカワウソのコタローくん。日本は暑いもんね。
滅多に降らない市川市動植物園での雪、本当にうれしそうに遊んでいたのが印象的でした。
この後、コタローくんは7月にお星様になりました。

小熊特集(1)  (2009年04月05日)
小熊特集(2)  (2009年04月06日)
念願の、ホッキョクグマの親子を撮りに行けてすごくうれしかったです。
小熊のかわいらしいこと…!

c0039735_14221935.jpg


カメラ慣れ (2010年06月22日)
ボーダーコリーのアトムくん。フリスビーの練習を時々撮らせてもらっています。カッコイイんです!
最近はカメラにすっかり慣れて、演技中に余裕のカメラ目線です(笑)。

可愛過ぎ(〃ω〃) (2009年 06月25日)
初めてフェネックの赤ちゃんを見ました。
もう、「かわいい!」しか言葉が出てきません(笑)。

エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
りおさん:犬たち連れて旅行がしたいですね。ずっと住宅街に住んでるので、自然の中で犬を撮りたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
りおさん:千葉県に住んでいるのですが、ひったくり被害全国一位になってしまったこと。実際、治安が悪くなったのを実感しています。
子どもが二人いるのですが、家族が無事に帰宅するまで胃が痛いです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
りおさん:いつもありがとうございます。みなさまのコメントに励まされて、このブログも気付けば6年目に…!感謝しております。
最近はカメのようにのんびり更新ですが、のろのろゆるゆる、私らしく続けていけたらと思います。これからも、よろしくお願いします。

c0039735_14212316.jpg



エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【りおさんが好きなブログ、気になるブログ】

動物園始めました。
動物の仕草、表情…すべての写真が、「ぎゃー、どうしよう!?」というほど私のツボです!
特にホッキョクグマの写真が大好きです。

Photlog Zoo
ブログを通じて知り合った、お友達であり先生でもある、ぴっぴさんのブログ。
動物の情報量はもう、すご~い!のひとことです。
カメラ・レンズのことも動物の生態などの知識も、分からないことはいつもぴっぴさんに教えてもらってます。
特にレッサーパンダへの愛が詰まっています。

Das Otterhaus 【カワウソ舎】
カワウソの写真・情報がいっぱい!
「どうしてそんなにかわいいの?」っていう写真ばかりです。ヨダレが出そうです。
カワウソへの愛が詰まってます。

カピバラカメラ capybara camera
各地のカピバラに会えます。グッズもたくさん。見てるだけでシアワセです。「ふもっ!」
私にはこんなにかわいくカピバラを撮れません。
カピバラへの愛が詰まってます。

Tabby the sockcat
ネコのTabbyくんとGingerちゃんがいます。かわいくて頬がゆるんじゃいます。
見るたびに「あぁこんなふうにネコと暮らした~い」とため息。
英語のお勉強にもなっちゃいます。




【りおさんのライフログ】

きつねのおきゃくさま (創作えほん)

あまん きみこ / サンリード


何度読んでも泣いてしまう絵本。声が震えて読み聞かせなんてできません。小学校の国語の教科書にも使われている物語です。

狐笛のかなた

上橋 菜穂子 / 理論社


「和」ファンタジー。読んでいるとせつなくなります。こんな純粋な気持ち、うらやましいくらい。読んだ後にしばらく余韻に浸ってしまいます。

THE BEST OF HIROMITSU AGATSUMA-freedom-

上妻宏光 / EMIミュージックジャパン


聴いてると、グワーッと血が沸いちゃいます。三味線って何でこんなにかっこいいの!

奇跡の旅 [DVD]

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント


頭を空っぽにして、安心して見ることができます。最後はやっぱりホロリ。




【りおさんがお使いのカメラ&レンズ】

カメラ機種:Nikon D300, CANON 40D
主なレンズ:(Nikon)AF-S VR ED 70-200mm F2.8G(IF)、Ai AF NIKKOR 50mm f/1.8D
(SIGMA)18-200mm F3.5-6.3 DC OS HSM、MACRO 105mm F2.8 EX DG
(TAMRON)SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II LD Aspherical

りおさんの「rio's story」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-01-20 23:18

c0039735_13545332.jpgおしゃれな器に盛られた美味しそうな料理。新年らしい和のモダンなコーディネートをはじめ、まるで一流レストランのランチやディナーのようなすてきなテーブルコーディネートに思わずうっとり。季節感を取り入れた暮らしの中のみずみずしいお花にも、センスのよさを感じます。
ご自身で手がけたフラワーアレンジやパッチワークもおしゃれなインテリアに溶け込み、暮らしに潤いをあたえています。

そんな洗練された暮らしぶりが伝わるライフスタイルに、「こんな暮らしができたら幸せ~!」「見るたびにため息が出そう」「こんなおもてなしをされたら、優雅な気分になれそう!」と憧れる読者が大勢いらっしゃいます。
何気ない暮らしのスナップもすてきです。

今週は、モダンな暮らしぶりが多くの読者に人気の「Y's Diary」のyoko_mamaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
yoko_mamaさん:いろいろなブロガーさんのところを拝見するたびに、その方たちの暮らしに対する姿勢に共感を持ち、自分も毎日の暮らしをつづっていくことで刺激やパワーをもらいながら、一日一日素敵な時間を過ごしていこうと思ったからです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
yoko_mamaさん:好きなもの…料理・器・花・パッチワークに囲まれた日々の暮らしを気ままにつづっています。
私の基本はシンプル。日々の暮らしも、そして好きなものたちも、シンプルが好きです。
最近はテーブルコーディネートの世界に足を踏み入れ、シンプルモダンを基調とした私のライフスタイルを楽しんでいます。
忙しい日常の中で、テーブルを囲む時間に安らぎを得たり、元気になることを意識しながら、さまざまな要素をバランスよく整えるように心がけています。

c0039735_17234774.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
yoko_mamaさん:リアルでは知り合えないような遠方の方やさまざまな年代の方たちと交流を持てたことです。
趣味が同じような方たちと交流を持ち、刺激やパワーをいただき、自分への活力となり楽しんでいます。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
yoko_mamaさん:熱しやすく冷めやすい好奇心旺盛なおばさん。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
yoko_mamaさん:いつも私のブログを読んでくださる方々と直接お目にかかることができればうれしいです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
yoko_mamaさん:テーブルコーディネート・器・カメラ…ハマることが多すぎ~(苦笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
yoko_mamaさん:自宅でテーブルコーディネート教室を開き、多くの人と触れ合う機会をもってみたいです。

エキサイトブログ編集部:料理を引き立てるテーブルコーディネートがとてもすてきですが、料理の楽しみや食をトータルで考える楽しみは? また、食だけでなく、日々の暮らしをモダンに楽しんでらっしゃるのが伝わりますが、ライフスタイルでのこだわりや記事アップの際に、心がけていることなどは?
yoko_mamaさん:料理を作るのは大好きです。とくに手抜き料理は得意です(笑)。家族の料理はもちろん、最近では友だちを招いておうちランチなども楽しんでいます。
和洋折衷何でも作りますよ。
そしてでき上がった料理が、いかにも居心地良さそうにしてくれる器を選び、その器に料理を盛り付けすることも大好きです。器は料理を持ってこそ器の魅力が引き出されます。
テーブルコーディネートも同じで、食器に盛られた料理があってこそテーブルが生きてくるのです。

c0039735_17243283.jpgそんなテーブルコーディネートが私の今一番の楽しみです。
テーマやストーリ性を考え、組み合わせる器やクロス・ナプキン、ちょっとしたフィギュアを加えることにより、その器が主役になったり脇役になったりといろいろな表情を発見できるテーブルコーディネートが好きです。
インテリアの一部として調和のとれた小空間と考え、シンプルモダンを基調とし、華美にならず美しいコーディネートを心がけています。
日常の暮らしの中で食空間における「もの」と「人」と「こと」のつながりを大切に考え、また作り手と使い手の人と人をつなぐ架け橋となり、生活文化を読者の方に伝えていくことができればうれしく思います。
その記録としてテーブルフォトの写真を撮影し、絞りや露出をなどを変え、さまざまな表現ができるカメラライフも楽しんでいます。

エキサイトブログ編集部:ご自身でフラワーアレンジメントやパッチワークなどを楽しまれていますが、花のある暮らしの魅力やハンドメイドの楽しみは?
yoko_mamaさん:花のある暮らし、暮らしの中の花。花に癒され花からパワーをもらえる、だから花のある暮らしが好きです。
キッチンに飾った1輪の花でお料理するのが楽しくなったり、食卓に花があれば食事の時間がぐんと明るくなったり…。そんな不思議な力をもっている花が大好き。
立派な花瓶を使わなくても、暮らしの花は食器や空き瓶にさりげなく飾るのがおしゃれ。
花屋さんで買ってくる切花はもちろんですが、家のまわりの空き地や道端に元気よく咲いている野の花だって十分活躍しますよ。切り花の華やかさとはまた違う、素朴な美しさが楽しめます。
季節を感じるフラワーアレンジでライフスタイルを楽しんでいます。

パッチワークははじめて20年、何気なく立ち寄ったキルトの展覧会。そこで見たキルトのすばらしさに感動し、自己流の限界を感じて教室に入ってからキルトの魅力に引き込まれていきました。
以来、布の持つ優しさ、温もりに魅せられて針を動かしています。
最近は仕事もしているうえ、針をもつ時間がとれないこともありますが、キルトの1枚1枚に思い出があり、私自身のアルバムのようでもあります。
小さな布たちが、だんだん大きくなり、まわりの色で引き立ち、キルトで飾られて、次々に展開する過程が楽しいパッチワーク。
そのときそのときの気持ちを思いきり込めて作るから、キルトは私にとって歴史、そして人生の宝物です。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
yoko_mamaさん:愛する家族のために料理を作ること、そして愛犬ミルと一緒にくつろぐ時間です。

c0039735_1724836.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だった記事は?
yoko_mamaさん:★自分が気に入っている記事。
●2010/09/07 「プチ祝いの晩餐
息子の就職内定がでて不安だった私の気持ちも晴れ晴れし、息子の好きな料理をいつもより愛を込めて作りました。
 
●2010/10/29 「リストランテyoko 本日開店
お友だちを招いてのおもてなしランチのテーブルです。
普段のテーブルよりもおしゃれに演出し、手抜き料理もおめかししました。

●2009/10/26 「息子と晩飯おかん
好きな和の器に洋食をアレンジしたテーブル風景です。
エキサイトトップの「おとなりの食卓」に以前掲載していただいた記事です。

★読者に評判だった記事。
●2011/01/06 「ミル姫、今年もヨロシク
愛犬ミルの病気の不安が吹き飛び、ますます愛おしくなったミルちゃん。
ペット保険に加入するかどうか、同じ悩みを持つ方が多く役立つ情報もいろいろ教えていただきました。

●2010/12/24 「和モダンクリスマス
昨年のクリスマステーブルは和の器を使ってのコーディネートをしてみました。
クリスマステーブルを楽しみにしてくださった皆さまに喜んでいただいたテーブル風景です。

c0039735_13565464.jpgエキサイトブログ編集部:3日間のフリータイムをもらえたら何をしたい?
yoko_mamaさん:愛犬ミルとの温泉旅行です。
上膳据膳でミルとごろごろ、のんびりしたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
yoko_mamaさん:やはり就活の話です。
なんとか内定が決まった息子ですが、周りの学生たちはまだ就活を続行していたりもして就職氷河期の厳しさを痛感しました。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
yoko_mamaさん:いつも訪問してくださるみなさま、本当にありがとうございます。みなさまの温かなメッセージに支えられえて今があります。
感謝のキモチでいっぱいです。
これからも日々の中で、私スタイルを発信できたらいいなと思っています。
今後ともよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。





【yoko_mamaさんが好きなブログ、気になるブログ】

●「Precious*恋するカメラ
愛犬が同じヨーキーつながりでいつも癒されています。
写真もきれいで素敵!
いつか私も「Machiさんのような写真が撮りたい!」と願ってるのですが、現実はまったくもって無理です。
  
●「Azumi's Diary 」 
器の師匠です。
あずみさんのブログにお邪魔するようになってから器の素晴らしさに目覚めていきました。
器を選ぶ目、料理のセンスに魅了されています。

●「リズムのある暮らし」 
上級テーブルコーディネートを演出するリズムさん。
空間のイメージを立体的に作り上げるテーブルコーディネートの素晴らしさに、いつも学ばせていただいています。

●「気ままな日々」    
文才あふれる記事内容にぐいぐい引き込まれる気まんばワールドにはまっています。
ご主人との会話を面白おかしく記事にしてくださり、最後にはオチが待っている!
いつ覗いても必ず大笑いさせてくれる文面には脱帽です。

●「Sweet Davy
愛犬親ばか同盟を結成し、Dママさん会長、私副会長として遊んでいます。
親ばかぶりはいつ拝見しても心温まるものがあります。
白を貴重とした清楚なテーブルコーディネートにも憧れます。




【yoko_mamaさんのライフログ】

Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2【DVD特典なし・初回盤】

宇多田ヒカル / EMIミュージック・ジャパン


デビューしたときに今まで聴いたことがないような邦楽にビックリ!
まだ少女だったのでますますビックリ!
ばらく活動休止ですが、また新たな宇多田ヒカルをいつか見てみたいと思います。

yoko_mamaさんの「Y's Diary」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-01-13 21:44

c0039735_135056100.jpg雪をかぶった山々やきらきら光る雪の結晶、白一色に染まった森などが美しい南アルプスの冬景色。この季節ならではの幻想的な景観がとても印象的です。
もちろん、桃の花や桜の花が咲く春、秋の紅葉など四季折々に見せる景色もすてき。
ローカル線の走るのどかな田舎の風景や時々出会う動植物の写真は心があたたまります。

山歩き&まち歩きをしながらカメラに収めたそんな写真の数々は、穏やかな時間の流れが感じられ、見ているだけで心癒されます。

今週は、南アルプスのふもとに暮らし、山の四季とふるさとの魅力を写真で伝える「Minami-Alps.Photo.Magazine」のlittlealps4383さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
littlealps4383さん:こちらこそ、いつも大変お世話になっております。まさか、こんな地味で田舎まちのブログが「ピックアップブロガー」に登場させていただくなんて夢にも思いませんでした。
ブログをはじめたきっかけは、これまでにもたくさんの方のブログを拝見させていただき、ぼくも写真を撮ることが好きなので、やってみようかと思いました。今まで撮影した写真はいつもお蔵入りで、どこにも紹介していませんでしたから、ブログで自分の写真を見ていただけたらどんなに楽しいんだろうと思ったんです。また、写真を公開することで、撮影技術も高められると思いまして…。でも、まさか3日坊主のぼくがこんなに続くとは思いませんでしたが、もう4年以上も続いています(笑)。もはや生活のなかに欠かせない相棒になってしまいました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
littlealps4383さん:はい。ぼくのブログは南アルプス山麓から山里の風景や日常をお届けしています。また、時には森の中で出会う動植物、まち歩きで懐かしい風景を見つけては山梨の自然と人との関わりをテーマにして、生まれ育ったふるさとの魅力を自分なりに紹介しています。
「ふるさとって、とってもいいんだな」と感じていただければうれしいです。そして、このブログをご覧になってくださった方が山梨にお越しいただけたら、どんなにステキかなって思っています。
山梨の「春・夏・秋・冬」がぼくのすべてなんです。まち歩きも山歩きも楽しくてしょうがないですね…。

c0039735_13511616.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
littlealps4383さん:そうですね。ブログに掲載した写真を、いったいみなさんが、どんな風にご覧になってくださっているか、率直なご意見をいただくことがとても勉強になりました。それに、日本全国その土地土地ならではの風物詩や自然などをみなさんのブログを通して見ることができるので、遠くの町が近くに感じられ、とても優しい気持ちにさせてもらえます。

また、みなさんから届く日常の豊かさにいつも励まされます。ぼくが知らないところで、たくさんの人たちが自分探しの活動や取り組みをされていることを拝見すると、ますます自分の人生って大切なものなんだなって思うようになりました。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
littlealps4383さん:夢中になりやすく行動派。能天気でマイペースです。たまに無茶をするかも。
好きなことはお昼寝、すぐ寝ます。嫌いなものは寒い所とトレーニング。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
littlealps4383さん:ぼくのブログにいらしてくださるみなさんにお会いして、地域の出来事や住んでいる街を案内していただきたいですね。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
littlealps4383さん:歩くこと。結構楽しいんです。今のマイブームはマフラーのコレクション。首が冷えると元気が出なくなるので…。

エキサイトブログ編集部:夢は?
littlealps4383さん:そうですね、ぼくは、動物が好きなので、山の中でツキノワグマと一緒におにぎりを食べながら記念写真を撮ることですかね…。本当に夢に出てきます…。
あとはカメラを持って、全国を訪ねてみたい。全国の懐かしい街並み風景や自然を記録した写真集を出したい(笑)。それから、世界の七不思議を旅行したい、あとは、山梨でオールロケした映画を作りたい…です。欲張りですね。

c0039735_1351446.jpgエキサイトブログ編集部:南アルプスの風景写真がとても魅力的ですが、写真を撮りはじめたきっかけや写真を撮る楽しみは?また、自分らしい写真の撮り方や記事アップの際に心がけていることやこだわっていらっしゃることなどがあれば…。
littlealps4383さん:写真は高校の頃、植物の写真を撮り始めたのがきっかけで、それから野鳥や動物、そして山岳風景などを撮るようになりました。子どもの頃から動物が好きで、近くの山や川で遊んでばかりいたので、大人になってからはカメラを持って自然のなかで過ごすようになったんです。以前はポジフィルムで撮っていましたが、デジタルに変えてからはいろいろな表現ができるようになったのがとてもうれしいです。

南アルプスは北岳をはじめ、3,000m級の山岳環境から里山風景も広がっていて、歴史や文化も豊かで、山歩きやまち歩きにはもってこいの環境があります。小さな田舎まちですが、豊かな日常があるんです。そういうなんでもない南アルプスの姿を皆さんにご紹介したくて、日々ブログをつづっています。それに、野鳥や動物には撮影することで彼らの生活を邪魔しないよう、十分配慮して風景の中にとけ込む彼らの姿を写しとめています。でもなかなか撮影できません…。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
littlealps4383さん:やはり一人でいるときがとても大事です。いろいろなことを思い浮かべて風景を眺める。贅沢なひとときだと思っています。それから自然体でいれば野生動物が近づいてくれるような…。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
littlealps4383さん:○春爛慢!桃の花が満開で残雪の南アルプスもきれいな甲府盆地 2010.4.10
山梨は果物が有名、その象徴的な風景が春。桃の花が満開になるとピンクのジュータンを敷き詰めたような、これぞ山梨の風景です。

青空に降る雪 2010-01-20  
八ヶ岳山麓で出会った1本のヤマナシの木。冬の青空が広がっても雪が舞っているというとてもステキな風景に出会えました。

c0039735_1352468.jpg


初冬の南アルプス 2009-10.28  
登る前日に雪が降り、北岳もすっかり雪化粧。夜明けの富士も鮮烈な美しさでした。

はるか南アルプスの夜景 2009-11.24
空気が澄んでくると甲府盆地の夜景が一段と美しくなります。はるか南アルプスの山々まで街の灯りが続いていました。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
littlealps4383さん:国内を気ままに旅をしたいです。
 
エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
littlealps4383さん:やっぱり今の政治。つまらない政争をやめて、一致団結して今の時代を築いて欲しい。
ぼくら国民が望むのは、政党の政権争いではなく、みんなが努力して国づくりをすることだと思います。そのリーダーが欲しい。今みんなが不安になるのは、しっかりしたリーダーがいないこと、そしてぼくら国民もみんな人任せにする社会風潮。お互いがお互いを突き合いながら生きている。資源がない我が国なら、自給自足できる国づくりをすべきだと思います。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
littlealps4383さん:いつもいつも心温まるコメントをいただいてばっかりで、本当にみなさんに「ありがとう」と言いたいです。
みなさんが癒されるような写真をこれからも撮り続けていきたいと思っています。

c0039735_13522131.jpg

 

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【littlealps4383さんが好きなブログ、気になるブログ】

○「薄紅色の花
同じふるさとから日常を発信されているmizuki-39さん。ブドウ畑やプリザーブドフラワーのアレンジ写真など女性ならではの透き通る写真の数々。ぼくもこんな写真を撮ってみたいと思わせるような素晴らしい写真たちにいつも癒されたり、ため息がでます。

○「ひつじ雲日記
週末に旅行され、時には南アルプスまでお越しいただいています。日常から旅写真まで、紀行文がとてもステキなブログです。

○「white Marriage?
日々、小説を更新されています。またいつもいつもご訪問いただいてはコメントを残してくれる大切なブログ友です。

○「料理と趣味の部屋」  
みなさんもご存じ、あきちゃんのブログ。あきちゃんが作る居酒屋メニューにやられました。それにたまに微笑ましい野鳥の写真を撮られているので、同じ趣味を持ち、親近感がわきます。

○「カワセミkokotonのブログ
実はこっそり覗かせていただいております。優雅でステキな野鳥の写真ばかり。
どうしたらこんなにきれいに撮れるのだろうと、ため息をついています。野鳥ファンにはたまらないブログです。




【littlealps4383さんのライフログ】

マザーウォーター (小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮、小泉今日子 出演) [DVD]


なんでもないありふれた日常を心豊かに表現されています。
映画『マザーウォーター』公式サイト

RAILWAYS [レイルウェイズ] [DVD]

松竹


いくつになっても夢は追いかけるもの、最高の夢の場所が見つかる映画です。
映画『RAILWAYS』公式サイト

きみの友だち [DVD]

ポニーキャニオン


山梨で撮影された映画。大切な友だちと思い出ともこもこ雲。
映画『きみの友だち』公式サイト




【littlealps4383さんがお使いのカメラ&レンズ】

カメラ機種/Canon EOS 5D Mark Ⅱ 、EOS 7D
レンズ/Canon EF24-105mm F4L IS USM、
          EF70-200mm F4L IS USM、
          EF600mm F4L IS USM

littlealps4383さんの「Minami-Alps.Photo.Magazine」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-01-05 23:42