今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

c0039735_18421982.jpg色とりどりのフェルトでちくちくしたドーナッツやプリンに、ボタンやパールビーズをトッピングしたり、毛糸のぽんぽんでシャーベットを作ってみたり。フェルトの端切れでぐるぐる巻いたキャラメルを紙で包んでみたり。とってもラブリーなおままごとスイーツはすべてママの手作り。赤が基調のキッチンボードやドールハウスもなんとすべて手作り!
そんな女の子の夢があふれる「おうちカフェ」で、ふたりのお嬢さんがおままごとを楽しむ姿はとってもかわいらしく、ひとつひとつのハンドメイド作品の“完成度の高さ”にも目を見張ります。

ハンドメイドのポータルサイト「アトリエ」でも、「かわいい~!」「私も作ってみたい!」と評判のレシピ作品を紹介。子育て中のママはもちろん、若い女性にも人気のハンドメイド作家としても知られるMaMan*さん。もうひとつのブログではキュートなお弁当も紹介しています。
今週は、秋の夜長にハンドメイドを楽しみたい読者にぜひ注目の、「MaMan Marche’*mamaのままごとな生活*」のMaMan*さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
MaMan*さん:こちらこそ、いつもお世話になっております。
エキサイトさんのいろいろなポータルサイトを日々楽しませていただいております、ありがとうございます。
ブログをはじめたきっかけは「パソコンにもっと触れてみようかなぁ~」という気持ちからだったと思います。
というのも、ブログをはじめる数ヵ月前まではパソコンと向き合う時はメールやほんの少しインターネットショップで買い物をする時に活用させていただく程度でした…。
でもある時、“物を作る”“写真を撮る”“文章を書く”ということは、これまでも私自身が好んで取り組んでいた分野だったので、その要素がたっぷり含まれているであろう「ブログ」というものに興味を抱きました。
そんな“やってみたい”という興味の気持ち一つで、当時不得意だったパソコンの操作を学ぶ意味も込めてエキサイトさんのブログ設定画面でカチカチと操作練習を始めたのが2006年7月のことでした。
そして、学んだ甲斐がありましたぁ~。その一部始終を身近でずっと見てきた主人曰く、
「『好きこそ物の上手なれ』のことわざの意味をよ~く理解させてもらえたわぁ~(笑)」と言ってもらえて。
今ではネットを介して仕事をさせていただく機会も増えました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
MaMan*さん:ハンドメイドが大好きで、自宅のアトリエ「おうちカフェ」にて、子どもたちとの生活や“ままごと”の遊びから生まれるアイテムや小物たちを手作りし、紹介しています。
もともと物作りの仕事をしていまして、ブログをはじめる前までは本名で活動していました。今でも、大人向けのインテリアなどのジャンルに関しては同様に本名で活動していますが、ブログの中では、MaMan*(ママ)というコンセプト&名前で、ままごと&mamaごとをテーマに、私自身のアトリエ兼Kid’s Roomの「おうちカフェ」より発信させていただいています。
ままごと遊び・食事作り・ママが子ども達へ何かを作ってあげるmamaごと、etc…。
生活の中に潜む(笑)たくさんんの“ままごと”をアレンジすることが大好きです。

今回ご紹介していただいた「MaMan Marche’*mamaのままごとな生活*」と同時進行で、「Smile time *手作りな*生活」 というブログも更新しています。
こちらは“朝のmamaごと”と称したうちの子ども達へのお弁当作りやライフスタイルを、日々の日記変わりに記録し、紹介しています。
双方ともども、ままごと&mamaごと三昧なおうちカフェですが、どうぞよろしくお願いいたします。

c0039735_18424689.jpgエキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
MaMan*さん:私にとっては物作りのフィールドをより広げさせていただきました。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
MaMan*さん:いろいろな素敵な方々との新たな出逢いかなと思いますね。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
MaMan*さん:ひとことでいうならば…、幼い頃も大人になってもままごと好きな人ってとこかしら(笑)。
あとは…思い立ったら即、手作り実行タイプ。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
MaMan*さん:訪問してくださる皆さま、そして自身が訪問させていただいている皆さまetc…。
国内外問わず数えきれないほど、お逢いしたい方々がたくさんおります。
「いつかお逢いできますように」と願うばかりです。

また、「アトリエ」の一周年記念イベントの準備やワークショップ時、そしてこの秋からの講座などでは、たくさんの作家さんやブロガーさんにお逢いできる恵まれた機会をいただきました。
とても幸せな瞬間でした!

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
MaMan*さん:ある意味、私がハマっていることかも!と思い、この回答をさせていただきます。
一日の中の自分の役割をそれぞれとにかく楽しんでみること。
妻・母・仕事・家事・育児・etc…。その時々の違った自分へ、モードやテンションを切り替えることで、私自身も何種類もの活力をもらえることにハマっています(笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
MaMan*さん:実は、私が幼い頃から想い描いていた「夢」というものが、『大人になったら物作りに携わるお仕事がしたい、物作りをライフワークにしたい』ということでした。
なので、大人になってからも、こうして物作りに携さわり、継続させていただいている今、子どもの頃の自分の夢が叶ったんだなぁと思っています。
そんな子どもの頃の夢から生まれた作品を本の中におさめてみたいという想い…。これが今の私にとっての夢かしら。

c0039735_1931494.jpg


エキサイトブログ編集部:夢があふれるおままごとグッズはじめ、ラブリー&ポップな手作り作品の数々ですが、手づくりのきっかけや作る楽しみは? また、自分らしい作品作りや記事アップの際のこだわりなどがあれば…。
MaMan*さん:ありがとうございます。
物作りのきっかけ…、それは幼い頃、胸をときめかせながら見ていた『できるかな』という番組でした。
ノッポさんが作品を手掛ける手さばき&創造性に憧れていた子ども時代。身の周りのあらゆるところに、物作りの要素が含まれていることをたくさん教えてもらいました。
そして大人になった今も、子ども達の初々しい発想に日々触れさせてもらいながら、ゆっくりじっくり物作りを満喫&邁進中かと思います。
一枚の布やフェルトから、発想次第でどんなものも作れてしまう楽しさや可能性。「きっと娘たちも喜ぶはず…」と思いながら作ってみると、思っていたとおりにワクワクしながら、おままごとを楽しんでくれる姿が目に映るとやはりうれしくなりますね。

物作りする際、私自身がもっとも心がけていることは、作り手の「元気」や「穏やかな気持ち」を作品の中にもたくさん詰め込んであげるということ。
仕事となると期限や納期があるので別ですが、おうちで家族や大切な人と楽しむためのものなら、いつまでに作ろうかとあせらずにゆっくりゆったりした気持ちで取り組むのが、おうちカフェっぽいmamaごとスタイルかと思っています。
そうしたら写真を撮る時にもでき上がったメニュー達、良い表情見せてくれますよ(笑)。

エキサイトブログ編集部:「アトリエ」でも、かわいいレシピ作品が読者に人気ですが、「アトリエ」&ハンドメイドを通してさらにプラスになったことや発展したこと、読者の反響などは?
MaMan*さん:もったいないほどのお言葉をかけていただき、恐縮しております。そしてありがとうございます。
上記でもお話させていただきましたが、インターネットとはそんなに深い仲(笑)ではなかった私が、「アトリエ」のようなポータルサイトに参加させていただけるようになったのも、まずはハンドメイド・物作りが大好きという想いの発展形だとあらためて感じております。
そして、私の作品の特徴を汲み取ってくださった皆さまのお心により、さまざまなご縁を結んでいただけたことに深く感謝するばかりです。
「アトリエ」では多くの皆さまにレシピを可愛がっていただき、一周年記念ではワークショップを開催。その後も連載・講座など、もうどれも私にとってはご褒美の域に達しております。一つ一つの仕事を皆さまに感謝の意を込めて大切に温め育てていきたいと思っております。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
MaMan*さん:家族や友人、日々出逢う方々と一緒に思いっきり笑顔が広がる時間。
特に主人や子ども達からもらう日々の笑顔からは、和みや元気を体いっぱい吸収させてもらっています。

c0039735_18532470.jpgエキサイトブログ編集部:数ある作品の中で、ご自身が気に入っている作品や気に入っている記事といえば? また、読者に評判だった記事は?
MaMan*さん:●2007年11月18日 余り布で・・・キャラメル作り
うちの子供達もクルクル・クルクル丸めて手軽に楽しんでおります。

●2008年2月29日 おうちカフェ naスティック・ドーナツ*
私自身が昔大好きだったスティック・ドーナツに想いを込めておうちカフェメニューの仲間にも入れてみました。

●2008年7月1日 おうちカフェなスタッフ達と・・・シャーベット講座* 
ポンポンなシャーベットの作り方を母から娘に伝授した日のことを。

●2009年3月4日 ‘アトリエ’一周年記念開催のお知らせ(ワークショップ編)
「アトリエ」一周年記念にてワークショップを行わせていただきました。

●2009年7月6日 本日より‘アトリエ’にて浴衣特集スタート♪ 
「夕涼み蝶々の袋小物」のレシピを浴衣特集にてご提供させていただきました♪

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
MaMan*さん:この質問に答えようとしたら…、対象物が浮かんでこなかったんです、今は。なので家族や友達、そしてブログに訪問くださる皆さま方からほしいものや一番したいことをたくさんプレゼントしていただき、満たされているんだなぁと感じて、感謝の気持ちでいっぱいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
MaMan*さん:子育て支援制度の動向。短期的な政策に振り回されることなく親として子ども達にどのような環境が提供できるかを考えていきたいです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
MaMan*さん:Mamaごと&ままごと三昧なおうちカフェにいつもお越しいただき、本当にありがとうございます。
皆さまからいつもたくさんのニッコリをいただき、心より感謝しております。
これからもどうぞよろしくお願いいたしま~す。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【MaMan*さんが好きなブログ、気になるブログ】

本当は訪問してくださる皆さま、そして私が訪問させていただいている皆さま全部を紹介したいのですが…。数に限りがあることを考慮して、私がブログを始める前から拝見しているブログやHP、私自身が携わっているサイト関連を紹介させていただきます。

「パリ Paris」カメラマン都筑 清の写真ブログ」◆ 
パリ在住のカメラマン都筑 清さんのブログ。2006年の春に「パリのカフェ」という検索をかけたのをきっかけに、こちらのブログと出会いました。
私はその頃、ブログの意味すらあまり知らない人でしたので、アップされている心打たれる素敵な写真がその日のパリの光景だったりすることに、深い感動をおぼえ、心が潤いました。
そして、こちらのブログから私はエキサイトブログを知り、その後こちらでブログを開設させていただき、今に至ります。

Smile time *手作りな生活*◆ 
私MaMan*のもう一つのブログ。
日々の子ども達のお弁当などを日記のようなスタイルでつつ゛っています。

アトリエ◆  
Woman exciteさんの手芸やハンドメイド作品、雑貨の作り方ポータルサイト。
私自身もレシピを投稿させていただき、参加させていただいています。

子育てスタイル◆ 
子育てしながら、自分らしい毎日を楽しむママ&パパのためのブログポータルサイト。
こちらで『ママンとアンファンで楽しむわくわくアトリエ時間♪』という連載をさせていただいてます。

ヴィラデストガーデンファームアンドワイナリー
画家・エッセイストの玉村豊男さんのワイナリーの公式ホームページ。
以前、代官山に玉村さんご夫妻がオープンされていたShopが大好きでした。
2004年よりそちらのShopも長野のワイナリーへ移転されたので、こちらのホームページにて四季折々のワイナリー様子やスタッフの皆さんのブログの更新を毎回楽しみに拝見しています。



【MaMan*さんのライフログ】

アメリ

ビデオメーカー


夢を見させてくれるようなストーリーやノスタルジックな画像・アコーディオンの穏やかなメロディ…。どれも大好きです。

マドレーヌといっしょに 大好き!パリのまち [DVD]

ジェネオン エンタテインメント


マドレーヌちゃんやクラスメートと一緒に主題歌を一緒に歌ったりストーリーの中に出てくるエッフェル塔に遠足に行った気分になってうちの娘達も見入ってま~す。

マドレーヌのメルシーブック―いつもおぎょうぎよくいるために

ジョン・ベーメルマンス マルシアーノ / BL出版


マドレーヌちゃんシリーズの絵本を数冊持っていますが一番最初に買った本がうちではこちらでした。

ようこそパリの子供部屋

ジュウドゥポゥム / ジュウドゥポゥム


実際に皆さんが暮らしている&過ごしている子ども部屋なので、それぞれのコーディネイトはもちろんですが、躍動感やそこで遊んでいるような光景が想像できて、私にとっては見ているだけでワクワクする宝箱のような一冊なんです。

パリのママンのおうちレシピ

ジュウドゥポゥム / ジュウドゥポゥム


親子で作って楽しめそうな手軽だけどお洒落な家庭料理のレシピのラインナップとともに、料理を紹介されている各ご家族のクッキングスタイル(エプロンなども含め)&コーディネイトがキュートで、ページを開いてはいろいろな視点から心が和みます。
挿絵のイラストもかわいくって、うちでは親子ともども大好きな一冊です。

MaMan*さんの「MaMan Marche’*mamaのままごとな生活*」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-10-28 23:47

c0039735_15424590.jpg秋ならではの秋刀魚や鮭をはじめ、これからの季節に美味しいあんこうやカキなど、旬の魚介類を使った魚料理を紹介。活きのよさが伝わる刺身や香ばしい塩焼き、煮付けはもちろん、ぷちぷちの自家製いくらのしゅうゆ浸けをごはんにかけたり、海老の頭をカリカリに揚げて食べたら…。「たまらなく美味しそう!」「ごはんも進むし、お酒も飲みたくなる~!」と食欲をそそる大迫力の写真がいっぱいです。
そんな豪快な魚料理や男の手料理はもちろん、活きアサリのワイン蒸しとか、シラスやイカのパスタなど、イタリアンな前菜やパスタもあって、女性にも大人気! 
筆者はなんと“魚屋さん”というだけあり、これまで紹介してきた魚料理は500種類以上にものぼります。

さらに料理だけでなく、魚の捌き方や包丁の使い方なども写真を使って親切ていねいに教えてくれているところは、さすが“魚屋三代目!”と感心させられます。
今週は、食欲の秋にちなんで、ぜひ注目したい人気グルメブロガー、「魚屋三代目日記」のさかなやさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
さかなやさん:いつも楽しくエキサイトブログを使わさせていただいています!
ブログを始めたきっかけは、妹からすすめられました。
私は自営の魚屋で、皆様に旬の魚介や食べ方をもっと知って欲しいと思いまして、何かその手段がないかと
思っていた時にエキサイトブログさんに出会いました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
さかなやさん:タイトルが『魚屋三代目日記』のとおり、私のブログは魚介の紹介や料理が中心……と思いきや、肉料理だったり酒の肴だったりと魚に関係ない記事も結構多かったりします(笑)。
日常で感じたこと、嬉しかったことなども『日記』として記事に残しています。

やはり魚屋ですので、旬の魚介の美味しい食べ方や調理法なども皆さまにお伝えし、少しでもお力になることができたらとても嬉しく思います。
あと男の料理! 男性にも料理に興味を持って欲しいなぁ~と思っています!
簡単な料理から、ちょっと時間のかかる料理といろいろありますが、作っているときのワクワク感、美味しくできるかな?食べて喜んでくれるかな?…なんて思いながら作る気持ちをぜひ体感して欲しいですね。

私はお酒が好きなので、その日その日で食べたい肴を作るのが楽しみで仕方ありません。
頑張って作った『おかず』を家族が『美味しい!』と言ってくれる顔を見るのも大好きです!
そんな気持ちを、私のブログを見てくださる皆さんと共有できればいいなぁ、と思いながらブログを続けています。

c0039735_19303238.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
さかなやさん:素敵な方々との出会いです!
ブログで出会った方々から、また新たな出会いが広がりました!
日本全国はもちろん、海外に住んでいる方々とコメントという形でお話しできる……、これはブログならではの素晴らしいことだと思います。
たくさんのお話しや情報をいただき、刺激を受けとてもいい勉強になっています。

また、自分のブログで魚介の紹介などを書いていますと、自分でもまだまだ知らなかったことなどあり、新たな知識を身につけられたりして、改めてブログのよさを感じることができました。
そして……、ブログのおかげで自分のレシピ本を出版していただいたこと! 未だに信じられないですね。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
さかなやさん:私の性格……結構、人見知りするほうです(大汗)。
あと、おだてられやすい! 悩みごとがあっても寝れば忘れちゃうのが特技?
よく言われるのは『お酒好きな天然ボケタイプ』。よくツッコマれます。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
さかなやさん:人見知りで、恥ずかしがり屋なのですが、コメントをいただく皆さまにぜひお会いしたいです。モジモジしちゃいますが……あははっ。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
さかなやさん:写真! 下手の横好きですが、子ども達の成長を『写真』という形に残しておくことです。
あとはやっぱり美味しい肴をつまみながらお酒を呑むのが大好きですね!
温泉も大好きです! お風呂あがりの一杯は格別です!!って、やはりお酒のことになっちゃいました(笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
さかなやさん:コメントをいただく日本全国の皆さまからお聞きした、その土地ならではの食べ物、風習など、私自身、その土地を実際に訪れ、味わい、体験してみたいですね。
『日本美味いもの行脚』が夢です。
その体験をブログでお伝えすることができたらもっと嬉しいですね!

c0039735_15433057.jpg


エキサイトブログ編集部:魚屋ならではの新鮮で美味しそうな魚介料理をはじめ、豪快な男の手料理の数々に食欲がそそられますが、料理に興味を持ったきっかけや料理を作る楽しみは? また、自分らしい料理&レシピ作り、記事アップの際に心がけていることは?
さかなやさん:料理に興味を持ったのは、たまたま作った野菜炒めだったかな?
それを家族が食べて『美味しい!』と言ってくれたのがきっかけだったような……十代の頃の話です。
ただ野菜を切って肉と炒めて塩胡椒で味付しただけの『シンプルな野菜炒め』だったと思うのですが、褒めてくれたのが嬉しくて! その時の味?忘れちゃいました(笑)。

いろいろと考えながら料理を作り、思い描いていた味に仕上がってくれると嬉しさ倍増です。
家族が食べて『美味しい!』と言ってくれるとさらに嬉しさ倍増!!!
おだてられやすい性格もあって、お世辞でも『美味しかった!また作って!!』と妻や母に言われるとその気になっちゃって……、ますます作る楽しみが増えました。

自分らしさ…という点では、旬の素材を使い、食べ、四季を感じられるよう素材を生かした料理を紹介しています。難しいレシピはなるべく避け、基本は簡単!ささっと作れる料理!! 豪快な男料理だけではなく、女性の方々にも喜んでいただきたく、魚介系の前菜やパスタも紹介していますので、ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです!

また、私のブログはレシピの写真が多いのが特徴です。
私自身、料理に興味を持ち始めた頃、『料理本』を買って、食べたい料理を探して作っていました。でも、言葉ではわからない箇所があったりすることが多くて…。
今では『こんなもんかな?』と焼き具合や料理過程で、ある程度想像しながら作ることができますが、その時は頭の中が??だらけ。もっとひと目でわかるように、写真で見せてもらいたいなと思ったものです。
ですから、私のブログでは料理に興味を持ち始めた方に、少しでもわかり易く調理して欲しいと思って、たくさんの写真を使って説明しています。
魚介の捌き方も同様に、しつこいくらい写真を使っていますね。というか、実は説明するのが下手だというのは内緒にしておいて下さい(大汗)。
私のブログでは記事のトップに持ってくる写真はドup!
アップで撮ると美味しさや気持ちが伝わるのかなぁ~と思って。そして、美味しそうに見えるように写真は明るめに撮るように心がけています。

c0039735_15454473.jpg


エキサイトブログ編集部:『魚屋三代目のさかなレシピ』というレシピ本を出版されましたが、本のほうはどんな点にこだわって作られたのですか?
さかなやさん:『魚屋三代目のさかなレシピ』の本は、魚ばなれしている方、「魚料理は難しい!」と敬遠されている方々に見て欲しくて編集者さんと考えながら作りました。

スーパーでも簡単に手に入る魚や切り身を中心に、簡単にできるレシピをチョイスして本にしました。
魚介料理に慣れてきたらステップアップのレシピも数点載せています。
馴染みのない調味料はなるべく使わずに、各家庭にある調味料を中心に使ってレシピを考えました。

本の中では『自家製塩辛』や『自家製干物』の作り方も紹介していますが、普段『これは買うもの!』と思っていたものを家で作って食べることの美味しさを知っていただきたくて……。少し失敗しても出来たときの感動は素晴らしいものだと思います。
ご夫婦で、あるいはお子さまとか、ご友人と一緒に自家製干物作りなどしたら盛り上がるかなぁ?なんて勝手に想像しちゃっていますよ(笑)。

『魚屋三代目のさかなレシピ』、ブログで紹介していたレシピよりも新しいレシピを多く載せました。
もちろん、ブログにUpしたレシピも数点載せていますよ!
一番は『簡単!』……。難しいと思っていた魚の煮付けなども「実は簡単だったんだ!」と魚料理を身近に感じていただけるように心を込めて本にしました。

c0039735_15445553.jpgエキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
さかなやさん:大切にしている時間、やはり子ども達との会話やふれあう時間です。
私の休みが平日なので、小学校に通っている子供達と朝から出かけて遊ぶことや遠出をすることがあまりできません。
そのぶん、家でいろいろな話をしたり、私の休みの日には公園で目一杯遊んだりと子ども達とコミュニケーションをとっています。
たまに学校が終わった時間から(16時頃)から無謀にも遠出しちゃうこともありますが…(笑)。

あっ!子ども達が帰ってくるまでの時間、妻とランチで美味しい物を食べていることは子供達に秘密です。
妻との時間も大切ですので!(笑)

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている料理や記事、
また、読者に評判だった記事や料理は?

さかなやさん:☆2008-11-11 11:25 『あん肝の作り方/調理法
検索ワードランキングでも常に上位にランクインしているのが『あん肝』というワードです。
これからの時季、アンコウの肝が出回り、旬を迎えます。
私のブログを見たみなさんから、『あん肝を調理するのは難しいと思っていた!』『作ったら簡単だった!』とおっしゃっていただけました。喜んでいただき、とっても嬉しかったです。

☆2008-08-01 11:25 『煮穴子の作り方
これは会心の出来でした!
今まで煮穴子を作った中でも一番美味しくできたときのものです。
ブログを見ていただき、初めて作った方からも『大成功』と喜んでいただけました。

c0039735_16493235.jpg☆2008-07-01 10:37  『自家製『目刺し』の作り方
下処理も特になく、塩をふって干すだけで美味しい鰯の目刺しができる!
とても簡単なのでオススメです。
炊きたてご飯に自家製目刺しを焼いて食べたら……たまりませんよ!

☆2008-06-30 12:10 『オイルサーディン<自家製レシピ>
この記事も結構反響がありました。
私のレシピ本にも載せています。検索ワードランキングでも必ずランクインしています。

☆2007-11-08 10:37 『いくらの醤油漬け!』
今が旬の『生筋子』を使って作った『いくらの醤油漬け』の記事です。
ご家庭で好みの味に仕上げることができますので、自家製いくらの醤油漬けはオススメですよ!
コメントをただいた皆さま方、各ご家庭でさまざまな味付けをして楽しんでおられました。
私にとって、とても勉強になった記事です。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
さかなやさん:日本全国うまいもの行脚!
カメラを持って日本全国の旬の食べ物、お酒を目一杯堪能したいです。
同時に日本の有名漁港を全て訪れて、産地ならではの魚介を味わいたい……それが私の夢です!!

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
さかなやさん:新型インフルエンザ。私の子ども達が通う小学校でも、新型インフルエンザの影が忍び寄ってきています。
私の住んでいる地域外の小学校では、学級閉鎖や学年閉鎖、学校閉鎖など深刻な問題に……。
少し前までは『まさかそんなになるとは…』と思っていた危機感のない自分が情けなくなりました。
子ども達には『手洗い』と『うがい』を徹底させ、自分もしっかりと睡眠と栄養をとり、ウイルスに負けないよう
な身体づくりを心がけるようにしています。
接客業ですので、とても重要なことだと認識しました。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
さかなやさん:私のブログにご訪問くださいまして、ありがとうございます!!
お酒ネタが多い私のブログ…、合わせて酒の肴ばかりの記事なってしまうこともしばしばありますが、これに懲りずに今後ともおつき合いください!!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【さかなやさんが好きなブログ、気になるブログ】

☆『ふぇいばりっと☆ゆみ
可愛い猫ちゃん達に囲まれ、素敵な毎日を送っていらっしゃる『ゆみさん』のブログです ♪
私がブログを始めた時、初めてリンクをさせていただき、とても感動しました!
私も猫が大好きなので猫ちゃん話になると大盛り上がりします。
お料理やお酒の話も話題豊富でとっても楽しいブログですよ!!

☆『マスターのブログ
カメラの師匠『tyuuka-syubouさん』のブログです。
私の趣味……一眼レフカメラの世界にドップリとハマってしまったのは、tyuuka-syubouさんが撮られた写真に大感動したからです。
料理の先生でもあり、写真の師匠でもあるtyuuka-syubouさんです!

☆『田舎の地酒研究所
私の地元の先輩で、いつもお世話になっている『sake-yamaboshiさん』のブログです。
『お酒のことなら、なんでもまかせろ!俺に聞け!!』と元気いっぱい、素敵な酒屋さんです!
頼りがいのあるお兄ちゃん的な存在です(頭が上がらない存在?…笑)。

☆『赤飯番長のひとりごと
和菓子職人『番長さん』のブログです。
話題が豊富で、いつも楽しく番長さんのブログを訪問させていただいています。
妻と横浜へ出かけると、番長さんのお店へ突撃しちゃいます!
横浜の話題や面白いお話し、素敵な和菓子がいっぱい紹介されています。

☆『大きなJELLYの木の下で
私と一緒に『貝道』の道を歩む『小夏さん』のブログです。
私と小夏さんは貝好きで、さまざまな貝を食べること、調理することを極めるようと勝手に作った会を、『貝道』と呼んでいます(笑)。
とっても楽しく、小夏さんとコメントのやりとりをしているとたくさんの元気をもらえます。みなさんを幸せにしてくれるブログですよ!



【さかなやさんのライフログ】

Dear...

May J. / キューンレコード


妻と子ども達も大好き!
素敵な歌詞と優しいメロディ。ちょっとせつなさもあって…。
この曲を聞くと優しい気持ちになれる、私の大好きな曲です。

やっぱし板谷バカ三代

ゲッツ 板谷 / 角川グループパブリッシング


著者『ゲッツ板谷』
難しいこと考えずに読めて笑える本!
この本を読むと元気をもらえます!!
たまに吹き出しちゃうくらい笑っちゃったりしますので要注意です(笑)。



【さかなやさんの著書】
c0039735_1649174.jpg
発行 グラフ社 「マイライフシリーズ」
著者 魚屋三代目 
定価 1,000円 (税込)
発売日 2009年08月23日


さかなやさんの「魚屋三代目日記」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-10-21 19:41

c0039735_14325240.jpg軽井沢の美しい自然の中をおもいっきり走りまわるワルテル君とソーラちゃん。秋色の枯葉が落ちる森の中をお散歩したり、広い草原を走り回ったり。冬は雪とたわむれたり。走っては遊んで走っては遊んで…。躍動感あふれる写真から、その楽しさが伝わってきます。
「父ちゃんたらさ」「うちの父さんね…」と2匹が語る軽快なおしゃべりも愛らしく、とってもユーモラスです。

晴れている日も曇りの日も雨の日もそんな写真を撮り続け、楽しい文章を書きつづるのは、「不夜城」の作者として知られる小説家の馳 星周さん。犬好きファンだけでなく、多くの読者に愛されているブログを日々更新しています。
今週は、軽井沢の別荘地で、愛犬と暮らす日々を写真とともにつづる、「ワルテルとソーラと小説家」の馳 星周さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
馳 星周さん:3年ほど前に愛犬のワルテルの想い出を残しておきたくてデジタル一眼レフカメラを購入しました。が、どうにもこうにも上手に撮れず、知識を得ようとネットを彷徨っていると、写真ブログなるものの存在を知ったのです。様々なブログを訪問し、この人の写真は凄いと感じるブログにコメントを残すようになり、写真のテクニックを教わったりしているうちに、ブログ運営のノウハウも自然に身についていきました。
ならば、自分でもブログをはじめてみようかと思ったのがきっかけです。ワルテルの写真も大量に溜まっていましたし、やはり、写真を他人の目にさらさなければ上達しないと悟ったからです。
ブログをはじめるにあたって、ひとつだけ決めたことがあります。それは、特別な事情がない限り、毎日更新する、ということです。犬たちの日常を紹介するというのがブログの一番の目的ですが、自分の写真技術の向上も目指していましたので、いい写真が撮れないから更新しないというのではいつまで経っても上手にならないと思ったからです。今は週末と休日の更新は休まさせてもらっていますが、ブログをはじめた最初の2年は、病気や留守の時以外、毎日更新を続けていました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
馳 星周さん:わたしの本業は小説家です。ノワールと呼ばれる、暗い暗い小説を毎日飽きることなく書いているわけです。したがって、仕事以外の文章を書くのは苦痛でしかない。しかし、わたしが愛してやまない犬たちの気持ちを代弁するというフィクションを書くことは、自分でも驚くほど楽しかった。馳星周という小説家に貼られたラベルから自由でいることができたのです。
小説家と言っても、特別な日常を過ごしているわけではありません。というより、わたしの生活は引きこもりにほぼ近い。規則正しく寝起きし、毎日小説を書き、ただそれだけです。家の外に出るのは、息抜きを兼ねた、犬たちとの朝夕の散歩だけ。
その時目にする軽井沢の四季の自然とその変化なら、ブログで紹介する価値があるかもしれない。
最初はワルテル、一昨年の11月からソーラが加わって、二頭の視点を交互に駆使し、なおかつそこにわたしの撮った写真を入れて、今のわたしのブログのスタイルができあがりました。
犬ブログ兼写真ブログですね。ブログ開設当初からさかのぼって呼んでいくと、ひとりのど素人が日々シャッターを切り続けることによって写真が上達していく過程を垣間見ることもできます。

c0039735_14333768.jpg
 
エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
馳 星周さん:繰り返しになりますが、馳星周という小説家に押しつけられているイメージから自由でいることができるということです。
原稿料が出るわけでもない、写真掲載料をもらえるわけでもない。それでもほぼ毎日更新し続けているのは、やはり、この自由が得難いものだからでしょう。商業メディアでは表現できないことが表現できるのです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
馳 星周さん:天の邪鬼。あるいはどS。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
馳 星周さん:人見知りする性格なので、基本的に実生活でだれかと会うのは苦手です。が、仲の良い写真ブロガーたちとは日々、コメント欄やメールなどでコミュニケーションを密に取っているので初対面という感じがせず、仕事でどこかに出かけることになると、その地で活動しているブロガーに連絡を取って飲みに行ったりしますね。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
馳 星周さん:写真です。
小説を書くことはわたしの生業であり人生の一部ですが、写真もそうなりつつあります。これまで、趣味というものはほとんどなかった。なのに、40を過ぎてから手にしたカメラが、人生観さえ変えつつあります。
もっと写真がうまくなりたい。毎日、そればかり考えています。

エキサイトブログ編集部:夢は?
馳 星周さん:55歳で引退し、キャンピングカーで犬たちと日本全国を周り、写真を撮り歩きたい。夢です。実現不可能な夢です。多分、死ぬまで働き続けないとなりません。

c0039735_14345878.jpg


エキサイトブログ編集部:バーニーズマウンテンドッグのワルテル君、ソーラちゃんの楽しそうな散歩写真&軽井沢の自然の景色に癒されますが、軽井沢で愛犬と暮らすようになったきっかけやその楽しみは?
馳 星周さん:ワルテルの前に、同じ犬種のマージョリーという犬を飼っていました。彼女が11歳の春、不治の病の宣告を受け、最後の夏を東京で過ごさせるのは可哀想だと、軽井沢に別荘を借り、夏を過ごしました。東京ではよぼよぼの老犬だったマージョリーが、軽井沢では生き生きと歩き回るのを目の当たりにして、移住を真剣に考えたわけです。
マージョリーはその秋に他界しましたが、すでに土地を購入し、家を建てる計画が進んでいました。翌年の夏、ワルテルと共に越してきたのです。
軽井沢は「なんちゃって」田舎です。都会に比べれば自然に溢れていますが、本当の田舎と比べれば、環境破壊が進んだ華美な別荘地です。新幹線に乗れば東京まで一時間。ネオンが恋しくなればすぐに行くことができる。さらに別荘地に住めば、地元の人たちとの煩わしい人間関係からも解放される。
人間の利便性と犬の幸福を考えると、軽井沢以外に選択肢はなかったわけです。
11月から翌年4月までの軽井沢は天国です。観光客もほとんど訪れず、静寂に満ち、透明度の高い清廉な寒さに身をさらしていると肉体が活性化されていくのを感じる。元々寒いところで暮らしていた我が家の犬たちもそうです。ノーリードで自由に自然の中を駆け回ることができる。
しかし、5月から9月までの軽井沢は地獄です。観光客や別荘族が大挙して押し寄せ、普段、車で5分もかからないスーパーに行くのに一時間以上かかることさえあります。不作法な連中が大声でわめき、夜中に花火を鳴らし、ゴミを散らかし、犬を捨てていく。
最近ではもっと人里離れたところに移りたいと真剣に考えています。が、多分、女房の大反対にあって挫折するでしょう(苦笑)。 

エキサイトブログ編集部:また、写真の撮り方や記事アップの際にこだわっていることなどがあれば…。
馳 星周さん:基本的には、前日あったこと、見たことを翌日のブログで、犬たちの口調を借りて報告というスタイルを取っています。朝起きると、まずどこに散歩に行くかを決め、散歩の合間合間に写真を撮る。
時に気に入った写真が撮れると、その写真をブログに掲載したいがために、強引に話を作ることもあります。小説家ですから、書くものはフィクションです。事実をそのまま書くことはまずありえません。読んでいる人を楽しませるための文章ですから。
朝起きたときに一番気になるのが天候です。ピーカン、雲混じりの晴天、曇天、雨、雪。天候によって、散歩に行く場所を決めるわけですが、もちろんすべては写真のためです。雲ひとつない晴天や、陰影のない曇天の日は気持ちが憂鬱になります。いい写真が撮れないことがわかりますから。逆に、形のいい雲が空に浮かんでいたりすると、子供のようにはしゃいで散歩に出かけます。
ひとけのないところに行くと、リードを外して犬たちには好き勝手に歩かせる。それを風景と絡めて写真に撮っています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
馳 星周さん:夜、食事を終え、犬たちの最後の散歩も終わらせ、シャワーを浴び、ソファに腰を下ろし、シングルモルトウィスキーをちびちび啜りながら葉巻をくゆらせる。キューバ葉巻の濃密な煙を吐き出しながら、今日も一日お疲れさん、と自分に言い聞かせています。

c0039735_14353673.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事や写真、また、読者に評判だったポストは?
馳 星周さん:★2007年11月3日 「ソーラが来た
可愛い可愛いソーラが(苦笑)、我が家にやって来た日のエントリー。忘れられません。

★2008年2月8日 「ダイヤモンドダスト
わたしは北海道で生まれ育ちましたが、ダイヤモンドダストをこの目で見たのは軽井沢でだけ。感動しました。写真がへたれだったのがなんとも残念です。

★2008年7月24日 「朝日の中で
このエントリーに載せた最後の写真、初めて、自分の写真に手応えを感じたのです。

★2009年3月17日 「せっかく楽しかったのに
普段使っているプロ向けカメラ、Canon Eos 1D Mark IIIを修理のため、工場に送り、代わりに、3年前に買ったEOS KISS Digital Xという入門機を使って撮った写真をエントリーしている。写真は機材じゃないと再確認したエントリーです。

c0039735_14363941.jpg★2009年9月14日 「ポートレイト
普段はとにかくシャッターを切りまくっているのですが、この日はワルテルのポートレイト一枚だけ。撮った瞬間、今日はもうこれだけでいいと思えたのです。
読者の反応も凄かったな。

エキサイトブログ編集部:最近、感動したことは?
馳 星周さん:最近感動したことですか? 歯茎が炎症を起こして痛くて、頬を手で押さえてうんうん唸っていたら、ソーラが近づいてきて、ぺろっと頬を舐めてくれたんです。感動したー(苦笑)。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
馳 星周さん:我が最愛のサッカークラブ、FCバルセロナが今季もリーガ・エスパニョーラとチャンピオンズ・リーグで優勝できるか。もう、気になるのはそれだけです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
馳 星周さん:最近はコメント返しがなかなかできずに済みません。すべてのコメントにはちゃんと目を通していますので見捨てずにお付き合いください。


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【馳 星周さんが好きなブログ、気になるブログ】

●「Magnum Yoda Photography 日本語版」  
わたしの最初の写真の師匠。彼の犬写真を初めて見た時には本当に衝撃を受けた。今は重い病気から回復するためのリハビリ中。早く、昔のように元気になってほしい。

●「Capucci-photo」  
機材とレタッチに関するお師匠さん。写真のオールラウンダー。なにを撮ってもうまいが、小すけべなのが玉に瑕。

●「Silva & Me...sometimes talk to oneself.
押しかけ弟子のブログ。いつ、まともな写真が撮れるようになるのやら……

●「タスマニアで生きる人たち」  
ナルシストによるナルシストのための文章&写真ブログ。 どうしてあそこまでナルシストになれるのか、知りたくてしょうがないのです。

●「burgism
写真ブログ界の2大どSのひとり。もうひとりは……わたしだそうです。




【馳 星周さんのライフログ】

ミラクル7号 [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


わたしのペンネームの由来でもある香港映画界の大スター、チャウ・シンチーの『ミラクル7』。トイレのシーンで死ぬほど笑いました。

馳 星周さんの「ワルテルとソーラと小説家」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-10-14 20:22

c0039735_1451290.jpg季節感を伝える身近なお散歩風景から、行ってみたくなるような海外の旅の風景まで。水彩の淡いにじみやぼかしを生かしたやさしい印象のイラストは、やわらかい光が感じられ、見ているだけで心が癒されます。
今の季節らしい、お子さんが見つけたどんぐりや枯葉の水彩スケッチをはじめ、中秋の名月、ハロウィンをイメージしたものなど、秋を感じさせるイラストもいっぱいです。時には親子でスケッチした作品、お子さんの描いたイラストなども紹介。
絵本の世界へ誘ってくれるファンタジックなイラストやかわいいぬいぐるみを描いた作品も心が和みます。

「すてきな作品を見ていたら、私も何かスケッチしてみたくなってきた…」と思う読者もいるのでは…?
今週は、芸術の秋にちなんだアートなブログ、「YUKOのスケッチブック」のYUKOさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
YUKOさん:こちらこそ、ピックアップしていただき、ありがとうございます!!
ブログを始める前は作品発表といっても、SNSや年賀状で…といったように友人・知人だけに向けた限られたものでした。より多くの方に作品を見ていただき、「イラストレーターとして発展したい!」という気持ちからブログを始めました。
師匠である画家の新田和繁氏にエキサイトブログを紹介していただきました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
YUKOさん:主婦でありイラストレーターである私です。
日常の中にあるささやかな感動を絵と文でつづっています。「発展のため」なんて意気込んでおきながら、実際は、ゆるーい感じのイラストがほとんどです。始めた当初は、もっとアグレッシブでカッコイイ感じを狙っていたかもしれませんが、どうしてもそうではない素が出ちゃいますね(笑)。
今では見てくださった方の表情が、“フフ”ってゆるめばいいな~と思っています。
時々仕事で描かせていただいた作品もアップしています。少しずつでも出会いが広がればうれしいですね。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
YUKOさん:読者の目を意識しますから、いい意味で緊張感が出て、スケッチがグーンと楽しくなりました。そうそう!「発展」だってありましたよ。あるギャラリーから展示会の声をかけていただき、この夏初めてグループ展に参加しました。大変貴重な経験をさせていただきました。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
YUKOさん:手軽に気軽に発信できることですね。
友人・知人とのコミュニケーションツールとしてもとても楽しいですが、その枠を超えて、検索でたまたまヒットして見てくださるまったく知らない方もいらっしゃるわけで。フィールドがジワジワ広がっているのを感じています。
c0039735_1423548.jpg

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
YUKOさん:勇敢な臆病者。
わかりにくいですね・・。(笑)矛盾しているようですがこの両面で成り立っています。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
YUKOさん:交流のある方皆さんとお会いしたい!・・のは山々ですが、なんせ臆病者なので、お目にかかると緊張しちゃって可笑しな言動になりそうです・・。(笑)

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
YUKOさん:最近は日本映画やお芝居をチェックします。
心のエクササイズは絵を描くためにも欠かせません。

エキサイトブログ編集部:夢は?
YUKOさん:美しい森にアトリエを持つこと。
それから、フィンランドに行くこと。ムーミン谷が理想郷です。

c0039735_143546.jpg


エキサイトブログ編集部:やさしい印象のイラストに心癒されますが、イラストを描き始めたきっかけやイラストを描く楽しさといえば?また、自分らしいイラストを描くことや記事アップの際に心がけていることなどがあれば?
YUKOさん:ありがとうございます。始めたきっかけは、夫の赴任先のニューヨークで、新田和繁先生のスケッチ教室に参加したことです。ペンと水彩で描くスケッチ。水をたっぷり筆に含み、にじみやぼかしの色彩を生み出すことで、心の隅々まで潤いました。
以来師匠の背中を見ながら、13年間、描いています。その間、出産・育児も経験しました。外でのスケッチが難しい時期は、赤ん坊の寝顔をデッサンしました。すべて思い出の一枚一枚になっています。
最近は作風の幅を広げるべく、アクリルや油彩にも挑戦しています。塗り重ねる油彩の魅力にもとりつかれました。無心になって塗り続けると、大抵の嫌なことは忘れますよ。(笑)
数年前からイラストの仕事をいただけるようになり、モチベーションが上がったのは言うまでもありません。本当にありがたく思います。

イラストを描くとき心がけていることは、ほどよく力を抜くように意識しています。なかなか力みが抜けないときは、抜けるまで同じ構図を何枚か描きます。上手い絵ではなく、心地いい絵を目指しています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
YUKOさん:一日の始まりのコーヒータイムと、一日の終わりのお酒と読書。
コーヒーはできるだけ豆から挽きます。お酒はいろいろです。その時あるもので。
読む本は同じ作家さんの作品を飽きるまで続けて選びます。

c0039735_14432724.jpgエキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
YUKOさん:★気に入っている作品
■2008-06-09 「ローマの旅」  旅行先のスケッチ画はいつ見ても楽しい思い出が蘇ります。

■2008-11-17 「ワイン」  仕事で描いたイラスト。好きなものを描くのは楽しいです。

■2008-06-08 「線路の紫陽花」 鎌倉を散策して出会った風景。感動をそのまま描き写しました。

■2008-10-14  「秋のおみやげ」  娘の手のひらを思い出します。

★読者に評判だったポスト
■2008-10-23 「Halloween」 同じ思い出を共有する友人と昔を懐かしみました。

■2008-10-09 「自転車に乗れた日」 娘の笑顔の描写を褒めていただきました。

■2008-05-18 「ようこそ」 ぬいぐるみスケッチは「和む」と言っていただきます。

エキサイトブログ編集部:最近、感動したことは?
YUKOさん:中秋の名月は美しかったですね。白銀に輝いていました。雲の動きも幻想的で言葉を失いました。コオロギや鈴虫もいい仕事をしていました(笑)。
もちろん、スケッチしましたよ。2009-10-03 「Harvest moon

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
YUKOさん:台風18号の接近です。伊勢湾台風と同じコースだそうで、大きな被害が出ないことを祈っています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
YUKOさん:絵を見るのって、結構パワー使いますよね。にもかかわらず、毎回訪問してくださる方、本当にありがとうございます。あたたかいコメントにも励まされます。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_1435428.jpg




【YUKOさんが好きなブログ、気になるブログ】

★「NEW  YORK  KAZU  STUDIO」 
NY在住の画家、新田和繁さんのブログ。師匠です。素晴らしい作品を惜しみなく披露されています。文章も哲学があって深い。私のバイブル的ブログです。

★「Wally B.log
ピクサー・ファンズ・ショップ「Wally B.」の店長が、ピクサー映画や音楽ネタを発信。
店長の語り口が楽しいです♪♪ピクサーファン必見!のブログです。私はピクサー映画では『レミーのおいしいレストラン』が好き。

★「安見の散歩道」 
ブログのお友達mokoさんのブログ。日本の季節を感じるにはここです。美しい写真と文章で、自然、文化、美術、など多岐に渡り様々なことを教えていただいています。

★「朝日とクマとその一日」  
あこがれのフィンランドの生活を覗かせていただいています。澄んだ空気感が好きです。

★「月の画集」 
画家ヤマサキユズルさんの公式サイト。
月の絵、星の絵、夜の青さに惹かれます。静寂を求めて時々立ち寄ります。
BGMのJAZZにも癒されます。




【YUKOさんのライフログ】

ディア・ドクター [DVD]

バンダイビジュアル


西川美和監督は気になる人。どの作品も監督ならではの人間描写が切なく美しい。
この作品にも心揺さぶられました。緑がきれいに撮れています。

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント


あまりにも意外なストーリー展開にびっくりさせられます。瑛太の演技が素晴らしいです。神様に祈りたくなります。「日本映画って面白い」と気づかせてくれた作品です。

パパ、お月さまとって!

エリック カール / 偕成社


数ある絵本の中でも一番感動したもの。ピアノの音が聞こえてきそうな、美しいお話です。エリック・カールの大きな愛を感じます。親子の思い出としても大切な一冊です。

絵描き

いせ ひでこ / 理論社


いせひでこさんの鉛筆の線は、すごい。切なさがとってもいいんです。
特にこの本は生意気ながら共感できるというか、作者の気持ちに寄り添って読んでいます。

YUKOさんの「YUKOのスケッチブック」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-10-07 17:49