今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

c0039735_134833.jpg暑い夏を元気に乗り切れそうな夏野菜やスパイスを使った料理をはじめ、季節感を伝える素材や彩り鮮やかなトッピングがとっても美味しそうな晩御飯がいっぱい。冷たいビールによく合うおつまみから、メインディッシュにデザートまで、見ているだけでおなかが“ぐ~”っと鳴ってしまうものばかり。
ウーマンエキサイトの「おいしい!」でもたびたび紹介されるレシピは、「私でも作れるかも」と思えるような手軽さと楽しいアイディアが読者に人気です。

そんな料理記事に加えて、行ってみたくなるようなお出かけ写真も豊富。ただいま紹介中のスイス旅行記は、気持ちいいほどの青空と清涼感たっぷりのアルプスの景色に見とれてしまいます。「一緒に旅した気分になる!」と読者に好評です。
今週は、そんな美味しいもの&さわやかな景色で、夏バテを吹き飛ばしてくれそうなブログのご紹介。「うひひなまいにち」のうひひさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
うひひさん:こちらこそありがとうございます。ピックアップブロガーに選んでいただき、とっても嬉しいです! 
ちょうど去年の今頃、日々の献立を考えるのに行き詰まって、ネットでお料理レシピサイトなどを検索していた時に、写真のすごく綺麗なお料理ブログがたくさんあることを発見したんです。「これってプロの写真みたい!私もこんな写真が撮ってみたいな…」と一眼レフカメラに興味を持つようになりました。「でも、私に使いこなせるのかな~」とか、「大きくて持ち歩きに不便かな?」と買うのを悩んでいたんですが…。とある去年の夏の日、やっぱり欲しくなって、一眼レフカメラを衝動買いしちゃいました(笑)。
上手に撮れるかどうかもわからないうちに、せっかくなら撮った写真を記録に残したい…と思い、カメラを買ってすぐにブログをはじめました(笑)。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
うひひさん:「うひひなまいにち」は日々の晩御飯や、休みの日のランチ、旅やお出かけ先で撮った写真の日記です。最初は自分の思い出や記録のためにアルバム代わりに残してみようって思っていたんです。でも、いざ始めてみるとやっぱり誰かに見てもらいたくて、友達に宣伝したり、ランキングに参加したりしました。そのうちだんだんと見てくれる人も増えて、「写真がきれい!」とか、「美味しそう!」などの嬉しいコメントやお言葉をいただくようになってくるにつれて、見てくれる人を意識するようになりました。

忙しい毎日のふとした息抜きにちらっと見て、「へ~こんな料理も美味しそう…」とか、「こんな風景もあるんだ!」とか、「こんなところに行ってみたいな~」などと、さっくり感じていただけるようなブログが続けられたらいいなと思っています。
ブログ名「うひひなまいにち」は一日が終わるとき、「今日もささやかな楽しいことがあったな~。“うひひ♪”」と笑って眠りにつけるような日々を送れたらいいなと思ってつけました。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
うひひさん:ブログを通して得たものは…、お料理が楽しくなったことかな。料理のレパートリーもなんだかマンネリ化しつつあり、毎日献立を考えることが苦になってきた時期に、「綺麗な写真を撮ってブログにアップするぞ!」という目標ができると、日々のお料理が苦にならなくなってきました。
それでももちろん献立を考えるのに行き詰ることもあるのですが、皆さんのブログでのお料理を参考にしたり、コメントに励まされたりしながら、なんとか楽しくお料理ができてるかな~。こうしてブログを通してコメントをやりとりしながら交流できるのがよいところだと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
うひひさん:Easygoingな人です。努力や我慢が嫌い…(笑)。いつも「楽しい!」と思える選択肢を選んで生きてきました(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
うひひさん:ブログのコメント欄を通して知り合った方とはまだ誰ともお会いしたことはないんですが、いつもコメントをいただくブロガーさんとは、なんだか勝手に友達になったような気分でいます。実際にも会ってみたいな~といつも思っています!

c0039735_13483836.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
うひひさん:やはり一眼レフカメラで写真を撮ることかな。一眼レフカメラを買ったら夫婦2人ではまって撮影に行くと取り合いになったので(笑)、もう1台買っちゃいました。
昔から旅好きで、いつも「ど~こか遠くへ行きた~い…」が口癖なんですけど、一眼レフカメラを始めてさらに出かけるのが楽しみになりました。綺麗に撮れた写真あるかな…と、後から見て思い出にひたるのもまた楽しいひとときです。それから、美味しそう!と思った食べ物や、自分で作ったお料理を、より美味しそうに撮れたときの喜びがとっても楽しいです!
まだまだ写真も勉強中…もっと上手に撮れるようになりたいです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
うひひさん:残りの人生でお金と時間の許す限り、いろいろなところへ旅に出ることです! ラッキーなことに夫婦そろって旅が大好きなので、一緒に新しい発見や感動、出会いをたくさん経験したいと思っています。結婚してからバイクの2人乗りで出かけることも増え、キャンプやハイキングなど、アウトドアしたり、旅のバリエーションが広がりました! 
スキューバダイビングも好きなので、出来る限り色んな世界の海を潜りた~い!…と、夢を口に出して言うと叶うと聞いたので、しょっちゅう言っています(笑)。

c0039735_13491574.jpgエキサイトブログ編集部:美味しそうで盛り付けもきれいな料理写真&レシピの数々ですが、料理を作る楽しみ、写真を撮る楽しみは? また、自分らしいレシピ作りや記事アップの際に心がけていることは?
うひひさん:ありがとうございます♪ 写真を褒められると一番嬉しいです♪
私たち夫婦、食べ歩きも大好きなので一緒に行ったお店で食べた味を再現してみたり、お料理本や雑誌を見てちょっぴり私らしくアレンジしたりと、お料理することは好きでした。でも、毎日の献立を考えるのは行き詰ったりもします(笑)。そんなころにブログをはじめて、一眼レフで写真を撮るようになったら…、料理をする楽しみがぐんと広がりましたね。
お料理をより美味しく見えるように!と考えるようになり、盛り付けや彩りにも気を使うようになりました…。不思議と美味しそうに撮れるように作っていたら、「お料理の腕も上がったんじゃない?!」と言ってもらえるようになりました(笑)。

また、写真撮影に熱中するあまり、せっかく作った熱々のお料理が冷めてはまずいので、まずカメラの設定をチェックし、テーブルセッティングをしてから作り始めるようにして、出来上がったら速攻で撮って、「いただきます!」となるよう工夫しています。 
晩御飯の献立は、だいたい会社で仕事の合間に考えます(笑:会社の人見ていませんように…)。冷蔵庫に
ある食材を思い出しながら、レシピを考え、盛り付けやどの器を使おうか、どうやって切ったらいいかな…などと思いをめぐらせ、買い物メモや献立メモを作っています。時々、食材や調味料のモニターに参加して、今まで使ったこともないような調味料や食材でレシピを考えることもお料理をする楽しみのひとつですね。

お料理記事の合間におでかけや旅の写真も載せています!
旅やお出かけ先で見た感動や美味しさを思い出に残せたら…と昔から写真を撮るのは好きでしたが、一眼レフにしてからますます好きになりました。腕がなくてもカメラのおかげで時には気に入った写真も撮れますし(笑)。楽しんで撮った写真を褒めていただいたり、一緒に行ったかのように感動していただけるのはほんとに嬉しいことです!

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
うひひさん:夜ベッドに入ってから寝るまでの間に、今日あったいろいろな出来事やたわいもない話をする時間がとても癒されます。あっという間に寝ちゃって、話す暇がない夜もよくありますが…。それからやはり休日の旅やお出かけで非日常を味わう時ですね。美しい景色を見たり、温泉に入ったり、美味しいものを食べる瞬間は「楽しい!」「美味しい!」「感動!」の癒されるひとときです。

c0039735_13494250.jpgエキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている料理や記事、また、読者に評判だった記事や料理は?
うひひさん:★2008-09-19 「自家製なめたけ」 
ブログを始めて間もない頃の記事で写真がまだまだですが、検索ワードに毎月必ず入ってくるのがこの「なめたけ」です。今でも「なめたけ」はしょっちゅう作っています!

★2009-02-13 「牡蠣とルッコラのクリームスパゲティとバーニャカウダ
自分でいうのもなんですが、すっごく美味しく出来たんです! レストランの味の再現がうまくできた感動のお料理です。

★2009-03-25 「ツナとコーンの焼きコロッケ」 
簡単で美味しくできちゃう油で揚げないコロッケです。評判もよく、作ったよ!のレポートもいただきました。

★2009-04-11 「桜とチューリップ♪江川せせらぎ緑道」 
これは主人が撮ってきた写真なんですけど、すごく綺麗に撮れていて感動♪ 私は時期を逃したので来年こそ実物を見に行きたいです!

★2009-04-15 「超簡単!いちごアイスクリーム」 
これはとても評判の良かった自信作です!義母に教えてもらったのですが、簡単だけど美味しすぎるアイスクリームです。今の季節だとパイナップルの缶詰で作る超簡単!すぐにできるパイナップルアイスクリームもすごく美味しいのですが、こちらはいちごほど反響がありませんでした(笑)。

★2009-06-22 「バターチキンカレー」 
これは、トマトソースとチキンマリネを混ぜて作るんだけど本当に美味だったので作ってみて欲しい一品です。夏はやっぱりカレー♪ 多くのコメントもいただきました。

★2009-07-10 「スイス・バイクツーリングでステルビオ峠へ」 
急なつづらおりの道を一緒に走っているような臨場感を味わえた!などの嬉しいコメントをいただきました。バイクの後部座席から命がけ(笑)で撮った写真満載の記事です!

エキサイトブログ編集部:最近、感動したことは?
うひひさん:スイスのすばらしい風景です。6月の終わりから10日間ほどスイスを旅してきたんですが、想像していた以上に楽しかったのです! 夢のように美しい景色やかわいらしい村に出会い、澄んだ空気のにおいや美しい草原のお花や緑の色などに心の底から感動しました。今でも思い出して、ぼんやりすることがあります(笑)。

c0039735_1350217.jpg


エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
うひひさん:スペインリーグに移籍したサッカーの中村俊輔選手のニュースが気になります。
大ファンなんですよ~♪ エスパニョーラで活躍してくれますように・・・遠くから見守りたいと思います。 そのうちバルセロナに応援に行きたいな!

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
うひひさん:訪問してくださる皆様、ホントにありがとうございます。コメントを下さる皆様にはいつもとても励まされます。もちろん見てくださるだけの方も大歓迎です! 
最近旅行で1週間休んだのですが、その間も変わらず訪問してくださった方がいらっしゃって、とても嬉しく感じました。これからも「うひひなまいにち」をどうぞよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【うひひさんが好きなブログ、気になるブログ】

●「ぼんぼんトントン 写真」  
家族ぐるみで仲良くさせていただいているお友達のブログです。カメラのことを色々と教えていただく師匠でもあります!はっとさせられるような写真が素敵なフォトブログ。でもたまにちょっと怖い虫の写真がアップされるので要注意です(笑)。

●「ごはんの時間 ++気まぐれレシピ++」  
Woman excite 『おいしい!』にしょっちゅう掲載される人気ブログです!marronさんのお料理は美しい盛り付け以上に、味もプロ並みに美味しそうなんです!「一度食べてみたい~!」「今日のレシピは何かな~?」と、毎日の更新が楽しみなブログです。

●「**kate’s diary**」 
以前2年ほど住んだことがある西オーストラリアのパース発信のブログです。パースは私にとって心のふるさと。そんな懐かしいパースの様子やkateさんのほんわかしたお人柄があらわれている、私にとって癒しのブログです。

●「おいしいご飯とチーズとワイン♪」  
お野菜たっぷりのヘルシーで美味しそうなお料理&お酒のおつまみ(笑)ブログです。お料理写真もすごく綺麗!それから、たまに載せられるお花や自然の綺麗な写真もとっても楽しみなブログです。

●「***life is beautiful***」  
かわいいコロスケの写真とカラフルで鮮やかなお花や風景の写真が美しいフォトブログです。なんといってもコロスケが可愛くて~!ふあんふあんのコロスケのファンなんです~!

ここでは5つだけ選んだのですが、他にも好きなブログがたくさんあって毎日の訪問が楽しみです!



【うひひさんのライフログ】

Marine Diving (マリンダイビング) 2009年 08月号 [雑誌]

水中造形センター


海の中の写真やダイビング情報満載で、最近なかなか行けなくなってしまった南の島や海中のカラフルな珊瑚などに想いを馳せています。今度海に潜ったら水中写真も撮ってみたい!

ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]

パイオニアLDC


かなり昔に見た作品ですが、どんな境遇にあってもポジティブでいると道が開けるんだ、とじーんと心に残った感動の映画でした。

ドナウの旅人〈上〉 (新潮文庫)

宮本 輝 / 新潮社


宮本輝さんの作品は、昔友人に「面白いから読んでみな」と薦められてから、けっこう読みました。
どの本も心に残るものばかりなんですよ。最近ヨーロッパを旅したのでこのタイトルを思い出しました。
これを機にもう一回読んでみようかなぁ~。

うひひさんの「うひひなまいにち」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-07-30 00:11

c0039735_15404671.jpg雲の切れ間から差し込む光や燃えるような夕陽、神秘的で吸い込まれそうになる星空や夜明け前の深き青空…。
眺めているだけで時が止まったようにくぎづけになってしまったり、背筋がぞくぞくする感動を覚えたり…。そんな地球の息吹を感じるような風景写真をはじめ、旅先で撮った心をとらえる写真の数々に、元気をもらう読者が多いはず。
そのときどきの思いや自分を振り返りながら本音で語る文章からは、とても前向きでピュアな人柄が伝わります。
今週は、今生きているご自身の貴重な体験を振り返りながら、見ている人に勇気や元気を伝えたいと語るフォトグラファー、「エンゾの写真館 with Keep On Driving!」のエンゾさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
エンゾさん:こちらこそいつもありがとうございます。
きっかけは単純で、友人がブログをやっておりまして。それを見て「面白そうだなぁ…」と思い、自分でも始めてみました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
エンゾさん:その時僕が感じた地球の息遣いを撮った風景や、日常の中で「あぁ…いいなぁ」と感じた風景、そしてクラッシックカーや街で出会ったクルマのグッと来る瞬間を捉えたもの。また好評の、もう1つの地球を閉じ込めて撮るガラスの林檎シリーズなどを中心とした写真ブログです。UPされている写真に、撮ったときどんなことを思いながらシャッターを切ったのかというキャプションと撮影データを添えて、一枚の記事にしています。
文章の内容は、フォトグラファーに転身してしまった男の悪戦苦闘日記!といいましょうか(笑)。たまにつらつらと書いている、くすぶり続けているフォトグラファーのぼやきです。
ちょっと仕事が入ると小躍りして喜び、仕事がないと沈んでゆくという、あまりにも単純な精神構造をもつ男の雑記帳という感じのブログです(笑)。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
エンゾさん:ブログを通して得たものは…、やはり「仲間」ですね。
職業や肩書きなど関係ないところでつき合ってゆける仲間や、素晴らしい人々との出会いを得ることができました。
今でもしょっちゅう電話をしたり、一緒に写真を撮りに行ったりする仲間ができたり・・・。フォトグラファーとして迷った時、いつでも相談に乗ってくださる師匠との出会いも、ブログのつながりからでした。
ブログを通して得たものはとても大きいものですね。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
エンゾさん:いろいろな意味で「気軽」なところだと思います。運営する側は更新したい時に更新、「節度をもって」という前提もありますが、好きなことを書けるし、何よりも自分の「歩み」みたいなものがそこに記されて、いつでも気軽に振り返ることができるところじゃないかなと思いますね。
また、見る側としては、ふだん決して知り合うことのないような人であっても、コメントしたければコメントできるし、そういった方の人となりを垣間見ることができたり。
僕は写真が好きなので、写真ブログを運営なさっている方々の目線を通した「今」を見ることができ、とても楽しませてもらっています。
それは、難しい操作など必要なく、リンクをクリックするだけで気軽にいろいろな方々のところへ飛んでゆくことができる、そういった気軽さみたいなものがブログの良さなのではないかとおもっています。

ただ、気軽さという点で、エキサイトさんにお願いがあります。ブログはとても気軽でいいのですが、ブログでUPしている画像を他の人に勝手に使われていることがあるんです。つい先日は、ある方がUPロードしたユーチューブの動画に、なんとサムネイルとして僕の作品が使われていたり。以前はスーパーのチラシにも使われていました・・・。そこで、画像を落とせないようにプロテクトする機能をぜひとも追加してもらえるとうれしいです。

c0039735_15381215.jpg


エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
エンゾさん:自分のことって、結構わらないんですよね(笑)。
見た目は痩せててひょろひょろしてて・・、・なんだか即身仏みたいな感じなんですが。
わりとよく言われるのが・・・変わり者って言われます。自分ではそうは思わないのですが(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
エンゾさん:これまで、何人かのブロガーの方とお会いしてきました。
例えば、今は師匠として尊敬しております「from our Diary MASH 『写真は楽しく!』」のMASH Bossさんですとか、
北海道の奇人・・・いやいや天才フォトグラファー「Magnum Yoda Photography」のMagnum Yodaさんですとか、
ワルテルとソーラと小説家」のWalterbさんですとか。
あと、他のブログサービスになってしまいますが、「burg ism」のburgさんなどお会いさせていただいています。
また、こうした皆様の中では、結構共通の知人、友人として話題に出てくる方がいまして、「写真家相原正明のつれづれフォトブログ」のmasabikeさんや、「Capucci-photo」のCapucci-mmさん、「タスマニアで生きる人たち」のsomashionaさんが話題にのぼってきます。
このお三方とは、ぜひお会いしてみたいなぁ・・・と、思っています。
それと、この方も!「グリフィンドールに10点」と「TOTOTO CLUB」の両方を運営されているkelbinさん! この方のギャグセンスがツボなんですよ!

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
エンゾさん:やっぱり「写真」になってしまいますねぇ・・・。
好きなことを仕事にしてしまって、逃げ道がないので辛い時もあります。
他に趣味が持てればいいのですが、なかなかそういうわけにもいかず・・・。四六時中写真のことを考えています。

エキサイトブログ編集部:夢は?
エンゾさん:世界的に有名なフォトグラファー!!(…うそうそ…言ってみただけです)
でも、夢は大きく(笑)世界中を飛び回り、写真を撮り、そして発表してゆく…。
そんなことを夢見ています。あくまで夢ですから、言わせてくださいね。

c0039735_15372093.jpg


エキサイトブログ編集部:感動するような美しい夕日や星空、各地で見た風景など、心に残る写真が魅力的ですが、エンゾさんにとって、写真を撮る楽しみ、どんな写真が撮れたときに喜びを感じますか?
エンゾさん:ちょっと長くなりますが、ここはグッとまじめに答えてしまいます!
写真を撮る楽しみや喜びを感じる時…。一つには、地球という大いなる生き物の神々しさを納められたとき…でしょうか。この地球で生きるすべての生き物は、地球のルールに沿って生き、暮らしている。その地球の神々しさを感じることのできる一枚が撮れたとき、カメラを手にしていて良かった…という気になります。そしてもう一つは、見てくださる方が「見てよかったなぁ…」と思ってくださる一枚が撮れていたときですね。
それには理由があります。

僕はある夏の夜…奇しくも誕生日前日に、大きな交通事故で心肺停止し、生命が一度停止しました。そして、誕生日に再び生を受けたのです。
その時、体にはさまざまなダメージを受け、顔も腫上がり、醜い姿をしていました。入院中は、他の患者さんの見舞い客に好奇の眼で見られ…差別ではなく、「区別」されている自分を感じました。
そんな僕を和らげてくれたのが、入院していた病院に飾られていた写真や絵だったんです。
その病院の壁には、至るところに絵や写真が飾られていて…その写真や絵を、僕は真夜中誰もいなくなったときに、車椅子でゆっくりゆっくり見て回るのが好きでした。
誰からも自分を好奇の眼で見られることのない、深夜の病院…。少し救われる時間でした。
その後、僕は退院すると家に閉じこもりました。「誰にも会いたくない…」という気持ちでした。

そんな中、友人が一台の小さな小さなコンパクトデジタルカメラを手渡してくれました。最初は、家の中のものだけを撮って遊んでいましたが、だんだんと外のものも撮りたくなってきて…。でも、この醜い姿…。
「そうだ!誰もいない夜に出かければいいんだ!」そう思い立って、僕は夜の公園や街に出かけて行きました。夜の闇は、醜く腫上がった顔を隠してくれます。悲しい姿を隠してくれます。
「人目を気にしなくていいんだ」と思ったら、撮ることがだんだん楽しくなってゆきました。
写真を撮るのは初めてではなかったとはいえ、だいぶブランクが開いていたので、それがまた新鮮で楽しさを膨らませてくれました。
それから、長い年月がかかったものの、怪我も徐々に…、本当に徐々にでしたが回復してゆき、とうとう僕はデジタル一眼レフを手にすることになりました。(今考えると、そこから本格的な作品作りを始めたと言えます)

デジタル一眼レフはコンパクトデジタルに比べ、撮るものの幅を広げてくれます。僕は海へ、山へ…いろいろな場所へでかけて行くことにしました。
写真を撮るために体力を戻そうと、トレーニングを始めました。怪我をした直後は46キロまで落ちていた体重も、少しづつ元に戻ってきました。
その頃でしょうか、ブログを始めたのは。撮った写真を見てくれる人が出てきました。僕の撮った拙い写真で、「元気が出てきました…」そういってくださる方が出てきました。
「あぁ…ありがたいな、僕の写真を見て元気を出ししてくださるんだ、ありがたい・・・」
そう思って、また撮りに出かけました。そして、気が付いたんです。「あ…、僕にできることがあるじゃないか。僕も写真で救われたように、僕の写真で元気が出てくださる方がいるなら撮り続けよう」そう思いました。
それ以来、僕はこの「見てくださる方のために」ということを軸に置いています。

エキサイトブログ編集部:また、自分らしい写真を撮ろうと心がけていることやこだわりなどがあれば…
エンゾさん:それから写真の深い世界にはまって行き・・・、趣味だった写真はいつしか仕事に変わってゆきました。
今は、仕事の写真は仕事の写真として、依頼内容と使用用途に合わせた撮り方をしていますが、基本的に「自分らしく撮る」ということは変えずにシャッターを切っています。
ただ、仕事で撮ったものと自分の作品として撮ったものとでは、その「自分らしさ」の配分が違います。
仕事写真は、あくまでも「クライエント様のために撮るもの」です。
しかし、自分の作品は「自分らしさ丸出し」で勝負しなければ、見てくださる方にも失礼ですし、また、そういったものが求められる世界だと思っています。
ブログではさまざまな制限があるため、UPできるものが限られてしまいますが、なるべくそういった「自分らしいもの」をUPし、かつ見てくださる皆様が楽しんでいただける記事作りをしてゆきたいな…と思っています。

c0039735_15384888.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
エンゾさん:ぼ~っとしている時間ですね(笑)。
普段からぼ~っとはしているんですが、何も考えないという時間を大切にしたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中で、ご自身が気に入っている記事や思い出深いある記事といえば? また、読者に評判だった記事は?
エンゾさん:ウチのブログはあまりコメントが着かないので(笑)好評だったかどうかわからないのですが
自分的には、2009年5月26日の記事で「ローカル線のような・・・」と言う記事。これは、あるメーカー様に納品する写真を過去画像の中から選んでいる時にUPしたものでした。このメーカー様との仕事は、フォトグラファーの僕にとって大きな仕事になるものでしたので画像を選びながら感慨深くなっていました。
写真の世界では決してエリートとは言えない自分が、ようやくこういった仕事をいただけるようになったんだなぁ…と。そう思ってフト、今まで撮った写真や、過去のブログ記事で振り返って見たくなった。
そんな思いが詰まった記事でした。

・2009年6月26日の「光あれ・・・」と言う記事と同年6月28日の「ふたり・・・I LOVE YOU慈しむ時の中で」の続き記事。
病に倒れ、現在リハビリに励む写真仲間に向けた写真でした。
また、「光あれ・・・」は、リハビリに励む写真仲間のほかにも、今現在困難な事に向かっている仲間やブログを見て下さっている困難な状況に陥っている方にエールを込めてUPした記事でした。
何も出来ない自分ですが写真で何かできれば…そんな思いを込めた一枚でした。

最後に、2007年8月25日の「ニコンカレンダーに採用されました」と言う記事です。
最後に、「ニコンカレンダーに採用されました」は、自分にとってのターニングポイントになった一枚「山の力 無言の力」が結果を出した事を報告させていただいた記事でした。
この一枚は、僕のフォトグラファー人生にとって大きな一枚になりました。
その事をこれまで応援してくださった皆様へご報告と感謝を述べることができた思い出深い記事になりました。

c0039735_15393461.jpg


エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
エンゾさん:体がもう一つ欲しいです・・・もう、一人でいろいろやるのに限界を感じています(笑)。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
エンゾさん:なんといっても国会の動きです!
今、日本が揺れていますし、我々国民はそれをどう受け止めてゆくべきなのか・・・目が離せません。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
エンゾさん:いつもありがとうございます。
この記事を読んでも嫌いにならないでくださいね(笑)。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【エンゾさんが好きなブログ、気になるブログ】

●「from our Diary MASH 『写真は楽しく!』」
僕の師匠のブログです。プロフォトグラファーの世界をのぞくことが出来ます!

●「Magnum Yoda Photography
北海道の写真仲間が、病気と戦いながら更新しています。写真のこともいろいろ詳しく解説してくれています。

●「ワルテルとソーラと小説家
僕も大好き、かわいいワルテル、ソーラの写真日記!コメントを書くとワルテルかソーラが可愛くお返事をしてくれます。

●「グリフィンドールに10点
この方の投げやりなギャグセンスが最高に笑えます!ハマッたらもう抜け出れません!

●「burg ism」 
写真に対して真っ直ぐで真摯な友人が綴る写真ブログです。長く撮り続けている湘南シリーズは必見です!



【エンゾさんのライフログ】

HANABI

Mr.Children / TOY'S FACTORY Inc.(VAP)(M)


最近、ハマっている曲はMrチルドレンのHANABIという曲です。
曲の中にある「誰もみな問題を抱えている だけど素敵な明日を願っている」という一節が好きで、しょっちゅう聴いています。

エンゾさんの「エンゾの写真館 with Keep On Driving!」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-07-21 17:57

c0039735_16583025.jpgあどけないしぐさや眼差しがなんともかわいいレッサーパンダやリス、猫をはじめ、ひょうきんなシロクマやパンダなど……。見ているだけで癒される愛らしい動物写真を、いつもやさしい視線で撮り続けるブロガーさんとして人気の「ryonouske's Animal Gallery」のryonouskeさん。
2008年10月のピックアップブロガーにも登場していただきましたが、その後もカメラ雑誌などでもますます注目度が高まり、つい先日の6月29日には、YOSHIKO YAMASITAさんのお名前で猫写真だけを集めた写真集を出されました。そのお祝いに、今回は出版特別インタビューと題し、ryonouskeさんこと、YOSHIKO YAMASHITAさんに再び登場していただき、出版にまつわる話やブログを通じてますます増えた楽しみなどを語っていただきました。

エキサイトブログ編集部:エキサイトブログ編集部:昨年のピックアップブロガーでご登場いただき、その後もますます読者の注目を集めていらっしゃいますが、まずはryonouskeさんのご近況を…。
ryonouskeさん:前回「ピックアップブロガー」で掲載していただいた翌年、ついに念願だった海外撮影(カナダ)へ出かけてきました。カナダのタテゴトあざらしにどうしても逢いたくなって、パスポートをとってなんと一人旅!
今年は海外サイトで写真の販売や雑誌の表紙、エキサイトシーズンコンテンツ「花火特集2009」での取材など、新しいことにもたくさん挑戦するチャンスに恵まれ、あっという間の半年が過ぎてしまったなという感じがしています。

エキサイトブログ編集部:ブログでも時々登場する猫ちゃん、そして、もうひとつのブログ「ねこすみさんちの仔猫ちゃんたち」の猫ちゃんが『Dear』という写真集になって発売されましたが、書籍化のいきさつや今の心境は?
ryonouskeさん:偶然書店で手にとった公募ガイドの中に「本を出したい人のための5つのコンテスト」という文芸社ビジュアルアートのコンテスト募集があり、「ryonouske's Animal Gallery」と別館の「ねこすみさんちの仔猫ちゃんたち」から自分が気に入っているショットを何枚か選んで応募してみたのがきっかけです。
翌年、担当者の方から「写真部門で最優秀賞受賞」の連絡と「写真集を出版させていただきたい」というサプライズなお話をいただきました。それからあっという間に一年が経過し、ようやく出版が現実のものとなりました。
今の心境はやっぱりうれしいです。でもこれからが大変なのかな?なんて思ったりしています。

c0039735_1705940.jpgエキサイトブログ編集部:『Dear』はどんな本に仕上がってらっしゃるのでしょうか?
ryonouskeさん:2006年より茅ヶ崎にある猫カフェ「ねこのすみか」さんのお店でオープン当初から撮り続けたものを一冊にまとめました。「Dear」では数多くの中から55匹の仔猫が登場しています。どのコも愛くるしい姿なので、きっとし幸せな時間を約束してくれる一冊になったと思っています。ブログ「ねこすみさんちの仔猫ちゃんたち」では“今日の一枚″として一枚ずつ更新中ですが、写真集の中にはここだけ限定のオリジナルショットも数点加えました。

エキサイトブログ編集部:今回書籍化するにあたり、苦労されたことも楽しいこともあったと思いますが、どんな点がいちばんやりがいがありましたか。
ryonouskeさん:編集、デザイナー、印刷会社の方、いろんな方のバックアップをいただいて誕生することのできた「Dear」。今はちょっぴり私の手元から離れてしまったけれど、無事完成することができてひと安心しています。やりがいという実感はあまりピンときませんが、手にとってくださった方に末永く可愛がっていただけると私自身も今後の励みになります。

エキサイトブログ編集部:ブログを本にする際、いちばん“自分らしさ”を出すために、こだわった点は?
ryonouskeさん:こだわりというか、純粋に「かわいい~」と和んでいただけるような写真を選びました。撮影している私自身がとても癒されたので、そんな思いがみなさんにも伝わればいいなと思っています。

エキサイトブログ編集部:読者のみなさんにはどんな点を楽しんでもらいたいですか?
ryonouskeさん:気軽にパラパラとめくっていただきたいです。癒し系ですから(笑) 。
A5変型の小さなサイズの写真集なので、鞄に入れてどこにでも連れていって欲しいです。
また満員電車の中でもきっと癒されると思っています。

エキサイトブログ編集部:本にも収めたお気に入りの写真というと、どんなのがありますか?
ryonouskeさん:なかなか選びきれないのですが(苦笑)。
手にとってくださった方から感想いただき、人気が高かった3枚を選んでみました(イメージ用として記事内↑↓に3点掲載しています)。
c0039735_1702310.jpg


エキサイトブログ編集部:改めて、ryonouskeさんにとって、動物写真を撮る楽しみは? なかでも、猫を撮る楽しみは? 今回のような写真集を作る上での楽しみについてもお答えください。
ryonouskeさん:いつもどうぶつたちと向き合う時間は真剣そのもの!なぜか最近は無意識のうちに息をとめてシャッターきっていることが多いです(苦笑)。
仔猫撮影では予想不能な動きや愛くるしい姿をたくさん見せてくれるので、つい気持ちが舞い上がってしまい、面白い瞬間を見逃してしまうことが多々あります。でもそれがまた楽しくて、繰り返しシャッターを切るのがとても心地よいです。

今回の写真集は私ひとりでというより編集の方と一緒に相談しながら決めていくことが多かったです。たとえばタイトル・ページの構成・写真の大きさ・仔猫たちが登場する順番や全体的な流れなど。完成間近くになっていくと、どんな風に仕上がっていくのかと期待と楽しみの連続でした。
コラボという表現があっているかどうかわかりませんが、ひとつの作品が編集者やデザイナーの方たちと力を合わせて完成してく写真集はこれまで経験したことのない楽しみがありました。

エキサイトブログ編集部:ブログを続けていて、改めて楽しみが増えた点や良かったなと思うこと。広がった出会いや人間関係などは?
ryonouskeさん:表紙の写真を決めるのにかなり悩んでいました。そこで10点のお気に入りをブログ上でエントリーして、「どれが好み?」というタイトルでご覧いただていている方に投票していただきました。
c0039735_1781987.jpg

それまでなかそれまでなか決められずにいましたが、たくさんの貴重な感想を聞くことができ、ここでも多くの方にもお世話になりました。
投票もそうなのですが、発信した後、反応がいただけるのはとてもありがたいです。写真集が完成してからは多くの方から個々のブログで写真集の紹介をしていただきました。知らない人同士でもブログの輪つながりで「Dear」のことを知っていただけるのは、関心を持って手にとっていただけるきっかけにもつながってくれるものだと信じています。

また交流あるブローガさんのおひとりでブログ「動物園訪問日記・花・いのちあるもの」のサイトの管理者でもあるリリーさんが、この度、写真集「Dear」のスライドショーを作ってくださいました。可愛いスライドショーになっています。ぜひこちらもご覧いただけると嬉しいです。

c0039735_1704237.jpgエキサイトブログ編集部:2009年の目標やこれからの夢は?
ryonouskeさん:今後も命の絆や、可愛い赤ちゃんなどテーマに自分のペースでのんびり撮影を続けていきたいです。また機会があれば、今後は公募の写真展などにも出品する!というのも夢のひとつにあります。

エキサイトブログ編集部:ryonouskeさんにとって幸せを感じることは?
ryonouskeさん:夢中でシャッターきっている瞬間が私にとって最も幸せな時間です

エキサイトブログ編集部:もしベストセラー作家になったら…まず何をしたいですか?
ryonouskeさん:また続編を作ってみたいです。あと多くのパンダにも逢いにいきたいです(笑)。

エキサイトブログ編集部:最後に、あらためて読者のみなさんにメッセージをお願いします。
ryonouskeさん:最後まで読んでくださった皆様ありがとうございます。
すでに写真集を手にとってくださった方には、「Dear」を末永く可愛いがっていただけることを願っています。
また、これから…という方は、どんな仔猫たちが待っているのか、ぜひ楽しみにしてページをめくってみてくださいね。いろんな感想を聞けることを心から楽しみにしています。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【ryonouskeさんの写真集】

c0039735_16363415.jpgDear
著者:山下 良子
発売:文芸社ビジュアルアート
好評発売中




ryonouskeさんのブログ「ryonouske's Animal Gallery」を読んでみましょう。


2008年10月のピックアップブロガーの記事はこちら。
[PR]
by blog_editor | 2009-07-15 17:10

c0039735_1411859.jpgお気に入りの家具や雑貨に囲まれたインテリアの中で、快適に暮らせたら…うれしいですよね。
だからといって、高い費用はかけたくないし……。
そんな発想から生まれた手作り家具やリフォーム雑貨は、どれもおしゃれで素敵なアイディアがいっぱい。
キッチン家具やイスをはじめ、ちょっとした小物入れや収納箱など、手ごろな安心価格で買ったものを自分らしくアレンジ。
シンプルながら使い勝手もよくて、見栄えのするリフォーム作品の数々に、「工夫次第で、こんなおしゃれなものができちゃうの!?」「目からウロコです!」と読者からも大好評。
なんともいえずあたたかみのあるブラウン&ベージュ系で統一したインテリアは、まるでインテリア雑誌に出てくるような雰囲気があり、目の保養にもなります。

今週は、そんなインテリアの楽しみ方や快適に暮らすコツを伝えてくれる「身の丈プライスインテリあん。」の「あん。」さんに登場していただきました。

編集部:エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
あん。さん:こちらこそ!楽しい時間を過ごさせていただいてます。ありがとうございます!!
わたしのブログスタートのきっかけは、「同じ趣味の方を見つけたかったから」なんです。わたし、大好きな家具屋さんがあるんですけどね。その家具屋さんの家具や雑貨を使っている方のインテリアをブログなどで見れたらいいなーと思って、ずっと探していたんです。でもなかなか見つけられなくって…、それならば自分から「わたし、この家具屋さんが大好きなんですけど、同じように好きな方いらっしゃいませんか?」と発信してしまおう!って思ったんです。人探し、から始まったブログですね(笑)。

編集部:エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
あん。さん:身の丈にあった無理のない金額で、インテリアや日々の生活を楽しみたいと思っている、「あん。」という専業主婦のブログです。
先ほど書きました「大好きな家具屋さん」の家具や雑貨に囲まれた生活を送りたい!という理想があるのですが、現実なかなかそうはいかないものでして(笑)。育ち盛りの子どもがいる現状、そしてこの不景気。他にもいろんな事情であきらめてしまいそうになる自分の理想…。でも、あきらめてなるものかッ!と奮闘し、近くのホームセンターや100円ショップで安く購入した材料を使って簡単な家具を作ったり、100円ショップ商品を自分好みのインテリア小物や生活雑貨にリメイクしてみたり。着なくなった服を有効利用して椅子の座面クッションなどを作ったり…と、自分のできる範囲で、工夫しながらインテリアを楽しんでいます。

ほかにも、収納のこと、日用雑貨のこと、大好きなグリーンのこと、庭づくりのこと、子どもとの生活スタイル、普段着のことなど、わたしの生活スタイルをいろいろ綴っています。読者のみなさまに「そうそう!うちもそうなの~」とか「わ!これいいね!」など共感していただけることがありましたら、とてもうれしいなーと思っています!

編集部:エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?  ブログのよさは?
あん。さん:ブログを始めるきっかけとなった「同じ趣味の方」を見つけることができました! とてもうれしいことです! そして、「アドバイスをして下さる方」にもめぐまれました!!
わたしが何かを作ったり、リメイクしている記事を載せると、「こんな道具もあるよー」とか「こうしてみたらいいんじゃない?」などコメント下さる方がたくさん! おかげで、初めて手にする道具や技を知ることができました! とてもありがたいことだと思っています。知識が広がる、世界が広がる…、これがブログの良さだなーと思います。

c0039735_16143963.jpg編集部:エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
あん。さん:何事においてもいいかげんな人です。ブログ文章内にもちょくちょく出てきますが、「まいっか~」とか「いいのいいの、こんなんで~」というセリフを毎日言ってます(笑)。このいいかげんさ、周りの人に迷惑かけっぱなしです。この場を借りておわびを。

編集部:エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
あん。さん:人と話すことがものすごく苦手なので、「会うだなんて、ムリムリムリ―!」という気持ちが先走ってしまうのですが…。もしわたしがおしゃべり上手だったならば、会ってみたいなと思う方、いますよ。誰なのかは恥ずかしいので秘密ってことで(笑)。

編集部:エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
あん。さん:カーキ色のモノにハマりすぎてます。服を選ぶにしてもまずカーキ色のものに目がいってしまったり、雑貨や家具をカーキ色に塗りかえたくってたまらなかったり…。ちょっと重症です(笑)。

編集部:エキサイトブログ編集部:夢は?
あん。さん:でっかい夢がありますけど、はずかしいので内緒です(笑)。
ささやかなことなら…、熊本県の阿蘇にある「カドリー・ドミニオン」という動物園(?)にいるチンパンジーのパンくんに会って、ムギュ―――ってしたいです!!!テレビでパンくんを見て、大ファンになったんですよォ!

編集部:エキサイトブログ編集部:リフォームや手作りのアイディアがいっぱいで、楽しく暮らすコツなどが伝わってきますが、自分らしいリフォーム&物作りのきっかけや楽しさは? また、記事アップの際のこだわりなどがあれば…。
あん。さん:わたしの両親が手作りが大好きな人たちでして…。ちょっとした家具や庭のウッドデッキなど、ほかにもいろいろな物を作っています。洋服も母が作ってくれてました。
そんな様子を小さいころからずっと見てきたせいでしょうか。いつの間にかわたしの中で「売ってないもの、気に入らないもの=自分で作る、作りかえる」という方程式が出来上がっていたんです。私も結婚してすぐ、部屋の壁をペンキで塗りかえたのを機にいろんなものに挑戦するようになりました。

最近はただ作ったりリメイクするだけでなく「いかに安価で作り上げるか?!」ということに燃えるようになりました!安価にするためには、考えて、試してみて、さらに考えて…とすごく頭を使うんですよー。インテリアをあれこれ考えるのは、まさに脳のトレーニングだと思っています! わたしにとって、手作りすること、リメイクすることは暮らしに欠かせないことです。大好きな家具屋さんの雰囲気を参考にさせていただきながら構想を練ったり、材料を探したりすることは本当に楽しいです!

ブログアップのこだわり、ありますよ!「色の統一感」をすごく大事にしています。実はわたしは画素数の低いデジカメしか持っていないのでどうしても写真がきれいに出せないんです。そこで、弱点をカバーするために「ブログ全体の色を統一する」というルールを決めました。写真の風景やモノ、文字の色、ブログスキンなどを「茶色、ベ-ジュ、モスグリ-ン、黒など」自分が決めた数種類の色のものだけ選んでアップする…そうすればブログ全体がまとまって、それなりのものになるんじゃないかなーって思ったんです。…と言ってもこれがなかなか難しいんですけどね(笑)まだまだ力不足です。

c0039735_14124049.jpg


編集部:エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
あん。さん:大事にしているのは睡眠時間です。寝不足だと「何か作ろう!」という気力も、アイデアもぜんぜん出なくなっちゃうんです。ちなみに癒される時間、というのも寝る前にベットにパフーってなった時です(笑)。

編集部:エキサイトブログ編集部:数ある記事の中で、ご自身が気に入っている記事や思い出深いある記事といえば? また、読者に評判だった記事は?
あん。さん:★「アイロンマットを作る。
「作ってよかったー」って今でも思います。アイロン掛けがちょっとは好きになりました。

★「うがい薬を入れ替える。
これがジャストフィットした時はガッツポーズでした!

★「トイレのごみ箱に。
実はまだリメイクできていないんですが・・・これがピッタリはまった時は思わず笑ってしまいました。

★「スツールカバー、完成。
自分で作ったものの中で一番気に入ってる作品です。

★「寝室。
寝室には避難のための靴を置いています、という記事に共感のお声をたくさんいただきました。とても思い出深い記事です。

c0039735_1413395.jpg


編集部:エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
あん。さん:もうすこし家計にゆとりが欲しいです。かなり苦しいので(笑)。

編集部:エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
あん。さん:新型インフルエンザです。わたしの家族はまだ感染していませんし、周囲でも聞いていませんが、新聞などで見る感染者の方やご家族の苦しみを考えると辛くて辛くてたまらなくなります。そして新型インフルエンザの影響による企業の倒産、というニュースにも胸を締め付けられます。

編集部:エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
あん。さん:見て下さってありがとうございます!! コメントをくださったり、ランキングの応援もしてくださっている皆さまには本当に感謝の気持ちでいっぱいです! 皆さまが支えて下さっているからこそ、続けられているブログだと心底思っています。これからもがんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【あん。さんが好きなブログ、気になるブログ】

お話しさせていただいたことのない方もいらっしゃいますのに、いきなり紹介してすみません。

●「LIFE DIARY」 
イタリアンフードのお店のブログです。お料理はもちろんのこと、お店の内装や飾ってある雑貨、グリーンなどがすごくカッコいいんです! 残念ながらお店に行ったことはないのですがいつか行ってみたいお店です。

●「PEACE 日記!!
LIFEと同じく、おみせの様子に興味深々です。

●「インテリアとハンドメイドと。
インテリアや手作りに熱い思いをもっているpupucaちゃんのブログです。おおおー!!と思わずうなってしまうことがたくさんあります!

●「leaf*leaf
いつもこっそりお邪魔して「ふふふ」と笑わせていただいてます。素敵なお庭やインテリアに感動の、大好きなブログです。

●「含み笑いのカフェ飯本『syunkon』
使ってらっしゃる器がどんぴしゃに好きなんです! とってもおいしそうなカフェ飯を「どこにでもある材料でできるだけ安く…」というコメントに親近感!  



【あん。さんのライフログ】

家具をつくる、店をつくる。そんな毎日。 -MAKING TRUCK-

TRUCK FURNITURE / アスペクト



大好きな家具屋さんの本です。わたしの宝物です。


あん。さんの「身の丈プライスインテリあん。」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-07-08 18:54

c0039735_1919241.jpg森や里山に朝日が差し込めるころから姿を見せる野性の鳥たち。四季折々に変わる美しい自然の中で、愛らしい姿を見せるカワセミやモズ、コマドリなどをはじめ、森の番人のようなふくろう、羽ばたく姿がかっこいいイヌワシなど。都会ではなかなか見られない野鳥たちがいっぱい。
春は桜や菜の花などと一緒に、新緑の季節や夏はきれいな緑を背景に。また、秋は紅葉、冬は雪景色の中にたたずむ鳥たちなど、鳥の住む美しい環境を伝える写真は、見ているだけで心が癒されます。
今週は、そんな野鳥のいる風景を撮り続ける、「カワセミkokotonのブログ」のkokoton_kawasemiさんこと、kokotonPAPA&kokotonMAMAさんのおふたりに登場していただきました。

編集部:エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
kokoton_kawasemiさん:こちらこそ利用させていただき、ありがとうございます。kokotonPAPAとkokotonMAMAです。
当初はHPだけ運営していて、その中のGarellyに写真をアップしていたんです。でももっと簡単に、そして読者からの感想などももらえたら嬉しいなぁ、なんて思いまして。当時流行り始めていたブログにしようと、'05年の2月から「カワセミkokotonのブログ」を立ち上げました。(以下、kokotonPAPAさんとkokotonMAMAさんの回答になります)

編集部:エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
kokotonPAPAさん:野鳥好きの私kokotonPAPAとパートナーkokotonMAMAが撮った野鳥の写真を紹介しているブログです。
鳥の写真ですから、バードウォッチングされていらっしゃる方はともかく、普通の方だと興味ないこともあるかもしれません。ページを開けたら、写真の真ん中に鳥がド~ンとあって、「こりゃなんだ?! はい、パス」なんてことも…ね。でも、そう思われないよう、目指すのは特に野鳥に興味のない方でも見て楽しいページと写真ですね!
kokotonMAMAさん:kokotonPAPAはちょっと偉そうに言ってますが(笑)、自然の中の鳥っていう感じで、鳥だけじゃなく、鳥のいる環境が、読者のみなさんに気持ち良く伝わるブログになるといいなと思っています。

c0039735_10473320.jpg


編集部:エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?  ブログのよさは?
kokotonMAMAさん:ブログでコメントなどをいただいて、現地でお会いしたりして、新しい友達関係が出来ることが楽しいですね。逆に、現地でお会いし後、ブログにコメントをいただくということもあります。
kokotonPAPAさん:そう、ブログ絡みの新しい友達つながり。現地でご挨拶したら、「ブログ、見てますよ」と言われて驚いたり、嬉しかったりします。そこから話も盛り上がるし、おつきあいも続いて行ったりしますね。
 
編集部:エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
kokotonPAPAさん:変ってる人?! でも、とりあえずは人当たりは良いと思うんだけど。若ぶっている変なおじさんという噂も(笑)。
kokotonMAMAさん:そうですね、まぁ凝り性っていうところかな。でも、私のほうがけっこう新しモノ好きの実行型だったりするかも…。

編集部:エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
kokotonPAPAさん:お会いしている方々は、みなさんイイ人。撮影時にお会いして、お互いのブログを知った方も、その逆もね。ブログだけのおつきあいの皆さんとも、どこかでバッタリお会いできると嬉しいですね。
kokotonMAMAさん:北海道や、九州のブロガーの方にお会いしてみたいですね。北海道へは良く行くけど、ブロガーの方とはまだお会いしていないので、ぜひお会いしたいな~と思います。

編集部:エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
kokotonPAPAさん:道具とかにすぐハマる? これが好きで野鳥撮影もやってるかも(笑)。カメラもレンズもひと通り揃ったけど、次は、車かぁ?

編集部:エキサイトブログ編集部:夢は?
kokotonPAPAさん:この趣味の延長線で行けば、動物写真を撮りたいなと思ってます。ポーラーベアー、エアーシャーク、キングコブラ、とかね。鳥から、もっと自然の世界を広げたい。ワクワクしながら撮影したいし、そんな写真を伝えたい。夢はナショジオ(ナショナルジオグラフィック)のカメラマン?!(笑)
kokotonMAMAさん:そうですね、集中して長期間の撮影とかができるといいですね。いっそのこと、世界各地の撮影地へ住んじゃうとかね(笑)。たとえば、ポーラーベアの撮影だったら北極圏ですし、エアーシャークでしたら南半球の島とか…、ちょっと無茶かな。でも、自然の中に自分を置いて、自然体で対峙したいなというのは夢ですね。

c0039735_10475494.jpg


編集部:エキサイトブログ編集部:都心ではなかなか見られない野鳥の写真が魅力的ですが、野鳥を撮るようになったきっかけや、野鳥撮りの魅力は? また、撮影はどんなふうにされているか、自分たちらしい写真を撮るこだわりなどがあれば…。
kokotonPAPAさん:写真歴は長いけど、野鳥を撮り始めたのはまだ5年くらいです。それまではスポーツ写真とかを撮ってて、ある日、突如として「カワセミを撮ろう!」って思ったんです。たまには違ったものを撮ろうかといった軽い感じだったので、最初はカワセミがどんな鳥かも知らず、水面すれすれを飛ぶツバメを見て「あれ、カワセミ?」なんて感じだったんです(笑)。
そこから私の野鳥写真がスタートしましたが、今ではすっかりハマってしまいました。
鳥の写真はその種類よりも、いかに自然の中での鳥を撮るか、を大事にしていますね。鳥のいる自然とか、その場の環境とかがみなさんにも伝わると良いなぁと思ってます。
kokotonMAMAさん:野鳥撮影の楽しみ…といえば、だれもいない山の中とかで、早朝から静かに待つ時間はいいですね。シーンという音が聞こえるような感じの。待っても鳥が来ないことも多いんですけどね。冬などは寒くて寒くて凍えてしまうけど、静かに待った後、 目当ての鳥が現れた時などはもう、シャッターを押すのを忘れるほどうれしくなります(笑)。
kokotonPAPAさん:あまりに静かなのでウトウトしていて、目を覚ますと目の前にいる、ということもけっこうあります(笑)。「写真撮るぞ~!」っていう殺気?撮気?を出しているとダメですね。別に撮れなくても、その環境にいること自体が楽しいんです。でも、そういう環境に出かけるために朝の3時起きとかはツライ年になってきたなぁ。
鳥の撮影は、朝夕がチャンスなので、そんな夜中の時間に出るんですが…。2人で車中泊などもあります。ほとんど日帰りが多いですが、遠出するときは飛行機+レンタカーということもあります。

編集部:エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
kokotonPAPAさん:寝る時と、一杯やる時(笑)。
kokotonMAMAさん:私は、迷惑をかけずに生きて行くことや他人に優しくすること(出来ているかは別だけど)、良い空気の中でゆっくりすることかな。

c0039735_10481822.jpg編集部:エキサイトブログ編集部:数ある記事の中で、ご自身が気に入っている記事や思い出深いある記事といえば? また、読者に評判だった記事は?
kokotonPAPAさん:思い入れのある記事は次の2点かな。いずれも親子の情愛を感じましたね。
★2008/05/18「カルガモ親子part1(雛一羽)」 たった一羽になってしまった雛を愛おしむ親の姿はとても印象的でした。

★2007/07/02「サンコウチョウ:親と雛の風景」 飛ぶこともできない小さな雛が巣立って、それを見守るお母さんとの2ショット。忘れられないひとときとなりました。

kokotonMAMAさん:それとエキサイトの公式コンテンツに選んでもらった3点。
★2009/05/14「フクロウの雛」 その日に巣立ったばかりの雛の表情はまるで人間の赤ちゃんのようで、とてもかわいかったです。

★2009/02/01「モズ♂♀ ちょっと春色」 小さな猛禽の可愛い表情を私のデジスコ(望遠鏡にカメラを付けたセット)でアップに捉えました。

★2008/07/21「カンムリカイツブリの求愛」 とっても変った求愛行動。そんなシーンは見ているだけでもとても楽しかった!

編集部:エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
kokotonMAMAさん:海外に行って、のんびり自然と向きあいたいですね。鳥も動物も空も海も全部が魅力的な場所で。

編集部:エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
kokotonMAMAさん:何と言っても地球の温暖化。北極の氷が溶けていることなどを聞くと、自然界の生き物たちのことが気になります。

編集部:エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
kokotonPAPA&MAMAさん:初めての方、いつも見て下さる方、ありがとうございます。見ていただいてとてもうれしいです。
ネットにアップしているだけに、見ていただいている方々に「なんだこの写真!?」って思わるよりも「ちょっといいねー!」と思われたいのが心情です。そう思っていただけるように、2人で楽しく撮影&ブログアップしています。ブラッと覗いてもらえると、とってもうれしいです!

c0039735_10484176.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



kokotonPAPA&MAMAさんが好きなブログ、気になるブログ】

好きなブログはたくさんあるので、次の3サイトに絞らせてもらいました。

●「Bierder-Kawasemi」 
ヤマセミとカワセミにこだわって撮影を続けていらっしゃるバーダーカワセミさん。とてもスタンスの明確なブログです。こだわることの素晴らしさを感じます。

●「Wild Birding
デジスコ(天体望遠鏡にデジカメを付けています)スペシャリストのいくさん。撮影される写真は、驚きのクリアー映像ですね。鳥に興味のない方でも、見たらビックリ~!です。

●「Today's Pleasure Tomorrow's Treasure 2」 
カメラマニア?で鳥撮りのspank6さんのブログ。優しさあふれる絵がサイトいっぱいに並びます。見ているだけで穏やかな気分になれると思います。



kokotonPAPA&MAMAさんのライフログ】

ザ・ワイルドライフ・フォトグラフス (ナショナルジオグラフィック)

ジョン・G. ミッチェル / 日経BP出版センター


ナショナルジオグラフィック写真集。
野生がそのまま切り撮られた写真と、その情景を想像させてくれる文。これが原点かもしれません。

ラポラポラ―森にすむ妖精 (そうえんしゃ・写真のえほん)

ふくだ ゆきひろ / 草炎社


優しさあふれる動物写真の絵本。写真だけでなく本全体から伝わるモノが心をあたたかくしてくれます。


kokoton_kawasemiさんの「カワセミkokotonのブログ」を読んでみましょう。

[PR]
by blog_editor | 2009-07-01 19:43 | アウトドア