今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

c0039735_1684284.jpg色とりどりの秋や霧がかかった幻想的な山の景色、凛とした空気が流れるような雪景色…。
まるで絵画のような美しさの中に、光の輝きやその場の空気感、風、音まで伝わってくるような幻想的な自然の風景に心が癒されます。
何時間もかけて自然の中、山道を歩いて出会えた景色は見る人にも感動を与えてくれます。
今週は、そんな自然の風景を撮り続ける「『景真館』心休まる四季の風景写真」のkosa-fu-52さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
kosa-fu-52さん:こちらこそ、ありがとうございます。
ブログをはじめたきっかけは、初めはホームページに興味があったのですが、難しそうでした。そこでブログなら、と始めましたが・・・まだ分からないところがいっぱいです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
kosa-fu-52さん:実は、私のブログがピックアップブロガーに紹介されてもいいものか、少々恐縮しています。それは、私のブログにはおもしろい話題や、ためになる話がないです・・・。ただ四季折々の風景写真を投稿しているだけです。 開発や地球温暖化現象が進むなか、自然からのメッセージを感じながら、いつまでも、美しい日本の自然風景が残っていくことを願いながら撮影しています。時には仕事を忘れ、喧騒から離れて自然の風景に心休めて頂ければうれしいです。
 
エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
kosa-fu-52さん:ある写真集に作品の掲載を依頼されたこと。
 
エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
kosa-fu-52さん:投稿が簡単で、都合がいいときに気軽にできるところがいいですね。私の場合は無料でギャラリーを借りている感じです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
kosa-fu-52さん:感動屋で、涙もろい。真面目かな・・・? でも 面倒くさがり屋。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
kosa-fu-52さん:実のところ活発なブロガーでないもので、まだ決まりません。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
kosa-fu-52さん:やっぱり風景写真撮影ですね。

エキサイトブログ編集部:夢は?
kosa-fu-52さん:キャンピングカーで気ままな旅をしたいです。

c0039735_16112047.jpg


エキサイトブログ編集部:自然の色や造形の美しさに癒される写真の数々ですが、写真歴や風景写真を撮る楽しみは?また、自分らしい写真を撮るこだわりがあれば…。
kosa-fu-52さん:写真歴は15年位です。以前は登山が趣味で、あちこちの山に登っていました。そのころ、よくマクロレンズで山の花を撮っていましたが、だんだんと風景写真になっていきました。
山の花々は、山登りをしているとき、疲れを癒してくれました。でも、さらに山の雄大な景色に感動し、風景を撮るようになりました。そのうちに、山に限らず身近な自然風景を撮るようになりましたが、毎日見ている景色でも、時間や気象の変化により、時に息をのむ美しさを見せてくれます。そんな自然風景が垣間見せる美しさに感動しながら撮っています。
撮影場所は主に北東北ですが、時には遠くに撮影旅に出かけることもあります。 自然が織り成す四季折々の表情を、その場の空気までも感じられる写真が撮れたらいいですね。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
kosa-fu-52さん:睡眠時間、気をつけていますがもっと寝たいです。自然の中に浸かっていると、至福な時が流れて癒されますね。

エキサイトブログ編集部:数ある写真の中で、ご自身が気に入っている作品や思い出深いエピソードのある写真といえば? また、読者に評判だったポストは?
kosa-fu-52さん:★08.09.27「初冬残柿」 この作品は、二科展に入選し、自分でも気に入っています。家から20分程の場所で撮影した作品です。夜半過ぎの雨が雪に変わり、柿の木までも白く、冬の到来を告げていました。朝陽に照らされて柿色がよくでました。

★07.12.29「厳冬の温もり」 この作品は、あるコンテストで最優秀に入選して、東京での表彰式に招待され、大変厚遇されされました。いい思い出です。撮影は家から30分程の場所で、この朝は-18度の冷え込みになり川辺の草木に霧氷が付きました。朝陽が赤く染める景色に 寒さも忘れての撮影でした。それ以来こんな冷え込みはなくなりました、温暖化のせいでしょうか・・・。
c0039735_16254056.jpg


★07.04.13「終幕」 この作品は弘前公園での撮影です。早朝、お堀に散った絨毯のような花びらがわずかに動いていました、その動きを20秒の露光で流れにし、その間、枝が風で揺れないように。願いが叶った一枚です。

★08.9.12「明景山並」 この作品は、夜明け前の山岳道路を走行中、東の空が明け、朝焼けの中に昇り始めた朝日、そして山並といい条件が重なりました。その後同じ道路を何度も通っていますが、このような光景に出合ったことがありません。まさに、一期一会ですね。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
kosa-fu-52さん:長い休日があったら、写真以外のこともいろいろやってみたいです。例えば、陶芸や木工に興味があるあるので、やってみたいです。子供の頃から工作が好きでした。自分で作った湯呑みや、コーヒーカップを使い、自分で作った椅子やテーブルでお茶が飲めたらいいですねー。そしてまた山歩きがしたいです、以前のようには歩けないと思いますが、ゆっくりと、低山ハイクでも。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
kosa-fu-52さん:食品偽装、薬物問題、こんなに頻繁に出てきては・・・。世の中だんだんモラルがなくなっていく感じがします。 

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
kosa-fu-52さん:いままで、私のブログに訪問してくださる方は数少なかったですが、訪問して頂いた方、ありがとうございました。
また、これをきっかけに多くの方々に訪問して頂いたら大変嬉しいです。でも反面戸惑いと、コメントを頂いた方にすぐにお返事が出来ないかも知れませんが、訪問して感想など頂ければ幸いです。
c0039735_16114291.jpg



エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【kosa-fu-52さんが好きなブログ、気になるブログ】

これは回答に困った質問です。実は夜勤めから帰って、少しの時間があれば写真整理、数少ない休日には撮影に出かけ、正直なところみなさんのブログをじっくり訪問することができないのが実状です。これからは、みなさんブログに少しでも多く訪問していきたいと、思っています。
そんな中で、時々見ているのが、下記のブログです。

隔月刊風景写真kaoruの編集長日記
こちらのブログは私の愛読書、隔月号風景写真(この本は私の参考書です)編集長のブログです。風景写真に関する写真家や撮影その他、いろいろな話題がでてきます。 

小さな手紙
こちらのブログは友人の写友の方で、あちこちに出かけ旬の風景をたくさん掲載しています。女性の観点から見た感性豊かな写真がいっぱいです。

心休まる季節の風景写真
わたしの友達です、やはり風景写真を撮っていまが、山の写真から料理の写真まで楽しめます。それは、お仕事が美味しい食べ物や屋さんだからです。お近くの方は是非一度食べに入ってみてください。



【kosa-fu-52さんのライフログ】

光の音色―優しい時間のなかで 米美知子写真集
米 美知子 / / 文一総合出版

写真家、米美知子さんの2作目となる写真集。
様々な光をさまざまな視点から捉えた作品が特徴的な写真集です。
作品タイトルにも有るように一作ごとに光の語らいというか以前何処かで
聞いた懐かしい音色が聞こえてきそうです。
時間に追われる全ての人々にぜひ手に取って観てほしいと思います。
ページをめくる度にどんどんストレスが解消されると思います

幸せな一会―川隅功写真集
川隅 功 / / 文一総合出版

写真家、川隅功さん3作目の写真集。
一期一会の出合いを、大切にフィルムに収めた写真集です。

樹木粲粲―前川彰一写真集
前川 彰一 / / 文一総合出版

写団薬師(東京都多摩市を拠点に発足し、現在都内数ヶ所で自然風景写真教室を開いている) 主宰 前川彰一氏の写真集です。

三冊の写真集を紹介しましたが、いずれも自然が醸し出す一瞬を捉えた心癒される写真集です。

kosa-fu-52さんの「『景真館』心休まる四季の風景写真」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-10-29 18:27

c0039735_1504877.jpgエキサイトブログで交流を深めたアーティスト系ブロガーたちによるグループ展「EN博」が昨年11月に開催され、大きな話題を集めました。その第2弾、「EN博2」が今年もまもなく開催されるようです。今回は参加人数も増え、ますますパワーアップされたようですが、どんな作品展になるのか、今からとても楽しみですね!
そこで、今週はEN博2開催に先駆け、EN博応援スペシャルインタビューを企画。EN博2のメンバーで運営する共同ブログ「EN博」のartbloggersのみなさんに登場していただき、今回の見どころや制作秘話、読者へのメッセージなどを語っていただきました。

エキサイトブログ編集部:いよいよEN博2の開催まであと1週間になりましたが、まずは主催者&代表者からEN博2のご紹介をひとことずつ。
artbloggersさん:まずは、このような応援企画を立てていただきまして、ありがとうございます。
誰が主催で代表なのか曖昧なのですが、とりあえずこういう場ではご挨拶をさせられることになっております。田口輝彦です。
さて、エキサイトブログで作品を発表するブロガーの交流から、「いっぺんリアルで作品を並べてみようか?」というノリで生まれたのがEN博。
ブログの利便性をフル活用して、参加者も全国から募り、準備もほとんどネット上で進める、新しいタイプの展覧会です。
手探りであった昨年の銀座展から一年、それなりのノウハウを蓄積した上で、さらに新しく若い(←強調)メンバーも迎えて、ジャンル、作品数、そしてもちろん内容も、格段にパワーアップして開催されるのが、今回の「EN博2」です。
会場も目黒のギャラリー「やさしい予感」という個性的な空間を得て、ますます楽しみな展示になると考えています。

(ちなみに第一回展の様子はこちら)

こんにちは。第1回に続いて裏方を担当させて頂きますサトゥー芳美です。
エキサイトさんにはロゴ使用のご快諾から始まって、今回の告知の場を設けて下さるなど、本当に感謝しております。
落語「目黒のさんま」になぞらえて「アートは目黒に限る!」の2週間!
目黒は、JR山手線と地下鉄でおこしになれる便利な町で、駅ビルや飲食店も充実しています。
デート、家族サービス・・・お出かけ先を思いつかない場合は「目黒」を思い出してくださいね。

エキサイトブログ編集部:今回はどんなメンバーが主に集まったか、また、どんな点を楽しんでもらいたいかをお話ください。
artbloggersさん:まずはメンバーについて。
今回はイラストの、すずき恵、春ゑ、タクシー/油絵の高橋潤子/陶芸の三戸珠恵/洋裁、革細工のふじのき姉妹/写真のmym(みゅー)が新たに参加します。
EN博1から見ていて下さって参加を決めた方、あるいはメンバーが声をかけた方、いろいろありますが、最初に申し上げた通りみんな若いです。
というわけで、フレッシュな感性の作品に、ぜひぜひご期待下さい。(田口)

もちろん昨年からのメンバーも健在です。
山下以登、サトゥー芳美(イラストレーション)/シャシンアニキ、たかなし、nezumineko(写真)/太美吉(書)/ササキユカ(ハンドメイド)/もりかよこ(ドールハウス)/赤木タケル(鉄造形)/田口輝彦(立体造形)が今年も出品いたします。
ですから、10ジャンル、16名と1ユニットのにぎやかな展示になりますね。(サトゥー)

そしてお楽しみいただきたい点。
メンバーそれぞれの作品を堪能いただきたいのはもちろんなのですが、ただ今ご紹介した、プロの作家はもちろん、OLから不動産屋までいる奇跡のメンバー(笑)が、ブログ上で喧々諤々しながら作り上げた、ごった煮の味こそがEN博の魅力なんじゃないかと思います。

そんなメンバー一同、今回も自分の得意を生かして、開催準備に邁進してまいりました。
例えば案内ハガキなどは、去年同様サトゥーが題字イラストを描き、案内の地図は新人のタクシー君が担当するなど、上手いこと分担して仕上げております。
またこの題字は、今年もタグチの作った額に入れて展示されたりもします。
そのあたりの、新人とおばさん、あるいは、おばさんとおじさんの、そこはかとないコラボ感をお楽しみになれるかと・・・(笑)。
c0039735_14293458.jpgそれと、赤木タケルによる鉄のスペシャル看板が、今年も制作されます。去年に輪をかけて重そうなのですが、そんなところにもご注目いただくと面白いのではないでしょうか?(田口)

さらにスペシャル企画として、パク市(ぱくいち)という、フリーマーケット的なコーナーを開設予定です。
これはメンバーが、作品のみならず、ポストカードや小物、試作品、その他諸々のガラクタを100円から切りのいい均一価格で販売するという、謝恩セールです。
EN博ブログでも、商品の一部を紹介していますから、めぼしを付けて早めにご来場、お買い上げのほどよろしくお願いいたしますね。(サトゥー)

(鉄の看板についてはこちら)
(パク市についてはこちら)

エキサイトブログ編集部:それぞれの見どころは?
artbloggersさん:えーとメンバーからはそれぞれに回答を受け取っていますので、ここからは代表して何人かの答えを簡単にまとめてみたいと思います。(田口)

まず、イラストレーター陣には、やはり作品のオリジナリティーにこだわりがあるようで。

瞳、髪、唇、肌。。。気合いを入れて描いております。透明感を感じていただきたく、至近離でご覧下さいませ。(春ゑ)

色彩のニュアンス。WEBの画像では原画と同一に再現できないので、ぜひ実物を見てもらいたいです。(すずき)

私が私自身を表現するために選び取ったミニマムな線は、シンプルだからこそ気持ちのブレや迷いをそのままストレートに伝えてしまいます。
ブレずに、気持ちを澄ませて。どうかそんな作品をお目にかけられますように。(山下)

といった、思い入れのあるコメントをいただきました。

また、写真で参加のたかなし氏の

意地でも化学処理(笑い

というコメントも個人的にはツボですね(要するにデジタルにはいかないということらしいのですが・・・)

エキサイトブログ編集部:制作にあたって大変だったこと、ドキドキ、わくわくしていること。また、やりがいがあったことは?
artbloggersさん:皆さん、ひとかたならぬ苦労をして、展示にこぎ着けたようです。
EN博2に向けて新しいことに挑戦したメンバーが多かったようで、どんな作品に結実するのか、楽しみなところですね。

写真なのでとにかく天気とのおつきあいが大変でした。晴れの日に撮影にいき、現場についてから雨…なんてこともしょっちゅうでした。
また、真夏に蚊に刺されながら撮ったり…自然との闘いでした。(笑)
そんな自然と闘いながら撮ったものが、自分なりに良い色合いでとれたときにはかなりやりがいを感じてました。(mym)

まだ習いはじめのステンドグラスで製作したいと思ってしまったので、慣れないハンダ使いで苦戦しました。
その反面、図面製作からガラス選び、ガラスカットと全ての行程を自分で出来る喜びは大きかったです。
完成品を見て頂いて、どんな反応を頂けるかなってすごくどきどきしてます。(ササキ)

時間がかかる作品であるにもかかわらず、制作できる時間が平日はほとんど取れなかったこと、これには本当に苦労しました。でも、目標があるとなんだか燃えるものですね。夜中までミシンを踏んで、家族に迷惑がられました(笑) (ふじのき)

きっとここには書けない壮絶な状況があったのだと推測いたします。
ところで余談ながら、新人の高橋さんは、EN博2への参加を機にブログを始めたのですが、

個人的には、パソコン恐怖症を克服するのが大変です。

というコメントをいただきました。、別な角度からの苦労もあったようです。(笑)

エキサイトブログ編集部:EN博2を通して、自分にプラスになったことなど。
artbloggersさん:この質問に対しては、やはり異なったジャンル間の交流を上げるメンバーが多かったようです。また、制作のモチベーションとしての展示という視点も目立ちました。

価値観、目指しているもの、表現の仕方は皆違うけれど、リクツやリユウ無く、いいなーって感じられる事かな。(太美吉)

イラストのようで半分図工のような制作の私なので、「ちょっと教えて!」というシーンで多分野の集合というのがとても助かります。
ひとつの工程でも、皆さん専門が違えばテクニックや材料がそれぞれ異なります。
その中から自分に可能な、でもちょっとがんばって無理もしてみたい、という上向きな選択が可能だったりもします。(活かせているかは別問題?)
私も大きくなったらアドバイスできる人になりたいです。(サトゥー)

沢山の人たちと知り合いになれ、一緒に悩んだり、アドバイスを貰ったり、作品から刺激を受けることができました。(タクシー)

自分の楽しみに作っていた作品ですが、EN博に参加することにより、作品を見せると言うことを学んだ気がします。
作品展に参加するなんて100万年はやいと思っていたのですが、ギャラリーで楽しさそうに作品に見入るお客様を拝見したり、作品に対する生の声を聞くことにより、自分が何を作り表現していきたいのかが見えてきました。
そしてこれが・・・次の作品作りへの良いこやしになります。(もり)

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。それでは、メンバーのみなさんにひとことずつ読者からのメッセージをいただきました。


artbloggersのメンバー全員からご挨拶】

c0039735_14164287.jpg今回、花をテーマにして写真を撮りました。
花を道ばたで探しているうちに変な花とか見つけてニヤニヤしたり驚いたり沢山しました。
なので、写真を見てニヤニヤしたり驚いたり…少しでも楽しんで頂ければ幸せです。
蜂の写真は刺されながら撮りました(笑)
刺されるのを想像して見てみてください(笑) (mym/写真)

c0039735_14171836.jpg普段、出来合いのパーツを使ってアクセサリーを作ったりしていて悶々とする日々を送っておりましたが、今回はずっと学びたいと思っていたステンドグラスを学び始めた事もあり、思い切ってガラスを使った物を製作してみました。
まだまだ勉強不足で目を覆ってしまうような技術なのですが、楽しんで作ったガラス達がギャラリーの大きな窓からカラフルな日差しを運んでくれて、ガラスが作り出す影も楽しんで頂けたらと思っております。(ササキユカ/ハンドメイド)

c0039735_14175661.jpg作品に作者の意図なんか読み取る必要はありません。
ただそこにあるものを感じとって下さい。
たとえつまらない面白くなかったとしても、つまらない面白くないと感じてくれたことこそが大事なことなのです。
あとはぜんぶ飾りです。
偉い人にはソレが判らんのですよ。(たかなし/写真)

c0039735_14181615.jpgブログつながりの展覧会という“とっかかり”が面白いし、せっかく面白い企画があるなら参加しなきゃ損かな(笑)と思い、今回初参加させていただくことになりました。
メンバーそれぞれ違う作品を一堂に見る事が出来るEN博2、フタをあけてみないとわからない楽しさがあると思います。なにをかくそう、メンバーである私自身も他の方々の作品を見るのを楽しみにしています。(すずき恵/イラストレーション)

c0039735_1418356.jpg以前に作った「イヌの椅子」と「ピザ窯2号」と、新規で「鉄の絵」数枚と、「EN博用の看板」と、「色々金具」などを出展予定です。
ピザ窯でピザを焼く事は会場の都合と僕の都合でしないつもりです。ピザ窯は展示しますので、お手にとって見てみてください。
あと、例の「溶接漫画」の原版ノートも恥ずかしいけど、持って行こうかなぁ。
会場には前半は僕の都合で在廊は出来ない感じです。
そんな感じなんですが、天気の良く気持ちの良い日にでも、散歩がてらフラッと立ち寄って頂けると嬉しいです。(赤木タケル/鉄造形)c0039735_141904.jpg

昨年は12点の展示でしたが、今年はよりたくさんの展示を予定しています。
下手な書も数うちゃ当たる的に、是非、何とかお気に入りを見つけてみてください。
日本人は古くから、言葉に魂が宿る事を直感で感じていました。
言葉や書により、人を幸せにも又傷つける事もあります。
私の書いたものが、見て頂いた方のほっとした気持ちや、何かの良いきっかけになればとても嬉しいです。(太美吉/書)

c0039735_14191914.jpg今回初参加です。参加する機会を与えて下さりありがとうございます。
ひっそり&こっそり少女画道を貫きます!
乙女心を忘れない。。。そんな気持ちを込めて描いております。
気に入って頂ければ嬉しいです。(春ゑ/イラストレーション)

c0039735_14193640.jpgアートにご興味がおありな方はもちろん、「ギャラリーなんて行った事がない」そんな方をお招きできるグループ展にしたいとがんばるのが自分のテーマ、役目ではないかと準備して参りました。
どうぞ本当にお気軽にふらりと訪れてみて下さいね。心よりお待ちしております。(サトゥー芳美/イラストレーション)

c0039735_14194930.jpg一人で展示をするときとは違って、異種格闘技的な作品たちが響き合って思わぬハーモニーを生み出してくれたらうれしいですね。搬入するまではそれがどんな旋律になるかわからない・・・今から私自身もドキドキワクワクです。どうぞみなさまもこのハーモニーを確かめに、ぜひ会場まで足をお運びください。お待ちしております。(山下以登/イラストレーション)

c0039735_1420377.jpgイラストレーターになろう、と決めてちょうど一年のこの時期に「EN博」という素晴らしい展覧会に参加することができました。「集大成」とまではいきませんが、一年間頑張ってきた結果が見られると思うので是非遊びに来てください。(タクシー/イラストレーション)

c0039735_14202731.jpgレトロな香港製トイカメラ「ダイアナ」で撮った写真を出展します。
チープなプラスチックレンズの気まぐれで計算できない写りにハマッテいます。
少し歪んだようなモノクロームの世界に不思議感のある被写体を並べてみます。
あちこち歩いて楽しんで写真を写してきましたので、皆様は頑張って見に来て下さい。(nezumineko/写真)

c0039735_14204350.jpg去年のEN博で展示させていただいた作品の連作となります。
今回はパン屋さんとチョコレートショップ。身近なものをテーマに作っているので親しみやすいかな?なんて思ってます。
ギャラリーで小さなハウスの窓やドアから覗いてみてください。
「これは何で出来ているんだろう?」
そんな不思議が頭の中を駆け巡るかもしれませんよ。(もりかよこ/ドールハウス)

c0039735_142134.jpgいろいろな作品を作っている人と展示をできるのはとてもいい機会だと思います。家のような空間のギャラリーで、どのようにそれぞれの作品が並ぶのか、楽しみにしながら作品を作りました。
今は少しずつ作品を作っていますが、見ていただけるチャンスができてうれしく思います。また、展示して作品を見ていただくのが久しぶりなので緊張もしています。
これだけの人が集まったら何か起こるはず!どきどきわくわくです。(高橋潤子/油絵)

c0039735_14212821.jpgメンバーの方にお誘いいただきまして、今回初めてEN博に参加させていただきます。
今までは、小さな自分の世界で完結していた私たちの趣味の世界を、人様に見ていただける機会をとても大切に思っています。
物心ついたころからお裁縫や手芸が大好きで、今では自分で着るお洋服や小物ならある程度作れるようになりました。このEN博を、私たちの趣味の世界をひとつステップアップさせるきっかけにできたら良いと思います。
一人でも多くの人に作品を見ていただいて「カワイイ♪」と思っていただけるようがんばります!!(ふじのき姉妹/洋裁・皮工芸)

c0039735_1421481.jpg陶芸担当の三戸珠恵です。
EN博メンバーになるためにエキサイトブログに入りました。
コンセプトは、シンプルな中にもほんわり遊び心のあるものです。
初参加で、わくわくしています。よろしくお願いします。 (三戸珠恵/陶芸)

c0039735_1422329.jpgブログの画面を飛び出して立体の作品を手に集いグループ展を開くことは、まるで内緒の宝物をお互いに見せ合うような楽しさだと思います。
お近くの方はどうぞ足をお運びいただいて、遠方の方はそれぞれのブログを通して、
出展ブロガーたちの宝物をごらんください。
なおぼくは遠方のため、今年も会場には参りません。こんなことが通用してしまうのはブロガー展だけですよね!!(シャシンアニキ/写真)

c0039735_14222435.jpg早々と作品を仕上げてのんびりしていたのですが、展示2週間前になって、なぜかみんな気にくわなくなり、総入れ替えに近いことになっています。
はたして仕上がるのか? 絵の具は、粘土は乾くのか? 柿渋の絶望的なまでの臭いは抜けるのか?
そして急に痛みだした私の腰は、会期を乗り切れるのか?
波乱の展示をお待ちください。(田口輝彦/立体造形)

(順不同)

とにもかくにもEN博2
見に来て損はないかと存じます。
一人でも多くの方にご覧いただけますよう、一同皆様のご来場をこころよりお待ちしております。



c0039735_15292925.jpg
【EN博2】
■会期 2008/10/29(水)〜11/10(月) 11/4(火)休み
■時間 11:00〜20:00 最終日17:00まで
■会場 ギャラリー「やさしい予感」
      東京都品川区上大崎2-9-25 03-5913-7635

artbloggersのメンバーが共同運営する「EN博」ブログを読んでみましょう。




[PR]
by blog_editor | 2008-10-20 11:42

c0039735_12535476.jpgTシャツとデニムの何気ない組み合わせでも、センスのよさが伝わるオシャレな男性っていますよね。さりげなくシャツを重ねたり、コートやジャケットをはおったり、首元にはネックレスをちらりと見せたり…。
そんなメンズファッションのコーディネートを、雑誌をめくるような軽い感覚で、さくさくっと紹介。流行に敏感でありながら、“安く着まわし”から、“毎日が満足のいくスタイルに”、と変化したファッション観、ファッションコーディネートは、同世代の読者から注目を集めています。
今週は、そんなおしゃれ上手な大学生ブロガー、「メンズファッション塾-ネクストステージ-」のHappy3-Tさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
Happy3-Tさん:こちらこそ今回取り上げていただき大変嬉しく思います。
今、僕は大学生なんですけど、毎日オシャレができるのってたぶん今しかないじゃないですか。で、そんな毎日の服のコーディネートを形として残しておければなぁって。後々、振り返って見たとき楽しいんじゃないかって思ったからです。それがブログをはじめたきっかけですね。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
Happy3-Tさん:メンズファッションのコーディネートを写真で紹介しています。そして、各アイテムのブランド名や金額などの詳細に加え、コーディネートのポイントも説明しています。また、ファッションに関するちょっとした情報や海外旅行の記録などもあります。なので、ファッション好きな同世代の方たちはもちろん、男女問わず色々な方々に楽しんでいただけると思います(笑)。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
Happy3-Tさん:ブログを始めた頃は、ただの自己満でやっている感じだったんですけど、そのうちコメントを残してくれる方も多くなってきて、今ではメール交換をしている方もいます!
あと、1年前を振り返ってみると、今の自分のファッションと全然違うなぁって。気持ちの面では変化はないと思うんですが、年を重ねるごとに落ち着いてきたというか‥そんなことに気付けたことですね。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
Happy3-Tさん:負けず嫌い、何事にも一生懸命、どうでもいいことに神経質。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
Happy3-Tさん:コメントを寄せて下さる訪問者の方々には是非お会いしてみたいです!おそらく自分の趣味と似ていると思うので、話しが合って盛り上がれそうなんで。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
Happy3-Tさん:無印良品へ通うことです。ブログ内でも「STYLE of 無印良品」としてコーディネートを紹介していますが、衣料品だけでなく食品、生活雑貨など気になるアイテムがたくさんあり、頻繁に足を運んでいます(笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
Happy3-Tさん:ちょうど就活も終わって一段落しているんですが、就活を始めた頃は、ファッションが好きだからそれに関われる仕事に就くべきなのか、ってことをよく考えていました。でも、いろいろな服を着たい、簡単に言えば消費者であり続けたいという答えに辿り着きました。なので、ファッションとはまったく縁のない企業に就職しますが、いずれ独立して社長になることが今の目標です(笑)。

c0039735_12555064.jpgエキサイトブログ編集部:流行に敏感なファッションコーディネートの数々ですが、ファッションに興味を持つようになったきっかけやその楽しみは? また、ブログを始めて変わったというファッションの方向性や大切にしていることは?
Happy3-Tさん:僕は長崎の出身なんですが、高校卒業後に福岡に出ました。そこで街行く人たちのファッションの華やかさに圧倒され、またそのような話が合う友人も増え、次第に興味を持つようになりました。それ以上に、バイトができるようになって自分で自由に使えるお金が多くなったってことが一番ですが…。
そんな感じで服に興味を持つようになったんですが、やっぱりファッションって自分に自信をつけてくれるものですよね。例えば、新しいネックレスを着けると気分的にも堂々と胸張って歩けるみたいな。でも、ファッションに負けない自分らしさを失わないようにすることは大切だと思います。ただトレンドを追っかけるダケとか誰かのマネじゃ面白くないし。

そう、初期の「メンズファッション塾」と現在の「メンズファッション塾-ネクステージ-」の違いです。その頃は、自分が持っている服の組合せを変えて、毎日異なるコーディネートでどれだけ違った表情を見せることができるかってことをモットーにやっていました。当時は、友人に「いつも違う服着てるねって」言われて嬉しかった反面、このコーディネートは、自分自身あまり好きではないけど一般ウケするから、と思いやっている時もありました。
けれども、それって本当のファッションの楽しみ方ではないなって思い、一時ブログを休止していました。それで、心機一転して現在の「メンズファッション塾-ネクステージ-」では、本当に今自分が着たいモノを追求しています。「少ない服のバラエティーでも、自分にとってベストなコーディネートを」って。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
Happy3-Tさん:友人と過ごす時間です。時にはバカ騒ぎしたり、真剣に語り合ったり、また時には良いところ悪いところ含めていろいろと指摘してくれます。何事も自分から踏み出さないと前には進めないけど、その初めの一歩を後押ししてくれるのが友人です。そんな友人と共有できる時間は、僕にとってなくてはならないものです。

c0039735_12551914.jpgエキサイトブログ編集部:数あるポストの中で、ご自身が気に入っている記事やコーディネートといえば? また、読者に評判だったポストは?
Happy3-Tさん:★「メンズファッション塾-ネクステージ-」より
・2008/10/7 「STYLE of 無印良品 vol.5」  今季大注目のチェック。中のTシャツはボーダーで、柄×柄の大胆な組合せです。

・2008/7/7 「ポロ×ポロ」  一ヶ月ぶりにあった友達とまったく同じコーディネートでした。今年の七夕の思い出ですね(笑)。

・2008/5/16 「きれいにミリタリーを」  ラインが細身のストリートなコーディネートになっています。原宿のキャット・ストリートにいそうな感じ(!?)。

・2008/5/5 「春こそプレッピーで」  「きれいにミリタリーを」と比較して見て欲しいポスト。ちょっとアイテムを変えるだけで、こんなにも表情が変わるんです。このコーディネートは、友人にも高評価でした!

★「メンズファッション塾」より
・2007/9/10 「Tシャツの着方」  カラーリング、シルエットなどすべて含めて、自分的にお気に入りのコーディネートです。
・2007/1/22 「レイヤリングで差をつけろ!!」」 今年もまたこのコーディネートをしてみようかなって思っています。

●たくさんのコメントを頂いたポスト
★「メンズファッション塾-ネクステージ-」より
・2008/9/17 「秋への入り口」 ポップな感じに仕上げています。でも、まだまだ改善の余地があるコーディネートですね。

c0039735_1335312.jpg★「メンズファッション塾」より
・2007/8/17 「Vネックがアツイ」  最初で最後の全身コーディネート。普段は自分で撮影しているので、なかなか足下まで入れることができないんです。この時は、多くの方に「これからは全身コーディネートで」ってコメントを頂きました。実現できなくてスミマセン…。

・2006/10/29 「おもしろピアス」  山下智久さんとおそろいのピアスで、「コレを譲って下さい」という方までいました。

エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
Happy3-Tさん:どんな服でも着こなせる体形になりたくて、加圧トレーニングに最近興味を持っています。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
Happy3-Tさん:原油価格の高騰!!!!時間がある大学時代にたくさん海外旅行したいと思っているのに、燃油サーチャージ代が高すぎて、ヨーロッパやアメリカへの旅行なんてとんでもないですよね(泣)。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
Happy3-Tさん:素人のコーディネートなので、どんどんご指摘をいただければ嬉しく思います。また、気になるアイテムなど訪問して下さる方からの情報もお待ちしております!! 最後に「メンズファッション塾-ネクステージ-」というタイトルですが、女性の方も楽しんでいただけるかと思います。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【Happy3-Tさんが好きなブログ、気になるブログ】

以下の4つは、セレクトショップの入荷情報が載っています。以前は衝動買いで無駄遣いすることが多かったので、まずはネットで確認して本当に欲しいものだけを見極めて、実際にショップに足を運び購入するようにしています。

puetin」by que-wjk 
N.Hoolywoodの商品はここでチェックしています。

SQUARE ONE」by islesquareone
画像が大きくてキレイなので商品がとても見やすいです。

MPcyan NEW ARRIVAL」by MPcyan
スタッフの方が着用しているショットがあるので、実際に着た感じがわかりやすいです。

ONE PAIR IN STORE STYLE」by one-pair
商品の詳細やコーディネート方が参考になります。

幸せのカケラ♪」by Happy giriさん 
地元・長崎のことが懐かしく感じられます。お酒に合うおつまみは、真似して作っています。



【Happy3-Tさんのライフログ】

FACES PLACES
globe / / エイベックス・トラックス

初めて買ったアルバムで、Because I LOVE the NIGHTは小学生の頃みんなで歌っていたことを覚えています。今考えると小学生にとっては、刺激的な歌詞だなぁって思います。


Between the Lines
CHEMISTRY / / DefSTAR RECORDS

ケミのSUMMER PREMIUMアルバム。高校時代、友達とカラオケでパートに分かれて本人になりきって歌っていました(笑)。特にNaturally Oursのケミの掛け合いは最高です。


BEST FICTION(DVD付)
安室奈美恵 / / エイベックス・エンタテインメント

ちょうど安室さんに興味を持ち始めた頃からのベスト。僕は歌詞を重視するんですが、安室さんは音楽重視で好きになったアーティストです。なかでもPut ‘Em UpとSO CRAZYは、何度聴いても聴き飽きません。


A COMPLETE ~ALL SINGLES~
浜崎あゆみ / / エイベックス・エンタテインメント

あゆの10周年のシングルコレクションアルバム。本当は好きな作品をひとつひとつ紹介したいんですが、まとめてこれ一枚で。昔の曲を聞き直すと、また違った感じで歌詞の解釈が今の自分とリンクできます。


現代中小企業経営論
川上 義明 / / 税務経理協会

日本に存在する企業の99%は中小企業です。中小企業が大企業を支え日本を支えていると思います。


株式会社とは何か―社会的存在としての企業
高橋 俊夫 / / 中央経済社

近年、企業による諸問題が世間を騒がせています。その責任は、当該企業はもちろん、それを取り扱う証券会社にもあるのではないか、という見解を示しています。


Happy3-Tさんの「メンズファッション塾-ネクストステージ-」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-10-15 17:42

c0039735_1439475.jpgこちらをじっと見つめる眼差しがなんともかわいいレッサーパンダをはじめ、ひょうきんなしぐさのリスや、氷にじゃれて遊ぶ無邪気なシロクマなど…。見ているだけで思わずにっこり微笑んでしまう、動物写真がいっぱい。愛が伝わる親子シリーズやカップルシリーズも、ほのぼのした気分に包まれ、心があったかくなります。
今週は、そんな動物たちへやさしい視線を送り続け、読者の心も癒してくれるような写真を撮り続ける「ryonouske's Animal Gallery」のryonouskeさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
ryonouskeさん:この度はピックアップブローガに選んでいただきありがとうございました。
ついに私も!?(笑)夢みていたことが実現でき、とても嬉しく思っています。
ブログをはじめたきっかけは、ちょうど一眼レフカメラから、デジタル一眼レフカメラへと買い替えたときで、HPを作ろうか?ブログにしようかな?いろんなことを考えていました。手軽にはじめられるのがブログの方だったので結局HPの方は挫折してしまいまいた(苦笑)毎日自由に更新していけるのは、私自身も新鮮な気持ちで楽しめるし、PCの前で今日は何をエントリーしていこうかな?と考える時間も楽しいですね。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ryonouskeさん:動物たちの表情を独自の目線で撮り続けているブログです。
動物たちの可愛い姿に思わずメロメロになったり、時にはクールに決めてみたり。タイトルにGALLERYとつけているのでちょっと堅苦しいイメージもありますが、実際はそうでもなくって…(笑)毎日写真にちょっとしたコトバを添えてみたりとあっさり系のブログです。というもの私あまり文を書くのが得意でなくって…(汗)
このブログに立ち寄られた方が「動物ってこんな表情もみせてくれるのね~」「意外だわ~」とか「癒されたわ~」などなど自分の好きな感覚で楽しんでいただければと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
ryonouskeさん: ブロガー同士が互いに影響し合えることだと思っています。私のブログは動物中心なのですが、交流させていだたいてるブローガさんの中には私とは違った分野で撮影を楽しんでいらっしゃる方が意外と多いのです。いろんなブログを通してこれからもステキな輪がさらに広がるといいな…なんて思っています。
今やネットは海外でも簡単に閲覧が可能になりましたし、毎日私の知らない国からのアクセスも増えています。驚きもありますが、遠い世界がとても身近に感じる瞬間でもあったりしますね。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
ryonouskeさん:マイペースでチャレンジ精神旺盛。昨年・今年はたくさんのフォトコンテストにも挑戦しました。
好きなことはとことんのめり込む!いい意味での頑張り屋です。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
ryonouskeさん:年齢不詳で通しているので(笑) できればミステリアスなところも大切にしておきたいところなのですが(笑)
ブログをきっかけに出逢えたのが「yukineko's favorites」の雪猫さんです。とても明るく気さくな方で人見知りの激しい私でもすぐうちとけることができました。彼女のようになりたい。あこがれの存在であります。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
ryonouskeさん:じっくり撮影している時間が好きです。ワイワイガヤガヤというより、どちらかというと一匹狼で(笑)
スキなことに集中している時はストレス発散にもなっているような気がします。

ハマっていることは。。。
ちょうどレッサーパンダのコドモたちの公開がはじまり今はそちらにぞっこんです(笑)
コドモたちの動きは予想できないことが多いので、撮影は撃沈続きなのですが、そこがまた楽しかったりします。
c0039735_14401329.jpg

エキサイトブログ編集部:夢は?
ryonouskeさん:広いフィールドに出ていつか野生動物を撮影してみたいです。
今以上の機材も体力も旅費も必要ですが、いつか叶えてみせます!
また、長年の夢だった写真集「Healing of the Heart」が来年の春に発刊予定となりました。
自分撮った作品がいつまでも愛され続けていけるよう、今後も写真集を増やしていきたいです。

エキサイトブログ編集部:表情やしぐさがとてもかわいい動物たちの写真に癒されますが、写真を撮る楽しみや魅力は? またシャッターチャンスを狙うために工夫していること、自分らしい写真を撮るこだわりなどがあれば…。
ryonouskeさん:動物写真を撮る最初のきっかけは我が家で飼っていた愛犬でした。もう20年くらい前になります。撮影している時も楽しいのですが、その後アルバムに貼り付けて成長記録をにんまり眺めるのも好きでした。デジカメに移行してからは、アルバムという形から自分だけの写真集♪という感覚で楽しむようになった気がします。写真ってシャッター音もスキなのですが、その後のプリントや画面上で見たりできること、2度楽しめることが魅力だと思います。また撮影量が多いと画像のチェックも大変なので、撮ったその日のうちに整理していくのが楽しむコツだと思っています。

動物写真を撮っている時、なぜだかシャッターチャンスに恵まれることが多い気がしています。これを写真の女神様が降りてきた~(笑)と勝手に思い込んでいるのですが….。動物相手にこちらに合わせてシャッターチャンスなどはありえないけれど、動物たちとの波長を合わせていくことができれば… ステキな表情をみせてくれたりすることもあります。とてもコトバでは表現し辛いのですが….。動物園で撮影するときは、今この子はどんな事を思っているのかなぁ?なんてイメージを膨らませながら撮影もしています。野生動物ではなかなかこんな感覚で撮影するのは難しいと思いますが、これぞ動物園での撮影という独特の楽しみ方がそこにはあるのかもしれませんね。
c0039735_14402985.jpg

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
ryonouskeさん:一服のお茶と(笑)あとは、好きな音楽を聞いたり、手作りのものを美味しくいただくこと。
最近は外を歩くと金木犀の香りがとても心地よくって、季節の変わり目を感じられることも心地がいいですね。

エキサイトブログ編集部:数ある写真の中で、ご自身が気に入っている作品や、これまで撮った写真でとても思い出深いエピソードのあるものといえば? また、読者に評判だったポストは?
ryonouskeさん:2008年7月3日「快感。。。
すばしっこいイメージのあるリスですが、こんな面白いシーンも時々みかけることがあります。なんとも気持ちよさそうでしょ?東京都の井の頭自然文化園ではこんな可愛いリスたち(9/9日9/12日など)がいつも小径の中でかけまわっています。

・2008年9月15日「ドゥクラングール
日本で唯一横浜のズーラシアでみることができるドゥクラングール。色彩豊かで下半身はまるでズボンを履いているかのような?お洒落で魅力的な姿をしています。なかなか姿をみせてくれないこともあるのですが、機会があれば是非ご覧になってみてください。

・2008年8月14日「3匹トリオ。。。」 
今年誕生した3兄弟の仔ユキヒョウたちです。1匹でも可愛いのに3倍ですからね(苦笑)3兄弟が広い飼育場でいろんなシーンを繰り広げてくれます。多摩動物園では時間帯によってそれぞれ個体の公開時間が異なっているため、お出掛けされる方はぜひ時間帯のチェックも行ってください。

・2007年10月19日「訃報。。。
お気入りだった野毛山動物園のレッサーパンダのモモタロウ。ちょうど1年前に虹の橋を渡ってしまいました。ステキな笑顔が印象的で微笑みの貴公子でもありました。地球の温暖化の影響なのか?この年暑さでダウンしてしまう動物たちが多い気がしました。元気だったモモタロウの姿をもう一度という想いで、紹介させていただきます。

・2008年2月23日「波長。。。」 
浜松市動物園のトムとサナのカップル。ふとしたしぐさなのですが、あまりにも行動が似ていたので思わずその場から離れられなくなってしまいました(苦笑)将来がとても楽しみなカップルでもあります。

・2008年9月6日「食べたり。。。遊んだり。。。」、9月7日「やっぱりブイがスキ??
ロシアのレニングラード動物園から2008年7月にやってきてくれました。2007生まれとあってまだまだあどけない表情に思わず微笑んでしまいます。ただいま静岡の日本平動物園ではピカイチのアイドルです☆

読者に評判だったポスト
★動物メインのブログですが、時々花や花火の撮影もアップしています。
番外編ですが、そちらも楽しめると思うのでご紹介させてください。

・2008年9月24日「巾着田のヒガンバナ」 
日本一の規模といわれている埼玉の巾着田で撮影したヒガンバナです。
群生地は辺り一面が真紅に染まりその姿は圧巻です。
多くの方にTBもしていただきましたので、いろんなヒガンバナを堪能してみてください。

・2006年10月16日「土浦全国花火競技大会
2006年は私にとって花火撮影がメインの年でもありました。土浦全国花火競技大会は毎年秋に開催されています。新作で珍しい花火の競演です。儚さの中にも力強く潔さも感じてきます。そんな花火を感じてみてください。

・2006年8月23日「よさこい by益田蟠竜 おどり隊
スナップ撮影も実は好きだったりします。最近は肖像権の問題もあるので、なかなか公に発表のできない難しいところもありますが、時に動きのあるシーンは躍動感があって感動的です。また2度と同じシーンが撮れないところは、動物写真と共通するところがあったりします。
c0039735_10494247.jpg

エキサイトブログ編集部:3日間のフリータイムをもらえたら何をしたい?
ryonouskeさん:まだ出掛けたことのない旭山動物園でどっぷり撮影三昧してみたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
ryonouskeさん:食品の偽装問題です。
毎日食べるものだからこそ大切にしたいこと。
相次ぐ偽造発覚で何を信じて口にしてよいのかわからなくなってしまいそうです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
ryonouskeさん:ご覧いただいた方がやさしい気持ちになれるといいな なんて思いながら続けてるブログです。
これからもまったりペースで(笑)続けてまいりますので、どうぞ宜しくお願います^^

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【ryonouskeさんが好きなブログ、気になるブログ】

いろんな方のブログを紹介させていただきます♪

dtp_samuraiさんの「DTPサムライのブログ「写真+文字」で伝えられるもの
メッセージ性が強くステキな作品ばかり。何度か私の写真とサムライさんのテイストでコラボ作品を作っていただいたこともあります。とっても温かいブログですので一度覗いてみてください☆

雪猫さんの「yukineko's favorites
動物の仔、猫科他、可愛い動物達でいっぱいのブログです。
特にユキヒョウ大好きな方、ユキヒョウって??どんな動物なの?という方にはオススメです。昨年そして今年誕生したユキヒョウたちの成長ぶりの過程なども存分楽しめます♪

tyamu-sさんの「残していきたいもの
マイナスイオンが画面上に溢れだしてきそうなくらい清々しい気持ちになれるブログです。
タイトルどおりいつまでも残していきたい風景、滝、秘境など魅力いっぱいで、日本もまだまだステキな場所が残されていることを再発見させてくれます。

ねこのすみかさんの「ねこのすみかの仔猫ちゃんねこちゃん日記
可愛い猫ちゃんたちが出迎えてくれる猫好きにはたまらない癒し系のお店のブログです。
お店のマスターさんも気さくな方なので是非一度お出かけになってみてください。

私のもうひとつのブログ「ねこすみさんちの仔猫ちゃんたち
今年の8月より開設しました。お店の方がブリーダーを兼ねていらっしゃる関係で、撮影できるのは一期一会の時が多いのですが、毎日1枚ずつ楽しんでいただけるように更新しています。まったり系のブログですが、ぜひお立ち寄りください。



【ryonouskeさんのライフログ】

大地の鼓動―井村淳動物写真集 HEARTBEAT OF SAVANNA
井村 淳 / / 出版芸術社

動物写真家、井村先生の写真集。
激流を渡るヌーの大群のシーンは圧巻!
ますますサバンナに出掛けたくなるおすすめの一冊です♪


すぐに役立つ被写体別画面構成 (玄光社MOOK)
/ 玄光社

私の作品も数点掲載させていただきました。構図について迷ったときのお勧めの一冊です。


スターダスト★レビュー 25年に一度の大感謝祭ライブ
STARDUST REVUE / / インペリアルレコード

かれこれ20年来のスタレビファンです。
気持ちがすっきりしたいときや、ドライブにオススメの1枚です♪


ryonouskeさんの「ryonouske's Animal Gallery」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-10-08 16:22

c0039735_11461217.jpg夢の世界に迷い込んだような風景やどこかで見たことのあるような風景。思わず手を差し伸べてみたくなるリアリティあふれるお菓子や、季節感が伝わる美しい花々…。
そんな奥行きある3DCGアートの数々に注目。
「こんな絵が描けたら素敵だな」「私も描いてみたい」なんて、印象に残る作品もいっぱいです。
芸術の秋らしく、今週はそんなアート作品を制作し、ブログで紹介する「逆光のソナタ」のyukikot23さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
yukikot23さん:こちらこそ、取上げていただいてありがとうございます。何かの間違いかと思ってました(笑)。
きっかけは、83歳になる父です。10年くらい前だったか、父の短歌を、同業者の方がホームページに載せて下さって、それ以来、父は自分のホームページを持ちたがってたんです。今年、父が長期入院しちゃったもので、これは早めに何とかしないと、と思いました。
「ブログなら、すぐ始められる」と聞いてたので「退院したら手続してあげるから」って父に言いました。ともかく父が退院するまでに「やり方くらいは調べとこう」という気持ちでポチッと手続の練習を。根がまじめなんで、空欄にしておけなくて、3D画像を載せました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
yukikot23さん:はい。心に残った印象的な風景や、季節の花やお菓子などを3Dで作成した作品と、日常のことを綴っているブログです。ちなみにタイトルの「逆光のソナタ」は、逆光気味な光景が好きなので、「月光のソナタ」の「月光」をもじってつけました。「月光のソナタ」って、正式には「ベートーベンのピアノソナタ月光」というらしいですが、詳しくないのであまり突っ込まないで下さい(笑)。
ブログの趣旨というか方向は、始めはなかったんです。実は、父のブログができたら私のほうは終りにするつもりだったので、誰も来ないだろうと読者を想定してませんでした。ところがアップしていくうちにポツポツと来ていただけるようになりまして「わわっ、やめられないかも」が「やめたくないかも」に変わりました(笑)。
ただそのあと、自分の中にいろんな迷いが出て、来て下さる方にどう楽しんでいただけるのか、悩んでしまいました。3D制作の数値の話がいいのか、絵の経緯みたいな方が楽しんでもらえるのか、私個人の生活周りの話がいいのか。そんな時、ある方から「気楽に」というキーワードをいただきまして、それで「全部が自分なんだからその時一番書きたいことを書くのが一番かも」って、ちょっと肩の力が抜けました。
掲載作品は、今までに作りためた旧作品と、現在の新作と、作り散らかしたものの修正作品とを、織りまぜながら載せています。3Dに関する覚え書きみたいなことは、うすい文字色にしてありますので、興味のあるところだけ見ていただければ。きっちり区別にはなってないですが。ページもできるだけシンプルにしています。昔ブログを知らなかった頃、ただただ下に長いブログの中で迷子になったり、思わぬところへ飛ばされたりしたものですから(笑)。
今は、3Dをやっている方も、そうでない方も、来ていただいた方、皆さんに、居心地の良いブログであったらいいなあ、と思っています。よくばってますね(笑)。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
yukikot23さん:こんな作品でも、見て下さる方がいらっしゃるって、ちょっとした驚異でした!
更新すると必ず来て下さる方がいて、それはもう驚くやら嬉しいやら。すっごく励みになりました。今まで中途半端になってた作品も、ガシガシ完成品になってますし。インターネットって、全国につながってるんだなーって今さら実感です。あ、世界中ですね(笑)。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
yukikot23さん:遠いところに住んでいる方とも知り合いになれるし、その考えや、思いに触れることができる。面と向かうと、現実には、年齢や性別や職業がジャマをすることってあるじゃないですか。ブログだと、そこへ行けば、そのブロガーさんの世界が広がっていて、思いが伝わってくる。居心地が良ければそっと訪問しつづけることができますし。リアルタイムで全国の今日の花を見ることができるなんて、ブログの力ですよね。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
yukikot23さん:「私の人生、ノーブレーキ」。もちろん、こんな気持ちで絶対に車は運転しません(笑)。そうではなくて、何かに熱中しはじめると、ガガーッとのめり込むんです。「青は進め 黄色は急げ 赤はぶっちぎれ」。自分の中にブレーキはないみたいで、カラダがついていかなくても、走り出したら止まれない。どこかに激突して動けなくなるまでやり続けちゃう。それ、最近気がついたんです。なんで具合わるくなるのかなーって、今まで不思議でした。気づくの遅すぎですね。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
yukikot23さん:突進するなんていうと社交的に思われるかもしれませんが、人に対してはかなり消極的です。
素敵なブロガーさんがたくさんいらっしゃって、ときどきコメントさせていただくこともあるんですが、「やっぱり迷惑かなー」なんて勝手に思いはじめて引いちゃったりとか。
私は、こっそり読ませてもらうだけで充分幸せなので、これからもこっそり、応援させていただきたいです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
yukikot23さん:今は朝から晩まで3DCGです。和菓子作ったり、花つくったり、建物や町並み、人物、もう作ってみたいものがたくさんあって、時間も体力も足りないです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
yukikot23さん:3DCGを、写真代わりに使いこなせるようになれたらなーと。
いつもデジカメは持ってるので、身近なのもなら写真に撮れるんですけど、唯一撮れないのが「夢でいった場所」。私、夢の中でもデジカメ、持ってるんですよ。きれいな場所とか、不思議な光景はかならず何枚もパシャパシャ撮るんですけど、目がさめると当然うつってない(笑)。だから3Dでそれを再現できればなって。実際にあるものを、きちんと再現できるようになれば、夢で見たシーンにもリアリティーがでてくると思うので、それを表現できる技術を身に付けたいです。
c0039735_15401678.jpg

エキサイトブログ編集部:アートな3D作品の数々ですが、3Dを始められたきっかけやその魅力、制作の楽しみは?
yukikot23さん:きっかけは、ブログにも書いたんですけど、モノクロチェックの床のCGを見てからです。
それ以前はアクリル絵の具の手描きで、人物や花などのイラストを描いてました。
でもパソコンをやるなら絶対3Dやりたいと思ってて、1996年に念願のパソコンと、3Dソフトを買いました。実際は仕事が忙しくてほとんどいじれなくて、本格的に取り組んだのは体調を崩して仕事を辞めた、6年前からです。
3Dで、形や色を決める時は、実際のものを参照します。記憶を頼りにしても、簡単な椅子ひとつ、まともに再現できませんので。3D始めてから、外に出かける時も、テレビを見ている時も、いろいろなものを、すごくこまかく観察するようになりましたね。それから自然界にあるもの、生き物も植物もすべて、とっても美しい形をしていることに気付きました。だから、どんなものを作る時も、新しい発見があるので、すごく楽しいです。

エキサイトブログ編集部:3Dはどんな風に作るのか、また、自分らしい作品作りなどがあれば…。
yukikot23さん:3Dソフトには、建築向き、風景向き、動画向きなど、目的に合わせたいろいろな種類がありますが、私が使っているのは、景色が簡単に作れるVue(ビュウ)というソフト、風景も小物もムービーも一通りできるCarrara(カラーラ)というソフト、あらかじめ用意されている人体モデルに好きな服を着せて、ポーズを取らせるPoser(ポーザー)などです。
Vue(ビュウ)というソフトは、誰でもとても簡単に作品を作ることができておすすめです。ソフトを立ち上げたら、「地形」ボタンをして山をつくり「植生」ボタンを押して木を出して好きなところに置きます。天候は晴天やうす曇りなど、いろいろ用意されているので好きなものを選ぶだけ。「レンダリングする」ボタンを押すと、ソフトが勝手に、目の前の山と木の画面を写真のように仕上げてくれます。風景ができあがると、ちょっと幸せな気分になります。段々慣れてきたら、山をべつの色に塗ったり、木の葉の色を変えるだけで、いろんな季節が表現できるので楽しみが広がります。ソフトに用意されている、家とか動物とかを置けば、ぐっとリアリティーが増して、面白くなります。それで物足りなくなったら、今では、いろいろなコミュニティーで、それこそお茶碗一個から、自動車、建物、キレイなオネーさんまで(こういうコトバ言っちゃいけないのかな)、有料無料で手に入るので、それを画面の中において、「レンダリング」。私は、子供の時からプラモデルを組み立てるのが好きだったので、自分で作るのが楽しいんですが、販売されているモデルは、完成度も高いので、見ごたえのあるシーンを作ることができると思います。無料のソフトもあるようですからお試しにぜひ、いかがでしょう!?(笑)

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
yukikot23さん:朝の体操の時間。怠けると、すぐ背中が痛くなって制作ができないので。それから両親と一緒に過ごす時間。高齢なので、できるだけ長く一緒に、と。でもけっこうほったらかしですね。あとは寝る前の時間。ブログ更新したり、好きなサイト回ったり、3Dの手直ししたり。でも寝不足になるので最近は昼間に変えました。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中で、ご自身が気に入っている作品や気に入っている記事といえば? また、読者に評判だった記事は?
yukikot23さん:★2008年6月4日「TeaTime
ハートの箱づくりを思いたち、きれいな箱やチョコレートの銀紙がどうなってるのか、観察しながら夢中で作りました。

★2008年6月19日「芭蕉庵
はじめて作った和の建物。このシーンに決まるまで、紆余曲折がありました。

★2008年6月21日「プリミティブ
3DCGを始めたいと思った原点みたいなシーンです。

★2008年7月25日「庭のベンチ
ジョウロ型のフラワーポットがあると知って、さがしてみたら、注ぎ口に穴があいてるのと開いてないものがあるんですね。

★2008年8月16日「残月
3Dを始めてから、和の世界がいいなって思うようになって、花鳥風月の月で一枚。

★2008年8月22日「和菓子 秋
和菓子の美しさに魅かれて、作りはじめた最初のほうの作品です。モナカの皮の雰囲気が難しかったです。

★2008年9月3日「龍の眠る湖
景観ソフトという、風景を簡単につくることができる風景専用のソフトで作りました。枯れ木が突き出しているのは美ケ原の方のどこかの湖で見た光景です。
c0039735_11465691.jpg


エキサイトブログ編集部:最近、感動したことは?
yukikot23さん:ここ数年にわたって、母、私、父と交互に入退院を繰り返し、もうみんなで旅行には行けないだろうと思っていたのに、この5月、たった半日だけでしたが、妙義山を一周するドライブができました。この5月にしては、珍しく雲ひとつない青空で、まぶしい逆光と新緑の山々に包まれて、大自然と緑の癒しの力に感動しました。家族の健康とか、太陽のまぶしさとか、光に反射して輝く佐久平の町が、忘れられない思い出になりました。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
yukikot23さん:どこかで聞きかじったんですが、今年は南極のオゾンホールが過去最大になるんだそうですね。異常気象で、洪水や、大地震や、海の海流が変わって熱帯魚が北上してるようですし、世界中で取り返しのつかない事件や事故ばかり。自分の面倒もまともに見られない私が、地球のためにいったい何ができるのか分からないんですけど、ググッと小さなことでいえば、できるだけの節電と、ゴミの分別はがんばっています・・。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
yukikot23さん:来て下さって本当にありがとうございます。見ていただけるだけでうれしいです。
これからも、ゆっくり更新していきますので、そうぞよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【yukikot23さんが好きなブログ、気になるブログ】
出会った順に。

駅風呂カスタマイズ本舗
ブログをはじめて、右も左もわからない頃に(今もそうですが)掲示板で質問をしたんですけど、とても丁寧にお答えいただいて、それ以来こちらでブログのハウツーを勉強させてもらっています。

大空と大地の中で
静かで、心があったかくなる語り口と、写真が魅力のブログ。出会えたことを、そっと喜びたい、しみじみサイトです。

漢は黙って三頭筋
「写真がきれいなブログ」で紹介されたので、皆さんもご存知と思いますが、本当に、ホレボレするきれいな写真ばかり。でもコメントの面白さもまた別格なのです。

いざっ!3DCG!
プロのデザイナーD51さんが仕事のこと、日常の出来事をパワフルに綴る、読んでたのしい、見て納得のブログです。CGはもちろん、とても素敵です。

まっくわぁるど
コラージュっていうんですか、なんかまったりとした独特の世界で、思わずフッと口元が緩んでしまうユーモアが魅力です。次の更新が楽しみになります。



【yukikot23さんのライフログ】

夏の魔物
鶴 / / Warner Music Japan =music=

今、毎週日曜日に放送している「ゲゲゲの鬼太郎」のエンディング曲です。
ゆっくりと、だけどウキウキ歩く時のリズム、ってありますよね。そんな明るくて気持ちのよいテンポで流れていく曲です。


ずっと一緒さ
山下達郎 / / Warner Music Japan =music=

「あなたと二人で生きていきたい、それだけで何もいらない」
どんな関係であろうと、たいせつな人と一緒にいる原点を思い出させてくれたフレーズでした。


Jungle P
5050 / / エイベックス・エンタテインメント

「船出の時の あの気持ち ずっと忘れずにいたい そうすれば何も怖くないから~」
海賊たちがお宝めざして、大海原にくり出していく歌なんですけど、カラッと晴れ渡った空みたいにシンプルな自分にもどって再出発できる、勢いがステキな一曲です。


yukikot23さんの「逆光のソナタ」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-10-01 16:07