今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

c0039735_1883385.jpgお子さんの寝顔やあどけない表情をとらえた写真をはじめ、美味しそうな料理&スイーツ、出かけてみたくなる素敵なスポット写真など、どれをとってもうっとり…。まるで雑誌や広告に掲載されたような、おしゃれに編集された写真が魅力的です。
さくさくつづるユーモアセンスのある文章&ときどき登場するやさしい京都弁にも、心がほっこり癒されます。今週はそんな「Tolliano Rive Droite」のtolliano_papanさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。さっそくですが、ブログをはじめたきっかけは?
tolliano_papanさん:こちらこそ、ありがとうございます。
ブログをはじめたきっかけは、アリアパパさんの「カメラと一緒にパリでお散歩*」でした。パリのアリア家の育児ブログ、美しい家族写真に感動しました。ちょうど子供が生まれる前で、うちもブログを作ろうと思いました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
tolliano_papanさん:日常の出来事、育児、お菓子、旅行記、趣味関係を綴っています。子育ての中で、思いがけない驚きや、新しい発見の連続です。マメに撮っては編集しています。また、旅行記も好きなので、特に、京都、鎌倉、横浜などの旅行では、ブログで3ヵ月もコツコツとアップしてたりします。歴史ものが好きなので、寺社巡りなどすると、その背景や歴史上の人物に思いをはせたり、年表を作ったり、いたって、マイペースで更新しています。

編集は、写真をメインに、フォト4コマ劇場やレターボックス、パノラマ加工なども楽しんでいます。基本的に画像は、家族アルバムと兼用できるように作っています。

ゲストも、色々な方が遊びに来てくださって、写真、デザイン、イラスト、食卓、料理、お菓子、お弁当、カフェ探検、雑貨、フラワーアレンジメント、花、自然、歴史好き、鉄っちゃん系(鉄子含む)、海外在住の方等、コメントを通じて楽しく雑談させていただいてます。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
tolliano_papanさん:ブログを通じて、同じ時代に生きる並走感、この感じが好きです。季節の行事から、旬の自然まで同じ時間軸で拝見できることや、また同じ趣味、関心事などの雑談・情報交換も楽しみのひとつです。

また、ブログ上で、架空の自分ブランドの鉄道旅客会社やフィルム会社を楽しんでいるのですが、「feel the wind~風を感じて~」のmasaさんも同じ楽しみ方をされていて、これもブログならではの面白さかなと思っています。

また、ワールドワイドに情報交換できるのも、ブログのいいところで、海外在住のブロガーさんとのやりとりも面白いです。先日、「Toshiの暗室」のtoshiさんと、スウエーデンの某家具屋さんの、アメリカと日本の店舗や商品の違いなどを、お互い特派員に扮して情報交換しましたが、面白かったです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
tolliano_papanさん:几帳面なのんびり屋、でしょうか。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
tolliano_papanさん:子供が小さいので、オフ会などの参加は少ないのですが、昨年、Appleさんのスタートマック第二期モニターに参加することができ、モニターミーティングでは、多くのブロガーさんにお会いすることができました。今年1月のピックアップブロガー、「White Board -♭」のhideさんや、共通の友人でもある「Cecile Story」のdianasさんとも、ここでお会いしました。第一期モニターさんとの合同ミーティングでは、アリアパパさんにもお会いでき、握手してもらいました。モニター終了後は、スタートマック写真部ができたので、第二期モニターさんのお付き合いが続いています。

また、「Spice of Life 京の街角」のひろさん主催の路地裏探検隊にも参加していて、隊長はじめ、隊員のみなさんとも、いつか京都でまったり過ごさせていただきたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
tolliano_papanさん:育児です。毎日色々なことを覚えていくので、とても興味深いです。先日、私が、引き出しを足で閉めたのですが、それを見ていた子供が、「足、ないないよ、手ぇでしょ」と言ったのには、驚きました。手で閉めなきゃいけないでしょっと叱られてしまったわけです。育児、親も成長しなければと痛感したしだいです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
tolliano_papanさん:京都の古い日本家屋に住み、趣味三昧の生活を送ることでしょうか。 詩仙堂の石川丈山、ジヴェルニーのクロード・モネのようなライフスタイルに憧れます。

エキサイトブログ編集部:心温まるお子様の写真をはじめ、とても素敵に編集された写真が魅力的ですが、写真を撮る楽しみは? また、自分らしい写真を撮ろうと心がけていることや写真編集のコツなどがあれば…
c0039735_14555747.jpgtolliano_papanさん:3才までの記憶はあまり残らないようなので、日常の出来事をこまめに撮っています。色々と感激することが多く、私にとって写真とは、自分の感動の記録ともいえるかもしれません。

撮影は、楽しい雰囲気で自然に撮れるように心がけています。家族写真を雑誌風に編集しているので、何冊もたまっていくことが楽しみです。ちなみに、写真はプリントになっていると安心するタイプです。

写真の編集は、Photoshopで作業しています。昔は参考書の数も少なく、講座料も高かったので、基本的なスキルは、量をこなして独学で覚えました。ステキなデザインを見つけると、同じように作ってみたりしていました。ちなみに、「京都シルヴプレ」というシリーズは、JR東海さんの「そうだ 京都 行こう」を思いっきりパクってます(笑) 

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
tolliano_papanさん:家族で過ごす時間を大切にしています。癒される瞬間は、子供の笑顔と寝顔です。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
tolliano_papanさん:● 2007-11-28 京都シルヴプレ 106 高桐院 13    
お気に入りの高桐院で、秀吉と利休の朝顔の茶会の話をイメージしてみました。天下人・秀吉、頑固なまでに自分の美意識を貫く利休。茶室での、二人の心の駆け引きなど興味深いものがあります。

● 2007-07-31  鎌倉シルビアン 31 報国寺 下巻 (東西ドリンク合戦付き)
竹の寺として有名な報国寺。鎌倉らしい趣きがお気に入りのお寺です。こちらの竹は、孟宗竹(もうそうちく)です。この竹、鎌倉か京都か、どちらから来たのか興味があったので、ご住職に伺ってみました。答えは、鎌倉産だそうです。

● 2006-12-18  横浜シルビアン 28 氷川丸 17 スモーキングルーム
一昨年、氷川丸営業終了のニュースを聞いて、久々に乗船した時の記事です。優雅な船旅、大人の社交場スモーキング・ルーム、アールデコの雰囲気に酔いしれながら、大好きな映画「カサブランカ」のイメージで作ってみました。氷川丸は、今年リニューアルオープンだったと思います。

● 2007-11-15 ミュゼで夕食を 03
国立新美術館で、お友達家族と一緒にお食事をした時の記事です。夜のモダンで幻想的な雰囲気とおいしいお料理に大満足でした。両家の子供たちが、広大な空間で仲良く遊んでいたのが、とても印象的でした。

●2007-09-03  初めてのヘアカット
子供が、初めてヘアカットをした時の記事です。髪の毛が生えるのが遅く、心配していたのですが、なんとかカットするまでに伸びました。子供も初めてなら、カットするママも初めて。あの手、この手でなだめて無事カット終了でした。

●2008-01-27   モン・プチ・ヴェネチア  ラ・ヴィータ 1
読者の方に意外とウケたのが、子供の口ずさむオリジナルソングの記事でした。♪がままん、がままん、がままん、もー♪という唄なのですが、口ずさんでいただいた方もいらしたようで、嬉しく思いました。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
tolliano_papanさん:旅行と趣味三昧の生活をしてみたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
tolliano_papanさん:食の安全と食料危機の問題です。 やはり食は大事かと。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
tolliano_papanさん: 私の拙い駄洒落にも、お付き合いいただき、誠にありがとうございます。
これからも、よろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【tolliano_papanさんが好きなブログ、気になるブログ】 

魅力的なブログがいっぱいで、とても5つには収まりません。ここでは、ブログを始める前から影響を受けているブログを、感謝の意を込めてご紹介させていただきたいと思います。

カメラと一緒にパリでお散歩*]
アリアパパさんのステキなお写真と軽妙な語り口で綴られる、アリア家の日常と旅行記。育児ブログとしても楽しく読ませていただいてます。ぜひ本になってほしいブログのひとつです。

Spice of Life 京の街角
京都のひろさんのブログです。京の寺社、街角など、情緒溢れるお写真で綴られています。京言葉もはんなりと嬉しおす。ひろさんの路地裏探検隊29番です。こちらも、本になってほしいブログです。2006年7月のピックアップブロガーさんです。



【tolliano_papanさんのライフログ】

モーツァルトとビートルズは、いつ聴いても感動します。

モーツァルトが大好きでザルツブルク、ウィーン旅行では足跡を辿ってきました。
全曲大好きなのですが、中でもこの2曲はよくBGMで流しています。
モーツァルト:魔笛 全曲
リアス室内合唱団 / / ポリドール


モーツァルト:フィガロの結婚 ハイライツ
ベーム(カール) / / ユニバーサル ミュージック クラシック


ビートルズ・ファンです。ロンドンでは旧アップルビル、アビーロードでも写真を撮ってきました。中でもこの3枚のアルバムは大好きです。
アビイ・ロード
ザ・ビートルズ / / EMIミュージック・ジャパン


サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
ザ・ビートルズ / / EMIミュージック・ジャパン


ザ・ビートルズ
ザ・ビートルズ / / EMIミュージック・ジャパン


tolliano_papanさんの「Tolliano Rive Droite」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-04-30 18:46

c0039735_055659.jpg気持ちよさそうに日向ぼっこしていたり、猛スピードでジャンプしたり。「おっと、そんなところにいたの!?」と声をかけたくなるような、ひょうきんな格好をしていたり…。思わず「ニャー!」と聞こえてきそうな元気でたくましく、とにかくかわいい野良猫たちのイキイキした表情をとらえた写真が読者に人気です。
今回は、そんな愛嬌いっぱいの野良猫たちをあたたかい視線で撮り続ける「野良っ猫写真日記」の野良っ猫さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
野良っ猫さん:ずっと撮り続けている猫写真の発表の場として始めました。これまで写真集や雑誌でも発表してきましたが、それ以外にも見てもらいたい写真がたくさんあって…。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
野良っ猫さん:野良猫・外猫写真ブログです。猫の魅力を写真を通して表現していきたいなと。猫好きな人はもちろんですが、そうでない人にも、「猫ってかわいいじゃない」なんて感じてもらえるといいですね。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
野良っ猫さん:猫好き仲間が増えたことですね。自分は相当の猫好きだと思ってましたが、上には上がいるもんで…。かなわないですね。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
野良っ猫さん:猫狂いです。ずっと野良猫を撮ってると、いろんな猫と顔見知りになります。最近では、人間の知り合いよりも猫の知り合いのほうが多いんじゃないかと。こわいですね(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
野良っ猫さん:コメントのやりとりをしている皆さんとお目にかかってみたいですし、実際に会った方もいます。初対面という気がしなかったですね。不思議な気分でした。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
野良っ猫さん:写真がますます面白くなってきました。最近、仕事で猫以外の写真も撮っていますが、それぞれの分野で達人がいることを知りました。教わることも多く、勉強の毎日ですね。改めて、写真は奥深いなと実感しています。

エキサイトブログ編集部:夢は?
野良っ猫さん:5月に4冊目の写真集『したたか こびたり にゃっ!』を刊行しますが、写真集を継続的に出し続けることですね。自分の作品が本という形で世に残せるのは、やはり感慨深いです。

c0039735_0554325.jpgエキサイトブログ編集部:野良猫たちのいきいきした表情をとらえた写真が魅力的ですが、写真を撮る楽しみや野良猫たちの魅力は? またシャッターチャンスを狙う工夫や自分らしい写真を撮るこだわりなどがあれば…。
野良っ猫さん:猫写真は10年近くやってますが、ますますハマっています。もっといろんな猫と知り合いたいですし、同じ猫を撮っても、猫はいつも違う表情を見せてくれます。それと、猫が住む街の人たちとの触れ合いもいいですね。優しい人が多い街はやはり、穏やかな性格の猫が多い。猫がたくさん住む街は、いい街なんだと思います。

シャッターチャンスは、もうひとえに猫任せです。なので、撮っている時間よりも待っている時間のほうがはるかに長いんです。でも我慢強く待ち続けて「その一瞬」を捉えられたときは、至福の気分ですね。

エキサイトブログ編集部:5月に新刊を出されるようですが、ブログに登場している猫たちもたくさん出てくるのでしょうか?野良猫たちのどんな表情や様子が紹介されているのか、簡単にご紹介ください。
野良っ猫さん:新刊本の猫たちは、ブログに登場する猫たちとほとんど同じです。ただし、シャッターチャンスやフレーミングなどは、よりいいものを厳選しました。猫は時折、人の想像力を超えたとんでもない行動をします。「なんでこんなとこにいるの?」「なんでこんな格好してるの?」みたいな、ブログに発表せずに温存しておいたサプライズショットが満載です。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
野良っ猫さん:休日に自宅のニャーたちと昼寝してる時間なんていいですね。あとはやはり、猫のいい瞬間を撮れたときです。要するに猫づくしな時間です。

エキサイトブログ編集部:数ある写真の中で、ご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
野良っ猫さん:2007年10月1日「数奇な猫運命」、12月5日「いい街、いい人、そして猫」あたりの記事ですかね。
ジャンプシーンの写真が気に入ってますし、コメントも多かったです。

2007-08-07「猫患い・・・
1枚目の乱闘シーン、めったに撮れないんです。「猫患い」の記事も好評でした。

2007-07-22 「外猫たちの勲章
猫のジャンプシーン、好きなんです。格好良くて・・・。

2007-07-08 「猫のダイエット
1枚目の青空バックのアップ写真が気に入っています。この猫、ブログでもよく登場しますが、トップモデルです。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
野良っ猫さん:カメラ、レンズが欲しいですね。欲しいものがありすぎて、総額数百万円になってしまいますから夢のまた夢ですが…。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
野良っ猫さん:あまりいいニュースがないのが気になりますね。今年はオリンピックがありますので、金メダルラッシュで日本を元気にしてほしいですね。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
野良っ猫さん:猫だらけのブログですが、猫好きな人もそうでない人も、一度是非のぞいてやってください。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【野良っ猫さんが好きなブログ、気になるブログ】 

andante...
フレーミングがすばらしく、色がせつない。締め付けられる思いがします。

photomemo
ドキュメンタリー映画のイメージカットのような重量感のある写真が魅力。
写真家の力量が伝わってきます。



【野良っ猫さんのライフログ】

手前みそで恐縮ですが、やはり自分の写真集ですね。

c0039735_162039.jpg5月に出る『したたか こびたり にゃ!』(日本出版社)のほか、

野良っ猫 街っ猫
藤範 智誠 / / ジュリアン

それと出版社が倒産して絶版になってしまった
にゃんこ
Chijo Fujinori / / 新風舎

野良っ猫
藤範 智誠 / / 碧天舎

の4冊です。
ちなみに『NYANKO』と『野良っ猫』につきましては、私のブログにご一報いただければ、廉価でご購入いただけます。


Loving in the Sun
ハンス シルベスター / / 小学館

地中海に島に住む猫たちの写真集。猫たちの自由な生き様を見事にとらえています。


眠そうな町―武田花写真集
武田 花 / / アイピーシー

タイトルどおり、本当に眠くなってきます。ほどよい気怠さがあるというか…。武田さんのフレーミングは非常に勉強になります。

野良っ猫さんの「野良っ猫写真日記」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-04-22 16:35

c0039735_11423150.jpg子どもの発想ってなんてユニーク&新鮮なんだろう!と面白おかしく、お茶目で天真爛漫なコーちゃんはエキサイトブログの人気者! 思わず噴出してしまう爆笑モノの話題からじーんと感動してしまうシーンまで、「今日のコーちゃん」を毎日覗くのが楽しみ、というファンは多いようです。
そんなコーちゃんの繰り広げる楽しい日々を描いた子育てマンガ、「カラメル堂別館」のおぐらなおみさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
おぐらなおみさん:こちらこそ、いつもお世話になっております。
きっかけは、もともと自分のホームページを持っていて、(カラメル堂) その中の日記のコーナーを外出先から更新できたら便利だな、と思ったのがそもそもの始まりです。その日記部分が独立して、今では本家(カラメル堂)よりも立派な「カラメル堂別館」になりました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
おぐらなおみさん:基本的には、うちの子どもたちのトンチンカンな行動を短いマンガにしたものが中心なんですけど、なんというか…毎日くだらないことをやってくれるんですよ、息子のコーちゃんが。それをちょこちょこっと、なんとなく書き留めている感じですね。
まあ、そんな小さい笑いのブログなので、ちょっと見てふふっと笑って気分転換していただければいいかなあと。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
おぐらなおみさん:ブログの感覚って、学生時代の教室でなにか面白いことを思いついたときに、ノートをビビッと破いてささっと書いて「これちょっと回して。」ってみんなに読んでもらってるような感じなんですよね。新鮮なネタを、ぱぱぱーっと描いてアップするのが楽しいんですよ。だからなるべく早く( 先生に見つからないように早く早く!なんてね。) 気持ちが高ぶっているうちに描きたいし、見ていただきたいです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
おぐらなおみさん:意外と気が小さくて、道を踏み外せないタイプ。だから仕事の締め切りは破ったことないです。わたしが締め切りを守るのは、責任感からではなく、怒られるのが怖いからです。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
おぐらなおみさん:「母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記」のてんきち母ちゃんとは、仕事でご一緒させていただいたんですが、直接お会いする機会がなくて…。編集さんの話では、ものすごく手際よく料理をされるらしいので、その素敵っぷりを実際に見てみたい。んでもって、その料理を食べながらビール飲みたい。そのあと犬のメイちゃんを触りながらうたた寝したい。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
おぐらなおみさん:今、出し巻き玉子に凝っていて、焼いても焼いてもまだ飽きないのが不思議です。こんなに楽しいなら、ちょっと高いけど銅製の卵焼き器を買おうかなあと迷っているところです。でも買ったとたんに熱がさめたりするのよねえ。

エキサイトブログ編集部:夢は?
おぐらなおみさん:とにかく長生きして、生涯現役のイラストレーターでありたいです。
そして、嫁に嫌がられながらも「孫マンガ」を描いたりして、その原稿料で孫に際限なくオモチャを買い与えて、さらに嫁に嫌がられる。

c0039735_15114116.jpgエキサイトブログ編集部:主役のコーちゃんがとってもお茶目でかわいくて、いつも笑わせてもらっていますが、日々の話題はノートなどに描き溜めておくのですか? また、子育ての楽しさ、記事アップの際に心がけていることは?
おぐらなおみさん:本職でもイラストを描いていまして( プロになって10年ちょっと。) 、仕事でネタにしようと思っているものは、ノートにメモすることもあるんですけど、ブログに関してはしてないですね~。というか、ブログにアップしてるイラスト、あれ自体メモみたいなもんで(笑) 。もっとちゃんと描いたほうがいいのかな?と思いつつも、まあブログはスピード感を楽しんでいただきたいので、しばらくはあんな感じでやっていくと思います。
子育てをしなきゃ!とチカラが入っていると、子どものしぐさを見ても失敗ばかりが目について「何でこの子は何もできないんだろう…。」と落ち込んだりしちゃうんですが、「さあ、本日も笑わせてくれたまえ!」という心構えがあると、本当に毎日大笑いですからね。そういう風に考えるようになって楽になりました。(笑ってばかりでもないですけど。)
心がけているのは、愚痴と悪口は描かないように、ということ。そんなの読んでも心が晴れないと思うので。

エキサイトブログ編集部:現在出されている単行本「育児バビデブー」にはブログのマンガもあるようですが、読者にはどのような点を楽しんでもらいたいと思っていらっしゃいますか?
おぐらなおみさん:天真爛漫なコーちゃんのマンガで、子ども本来の明るさとかかわいらしさを楽しんでいただける本だと思います。子育て中の方に「この本を読んで、子育てが楽になった。」という感想をいただきまして、それは本当にうれしいな、と。ブログからもいくつか記事をピックアップして載せました。さらにベネッセコーポーレーション「こどもちゃれんじ・ぽけっと・月刊子どもを学ぶ」で連載していた「コロコロリズム・おぐリズム」というマンガも入っていて、お得感アップでございます。うちの夫( カッパくん) の絵が一部に大好評で、それも載せました。それがまあ、ものすごい迫力で…一見の価値ありですよ。

c0039735_1144225.jpgエキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
おぐらなおみさん:ここ最近、私とコーちゃんの間で流行っているのが、「やだ…うふふ(口に手を当てて薄笑いしながら)、今日…うふふ…カレー?…うふふ…カレーってあなた…うふふ。」と普通の会話を奥様のように話すことで、これを見ると疲れが吹っ飛びます。ものすごくマダムっぽいんですよ、コーちゃんが。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
おぐらなおみさん:私が気に入っているのは、
++5月15日(月) ++ 2006年 遠足と弁当とコーちゃんのお話、
++4月18日(水)++ 2007年 熱が出て幼稚園に行けないお話、
上記のような、笑えるけれどもちょっと切ない…みたいなものなんですけど、
異常に好評だったのが、
++8月6日(月)++  2007年 おかあさん、くさいよ、
++2月15日(金)++ 2008年 お風呂でちくちく、
こんな話で…。いったい読者の方々は私に何を期待しているのかと。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
おぐらなおみさん:ほしいものっていうか、食べたいものなんですけど、東京で一人暮らしをしているときにハマって食べてたアイスで「メイポン・バナナ棒」っていうのがあって、最近よく思い出して、いてもたってもいられないくらい食べたい…。どなたかご存知の方いらっしゃいませんかね?そもそも「メイポン」っていうのはなんだ?会社名か?とにかく「メイポン・バナナ棒」っていう名前だったことしか覚えてないので…。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
おぐらなおみさん:福岡に「元祖長浜屋」っていう有名ラーメン店があるのご存知ですか?そこの本店が閉店しちゃったらしいんですよ!近くに支店があるんですけど、本店と支店の両方があっても、ものすごく混雑してたのに、一店だけになっちゃったらどうなるんだろ?とか、そもそも本店を閉店して支店が残るのってアリ?とか、夫と2人で激論を交わしてます。…すいません、小さいニュースで。でも私の中では今年の重大ニュースにランクインすると思う。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
おぐらなおみさん:コーちゃんを好きになっていただいてありがとうございます。私のブログが皆さんの生活の中で、ちょっとした一口の甘いもの的な楽しみになっていただけたら、私もうれしいです。


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【おぐらなおみさんが好きなブログ、気になるブログ】 

FourSeasonsblog
広告の料理制作をされているyukarinさんのブログ。
何しろ料理がおいしそう…。野菜の切り口とかがスパーンときれいで、見ていて惚れ惚れしております。時々出てくるお寿司( ご実家でお父様が握られているのだと思う。) が美しくておいしそうでたまらん!

カナマルミナコ イラストブログ さんたま日記
もともとカナマルさんのファンだったんですが、ホームページを休止されてしまってさびしい思いをしていたところに偶然ブログを見つけてびっくり。国際結婚されていてさらにびっくり。あかちゃんの腕のむっちむち具合とか、やっぱり上手だなあ…。

万華鏡 
漫画家・鈴木みそさんの奥様、鈴木ゆう子さんのブログ。2人のお子さんを子育て中の鈴木さんの子育て談義が大好きで、時には号泣しながら読んでおります。文章がむちゃくちゃうまくて引き込まれる。育児に悩んでいる知人に紹介したりすると、「あれ、大泣きしたわ…。」という返事がきたりするので、そうでしょ!?と自慢したりして。自分のブログでもないのに。

父母兄弟 
まじゅさんの育児絵日記。こんな個性的な子育て絵日記は見たことない!( だって、みんなゴム人形のような…ハ…ハニワかも…?) このセンス、見習いたい…。パンのレポートも好きなので、バンバンやって欲しい。

祖母ログ
主役は長島ヒデさんというおばあちゃま。私の祖母くらいの年齢だと思います。おしゃれで料理上手、孫や家族に愛されて…という理想的な老後の生活という感じでうらやましい。こうありたい。どうも会話がなつかしい感じだなと思ってたら、私の出身地の群馬県の方でした。そうなんさー( 群馬弁で“そうなのよ”) 。



【おぐらなおみさんのライフログ】

「プレイボーイのうた」
田辺マモル / / MCAビクター

どうも私は「真顔で飄々と冗談を言ってるような淡白な男子」の歌に弱い。ただ淡々と今まで付き合ってきた女の子思い出を語っている歌。まったく男子ってこれだから…とあきれながらも感動してしまった。


作ってあげたい彼ごはん 2 [e-MOOK] (e-MOOK)
岡田 史織 / / 宝島社

人にごはんを作ってあげるのって、うきうきするものだったな、という気持ちを思い出させてもらっちゃった。うはー!スタイリングもかわいい。これを読むと、雑貨好きの血が騒いでしまって大変なのです。


るきさん (ちくま文庫)
高野 文子 / / 筑摩書房

メインの登場人物は、女性2人。その2人がなんとなく一緒にご飯を食べたり、電話をしてみたりというそれだけの話ですが、あったかくて好き。唐突なラストの「しゅわー!」としたような終わりかたもいいなあ。こういうなんでもないのに深く心に残るものを描くのが私の目指すところでもあります。その目標のなんと遠いことか…。



【おぐらなおみさんの本】

c0039735_14283950.gif

育児バビデブー
おぐら なおみ / / 辰巳出版







おぐらなおみさんの「カラメル堂別館」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-04-15 15:33

c0039735_10475161.jpg軽やかな風を感じさせる春色のラリエットやパーティシーンにも似合う優雅なネックレス…。つけただけで、おしゃれ度がぐんとアップする洗練されたデザインのペンダントやブローチ、リングなど。天然石やビーズをつかったオリジナルアクセサリーはとても素敵で、眺めているだけでうっとりしてしまいます。
そんなハンドメイド作家という女性らしい趣味をお持ちでありながら、休日にはアウトドアフィールドで、フライフィッシングも楽しむという、アクティブな一面も見せてくれる「Le Perline ビーズ*days」のleperlineさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
leperlineさん:こちらこそいつもお世話になっています。
作品を紹介している自身のホームページで、日常の気ままなひとり言のようなことを書いたのがきっかけです。作品だけではなく、私ってこんな人、というのも知って貰えたら楽しいかもと始めました。その頃はHPの1ページとして作っていましたが、ブログを知って開眼。画像もたくさんアップできてシンプルで使いやすいエキサイトにして良かったと思っています。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
leperlineさん:天然石やビーズで作製したオリジナルアクセサリーの紹介と、趣味のフライフィッシングやヨガ、好きなこと、日々のなにげないはっとした瞬間、などなどを綴ったブログです。
ビーズの作品作りにも共通することですが、白い画用紙に水彩絵の具で好きな色を足したり引いたりしながら色彩を楽しむ、そんなイメージのブログにしてゆきたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
leperlineさん:作ったアクセサリーを発表して沢山の方に見てもらえること。
見てくださった方からコメントをいただいたりして、ほんとうに励みになります。
それから沢山のブロガーさんとお友達になれたことです。皆さんとても個性的で素敵な方々ばかり。いつもパワーや刺激を沢山頂いています。
ブログをしていなければなかったことです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
leperlineさん:天然系とよく言われますが、自分としてはB型の人と言っておきます。
マイペースで凝り性。興味を持ったり好きになると一直線。
その反面興味のないことはからっきしダメです。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
leperlineさん:いつもコメントを頂いていて、いまだお会いしたことのない国内外のブロガーさんの方々です。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
leperlineさん:最近骨董市めぐりにハマっています。
人にとってはガラクタでも自分にとっては宝物。自分の感性で好きなものを探しだす宝物探しのようでとても面白い。さらに、我が家にある古いものも大事にしようという気持ちにもなり、使っていなかった古いやかんをピカピカに磨きました。
しばらく続きそうなマイブームです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
leperlineさん:作品を沢山作り溜めてカッコいいギャラリーでいつか個展をしたいです。そしていつの日か海外でも個展ができたら。。。と、夢の夢です。


c0039735_10481716.jpgエキサイトブログ編集部:とても素敵なビーズアクセサリーをたくさん制作されていますが、ビーズに夢中になったきっかけやその魅力、作る楽しみは?
leperlineさん:作成歴は10数年です。もともと自分スタイルのオリジナルなアクセサリーを身に付けたいをきっかけに製作を始めましたが、さらに夢中になったのは天然石と出会ってからです。ビーズのキラキラとした煌きも好きですが、天然石の一言で何色と言いきれないようなニュアンスカラーに魅せられました。天然のものですから全く同じ色、柄はないという希少価値も魅力です。
自分で作る楽しみは、すべて一点ものの自分だけのオリジナルということ。
シンプルな服装に映える主張のあるデザインが好きです。
基本は常に、自分が身に着けたいアクセサリー。どんなに素敵でも自分の服装やスタイルに合わなければ意味がありませんので。 そして、これからの課題はビーズや天然石にこだわらずメタルや布素材など、色々な素材を取り入れて作ってみたい。そうなるとビーズdays じゃなくなってしまうかも。。。

エキサイトブログ編集部:ビーズ以外にもフライフィッシングやヨガなどの趣味も楽しんでいらっしゃいますが、それらの楽しみは?
leperlineさん:趣味のフライフィッシングをしていると全てを忘れてオフな気持ちになれるんです。どんなに忙しくても釣りをしているとリフレッシュされる。いろいろなスタイルの釣りのなかからフライフィッシングを選択したのはより自然に近い釣り方だから。水生昆虫のことや川の流れ、キャスティングなどいろいろなことを学ばなくてはなりません。難しい釣りといえばそうかもしれませんが、それだけに自分が作ったフライに魚がパシャッとでてくれたときの喜びはひとしおです。
ヨガにも同じことが言えるんです。いままできつかったポーズが少しずつできるようになる。ようするにプロセスが大事。達成感と心地よい汗で心身ともにとてもリフレッシュされて明日もがんばろうと言う気持ちになります。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
leperlineさん:家族を送り出し、家事もひと段落着いてほっと一息のひとりの時間。作品の構想を練ったり、いろいろなことを考えるのにをひとりの時間が必要なんです。
癒される瞬間は、アクセサリーを作っているときに愛猫アトムが隣で居眠りをしてくれているとき。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中で、ご自身が気に入っている記事といえば? また、読者に評判だった記事は?
leperlineさん:●忘れた頃にやって来た。。。2006-12-14 ビーズアートジャパン大賞入選を頂いた作品です。35個の天然石のモチーフをつなぎ合わせ、思い通りのフォルムになるまで何度も何度もやり直してようやくできあがった思い入れの深い作品です。

Summer Snow ネックレス@ママリブ 2007-07-24 ママリブのお教室用に作った作品の中で最もお気に入りのネックレス。お教室の先生のお役目も慣れてきた頃でした。

フライフィッシング釣行記in信州 2006-08-17 長野県奈川、大雨の被害が多かった年。そして釣り歴7年目にして初めて熊に遭遇した釣行。まさに自然の驚異と隣り合わせで釣りをしていると実感しました。

春風 2008-03-10 まる2年かかってようやくできあがった私たちの家。途中、紆余曲折有りました。母の命日に墓前に報告した日、春風が心の中をさっと吹きわたったような清清しい気持ちをいつまでも忘れないでいたい。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
leperlineさん:長い休日があったら、山や川がすぐ側にあるつろげる心地よい宿に泊まり、気の向くまま夫婦で釣りをしたり本を読んだり、散歩したり、とにかくのんびりしたい、です。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは??
leperlineさん:地球温暖化問題。人間も動物も平和に暮らせる地球のために身近なことから出来ることを実践です。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!?
leperlineさん:いつもご訪問いただきありがとうございます。
作品に興味を持っていただいたり、コメントを頂戴したり、アクセサリー作りを続けてきて心から良かったといつも本当に励みとなります。
とてもマイペースなブログではありますがお暇なときに遊びにいらしていただければ幸せです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【leperlineさんが好きなブログ、気になるブログ】 

森のフィッシュ魚ッチング」 
森の美しい自然と渓流で撮った魚の写真とともに、フライフィッシングの魅力をつづるheboheboyさん。金色に輝くアブラビレのアップ写真、水中のレインボーの写真、ライズの瞬間、などなど写真を見ているだけでもワクワクしてしまう上に、文章も最高に楽しい。

hana*blog
komiさんの柔らかい色と雰囲気のお写真が好きです。お人柄が表れているような優しいブログです。愛犬のまめたんの可愛らしさについ笑顔もほころび癒されます。

海の青と空の青」 
hiroさんのお菓子はプロの腕前。お料理のレパートリーの広さ、アイデアの豊富さにいつも脱帽です。

クイイジーヌmintoto@北九州」 
mintotoさんの作られる和菓子はおみごとです。食材や作り方に対する探究心もすばらしく、同じ料理の数あるレシピの中からmintotoさんのをときたまこっそり拝借させていただいております。

お外にゃんこの家修行4」 
お外猫がお猫入りし、修行を重ね里親さんへ譲渡されるまでの修行記。
ここの猫ちゃんたちは本当に幸せな猫ちゃんたちだと、幸せのおすそ分けをもらったような気持ちになります。



【leperlineさんのライフログ】

ずっと一緒さ
山下達郎 / / Warner Music Japan =music=

http://item.excite.co.jp/detail/ASIN_B001277M92/
美しいメロディーラインと懐かしい達郎の声。やっぱり山下達郎はいい!と改めて再確認。


晴れときどき猫背―seabreeze from kamogawa〈2〉
村山 由佳 / / 集英社

辛い時は雨の日の猫のように背中をまるめてやり過ごそうよ。その後に、ちゃんと嬉しいことが待っている。元気が無いときにこの本のことを思い出す。
猫の親子の子離れのシーンは何回も読みかえし、泣けました。


スタイリッシュ・ビーズジュエリー
日柳 佐貴子 / / 文化出版局

ビーズ作家の日柳さんの本。私のビーズアクセサリーのすべての原点がこの一冊から始まったともいえます。


leperlineさんの「Le Perline ビーズ*days」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-04-08 16:53

c0039735_15461567.jpgナスや玉ねぎだけのハンバーグ、キャベツの味噌カツ、もやしのから揚げ、じゃがいも団子、山芋パン…etc。
野菜だけでも立派なメインディッシュになる!?と驚きの一品から副菜まで、肉や魚は一切使わずすべて野菜だけで作ったヘルシー料理を提案し、読者に大人気!
野菜のおいしさを最大限に引き出したそのレシピは、ベジタリアンでない読者にも「とても参考になる!」「菜食生活に彩りが生まれました!」「おいしくって、簡単!」と絶賛です。
そんな人気レシピが待望の一冊にもなった話題のブログ、「vege dining 野菜のごはん」のizumimirunさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
izumimirunさん:料理メモのつもりで始めたんです。写真とレシピを記録するのに、ブログは便利かなと。エキサイトブログを始める前は、レシピサイトに参加していたのですが、画像のサイズや文字数に制限もあるし……。もっと自由に表現できるのはブログかもと思って始めました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
izumimirunさん:野菜が好きなので、野菜だけのお料理を紹介しています。一応ベジタリアンと言ってはみてますが、単に偏食なだけ。好き嫌いの趣味のベジタリアンです。
目指すものやアピールするものなんて特にないです。自分が「おいしい!」と思ったレシピをご紹介してるだけ。それに簡単な料理ばかりで恥ずかしいくらい……。料理教室にすら行ったことない素人料理ですが、野菜のおいしさを知ってもらうきっかけになれば嬉しいですね。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
izumimirunさん:すごくたくさんの素敵なお友達ができました。見も知らぬ方なのに、コメントのやりとりで励まされたり、嬉しくなったり……。いただいたコメントは私の宝物です。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
izumimirunさん:自分の好きなことを発信できることでしょうか。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
izumimirunさん:ええ!? それは難問ですね。酔っぱらい!? お調子者!? 食いしん坊!? 自分で言うのもあれですが、素直で性格いいと思います。裏表がないのが取り柄かな……。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
izumimirunさん:エキサイトブログの方では『京都 Macrobiotic Style なかがわ』の善右衛門さんに憧れています。それからコメントいただくみなさん全員です!

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
izumimirunさん:料理です。

エキサイトブログ編集部:夢は?
izumimirunさん:アハハ♪ 夢見るお年頃は過ぎてますよー! あえて言うなら『家族なかよく、元気よく。楽しく毎日過ごせるといいな』ってな感じでしょうか。

c0039735_102425.jpgエキサイトブログ編集部:とてもヘルシーな野菜料理をたくさん紹介されていますが、野菜料理の魅力や作る楽しみは?また、自分らしいレシピ作りに心がけていることやこだわりなどは?
izumimirunさん:ベジタリアンになって最初の頃は、野菜だけじゃ物足りないから味つけを工夫しなきゃとか、ダシを丁寧にとらなくちゃとか、油やスパイスでパンチきかせなきゃ、なんて思ってましたが、それはカン違い。さっと蒸しただけ、炒めただけで野菜はおいしい。副菜や小さなおかずだけじゃなく、メインにも十分なれます。野菜だけの食生活でも不満は全然ないですよ。
自分らしいレシピ……。めんどうがりなので、「簡単ですぐできる」「少ない材料で作れる」「どこにでもある材料で作れる」あたりでしょうか。特別な素材を使ったり、手をかけたお料理はほとんど作りません。
レシピは考えるというか……。台所に立って材料みながら「こうしてみようかな」みたいな感じです。でも、お料理は趣味なので本はたくさん持ってます。お料理の本を見ながら「野菜だけでも作れるかな」と考える時間も楽しみです。

エキサイトブログ編集部:『野菜のごはん』の本を出されましたが、ブログが本になったいきさつや感想本作りの際にこだわった点は?
izumimirunさん:ブログを始めて半年くらいからでしょうか。いろんな方から「本にしてほしい」と言っていただくようになりました。最初は「私のレシピなんて」と思っていましたが、たくさんの方から励ましの言葉をいただいて……。
フリーライターの仕事をしていますので、出版社さんとおつきあいもあります。何人かの編集の方に相談に乗っていただいたところ、本にしましょうということになって……。本当にラッキーだったと思います。
今度の本では、ブログにコメントくださる方にアンケートをとり、人気レシピベスト10も紹介。メインのお料理、小さなおかず、スープや麺類、デザートまで、全部野菜だけのお料理です。
そうそう、レシピだけじゃなく、いただいたコメントもできるだけたくさん載せさせていただきました。仲良くさせていただいてるみなさんのお名前出させていただきたかったんです。今読み返しても嬉しくて……。自分の本、それもレシピ本を読みながらうるうるしている私って、かなりヘンかもしれません。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
izumimirunさん:夕ごはんの前にビール飲みながら、夫とダラダラしゃべっているのが幸せです。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている料理や記事、また、読者に評判だったポストは?
izumimirunさん:★2月6日 熱々☆xyaxyaうどん 
xyaxyaというのはお友達の名前。彼女にプレゼントしたうどんレシピなのですが、これが大人気に。ものすごくたくさんの方に作っていただいて驚いています。

★11月6日 こんがり☆白菜生姜焼き 
女優のともさかりえさんがご自身のブログにこのレシピのことを書いてくださったおかげで、本当にたくさんの方に作っていただきました。テレビでも紹介されたんですよ。

★2月19日 焼き肉屋さんの☆葱サラダ 
お友達が焼き肉屋さんで食べた葱サラダがおいしかったとブログに書いていて……。
その味を想像して作ったレシピ。これもすごく評判でした。

エキサイトブログ編集部:最近、感動したことは?
izumimirunさん:本の出版をたくさんの方が喜んでくださって……。ご自分のブログで宣伝してくださったり、ライフログとして載せてくださったり。書店に平積みになってる写真をわざわざ撮ってブログに載せてくださった方も。本当に嬉しくて、何度も涙ぐんでしまいました。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
izumimirunさん:ちょっとは知的なところも見せなきゃと(笑)、夫に「最近気になるニュースはあった?」と聞いたところ国連が27日に「世界がもっと知るべき10大ニュース」を発表したと教えてくれました。メディアの関心などが薄く見過ごされた10のニュースをあげたものですが、確かに知らなかったことばかり……。ショックだったし、考えさせられました。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
izumimirunさん:温かなコメントを毎日たくさんいただいていて、本当に本当に感謝しています。素人料理なのに試してくださる方もたくさん。飽きっぽい私が1年以上もブログを続けてこられたのはみなさんのおかげです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【izumimirunさんが好きなブログ、気になるブログ】 

★1位 「ともさかりえオフィシャルブログ
女優さんなのに日常のことをさらりと書いてらして、本当に素敵。
お人柄もきっと素敵な方なんだろうな……。ファンが多いのもうなずけます。

★2位 「京都Macrobiotic Style なかがわ
お料理もお写真も本当に素敵で大ファンです。善右衛門さんの本も持ってます!
こういうお料理を作れるようになりたい。全然足もとにもおよばないのですが(笑)。

★3位 「ばーさんがじーさんに作る食卓」 
すごく有名なブログですよね。お料理も素敵だし、風景の写真も素敵。
時々お 邪魔してはうっとりと眺めています。

★4位 「犬のいる生活【八王子発信!】
これも有名なブログ。隠れファンです。
ちょくちょく覗いてはニヤニヤしながら見させていただいてます。

★5位 「ooLife*オーガニックレシピ手帖*
お友達のレシピブログですが、とにかくアイディアとセンスがすごい。
いつも ビックリしながら見ています。



【izumimirunさんのライフログ】

わたしを離さないで
カズオ イシグロ / / 早川書房


日の名残り (ハヤカワepi文庫)
カズオ イシグロ / / 早川書房

本は好きなのでたくさん読むのですが、最近はまって全作品読破したのがカズオ・イシグロの小説。どれも一気に読んでしまいました。
『わたしを離さないで』はちょっとミステリーのような謎解きの楽しみが、『日の名残り』はまた全然違い、静かで美しい作品。カズオ・イシグロの小説はどれもおすすめです。


聞き書・ふるさとの家庭料理〈19〉日本のお弁当
奥村 彪生 / / 農山漁村文化協会

感動というのとは違いますが、これは大事な一冊。昔のお弁当を再現したものなのですが、お弁当マニアなのでもううっとり。
花かごにふか し芋だけが入ったお弁当なんか最高です。粗食って素敵。



【izumimirunさんの本】

c0039735_1546519.jpg

izumimirunの「vege dining 野菜のごはん」
庄司 いずみ / / 扶桑社






izumimirunさんの「vege dining 野菜のごはん」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-04-01 18:04