今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

c0039735_13252535.jpg自然の中で出会った野鳥や野草をスケッチ。自然の美しさや大切さを伝えてくれる自然画ブログとして注目されている、「スケッチ感察ノート」。今回は、1960年代からフィールドスケッチを描き続ける自然画家のhitakijoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
hitakijoさん:こちらこそ、大変お世話になっております。
昨年の誕生日のプレゼントは私にとって、とてつもなく凄いものでした。それはなんと「Mac Book」だったのです。「パソコンが欲しい」とはひと言も言ったことなどないのです。たまに、初めて行くところへの「路線の検索」で子供のパソコンを借りてはいました。動いているものを借りていましたから、ほかの操作などはぜんぜんできません。
まさか、プレゼントがパソコンとは、さて、どうしよう。ほとんど飾ってあるような状態になっては、もったいない。あー、もったいない。あー、どうしよう。どうしよう。
というわけで、ブログを始めました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
hitakijoさん:私のブログは自然画とフィールドスケッチで実写の画像はほとんどない地味なブログです。しかし、毎日更新しています。自然の楽しさ、面白さ、そして大切さを絵で伝えたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
hitakijoさん:みなさんそれぞれ一生懸命に生きておられるのが感じられること。
また、行ったことのない場所やそこに生きる「生き物たち」がいながらにして見られることですね。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
hitakijoさん:変な人。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
hitakijoさん:コメントしてくださる方全員。といっても現実には無理だと思います。しかし、コメントを読むことで、とても生活にハリが出たことは感謝しています。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
hitakijoさん:絵を描くことですね。これ以外考えられません。

エキサイトブログ編集部:夢は?
hitakijoさん:実現しないと思いますが、自然画やフィールドスケッチの常設展示場所があったらな・・・と思っています。

エキサイトブログ編集部:フィールドスケッチはいつから描いてらっしゃるのですか?描くきっかけになったエピソードがあれば…。
hitakijoさん:1964年の冬、西丹沢(現在は丹沢湖に沈んでいる)での1羽の鳥との出会いから描いています。風景のスケッチに行ったとき、小さな沢の前でお昼を食べていると、沢に突き出た木の枝に1羽の小鳥が止まりました。翼の白斑が肉眼でわかる近さ、たぶん2mぐらいだったと思います。見ていると尾を振るわせ、私に向かって頭をピョコリとお辞儀をしました(後で習性とわかりましたが)。なんて人なつっこい鳥だろう、飼い鳥が逃げ出したのだろう(数十m先に農家があったので)とその時は思いました。
その後、住んでいた近くの小さな本屋で鳥の本を探しましたが、ありません。店番のおじいさんに「鳥の本はないか」とたずねると、奥からホコリをかぶった鳥の図鑑を持ってきてくれました。ページをめくると、あの時出会った鳥があり、シベリアから渡ってくる「ジョビタキ」とわかりました。飼い鳥ではなく、野鳥だったのです。
この時、東京近郊にもたくさんの鳥がいることがわかり、鳥を描くようになったのです。もし、あの時、ジョウビタキに出会わなかったら、自然画は描いてなかったでしょう。それだけ私にとって、ジョウビタキは特別な鳥なのです。ブログのH.N.もjobitakiにしたかったのですが、すでに使われていたので「hitakijo」(ヒタキジョー)にしました。反対から読むとジョウビタキ。私のブログはこのジョウビタキにささげるブログでもあります。

エキサイトブログ編集部:スケッチを描く楽しみや魅力は? また、生活の中で大切にしていることや癒される時間、記事アップの際に心がけていることなどがあれば…
hitakijoさん:スケッチは写真と違い、相手と接している時間が長いので、よりいろいろなことがわかって面白いです。スケッチブックの余白の文字が書けるのもよい点だと思います。
写真のようにあとで整理する必要もありませんから、いいですよ。

生活の中では、スケッチをすること、家族そろって食事をすること。この時間がやはり一番癒されます。
記事アップの際には、生き物の名前は絶対間違わないようにしています。間違って覚えられては失礼になりますから。
ほかのブログに結構あるので、とても気をつけています。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中で特にご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
hitakijoさん:すべての作品が気に入っています。どれも生き物との出会いの結果ですから・・・。
どれが評判だったかよくわかりませんが、コメントのほめ言葉が多かったのは下の作品。

2006年11月24日「自然画作品22・23・24
自然画22は、護岸の割れ目で逞しく生えるヒメガマとシベリアから渡ってくるツグミで自然の素晴らしさを、23は水元公園の秋の水面(みなも)を、飛ぶカワセミとともに表現しました。24は80年代良く通った上平井干潟の素晴らしさを黄金の水面と飛ぶ鳥で表現・・・。

2007年1月2日「自然画作品27・28
27は地元旧安田庭園で越冬した逞しさと可愛さを・・・、28は82年2月の中軽井沢で見た情景を描きました。

2007年1月17日「自然画作品29・30
また、29は83年2月の中軽井沢で見た情景を・・・、30はその翌朝の晴れた喜びを表現しました。

それぞれ、季節にあった可愛い鳥で色彩が鮮やかな点がみなさんに喜んでいただけたのだと思います。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
hitakijoさん:まだ行ったことのない北海道でフィールドスケッチを存分に描きたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
hitakijoさん:地球温暖化。世界中が関心をしめして考えないと、大変なことになるのでは・・・と思います。
私自身、草花の開花期が10年前とは随分違うと感じます。タンポポやハルノノゲシなどは真冬でもさいています。すべて温暖化のせいかどうかはわかりませんが・・・。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
hitakijoさん:地味なブログながら大勢の方が見てくださって、とても感謝しています。「ありがとうございます」と申し上げたいです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【hitakijoさんが好きなブログ、気になるブログ】

上記3人の方は面識があるブログ開設以前からのお知り合いです。3人とも鳥の絵を描いている方で、3人の絵を見ることで私自身はとても刺激を受けている、とても素晴らしい絵が見られるブログです。3人の方がエキサイトだったので、私もエキサイトブログに決めました。

氏原巨雄の雑記鳥
氏原さんのスケッチはすべて野外で見た情景をその場で描かれているので、臨場感と自然の素晴らしさが見る人の胸を打ちます。カモ、シギ・チドリ、カモメの識別の第一人者でもある、鳥類画家さんです。

日々のスケッチ
この方は自然の厳しさを身を持って経験するため、2年ほど北海道で生活し、自然の素晴らしさを女性らしい瑞々しさで表現されています。新進気鋭の女流鳥類画家さんです。

MU's Diary
この方はまだ若いのですが、小学生の時から鳥を観察しその後鳥類画家になられました。
自然への接し方が謙虚で、その作品は優しさに溢れています。

山歩風景
毎日コメントを下さる方で、こちらも毎日訪れています。とても行動力のある方のようで、山歩きや旅行の写真がとても素晴らしいです。

野鳥道傳説
画像も素晴らしいですが、コメントのレスがとてもていねいで、自然の接し方がとても素晴らしいと感じられるブログです。



【hitakijoさんのライフログ】

小さな人生論―「致知」の言葉
藤尾 秀昭 / / 致知出版社

人はどう生きるべきか?の指針になる本で、
先達の言葉には感動を覚えました。

hitakijoさんの「スケッチ感察ノート」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-03-27 14:30

c0039735_23374933.gif素敵なカフェで、一杯のコーヒーや紅茶にほっこり心が癒されるブレイクタイム。そんな心が落ち着くカフェめぐりの日々を素敵な写真とともにつづる…。今回は、そんな居心地のいい暮らしを楽しむ「いさお&さおりの日記」のbelgium44さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
belgium44さん:こちらこそ、いつもお世話になっております。ブログをはじめたのは、「ブログ」という言葉をよく耳にするようになり、「はじめてみようか」という簡単なノリです。
そして、去年の3月末に、エキサイトブログに引っ越してきました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
belgium44さん:特に一貫としたテーマはありませんが、自分の好きな雑貨と器とカフェを中心に、自分なりのライフスタイルの一部を集めたブログです。
かなり自己満足なものなのですが・・・・

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
belgium44さん:性別・年齢・住んでいる地域関係なく、色々な方とコメントでお話ができることです。
それも、日記的なブログの方・ペット関係のブログの方・雑貨や手作りのブログの方・
写真的なブログの方・食ブログの方など、テーマが違ってもこうやっていつも
お話ができるのは素敵な出来事ですし、自分では考えつかないコメントを頂いて
新鮮で刺激にもなります。
もうひとつ特にエキサイトブログに関しましては、エキサイトブログに引越しをしてから
自分のテーマは変わっていないのに、訪問者が増えて楽しくなりました。
本当に不思議なのです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
belgium44さん:こだわり屋さん。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
belgium44さん:コメントして下さる方、全員にお会いしたいです。
住んでいる地域もバラバラなので夢かもしれませんが・・・
さほどコメントは多くないのですが、いつも同じ方々が見てコメントを下さって
とても嬉しく私のエネルギーでもあります。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
belgium44さん:やっぱり私のブログのメインである、雑貨と器とカフェです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
belgium44さん:結婚後はさっぱり回数の減ったヨーロッパ旅行に、年2回は行きたいです。
もうひとつは、器や食器は好きなのに、料理が下手なので器に負けないくらい
料理が上手くなりたいです。

エキサイトブログ編集部:素敵なカフェめぐりをされていますが、カフェめぐりの楽しみや魅力は? また、生活の中で大切にしていることや癒される時間、記事アップの際に心がけていることなどがあれば…
belgium44さん:お気に入りのカフェを多く知って見つけるために、先入観を持たずに行くようにしています。1番の楽しみは、はじめて行ったカフェが自分の好みに合っていて
居心地がよく「また行こう!」と思えることです。
普段の日常では、小さなことですが、平日どんなに忙しくても、家でカフェタイムを
作ること。その日に飲むカップを選んでコーヒーと紅茶を淹れることが
1番癒される時間です。
心がけていることは、出来る限り背伸びせず素のままで載せること。
無理をすると続かないので。(撮影の時にテーブルが散らかっているのを隠す程度の
背伸びはしています)

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
belgium44さん:写真力にはまったく自信がないので、まだ気に入っている作品は残念ながらないのです。
特にこれが評判だったものもないのですが、つい最近の3/6待ち針を・・・の写真は、とても撮影の上手な二人の方から誉められたのが嬉しかったです。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
belgium44さん:やっぱり海外旅行に行きたいです。
ヨーロッパ方面が大好きで、本当はベルギーが1番大好きなのですが、
その一方で、人があまり行かない方面に先に行くのが好きなので
最近ではバルト三国やクロアチアなどに行ってきました。
なので、原点に返るというか、最近ご無沙汰しているベルギーや北欧、
フランスのアルザス地方に行けたらと思います。
何をするというより、石畳の街並みが大好きなので、
石畳の旧市街をぶらぶらして写真が撮りたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
belgium44さん:若認知症。
身近なところで、認知症の者がいるだけに、とても人事とは思えません。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
belgium44さん:普通のブログですが、いつも訪問&コメントして下さって、感謝でいっぱいの気持ちです。
上でも触れましたが、私のエネルギーでもあり嬉しい限りです。
これからもよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【belgium44さんが好きなブログ、気になるブログ】

蒼いみかんparis et japon
日本とフランス在住の方お2人でやっておられる素敵なブログ。
写真がとても綺麗で、もう普通のレベルではありません。
お2人が単独で書かれる時もありますが、1人が写真でもう1人が散文というコラボも
質が高く面白いです。

おまけ猫たちとの日常
基本は猫ブログなのですが、お料理や器やコンフィチュールも猫ちゃんと共に
よく登場し、また猫ちゃんの写真も風景も被写体もとても撮影が上手です。
ブログは写真も綺麗に撮らないと・・・・と彼女のブログから学びました。

ヒトは猫のペットである
もう有名なブログなので、私が語る必要もないのですが・・・
猫ブログというよりも、ご本人がおっしゃっている「猫を撮るというより
猫のいる空間」の写真が素敵で、撮影所のような自宅も素晴らしいです。

Pour toujours
フランスが大好きな、ただ大好きなだけではなく、毎日のフランス語のタイトルも
素晴らしいです(私は読めませんが)
ライフスタイルも素敵で、とても賢く可愛らしい方だと感じでいます。

Rolling in Morocco cheeky diary
彼女がモロッコ在住の時から、ブログで仲良くなりました。
観光ガイド的なものではなく、モロッコの面白いエピソードや日常の写真
モロッコ料理や雑貨など、楽しいブログです。
写真もとても上手です。



【belgium44さんのライフログ】

ボエム
ディープ・フォレスト / / ソニーミュージックエンタテインメント

日本ではほとんど知られていませんが、ディープ・フォレストのCDは全部持っています。
(でもネームカードのキーワードに10名の方が登録していて驚きました)
特に好きなのが2枚目の「ボエム」
アフリカ・ラテンアメリカ・アジアなど、世界の民族音楽などをミックスしていますが、
このアルバムは東ヨーロッパ。
哀愁を帯びたメロディが素敵です。
知らない方も、アルバムの中の「フリーダム・クライ」は昔、シビックのCMで
使われていたので、聞いたことがあるのでは?

belgium44さんの「いさお&さおりの日記」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-03-20 17:59

c0039735_18213855.jpgとてもナチュラルでシンプルな中に独特のムードが表現されている一枚の写真。今回は、眺めているだけで心が癒されるような写真を紹介する、「ココロ写真」のmoncocoroさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
moncocoroさん:こちらこそ、有難うございます。
雑誌「カメラ日和」でブログを知りました。
PCを持ってなかったので職場でこっそり色んな方のブログを覗きました。
気がつけば日課になっていて、
中でもlomolifeさんのブログが大好きで
私もはじめてお友達になりたい…という下心からPCを購入してはじめました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
moncocoroさん:素直になれない私が素直になれるカメラ散歩中に切り取った写真をUPしています。
花が咲いた、今日の空は綺麗だった、可愛いネコがいた等
日常に目にするモノばかりです。
そんな小さな事に対して感じたココロが伝われば嬉しいです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
ブログのよさは?

moncocoroさん:出会いです!写真ブログの方を中心に
ハンドメイド・イラストなど色んな方とブログ上でお話できて
とても楽しく、いい刺激を頂いています。
友人の間で飽き症と思われている私が続けているので
飽き症説撤回できると思ったのですが
それは皆さんのお陰&気軽に記事を書ける事だと気付き撤回はしない事にしました。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
moncocoroさん:熱しにくく冷めにくい人。
人からは「何を考えているか分からない」と言われますが
(それが理由で振られた経験アリ)、
実際は何も考えてないです。不器用ですから…。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
moncocoroさん:1月にhassakuさんnicoさんと会えたので…
いつか会いたいなと勝手に思っているのはpokoさんです!
今年は色んなブロガーさんに会えるような気がします。
「はじめまして」の瞬間の緊張感が癖になりそう。もうなっているかな…。
今月もブログ友達のpezさんannさんと会う予定です。お二人と会うのは今回で4.5回目です。とても楽しみ。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
moncocoroさん:もちろん写真!!!1番から変わることはないと思います。

エキサイトブログ編集部:夢は?
moncocoroさん:写真家の荒木経惟さんと飲みに行って叱られたい。
あと結婚したら縁側のある小さな家を建てて家族写真を撮り続けたい。
あとあと…いっぱいあります。

エキサイトブログ編集部:心が癒されるような写真が魅力的ですが、自分らしい写真を撮ろうと心がけていることは?また、写真を撮る楽しみやこだわりなどがあれば…
moncocoroさん:考えて撮るのは向いてないみたいなので
気になったモノをそのココロのまま撮る!
同じ被写体を何枚も撮っても結局1枚目がお気に入りになります。
こだわりは…無理しない事!楽しく撮る為に大事な事だと思っています。
それは写真に限らずですが。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
moncocoroさん:★気に入ってる作品
・10/31「宮古島 2006 ~吉野のおじさん編~」はじめて行った宮古島で出会った吉野のおじさん。
おじさんもこのポスト見てくれて、とても喜んでくれました。
・8/28「他愛もない事
小さな幸せに気付けたら日々が楽しくなるだろうなと思い書きました。
共感して下さった方が多くてとても嬉しかったです。

★評判だったポスト
・7/25 「耳を澄ませば…
昨年の夏、姪っ子と何度も行った場所でとったヨーヨーと空の写真。
プチ日記に小学校時代の恋話を書いたら沢山の方からコメントを頂けました。

エキサイトブログ編集部:最近、感動したは?
moncocoroさん:もうすぐ2歳になる姪っ子に名前を呼ばれたこと。
 会う度に色んな言葉を話すようになっていて
 この間ついに「mon」と呼ばれて思わず抱きしめました。おばバカです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
moncocoroさん:今日のニュースで~大阪の小学校 130年の幕とじ間近~
そこに通っている小学生が「ここで卒業したかったです」と言っていて
何とも言えない気持ちになり、
自分の母校がなくなる事を考えたらとても寂しくなりました。
あと天気予報。休日が雨の予報だったら前日まで「ハズレろ~」と念じています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
moncocoroさん:どうもマイペースmonです。
いつも有難うございます!
これからもカメラ散歩の中で見つけた小さな発見・想いを
記事にしていきたいと思っています。
よろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【moncocoroさんが好きなブログ、気になるブログ】

oneday**camera**
写真が大好きなRicoさんのブログ。
見ているこっちまで写真最高!と思わせてくれます。憧れのブロガーさん。

いぬと写真の日々
 3匹の柴犬の写真日記ブログ。色んな表情が見れて柴犬好きにはたまりません。
撮り方も毎回違って楽しませてもらえます。そして癒されます。

今夜もブラシでやさしくして
最近リンクさせてもらったのですが、イラストブロガーさん。
色が独特で想像力が豊かでずっと見ていたくなります。

やわらかいじかん
ドイツで生活されているブロガーさん。ピントを合わせていない写真で
夢の中にいるような不思議な感覚になります。
タイトル通りの世界がそこにはあります。

happy smile.
娘さんとの時間など、ユキんの日々を優しい1コマで綴っているブログ。
日記の内容も素直で、ユキさんの人柄に惹かれている方も多いと思います。
私もその中の一人です。



【moncocoroさんのライフログ】

Camera People」 

100人による100枚を集めた1冊。
100枚の写真がぶつかりあわず自然な流れになっています。
参加者の写真に対する思いが感じられ刺激を受けると共に
写真は自由だと写真の新しい魅力に気付かしてくれました。
ちなみに私も参加させて頂いてます。
ブログお友達のsalsaさんsay-kaさんと一緒の参加で嬉しさ倍増です。

moncocoroさんの「ココロ写真」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-03-13 18:39

c0039735_15113987.gif何か言いたげに、ぎょろりとこちらに向けた視線。なんと動物がカメラを向いた写真ばかりを撮り集めた、ユニークなブログに注目。写真についたひと言も笑える、「動物チラリズム(動物のカメラ目線写真ブログ)」のやきそばかおるさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
やきそばかおるさん:実は3年前から「1000ネタ大行進」「高田純次発言集」といったホームページも作っているのですが、エキサイトブログは写真がたくさん載せられて更新も簡単なので「動物チラリズム」はコチラにしました。ブログは2006年6月スタートで、1年前から撮っていた写真がたまった時点でスタートさせました。その後、1~2日に一度のペースで地味に更新を続けて現在は230種の動物のカメラ目線の写真(チラリ写真)を公開しています。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
やきそばかおるさん:全国50ヶ所の動物園に行って撮ってきた、動物がカメラ目線をしている写真(チラリ写真)を載せたブログです。ただ、それだけだと飽きるので、カメラ目線をしていない時の写真と比較しています。ちなみに「チラリズム」は動物がカメラを「チラリ」と見た瞬間を「ズーム」で撮っているのでこのタイトルにしました。それがどうしたと言われても困りますが。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
やきそばかおるさん:フリーの構成作家という仕事上、東京にこもることが多かったのですが、「動物チラリズム」を始めてからは積極的に全国各地に行くようになりました。よく考えたらライオンとかキリンとかはわざわざ北海道とか沖縄まで行かなくても上野動物園に行けば撮り放題なんですけど(笑)。動物園によって全く雰囲気が違うのが新鮮で、パンフレットも全部保存しています。おかげで動物園には詳しくなりました。「ライオンを見たいならここの動物園」とか「デートで行くならこの動物園」「絶景を楽しみたいならココの動物園」などノートにメモしています。そのうち公開できれば・・・と思います。ちなみに、羽村市動物園のパンフレットの動物の絵が実に艶やかでおすすめです。ごく限られた人のための情報ですけど。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
やきそばかおるさん:全国、色々な動物園に行っては写真を撮ってくるので、その地方の方から「よくこんな遠くまで来ましたね」というコメントをいただくのが嬉しいです。多分、あきれられてるんでしょうけど(笑)。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
やきそばかおるさん:ハシビロコウのような人。ハシビロコウはテレビでも紹介されたことがありますが、じっとして動かない鳥として有名です。魚に目をつけると魚を獲るタイミングがくるまで何十分も待ちます。ワタシも動物がカメラ目線をしてくれるまで最大で1時間は待ちますので似ています。だからどうしたと言われても困りますが。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
やきそばかおるさん:内田春菊さん&清水ミチコさん:内田さんは大の水族館好きで全国50ヶ所をまわられたそうです。いずれは「水族館ファンVS動物園ファン」でお話ができたらな~と思います。あくまでも夢ですけど。清水ミチコさんはブログで猫の写真を掲載されていてめちゃめちゃ可愛く撮れているので動物の話ができればと思いまして。これも夢ですけど。

エキサイトブログ編集部:夢は?
やきそばかおるさん:世界の動物園に行くこと&世界の野生のマンドリルのチラリ写真を撮ってくること:マンドリルは顔の雰囲気が1頭1頭 全く違います。華やかな化粧をした歌舞伎役者ふうの顔をしています。様々な野生のマンドリルの写真を撮ったら いずれは写真集を作って母が40年間勤めた保育園の子どもたちに感謝の意味をこめて寄贈するのが目標です。でもその前にお金をためないといけないんですけど。

エキサイトブログ編集部:動物の目線だけを撮りだめようと思ったきっかけは?撮影枚数・撮る時のコツなどは?
やきそばかおるさん:ちょうど横浜市の野毛山動物園でキリンの写真を撮っていた時、2頭いるキリンが、われもわれもとカメラ目線をしてきたのを見て、「園内にいる動物がカメラ目線をしている写真を片っ端から撮っていこう」と思って撮り始めました。現在はカメラ目線の写真が1000枚、それ以外の写真を含めると10000枚はあります。
カメラ目線の写真を撮るコツはハッキリいってありません。ひたすら待つのみです。ちなみに「最高チラリ待ち時間」は、京都市動物園のカリフォルニアアシカで1時間10分。池の水が濁っているので一度水に潜ってしまうと次にどこから顔を出してくるか全く想像がつきません。カメラを構えたままじっとして動かないことがあるので知らない子どもからヘンな目で見られることがありますが、そんなことを気にしてたらカメラ目線の写真なんて撮れません(笑)

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
やきそばかおるさん:気に入っている作品
2006年 10月16日付け
日立市かみね動物園 ライオン
ライオンというと夜行性なので昼間は寝ているイメージが強いですが、ここのオスとメスは見ていて嫉妬するくらい仲が良く、昼間からイチャイチャしています。ただし、チラリ写真ではオスが目をつむってしまい、とある有名芸能人みたいな顔になってます。詳細はブログにて。

2006年 8月2日付け
上野動物園 ハシビロコウ
注目すべきはそのムダに気合の入った目ヂカラ(←「ムダに」は余計)。非常にりりしい顔をしていますが、魚を撮る瞬間の顔は・・・ブログを見てのお楽しみ。

評判がよかったもの
2006年 12月22日付け
鹿児島市平川動物園 アミメキリン
男性からの人気が非常に高かった写真。桜島の広大な山をバックに、マイペースなキリンのチラリ写真を撮影。平川動物園はキリン好きにはたまらないスポットなのですが、なぜおすすめなのかはブログにて。

2006年 10月19日付け
旭山動物園 ボルネオオランウータン
女性からの人気が非常に高かった写真。旭山動物園でおなじみのオランウータンの空中散歩。親子で競い合いながら ものすごいスピードで綱を渡っている写真。どのくらいすごいかはブログを見てください。

エキサイトブログ編集部:最近、感動したことは?
やきそばかおるさん:夜行高速バスのデラックス化:よく高速バスを使って全国に行くのですが、仙台に行くときに乗った夜行高速バスは新型車両で、座席も外国製でフカフカ。寝たらあっという間に仙台に着いていて、信じられないくらいスヤスヤと眠れました。とはいえ、もっと新幹線を使えるようなセレブになりたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
やきそばかおるさん:高田純次さん、還暦。(高田さんも動物好きです) 個人的に作っていた「高田純次発言集」がきっかけで某テレビ誌の「高田純次特集」を担当させていただきました。とても60歳とは思えない「くだらない発言(←良い意味で)」連発で、一緒にいらっしゃった関根勤さんに「高田さん、よくそんなにくだらないことばっかり思いつきますよね!」と連呼させていました。それにしても「あの」高田さんが還暦だなんて・・・

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
やきそばかおるさん:「究極の癒し系ブログ」といってくださる方もいらっしゃるのですが、実は動物に一番癒されているのはワタシだと思います。感謝しています。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【やきそばかおるさんが好きなブログ、気になるブログ】
●「4325清水ミチコブログ
ワクワクさせるブログ。某テレビ誌のお仕事日記の文章でも定評のある清水ミチコさんが、「本当にちょっとしたこと」を紹介。途中で更新が滞って脱落しているケースが多い芸能人ブログの中で高いレベルと更新頻度を保っている秀逸ブログ。

●「白金の森から
嫉妬してしまうブログ。「なんでそんなに綺麗な写真が撮れるんだ?」「同じ日本なのに、なんて綺麗な景色をご存知なんだ?」という意味で嫉妬してしまう。北海道の絶景がこれでもか、これでもかと掲載されていて、見ているうちに思わず引っ越したくなる。

●「ばーさんがじーさんに作る食卓
せちがらい世の中に一筋のあたたかい光を照らしてくれるブログ。70歳の妻が「減塩・ローカロリー」をめざす夫のために作った料理を紹介。丹精こめて作った料理を文学風に表現した文章が秀逸。ここに出てくる料理を毎日食べられる旦那さんがうらやましい。

●「ある編集者の気になるノート
油断しているとビュンビュン更新されるブログ。出版社に勤める「ある編集者」が日々気になることをどんどん紹介。ただでさえ仕事が忙しいのに毎日2~3ネタも更新している姿が素晴らしい。時折グチが入っているところも人間らしい。

●「やきそばかおるの気になるじゃないか
「手前味噌すぎてスミマセン」的なブログ。その名の通り、ワタシが気になったことを淡々と紹介。「ある編集者さん」と違って、読んだからと言って脳みそのシワが増えるワケでもなく、世の中が何か変わるワケでもないが、ネタの数は950本を達成。だからどうしたと言われても困りますが。



【やきそばかおるさんのライフログ】
Lovin’Life
FUNKY MONKEY BABYS / / ドリーミュージック

タモリさんの音楽番組にも出演したヒップホップユニット。ヒップホップだからといって敷居が高いわけではなく、なぜか親近感が沸く3人組。DJケミカルさんがタモリさんにおもいっきりイジられていましたが、なぜイジられていたのかは公式サイトで写真を見ればスグに分かります。ちなみにファーストシングルのタイトルは「そのまんま東へ」

雷音
ジン / / パームビーチ

これまたタモリさんの音楽番組にも出演したバンド。ボーカルのひぃたんが非常にパンチの効いたボーカルで○○をしながら歌っている姿を見てタモリさんがビックリしていましたが、タモリさんがなぜ驚いたのかはPVで歌っている姿を見ると分かります。一度見たら忘れられない、頭にこびりついて離れられないバンド。

川べりの家
松崎ナオ / / エムアンドアイカンパニー

ジャケットに高田純次さんを起用。ステテコ姿でくつろいでいる高田さんの写真が笑いを誘うが、曲のほうは隠れた名曲。いらないメロディーを一切捨てて淡々と歌っています。たった3分で人生のちょっとした喜びを見事に表現している。NHK「ドキュメント72時間」のテーマ曲。

やきそばかおるさんの「動物チラリズム(動物のカメラ目線写真ブログ)」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-03-06 16:47