今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

c0039735_14515148.gif思わず立ち寄ってお茶でもしたくなるようや和風茶屋から、夢あふれる真っ白いドールハウスまで登場。豆粒のようなフードやキッチン小物、手のひらサイズの家具、家に飾っておきたいハウスなど、これまで手作りしたミニチュアを紹介。今回はそんな夢あふれる作品を手作りする「Fate’s smile」のfrom-shihoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
from-shihoさん:こちらこそお世話になっております。きっかけは、最初「ブログ」って何?!という疑問から・・“知る為には実践が一番だ!”と、始めてみました。使えば使うほどブログの便利さが快適でした。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
from-shihoさん:開設当初は日常の出来事もUPしていたのですが、今ではミニチュアの製作日記が主になってしまいました。それはそれでいいのですが・・
最近何気ない日常の出来事が面白く見えてきて「毎日更新しようかな~?」と思っていた矢先!!な、なんと!「ピックアップブロガー」のお話を頂きました!
びっくりして、初めは信じられなくて、パソコンの前を熊のようにウロウロしてしまいました。
これからもっと気軽に立ち寄られて、癒しを与えられるようなブログにしたいです。
そして、「毎日更新」これを期に挑戦します!

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
from-shihoさん:ブログは発信側と読者が身近に感じられます。いつも皆さんのコメントに感謝しています。特に私はミニチュア製作が終盤に入ると、洗顔フォームで歯を磨いても気付かない程なので、完成してUPする頃には・・・・。作品に対して熱く語りたいのですが、そんな余力もなく、皆さんが補足してくださる説明にいつも助けられています。これからもどうかよろしくお願いします^^;

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
from-shihoさん:たくさんありますが、使い勝手の良さから言うと・・投稿を携帯からでも簡単に出来る。記事が一目瞭然。スキンを手軽に換えられるところが気に入っています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
from-shihoさん:想像力で生きています。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
from-shihoさん:レミオロメンの大ファンなので、やっぱり「神宮司の司は寺じゃない!!」のレミオロメン・神宮司治さん!(姉が特に大ファンです) 現在、ブログの更新は終わりましたが復活を願っています。あの「イェ~イ」思い出にしたくない・・

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
from-shihoさん:「透明水彩画」(只今勉強中です)透明水彩画は、あの水みずしさがたまりません。ちゃんと上手くなったら、旅先からポストカードをささっと描いて、さっと友人に出したい。
あと、ブログでも紹介したい!その際は、なにぶん初心者なのであたたかく迎えてください。(ウソでも“上手いぞ”と・・。)

エキサイトブログ編集部:夢は?
from-shihoさん:3つあるのですが、①姉と行くヨーロッパ旅行②ミニチュアの個展を開く③家に岩盤浴を作る。②の個展では、ミニチュアを直接手にとって、触れてもらい何かを感じとって欲しいです。

エキサイトブログ編集部:ミニチュアのハウスをたくさん作ってらっしゃいますが、手作り歴や作る楽しさは?
from-shihoさん:きっかけは10年程前でしょうか・・?TVチャンピオンという番組の「ドールハウス王選手権」を観てから・・割り箸でテーブル?爪楊枝でイス?!と、その手際と発想に圧倒されて、放送中は口をぽか~んと開けたまま・・皆さんマジシャンでした!
番組が終わるとすぐ割り箸を割って真似をしましたが、どうも・・マジシャンには、程遠かったです・・。
頭で描いたものが形になるというのは格別です。製作途中は、筆洗いの水をこぼしたり、1時間かけて作った粘土を誤って潰したり、と・・数え切れないハプニングだらけですが^^;それを乗り越えてこそ仕上がった作品は感慨深いものがあります。
自分で作った作品でも、ずっと眺めていると自分が小人になりハウスに入れる時があります。
皆さんにも、それぞれ想うままのシチュエーションで満喫して欲しいです。

エキサイトブログ編集部:ちなみに、ミニチュアのアイディアや作り方の簡単なコツやこだわりなどを教えてください?
from-shihoさん:作品のアイディアは“前回と違うもの”を基本に考えます。ぼ~っとしている時ほど(いつも?)いいアイディアが閃きます。
そのアイディアを元に大体の寸法を決めて図面化し、必要な材料をDIYショップで仕入れます。
主な材料は・バルサ材(カッターでも簡単に切れる木材)・ひのき棒・スチレンボードです。スチレンボードに壁紙となる布やミニチュア用壁紙を貼付け、これらを組み立てて木工用ボンド(“速乾”が便利)で接着します。
家具も殆どはバルサ材で作り、アクリル絵の具で着色します。食べ物はパン粘土や樹脂粘土をそれぞれの風合いに合わせて使い分けます。
製作日数は会社のお休みを利用して作るので、大体・・1ヶ月に1作品です。
ミニチュアから香りや風を届けられるような、中にすっと入り込めるような、大きなミニチュアを作ろうと心掛けています。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
from-shihoさん:★読者に評判だったポスト
○’06 7/8 「* My beloved family *
私は独身ですが、旦那さまと子供がいる気持ちになりきって作りました・・役作りには苦労しました。爽やかな色合いが好評でした!

○’06 10/29 「日頃の感謝を込めて
ミニチュアフードのプレゼントを実施しました。もしかして・・応募者数0?!と思っていましたが、ちゃんとご応募頂けました。ありがとうございました^^

★自分で気に入っている作品
○’06 4/23 「太陽の下のガーデンルーム
レミオロメンの「太陽の下」が大好きで、手が勝手に動き出し形になりました・・?イスは3脚用意してPVにあったデッキチェアを作り、ギターもディスプレイしました。丁度、レミオロメンファンの方にお譲り出来て、嬉しさを共感出来ました。

○’07 2/24 「和菓子屋さん*春香庵*開店しました。
和風・・何で今まで作らなかったんでしょ。と、思うぐらい製作が楽しく進みました。和紙の風合い、日本庭園・家屋の飾らない質素さ・・あらためて「日本」は、いい文化です。

エキサイトブログ編集部:最近、感動したことは?
from-shihoさん:2/18(日)に青森県立美術館で行われた、アコーディオニストで作曲家のcobaさんのライブに行ってきました。美術館でコンサート?という好奇心が初めにあったのですが、いざ演奏が始まると、心と体に響く演奏とcobaさんのお話に笑いが止まりませんでした。
また、cobaさんのサポートメンバーでパーカッションプレーヤーの仙道さおりさんが上手い!!鳥肌以上の感動をもらいました。凄いです!かっこいいです!
いいものに出会えると製作意欲がふつふつ沸いてきます。音楽・絵・写真・本との出会い・・これからも大切にしたい。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
from-shihoさん:「地球温暖化」便利過ぎている世の中が招いた結果でしょうか。私自身、雪国に住んでいますが、今年は寒さを感じる日は本当に少なかったです。1月に自転車がらくらく乗れるとは正直快適でしたが、異常です。こんな楽な冬は逆に怖いです。
使わない電気はこまめに消す、冷暖房の温度を控えめにする、レジ袋を減らす等、気をつければ簡単に出来ることなので、二酸化炭素を削減してはペンギンが増えるイメージを想像し・・楽しみながら気をつけます。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
from-shihoさん:皆さんのコメントに励まされ、ここまで続けられました。製作中は皆さんの喜ぶ笑顔を想像して作っております。ブログを見てくださる方があってこそのブログです。これからも何かとお世話になると思いますが、よろしくお願いします!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【from-shihoさんが好きなブログ、気になるブログ】
レミオロメンTOUR BLOG」 
’06 11/4~12/30に行われた「ISLAND OVER THE HORIZON」のツアーブログです。ファン皆さんの想いが写真から伝わります。メンバーの様子もリアルタイムに感じとれて、ブログってこういう使い方もあるのですね~。

サンウがうちにやってきた!!」 
今度「ソウルで会おうね」って約束しています。サムギョッサル一緒に食べたい!

Keep on smiling」 
いつもコメントをくださるPapiさんのブログです。日常を楽しくさり気なく紹介されています。

-Sun&Moon Blog- 
素敵な自作のスキンがいっぱ~い!目移りしちゃいます。

野良にゃん写真集」 
我が家でもネコ3匹(野良出身)飼っています。写真を見ていると切なくなります・・



【from-shihoさんのライフログ】

HORIZON
レミオロメン / / ビクターエンタテインメント

レミオロメンは全曲好きです。特に普段聴いているのはHORIZON。いつも励まされ勇気をもらっています。レミオロメンに出会えて良かった!

長嶺輝明の「かわいい」写真術―誰も教えてくれなかった「被写体探し」と「空気感」のつかみ方!
長嶺 輝明 / / マーブルトロン

「写真」というと構えてしまいがちですが、題材は身近なもので充分。そして肩の力を抜いて、パチリと撮る。自分らしさが一番大事ということを教わりました。写真ページの隣にあるQ&A方式はとっても解りやすいです!

色の秘密―最新色彩学入門
野村 順一 / / 文芸春秋

色の影響力を考えさせられます。ミニチュアに取入れる際の参考書です。
この本から色への興味が沸きました。ミニチュアだけでなく、生活に溶け込んでいる色にも気をつけるようになりました。たかが色と思いがちですが、見直してみると生活が鮮やかになります。

笹倉鉄平画集
笹倉 鉄平 / / 求龍堂

笹倉さんの絵はとにかく丁寧。油絵・淡彩画・色鉛筆画・アクリル画・水彩画と、画材のジャンルを問わず使いこなせる方です。よくよく眺めていると“あ!”という発見もあります。

from-shihoさんの「Fate’s smile」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-02-27 13:18

c0039735_1221650.gifとっても美味しそうな手作りスイーツやパンの写真をはじめ、イギリスのすてきな風景や家族の何気ないショットをとらえた写真の数々。「おいしい!」「きれい」なロンドン暮らしの日々をつづりながら、読者との交流も大事にしている海外人気ブロガーのおひとり。「ろんどんらいふ」のmappetさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
mappetさん:目的は、日本に住んでいる家族と友達への近況報告ですが、やっと子育てが一段落したので、何か新しい事をやってみようかなぁ~と思ってはじめました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
mappetさん:タイトルの「ろんどんらいふ」の通りこちらでの日常を綴っていますが、自分で作ったお菓子、パンの写真、それから旅行の写真が中心です。
イギリスには、きれいな所がたくさんあるので、それを皆さんに紹介できたらなぁ、と思って写真を撮っています。
もうそろそろ子供達は、友達と遊ぶ方が楽しくなってきたようなので、家族の貴重な時間の記録をこうやってブログで残していく事ができてありがたく思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
mappetさん:初めは、国際結婚、イギリス生活、バイリンガルの子育て、楽しい事ばかりじゃない!!といった事を書くつもりだったのですが、いつの間にか読んで下さっている人にイギリスの良い所をたくさん教えていただいてイギリスもそんなに悪くないなぁ~と思い直しました。
子育てについても先輩お母さん方からのアドバイスは本当に貴重です。長女は現地校の他に週一度日本の学校に通って「国語」を勉強していますが日本と同じカリキュラムで進むので家でのサポートが大変です。他の国でも同じようにがんばっていらっしゃるお子さん、ご家族がいらっしゃるのもわかり心強いです。
こちらにきて最初の10年は、子育ても重なったせいか 本当に日本に帰りたい、帰りたいと思い続ける毎日でしたが、ブログのおかげで海外でがんばっている日本人の方がたくさんいらっしゃる事を知って本当に励みになりました。感謝しています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
mappetさん:即断、即決、即実行(突っ走る・・とも言いますが、笑)で、時々転ぶ。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
mappetさん:会ってみたかったブロガーさんに何人かにお会いできて本当にうれしく思いました。
ブログを通してでなければ絶対お知り合いになれなかった方々ばかりだし、自分の描いていたブロガーさんのイメージのギャップなんかも楽しいですね。
ブログがきっかけで仲良くさせていただいている「一日一膳」のzochikaさんのことは彼女流のジョークにすっかり騙されて「中年の女性」をイメージしていたので、初めてお会いした時は衝撃的でした。(笑)
写真に興味を持ったのは「今夜もeat it」のmoonisupさんのブログに出合ってからです。
「写真の師匠」と仰がせていただいていますが、実際にお会いして写真を撮る姿を拝見させていただいて本当に勉強になりました。最近はお菓子作りにはまっていらっしゃるようでその上達がすごいので、次は「お菓子の師匠」でよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
mappetさん:今はまっているものは、クロスステッチです。
なが~いイギリスの冬にはぴったり。
無言で一針、一針、くら~くチクチクしています。(笑)

エキサイトブログ編集部:夢は?
mappetさん:私の夢というよりも、旦那の夢なのですが、子供達が成長したらイギリスをさっさと引き払って(笑)日本のカントリーサイドでカフェを開くこと・・・だそうです。
旦那は、トトロに出てくるような家に住んでDIYをやりたいそうです。日本にIKEAも出来たしちょうどいい!と喜んでいます。(笑)
私は・・・イギリスで一生終えるのは ちょっと考えられないので(笑)どこか住みやすい国に移りたいですね。いい所があったら教えて下さい。

エキサイトブログ編集部:イギリスでの生活をエンジョイされていますが、そのきっかけは? また、生活の中でとても大切にしている時間や癒される瞬間は?
mappetさん:エンジョイするようにしています。(笑)

イギリスへ来る事になったきっかけは、中学2年生の夏休みに、イギリスに留学していた以前のピアノの先生を一人で訪ねました。そして先生のお友達が住んでいるウィーン、パリにも一人で旅行する事になったのですが、その時の経験は今でも私の宝です。もちろん英語なんて学校で習うレベル程度だったので珍道中でしたので今考えてもよくやったなぁ~と思います。(笑)その後、先生の旦那様と次回は英語で会話したい、絶対イギリスに戻らないと・・と思い続けて 現在に至っています。

どういう訳かイギリス人と結婚する事になってしまいましたが、これは想定外でした。(笑)
当時、私の保護者代わりをして下さった日本人の方が、旦那の会社の上司でした。その方のお宅でパーティーのお手伝いをした時に出会ったのですが、旦那は私がドアから入ってきた瞬間に「結婚する」、と決めたそうです(笑)。ドアには背を向けて座っていたので顔は見ていなかったそうですが・・・。
その日は一言も話はせず後から電話がかかってきたのですが、私は彼の顔も名前も覚えていなかったので間違い電話かと思ってしばらく無視していました。(笑)
去年めでたく結婚10周年を迎えましたが、育った文化、環境が違うので、日々努力ですね。子育ての仕方もぜんぜん違うのでよく話し合います。いろいろ大変な事もありますが、未だに新しい発見があっておもしろいです。

やはりこちらに住んでいると ありえない、、と思う事がたくさんあります。
もうすぐ在住14年になりますが スーパーで支払いの前に飲んだり食べたりする人には どうしても慣れません。
でも、イギリス流のサーカスティック(皮肉な笑い)は結構好きなので、やはりイギリス生活をエンジョイしているのかもしれませんね。(笑)
 
医療の問題、人種差別の問題、自分ではどうにもならない心配はたくさんあるのですが、ナショナルトラスト巡りをして豊かな自然を目の前にすると あ、、イギリスってすごい!!この国に住んでいて本当によかった、、と心から思い癒されます。

エキサイトブログ編集部:お菓子作り、パン作りがとてもお好きのようですが、作る楽しみやその魅力は?
mappetさん:もともと母がケーキやパンをよく作っていて手伝ったりしていたせいか、お菓子作りはイギリスに来る前からよくやっていたのですが、イギリスでは簡単においしいケーキが手に入らなかったので(今はフランス系のお店が増えましたが)自分で作るしかないという事情もありました。
お菓子作りをしている時は、それだけに没頭できて嫌な事も忘れてしまうのでストレス解消になります。 食べて太って・・・またそれがストレスになったりするのですが。。(笑)
最近は娘達がお菓子作りに興味を持ってきたようで、先日もバレンタインデーのチョコレートマフィンを一緒に作りました。「マミーのケーキは一番!!」なんて言ってもらえるとやはりうれしいですね。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また読者に評判だったポストは?
mappetさん:「サンデーランチ」2007-02-07
優雅にマナーハウスでのランチ。
イギリスならでは・・ですね。

お祝いのお菓子」2007-01-28
天然酵母のお菓子は本当においしいです。
最近作ったお気に入りのお菓子。

うれしいお客様たち。2006-09-01」
ブログで知り合った方達と家でオフ会になるとは・・・(笑)
実物のチャーリーに出会えて子供達は大興奮でした。

ストラスブール
12月に旅行したストラスブールは本当に素敵な所でした。
お菓子もおいしくて、まさに夢の国!(笑)

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
mappetさん:のんびりする時間。
こちらでは、子供の学校の送り迎えをしなければならないのでとにかく毎日忙しく終わります。 今、日曜日以外は毎日子供の習い事に振り回されているので、一日何もせず寝ていられたらそれで十分です。(笑)

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
mappetさん:2月からAir Passenger Duty(英国の航空旅客税)が引き上げられたこと。
何もかもどんどん値上がっていくので、恐ろしいです。
サービスが伴わないというのが何ともいえませんが・・・。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
mappetさん:最近は更新がのんびりになってしまっているのにも関わらず、いつも読んで下さって本当にありがとうございます。
皆さんの温かいコメントに支えられていろいろ乗り越えられてきたと感謝しています。 
これからもよろしくお願いします!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【mappetさんが好きなブログ、気になるブログ】
好きなブログはたくさんあるので、選ぶのは本当に難しいのですが・・

本日の、のんし
nonshiさんの写真の大ファンですが、本当にすてきなお写真で いつもたくさん元気をいただいています。

ころころころらど
Wingさんのお料理、かわいいお弁当、パン、お菓子・・・ もうどれもおいしそうで・・・
子供にして下さい。(笑)

Baking Diary
私が天然酵母と出会えたのも assamさんのブログのおかげです。
パンを作る時は、assamさんのようにおいしいパンが焼けたらなぁ~ といつも思って作っています。

湘南通信
たいたいさんには、いつかお会いしてみたいなぁ~ と思っているのですが 元気がない時にもブログを拝見させていただくと あはははは、とついつい笑ってしまいます。
 おいしいパン、きれいなお花・・ いつも癒されます。

UPON THAMES
最後に、エキサイトブログではないのですが、イギリス在住pumpkinさんのブログは
とにかく「おもしろい!!」の一言です。



【mappetさんのライフログ】
月の癒し
ヨハンナ パウンガー / / 飛鳥新社

先日日本から届いたので これから読んでみようと思っています。
私たちの生活が月に影響を受けている、という内容だそうですが不思議なこと大好きなので読むのが楽しみです。

MARY ROSEアコさんのおうちおやつとおうちごはん
伊能勢 敦子 / / 主婦と生活社

アコさんのお菓子と写真は大好きなんですが、特に「オレンジのバターケーキ」と「チェリータルト」はお気に入りです。
いつもキッチンに置いてある 大好きな本です。

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ! スペシャル・エディション
/ 角川エンタテインメント

イギリスでも大人気のWallace & Gromitのシリーズです。
我が家では金曜日の夜はみんなでDVDを観る日なのですが よくこれを観ます。
隠された大人にしかわからないジョークか各所に散りばめられていて 子供と大人が違う所で笑うのがおもしろいです。

mappetさんの「ろんどんらいふ」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-02-19 00:45

c0039735_17104280.jpgおしゃれなスキンに素敵なハンドメイド作品、そしてアンティークな小物の数々。アーティスティックなセンスあふれるブログであり、猫劇場なるとってもユニークなシリーズも手がける才能に注目。今回のピックアップブロガーは「胡桃の椅子」の胡桃さんの登場です。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
胡桃さん:こちらこそ、お世話になっております。
胡桃の椅子」というサイトを持っておりまして、毎日更新の日記の公開という目標を自分に課したのがきっかけです。
ダイエットするときに公開宣言してしまう・・というのに似ているかな。宣言してしまえば後に退けませんからね・・(笑)
とにかく、毎日、記事を書く(今は・・・時々サボりますが・・)それにはブログの環境が最適なのでは・・・と考え、始めました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
胡桃さん:ノスタルジーがテーマのはずなんですが、自虐ネタが半分(笑)
なにしろ気が多いもので、いろいろな手仕事に手を出して、巧く出来上がったときだけ記事にして自慢する・・という、かなり自己満足度の高いブログです・・。
フランソワ胡桃田という(↑の写真の)バレリーナ猫が登場する「猫劇場」というのもやっています^^
訪れてくださるブロガーさんが一瞬でも頬筋を緩めてくださったら、それが本望。
スキンの画像は大正期のプレスガラスを画像加工ソフトで合成してレイアウトしたもの。
最初はちんぷんかんぷんだったPC作業も、最近では朝飯前っ!になりました。
継続は力なり!ですね^^

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
胡桃さん:田舎に住む専業主婦ですので、「アーティスト」なんて言葉とは無縁の世界に住んでいるわけですが、ブログで自分の作品などを発信するようになってからは、いろいろなジャンルの方々とお話させていただくようになりました。
こんな世界もあったんだ~!!と目から鱗の日々です。
ずばり!世界が広がった!!というのでしょうか・・、自分の度素人具合にヨヨと崩れ落ちそうになることも多々ありますが、時々は褒めていただけることもあって、
「ちょっと自分を好きになった・・・」ブログにはそんな魔法があるような気がします。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
胡桃さん:ズボラー主婦。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
胡桃さん:chocolaterieのimamuruさんとゆっくりお話がしてみたいです。去年の9月に蟲文庫さんで開催された紙片美術館というグループ展にわざわざ県外から会いにきてくださったというのに、私の到着が遅れてひと言二言しかお話ができませんでした。今考えても、なんて失礼なことをしたんだろう・・と悔やまれてなりません。
アンティークの紙ものを活かしたとても雰囲気のあるコラージュを製作されており、
その甘くて切ない砂糖菓子のように繊細な作品の数々は 溜息が出るほど素敵なのです。
私がお世話になっている蔵書票部の部長さんでもあるんですよ^^。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
胡桃さん:蔵書票づくり。
消しゴムはんこやゴム版でつくる小さな版画作品です。
自分の蔵書の見返しに貼る、お名前シールのようなものですね。
版画にこだわらず、いろいろな素材を組み合わせて1枚の票を作りあげていく作業は、
実験のようでとても楽しいです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
胡桃さん:小学生のころの夢は「童話作家になる」ことでした。
いつか、絵本も出してみたい・・・。
実店舗も持ちたいですし・・・
出来ればお手伝いさん付きの素敵な白いお家にも住みたい(笑)
そして、しっかりした敏腕マネージャーを雇って、先生!早くしてくださいっ!!なんてハッパをかけられながら、優雅にコーヒーなどをすすってみたい(←何の先生なのかは具体的に決まっていないところが涙を誘う)。
あと、鳥越俊太郎氏と対談・・というのもいいなぁ♪・・・(←ファンです・ぽっ)
夢ですよ・・・夢!

エキサイトブログ編集部:消しゴムはんこや編み物、人形づくりなどのたくさんのハンドメイド作品を作られ、多彩な趣味をお持ちですが、それぞれのハンドメイド歴、手作りする楽しみや魅力は?
胡桃さん:子供の時から物作りが好きでした。
それと、かなりの分解魔でした。
ボールペンなんか格好の標的で、兎に角壊しまくる!
母が嘆いていましたね・・・「ウチにはまともなボールペンがない・・」と。
それは大人になってからも変わらすで、素敵なものを見つけると、
「これは、どんな風になっているんだろう・・?」としげしげ見つめ、頭の中では、その展開図を描き、それでも解らないときはなんと購入して分解してみるという奇行ぶり。
たぶん、その辺りに私の物作りの原点があるような気がします(笑)

エキサイトブログ編集部:アンティークなものがとてもお好きなようですが、その魅力は?生活の中で大切にしていることや癒される時間は?
胡桃さん:アンティークと言っても、外国のものにはほとんど手を出しません。
私が好きなのは、大正から昭和初期くらいまでの日本の小さな生活道具。
ジャパニーズジャンクというやつですね。お値段も可愛らしいモノばかりなんですよ~。
昔の職人が丁寧に作り出した当時のものは、どこか歪んでいたり塗装が均一でなかったり・・・そこに手仕事ならではのぬくもりを感じます。
そして、それらを手にして、いつも思うのは「物にも記憶がある」ということ。
小さな傷のひとつひとつに歴史があり、ちいさな家族の物語がある・・・
そんなことを、ぼんやり妄想するのが至福の時^^・・・
なので、掘り出し物をみつけると 必ずその年代と出所、歴史を調べます。
どれだけ古いか・・なんて問題じゃないんです。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また読者に評判だったポストは?
胡桃さん:2006.02.01 海にて候
私はカライ母ちゃん。息子が9歳の冬、ある事件を巻き起こしました。昔は誰でも1度や2度は経験したことがあるんじゃなかな(笑、笑、笑)
子育ては疲れるけれど、日々、エキサイティング!

2006.09.05 胡桃田猫美物語
猫劇場が初登場したときのログ。フランソワ胡桃田に改名する前は「胡桃田猫美」という名前で出ていました(笑)
胡桃田女史と看板娘のくるみさんがせっせっせ~で遊びます^^

2006.08.05 毎年・・
我が家では夏がくると家族のアロハを仕立てます。
2006年の夏は金魚柄。
気に入ったものが無かったので、自分でファブリックから手作りしました。
金魚のスタンプもたくさんの方から褒めていただき、嬉し恥ずかし・・の思い出のログです

2006.05.23 stamps stamps
ゴム板のスタンプを彫り始めたのは2006年の3月末。それから1ヶ月もしないうちに
世界の蔵書票展という展示に参加してみないか・・というお声をかけていただきました。
ログは、その展示のディスプレイ用に作ったスタンプのお話。
蔵書票という濃密な世界のドアのノブにまさに手をかけた・・・そんな頃の作品です。

2006.11.26 wreath wreath wreath
華道とか、アレンジメントとか・・・ルールがあるものは苦手な質です。
でも花を飾るのは大好き!自己流ながらシンプルなリースを作って楽しんでいます。
去年のクリスマスシーズンにたくさん作ったリースのおすそ分け会をしました。
お気に入りはpepperberryの元気なリース。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
胡桃さん:アトリエとマネージャー。
狭いアパート暮らし・・・タダでさえ雑然としているのに、いったん何か製作しはじめると、その材料やなんかで更に散らかる・・・。
マネージャーには事務処理をお願いしたい。この能力に著しく欠けるんです・・汗
「私は製作のことだけ考えていればいい」なんて日がこないかなぁ~。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
胡桃さん:あ~、やっぱり親として教育現場で起きている諸々のニュースですね。
「いじめによる転校(学校選択制)を認める認めない・・」とか、「学校や先生の評価制度を取り入れるとか取り入れないとか・・」それ以前に、いじめをしてしまう子供の心の闇に目を向けるべき。そこをケアしないで片方だけを強化しても、何も変わらない気がするし、
もっと言えば、その子供の親の心の闇自体が負の連鎖を産む元凶のような気がします。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
胡桃さん:いつも、ありがとうございます。
そして、ナイスなツッコミにも感謝です。
これからも、胡桃の椅子らしい作品をマイペースで発信していくつもりです
猫劇場の劇団員共々、ズボラー管理人をどうぞヨロシクお願いいたします♪

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【胡桃さんが好きなブログ、気になるブログ】

El patio de los ratones
写真の美しさにしばし見とれてしまいます。
さり気なく添えられている言葉にもセンスが光る
ratonsuiさん、是非写真集を出してください!とお願いしたくなってしまいます。

Hand works、雑記帳
ワイヤークラフト作家のhandworksさんのブログ
作品の素敵さはもちろんですが 子育てや物作りに対する考え方や視点に共感します。
足下のぶれていない生活という面でも見習いたいなぁ・・と。

GOOD+DOG
キャバリアのRIINA嬢・・・・ここに通っていると、彼女がワンコであることを忘れてしまいます。いや・・絶対人間やなっ(ブツブツ)
かわいい画像満載です^^
管理人のSEIさんの姉御肌ぶりにも注目(笑)

ねこと はんこと もげりんちょ」 
とにかく可愛くて楽しい!消しゴムハンコ作家のmogerinさんのブログ
たぶん彼女は天才です。
愛娘のmogeちゃんとチョビヒゲ猫みーちゃんの力関係やいかに?

ちゃたろうな日々」   
人生の大先輩(お・・おこられるな・・っ汗)、ちゃたろうさんの知的系お笑いブログ
この方、時々、ぼそっと可笑しいことを仰います。
ちゃたろうさんの名言(迷言)・・・「大丈夫!大晦日は来年もやってくる!」笑



【胡桃さんのライフログ】
レインマン [MGMライオン・キャンペーン]
トム・クルーズ / / 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

映画にはあまり詳しくありませんが、あえて挙げるなら「レインマン」でしょうか。
重いテーマではありますが、血のつながり、家族への無償の愛について考えさせられた映画でした。ダスティンホフマンがばらまいたつまようじの数を一瞬で言い当てるシーンが好きです^^

月の輝く夜に
シェール / / 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

「月の輝く夜に」東の空に今まで見たこともないような大きな赤い月が出ていたら要注意。
月には人を狂わせる不思議な力がある・・。ある未亡人が死んだ夫の友人の弟(←この関係がミソ・笑)と恋に落ちた夜にも、こんな月がでていたのです。主演のシェールが好き。若くて濃いニコラスケイジにも注目!

注文の多い料理店
宮沢 賢治 / / パロル舎
小林敏也絵 

小林敏也氏が手がけられたこの画本のシリーズは全冊持っています。
息子8歳の時のクリスマスプレゼントでした。賢治の不思議な世界と小林氏の美しい版画が見事にマッチした素晴らしい画本です。

一千一秒物語
稲垣 足穂 / / 新潮社

敬愛申し上げる某月の紳士 とchocolaterieのIさんの影響で、ある日覗いてみたタルホの世界。
眠りに落ちる前のほんの数秒、現実と夢との狭間にみるような月と星が織りなすノスタルジックな幻覚。プツンッとあっけなく切れるくせに、やけに余韻を引くのです。浪漫チックな大人の童話短編集。

胡桃さんの「胡桃の椅子」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-02-13 17:56

c0039735_13455422.jpg街角にたたずむのら猫、家なき猫たちのありのままの姿をとらえ、そこに詩を添えて発表。かわいいだけではなく、けなげにたくましく生きる姿は、どこか寂しげで、切なさや哀しさも秘めています。そんな猫たちを通して、「命はみんなかけがえのないもの」ということを、改めて考えさせられる「野良にゃん写真集」のkochiさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
kochiさん:野良猫のかわいいという写真ではなく、かわいいの裏の実態を少しでも多くの人に見てもらいたくて、ブログだと気軽に目にしてもらえるかと思い、始めました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
kochiさん: 街角の野良猫の生活をきりぬいて、それに思いつくままの言葉を添えています。
外に住む「家なき猫」「野良猫」と呼ばれる猫たちの実態を、ただ「かわいい」や「自由」だと終わらせず、かつ悲惨なものだけを主張せず、「命の大切さ」を表現しているつもりです。
おだやかに生きているように捉えられがちな「野良猫」には、苦悩もあり、それは決して猫たちだけの世界ではないことを認識してもらえると思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
kochiさん:広く、広く、伝えたいことを配信できることに感謝。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
kochiさん:命の大好きな妄想おやじ

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
kochiさん:「わたしの時間」のブログの写真やさしくて大好きです。「写真」みているとあぁ「写心」だなぁって思います。こんな写真をさらっと撮れるブロガーさんにあってみたいですね・・・・ドキドキですが。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
kochiさん:猫や犬にまみれて眠ること・・・・かな?

エキサイトブログ編集部:夢は?
kochiさん:世の中の野良猫や野良犬など、無下にされて踏みつけられる命がなくなること。もちろん人間もふくめて。

エキサイトブログ編集部:野良猫たちのいろんな表情をとてもよくとらえていますが、撮影するにあたって、心がけていることやこだわりは? また、詩を書く際に大切にしていることは?
kochiさん:撮影はあまり意識していないです。
近づいていいよという猫にはぴったりと、これ以上だめという猫にはその距離で・・・
猫に遊んでもらうときにパシャッとシャッター切っている、そんな感じです。
詩は、実は文章に句読点入れることが得意ではなくて詩みたいになっています。
メッセージは写真撮っているときにひらめいているのがほとんどです。
もしかして猫たちからのテレパシーなのかもと真剣に思っています。笑

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中で気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
kochiさん:気に入っている写真とコメントは「2007年01月27日 疑問
なんともいえずたたずむ表情がいろんなことを語っているようですきです。

「2007年01月10日 猫の手」も気にいっています。
可愛いしぐさに切なさが表現できたのでは…と自画自賛です。

「2007年01月09日 待ちぼうけ」は評判がよかったです。
きっと猫の生い立ちに共鳴してくださったのでしょう。

「2007年01月05日 無常」はストレートに苦しむ猫の姿です。
でもそこに生きるという力強さをかんじとって反応してくれたのでしょう。
これには、高校生と名乗る子から直接メールをもらいました。
「死にたいという気持ちが今日限りで失せました」と。

エキサイトブログ編集部:ブログの写真が一冊の本になったようですが、簡単に本のご紹介を。ブログとは違った雰囲気を出されているのですか?
kochiさん:今回出版の「のらねこ。」は、ブログの雰囲気とは違って、よりなにげな描写の中に思いを込めて言葉を添えました。少しでもいつも見る「家なき猫」たちが、実はこんなに苦悩し、強く生きているのだということを身近に感じていただけると思います。

エキサイトブログ編集部:最近、感動したことは?
kochiさん:大の猫嫌いと声たからかに宣言していた初老の男性が、次第に猫にやさしくなりながらも、一生懸命猫嫌いを自負している。彼の心の葛藤に感激です。ぼくの支えでもあるかも。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
kochiさん:徳島の「がけっぷち犬」の話題。
救出されるときの話よりも、その後里親を決める抽選のときの話題のほうが気になりました。だって、抽選会場には報道陣も含めて400人余りの人が集まり、他県からも参加した抽選者が11人いるにもかかわらず、また、「がけっぷち犬」以外にも25匹の犬たちが里親探しに参加していたにもかかわらず、あの「がけっぷち犬」にそっくりな「姉妹犬」すら里親の申し出がひとつもなかったこと…。
愛護センターにいる犬や猫たちはすべて明日のない「がけっぷち犬」なのに…哀しかったです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
kochiさん:訪れてくれる人たちから優しさをたくさんいただいています。
時にはぼくの恋人のようであったり・・笑 パートナーのようだったり、よき友人であったりと。本当にパワーをいただいていて、いつもいつも感謝です。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【kochiさんが好きなブログ、気になるブログ】

ブログヨコハマ
ここの管理人さんが撮る風景や情景にはなんともいえない光と影があり
いつもいつも見入ってしまう。
この風景に身をおきたいと思ってしまうのです。

猫の集会場
タイトルの通り「ねこ・猫・ネコ」優しさがいっぱいでいつもほっとするんです。
カサカサ心に潤いを与えてもらえます。

河原猫の日記」 
ここの管理人さん河原の家なき猫に優しさをふりまいてくれています。
でもきっと大変なことがたくさんあるのに、悲壮感を表面に出さず
さらっと・・・・・ここにくるとがんばらなくちゃって思うんです。

犬猫中毒」 
東京都あきる野市のムツゴロウ動物王国の動物たちの画像がいっぱいです。
ここの管理人さんのフィルターがかかると、
ムツゴロウ動物王国の様子がまた一味やさしくて、とっても幸せになるんです。

添乗員のひとりごと
海外添乗員さんとお家を守る留守番さんの日常と海外情報のブログ。生きている生々しい情報。
元ボートピープルとしてはついついのぞいてしまうブログです。



【kochiさんのライフログ】
ムーラン・ルージュ
ニコール・キッドマン / / 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

イギリスの上流階級出身の作家志望・クリスチャンと、「ムーランルージュ」で女優をめざすサティーンが恋に落ちてしまう悲哀の物語。やがて彼女は病に倒れるストーリー。
おとぎばなしのようなメルヘンな世界にくりひろげられる、妖艶な世界でのかなわぬ悲恋。
なぜか涙腺を刺激していつも号泣してしまいます。


Smilin’
noon / / ビクターエンタテインメント

彼女の音楽は全般的に好き。
さわやかな空気が流れるので聞いてしまうのですが
素敵な声に恋しています。


メンフィス・ベル
マシュー・モディン / / ワーナー・ホーム・ビデオ

1943年、イギリスの米軍基地。ナチス・ドイツを叩くため危険な白昼攻撃を繰り返す空の要塞Bー17の中で無償の強運を持つのがメンフィス・ベル。
最後のフライトでの窮地、仲間が助け合って無事に帰還するというストーリー。うわぁと、ドキドキしているうちに終わる・・・そのときのホッとする感覚が好きでくせになります。


太陽の帝国
クリスチャン・ベール / / ワーナー・ホーム・ビデオ

空を飛ぶことに憧れるイギリスの少年が、上海の収容所で体験した戦争物語。
アメリカの航空機が爆撃に来たとき、声援を送る子供に敬礼するシーンと子供と日本兵のパイロットの敬礼シーンが大好き。
純粋な子供の空を飛ぶ夢、敵味方なく共通の仲間意識が戦争というなかで無残に壊されていく・・・・むなしさとはがゆさが忘れられず、何度も見てしまいます。


kochiさんの「野良にゃん写真集」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-02-06 16:40