今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

c0039735_23103371.jpgお気楽な“熊旦那”と酒飲み専業主婦“熊妻”のおちゃめな熊夫婦が繰り広げる楽しい日常を描いた4コマ漫画。昨年2月にピックアップブロガーでご紹介し、多くの読者に親しまれている「くま夫婦by中央ヤンボル」が、この春ついに書籍化されることになりました。
そのお祝いに、新春特別インタビュー第2弾ということで、yanboruさんに再度ご登場していただき、出版にまつわる裏話やブログを通じてますます増えた楽しみなどを語っていただきました。

エキサイトブログ編集部:昨年の2月にピックアップに登場していただきましたが、昨年を振り返りながらまずは熊夫婦さんのご近況を…。
yanboruさん:昨年ピックアップブロガーに選ばれてからというもの、あれよあれよと言う間に 熊旦那は肥えました。(あ、これはどうでもよい話でした)
c0039735_12412320.jpg昨年は怒涛の一年間でした。日頃の不摂生がたたり二人が同時に入院したり、
より田舎に引っ越してダイアルアップ回線になったり、
この私、熊妻が二ヶ月も断酒してみたり 熊旦那のアホさがパワーアップしてきたりと・・・。

とにかくPUBに選ばれてから、他ブログから来てくださる方が多くなりました。ありがたい事です。
また、今年は雪が少なく北海道に骨を埋める覚悟ができました。これもありがたい事でございます。

エキサイトブログ編集部:今度ブログが書籍化されることになりましたが、そのいきさつや本になったことに対するおふたりの感想は?
yanboruさん:とにかく「嬉しい!」の一言に尽きます。
熊夫婦を見出してくださった編集者穴沢様に、また前回PUBに選んで下さったエキサイト関係者の方々に・・・足を向けては寝られませんが、
方角がわからないので、仕方なくそのまま寝ています。

出版化のいきさつは 鍵コメで打診がきました。(次はあなたかも!)
初めは信じがたく、慎重にメールでお話したところ、担当者の方が信頼できる方だと確信したので、出版化をお願いしました。
出版の話が来たのは 去年の初夏の頃だったと記憶しております。
わざわざ 札幌まで足を運んでくださいました(そのネタは後ほどマンガで描くつもり)。
私達の場合、特殊で、私が入院してしまったり、担当さんが入院してしまったりと、
スムーズには進みませんでしたので、普通の流れとは違うと思われますが、
一年近くかかっております。
一生に一度でもいいから本を出してみたいと思うのは人の常でしょう。
私もそれに違いません(●^o^●)

エキサイトブログ編集部:ブログを書籍化するには苦労されたことも楽しいこともあったと思いますが、どんな点がいちばん大変であり、やりがいがありましたか。
yanboruさん:お気楽に描いていた4コマでしたが、書籍化となるとダメ出しも多く、新たな書き下ろしのネタ探しに苦労しました。
やはり、お金を払って買っていただく物ですから、満足感というかお得感みたいのが、
必要だったわけです。「作者の訴えたいこと」みたいなものが4コマには描ききれず、
ストーリー性を要求されました。読み手の側に立ったアドバイスだと思いました。

しかし一冊の本が出来るというモチベーションで、家事とミャー氏の育児そっちのけで頑張りました!ミャー氏はグレました。

エキサイトブログ編集部:内容的にはブログの作品、書き下ろしの作品があるようですが、いちばん“自分たちのブロらしさ”を生かすために、こだわった点は?
yanboruさん:単行本には、今迄の発表作品の中でも100本を厳選し、それに加え新たに5本のストーリー(約50ページ)に初挑戦しました!
「夫婦のなれそめ」
「酒との上手な付き合い方」
「入院」
etc・・・
単発には無いほっこりする感じで描けたと思います。

4コマには無い、新しい「くま夫婦」を垣間見せられるよう尽力しました。
こだわった点は、逆境でも明るく乗り切る姿勢(なんせアホだから)を
皆様にお見せできたら・・・という思いが、ひたすらあった様に今となっては感じられます。

エキサイトブログ編集部:去年2月のピックアップブロガーに登場後、本にも収めたお気に入りの記事といえばどれですか?
yanboruさん:すいません。どの記事が選ばれるのか私にもわかりませんので(大丈夫かな本人が・・・)
書き下ろしの中に全てが集約されていると言っても過言ではないと思われます。
そのくらい心血を注ぎました・・・

エキサイトブログ編集部:読者のみなさんにはどんな点を楽しんでもらいたいですか?
yanboruさん:ただの日記だった「熊夫婦」の生態をストーリーに盛り込んだことにより、
身近に感じて、共感できるところはしていただいて楽しんでもらいたいです!

エキサイトブログ編集部:ブログをやっていて、改めておふたりの楽しみが増えた点や良かったなと思うこと。広がった出会いや人間関係などは?
yanboruさん:熊旦那もブログに興味を持ち始めたので、ブログの話も出来る様になりまして。
家事の手抜きも出来るといった具合です。

また、他ブログからの大勢のご来訪、見守ってくださる古い付き合いの方、
熊夫婦を広めようと頑張ってくださっている方々。本当に感謝しております。

エキサイトブログ編集部:2007年の抱負は?
yanboruさん:読んだらホッコリできる様なマンガを描きたいです。

エキサイトブログ編集部:いま一番の楽しみや、おふたりにとってのささやかな幸せを感じることは?
yanboruさん:二人でいる時間が幸せです。一生こういう気持ちでいたいなぁ。
 (ノロケか!!)

エキサイトブログ編集部:もしベストセラー作家になったら…まず何をしたいですか?大いに夢を語ってください。
yanboruさん:まず、このボロクソパソコンを買い替えて、音が出るようにします。
そして、ダイアルアップから光に変えます。
家は引っ越したばかりなのでこれで良いとして・・・車の凹みを直します。
後は 融雪機を買います。
最後に 日本中のおとりよせグルメを注文しまくりたいです。
今は これでイッパイイッパイです。

エキサイトブログ編集部:熊夫婦さんが今いちばん気になっていることといえば…。
yanboruさん:横綱が二人生まれるかどうかです。武蔵丸の今後も気になっています。

エキサイトブログ編集部:最後に、あらためて今年1年に向けて、読者のみなさんにメッセージをお願いします。
yanboruさん:温かく見守ってきてくださった皆様に、お一人ずつ感謝の意を述べたいです。
どうぞこのまま変らずに、「くま夫婦」に遊びにきてやって下さいませ。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



●書籍情報
タイトル:「くま夫婦」
発売  :2007年7月25日
発行  :幻冬舎

yanboruさんの「くま夫婦by中央ヤンボル」を読んでみましょう。

昨年2月のピックアップブロガーの記事はこちら
[PR]
by blog_editor | 2007-01-30 14:30

c0039735_13533455.jpg世代を超えて多くの読者に親しまれる「ばーさんがじーさんに作る食卓」のsesenta&cincoさん。昨年10月のピックアップブロガーでご紹介しましたが、おふたりのブログが出版化され、好評を得てらっしゃいます。そのお祝いに、今回は新春特別インタビューと題し、おふたりに再度登場していただき、出版にまつわる裏話やブログを通じてますます増えた楽しみなどを語っていただきました。

エキサイトブログ編集部:昨年後半はピックアップの登場後、本を出版されたり、雑誌やラジオの取材を受けられたり、お忙しかったようですが、まずはおふたりの近況を…。
sesenta & cincoさん:遅くなりましたが、新年おめでとうございます。 ブロガーさん憧れの「ピックアップ」に二度も出させていただいて、ほんとに恐縮です。 力不足ですが、おめでたい「尉と姥」のお飾り代わりで、どうぞよろしくお願いいたします。

c0039735_13561065.jpgsesentaさん:「年寄りが二人で始めたままごとブログ」というのをおもしろいと感じていただけたのか、半年ほどの間に、いろいろと取材のお話をいただきました。 まさか、こんな辺鄙なところまで実際に取材には‥と安心していましたら、それが現実になってハイビジョンカメラで撮られてしまったのには、びっくり。まあ、メイドのみやげにこれもありかな、と脳天気に写ってしまったのが、ブロガーの皆さんのお目にも触れて、たいへん失礼いたしました。

cincoさん:なにしろ、テーマが「お料理ブログ」ですから、取材といえば「お台所でお料理するところ」が必要になります。プロの方の「撮影用のお料理」ではないので、できたものはぜんぶ、召し上がっていただきたいし‥ ですから、取材はもちろんですけど、あとのお食事会が、とても楽しかったです。お料理って、こんなにすてきなつながりを作ってくれるんだなあ、と実感して‥

エキサイトブログ編集部:ブログを書籍化するには苦労されたこともあったと思いますが、どんな点が大変であり、やりがいがありましたか。
cincoさん:ブログを始めて、わりと早い時期に「本にしませんか」というお話をいただいたものですから、それは大ビックリでした。 でも、声をかけて下さった編集者さんが、ご新婚のカップルさんで、お料理じょうず。ブックデザインご担当のデザイナーさんも、さわやかカップルさんで、まわりの皆さんに恵まれて、とても楽しかったです。 「ただのブログ本でない、いい本を作りましょう」といって下さった、編集者さんに、もう全てをおまかせしようと決めていましたから、私たちにはなにも苦労はありませんでした。

sesentaさん:最初のころは、ほんとうにブログのことを一から勉強でしたから、画像のデータを軽くすることだけを気にして、その点があとで印刷原稿化するときに、反省点として残りましたね。 そのうえ、うちのブログ、多分にその日暮らしで、作りっぱなしだったものですから、データがどっかに行っちゃってて‥毎日の整理は大切ですねえ。

エキサイトブログ編集部:ブログを本にする際、いちばん“自分たちのブログらしさ”を生かすために、こだわった点は?
sesentaさん:前にもお話したのですが、私たちにとって、ブログのいいところは「同時性」と「双方向性」だと感じていますので、本になってもその点をできるだけ残したいと、編集者さんにムリなお願いをしました。 たとえば、コメントごとぜんぶ載せられないかとか、本文なしのコメントだけなんていう案‥だとか。いえ、もちろんまじめな冗談ですが。

cincoさん:なにより、若い編集者さんお二人が、私たちのブログの「1ファン」としてずっと見て下さっていたことで、私たちの思いをわかっていただけたのがうれしかったです。膨大な数のコメントにも、ぜんぶ目を通して、コメントの選びだしまでして下さったのには、ほんとうに頭が下がる思いでした。

エキサイトブログ編集部:本のタイトルは『いつも、ふたりで ばーさんがじーさんに作る食卓』ということですが、「いつも、ふたりで」にこめる思いは?
sesentaさん:いろんなカップルの形があって、当然だと思うので、自分たちがよそさまのご参考になるとは思いませんが、せっかく出会った二人、ここちよい関係でいられればいいと思いますね。「いつも、ふたりで」というタイトルは、出版社さんと編集者さんが考えて下さったのですが、ご自分のブログで本を紹介して下さる皆さんがいらっしゃるおかげで、最初の照れくさい気持が消えて、今はすなおに好きになりました。
いつも二人でいて、けんかですか?‥すみません、ご期待に添えなくて申し訳ないですが、経験はないです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して、改めておふたりの楽しみが増えた点や良かったなと思うことは?
sesentaさん:昨年6月、勤めていた仕事を退くのと、ちょうど入れ代わるように、ブログの関連からいろいろとお声をかけて下さることが多くなったものですから、生活が変わるという寂寥を感じる間もなく、忙しくして来られたのはとても幸せでした。 なにしろ、これだけの数の皆さんが、毎日訪ねて下さるっていうのは、快いプレッシャー以外の何ものでもないですから。
cincoさん:ブログなんて知らないときは、「コンピュータの中の冷たい世界」としか思っていませんでしたけど、ぜんぜんそうじゃありませんでしたね。いろんな思いやりや、いたわりの気持が肌に感じられますもの。HNでお話していても、お買い物の道すがらにおしゃべりしてるのと、いっしょなんですね。 PCをonにして、今日のコメントを見せていただくときのワクワクは、ちょっと魔力的です。

エキサイトブログ編集部:2007年の抱負は?
sesentaさん:長年、Macばかりを使って来たので、自分の作るブログを、見て下さる90%以上の方には、どんなふうに見えているのか、ずっと気になって、Windowsを使えるようになりたいなあ、と。でも、これは、かけ声倒れに終わる可能性大ですが。

cincoさん:私のレパートリーが残り少なくなってくるので、なんとか新しいアイデアを考えてね、とsesentaにハッパをかけてます。このごろ、若いころに買って後生大事にしまってあった、古いお料理の本を出して見ていると、あの頃、夢でしかなかったメニューに、少しは手が届くようになったかな、と感じて、とてもうれしいです。少しずつ、温故知新も心掛けてみようかと‥

エキサイトブログ編集部:いま一番の楽しみや、おふたりにとってのささやかな幸せを感じることは?
sesentaさん:1年前には予想もしなかったことですが、生活の中に占めるブログの位置がだんだん大きくなってきて、ついつい、「今日は何にしよう」とネタを考えてるのに気づいたりします。「わざわざ‥」ではなくて、毎日しぜんにでき上がるのが、理想なのですが。でも、こんな充足感が、ことしも続いたら、うれしいですね。

cincoさん:私が見たいときに、ブログを見られるようになったので、コメントを読ませていただくのが、なによりいちばん楽しいです。ご返事を書くのが、思い出したように、とびとびになって申し訳ないなあ、と思うのですけど、ムリをせず、楽しく続けさせていただくのがいちばん、と思って。

エキサイトブログ編集部:おふたりのように素敵に年をとりたいと憧れる読者は多いと思いますが、年を重ねることについて思うことは?
cincoさん:こんな「じーさん・ばーさん」に、「お二人のように年をとりたいです」ともったいないメッセージをいただくことが多いので、恐縮してます。 70のばーさんが言うと、お笑いになるでしょうけど、こんな年でも、「あんなふうに年をとれたらいいなあ」と思う方にお会いすることがあるんですよ。私より10才以上年上でも、背筋がシャンとしていらして、ふだんの移動は自転車で、という方とか。 たとえどこかがご不自由であっても、気持ちがいつも前向きでいらっしゃる方には、逆にはげまされますし。 前に、新聞の投稿コラムで、やはり80才の方が、病院で会った100才の方に声をおかけになるのに、「おばあちゃん‥」ではなくて、「奥様‥」とちゃんと呼んでいらっしゃるのが、すてきだなあ、と。こころ美しくお年を重ねていらっしゃる、そういう方にいつも憧れます。

エキサイトブログ編集部:あらためて今年1年に向けて、読者のみなさんにメッセージをお願いします。
sesenta & cincoさん:いつもたくさんの方々にお訪ねいただいて、ありがとうございます。 うちのブログは、じぶんのオリジナルのレシピというより、いろんな本のおいしそうなレシピを作ってみて、それを見ていただくのを楽しみにしているので、「うちでも、ありものの材料でこんなにできたよー」というお便りが、なによりうれしいのです。
これからも、「ブログのためのブログ」にならないように、を胆に銘じて、じーさん・ばーさんらしくのんびりと勉強していきたいと思いますので、どうぞかわらずおつき合いをお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

いつも、ふたりで ばーさんがじーさんに作る食卓
岡西 克明 / / 講談社

sesenta&cincoさんの「ばーさんがじーさんに作る食卓」を読んでみましょう。
昨年のピックアップ記事はこちら
[PR]
by blog_editor | 2007-01-23 15:15

c0039735_1325465.jpgほのぼのした笑えるエピソードが満載。遠距離恋愛中の相棒、「ふとんいか」くんとの漫才のようなやりとりも楽しいイラストブログ。今回は、ユニークなブタのキャラクターでおなじみ、「ぼうしブタ絵日記」のえのきのこさんの登場です。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
えのきのこさん:あ、こちらこそお世話になっています。えー、ホームページより簡単そうだったからです。何となくだったんですよ。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
えのきのこさん:はい。帽子をかぶったブタの日常を描いています。ちなみに、彼氏は布団をかぶったイカです。目指すところは、早く人間になりたいというところです。見てくださっている方には、ほんわかした気持ちになってもらえたらとても嬉しいです。
本当は、イカの方がブタみたいなんですよ。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
えのきのこさん:いろんな方々に巡り会えた事です。たくさんの応援をいただけると思っていなかったので、本当に嬉しいです。ブログを書いていて、2、3回程、ブタの絵のお仕事をいただいたときは正直、びっくりしました。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
えのきのこさん:見ず知らずの人達と連係プレーができる事や、コメントでとても励まされる事などだと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
えのきのこさん:ブタに、藤原紀香を足して、藤原紀香を引いたみたいな人です。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
えのきのこさん:熊夫婦さんです。一緒にかまくらで、お酒を飲んでみたいです。また、ブログで知り合えた方全員にお会いして名刺交換したいです。すごそうだなあ。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
えのきのこさん:極上のココア探しです。それと、ウツボを食べる事です。高知で食べたウツボは、誠に美味でした。

エキサイトブログ編集部:夢は?
えのきのこさん:歌って踊れる水森亜土になりたいです。

エキサイトブログ編集部:笑えるネタが満載ですが、日ごろから描きとめておくのですか? また、作品を作るうえで表現したいことや心がけていることなどは?
えのきのこさん:ネタは思いつきです。いいネタが上がるまでは、何もしません。イラストレーターとしては、まだまだひよっこですが、少しずつ進んで行けたらと思います。雑誌FYTTE(学習研究社)や、webのはたらこねっとの占いコーナのイラストを今年担当させていただいておりますので、よろしければご覧下さい。また、人気イラストレーターの鳥居志帆さんと、東海道五十三次を旅をする企画があります。
ぼうしブタの誕生は、実は、彼の家にブタの人形があって、そこに、私のかぶっていたキャスケットをかぶせてみたら、ものすごくかわいくて、「これだ!」となり今に至るわけです。ちなみに、ふとんイカは、お好み焼きを食べていた時に、ブタ玉とイカ玉を頼んだわけですが、またしても、「これだ!」とひらめいたわけです。

そうですね、見てくださった方のことをいつも考えながら、作品を作るようにはしています。私の絵で、少しでも気持ちが和らいだり、楽しい気分になれるようなそんな心がけをしています。そのためにも、私自身がノリノリになって作っています。女優の気持ちです(笑)

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中で気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
えのきのこさん:私が気に入っているのは、「2004年11月14日ありがとう!Thank you!」です。
ほっぺの落ち具合が気にいっています。

「2005年8月24日罰ゲーム。」ふとんイカくんの誕生日を忘れたために、公開罰ゲームをしました。今年こそは忘れずに、頑張ります。

評判だったのは、「毎年の4月1日のエイプリルフールの日記」です。4月1日が近かずくに連れ、どんな嘘をつこうかなとわくわくします。

「2006年6月16日ふとんイカくんが来た最終日。」ふとんイカくんとは、何気に年に数回しか会えないので、会うといつもこんな感じです。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
えのきのこさん:モンゴルに行って、遊牧民の方とともに暮らし、ホーミーを会得して帰国したい。そして、1Kの木造アパートで、ホーミーをビヨビヨー奏でていたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
えのきのこさん:嫌なニュースが多くて、具合が悪くなってきています。もっと、宇宙規模の大きな心で人やいろいろな事に接して行きたいものです。
質問とは関係ないですが、結婚するときは、兵庫県の生田神社であげたいです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
えのきのこさん:いつもありがとうございます。こんなにたくさんの方に見ていただけるとは正直思わなかったです。そして、3日坊主の私が、絵日記をこんなに長く続ける事になるとはびっくりです。これもひとえに、見てくださる人がいるからです。おじいさんになっても、おばあさんになってもずっと続けて行きたいと思っていますので、末永く見守ってください!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【えのきのこさんが好きなブログ、気になるブログ】
5つにしぼるのは辛いですが、涙をのんで選びました。

84才のおばあちゃんの絵手紙
84歳になられる孝子さんの絵手紙です。息子さんが、アップしているのだと思いますが、絵手紙の中の植物に対する気持ちがとても素敵で、この絵手紙を見るたびに、やさしい気持ちになります。

熊夫婦
文句なしに面白い夫婦のやり取りです。伝説です。素敵な御夫婦。

俵太
かわいいイワリス俵太くんにトリコロール。口の動きがたまりません。俵太くんにも俵太くんとともに暮らしてるマロさんにもお会いしてみたいです。

新・しほのスットコ絵日記
東海道五十三次を一緒に旅する相方のかわいいイラストレーターさんです。素敵な妹さんとの日々をスットコ!いっぱーつ!で綴っていてとても面白いです。

楽しい遠距離恋愛のススメ〜白馬じゃないよ、ポニーだよ〜
ふとんイカ氏のブログです。恐縮です。のろけなし、お色気なしの遠距離恋愛の日々を淡々とづつってます。ま、そこそこ面白いかも。



【えのきのこさんのライフログ】
昭和名人芸~珍芸・奇芸・ビックリ芸~ DVD-BOX
/ ポニーキャニオン

昭和を代表する芸人さん達の名人芸です。今見ても家族で腹を抱えて笑えるあったかなお笑いです。東京コミックショーと、由利透さん、早野凡平さんが大好きです。


あたしンち (12)
けら えいこ / / メディアファクトリー

我が家の母親にそっくりな、みかんの母。ファンタジスタです。キュートです。


サザエさん (1)
長谷川 町子 / / 朝日新聞社

素朴な笑いがとっても素敵です。長谷川町子さんは私の絵の師匠です。(勝手に師匠だと思っています)


花田少年史 1 (1)
一色 まこと / / 講談社

家族や、恋人、動物との心のふれあいを暖かく描いていて、ほろりとします。ふとんイカ氏と読んで二人で号泣しました。アニメでもまた号泣しました。


もの食う人びと
辺見 庸 / / 角川書店

高校の時(?)朝日新聞で連載されていて、満たされている自分がいかに幸せなのかをまざまざと知りました。なんだかショックですが、他国の人々の日常が、ものすごく身近に感じる事のできる本です。

えのきのこさんの「ぼうしブタ絵日記」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-01-16 14:00

c0039735_1055095.jpgとてもシンプルながら、女性らしいセンスのよさが引き立つ優しいお花。見ているだけで素敵な気分に包まれるそんなフラワーブーケやアレンジを、ひとつひとつ心をこめて手がけるのは…。「simple frowers」のbloom-fさん。2007年最初のピックアップブロガーとして登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
bloom-fさん:こちらこそいつもお世話になっております。
bloomというお花のHPを持っているのですが、日々のお花を簡単に紹介できる方法はないかなと思っていたところ、ある人からエキサイトブログの存在を教えていただき、始めたのがきっかけです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
bloom-fさん:主には製作したアレンジやブーケを紹介しています。
私自身、お花の写真を撮ることで新しい気づきもありますし、見てくださる方にも、
お花っていいな、ちょっと飾ってみようかなと思っていただけたらうれしいです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
bloom-fさん:お花というものを改めて見直すきっかけになったように思います。
あと、それまでは文章を書くということはあまり好きではないと思っていたのですが(今でも決して得意ではないですし稚拙な文章で時々、我ながら恥ずかしくなってしまうのですが)、ある頃から書くということも結構楽しいなと思えるようになったこと、
これは私にとって一つ発見です。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
bloom-fさん:ブログをしていなかったら知り合えなかっただろう人たちとお話できることではないでしょうか。
いろんな方のいろんな世界を見せていただいて、いつも元気や刺激をいただいています!

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
bloom-fさん:思い切りだけはいい。(“だけ”というところがポイントです)

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
bloom-fさん:それはもうコメントでお話させていただいた皆さんにお会いしてみたいです。
皆さんほんとに楽しくお話してくださるので、きっとお会いしても楽しい方達なんだろうなあと思って。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
bloom-fさん:お花を紹介するために写真を撮りはじめたのですが、今では写真を撮る事自体が好きになりました。
お花や物がどうやったら生きてみえるのかな・・と考えながら撮っていると夢中になって、
つい他の事を忘れてしまいます。。
   
エキサイトブログ編集部:夢は?
bloom-fさん:お花を製作したり飾ったり、それに合った雑貨なんかも少し置けるような空間が欲しいです。
そしてお花を通して、少しでも誰かの何かの役に立っていければいいなぁと思います。
あといつかお花の本なんか出せたらいいな。

エキサイトブログ編集部:フラワーアレンジ歴や作る楽しみは? また、作品を作るうえで心がけていることなどは?
bloom-fさん:フラワーアレンジを始めてからは十数年になります。一番最初にお花に触れた生け花から数えるともう少し長くなりますが。
お花はどんな花もそれ一輪だけで十分きれいなのですが、他の花と合わさることでまた違った面が見えてきたりもします。
そして、それぞれの役割があって。そんなとこは人も同じなのかなと思ったりしますね。
製作する時はいつも、依頼くださった方の気持ちが届くように・・と思いながら作るようにしています。

おしゃれなお花、可愛いお花・・お花を表現する言葉は色々ありますが、どんなお花にも根底には“優しさ”とか“思いやり”というのがあると思うので、それをどこかに表現できればいいなと思います。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中で気に入っている作品は?また、読者に評判だったポストは?
bloom-fさん:『2006.3.26 ビオラ
これはほんとに単純に私の好きなお花の写真です。微妙な色合いとビオラの優しい雰囲気が出てるんじゃないかなぁと思います。写真を撮るのって楽しい!と思えた頃かもしれません。

2004.12.1 リース
クリスマスに限らずリースはすごく好きなんです。
このリースは色合いや雰囲気がかなり気に入っています。
 
2006.12.10 雪のイメージ**
プリザーブドフラワーはまだまだ勉強中で、思うものがなかなか作れなかったりするのですが、このアレンジは最近イメージ通りに作れたアレンジです。

2006.6.3 bouquet de marriage
お式にも立ち合わせていただいて、いろんな思い入れのあるブーケです。

特に読者に評判だったのは…
2006.11.01 和のブーケ
結婚式の和装の時に持つシルクフラワーブーケ。
和装にブーケというのが珍しく、この日久しぶりにコメント欄を
開けたこともあってかたくさんの方にうれしいコメントをいただきました。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
bloom-fさん:それはもう一つだけ、フランス長期滞在!してみたいです。
おととしに一度だけ行ったのですが旅行という形ではなく、もっとゆっくりと日常を味わってみたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
bloom-fさん:年明け早々、明るいニュースに目を向けたいところなのに、どうしても暗いニュースが目についてしますのですが・・
いろんな意味で争いに関するニュースが気になります。特に家族間の。。
最後のところで食い止める何かが欠けているのかなと思うとなんとも辛いです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
bloom-fさん:更新もまばらで、忙しくてなかなかお返事が返せないのがどうしても気になるのでコメント欄もほとんどずっと閉じたままで(汗)、なかなかお話も出来ていませんが、いつも本当に感謝しています。
訪問してくださる皆さんがいなかったら、こんなには続けられなかったと思います。
今回ピックアップブロガーでご紹介いただいたと言うこともあり、少しの間ではありますが、コメント欄もあけさせていただきました。よかったらコメントいただけるとうれしいです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【bloom-fさんが好きなブログ、気になるブログ】

たくさんの中から5つだけ選ばせていただくのは、本当に難しかったのですが、
長くお世話になっている方や最近やりとりさせていただいた方のブログということで、
ご紹介させていただきました。

花*cafe
いつも綺麗なお花や珍しいお花を紹介してくださるmayukurohanaさんのブログ。
お花の写真もとってもきれいで、mayukuroさんのお人柄が伺えるような優しいブログです。

桃の*petit a petit*
ほんとにこんなのが彫れるの?と思うような繊細で美しいmomoyakkoさんのソープカーヴィングに毎回惚れ惚れ。
それとは対照的な?思わず噴出してしまうおもしろいお話ぶりも楽しませていただいています。

la vie en BEE
同じお花のお仕事をされているflowerbeeさんのブログ。flowerbeeさんの手がけるお花はとっても華やか。
これぞお花という感じでいつもうっとりさせていただいています。

*photo my life
ブログを始めて本当に初期の頃からお付き合いさせていただいているhakohuguさんのブログ。
勝手に写真の先生の一人にさせていただいてます!

Simple Life
いつも楽しいコメントをくださっていたさとさんが去年から始められたブログ。
数枚の写真と少しの言葉で一つの物語を作ってしまうのにはほんとに驚きです。



【bloom-fさんのライフログ】

人間の土地
サン=テグジュペリ  堀口 大学 / / 新潮社

友人に教えてもらった一冊。サン=テグジュペリが飛行士としての経験を通して書いたエッセーです。
最初はなかなか理解できないような感じでしたが、ある時ふっとすんなりと自分の中に入ってきました。
いろんな言葉にハッとさせられました。


ノルウェイの森〈上〉
村上 春樹 / / 講談社

ブログの中でも一度お話したことがありますが、たまに無性に読みたくなります。
読み終わっても、もやもやっとした感じと気持ちの奥がギュッとなる感じで決してすっきりはしないのですが・・
そこがいいのかな・・。人間の土地と同様に節目節目に読みたい本です。

bloom-fさんの「simple frowers」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-01-09 15:30