今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

c0039735_1334823.jpg時には、はかなげなほど繊細だったり。時には力強かったり…。墨の濃淡や筆づかいで変わる書や墨のにじみを利用した抽象的な絵を、自由な発想でとてもアーティスティックに表現。今回は、そんな感性豊かな作品を発表し続ける「書をつま弾く、そして歌う。」のcalligraphy_mさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
calligraphy_mさん:こちらこそお世話になってありがとうございます。2006年のトリと2007年の始まりを飾るピックアップブロガーに選ばれたことにおののいていますが...よろしくお願いします。
ブログのきっかけは日々の雑事に追われっぱなしで、作品を作る余裕がなかなか持てませんでした。筆を持つ時間を増やすにはどうすれば...と考えて、気軽に発表できるブログを使えば書くことが楽しみになり励みにもなると思ったのです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
calligraphy_mさん:墨という素材を使って、抽象的な絵や文字を書いています。一応「現代書」というくくりになると思うのですが、書道をされている方から見れば邪道だと一刀両断されそうです(笑)。あまり書という枠組みにとらわれることなく、「墨で書いたもの」を自由に(言葉を変えれば「適当に」!)肩肘張らずに載せています。
一応、説明になっているかなってないかわからない文章や写真をつけていますが、訪問してくださる方には自由な発想でご覧いただければ嬉しいです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
また、ブログのよさは?

calligraphy_mさん:「呼吸するように書く」ということで、いつもなにかしら書いていられたらなぁというわたしの願望の助けになるのがブログだと思っています。最近はブログの更新が息切れ状態なので、ゆるゆると肩の力を抜いて、ずっと続けていければと思っています。
いろいろな方に訪問していただき、思いもよらない新鮮で心のこもった感想を残してくださって、ありがたいことだなぁとしみじみしています。
日本といわず世界のどこかで、埋もれていってしまう小さな出来事に発見があったり共感できることも、ブログならではだと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
calligraphy_mさん:のんびりや。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
calligraphy_mさん:うーん、お会いしてみたい方はいっぱいいるのですが、初対面の人に会うと決まって緊張してしまい何かトンチンカンなことをやらかすので、会うときっと後悔すると思います。できればミステリアス(?)なところを残しておきたいです...。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
calligraphy_mさん:自転車レースをテレビで見ること。

エキサイトブログ編集部:夢は?
calligraphy_mさん:書きためた作品を生で見てもらえるような発表ができればと思っています。
あとは、自転車レースの最高峰、ツール・ド・フランスを現地で見てみたい!

エキサイトブログ編集部:「書」を始めたきっかけや書(墨)の魅力は? また、作品づくりで大切にしていることやこだわり、表現したいことは?
calligraphy_mさん:母が習字の先生だったので小さい頃から筆を持つことには親しんでいましたが、まさか筆文字が仕事になるとは思ってもいませんでした。仕事としての筆文字は、素材によって素朴だったり力強かったり繊細だったりと、いろいろ書き方を変えることが必要です。ブログの中の作品は、制約がなく自分の思う通りに書いてみることで、仕事への幅が広がればいいなぁと思っています。
墨という素材は、「こうしたら絶対にこうなる」という公式がないことが魅力です。墨の濃さや量、水の含ませ方や腕の動き、筆の違い、その時の天気や湿度によって、滲み方が違ってくる繊細な素材です。今日はどんな墨と出会うことができるのか...それが楽しみで続けています。

エキサイトブログ編集部:数ある写真の中でご自身が気に入っている作品や読者に評判だったポストは?
calligraphy_mさん:読者に評判だったのは…
◎11月28日「2007年カレンダー
来年用の手作りのカレンダーを作ったのですが、予想していたよりも沢山の人たちに買っていただくことができてびっくり。購入していただいた方、ありがとうございました。そしてお断りしてしまった方、申し訳ありませんでした。

私の中で思い入れのある作品は…
◎9月19日 「ちくちく。」
ずいぶん前に書いたものなんですが、こんな墨の表情がどうして出たのか今もって謎です。乾いて気づいたらこんな不思議な墨の表情になってました。これを書いて以来、墨との一期一会を意識するようになりました。

◎9月15日 「雨冠
雨冠の文字を辞書で追っていたら書きたいという思いがむくむく。雨の文字は4つの点を工夫することでいろんな表情になるので、書くのが楽しいです。

◎8月13日 「うつせみ
夏の暑い日で頭もぼーっとしていたので、我が家のアイドルたちと記念撮影。遊んでみました。
「空蝉」という言葉が、はかなげな美しい響きだったので筆で書いてみました。

◎5月9日 「筆遊び
自分の意志で動いてる筆なのに、自分の意志を超えた何かが動かしているような気分になりました。

エキサイトブログ編集部:3日間のフリータイムをもらえたら何をしたい?
calligraphy_mさん:今年の前半は充分なくらいブログを書く余裕もあったのですが、後半は仕事が途切れずに入ってきました。ありがたいことです。元来のんびりやなので、3日ほど温泉に浸かって山ごもりしたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
calligraphy_mさん:2006年は気分が滅入るような悲しい出来事が多かった気がします。2007年は少しでも明るい話題が増えてくれればと祈っています。
あと、わたしの好きな自転車選手、ウルリッヒのドーピング問題が決着つかずに年を越しそうです。無罪になってレースに出場できることを願っています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
calligraphy_mさん:いつも訪問してくださってありがとうございます。
情けないことですが仕事が続くと引きこもり状態の生活になってしまいます。そんなときはコメントをいただくことで、外界とのつながりを実感できています。
最近呼吸困難をきたしてて(笑)更新がまだらになっていますが、これからもよろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【calligraphy_mさんが好きなブログ、気になるブログ】
もっと沢山ピックアップしたいんですけど...。5つじゃなきゃダメですか?
素敵なブログがいっぱいあるので、悩みながらピックアップしました。

フクシマ發、
ゑ人さんがフクシマの自然と野鳥の交流を発信しています。リズム感のある文章も大好きです。maclifeの様子も楽しいし、こじろうさんの赤いほっぺたがなんともフォトジェニック!

水曜日のノート
嬉しいとき、悲しいとき、せつないとき、いろんな場面を素敵な文章と写真でロココさんが綴っています。晴れた空もどんよりした空でも、いつでも見上げて鼻歌を歌いたくなります。こちらに集う方たちはみなさん素敵なコメントを残しているので、コメント欄を読むのも楽しいです。

極上の憂鬱
昆虫との謎の交流(?)とドキッとする真理をついた言葉の数々を綴っている柊さんのブログです。幅広い分野を網羅しているので、知識が広がること間違いなし。

トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera
トスカーナから爽やかな風が吹いてくるようなjamartetruscoさんのブログ。アーティスト一家の素敵な暮らしと、絵画、彫刻などの話題を綴っています。様々な芸術家の作品を見ることができるし、鋭い批評家目線で勉強になっています。

言霊の幸わう国
本が好きで、旅が好きで、ベスパに乗って寒風と立ち向かう(想像ですが...)かっこいいコガさんのブログ。日々のつぶやきを瑞々しい言葉に替えて綴っています。自分も同じこと考えてるなぁと共感することが多々あります。



【calligraphy_mさんのライフログ】

◎書家の石飛博光氏が平成13年に開催された個展の際の作品集「石飛博光書展-愛しき世紀-」
いつも傍らに置いています。個展には行けなかったので直に作品は見ていないのですが、作品集の中の「墨海」という作品が、筆の軌跡をなぞるたびに迫力がありすぎて呼吸困難になります。たまに涙します。ぜひ実物を生で見てみたいです。

荻野丹雪―書とデザインのはざまで
荻野 丹雪 / / 光村推古書院

書家・グラフィックデザイナーである荻野丹雪氏の作品集。文字、抽象、デザインすべてにおいて魅了されてしまいます。
傍らに置くと真似してしまう誘惑にかられるので、なるべく見ないようにしているのですが...ついつい見てしまう作品集です。(笑)


マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して
ナサニエル・カーン / / レントラックジャパン

ルイス・カーンという建築家の一生と作品をたどるドキュメンタリー映画。波乱の一生を映画監督である息子が、生前関係のあった人たちにインタビューをする形で物語りが進んでいきます。建築は詳しくないのですが、精神性の高い作品がスクリーンから迫ってきました。インタビューを受ける妻と愛人の佇まいにも感動です。今年見た映画のベスト1です。

calligraphy_mさんの「書をつま弾く、そして歌う。」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-12-26 15:20

c0039735_13193857.jpg見ているだけで、こちらまでうれしくなってしまう「あざらし」たちのかわいい表情がいっぱい! なんともいえず、あったかい気持ちに包まれる…と癒されるファンは多いはず。今回はそんな心温まるあざらしの写真を撮り続ける、「Happyあざらしblog♪『晴れ晴れ』」のあや☆さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
あや☆さん:3年程前より、WEB上で詩を書いていたのですが
その詩に添える、大きいサイズの画像をUP出来るサイトを探していたところ
エキサイトブログに出会い、ブログを開設致しました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
あや☆さん:あざらし系お笑いブログです(笑) 
Happyな気持ちになれる、あざらしの写真に、気ままに綴った言葉や、日々の雑記を載せています。
シンプルに、自分の好きと心地よさを追及した
とても素直な自分でいられる、私の大切な居場所のようなものです。
ただ可愛い、ただ癒される、ただ面白い。
『笑ってみたら、楽しい気持になった』
そんな当たり前にシンプルで、分りやすくキャッチーな
脱力系のブログを目指しています(笑)
写真についても、言葉についても
自由な発想でご覧頂ければと思います。
そこから何を感じ取って、何に繋げて行くのかと言う事は
全て受け取る手側の皆さまに、お任せしたいと思っています。
気ままに書き綴った、拙い写真や言葉達ですが
そんな中から、私のココロの何か一部でも
見付けて頂く事が出来れば、とても嬉しく思います。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
あや☆さん:私にとってのブログは、自己表現の場であり、コミュニケーションの場です。
私のような一般人が、こうして何かを発信する場を持つ事が出来る。
ブログという媒体の存在は、とても有難いものだと感じています。
このブログを通じて、沢山の方々に出会い
そして大切な人達を、とても身近に感じる事が出来るようになりました。
ブログを通じて得たものは、本当に数え切れません。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
あや☆さん:開設、更新、管理が簡単な事だと思います。
コメント欄を利用して、コミュニケーションが取りやすい点も魅力の一つだと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
あや☆さん:気合の入った女。。。です(笑)

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
あや☆さん:読者の皆さまも含めて、皆さまにお会いしたいです。
今年はグループ展への参加や、写真展を開催する機会を何度か頂き
お会いしたいと思っていた、沢山のブロガーさんにお会いする事が出来ました。
いつも一緒』 の陽子しゃんにお会い出来た事も、とても嬉しい出来事の一つでした。
微笑みの貴公子との噂通り(笑)、笑顔がとても素敵な方でした。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
あや☆さん:モチロン。。。あざらしの写真を撮る事です(笑)

エキサイトブログ編集部:夢は?
あや☆さん:あざらしの写真集を出版する事です。
そして何より、自分自身の生涯のテーマとして
楽しむ気持ちを大切に、あざらしを撮り続けて行くという事です。

エキサイトブログ編集部:あざらしを撮り続けることになったきっかけやその魅力は? また、シャッターチャンスを見つけるために心がけていること、詩を書く際に大切にしていることなどは?
あや☆さん:16年前に出会った、小原玲さんの写真集がキッカケで、あざらしをとても好きになりました。
そして5年前に、北海道で撮影したあざらしの写真を
大切な友人が『とても感動した』と褒めてくれた事が、あざらしを撮るキッカケとなりました。
愛くるしい姿と、表情豊かな所に、とても魅力を感じています。
あざらしを見る事や撮る事で、私自身がとても癒されています。
これからも優しい気持を大切に、撮り続けて行ければと思います。
苦労話は沢山ありますが、その全てを笑い話に変えて行けるような(笑)
そんな生き方が理想です。
詩は全て後付けなので、写真と合っていない事が多々ありますが(笑)
その時々の自分の想いのままに、綴って行ければと思います。

エキサイトブログ編集部:数ある写真の中で気に入っている作品、読者に評判だったポストは?
あや☆さん:私自身が気に入っている作品は、
①2006年7月3日 『どんな言葉でも
5年前に撮影したこの写真を褒めて頂いた事が
あざらしを撮るキッカケとなりました。
今の私の原点とも言える、とても大切な1枚です。

②2006年2月27日 『晴れ晴れ
穏かなあざらしの表情と晴れた空が
苦しい時にも、笑顔と、上を向く勇気をくれるような気がして
私自身がとても元気になれる1枚です。
自分の名刺にも、この写真を使っています。
『晴れ晴れ』という、このブログと同じタイトルを付けて
とても大切にしている1枚です。

③2006年1月22日 『あゆみ』 
『後ろに下がった分も、同じ1歩なんだよ』という前向きな詩と、エビフライみたいと噂のアザラシ君がお気に入りの1枚です。

④2006年7月28日 『いい時間を刻もう
大好きな、ちゅーの写真です(笑)
親子のどちらも優しい表情をしていて、私自身が本当に優しい気持ちになれる1枚です。

⑤2006年11月30日 『いつかまたこの場所で
今年初めて訪れた、カナダのマドレーヌ島で撮影した思い出の1枚です。
アザラシ君も私も、本当にいい笑顔でした(笑)

読者に評判だったポストは、
⑥2006年12月8日 『笑顔の法則
今年1番人気だったのは、この笑顔のアザラシ君でした。

⑦2006年9月28日 『ありふれていて
沢山の方に『こんなに可愛いアザラシは初めて見た』と言って頂きました。
私も大好きな1枚です。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
あや☆さん:北海道で野生のアザラシを、長期間かけて撮影してみたいです。
モチロン車中泊で。女を捨てて本気出します(笑)

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
あや☆さん:やはり命が犠牲になるニュースには、胸が痛みます。
先日発表された2006年の漢字は『命』という事でしたが
最近のニュースからも、動物写真を撮る事からも
命の尊さというものを、改めて考えさせられる1年となりました。
『大切にしよう』と言葉にするだけでなく
自分自身が一生懸命生きる事で
命の大切さ、生きる事の素晴らしさ、尊さを
何より自分自身が感じ
そして少しでも伝えて行ければと思います。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
あや☆さん:いつもご覧頂き、ありがとうございます。
頂いた言葉達に励まされ、撮る事が、書く事が
そして毎日が、今まで以上に楽しいものになりました。
素晴らしい出会いに、心から感謝致します。
これからも、どうぞ宜しくお願い致します(^-^)

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【あや☆さんが好きなブログ、気になるブログ】

akisukeさん『奥様よりちょっときれい!「サロルンカムイと呼ばれた鳥」
写真もakisukeさんのお人柄も本当に素晴らしく
タンチョウの魅力と
akisukeさんのタンチョウへの想いに溢れたブログです。

argon-lさん『水族館ふりーく
写真を通じて水族の魅力を伝える
とてもイキイキとした、リアルタイム水族館のようなブログです。
丁寧な解説も、とても勉強になります。

cyberumtさん『南横浜 潮風1丁目
ロボット・ジョージの冒険記です。
あちこちにジョージを連れ出して
撮影されているumtさんが凄すぎです(笑)
演出も凝っていて、とても面白いブログです。

タクマクニヒロさん『カメラマンへの道
大好きな写真家、タクマクニヒロさんのブログです。
素敵な写真と、タクマさんからの温かいメッセージが沢山詰った
どんな時も前向きな気持ちになれる、私の大好きブログです。

小原玲さん『動物写真家 小原玲のブログ
私がアザラシを好きになるキッカケとなった写真家、小原玲さんのブログです。
小原さんの撮られる、優しい写真がとても好きです。
写真の素晴らしさは勿論の事
環境問題や、動物達との共生の事、寒冷地での撮影アドバイスなど
素敵で、そしてとてもためになるブログです。



【あや☆さんのライフログ】

ナヌークの贈りもの
星野 道夫 / / 小学館

『生まれかわっていく、いのちたち。』
見失いかけている大切な事に気付かせてくれる
とても深く、美しい一冊です。
星野さんの写真や言葉には、何度読み返しても
涙が出るほどの温かさと、感動があります。

あや☆さんの「Happyあざらしblog♪『晴れ晴れ』」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-12-19 15:23

c0039735_23301313.jpg写真と文字のコラボレーションを楽しむデジタルの魔術師!? そんな言葉がぴったり。元の写真も文字が入って加工されるとこんなふうに変わるんだという面白さを伝えてくれる、「DTP_samurai|BLOG/DTPサムライのブログ」のDTP_samuraiさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
DTP_samuraiさん:忙しくて自分の時間がなかなか取れない!と、愚痴ってばかりいる自分に「喝ッ」を入れるため?ブログを開設いたしました。始めた頃は、毎日更新を目標に日記みたいなものでした。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
DTP_samuraiさん:仕事柄、いろいろな制約の中でデザインさせていただくことが多いので、その反発でしょうか(笑)ブログでは、思うままに好きなように色んなことをやらせていただいてます。
写真から伝わるもの、文字から伝わるもの、そして、それらが合わさって伝えられるもの。デジタルが良いとか、アナログが良いとか、そういうことではなくて「デジタルという魔法」の面白さを多くの人に感じてもらえたらなぁ、と思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
DTP_samuraiさん:得たもの、と訊かれて僕が一番に答えられるのは「出会い」です。ここで出会わなければ一生出会うことがなかったであろう多くの方々と、コメントやメールを通して意見交換させてもらえる。こんな素晴らしい時間・機会をいただいた、ブログという魔法のツールに心から感謝です。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
DTP_samuraiさん:開設・更新が簡単なこと。あと、更新した記事に対して感想や意見を書き込める、そんな双方向なやり取りが誰でも簡単にできるところではないでしょうか。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
DTP_samuraiさん:のんびり屋で短気(笑)

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
DTP_samuraiさん:そりゃもちろん、コメントくださる全ての方とお会いしたいですよ!
でも、どうしても一人と言われれば「ryonouske's Gallery」のryonouskeさん。素敵な動物写真をたくさん撮られてるのに動物アレルギーな(笑)、とても不思議な魅力を持った方です。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
DTP_samuraiさん:我が娘!・・・と、最近ちょっと生意気な我が息子。(自他共に認める親バカです、笑)
・・・と、デジタルなこと。

エキサイトブログ編集部:夢は?
DTP_samuraiさん:一国一城の主(笑)
今の仕事を大きく育てること・・・かなぁ。

エキサイトブログ編集部:ブログで展開されている作品作りは仕事でもされているのですか? また、作品を作るうえでのこだわりや心がけていることなどは?
DTP_samuraiさん:パソコンを使ってデザインする仕事ですから、ブログでご紹介させていただいている作品も、仕事で使っているものと同じソフト・テクニックで制作しています。ただし、仕事と違って、ブログの方はかなり伸び伸びとやらせてもらってますけど(笑)
心がけていることは、ただの加工画像にならないこと。写真と文字とを互いに活きるものにすることで、写真だけ・文字だけでは伝えられなかった何かを伝えられたら・・・それだけは、いつも意識してやっています。
最近では、他のブロガーさんの素敵な写真に出会ったとき、どうしてもコピーが入れたくなっちゃって(笑)、「コピー入れさせてください!」などとコメント入れて、半ば無理矢理にデザインさせていただきました。その時も、色々な方からご意見をいただくことができて、すごく参考になりました。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中で気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
DTP_samuraiさん:2006年10月17日「君の瞳に映るもの」は、僕のブログの方向性を決めることになった記念すべき第一号の作品です。

2006年10月27日「静寂」と2006年11月11日「懐かしい味がした」は、日常の何気ない風景を切り取った一枚の写真が、レタッチしてコピーを入れることで新しい何かを表現できる面白さを感じていただける作品になったと思います。

2006年11月27日「紅の葉に、秋風薫る。」と2006年11月28日「写心のマジック」は、先ほどお話しさせていただいた、他のブロガーさんとのコラボレーション作品です。どちらも、オリジナルの写真を見たときビビッと(笑)きましたね。

あとは2006年12月2日「I Have a Dream」は、本当にたくさんの方からコメントいただきました。あまりの反応のすごさに正直驚きましたが、ブログの面白さや素晴らしさを改めて実感することができました。

エキサイトブログ編集部:最近、感動したことは?
DTP_samuraiさん:最近、感動したことは・・・つい最近、「ラストサムライ」を初めて見ました(笑)。感動のあまりテレビの前で大泣きしました。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
DTP_samuraiさん:子どもを持つ親としては、やっぱり子どもが被害者・加害者になるニュースはツライです・・・

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
DTP_samuraiさん:どうも。DTP_samuraiです。
いつもご訪問くださいまして、本当にありがとうございます。
最近、更新が滞り気味ですが(笑)、皆様からのコメントとても嬉しく思います。
気に入っていただけるもの、そうでないもの・・・皆さんいろいろでしょうが、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【DTP_samuraiさんが好きなブログ、気になるブログ】

ryonouske's Gallery
こちらで、すごく優しい目をした犬の写真を見たときドキドキしました。それ以来、毎日お邪魔させていただいてます。動物写真がメインですが、個人的には彼女が撮るスナップ写真が大好きです。

PHOTOGRAPH PICTORIAL
いつもの撮影フィールド。そんな素敵な場所をお持ちの方です。初めてお邪魔させていただいたときに見た、お嬢さんを撮られた写真が今でも目に焼き付いてます。優しい光の写真を撮られてます。

*κασγμ*
WEBデザイナーを目指して頑張っておられます。自作のイラストもすごく可愛いですし、ページデザインも素敵です。他にも鳥の写真をアップされているブログなども開設されてます。

君の毎日が晴れますように・・・
とにかく更新スピードがすごい!一日に数枚の写真をアップされてます。あと、コメントいただけるのもすごく早いです。お仕事はコンピュータシステムの設計開発。レガシーを心から愛しておられます。

きりんママはフリーデザイナー
同じ京丹後市内でフリーデザイナーとして頑張っておられる女性です。手書きのイラストや筆文字がとっても素敵です。ご家族の日常を四コマ漫画にしてアップされてますが、これがかなり面白い!



【DTP_samuraiさんのライフログ】

紅の豚
/ ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

宮崎駿監督。第一次大戦後のイタリア・アドリア海を舞台に、飛行艇を乗りこなす豚の活躍を描いたアニメ映画。
とにかく、この映画に登場する男達が大好きです。
本当にカッコイイ!こんな男になりたいといつも思ってます。



ラスト サムライ
/ ワーナー・ホーム・ビデオ

トム・クルーズ主演、渡辺謙の迫真の演技も話題となったアクション映画。トム・クルーズの芝居もいいけど、渡辺 謙が演じる勝元のラストシーンは感動。
・・・そして涙です。


デザインのたくらみ
坂井 直樹 / トランスワールドジャパン

コンセプター坂井 直樹氏が書かれた、デザインにまつわるコラム80本を一冊にまとめた本。
デザイナーでなくても読めば面白い発見があります。


DTP_samuraiさんの「DTP_samurai|BLOG/DTPサムライのブログ」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-12-12 16:44

c0039735_2382078.jpgすてきな器に盛られたおいしそうな料理やスイーツ、美しい写真の数々。日々の暮らしを小粋に楽しんでいらっしゃるのが伝わり、読者との交流も大事にしているなと注目のブログ。今回はエキサイトブログの中でも一日の訪問者数&コメント数の多さに目を見張る人気ブロガー、「Azumi's Diary」のあずみさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
あずみさん:こちらこそ、いつもお世話になっております。
4年前に「Azumi」というHPを立ち上げました。
その頃は「diary」のページに日々の暮らしを綴っていたのですが、HPの容量がいっぱいになってきた一昨年の4月に、ちょうどブームになりはじめたブログに「diary」の部分だけ移行したのがきっかけです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
あずみさん:特にこれ!といったテーマがあるわけではないのですが、しいて言えば器とお料理のコラボレーションを楽しむ記事を中心に書いています。同じお料理でも器が違うと表情が変わる様や器の面白い使い方などを皆さんに見ていただきたいと思ってます。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
あずみさん:実生活では決して出会えなかった方と地域、年齢を超えてお友達になれた事! それが一番ですね。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
あずみさん:私の所に来てくださる方は大半が主婦の方です。
お料理やお菓子作り、食べ歩き、子育て、介護など共通する話題が多く、皆様からいろんなアイデアや情報をいただいて生活の中で随分役立っています。
お陰でお料理のレパートリーがかなり増えました。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
あずみさん:良いと思うと何も考えず実行してしまいます。(家族から呆れられてます)

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
あずみさん:コメントくださる皆様全員にお会いしたいですね。
毎日、やりとりしているとコメント欄だけじゃ物足りなくなってきて、実際お会いしてゆっくりお話したいなと思うことがよくあります。
今までかなりの方とお会いしましたが、初めてなのに初めてという気がまったくしません。
これは毎日ブログを行き来してコミュニケーションをとっているからでしょうね!

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
あずみさん:ここ一週間ハマっているのは『御節料理』。今度のお正月は何を作って、どう盛り付けようか、テーブルコーディネートはどうしようかetc いつもこんな事ばかり考えています。
その前に今晩のおかずを考えなくちゃいけないんですけど・・・

エキサイトブログ編集部:夢は?
あずみさん:自宅の和室を改装して『器遊びギャラリー』を開く事。
展示している器を使ったお料理の盛り付けなど、お客様と一緒に器遊びができるサロン風のギャラリーを開くのが数年来の夢なんです。

エキサイトブログ編集部:料理やスイーツを作っていて一番うれしいこと、楽しいことは? また、生活の中で大切にしていることは?
あずみさん:お料理やお菓子作りなら一日やっていても飽きません。やはり家族から「美味しい!」「また作ってね」と言われる事が一番嬉しいですね。もちろんたまにお惣菜を買ったり、手抜き料理もしますけど、せめて盛り付けだけは「丁寧に!」を心がけています。そんな時、お気に入りの器に盛り付ければ買ってきたおかずでも美味しそうに変身するのが楽しいんですよ!!

エキサイトブログ編集部:Azumiさんのブログは読者の方に人気がありますが、特に読者に評判だったポストやお料理は? また、ご自身の中で思い入れのあるポストは?
あずみさん:思い入れのあるポストというと家族の記念日です。
我が家ではお誕生日に本人がリクエストしたスイーツとお料理を作ることにしています。
おそらくこういうポストは気合が入っているせいか、皆様からの反響も大きいようです。
2006-03-02  最初で最後(?)のシャルロット・オ・フレーズ 結構行程の多い難しいケーキだったのですが、息子のリクエストだったので断われずに頑張りました。ブログをやっていなかったら絶対作らないお菓子ですね(笑)

2006-05-02  娘の好きな物 娘が好きなチョコレートのケーキです。本来、2段にカットする所ですが、やはりブログを意識して4層にしました。ブログのお陰でお菓子作りが上手になった気がします。

2006-09-03 SHOKADO DE ITALIAN お気に入りの松華堂弁当箱を使ってのイタリアン。こういう面白い器使いをするのが好きです。和風のお弁当にイタリアンという発想は皆さんからもすごい反響がありました。

2006-09-15  フォンダンショコラと美味しい頂き物 これもブログのために(笑)作ったスイーツです。
やっぱりちょっと違うスイーツを作ると皆さんの反応が大きいような気がします。

エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
あずみさん:京都に行って、お正月用の染付けのお皿を探したいですね。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
あずみさん:介護疲れが発端となって起こった悲惨な事件。数ヶ月前まで他人事だった介護が今我が家に降りかかってきました。介護する人の苦労が相当なものだという事がようやくわかってきた所なので、人事とは思えません。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
あずみさん:いつもたくさんの方に遊びにきていただいて感謝の気持ちでいっぱいです。
皆様が残してくださったコメントでいつも元気をいただいてます。
こんな私ですが、これからどうぞよろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【あずみさんが好きなブログ、気になるブログ】

食卓から愛をこめて 
私が初めて出会ったエキサイトブログです。(2年前)
日々の丁寧な暮らしぶりやお料理が素晴らしく、お手本にしたいブログです。

うちの食卓 Non solo italiano 
素晴らしいお料理とその画像にいつも釘付け。

旅とパンのスロウな日々 
旅とパンをこよなく愛するhiroさんのブログ。パンをこれだけ芸術的に画像として提供してくださる方は他にはいないと思います。旅で出会った人の写真もナチュラルで素敵。

samanthaの食卓 
私の(以前の)ブログにエキサイトユーザーとして初めてコメントをくださったのがきっかけで、samanthaさんを通してたくさんの方と出会えました。samanthaさんのブログを通して得た情報は数知れず!陶芸、器、料理、食べ歩きに旅といつも生活をエンジョイされている姿がとても眩しいです。

Happy Days  
お料理をアレンジさせたら天下一品!himawariさんのブログからたくさんの美味しい物を教わりました。市販のお料理本より活きた情報満載!


【あずみさんのライフログ】

かもめ食堂
/ バップ

大好きな北欧が舞台だというのもいいですし、なにより毎日のバタバタした生活を忘れてゆったり優しい気持ちにさせてくれます。DVDを見終わった後、無性におにぎりが食べたくなりました!


あなたのために―いのちを支えるスープ
辰巳 芳子 / 文化出版局

料理の大切さ、奥深さを知るとてもためになる本だと思います。


「分とく山」野崎洋光が説く 美味しい方程式
野崎 洋光 / 文化出版局

和食の基本がとても分かりやすく記されています。娘の20歳の記念にプレゼントした料理本です。

あずみさんの「Azumi's Diary」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-12-05 16:26