今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

c0039735_15194837.jpgスポーツやアウトドアを楽しむのに最適な季節ですね。今回は大自然を相手に、フライフィッシングの楽しさや醍醐味を臨場感あふれる文章と写真で表現するアウトドア系ブログ、「terry's FlyFishing Bar」のtokyo_terryさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
tokyo_terryさん:こちらこそ、いつもお世話になっております。インタビューってのは初めてなので、ちょっと緊張しますね(笑)よろしくお願いします。
ブログのキッカケですか。え~と、そうですね、トーキョーに転勤をしたコトでしょうか(笑)転勤を機に、大好きなフライフィッシングを楽しむ機会が随分と減ってしまって、休日を少し持て余していました。そこでちょっとした時間にフライフィッシング関連のHPやブログを拝見させていただいていて、様々な情報交換や、新しい環境での友人などが作れるのでは?また、もっと楽しい遊び方ができるのでは?と感じて、ブログを始めてみました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
tokyo_terryさん:ボクは全くお酒が飲めませんが(と言っても、グラスに一杯くらいはイケます・・・)、たくさんのお客様がご来店くださる賑やかなbar、しかも大好きなフライフィッシングの話題でボク自身が、また、ブログに訪問してくださるブロガーの皆さんが、楽しく過ごせるようなひとときを作れるブログにしたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
tokyo_terryさん:やはり同じフライフィッシングを趣味としている方と、ブログ上でのコメントのやり取りだけでなく、実際にお会いして一緒にフライフィッシングを楽しむコトでしょうね。
また新しい仲間が出来たことにより、自分自身の知らなかったコト、知らない土地や、知らない遊び方など、様々なことを多くの仲間から教えてもらったりするコトができる。ボクの場合は、ブログを通じて知り合った方がちょっとだけ年上の方が多いので(笑)大袈裟かもしれませんが、人生が豊かになったかもしれません(笑)

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
tokyo_terryさん:行き当たりばったりのフライフィッシング中毒患者(汗)でしょうか?

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
tokyo_terryさん:機会を作るコトができれば、まだ会ったコトの無いブロガーの方たちに、ぜひ会ってみたいですね。
これまで実際にお会いして、フライフィッシングを一緒に楽しむ機会がとっても多くなりましたからね。北海道から、東北、関東、中部、関西と各地に仲間が出来るってコトは、とても楽しいものです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
tokyo_terryさん:もちろん、フライフィッシング&ブログッ!
あ、江國香織の小説にココ数ヶ月ハマってるかな(笑)

エキサイトブログ編集部:夢は?
tokyo_terryさん:釣り上げることの出来なかったサカナを釣るコト。
まだ釣り上げたコトの無いサカナを釣るコト。
それを達成するまで、フライフィッシングを楽しむコト・・・かな(笑)

エキサイトブログ編集部:臨場感あふれる文章と写真が魅力的ですが、文章を書いたり写真を撮る際にこだわっていることは? また、フライフィッシングの魅力は?
tokyo_terryさん:文章については、できるだけ自分が見たコトやその時感じたコトを忠実かつ端的に表現したいと思っています。でも難しいんですよね〜。
写真については、釣り上げたサカナが一番キレイに見えるようにしたいと思って撮影してます。でも、最近は釣れないコトが多いので(笑)ご一緒している仲間や風景の写真が多くなってきているように感じます(笑)あと気を付けているのは、撮影した写真を印象的にするために色合いを変えたりしてます。
フライフィッシングの楽しさはについては、ボクの場合、見知らぬ土地への旅や、仲間との時間を共有出来るコト。これに尽きます。

エキサイトブログ編集部:これまで行った場所で特に思い出深い釣りができたところは? また読者に評判だったポストは?
tokyo_terryさん:今年一月に出掛けた極寒の北海道釣行 2006.1.10付 Fishing travel in Hokkaidoや、初めての東北釣行で吹雪に見舞われた宮城への釣行 2006.3.20付Big Rainbowは、イチバン記憶に残る釣行だったかもしれません。実際にサカナを釣るコトが出来なかった時や、悪天候の中での釣りをした時のコトのほうが、脳裏に焼き付いてますね。

評判が良かったのは、2006.8.8付のKIRIN LEMONでしょうか。フライフィッシングとは無関係の記事ですが、読まれたブロガーの皆さんが子供の頃を思い出したり、懐かしんだりして、楽しめたんじゃないかと思います。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
tokyo_terryさん:サカナ釣りをする時間と、睡眠時間がとっても欲しいです(笑)

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
tokyo_terryさん:クマに関するニュース。今年はクマに襲われたとか、目撃情報が多いみたい。友人も今年は何人も見たり、遭遇している。ボクはまだ森のクマさんには出会ったことはないけど、やっぱり渓流で釣りをしていると、ちょっと恐いんですよ。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
tokyo_terryさん:いつもterry's FlyFishing Barへお越しいただき、誠にありがとうございます。
ちょっと覗きに来るだけの人も、毎晩のようにBarの常連客のように遊びに来られてコメントをくれる方も、初めて訪問してくれた方も楽しく過ごせるひとときになるように頑張りますので、コレからもよろしくお願いします。
また、雑誌Fly Rodders 11月号(地球丸刊)のブログコンテストでも銀賞をいただきました。これは、友人からの推薦で参加をしたのですが、受賞した本人もビックリの結果です。ますます、ボクのブログ熱がヒートアップしちゃいそうです(笑)

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【tokyo_terryさん:が好きなブログ、気になるブログ】

slow Fishing
北海道のフライフィッシングの魅力と、アートな写真と素敵な文章で綴っているかなりカッコイイブログ。ご本人もなかなかのイケメンです(笑)

森のフィッシュ魚ッチング
普通の釣り人からは決して見れない水中写真と、釣り師の心象を紹介している楽しいブログです。

永源寺のなまぐさイワナ
イワナの視点で繰り広げる釣りの四方山話や、釣り人のデコボココンビが繰り広げる楽しい会話をベースにした“クスッ”と笑えるブログです。

由井大久 釣り方商店
釣りのお話をさせたら、もう止まらない。オヤジギャグ満載のフライフィッシングのブログ。でも、釣りの腕は一級品!

It's only C&R
フライフィッシングを楽しむ好青年のブログ。釣り場への思いや、実際に釣り場清掃などにも積極的に取り組む姿勢には脱帽です!

【tokyo_terryさんのライフログ】

きらきらひかる
江國 香織 / 新潮社

アル中の妻とゲイの夫とその恋人。変わった組み合わせだけど、何故かそれが普通に見える。ちょっと切ないけど、不思議と微笑ましい恋愛小説。


江國香織著 いくつもの週末
いくつもの週末
江國 香織 / 集英社

江國香織本人の結婚生活を綴ったエッセイ集。小説そのままのような彼女の生活の感じが読んでいてとても心地イイ。


tokyo_terryさんのterry's FlyFishing Barを読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-09-26 15:30

c0039735_1665352.jpg「あ~、わかるわかる!」「あ~、こういう人いるかも~」と妙に共感できる面白エピソードやオチがいっぱい。日常をつづった4コマ漫画に笑いのセンスが光る人気ブログ、「週刊ゴハチ4コマ」のゴハチさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
ゴハチさん:こちらこそ、お世話になっております。
もうだいぶバレてきたので(笑)ぶっちゃけますが、実は本業は少女漫画を描いてる漫画家でして。ペンネームはゴハチじゃないですけど。
去年あたりから、少女漫画と並行してエッセイ漫画も描きたいなーと思い始めたんですが、私のペンネームが実は本名なので、心配症の母親から「本名で家の中の事を面白おかしく描いて、孫達がイジメられでもしたら…」と不安がられてしまい(笑)エッセイ漫画を断念しました。
別名で描くという方法も考えたんですが、それは出版社さんからやんわり拒否されて(笑)。じゃあ一生エッセイ漫画は描けないのね…と凹んでる時に、ある漫画家さんから「趣味でやれば?」とブログをオススメされ、ひそかな趣味としてやり始めました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ゴハチさん:あったことを描いてるだけの、ゆるーい4コマブログです。
趣味として始めたブログなので、狙いもテーマも無いです(笑)。
3ヵ月間お休みしちゃったけど今月から再開しました。なるべく最低週一回は更新したいと思ってるんですが…できなかったらスミマセン(涙)。のんびり見守っていただけたら嬉しいです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
ゴハチさん:自分の漫画は男性には受け入れてもらえないと思い込んでいたのに、男性でも「面白い」と言ってくださる方がいるのは、すごく嬉しかったし衝撃的な発見でした。いろんな意味で勇気をもらいました。
得たものは、思いがけない「ゴハチ」の商業誌デビュー(笑)。ペンネーム増えちゃった(笑)

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
ゴハチさん:普段の生活では全く接点の無いような方々とコミュニケーションが取れるのが、ステキだなぁと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
ゴハチさん:努力家なのに、努力のポイントがズレてる人。
と、ヒトに言われて「なるほど!」と思いました。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
ゴハチさん:初対面の方の前では緊張して、必ず何かやらかして呆れられるのが常なんで、会わない方がお互いのためかと…(涙)。
ラーメン☆マン」のメンラさんは、なんか似たタイプの人間のような気がするので、会ってお互いにダメ出ししあってみたいです(笑)。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
ゴハチさん:漫画を描くこと(笑)

エキサイトブログ編集部:夢は?
ゴハチさん:愛車で日本縦断。あ、愛車って自転車ですけど。

エキサイトブログ編集部:まんがはずいぶん前から描いてらっしゃるのですか? おもしろいエピソードが多いですが、ネタは日ごろから描きとめておく?
ゴハチさん:絵は子供の頃から描きまくってましたが、お絵描きが好きというよりは、頭の中にあることを描きとめておく手段として描いてました。文章を書くより、絵を描く方がラクだったんで。
その後、それをコマで割ってみたら漫画になり、いつのまにか運良く漫画家デビューしちゃって。
漫画家歴は、けっこう長いです。デビューが早かったんで。具体的には言いませんがエヘヘ。

ネタを書きとめることは無いですけど、小学生の時からずっと日記をつけてまして、それがゴハチ4コマのネタになってたりします。

エキサイトブログ編集部:ご自身で思い入れのある漫画は? 読者のみなさんに好評だった漫画は?
ゴハチさん:思い入れは、そりゃーもー全部ありますっ!けど強いて言えば、やっぱり家族の昔話には思い入れが強いですね。描きながら、この家族の中で育ったから私はこういう人間になったのかー、と再確認したり。良い意味でも悪い意味でも(笑)。
みなさんに好評だったものは、多分「バカ兄妹伝説」(4/20)ですね。これもゴハチ家の昔話です。ゴハチ4コマ初体験の方は、コレから入るとゴハチワールドがわかりやすいかも。

エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
ゴハチさん:両親が年老いてきたので、なるべく両親との時間を作りたいです。
なかなか作れないんですけど…

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
ゴハチさん:紀子様がご出産した男の子のお名前が「悠仁」と発表された時、この字を見て「あ!ゆずの北川くんと同じ字!」と思った人が世の中にどのぐらいいたのか、ということ。どうでもいいんだけど、すっごい気になってます(笑)

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
ゴハチさん:いつもありがとうございます!
皆様が楽しんでくださることがゴハチ4コマの活力源です。
これからもダメダメな私を見守ってやってくださいませ!
最近は皆さんのブログを訪ねる時間がなかなか取れず、申し訳ありませんですー
(涙)

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【ゴハチさん:が好きなブログ、気になるブログ】

え!5つに絞るのは無理…(涙)でもやってみます…
順位はつけられないので五十音順で。

お花の、お絵かきルーム
絵の美しさと雰囲気に、いつもウットリしてしまいます。
どうすればこんな風に描けるのか…ハァー(うっとり)

東京イラスト写真日誌
テンポのいい、わかりやすい文章に、いつも引き込まれてしまいます。
真面目に語っても絵で崩す、そんななおきんさんが素敵だ。

俵太
俵太先生かわいい…かわいすぎる…(感涙)

ぼうしブタ絵日記
とにかく絵が好き。大好き。
1年前ぐらいから、コッソリ見させていただいてますウフ。

☆☆wancafe2
ハナちゃんの大ファンなのです!
ハナちゃん萌えー!萌えーーー!(大興奮)



【ゴハチさんのライフログ】

いっぱいあるのですが、1コずつご紹介します。
アベルの島
ウィリアム・スタイグ 麻生 九美 / 評論社

小学生の時に親からもらった児童文学なのですが、今だにちょくちょく読んでいます。
マザコンのおぼっちゃまネズミ・アベルが、大冒険のすえ一人前に成長するお話。
ラストが素敵なんですよー。


運命じゃない人
/ エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

感動系の映画じゃなくてヒネリのきいたコメディー(?)なんですけど、
ストーリーの作り込みがあまりに緻密で感動しました。


PERIDOTS
PERIDOTS Koki Takahashi Neko Saito / 東芝EMI

普段はロケンロー浸りなのですが、この美しい声には一目惚れ…いや、一耳惚れ!スゲー。
一日の終わりに必ず聴いてます。クールダウンー。

ゴハチさんの「週刊ゴハチ4コマ」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-09-19 14:30

c0039735_1456289.jpg何気ない風景や物体もとらえ方、撮り方ひとつでこんなふうにアーティスティックになるんだ、と感心させられる写真ブログ。今回は、真四角に切り取った写真に、独自の世界を展開する「On Land」のkai_05さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
kai_05さん:どうも!いつもお世話になっております。ブログを始める前はHPで作品を公開していたのですが、あまりにも更新作業に時間と労力が掛り過ぎるので何とかならないものかと。丁度その頃にはもうブログは広まっていて面白い写真ブログも沢山ありました、これなら気軽そうだしという事で試しに始めてみた次第です、それで何とか今日まで続いてますから我ながら驚きです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
kai_05さん:殆どの写真は極々身近なところで撮ったものです、こんな僅かなエリアの中にこれだけエキサイティングな世界が存在しているというのを見て欲しいです。特別な場所だからという事では無くて、きっと誰もの所にも有るものなんだと思います、カメラを通す事で始めて気付く事も沢山あります、もし僕のブログを見て写真を始めるきっかけになったなら最高に嬉しい事なんですけどね。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
kai_05さん:時間に対する意識が強くなったと思います。ブログには明確な時間が刻まれてますから振り返えると流れた時間を如実に感じる事が出来て面白いです、そうした中で個々の作品にも時間的要素を取り入れたものが多くなって来ました。時間を意識しそれが作品にも取り入れられ、いま頭の中には更に進化した時間表現のイメージもあります、これは紛れもなくブログを通して生まれた感覚だと思います。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
kai_05さん:やはり手軽に発信出来て管理も楽、そして反応も分かり易い。正直最初は半信半疑でしたがやってみて良かったと思う。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
kai_05さん:のんびりや。もっとササッと行動出来たらいいのにと思います。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
kai_05さん:機会があるなら来てくれている方みんなと会って話してみたい、写真を撮る方ならカメラを持ってぶらぶら歩きながら話したら最高だと思うんだけど。 「ヒトは猫のペットである」のy_and_r_dさん。毎回猫ちゃんの居る空間と拘りを感じるアイテムで楽しませてくれます、きっと写真やデザインの話をしたら尽きる事がないと思う。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
kai_05さん:もうずーっとですが映画が大好きですね、映画館で過ごす時間は楽しいです。あとこれから自転車にハマりそうな気配、今いろいろ調べている最中です。 因みに写真は好きとかハマるって言うレベルの話じゃないです、カメラは必要不可欠な体の一部でこれが無いともう自分で無くなります(笑)

エキサイトブログ編集部:夢は?
kai_05さん:環境を取り込んだ大掛かりな作品展をやってみたい。あと作品集を出したいです。

エキサイトブログ編集部:写真を撮る上でこだわっていることは? 今はどんなシチュエーションの写真を撮ってみたいと憧れている? また、kai_ 05さんにとって、自分らしい写真とは?
kai_05さん:構図だとか色彩とか拘りはあります、ちょっと違いますが例えば電車に乗ってて窓の外に面白そうなものを見つけたら次の駅で降りてその場所に行ってしまうような精神力が重要だと思ってます、意外に難しい事ですけどね。
>どんなシチュエーションの写真を撮ってみたいか?
と、そうですね、少し高い位置からいろんな場所を見てみたいというのがあります。高所作業車に乗ってあちこち撮れたらイイなぁと思いますね。ただ高い所が苦手なので耐えられるか分かりませんが(汗)
>自分らしい写真とは?
繊細で美しくそれでいてほんの少し毒気を含んでる、そんな写真でありたい。
徹底的に見つめる信念のようなものが作品に表れたらそれが自分らしさだと思います

エキサイトブログ編集部:ご自身で思い入れのある写真は? (初めての方に読んでほしいポストなども)読者のみなさんに好評だった写真は?
kai_05さん:今はこれに尽きます、「TMA-06」 。まるで現代アートのような美しすぎるこの物体に惚れ込んでしまってます。これだけで個展が出来るくらい徹底的に撮り続けます。

あと好評というか意外な反応がよくあります、例えば「Black Sea」。自分では気に入ってましたが何となく一般的にはどうかと、でも思いの他良い反応で逆にこちらが驚いたくらいです。ダイレクト反応があって面白いですね、これからも色々チャレンジしてみます。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
kai_05さん:月並みですが、時間が欲しいです。リアルなモノならちょっと性能の良い折りたたみ自転車が欲しいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
kai_05さん:飲酒運転のニュースです。先日福岡で起った飲酒運転事故はショックでした、最近事故現場の辺りで撮影していたので思うものがあります。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
kai_05さん:ご訪問有り難うございます。更新は不定期、レスは遅い、こちらからはなかなか伺えない、こんな状態なのに長い間見に来てくれている方、本当に感謝してます。 将棋の駒を動かすように一つずつ慎重に考えて先の予想が出来ないスリリングな展開のブログで有りたいと思ってます。どうぞよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【kai_05さん:が好きなブログ、気になるブログ】
う〜ん、これは難しいですが…、4つ選んでみました。

allo? from Mayumi
札幌在住のまゆみさんのブログ。ポラロイドとデジ一眼で撮った写真載 せてます。
統一感ある柔らかな空気感が心地良いです、すーっと肩の力 が抜けて行くようです。
センスの良いHPも必見ですよ。

何ができるか!?インテリアデザイナー
名古屋のインテリアデザイナーよっさんのブログ。関心のある職業とい うのもありますが、仕事を面白く紹介されていて読み易いのでちょく ちょく覗いてます。

徒然雑草:BLOG
映画レビュー中心のブログ。ブログ化以前の日記も含めるともうかれこ れ7年近く通ってます。ここの管理人さんのマルチな活動とその パワーには頭が下がります、良い刺激になってます。

ART SPACE TURTLE BAY
福岡で唯一かな、写真を専門に扱うギャラリー。気さくなオーナーと話 しながらゆっくりと作品を楽しむ事が出来ます、とても居心地の良い ギャラリーですよ。
いずれ自分もここで個展を開きたいと思ってます。



【kai_05さんのライフログ】

ライフブラッド
マニック・ストリート・プリーチャーズ / ソニーミュージックエンタテインメント

いつもヘッドフォンをしてマニックスをガンガン聴きながら作品制作というパターンが多いです。ハードさとメロウさの合わさった感じが心地よい、かっこいいアルバムです。

2001年宇宙の旅
/ ワーナー・ホーム・ビデオ

キューブリック作品はどれも好きだけど、取りあえずこれですね。モノリスの配置された原野を観たとき震えが来た、圧倒的なイマジネーションです。

kai_05さんの「On Land」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-09-08 10:28

c0039735_17104071.jpgおいしそうでとっても素敵に見えるスイーツ写真の数々に、センスのよさが伝わるブログ。好きなお菓子作りを中心に、日々の暮らしを女性らしい感性でつづるカリフォルニア在住の人気ブロガー、「本日の、のんし。」のnonshiさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
nonshiさん:海外に引っ越して環境や時間の使い方がすっかり変わってしまって、さて、何をしよう・・・というのがあって、そこに大きなオーブンがあるのだからとお菓子を焼くようになりました。そのうちカメラにも興味がでてきて、被写体はそこに作ったお菓子があるのだから、と。そんな時ブログの存在を知り、そこに撮り貯めた写真と時間があるのだから、となって。
そんなきっかけで、離れている家族や友人たちへの近況報告も兼ねて始めました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
nonshiさん:本日の・・・というタイトルで自分の普段の生活のことを綴るブログになるはずでしたが、その日々の興味の対象がそこなのか(はい、そこです)すっかり食べ物中心です。
それでもここカリフォルニアならではの食材を通したその季節感だったり、その時思っていたことだったりを振り返られるような記録のようなものになればと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
nonshiさん:なにより日常の生活では絶対知り合えないようなたくさんの方とコメント欄を通じてお話ができてその上何かを共有できる、そんな人との繋がりを得られたのは大きなことです。ブログを始めた頃には思いもよらぬことでした。
ブログを通じて世界中に住むたくさんのブロガーさんと知り合えて、自分の知る世界がどんどん広がっていくのに、世界というか地球は狭いなと感じる。なんてすばらしい。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
nonshiさん:喜怒哀楽のはげしい猫。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
nonshiさん:コメントをくださるみなさんにお会いしてみたいのです。
それは近くにお住まいの「A la Table」のKazukoさんにお会いできた時、ブログから伝わるイメージ(もちろん素敵な)がリアルになった瞬間の感動があまりに素敵だったので。その感動をもう一度、いえ何度でも。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
nonshiさん:なにより好きな時間はお風呂で本を読むこと。
今はジェフリー・アーチャーばかり読んでいます。日本への一時帰国直後なので在庫はたっぷりあって、うれしいのです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
nonshiさん:大きなキッチン!

エキサイトブログ編集部:nonshiさんにとってクッキングの楽しみや魅力は? また、海外暮らしの中で大切にしていること、いやされる時間は?
nonshiさん:料理は食べたい、食べてもらいたいという気持ちから始まると思うのですが、まだ私はただ作りたい。それでも毎回新しい発見でどんどん楽しくなります。これが続いていつか食べた人に喜んでもらえるような料理になれば、もっと楽しくなるはず。
それから料理に限らず季節感を大切にして過ごしたいです。カリフォルニアに来てから季節感というものに目覚めてしまって、それは春に桜が咲くことに気がついたり、年越しの行事が大事に思えるようになったりという当たり前のことなのですが、なにせここは季節感が乏しく四季があまりないのです。なので、せめて旬の果物や野菜にいつも目を光らせていたいです。それがたぶん一番おいしいものだとも思うので。

エキサイトブログ編集部:ご自身で思い入れのあるポスト、読者のみなさんに好評だったポストは?
nonshiさん:やはり何かに夢中になっている時のものは、記憶に残っているものですね。

本日の、てんこ盛り。そしてぱっちん。」(2006-08-04)
チェリーの種抜きに夢中になって嬉々としていたところ、そのCherry Pitterが壊れました(ぱっちん熱)。
好きになるとすぐ夢中になってそればかり作り続け食べ続けてしまうのですが、それゆえ飽きてしまったり、あれ?という結末がいつも待っているのだけど、コメント欄で「バームクーヘン日誌・2」のバームクーヘンさんに過労死なんじゃないのとつっこんでいただいて、その通り!と愉快な出来事にかわりました。

」(2006-04-13)
この後、延々と赤いものが続きます(Blood OrangeStrawberryPlumRhubarbApple)。
この時も赤いものに夢中で、おそらく私のいつもの夢中っぷりが一番でているのではないかと思います。
料理は日常のものなのに、こんなことばかりしているのは、それはやはり楽しかったからです。

エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
nonshiさん:いつも思っていることでもあるのですが、南の島へ行きたいです。
でも住むのではきっとだめで、行って帰ってきてまた行きたい。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
nonshiさん:非常にローカルかつ個人的なことなのですが、サンフランシスコへ渡る橋が工事中で、フリーウェイの出口の閉鎖状況がめまぐるしく変わったり、橋そのものも通行止めになったりするので、最近その情報のチェックが欠かせません。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
nonshiさん:たくさんのブログの中から見つけてくださって訪れてくださって、本当に嬉しく思っています。どうもありがとうございます。
そしてコメントをくださる方へも。たぶん私の頭の中は言葉よりもイメージの方が強くて、そのまままったくもって訳のわからない文章になっているにもかかわらず、それを読解して的確にコメントしてくださる方がいて、そこではじめてひとつのポストが完成だと思っています。そんな勝手に甘えっぱなしのブログですが、これからもどうぞよろしくお願いします!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【nonshiさん:が好きなブログ、気になるブログ】
困りました、5つを選ぶのはとてもとても難しいです。

一日一膳
zo.chikaさんのあの作られるもののイメージはどこからくるのかと、毎回感心してはうなってばかりです。
そんな素晴らしくおいしそうなものばかりではなく、旅の写真も大好きです。あの風景を切り取る感性、こちらもいつもうならせていただいています。

スウェーデンからの生活便り
kanaさんの言葉で綴られるスウェーデン、感じたことを言葉にされるのがとてもうまくてどんどん身近なものに思えてきます。そしてもちろん、どんどん行きたくなっています。

MY LEFT EYE
とにかくigossouLAさんの撮られる写真が好きで、次にLAへ行くことがあったら何もかもその写真のイメージで見えてしまいそうです。特に電柱の写真、とても心惹かれてしまいます。不思議なんですけど。

うろうろ、ごそごそ。
お料理はもちろん、陶芸やお花や一人旅、ものすごくたくさんのことをされているのに、
どれも肩に力が入っていなくて自然に楽しんでいらっしゃって、充実という言葉はクロエさんのために。見習いたいこともたくさんあって、まずは私の包丁を研ぐ回数が増えています。

シンガポール☆スリング
チェコからシンガポールへ転勤されたkabarinさんの、その好奇心と行動力でマイナスなこともプラスに変えてしまう愉快なお話満載です。いつも本気で笑わせていただいています。



【nonshiさんのライフログ】

ブエナ☆ビスタ☆ソシアル☆クラブ
/ バップ

キューバのミュージシャンのドキュメンタリー映画です。彼らにとって音楽(と葉巻)は人生そのもので、そんな人や土地に根ざした音楽は、この映画で初めてそれを知った私にも熱く響いてきました。響きすぎて涙がでるくらい。


Six Feet Under: Complete Fifth Season (5pc) (Ws)
/

アメリカのテレビドラマ、LAの葬儀屋の家族のお話です。途中ストーリーがやりきれないほど重い展開で最後までとても見られないとも思ったのですが、最後の最後の1シーン、あの希望があってよかった。5シーズン、つまり5年分なので、もうまるで自分も家族になったかのような感情移入をしてしまう始末。思い出しただけでも泣きそうです。

nonshiさんの「本日の、のんし。」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-09-05 14:50