今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

c0039735_16163241.jpg寒くなると鍋が恋しくなりますね!鍋といえば…まん中にちょこんと座ったシロクマの大根アートがとってもユニークと評判。こぐまやおばけバージョン、さんまにかぶりつく猫などどれもかわいくて、思わずにんまりしてしまいます。そんな大根おろしアートの作り方をはじめ、おもしろトークを交えながら作るおうちごはんの数々はどれも個性的で見入ってしまいます。

お出かけ先で撮った写真もずらりと見ごたえたっぷり。独自の視点でユニーク&臨場感たっぷりにつづる記事に、ぐいぐい引き込まれていく読者も多いはず…。
今回は、おいしい料理とお出かけレポをひと手間かけた編集で楽しませてくれる「お料理王国6」のrie cheetahさんに登場していただきました!

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
rie cheetahさん:ブログを始めたきっかけはそもそも婚活でして、お料理やガーデニング、絵を描いたりインテリアにこだわったり、殿方にステキなお嫁さんになりそうだな〜とイメージしていただけるブログを作ろうと思い始めたのですが…。どこでどう間違ったのか、アラフォーの女が自己流の料理を作り、気がつけば部屋の中が温室のようになるありさま。海外旅行でたまにはストレス発散しなくちゃねと出かけてみればモンゴル…などなど。どんなブログなのかを説明するのはなかなか難しいのですが、ひとことで言うなら『東京スナップ』です。

エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
rie cheetahさん:ブログを始めたのはもう15年くらい前でしょうか。その頃はまだまだブログはそんなに発展していなかったと思います。そう思うと最近のブログの人気、そして発展はめざましいですよね。みなさんが自由に生活のいろいろ、趣味のいろいろを発信できる自由な社会になったんだなあと感慨深いです。やっぱりコメントをいただくとすごくうれしいです!めったにこないですけど!(笑)

c0039735_16170798.jpg


エキサイトブログ編集部:大根おろしアートをはじめ、ユニークなお料理記事を楽しませていただいていますが、料理を好きになったきっかけや料理を作る楽しさは?
rie cheetahさん:婚活です(笑)。やっぱり「胃袋を掴まないと!」と思って始めたのですが、もともと凝り性なので、どうせ作るならプロ用のレシピで作りたいなぁ〜とか、大根おろしアートも流行っているけど、これはきっと私が本気を出したほうがすごいもの作れるんじゃないかな〜とか、そういった自信過剰と誇大妄想によりできている料理が多いです。この冬はスッポンを捌くところから始めてお鍋を作ろうかと思っていますが、それが婚活につながるのかは謎です。
というか、大根おろしアートを始めたあたりからは正直婚活はあきらめています(笑)。
どうせお料理するなら、「楽しくおもしろく、おいしく!」をモットーに、そして普通の人がマネしようと思っても、なかなかできないものを作ってやりたい!という感心できない不純な向上心のもとに大根おろしアート、その他ヘンテコ料理にハマっております。

c0039735_16175725.jpg


エキサイトブログ編集部:臨場感たっぷりのお出かけ記事も楽しませていただいていますが、自分らしい記事作りのポイントや大切にしていることは?
rie cheetahさん:出かけるときは必ずカメラを持って行きます。単焦点とズームレンズ2コも必ず携帯します。プラス替えの電池3つと32MBのメモリーカードを2枚、重装備です。実は東京はまだ2年目でして、とにかく駅に書いてある駅名を見るだけでも興奮してしまい写真を撮ってしまいます。『新宿三丁目』とか。とにかく今はままだ東京のすべてが珍しく、私の目にはキラキラと光かがやいて見えています。新橋の高架下でさえ私にはワンダーランドです。それが結果として臨場感のあるブログになっているのであれば幸いです。

c0039735_15500434.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中で特にご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
rie cheetahさん:『お料理王国6』内で言えば、過去に反響が大きくて再度掲載した大根おろしアートの記事。
【プラチナブロガー記念】シロクマ鍋
ですかね。このブログは文章までをマネした海賊版の出ましたから。海賊版を発見したときはそっちのほうがクオリティーが高くてがっかりしました。
大根おろしアートのカテゴリには、シロクマこぐま鍋などもまとまっていますのでよかったらご覧ください。

【夏休み企画】モンゴル旅行02
モンゴル旅行編も気に入っています。なかなかできない経験をさせてもらいましたし、それを発信することもできました。尊敬するムツゴロウさんに少しだけ近づけたような気がしています。これを読めばモンゴルにはトイレがないことがよくわかるハズです。オススメ!

c0039735_14350935.jpg


●「お料理王国2」からですけど…。
タイの旅11
これも大好きな記事です。もうあそこは天国ですからね、ぜひみなさん一度は行っていただきたいし、そんな超絶絶景とわたしの水着姿が同時に楽しめるブログとなっております(笑)。

【夏休み企画】フレンチの会のダイジェスト!
妙齢女子を集めておうちでフレンチ!といっても難しいレシピのものはなく、フランス家庭料理なので誰でも気軽にできるレシピや、手作りでできるテーブルセッティングとなっております。セレブ御用達パーティーには向きませんのでご注意ください。

c0039735_16231292.jpg


二度目の吉祥寺おふくろ屋台
ほんとうは1度目の記事だって見てほしいくらいすばらしかったのですが、吉祥寺はカオス・ハモニカ横丁の中でも群を抜いてカオスなこのおふくろ屋台。おばあちゃんと住んでる同級生の実家の部屋におじゃましながら、お酒を飲んでる感覚に陥るイメクラ的居酒屋といっても過言ではありません。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
rie cheetahさん:婚活ブログです!婚活ブログだったんです!でもいろいろダメでした。このブログを見ておもしろい女性だ、「あっはっは」とおっしゃってくださる方はいましたが、なんらその後には結びついていません。今はむしろこのブログの存在を出会った殿方には隠しております。そんな気持ちで見ていただくと『これで婚活しようとかウケる』と、おもしろい動物を見るように眺められるかもしれません。
今はもう好き勝手やっています。好きなことを始めたとき、そこに出会いはあると信じて!まだ希望は捨てていないアラフォーのブログを読んでみてください!

c0039735_16240630.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【rie cheetahさんのお気に入りのブログ】

はしもとみおのナマケモノ日記   
どうしてあんな生きているかのような個性あふれる彫刻が作れるのでしょうか…。
もう感動に次ぐ感動で、同時にわたしもがんばろうと創作意欲も湧くで大変オススメです!!!
もうすんごいですよ。

トルコ子育て生活
お子さんが、ちょーかわいい!!そしてなかなか触れることのない異文化のリアルを垣間見ることができます。
なんだかときどき一緒に生活している気分にも?(笑)

ぶつぶつ独り言2(うちの猫ら2016) 
やっぱり猫は雑種に限るにゃあ。あああもう癒しの猫画像にデッレデレになります。

rie cheetahさんの「お料理王国6」を読んでみましょう。


[PR]
by blog_editor | 2016-12-02 17:40 | グルメ

c0039735_14335143.jpg彩り鮮やかでとってもおいしそうな料理から心あたたまるスイーツまで。カフェメニューのような見た目の華やかさや季節感を大切にしながら、作り方はいたって簡単!鍋やフライパンだけで作れるワンポットパスタやパエリヤ、初心者でも作れるスイーツなど…。少しのコツと時短アイディアで、家事に子育てに仕事に…と忙しい主婦にも、「これならトライできるかも!」と思わせるオリジナルレシピが評判です。
また、お子さんが笑顔になる季節のデコごはんやキュートなキャラ弁もたくさん手がけ、「うちの子にも作ってあげたい」というママ読者にも人気を呼んでいます。子どもが食べやすいひと口サイズのおかずやお寿司などの工夫もいろいろ。

そんな人気ぶりはレシピブログでの「つくレポ」の多さからもうかがえますが、テレビや料理イベントにもひっぱりだこ!昨年5月に出されたレシピ本も好評です。
今回は、”簡単だけどちゃんと感”のあるレシピが人気の料理家、「cafeごはん。ときどきおやつ」の高羽ゆきさんに登場していただきました。スタートしたばかりのエキサイト公式プラチナブロガーにもなっていただいたので、ぜひご注目!

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
高羽ゆきさん:こんにちは。料理家の高羽ゆきです。日々家族に作る料理、娘のお弁当、お菓子作りがブログの中心ですが、もともと子育てブログだったこともあり、子どもたちの何気ない日常も記録しています。家族の大切な日記になっていて、後から見て懐かしさが蘇ってきたり、くすっと笑ってしまうことも…。
子どもにせがまれて始めたキャラ弁が注目されてしまい、思いもよらずキャラ弁の仕事依頼が増えてしまったのは予想外でした。
今では長女がキャラ弁を卒業して普通のお弁当になりましたが、長男がキャラ弁をせがむ年頃になったので、まだまだキャラ弁生活は続きそうです。
家族旅行のスケジュールやテーマパークの攻略方法などをまとめた記事が長期休暇のたびに人気ランキングの上位に上がってくることに最近気がつきました。私のプランニングが誰かのお役にたてているのかなと思うとうれしくなります。

c0039735_12250988.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログをはじめてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
高羽ゆきさん:ブログは本当にただの思いつきで始めてしまったので、最初は書くことがなくて(笑)。でも、ブログを始めて数か月、育児だけでは話が続かなかったためお弁当や料理について書き始めると、テレビ局から取材のお話をいただくように。その後も新しいお話をいただき、今の仕事にもつながり、そこでの新たな出会いもあり、出産で一旦家庭に入っていた私をまったく違う世界に連れ出してくれたのがブログでした。
毎日必ず!とはりきっていた時期もありましたが、自分にノルマを課さず、マイペースに続けられたのも長続きの秘訣かもしれません。
出産や育児でほとんど更新できなかったときも、自分のブログが上位にランキングされているのを見て、初めてみなさんから応援されている実感が沸きました。

c0039735_12254975.jpg


エキサイトブログ編集部:季節感の伝わるおいしそうな料理&オリジナルレシピの数々ですが、料理を好きになったきっかけや料理を作る楽しさは?
高羽ゆきさん:小学生くらいの頃からキッチンに立ってお料理をしていました。母に教わるのではなく、ひとり実験のように調味料を足していたので、おいしくなかったと思いますよ。それでも作る機会を与えられていたこと、誰も私の料理を否定しなかったことが今に繋がっているのかなと思います。
実験的に作ったものがすごくおいしかったときの喜びは、今も変わらず同じです。
釣り好きの父親は、よく魚をさばいて刺身を作ってくれました。それを近くで見ていたこともあり、魚をさばくことにも抵抗はありませんでした。
もともと料理家を目指していたわけではなく、友だちに誘われて会社に通いながら料理学校で勉強を始めたのが料理を仕事にするきっかけです。その後、ご縁あって料理学校の講師をさせていただき、出産で講師の仕事は離れましたが、ブログをきっかけに料理家としての活動が始まりました。うれしくて何でもお引き受けしているうちにどんどん仕事が増えて、気づいたら料理家と呼ばれていたという、かなり受け身の状態でここまできてしまいました。
おいしいものが好きで、誰よりも自分好みの味が作れるのも自分です。スイーツを作ろうと思ったきっかけも、自分の好みにぴったりの味が食べたかったから。だからこそ、ぴったりはまる味ができたとき、予想以上ににんまりしてしまいます。

c0039735_12262781.jpg


エキサイトブログ編集部:高羽ゆきさんにとってお料理&スイーツ作りで、とく大切にしていることや自分らしさという点でこだわっていることは?
高羽ゆきさん:覚えやすい分量、わかりやすい説明をモットーにしています。例えば調味料が膨大で分量がバラバラだと、毎回メモを見なくては作れません。私のレシピは比較的調味料が少なくて分量も覚えやすく、何度か作れば頭に入ってしまうものが多いです。スイーツも、講師をしていたときは凝ったものばかり作っていましたが、今作るのは素朴なものが多いです。
とはいえ、料理はまず目で楽しむもの。彩りや盛り付けには工夫しています。お店のようにオシャレに盛り付ける必要はありませんが、赤・緑・黄色を意識して彩りのいい食材をバランスよく配置したり、小さな器で見た目の楽しさをプラスしたり。それだけで豪華に見えるワンプレートごはんもよく登場しますね。
もちろん栄養バランスにも気をつけていますが、1回1回の食事にこだわりすぎず、比較的長いスパンで見て帳尻があっていればいいかな、くらいの大雑把さが長続きの秘訣です。

子どもたちの大好きな野菜たっぷりの味噌汁を作って全体のバランスを整えることも多いですよ。
かわいくデコするととても喜んでくれるので、イベントごはんやキャラ弁など、子どもたちの要望にはできるだけ応えることにしています。
キャラ弁は見た目だけでバランスが悪いなど批判的な意見もありますが、私は普通のお弁当にキャラ弁の要素をプラスするという考えで、おいしさや栄養バランスは普通のお弁当と同じです。

c0039735_15263933.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中で特にご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
高羽ゆきさん:●鶏肉と新じゃがのマスタードマヨネーズ炒め 
さまざまなメディアでご紹介いただく機会も多く、人気レシピのひとつです。たれの味付けが絶妙で、マスタードマヨ好きの我が家イチオシの1品です。

鍋に入れるだけ!ワンポットパスタ ミートソース
1回ですべての材料を入れて火にかけるだけの手軽さがポイントです。テレビでタレントさんスタッフさんに絶賛いただき、とても嬉しかったです。

みんなでワイワイ♪ちくわピザ
こちらはちくわ好きの子どもたちに人気のレシピです。ピザだと思ったらちょっと違う!?というサプライズ感がお気に入りです。

c0039735_12281643.jpg


炊飯器に入れるだけ!シンガポールチキンライス
「~だけ」というレシピはブログ内でも人気があります。炊飯器にすべての材料を入れるだけでごはんとおかずができ上がるので、おもてなしにもピッタリです。お肉が苦手な娘も食べられる柔らかさで、我が家でもよく登場します。

ホットケーキミックスで簡単!完熟バナナで焼きドーナッツ
小さなお子さんのいるご家庭からの圧倒的な支持を受けるレシピです。ホットケーキミックスで作るので、初心者さんにもオススメですよ。最初はこんなに支持される理由がわからなかったのですが…。うれしい感想をたくさんいただくうちに、私の中でも特別なレシピのひとつとなりました。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
高羽ゆきさん:いつも見にきてくださって本当にありがとうございます。
そして、今回エキサイト公式プラチナブロガーに選んでいただいたことで、さらに多くの方に見ていただく機会も増えたと思います。
初めましてのみなさま、これからも遊びに来ていただけるとうれしいです。
妊娠・出産を機に更新もコメントもストップしたこともあり、復帰後も実はコメントが少なくて。静かに見守ってくださっている読者さんですが、ぜひぜひ、辛口でもいいので感想などくださるとうれしいです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_12292670.jpg


           *    *    *   *    *   *    *

【高羽ゆきさんのお気に入りのブログ】

mellow-stuff
少しアンティークな雰囲気のある写真がすてきなブログです。写真を引き伸ばして額に入れて部屋に飾りたいくらいです。こんな写真が撮れるセンスと技術が欲しいですね。

WITH LATTICE 
オシャレなインテリアやすっきりとした収納を紹介されているブログです。すてきなお部屋を見ているだけでも楽しいですが、実際に使った商品の優劣や購入先なども書かれているので参考になりますね。

シンプルで心地いい暮らし
インテリア・収納を紹介されているブログですが、市販のものでは補えない部分を手作りされていたり、子ども目線の部屋作りなども参考になります。

高羽ゆきさんの「cafeごはん。ときどきおやつ」を読んでみましょう。

[PR]
by blog_editor | 2016-08-16 18:06 | グルメ

c0039735_13242292.jpgとってもかわいいイチゴの練りきりやあじさいのカップケーキ、桜や梅のアイシングクッキーに華やかなお花のケーキなど…。どれも色合いがきれいで大人かわいく、四季折々の季節感や女性らしい繊細な感性が伝わるスイーツがすてきです!
家族やお友だちの誕生日、あるいは結婚のお祝いや季節のイベントなど…、大切な人の幸せな日の贈り物にぴったり。「こんなスイーツをいただいたら、うれしくなりそう!」と思わず心もほっこり癒されそうです。
そんなハレの日にふさわしいスイーツということで、以前は「ハレの日おやつ。」のブログタイトルで知られていましたが、現在はお菓子教室の名前をとってブログタイトルも変更されました。
今回は、もらった人も贈った人も笑顔になるような特別感のあるスイーツを作り続ける「mamikono。~ハレの日のお菓子~」のmamikoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:ご利用いただき、ありがとうございます。さっそくですが、ブログをはじめたきっかけは?
mamikoさん:こちらこそ、いつもお世話になっております。本を出版されているような憧れの方々が選ばれているこのコーナーに選んでいただけるなんて、光栄です。
当時私は、初めての子育てが始まったばかりでした。夫の帰りも遅く、幼い子どもとふたりきりの生活の中で、どこかに自己表現ができる場を探していました。
実はこの質問をいただいた時、きっかけはなんだったのか、思い出せずにいたのですが。当初他社でスタートしたブログを読み返しているうちに、少しずつ思い出しました(笑)。
出産までパティシエとして働いていたことや、当時野菜ソムリエの資格を取ったばかりであったことなどから、ブログでは日々の様子に加え、野菜を使った料理やお菓子の写真とレシピを自然とアップするようになっていました。
しばらくして、「好きなことを活かして仕事を始めたい」と思いだした頃、「それなら、発信することが大事よ!」とある方に教わりました。
その方がエキサイトブログを利用していて、拝見したらデザインがとてもシンプルで。私自身がエキサイトさんをとても気に入り、こちらに移る運びとなりました。

c0039735_13245797.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
mamikoさん:ブログ「mamikono。~ハレの日のお菓子~」では、主に、“贈るスイーツ”をコンセプトに私の作るお菓子たちを紹介しています。「mamikono。」には、その名と通り、わたくし「まみこ。」が作る「まみこのお菓子。」という意味が込められています。
実は最近まで、ブログ名は「ハレの日おやつ。」だったのですが、このたび、お菓子教室を始めるにあたり、その名前と統一することにしました。「ハレの日おやつ。」というブログ名もとても時間をかけて考えた大好きな名前だったのですが、「おやつ」という響きにはどこか「家庭的」なイメージがあり、今回の教室の「思わず誰かに贈りたくなるスペシャルなお菓子」というテーマにはそぐわない気がして、何か良い代替案を考えていました。その当時はだからこそつけたのですけどね…。
そんな折、私が大変尊敬している方が提案してくださったのが、今のこの屋号でした。「読みやすくて覚えやすい!」「親しみやすいから広がりやすい!」、そして「海外の方にも通用する!(笑)」という理由からです。
私自身、自分の名前をとても気に入っていますので、迷いなく、使わせていただくことにしました。そして、これまで親しんでいただいてる読者にもわかりやすいように、副題に「~ハレの日のお菓子~」と添えてみました。

c0039735_13260526.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログをはじめてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
mamikoさん:ブログを始めてよかったこと、それは、ブログをやっていなければ出会わなかった方たちと出会えたことでしょうか。自分の好きなものを紹介しているこのブログを見て声をかけてくださる方とはやはり、趣味やお話も合う気がするので、とても貴重に感じます。
それからブログのよさですが、それは、セルフプロデュースしたお菓子の写真を、遠方の友人や、昔の恩師、上司に見てもらえることです。
友人からの「お菓子、すてきだったね」の言葉ももちろんうれしいのですが、それ以上に、私がまだまだ駆け出しだった頃から雲の上にいた恩師や上司に褒められると、素直にとてもうれしく、また、次回への活力になっています。


c0039735_11255883.jpg


エキサイトブログ編集部:お花のケーキやキュートなアイシングクッキーなど、贈り物にぴったりの「ハレの日」のお菓子がとても魅力的ですが、お菓子作りを始めたきっかけや作る楽しさや魅力は?
mamikoさん:お菓子作りは小さい頃から好きでした。といっても、特に教えてくれる人がいるわけではなかったので、本を読みながらも失敗の連続でしたが。本格的に「お菓子を仕事にしたい」と思ったのは、学生時代の洋菓子販売のアルバイトがきっかけです。
お菓子を通してお客様に喜んでいただける経験を重ねるうちに、「将来は人を喜ばせる仕事に就きたい」「お菓子で人を喜ばせたい」と思うようになりました。
その後、「贈り物」に最適なお菓子、という方向性が定まったのは、アイシングクッキーとの出会いが大きく作用したように思います。
お母さんが作る素朴なお菓子、素材にこだわった自然由来のお菓子、それから一流パティシエが作る本格フランス菓子。どれもこれも大好きなのですが、「でも、見た目しか伝わらないブログで、他の人の作ったお菓子との差別化を図るのは難しいかも…」なんていう思いがどこかにありました。
アイシングクッキーに出会った時、絵を描くことが好きな私は「これなら私にしかできないお菓子、作れそう!」と思いました。
それからは素朴なものよりも「飾り」で私らしさを表現するような方向に進んでいきました。デコレーションケーキ、アイシングクッキー、その後バタークリームのフラワーケーキに出会い、今の私のお菓子があります。

c0039735_23370141.gif


エキサイトブログ編集部:自分らしいお菓子作りで、大切にしていること、こだわっていることなどは?
mamikoさん:重複するのですが、「mamikono。」では、見てかわいい、食べておいしい、思わず誰かに贈りたくなる“贈るスイーツ”をコンセプトにお菓子作りをしています。どちらかが欠けていては“贈りたくなる”までの気持ちには至らないと思いますので、どちらも同じくらい大切に考えています。
さらにその上で、「自分らしさを出すということ=他の人には作れないようなものを作ること」を大事にしています。たとえばそれは、本当に些細なことなのですが、色合いや色使いであったり…。
私が「好きだな。すてきだな」と感じる色を使うことで「私らしさ」が表現できるのではないかと思っています。
それから後は、日本人らしい感性でしょうか(笑)。これは特に意識しているものではないのですが、でき上がった作品を見てくださった方が、「どことなく和風だね。」とか、「日本人らしい繊細さが表現されているね。」なんて言ってくれるととてもうれしく感じます。
私が季節を意識したお菓子作りを大切にしているのも、日本ならではの四季を表現する和菓子に通ずるものがあるのかもしれません。
とにかく、自分が「好きだな!きれいだな!」と思う感覚を信じること、自信をもつこと、を大切にしています。

c0039735_13302950.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
mamikoさん:●季節外れの梅クッキー。 
母校の記念品を作らせて頂いた時の記事です。結構な量を作るその過程は大変でしたが、思い通りの作品ができ、たくさんの方に喜んでいただいた時は、とてもうれしかったです。

春の投稿祭り。
エキサイトさんの「春の投稿祭り」に選んで頂いたことを報告した記事です。
この前後で、ふだんの何倍ものアクセスがあったことを覚えています(笑)。

ピアノの発表会クッキー。
ピアノの発表会の記念品をお作りした時の記事です。
これを見て、「発表会のクッキー作ってください」と問い合わせをくださる方がとても多いです。

ひつじのショーンのケーキ。
息子のお誕生日に作ったケーキです。手作りの良さは、オリジナリティーを出せること。
私自身とても気に入っているケーキです。

ケーキクッキー①。
初めてエキサイトさんで取り上げていただいた写真です。
この時もふだんの10倍以上のアクセスがあり、初めてのことでとても驚きました(笑)。

練り切り・いちご。
和菓子も大好きで、自分らしい、かわいらしい和菓子を作れたらいいなといつも思っています。

c0039735_13313359.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
mamikoさん:更新が不定期にも関わらず、いつも見に来てくださる読者の皆さま、本当にありがとうございます。それから今回初めて私のブログへ足を運んでくださった皆さま、私の作品を少しでも気に入ってくださいましたら、今後、私の作品写真だけでも、見に来てくださいましたら励みになります。
ファンの方の期待を裏切らないような作品を作り続けていきたいと思いますので、これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【mamikoさんのお気に入りのブログ】

Backe
パン作りや「お教室」運営の第一線で活躍されるBacke晶子さんのブログ。
私に「発信することの大切さ」を教えてくださった方です。

OUR HOME
整理収納アドバイザーEmiさんブログ。
「お片づけ」があまり得意ではない私なので、子どもがいてもすっきり暮らせる収納や、使いやすくておしゃれな生活用品、などを参考にさせていただいています。

Handmade Works
刺繍作家、樋口愉美子さんのブログ。
樋口さんの作品は、どれもこれも、甘すぎない「おとなかわいい」雰囲気で、いつまででも眺めていられます。  

mamikoさんの「mamikono。~ハレの日のお菓子~」を読んでみましょう。

[PR]
by blog_editor | 2016-05-31 23:46 | グルメ

c0039735_22541458.jpgお重やわっぱに詰めた和風のお弁当から、オムライスやハンバーグなどの洋風弁当まで。彩り鮮やかで、とてもおいしそうなお弁当がずらり。今の季節なら春キャベツやたけのこなど旬の野菜を取り入れ、季節感も伝わってきます。
お昼に食べる自分用のお弁当ということで、忙しい朝でもさっと作れる時短テクを活用しながらも、ふたをあけたとたん、「わ~おいしそう!」と気分が上がるような、見た目のよさにも心配り…。毎月のお弁当総集編をたどってみると、改めて「こんなすてきなお弁当ならランチも楽しくなりそう!」と思えてきます。

そんなお弁当記事はもちろんのこと、最近では、2011年から飼い始めた被災猫の「はなちゃんがかわいい!」として、猫好きのファンからも人気が高まっています。
また、はなちゃんとの暮らしから防災にも力を入れるようになったという、数多くの「防災記事」にも注目。防災グッズや防災対策の記事とともに、防災食の試食レポやお弁当のおかずに取り入れた記事などは「とても参考になる!」として、注目度が高っています。とくに、このたびの熊本地震で改めて防災の大切さを一緒に考えさせられました。
今回は、そんな人気のお弁当ブロガーとしての顔だけでなく、防災意識の高い女性ブロガーとしても読者に一目置かれる存在となっている、「ひとりぼっちランチ」のミドリさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。さっそくですが、ブログを始めたきっかけは?
ミドリさん:こちらこそ、いつもお世話になっております。ブログを始めようと思ったのは、「ウェブ進化論」などを読んで自分も何か発信すべきなのかな?と考えたのがきっかけだったような気がします。たしか最初は秘書の仕事や秘書検定などを扱うブログにしようかと思ったのですが、ネタが続かなくて。日記的に続けやすいのはやはり料理で、毎日必ず作って食べるお弁当ならと思って始めました。他のブログサービスもいくつか試してみて、一番操作が簡単でわかりやすかったのでエキサイトブログにしました。

c0039735_17250643.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ミドリさん:毎日自分用のお弁当を作っているのですが、秘書という仕事柄、デスクでひとりもくもくと食べるだけなので、ブログに載せて記録しています。気負わず気取らず、手抜きしつつも、それなりに見栄えがして、ヘルシーなメニューを心がけています。
最近は、お弁当よりも猫のほうが評判がいいようです。猫と暮らすうちに取り組むようになった防災に関する記事にもアクセスが増えています。

エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
ミドリさん:日記なんて3日と続かなかったのに、ブログが6年も続いているのは見に来てくださる方々との交流のおかげです。毎日のようにやりとりをするのに、会ったことがないって不思議な関係ですよね。なるべく楽しいことを書くように心がけていますが、へこんだ時には無理せず「ダメだ~」と泣きごとを言うこともあります。そんなときに励ましのコメントいただき、どれだけパワーになったことでしょうか…。あと、リアルのお友だちには言いづらい悩みなども、ブログのお友だちには率直に弱音を吐けるんです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
ミドリさん:私の一番の宝物は猫のはなちゃんですが、今ははなちゃんのために体力づくりをしようと始めたジョギングに熱中していますね。

c0039735_17350227.jpg


エキサイトブログ編集部:夢は?
ミドリさん:リタイアして猫を抱いて本を読んでのんびり暮らすこと!

エキサイトブログ編集部:毎日手をかけて作るおいしそうなお弁当の数々ですが、お弁当作りを始めたきっかけや、お弁当を作る楽しみ、メニューを考える楽しみは? また、自分らしいお弁当作りで心がけていることは?
ミドリさん:仕事柄、お弁当を毎日持参するようになってかれこれ10年以上ですが、仕事が一番忙しかった頃はコンビニに買いに行く時間もなく、同じタッパーを5個買って、週末に5個同じお弁当を作って会社の冷凍庫に入れておく、という暮らしをしていました。少し仕事に余裕が出たのでもう少し昼食を楽しもうと思って、お弁当箱を買ったり、詰め方を考えたりして、ブログを始めたのが6年前ですね。
お弁当に時間や費用や労力をかけすぎては本末転倒なので、作りおきや食材の冷凍、詰め方のパターン化などで省力化してます。ただ、たとえ自作弁当でもお昼休みにふたをあけたとき「わあ、おいしそう!」と思えるのは大事だと思うので、見栄えは気にしています。
メニューは、白・黒・赤・緑・黄の色で組み立てるようにしています。そうすると自然と栄養バランスも取れますよね。あと、胡麻やパセリなどのトッピングを忘れないようにしています。ありとなしでは大違いなので。

c0039735_17425828.jpg


エキサイトブログ編集部:お弁当写真といっしょに登場する猫のはなちゃんの写真がとてもかわいく、見ているだけで癒されますが、はなちゃんを飼い始めたきっかけ、猫と暮らし始めて幸せに感じることなどは?
ミドリさん:交流のあるお弁当ブロガーさんが里親を募集したのがきっかけです。その方のブログ記事で毎日写真を見ていても何とも思っていなかったのに、里親募集の記事を見た瞬間に「これは私の猫でしょう!」ってビビっと来て、どうしてもどうしても飼いたい!と思い、立候補しました。
一緒に暮らしてみたら、本当に本当にかしこくてかわいくて、最高のルームメイトです。嫌なことがあってうつむきがちな帰り道でも、ふと「ああ、うちには、はなちゃんが待っていてくれるんだな」と思えて、心も足取りも軽くなります。

c0039735_18080909.jpg


エキサイトブログ編集部:ミドリさんは防災にも力を入れていらっしゃる記事が注目されていますが、防災への意識が高まるきっかけになったこと、防災対策で心がけていることは?また、今回の熊本地震のことで改めて思ったことをお願いします。
ミドリさん:私が防災を意識するようになったきっかけは、今お話しした猫のはなちゃんと暮らし始めたことです。はなちゃんは、東日本大震災の後、8月に南相馬で『にゃんこはうす』さんというボランティア団体に保護された被災猫です。あの大地震と原発の爆発を経験し、ママ猫や飼い主さんとはぐれて飢えてさまよっていたんだなと思うと、もう二度とそんな辛い思いはさせたくないと痛切に思います。何かあってもはなちゃんの待つ家に急いで帰れるように体力づくりを始め、防災を真剣に考えるようにようになりました。
防災というと、水や食料や電池を買い揃えることをイメージなさる方が多いと思いますが、一番大事なのは家の中を安全にすること。そして、住んでいる地域にどういうリスクがあるのか知ることだと思います。例えば私はマンションで暮らしているので、地震の後は配管の無事が確認できるまで排水できなくなると思います。なので、お風呂に水を貯めてあっても流せない可能性が高く、公衆トイレは大行列になると思われるので、簡易トイレを備蓄しています。
ただ、これまではマンションは倒壊しないだろうから…と自宅避難を想定していましたが、今回の熊本地震で、大きな直下型地震が何回もくるような状況では怖くて家にいられないかもしれないと思いました。そうなったら猫を連れて隣県へ脱出することになると思うので、やはり体力づくりが大事だなと改めて思いました。

c0039735_17542659.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
ミドリさん:アクセスについては200を超えたくらいから、気にしなくなってしまいました。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
ミドリさん:はなちゃんとの時間ですね。はなちゃんには私が全世界なので、疲れたとか時間がないとか言い訳せずに、毎日たっぷり遊んでなでて「かわいいね」と言っています。

c0039735_18065082.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
ミドリさん:●お弁当の詰め方 マイルール7カ条
お弁当を作りだしたばかりの頃に一生懸命考えました。今読み返してもイイセンいってるなと思います。

お弁当の傷み防止&食中毒防止 基本7カ条
この記事は毎年夏が近くなると検索して辿りつかれる方が増えるようです。

だしアンケート 結果発表!!お片づけ&お掃除アンケート集計結果エプロンを使いますか?アンケート結果
今までに3回アンケートを行ったのですが、毎回興味深い結果と楽しいコメントをいただきました。

c0039735_00122593.jpg


8/28 豚の梨だれ焼き弁当
梨だれも気に入っていますし、冷蔵庫の中身や作りおきの状況も載せています。

9/30 しらすおろしうどん弁当
小さめのお重を一段だけでお弁当箱として使っています。
つるりと食べられる冷やしうどん弁当は彩りもよく、自分でも気に入っています。

3/11 防災訓練弁当 尾西のアルファ米
非常食として備蓄しているアルファ米の試食を兼ねて、お弁当にしました。
このチキンライスはおいしかったですよ!

c0039735_18051622.jpg


9/11 焼きうどん弁当 
この日は鬼怒川氾濫の翌日で、ペットの同行避難についてコメント欄にいろいろな意見をいただけました。ひとりで考えているより、他の人と意見をかわすことによって、足りないものに気づいたりしますね。

一人暮らし×猫 の 非常用グッズ
お弁当ブログですが、「猫」と「防災」で検索して辿りつかれる方が多いようです。
タグの「防災」記事を自分で読み返すと、最初の頃に比べるとずいぶん知識や備蓄やとっている対策が増えたなと思います。

c0039735_18055830.jpg


エキサイトブログ編集部:最近感動したことは?
ミドリさん:昨日の夜、はなちゃんがあまりにもかわいくて感動しました(笑)。

エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
ミドリさん:いつも見に来てくださるみなさま、本当にありがとうございます。こんなにブログを続けられているのはみなさまのおかげです!
はじめましてのみなさま。スマホのカメラで撮影しただけの、手抜きが多いお弁当ブログですが、お時間のあるときに覗いてみてくださいね。
また、今回熊本・大分で震災にあわれたみなさま、お見舞い申し上げます。これから息の長い支援を微力ながら続けていきます!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_17530965.jpg


           *    *    *   *    *   *    *

【ミドリさんのお気に入りのブログ】

たくさんあって選びきれないので、とくお気に入りのこちらの2つをご紹介します!

おひとりさまの食卓
現在更新が途絶えてしまっていますが、一番尊敬するお弁当ブロガーさんです。
軽妙な語り口とおいしそうなお弁当が大好きです。

妻の小言 
将棋のルールはまったくわからないのに、伊奈めぐみさんと渡辺明竜王のファンなのです。
めぐみさんの切れ味するどい短文もさることながら、「スラムダンク」には痺れました。

ミドリさんの「ひとりぼっちランチ」を読んでみましょう。


[PR]
by blog_editor | 2016-05-09 11:33 | グルメ

c0039735_18594477.jpg夢あふれるキュートなアイシングクッキーをはじめ、だれもが笑顔になるおいしそうなスイーツがいっぱい!いまの季節に人気のハロウィンのくまちゃんや、癒し系の猫のアイシングクッキー、女子力高めなリボンやお花のカップケーキなどは、とくに「かわいい!」「私も作ってみたい!」と評判です。
もともとは「flala cafe」のacoさんの名前で知られる人気のスイーツブロガーさんとして、すでに以前からのファンの方も多いはず。本格的なフランス菓子を学び、見た目にもきれいで思わすHappyな気分に包まれるスイーツ作りに定評があることから、『kitchen』のブロガー特集にも「flalacafe」のacoさんとして登場していただきました。

そんなacoさんは、以前から、お菓子教室のアシスタントとして、子どもたちにお菓子作りの楽しさを伝えていますが、「いつか自宅でのんびりと落ち着けるカフェのような小さな教室ができたらいいな…」という夢をかなえ、昨年、アイシングクッキー&シュガー教室を開設。それを機に、ブログ名も教室の名前に変更され、ただいまアイシングクッキーの魅力や作る楽しさをていねいに伝えています。
今回はそんな夢をかなえ、ますます充実した日々を送っていらっしゃる「アイシングクッキー&シュガー教室 acorne(アコルネ)」のacoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
acoさん:こちらこそ、いつもお世話になっております。
ブログ歴は長いのですが、マイペースというか、更新にムラがありすぎる私のブログを見つけてくださって、お声をかけていただけただけでも光栄なのに、このたびは「ピックアップブロガー」に選んでいただきまして、ありがとうございます!
ブログを始めたきっかけは、大好きなお菓子作りのことをはじめ、何気ない日常、ささいな出来事などを大切な日々の思い出にできればいいな…という気持ちで始めました。
思わず見とれてしまうすてきなブロガーさんがエキサイトさんに多かったこと、それがこちらを利用させていただいている一番の理由で、今でもそれは変わりません。

c0039735_12342541.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
acoさん:はじめまして、アイシングクッキーとシュガーの教室をしていますacoと申します。よろしくお願いいたします。ご存知の方も多いと思いますが、アイシングクッキーとは、焼いたクッキーに、アイシングというお砂糖でデコレーションしたもののことを言います。

2009年に「flala cafe」というブログ名でブログを始めました。この名前には特に意味はなかったのですが、耳に心地よく、漠然とcafé的なことがいつかできればいいな、という気持ちもあったかもしれません。
当時のブログでは趣味のお菓子作りやパン作りがメインで、習っていたフランス菓子教室で作る本格的なお菓子から日常のシンプルなお菓子やパン、おいしいお店や旅行記といったおもに「食」がメインのブログでした。通っているお菓子教室でアシスタントや講師のお仕事を始めるきっかけとなったのも、このブログだと思います。
そんなお菓子やパン作りに夢中になっていた頃に、パンとお菓子のレシピポータル『kitchen』のブロガー特集に取り上げてくださり、かわいいお菓子を作ることにますますはまっていったような気がします。

作ったお菓子をていねいにラッピングしてプレゼントする、ということがとても好きで、ある時初めて受講したアイシングクッキーのレッスンでその楽しさに一瞬で虜になり、アイシング&シュガーの世界へも足を踏み入れるようになりました。
仕事をするお菓子教室でも、アイシングクッキーのレッスンを任せていただけるようになったり、作る楽しさ、プレゼントする喜びに加え、教えるやりがいを感じるようになったので、思い切って教室を開くことにしました。

c0039735_12483175.jpg


教室をするにあたり、「flala cafe」のブログを閉じて新しいブログにしようかと思ったのですが、今までの私の経緯がつづられたこちらのブログのほうが私自身を知っていただくためには良いかな、と思い、ブログ名だけを「アイシングクッキー&シュガー教室acorne」に変更することにしました。
ちなみに、「acorne(アコルネ)」とは、私のニックネームであるaco(アコ)に、アイシングには欠かせない袋状の「コルネ」を合わせて acorne(アコルネ)と名づけました。かんたんな語呂合わせで覚えやすくて、とても気に入っています。
教室は2014年10月にオープンし、今月無事に1周年を迎えることができました!小さな教室を見つけて来てくださっている皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。
もちろんアイシングやシュガーのレッスンがメインなのですが、来てくださった皆さんにたくさんの感謝の気持ちを込めて、そして楽しく過ごしていただきたい気持ちでレッスンの後にかんたんなランチとスイーツを召し上がっていただいています。
あまり余裕がないので、凝ったランチやスイーツはまったくできませんが、お食事をしながら皆さんと囲むテーブルはとても楽しくて、何よりも大切なひと時になっています。
今では、「ランチを食べに来てるの」とおっしゃってくださる生徒さんもいらっしゃいます(笑)。

c0039735_130379.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
acoさん:今の私があるのは、すべてブログから始まっているといっても過言ではないかも…。
最初は日記のように、感じたことや思ったこと、些細なことを書くつもりだったのですが、いざUPするとなると、「完成度が高いお菓子が作りたい」とか、「もっとおいしそうに見える写真が撮りたいな」とか、写真や雑貨、デコレーションにも興味を持ち始めたのはブログがきっかけですし、その興味の延長線上に今の私がいると思っています。
また、教室の案内やレッスンの告知はブログのみで、ブログから教室を見つけて来てくださる方がほとんどなので、このブログはなくなてならないツールです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
acoさん: 一番好きなことは「妄想」です(笑)。いろいろな妄想はありますが、何かを見たときに、「あ、こんなクッキーがあればおもしろいかも」とか「こういうの作ってみたいな~」とか。そういうことを考えている時間はとても楽しいですね。ただ、なかなか理想を作るのは難しいのですが…。

c0039735_12351078.jpg


エキサイトブログ編集部:夢は?
acoさん:アイシングクッキーを使って、絵本とか写真集などが作れたらすてきですね。
妄想はただなので、楽しいことをいっぱい考えていきたいと思います(笑)。

エキサイトブログ編集部:とてもすてきで心あたたまるスイーツの数々ですが、お菓子作りを始めたきっかけや、お菓子をする楽しみや魅力は?
acoさん:そんなふうに言っていただけて、とてもうれしいです。お菓子作りのきっかけは、小さい頃母が作ってくれた手作りのお菓子でしょうか。時々作ってくれるパウンドケーキやマドレーヌ、プリンなど、オーブンから部屋いっぱいに広がる甘い幸せな香りを今でも覚えています。
一緒にお菓子を作ったり、お小遣いをためて買った分厚いお菓子の本を眺めるのが好きな子どもでした。
「いつかこんな美しいお菓子を作ってみたい」「このお菓子はどんな組みたてなんだろう?」と思いを馳せながら自分でレシピを考えたり、組みたてを考えたりしながらお菓子作りを楽しむ日々を過ごしていました。

c0039735_12375931.jpg


結婚前は暇な時にかんたんな焼き菓子を作る程度でしたが、結婚して引っ越ししてきて、ふらりと入ったフランス菓子教室で習い始めたお菓子がどれもおいしくて!理論に基づいて教えてもらうお菓子作りの奥の深さ、楽しさにすっかり魅了されました。
「おいしい」、ということはもちろん大切なのですが、そこに「かわいい」が加わると一気にテンションが上がります。アイシングクッキーは特に、ほんの少し色を変える、ほんの少しデコレーションを追加する、あるいは引いてみる…というだけで、まったく違ったものができ上がるので、そういうところも魅力のひとつです。
クッキーというよりも、作品に近い感覚。
そして、クッキーの型を作ったりしてオリジナルのプレゼントを作れるのも楽しいです。「あの人は猫が好きだったな」とか、「小学校の入学式だからランドセル!」とか想いを込めやすい、形にしやすいところも気に入っています。

c0039735_12521846.jpg


エキサイトブログ編集部:現在はアイシングクッキーの教室を開かれていますが、教室を開こうと思ったきっかけや経緯、また、自分らしいお菓子作りのポイントや、とくに大切にしていること、こだわっていることは?
acoさん:教室を開こうと思ったきっかけは、主人の仕事が転勤が多いので、どこへ行っても自宅でできる仕事があればいいな…とずっと思っていました。フランス菓子の教室で本当においしいフランス菓子を確実な技術で学んでいますし、子どものレッスンの講師のお仕事の時は、わかりやすく教える方法を常に考えているのでそれを活かしたいと思っていました。

「なぜアイシングクッキーだったのか?」とよくご質問されるのですが…。子どもの頃からお菓子作りももちろん好きだったのですが、それ以上に好きだったのは絵を描くことでした。特別な材料も器具も必要なく、紙と鉛筆さへあればすぐに描けてしまう、親戚が集まれば似顔絵を描いてプレゼントすると大げさに喜んでくれる大人たちに褒めて伸ばしてもらっていたと思います。
そのお絵かきの延長線にアイシングクッキーがあり、常に私の想像を超えて喜んでくださる人たちがいて、ますますアイシングの世界にはまっていきました。
「小さなクッキーの中に、いろいろな気持ちを込められる不思議なお菓子」。お名前や文字だけでなく、プレゼントする人の趣味や好みなどを知っていればとびきりのプレゼントに変身するのです。
老若男女とわず、ぱっと顔がほころぶ姿が私には衝撃的で、この1枚のクッキーの持つ不思議な魅力にますますはまっていったのです。

お菓子作りやアイシングクッキー作りで大切にしていることは、やはり、新鮮で上質な材料で作ること。そしておいしそうに見せること。アイシングクッキーはおいしくないもの、と思われている方も多いですが、フランス菓子の教室仕込みのおいしいクッキーとアイシングなのも、私の大きな強みだと思っています。

c0039735_12533878.jpg


エキサイトブログ編集部:いまはハロウィンの季節ですが、ハロウィンやクリスマスなどのイベントにお菓子作りをしたい方&アイシングクッキーをはじめてみたい方へ、お菓子作りのコツなどをぜひお聞かせください。
acoさん:アイシングクッキーが手軽に始められることのひとつに、複雑な材料が必要ないことが挙げられます。最近では100均でもかわいいクッキー型がたくさんありますし、もし、「クッキー作りはハードルが高い」とか「時間がない」と思われる方は、市販のクッキーにアイシングで絵を描くだけでもかわいくて楽しいと思います。
小さなお子さまもお絵かき感覚で楽しめますし、一度その楽しさを知っていただきたいな、と思います。きれいに作りこまれたものもかわいいですが、自由に作られたものもとてもステキです。最初はお子さんのために始められるお母さまも、いざやってみるとお子さんよりも夢中になられる方が多いんですよ。

c0039735_1254049.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのためになにか心がけていることは?
acoさん:ブログのアクセスアップはあまり考えていないのですが、私が一番に目に留まるのがタイトルと写真です。ちょっとのぞいてみたくなるステキなタイトル、それが浮かべば良いのですが、文才のない私にはちょっとハードルが高いので、写真は大切にしています。
あとは、あまり自分を飾り過ぎないこと。特にレッスンに来てくださった方が、ブログとあまりにイメージがかけ離れているとがっかりされるといけないので(笑)。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
acoさん:生活の中で大切にしている時間は、リラックスできる時間をもつこと。アロマを炊いたり、ていねいに紅茶を淹れてみたり、ストレッチして体をほぐしたり…。癒される瞬間は、なんと言っても、猫のかわいい動画を見ること!

c0039735_1254205.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
acoさん:「flala cafe」のころの記事からも選ばせていただいたので、改めて読み返していただけるとうれしいです。

パータ・デコールとバナナのチョコムース
かわいいケーキ作りにはまっていた頃に作ったケーキ。ひとつずつ行程をこなし、でき上がった時のうれしさは、作った人だけがわかる至福のひとときです。

超ハードなフランス菓子レッスン『アカピュルコ』
超ハードなフランス菓子レッスンのケーキを4時間かけて作った時の記事。かんたん・時短ばかり求めてしまう忙しい日々ですが、たまにじっくり時間をかけて何かをするって大切なことかも、と感じたレッスンでした。

くまちゃんクッキーできました
とにかくかわいいものが大好き!普段はおおざっぱなのですが、こういう細かい作業は好きなのです。大人にも子どもにも大人気だったくまちゃんクッキーです。

チーズタルトとパイナップルババロアのケーキ
初めてのオーダーケーキ。ご希望のケーキになるか不安でしたが、とても喜んでもらえたようです!

ラテアートのアイシングクッキー
6月から習っているラテアートの先生とご一緒している生徒さんへのプレゼントを。ラテアートとアイシングは似ているところがいっぱい!

c0039735_12544162.jpg


『acorne』1周年をむかえることができました!
アイシングクッキー&シュガー教室、無事に一周年を迎えられた記事です。特にドレスがお気に入りです。

癒し猫のアイシングクッキー
このねこちゃん、型から作りました!このねこちゃんのファンはとても多くて、私も大好きです。

2月lessonのお知らせ
かわいいBOXのレッスンもしました。側面は細いクッキーをくっつけているのですが、正確にクッキーを切って焼くのが一番大変でした。毎月のlessonのお知らせでご紹介しているアイシングクッキーの画像では、いまの季節がら、10月のハロウィンのくまちゃんも人気でした!

c0039735_12353411.jpg


「旅するコンフィチュール」さんのクッキー、完成しました!
コンフィチュール屋さんから、1周年記念のクッキーのご依頼を頂いた時に作ったもの。100枚も作ったのは初めての経験で、色々と勉強になったお仕事でした。

バラのカップケーキ
おいしいバタークリームで作ったカップケーキ。レッスンのスイーツでお出ししたのですが、とても喜んでいただきました。

お土産のアイシングクッキー
甥っ子達へのプレゼントに。すごく喜んでくれた笑顔が忘れられません。

c0039735_1255166.jpg


エキサイトブログ編集部:いま一番したいことは?
acoさん:思いっきり断舎利をして、すっきりしたいです。どうしてもレッスンで使うものなどが増えてきて、それ以外のものもごちゃごちゃと…。部屋は心の状態だといわれるように、お部屋も心もすっきりと整理された状態でいたいです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
acoさん:いつもブログを見てくださっている方、初めてご覧くださった方、どうもありがとうございます!
最近はレッスンのこと以外、なかなか書く余裕がないのですが、一番最初の目的でもあった何気ない日常を大切な想い出に、という気持ちを大切に、これからもマイペースで更新していきたいと思っていますので、またいつでもご訪問くださいませ。今度ともよろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_1240525.jpg


           *    *    *   *    *   *    *

【acoさんのお気に入り&好きなブログ】

私がブログを始めるきっかけとなったブロガーさんが、ここ1~2年更新されていないので、好きなブログを4つご紹介します。

LIFE TIME* with CAMERA
とても素敵な写真を撮られるブロガーさん。
勝手にいろいろな世界を想像してしまう写真ばかりです。

Something Sweet
すべての作品が美しいのですが、その中でもカップ&ソーサーのシュガーケーキが本当にすてきなんです!色使いやセンスがため息ものです。

妄想shop(注・ときどきパンケーキ屋です)
テンポの良い文章が大好きな関西のブロガーさん。よくぷっと噴き出してしまいます。
すてきなお人柄が滲み出ていて、私もがんばろう!と勝手に思わせていただいています。

おかしのこびとのブログ
とてもやさしくて、オリジナリティー溢れるアイシングクッキーをお仕事にされている方のブログ。
見ているだけで幸せになるクッキー、そんな作品が作れるように私もなりたいです。

acoさんのブログ「アイシングクッキー&シュガー教室 acorne(アコルネ)」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2015-10-27 11:11 | グルメ

c0039735_15381514.jpgいまテレビやネットでも注目を集める「ちぎりパン」。ふわふわ&もちもち感がおいしいプレーンなものから、揚げないちぎりカレーパンなどランチにぴったりのもの、スイーツ感覚で食べたいちぎりパン…。さらに、クマやコアラなどの動物をかわいくデコった「デコちぎりパン」などは、とくにパンブロガーさんの間でも、いまとてもホットな話題となっています。「おいしくて作り方もとってもかんたん!なんといってもかわいい~!」と大人気のようですね!

そんなちぎりパンブームの火付け役として、テレビにもたびたび登場されているのが、「Backe」(ベッカ)のBacke晶子さん! 「パン作りは難しいから私にはムリムリ~」と思っていた人にも、「焼きたてのおいしい味がおうちでかんたんにできるから大丈夫!」という革命的な方法を、ご自身のパン教室で提案し続け、初心者向けに『日本一簡単に家でパンが焼けるちぎりパンレシピ』という本も出されています。
「おうちで作るパンだから、完璧にできなくてもいいんですよ!」「気軽に作れて、アレンジもいろいろできるし、デコっても楽しいですよ~」というわけで、ただいま、Backe晶子さんが審査員のちぎりパンのデコパンコンテストなども開催されているようです。
今回はそんな、ホットなちぎりパン作りの楽しさを多くの方に伝える、「Backe」のBacke晶子さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。さっそくですが、ブログをはじめたきっかけは?
Backe晶子(ベッカあきこ)さん:こちらこそ、いつもお世話になっております。今回は、ピックアップブロガーに選んでいただけて光栄です。何度も目にしていたので「まさか、私が!」という感じです。ありがとうございます。
ブログは、今から6年前に「パン教室をちゃんと仕事としてやっていこう」と決意し、ホームページもプロの方にお願いしてリニューアルしたタイミングで始めました。最初から、パン教室のイメージアップにつなげたかったので、パンがおいしそうに見えるよう、写真がきれいなエキサイトブログにしました。
実は私、いまだにネットにうとくて、何かあるとプロの方にお願いしているありさまなのですが、そんな私でもエキサイトブログは使いやすいので、助かっています。

c0039735_15492811.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
Backe晶子さん:私は、8年前に完全予約制のカフェ「Backe」(ベッカ)をOPENして、その後、現在の「日本一適当なパン教室」の前身となるパン教室をカフェのお客さま相手に始め、現在にいたっています。
無謀にも、パン教室に通ったこともなく、独学でパン作りを始めました。たくさんのレシピ本を見ながら、チャレンジしてもなかなかおいしいパンが焼けない時期に、「家で焼くパンは、パン屋さんのような完成度の高いパンをめざさなくていいのでは?」と思い、素人でもこねやすい水分の少ない配合にして、音がうるさくないように叩きつけなくてもいいこね方を考えて、発酵器などの設備を使わずにほったらかすだけの、一般的なパン作りとはまったく違う独自のパンレシピを勝手に考えて、「それでいい!」と言ってくれた方にレッスンをしていました。

c0039735_15225815.jpg


一般的なパン作りの「やるべきこと」をやっていない、逆に「分割に計りは使わず、大きさバラバラでいい!」なんて「やってはいけないこと」を推奨しているようなパン作りなので「パン教室をやっています!」と名乗るのもおこがましいと思っていたのですが…。昨年の春「それでもいい!」と言ってくれた出版社さんから著者本まで出版してしまいました。
こちらの心配をよそに「日本一簡単に」というフレーズに興味を持ってくださったたくさんの方が、『パン型付き!日本一簡単に家で焼けるパンレシピ』の本とともに、パン作りにチャレンジしてくれました。

こんな流れと並行して、ブログを始めたばかりの頃は、パン教室の話題が中心でしたが、今はレシピ本の制作準備や、レシピ本に掲載しいているパンの話題が多くなってきています。
自分のその時々の状況によって話題の中心が変わっていくような、ちょっと統一感がないようなブログかも?(笑)とも思いますが、自分自身いまだいろいろなことにチャレンジしていきたいので、「今日のBackeのブログは何がupされているんだろう?」と思ってもらうのもいいかな、と思っています。

c0039735_15484972.jpgエキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
Backe晶子さん:パン作りを始めたのはずいぶん前ですが(汗)、その当時はパン作りなんて他にやってる人がいなかったので、とても孤独でした。
おいしくできたうれしさや、失敗してしまった悔しさを、同じようにパンを作っている人と共有できたらいいな、とその頃ずっと思っていました。
ですから、今のようにブログを通じて、私の記事がパンに興味のある方に見てもらえるようになって、私も見る側として楽しめるというのがブログのすごいところで、ありがたいことだと感じています。

また、パン教室の生徒さんにお会いできるのは、だいたい月1回ペースなので、お会いできない時に皆さんがブログをチェックしてくださっているので、お会いした時に情報がいきわたっていて、すぐに話がはずむのもブログのおかげだと思っています。

自分がブログを始めるようになってからは、いつも「自分が」ではなく、「見てくれる人が」、楽しんでくれるかな?役にたつ情報かな?不快な内容ではないかな?と考えるようになり、今ではそれの癖が身につきました。
これは、自宅カフェとパン教室を仕事としてやっていく上で、とても大事なことで、この感覚はこの先ずっと持ち続けないとならないし、もっと研ぎ澄ましていきたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
Backe晶子さん: 好きなことが仕事になっているので、いつも仕事のことばかり考えています(笑)。
私が現在、自分のレッスンや撮影に対応しているスタジオは店舗物件として借りているので、お店を開くこともできます。いつも「こんなことも、あんなこともできるかも?」と考えてはノートに書き留めています。実現するかはわかりませんが、そうやって次の計画を立てていると時間がたつもの忘れて夢中になってしまいます。

エキサイトブログ編集部:夢は?
Backe晶子さん:パン教室の他に『自宅カフェ☆開業講座』『お教室開業【さいしょの1歩】講座』『わたしづくり*講座』なども、6年前から不定期ですが開催しています。卒業生は700人近く、みなさん、かつての私と同じように「好きなことを仕事にしたい」と考えている人がほとんどなので、私も全力でサポートして、卒業生の中から「自宅カフェをOPENした人」「人気教室を主宰している人」「レシピ本を出版した人」を次々と出すのが私の夢であり、目標です。

c0039735_15491612.jpgエキサイトブログ編集部:いま話題のちぎりパンがとてもおいしそうですが、パン作りをはじめたきっかけ、そんな中でもちぎりパン作りの楽しさは?
Backe晶子さん:実は、パン作りをはじめたのは不純な動機なのです。ずいぶん昔の話になりますが、仕事人間だった私が結婚を機に自分の意志で専業主婦になったものの、苦手な家事と慣れない育児だけの生活の中で、「私はこのまま、ただ歳をとっていくだけなのか?」と自分の将来のことがとても不安になってしまった時期があったのです。
「奥さん」「お母さん」としてでなく、「晶子と名乗って、何かできる人間になりたい。でも、何をしていいのか、わからない」と悶々としている時に、たまたま「すてきだな」と思って、手にした本にパン作りが紹介されていて。当時はまだ今ほど家でのパン作りが認知されていなかったので「今からやるなら、これだ!」と思ったのがきっかけです。

とはいえ、パン教室にも通わず、なんの知識も設備も揃えられない状況でのパン作りはうまくいくはずもなく、最初はビックリするようなまずいパンばかり作っては落ち込んでいました。
これはあくまで私の場合ですが、お料理なら、失敗したとしても「なんか、おいしくない」というレベルですが、パンの場合、レシピ本通りに作ったつもりでも、石のように固くて食べられない、中が生焼けなどで「とても食べることができない」くらい失敗するんです。
粉と水と砂糖と塩にインスタントドライイーストを入れてこねる、シンプルだからこそ、混ぜ方のタイミング、こね方、その後の作業のちょっとしたコツで、作る人、作る環境でまるっきり違うものができ上がってしまうパン…。
レシピを守っても、がんばったからといっても、うまくいかない難しさ…。パン作りを始めたばかりの頃は、そんなことに泣かされてばかりいましたが、だんだん続けていくうちにそれがうまくいくようになり、だからこそ、おもしろくなっていったんだな、と思います。

ただ、私のようなチャレンジ精神旺盛な人もそんなにはいないと思うので、たくさんの失敗を重ねた中で「私のような失敗を経験しなくても作れるパンとは?」という発想で、試作を続けてみました。その結果、パン作りを始めたばかりの時とは違い、「型に入れてパンを焼く」というのが、失敗なく、かわいく焼き上がるという答えにいきつきました。
でも、パン作りを始めようとしている人たちは、パンを焼くのにこんなにいろいろな型があるってこと自体知らないし、どこで買うかもわからないだろうと思ったので、パン作りの初心者さんを対象にしたレッスンで型代込みのレッスン料をもらって帰りに型をお渡しする、ってことを始めたんです。それがとても好評だったので、ずっと続けていますが、型に入れて焼くから、「かんたんに作れてかわいい!」の発想で作ったパンが結果的にちぎって食べる「ちぎりパン」になった感じです。

c0039735_15485727.jpgエキサイトブログ編集部:かわいい動物デコ系のものから、揚げないカレーパンなどアイディア豊富なちぎりパンをいろいろ作っていますが、自分らしいパン作りのポイントやパン作りで大切にしていることは?
Backe晶子さん:「パン屋さんに並んでいるような完璧なパン」をめざさないと決めてからは、「家で…手作りだからこそ、作れるパン」を心がけています。ひとつ、ひとつ顔をかいていく動物パンや、一気に揚げないからこそ、少しの油を1個1個ぬっていくパン、手間のかかるカレーパン、変形メロンパンなど、パン屋さんが「そんなことをやっていたら、商売にならないよ~」ってことをやれるのが、家で作るパンなんだ、ってことをいつも意識しています。

完璧なパンを作ろうと思って気疲れするぐらいなら、大きさにバラつきがあっても、少しくらい形が悪くても、気軽に毎日作れることのほうが私には大事。そして、「おいしい」と同じくらい、「作りやすい」ことも重視してレシピを作っています。
特にちぎりパンは、「型に入れて焼くから、多少大きい、小さいがあっても、まん丸にまるめなくても大丈夫!」と、一般のパン教室の先生が聞いたらあきれてしまうようなことをレッスンでも言うので、初めての生徒さんは皆さんビックリしていますよ(笑)。
「おいしそうなパンが自分で焼けてうれしい!」という、私が皆さんに味わってもらいたかったことや、気軽にできるパン作りの楽しさをストレートに伝えてくれるのが、ちぎりパンだと思います。

エキサイトブログ編集部:初めてパン作りにトライしてみたいという方へのアドバイスをお願いします。
Backe晶子さん:繰り返しになりますが、「Backe」のパン作りは本当に今までのパン作りと別物なので、初心者さんでもすぐにおいしいパンが焼けます。
パン作りはいまだに「難しい」「面倒」なイメージがあるとは思いますが、だまされたと思って、まずは型を使ったちぎりパンにチャレンジして欲しいです。型を使えば、初心者さんでも納得のいく焼き上がりになります。
かつての私がそうだったように、パンが作れるようになると人生が変わります。
私の簡単なパン作りをきっかけにして、本格的なパン作りを学ぶのも良いし、おいしいパンに合わせて料理に凝ってみるのもいいし、パン作りをきっかけにして、やりたいことがどんどん広がっていくと思います。

c0039735_15492365.jpg実はずいぶん前から、ちぎりパンを動物やキャラクターなどにデコレーションし、「デコパン」としてSNSに投稿する人が増えました。これも私の本をきっかけにして、別の次元へ広がっていった現象としてうれしく思っています。
それなら!ということで、デコレーションした「ちぎりパン」のデコパンコンテストを開催することになりました。パンを作ったことのない方がパン作りを始めて、今度は表舞台に自分の作ったパンが出ていく、そしてたくさんの人の目に触れる…人生変わっちゃいますよ(笑)。
自分の将来に不安をいだいていた私がパン作りに出会って人生が変わったように、私の本や今回のコンテストが皆さんの良いきっかけになれたらいいな、と思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
Backe晶子さん:なかなか実行できていないのですが、私のブログを楽しみにしてくださっている方のためにも、記事をアップする頻度を高めようとは思っています。
それと、「また見たい」と思ってもらうためにも、見ている人にとって役立つ情報を盛り込みたいな、とは思っています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
Backe晶子さん:私の1日の始まりは、起きたらすぐに自分のパンを食べること。その後、すぐに頭がすっきりしている状態で「今日やるべきこと」「この1週間にやるべきこと」をノートに書き込みます。これはもうずっと続けていることで、今の私を作っている大切な時間です。
早朝になればなるほど、頭がさえている気がするので、少しでも早く起きるのを心がけています。

c0039735_15485362.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
Backe晶子さん:●「私の記念日
毎年、年明けに語ることが多いのですが、2015年も「都内にマンションを借りてパン教室をする」という無謀なアクションについて語っています。

●「大好きな味
自分の作るイギリスパンについて語り始めて、結局はパン作りのこだわりまで語っています。

●「朝、焼きたてパンを食卓に!
レシピ本で紹介しているように、前の晩にパン生地を仕込み、型を冷蔵庫にいれておけば、朝なんの作業もなく、オーブンを予熱するだけで焼きたてパンが食べられるということを細かく紹介しました。

●「くまちぎりパンのレッスンレポ
私のアシスタントをしてくれているyukoさんが開催した「くまちぎりパンのレッスン」のレポートです。
かなり、細かく撮影したので、レッスンに来られなかった生徒さんから喜ばれた記事です。

●「ちぎりパンで週末ランチ
週末のランチにピッタリな、ゆでたじゃがいもをゴロっと入れたボリューム満点のちぎりパンを紹介しています。ランチシーンをイメージして撮影しました。

●「揚げないカレーパン レシピ
Backeオリジナルの油で揚げないカレーパンを紹介しています。レシピ本に掲載しているレシピのアレンジなので、そのやりかたや豆知識など盛り込みました。

c0039735_166560.jpg●「ちぎりパンがあさチャンで紹介されました。
TV出演した際、紹介した「ちぎりメロンパン」についての補足など、ご紹介しました。

エキサイトブログ編集部:いま一番したいことは?
Backe晶子さん:事前にセミナーやパン教室に行くことなく、自宅カフェとパン教室を無謀にもOPENしてしまったので、いまさらですが、そういったところでレクチャーをうけてみたいと思っています。
今はとても「学びたい」欲が強いので、他のジャンルのことでも積極的に学びたいです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
Backe晶子さん:まとまりがなく、仕事がたてこんでしまうと更新も滞ってしまうこともあるのですが、私にとってブログでの発信はなくてはならないもの。
今後も、雑誌やレシピ本では伝えきれないリアル感を出すようにしていきたいと思っています。
少しでもアンテナにひっかかった方は、ぜひブログを覗いてみてください。
私のブログがなにかのきっかけになれるとうれしいです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【Backe晶子さんのお気に入り&好きなブログ】

すてきなブログがたくさんあって絞るのが難しいので、今回はエキサイトブロガーで、私のアシスタントをしてくれているおふたりと、お教室開業【さいしょの1歩】講座の卒業生のブログをご紹介しますね。

天然酵母パン教室 yuchipan
私のイーストを使ったパン作りとは違った、ホシノ天然酵母と国産小麦を使ったお教室を自宅で開催しているyukoさんのブログ。おいしそうなパンの写真満載です。

monfavori おいしい珈琲のある暮らし
カフェでのお菓子作りを経験しているsaoriさんは、ご自宅でおいしいコーヒーの淹れ方とカフェで使えるお菓子のカフェレッスンを開催しています。カフェやレストランなど、おでかけ情報も楽しみなのです。
  
小さなパンのアトリエ Atelier Yuki
宮城県七ヶ浜で少人数制のイーストを使った手ごねのパン教室を開催しているYukiさんのブログ。なかなかお会いすることはできませんが、ブログでレッスンの様子を頻繁にアップして くれるので、楽しみにチェックしています。

おもてなし教室 【旅するKitchen】
ご自宅でさまざまな国のお料理のおもてなし教室を開催されているHirokoさんのブログ。海外での食べ歩き、スーパーやフードショップ巡りやお料理教室レポなど貴重な記事は必見です。

洋裁教室 couturier
ご自宅にて初心者さん向けの洋裁教室を開催されているcouturierさんのブログ。「手作りには見えない服作り」をモットーにカッコイイ服作りを目指しているcouturierさんのコーディネートテクは私も参考にさせてもらっています。

Backe晶子さんの「Backe」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2015-09-11 15:51 | グルメ