今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

「*情熱大陸*ブラジルの写真 ビバ!サッカー! Brasil_Photo_Blog」のPombo_Brasilさん登場!

c0039735_13362263.jpgボールを追って走る躍動感やフィールドで戦う選手たちの闘志をとらえた写真の数々。怒りや喜び、祈り…の表情やほとばしる汗、こぼれる涙から、人生をかけて戦う選手達のドラマが見え隠れしています。
そんなブラジルのプロサッカーという厳しい世界で戦う無名の選手達の一瞬一瞬の輝きを撮り続け、見ている人に感動を与えているのが、「*情熱大陸*ブラジルの写真 ビバ!サッカー! Brasil_Photo_Blog」のPombo_Brasilさんの写真ブログ。被写体に対する尊敬の気持ちや瞬間にかける熱き思いは、一枚の写真からも文章からも伝わてきます。今週はそんな情熱をブラジルから発信するPombo_Brasilさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
Pombo_Brasilさん:こちらこそ、いつもお世話になっています。
ブログを始めるきっかけは、広告写真家の望月宏信さんが、2006年の初めにフィリピンを紹介するブログを始められたことでした。
望月さんのブログでは、最初の頃は簡単な写真講座もされていました。自分のブログを持っていると“お題”に対するコメント等がいただけて本当に楽しかった。あれで“写真の楽しさ”に目覚めました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
Pombo_Brasilさん:僕が住んでいる(移住先)ブラジル中西部地方のプロサッカーや自然風景などの写真をブログに上げています。ブラジル中西部は大草原地帯で、牧畜や農業が盛んです。
ブラジルには、500以上のプロサッカークラブがあります。全クラブの半分以上が地域(ローカル)リーグに所属していますが、多くの選手達は収入も少ない「無名戦士」です。
彼らの夢は、地方から這い上がり、サンパウロ州リーグや欧州クラブ、日本のJリーグへと向かうこと。ただし、ほとんどの選手は地域リーグでサッカー人生を終えます。
そんな彼らが輝くひと時が、フィールドの90分なのです。フィールドで彼らが放つ闘志、祈り、苦悩、友情に是非触れて欲しいと思います。
「生きる」とは何か、写真を通じて必ず伝わると信じています。
 
エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
Pombo_Brasilさん:かけがえのない写真ブログ仲間達です。ブログに頂くコメントからどれほど前に進む力を頂いたか分かりません。コメントはとても大切に読ませていただいています。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
Pombo_Brasilさん:ブログは、自分で撮った写真を、好きなときにテキスト付で公開できる手軽さが好きです。コメントでの反応も面白いですし、他のブロガーさんから与えられる影響(言語問わず)も楽しみの一つです。
話しは変わりますが、エキサイトブログを始めた2007年は、写真とブログで何をやりたいか、試行錯誤をしながらもがいていた感じです。
最近は、情熱を向ける方向が少し変わってきていて、ブログは良い意味での気分転換に利用させていただいています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
Pombo_Brasilさん:ひきこもりです(笑)。一匹狼タイプで、100か0しか出来ないとても不器用な人間だと思います。
ブログにも書いていますが、実際に会うと驚かれる方は多いですね。行動力バリバリの野生派を想像されている方が多いのですが、申し訳ないです(苦笑)。
望月宏信さんと銀座キヤノンサロン(氏の写真展)でお会いした時には、しみじみと「なんだか、普通の人だねー」と言われました。一生忘れません(爆)。
家族を抱えてブラジルに移住する人間には見えないと思いますよ。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
Pombo_Brasilさん:「タスマニアで生きる人たち」のマナブさん。それに、「写真家・相原正行のつれづれフォトブログ」の相原さん。このお二人には是非お会いしたいです。
特に相原さんには、ブログにタスマニアや日本のうまそうな食べ物の写真ばかり載せられていますので、是非お会いして“本物のレッドカード”をお渡ししたいと思います(笑)。
いつもコメントを下さる常連のブロガーさん達にもいつかお会いしたいですね。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
Pombo_Brasilさん:もちろん、「写真」です。誰か、抜け出す方法を教えてください。

エキサイトブログ編集部:夢は?
Pombo_Brasilさん:2014年のブラジルW杯(サッカー)をピッチで撮る予定です(ん?)。

c0039735_1338127.jpgエキサイトブログ編集部:サッカー選手たちの真剣なまなざしや一瞬のドラマをとらえた写真が魅力的ですが、Pombo_Brasilさんにとって、彼らに魅せられた理由や彼らを撮る楽しみは?また、自分らしい写真を撮ろうと心がけていることなどがあれば…
Pombo_Brasilさん:プロサッカー(敢えてプロとさせてもらいます)に魅せられたのは、そこに人生の様々な要素が凝縮されていると感じたからです。自らの人生を通じて得た経験や心情、哲学、そういうものを写真で表現するのに最も適した被写体の一つだと思っています。
実は、サッカーを撮り始めたころはサッカーのことをよく知らなくて、右往左往しました(笑)。今も勉強中ですが、ブラジルのプロ選手達は実にきさくで撮影にもおおらかです。 
サッカー選手達の写真を撮ることも楽しいですが、撮ることを通じて彼らの世界に関わることがもっと楽しいですね。

それと、先日のことですがスポーツ写真家の渡辺正和さんの写真と言葉に魅せられました。「アスリートに対する感謝と尊敬の念を忘れない限り、彼らもまたいい写真を撮られてくれる。結局は撮る側である人間の内面性が出るのが写真でもある」(瞳PHOTOS・マリア書房刊のインタビュー記事から抜粋)。
これは、どのような被写体にもあてはまると思います。写真には間違いなく自分が写ります。それは、楽しくも怖い世界です。
c0039735_1339418.jpg最後になりましたが、僕は「生きた証」を自らの魂に刻むために写真を撮っています。それが、写真に関わり生きることの原点です。
「本当の自分に正直に生きること」は難しい。だからこそ、これからも「楽しく真剣に」写真を撮り続けたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
Pombo_Brasilさん:愛する妻と3人の子供達との時間です。ブラジルの地で「家族と一緒に人生を創り上げていく」ことで、写真にもいい影響を与えられています。
深夜、郊外を走っている時にクルマを止めて空を見上げる時、天の川で真っ赤に染まる星空に吸い込まれそうになる瞬間がとてつもなく好きです。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
c0039735_13393578.jpgPombo_Brasilさん:●2008-02-23 サムライはどこへ行った!
プロサッカーを撮っていると、ブラジルの選手達のすさまじい闘志に圧倒される時があります。空気を揺るがすほどの闘志です。そんな闘志を受け止める心の準備を怠らないことも、選手達に対するリスペクトなのだと思っています。

●2007-04-17 夢の中
家族で牧畜関連の博覧会へ出かけた時に、移動遊園地の中で撮影しました。メリーゴーランドで遊ぶ少女を見た瞬間に絵柄が浮かびました。訪問者からの評判もよかった一枚。

●2007-12-25 我が子の成長記録には最高級機材を!
タイトルと記事内容は「シャレ」です(笑)。写真は「EOS D2000」というデジタルカメラを使って撮影しました。子供の成長記録を写した中でも気に入っている写真です。

●2007-07-09  笑顔の奥にあるもの
知人の日系人会会長の奥様から伺った日系移民の開拓生活の証です。お話を伺いながら、涙をこらえるのが大変だったことを今でも思い出します。先人の苦労を忘れないように、との想いがこもっています。

●2007-07-25 “力の差:を埋めるもの 前編後編
前編と後編に分かれています。資金難に苦しみながらも、団結力と闘志を振り絞って上を目指していたチームがあり、選手とチーム全体が放つたとえようのない「オーラ」に魅せられました。このチームを撮影したことが、その後の写真にも大きな影響を与えました。

●2008-01-04 飛翔! 
世界自然遺産、パンタナール湿原近くの牧場で撮影しました。当時は野鳥などを撮影し始めた頃でなかなか勝手が分からずに苦労したことを覚えています。訪問者の評価が分かれた一枚ですが、僕自身は気にいっています。

●2007-12-15 求める、ということ。
試合前、フィールドに入る手前で祈りを捧げる選手の写真です。その表情の真剣さと美しさにカメラを向けずにいられなかった。大好きな写真です。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?欲しいものは?
Pombo_Brasilさん:家族全員で、ブラジル(できれば南米)を北から南までクルマで旅行したいですね。できればキャンピングカーを買って、行く先々で写真をたくさん撮りたいです(笑)。
それと、南米サッカーや絶滅危惧種の野鳥などを撮るために超望遠の明るいレンズが欲しい!

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
Pombo_Brasilさん:食糧・エネルギー危機。食糧・エネルギー危機の到来は数十年先の話だと捉えていたので驚いています。
僕がブラジルに来ようと思った理由の一つは、自分の子供や子孫達がそうした問題に直面せずに済むようにとの思いでした。 
ブラジルは、食糧事情、人口、エネルギー、政治などのバランスがとれた、とても未来ある国だと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
Pombo_Brasilさん:いつも訪問してくださって本当にありがとうございます。忙しい時にはコメントレスができないことや、数週間更新が空くこともありますが、どうかやさしく見守ってやってください。ママィにも怒られますが、超がつく面倒くさがりです(ブログ向きじゃないなぁ)。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【Pombo_Brasilさんが好きなブログ、気になるブログ】 

タスマニアで生きる人たち
コンドウ・マナブさんのブログファンは多いと思うのですが、僕は初期からの筋金入りファンです!最初の訪問時、タスマニアの「グリーン党」ボブ・ブラウン党首の写真と説明記事を観た時は深い感動に包まれたことを覚えています。
被写体と撮影者、鑑賞者の心情・人生・想いがシンクロする、そんな一瞬がとてつもなく貴重で、だからこそ僕は写真が好きなのだと思います。

写真家・相原正明のつれづれフォトブログ
写真に対するとてつもないほどの熱意と姿勢、雄大かつ繊細な写真に魅了され続けています。時折、日本の写真界に向けて忌憚のない言葉もかけられますが、それも本当に写真を愛するゆえなのだと受け取っています。
でも、日本やタスマニア、オーストラリアの“食い倒れ”の写真だけは許せません!いつか必ずリベンジします。

MY LIFE AT F/22
米国のまだ若きスポーツ・報道写真家のブログです。目の肥えた鑑賞者には荒削りに写るかもしれませんが、写真から見えてくるドラマやストーリーはさすがドキュメンタリー写真が根付いている米国だと思います。
 英語ですが、過去ログにユタ州知事夫妻がインドの孤児院から養子を貰い受けるドキュメンタリーがあります。是非ごらんになってください。

岩切天平の甍(いらか)」
ニューヨーク在住のテレビカメラマンの方です。ブログからは、フォトグラファーというよりも「Thinker」と呼びたくなる深い世界と信念が伝わってきます。お仕事に絡んだ体験談も非常に面白いですよ。
更新がしばらく止まっていますが、より多くの方に触れていただきたいです。

day by day
広告写真家、伊藤祐一さんのブログです。「サッカーを撮る人が広告写真家さんのブログを見ているの?」と不思議に思われるかもしれませんが、何年も前から氏の写真日記の読者です(笑)。伊藤さんが撮られる日々のスナップ写真が好きです。
新藤修一先生の個展でお会いしたことがありますが、とても気さくな方で美人の奥様も含めてすっかりファンになっちゃいました(笑)。



【Pombo_Brasilさんのライフログ】
フランシスコの2人の息子
/ ギャガ・コミュニケーションズ

歌手を目指す二人の兄弟とお父さんの映画(物語)です。実話に基づいています。ストーリーも素晴らしいのですが、映画全編を通じて出てくるブラジルの光景が逸品です。


ワイルド・ソウル
垣根 涼介 / / 幻冬舎

初期の日系移民とその二世達の、外務省に対する復讐劇を描いた小説です。「棄民政策」とまで言われたブラジル移民も今年で百周年、タイムリーに読めてよかったと思います。日本で読むのもいいですが、ブラジルに住んで読むほうが百倍面白いです。ごめんなさい。


不夜城 (角川文庫)
馳 星周 / / 角川書店

写真ブログを通じて知り合った馳星周さんのあまりにも有名な小説です。やっと最近手にいれて読みました。心の奥底をあぶりだす世界観と人間模様がリアルで、読み出すと止まりませんでした。
続編があるので読みたいのですが、日本からの送料が高いので躊躇しています(笑)。馳さんの写真ブログ「ワルテルとソーラと小説家」も、愛犬の写真が素晴らしいです。

Pombo_Brasilさんの「*情熱大陸*ブラジルの写真 ビバ!サッカー! Brasil_Photo_Blog」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-05-28 14:22