今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

「愛玉子的香箱」のo-gyo-tiさん登場!

c0039735_11285735.jpg「ローマの休日」や「タイタニック」をはじめ、映画のワンシーンやドラマの主人公を彫った消しゴムはんこ作品の数々。
思わず「これが消しゴムはんこなの?」「わー、ジョニー・デップに似ている!」などと思えるようなクオリティの高い作品に、次はどんなのができるのかなと楽しみにしている読者も多いはず。今週はそんなリアルな消しゴムはんこ作品を彫り続ける「愛玉子的香箱」のo-gyo-tiさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
o-gyo-tiさん:こちらこそありがとうございます。最初は、某SNSの自分の日記に時々アップする程度だったのですが、だんだん作ったはんこがたまってきたので、それだけ独立させようと思ったのがきっかけです。
消しゴムはんこに興味がないかもしれないマイミクの皆さんに、無理矢理見せているようで申し訳ない気がしてきた、ということもありますが・・・。
どこのブログにしようか色々と調べていた時に、「胡桃の椅子」さんのブログを拝見し、とてもきれいだったのでエキサイトにしようと決めました。実際こちらで始めてみると、シンプルで使いやすいのはとてもよかったのですが、それがために自分自身のセンスがブログの出来上がりを大きく左右することに気付いて、焦りを感じる今日この頃です。
    
エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
o-gyo-tiさん:主に、映画やドラマのワンシーンを消しゴムはんこで再現しています。
動物を題材にしたはんこやゴム版のはんこも彫っていますが、デフォルメした可愛らしい図案を描くのが苦手、ということもあって全体的にリアルなはんこが多くなっています。

はんこでどこまでリアルを追求できるか挑戦中!・・・のつもりなのですが(苦笑)、
リアルと言いながらも、実際は少なからず主観が入ってしまっているようで、
辛口の友人には「似てない」「かっこよすぎ」など容赦ない批判を浴びています(苦笑)。
初めて見た方に「え、これがはんこなの?」「はんこでこんなものも作れるんだ」と驚いていただけると、ニヤリとします。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
o-gyo-tiさん:ちょっとクリックするだけで、素晴らしい作品を作る方々に出会えること。
普通に生活していたら出会いようがなかった方たちと交流出来ているのが、いまだに不思議な気がしてなりません。
最近は、中国人の方で素敵なはんこを作るブロガーさんを発見して、中国でも消しゴムはんこが流行っているのか!と感動したのですが、いかんせん言葉の壁に阻まれ、交流できずにいます。    

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
o-gyo-tiさん:みかんの白いスジを取らず、DMはビリビリ破いて開けてしまう几帳面なA型。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
o-gyo-tiさん:消しゴムはんこを作る人が身近にいないので、ぜひ消しはんブロガーみんなで集まって
はんこ彫りをしてみたいです。気候のいいときにお弁当を持ってどこかに出かけ、ピクニック気分で野外彫りなんかいいなぁ。
でも彫るのに夢中になってしまい、会話はまったく弾まなそうです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
o-gyo-tiさん:はんこ以外だと、自転車です。
クロスバイクという種類なのですが、これがまたかっこよくて速い!
20~30kmの距離なら、自転車で出掛けることもよくあります。
前方に体育会系らしき男子高校生が乗っている自転車を発見したら、涼しい顔で抜き去るのが快感です。
 
エキサイトブログ編集部:夢は?
o-gyo-tiさん:ハワイで行われるサイクリング大会、ホノルルセンチュリーライドに参加してみたいです。
しかしこれが最長100マイル(約160km)という、今の私には明らかに無謀な距離。
もうちょっと鍛えなければ・・・。 

エキサイトブログ編集部:素敵な消しゴムはんこ作品の数々ですが、消しゴムはんこを始めたきっかけは?また、消しゴムはんこの楽しさや作品作りに際してこだわりなどがあれば…。
o-gyo-tiさん:最初は夫が「面白い本を見つけた」と言って、消しゴムはんこの本を買ってきてくれたのがきっかけでした。二人で彫ってみたところ、夫のほうが上手だったため、なんだか悔しくて続けざまに彫っていたら、私だけすっかりハマってしまった、という感じです。(夫はふたつくらい彫って飽きてしまったようですが)

本の図案で5個くらい彫って少しカンがつかめた時に、たまたま『おすすめDVDベスト100』みたいな小冊子をながめていて、ふと『タイタニック』のDVDのジャケットが目にとまりました。
もともと映画が好きですし、「これなら作れるかも」と軽~い気持ちで彫ってみたのが意外に上手に出来たので、調子に乗って彫り続け、今に至ります。
ちなみにこのはんこ、後になって冷静に見直してみたらなかなかひどい出来だったため、ブログにはアップしておりません。
    
はんこを作る時には『自分が好きなもの』にしか興味が湧かないようで、例えば汚職で話題になった政治家などは、あまりはんこにしたいと思わないですね。
その政治家がものすごくハンサムだったら、つい作ってしまう可能性もありますが(笑)

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
o-gyo-tiさん:天気がいい日に、夫とのんびり自転車散歩をしている時。
途中に素敵なカフェや雑貨屋さんがあると、なお嬉しいです。     

エキサイトブログ編集部:数あるポストの中で、ご自身が気に入っている作品といえば?また、読者に評判だったポストは?
o-gyo-tiさん:★自分が気に入っている作品
8月17日「猫はんこ:子猫
リアルな猫はんこの中で、今のところ一番気に入っているはんこです。   

9月29日「スリーピー.ホロウ
ジョニー.デップが彫りたくて作り始めたのに、出来上がってみたら、クリスティーナ.リッチの頬のラインがお気にいりの作品となりました。

★好評だった作品
10月18日「メメント
半裸の男性が好評だった映画はんこ(笑)。我ながらカッコよく仕上がった作品です。

11月30日「クリスマスカード
消しゴムはんこが好きな人のための『消楽会』というネット上のイベントに参加した時の作品です。珍しく、色をたくさん使ってみました。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
o-gyo-tiさん:寒くなってきたので、あたたかいところに旅行したいです。あ、自転車も持って行きたいですね。   

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
o-gyo-tiさん:様々な食品偽装のニュースです。スーパーに行くと、何を買えばいいのか、何を買ってはいけないのか悩んでしまいます。
実際は、賞味期限が切れていても安全に食べられるケースのほうが多いとは思うのですが、企業側が付けた表示を信じるしかない、というのが毎日の食事を作る主婦として不安なところです。   

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
o-gyo-tiさん:いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
コメントを下さる褒め上手な方々のおかげで、このブログは成り立っています。
そして、ブログの映画はんこを見て初めてその映画を知った、という方に『この映画、結構面白そうだな。今度観てみよう』と思っていただけたら、一映画ファンとして望外の幸せです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【o-gyo-tiさんが好きなブログ、気になるブログ】

胡桃の椅子
私がブログを始める前からこっそりお伺いしていて、現在は勝手に心の師匠とさせていただいている、ゴム版はんこの達人です。
はんこ以外にも素敵なものをスイスイと作ってしまい、魔法の手をお持ちとしか思えません。

カエルのはんこ工房
カエルをこよなく愛するケロさんの消しゴムはんこブログです。
デフォルメからリアルまで、各種カエルはんこが揃っているところに愛の深さを感じます。
カエル以外の素敵なはんこも数多く作ってらっしゃいますので、そちらも要チェックです。

とっておきスケッチタイム
レトロなものを愛するsuzuさんの、ゴム版はんことスケッチのブログです。
どこか懐かしく、暖かみのある作品がとても魅力的。
来月、suzuさんのスタンプ&雑貨の個展が開かれます。ああ、見に行きたい・・・。 

香港ねこぶろぐ
香港在住の飼い主さんが、ご自宅で同居中の『さくらちゃん』と『とらちゃん』、
そして路地裏で暮らす猫たちを撮った、猫写真が満載のブログです。
香港の方は猫好きなのでしょうか、のびのびと暮らす街角の猫の姿に心和みます。

さつえいだ!チャーリー
小さなぬいぐるみのチャーリー、シャーリー、時々子ぶたが、色々なところに出かけます。
写真も美しく愛らしいのですが、そえられた詩と散文の中間のような文章がまた素敵で、更新を楽しみにさせていただいているブログです。



【o-gyo-tiさんのライフログ】

すて猫カテキン
新美 敬子 / / 河出書房新社

カテキンにペクチンにグルテン。なんだか体によさそうですが、すべて著者の飼っている猫の名前です。かわいいなぁ。
写真はデッサンの練習にも使わせていただいてます。


わたしを離さないで
カズオ イシグロ / / 早川書房

静かで穏やかなのにとても哀しい。清々しい青春小説であり、残酷な運命の物語でもある、心を揺さぶられる小説です。


スコープ少年の不思議な旅
巖谷 國士 / / パロル舎

手のひらに乗るほどの小さな箱の中を覗くと、中には家具や窓までちゃんと揃った小さな部屋が。それはとても小さな世界のはずなのですが、なぜか広がりを感じさせる、ファンタスティックな写真集。
クリスマスプレゼントにもらったら嬉しいかも。

o-gyo-tiさんの「愛玉子的香箱」を読んでみましょう。
  
[PR]
by blog_editor | 2007-12-13 17:09