今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

「ぬるぅい畑生活」のshogame2さん登場!

c0039735_1344347.jpg毎日食べるものだから、体に健康的でおいしいものを!
そんな思いをこめて始まった無農薬、有機栽培の野菜づくりが、とても潤いある生活をもたらしてくれた素敵な畑生活。
スーパーの野菜とは違った野菜本来のおいしさを味わえる幸せ、小さな種から手をかけて野菜を育て収穫するまでのワクワクどきどきする喜び。そして、とれたて野菜の味をそのまま生かした料理や保存食を作る楽しみ…。そんなスローライフを心からエンジョイする姿は、読んでいるこちらまで気持ちがゆったりと癒されます。
今週はそんな“美味しい菜園生活”、“野菜への愛情”をていねいな文章でつづる「ぬるぅい畑生活」のshogame2さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
shogame2さん:こちらこそありがとうございます。 以前から畑のことは、ホームページにしたいと思っていました。 ところが普段PCを使う仕事をしているにもかかわらず、仕事以外のことはさっぱり分からず…。結局手を付けずに数年経ったある時、妹から「ブログなら簡単よ」と教えてもらったのがきっかけです。ついでにエキサイトが良いとのアドバイスでしたので、とりあえず畑の写真を撮って右も左も分からないうちに始めました。
一年間の野菜作りを紹介しておしまい…だったらどうしようと思っていましたが、世界はどんどん広がり、とうとうはまってしまいました(笑)。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
shogame2さん:かれこれ10年以上やっている家庭菜園のお話と、食いしん坊な家族の美味しいモノをつづった日記です。菜園では、我が家の8割程度の野菜をまかなっています。だから我が家は冬にトマトとかキュウリを食べません。その時期の旬のモノを一番美味しい形でをモットーに。。。もちろん無農薬、有機栽培です。

半分はアトピー体質だった子供の健康のために始めた畑ですが、今や私の心と体の健康には無くてはならないものになりました。 畑の真ん中に座って、そっと土にふれて、その土の暖かみを感じ、近くをうろうろしているアリや生えている雑草、芽を出したばかり野菜に目を向ける。 常にそんな目線のブログでありたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
shogame2さん:ブログを始めるまでは、数人の畑仲間と教則本的なものだけのとても狭い世界でした。 でも、ブログを始めて、沢山の方と知り合い、新しい野菜や栽培方法、収穫後のお料理の仕方、またブログに載せる写真の撮り方など沢山のことを教えていただいて。 狭い世界が一気に広がった感じがしました。
そしてなにより、いろいろな失敗の時や落ち込んだ時に励ましてくださったり、打開方法をアドバイスしてくださる方々と知り合えたことは大きいですね。 それが日々の生活の中のつらいことでも、菜園のブログに頂くコメント一つ一つが、元気の素になったということがたびたびあります。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
shogame2さん:わがままで元気なおばさん。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
shogame2さん:皆さんにお会いしたい気もするし、でも私のことも分かってしまうと「なんだ~」ってちょっとがかりされそうな気もします。 どの方にお会いしたいというよりは、皆さんが大切にしている畑を一つ一つ訪問して、見てみたいという気持ちはとってもあります。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
shogame2さん:これが、畑のこととは全く関係のない「犬」でして、今無性に飼いたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:夢は?
shogame2さん:120坪の土地を手に入れて、25坪の平屋の家を建て、50坪の畑を耕し、残りの土地に果樹を植え、山羊と鶏を飼いたいです。 「ぬるぅい畑生活」実践版。パートナーがどう思っているかは無視します。

エキサイトブログ編集部:手をかけて野菜づくりを楽しむ日々が伝わってきますが、家庭菜園をはじめたきっかけやその魅力は?
shogame2さん:赤ちゃんの頃からアトピー体質だったうちの子が、今の場所に引っ越した頃にアトピーがひどくなってきました。私もベランダでハーブを育てるなどしていて、ちょうど家庭菜園にも興味を持ち、せめて健康で安全な野菜を食べさせたいと思っていた矢先、友人から小さな畑を借りられるという情報をいただき、思わず飛びついたのが、野菜づくりの始まりです。
ですから、無農薬有機栽培の野菜を作ることは、最初から当たり前のこととしてありました。

実際作ってみると、虫は付くし病気になるし、なかなか大変でしたが、出荷するわけではないので、次第にこれが本来の姿だと思えるようになりました。 ゴマ粒のような小さな硬い種から、本当に小さな瑞々しいフタバが出てくるのは、何度見ても感動するし愛おしいとさえ思えます。 それがやがて、1,2kgのキャベツになるというのは、奇跡かとも思えるほどです。
無農薬有機栽培の野菜の味は、言葉では表せないほどの豊かな味わいです。野菜本来の持つ力で育つわけですから、皆本来のしっかりとした味になります。
それを食べてしまっておしまいなのが気になり始め、出来る物から種を取ってみることにしました。
種を撒く、育てる、収穫する、種を取る。この繰り返しは、とても不思議でしかし楽しい命の繰り返しです。

畑が徐々に広がるにつれて、野菜の種類も増え、収穫した物を食べる時もちょっと冒険をしたパスタにしてみるとか、楽しみも増えました。さらに収穫して食べるだけではなく、もうちょっと長い目で見るようにもなりました。
堆肥作りもその一つ。丁度これからの時期に落ち葉を集め、積み上げ、約1年かけて落ち葉堆肥を作ります。
夏のトマトなら、余ったトマトでトマトソースを作り、瓶詰めにして保存。冬までパスタなどにも使えます。ついでにラベルも作って楽しみます。
今年初めてゴマを作りました。このゴマと島唐辛子で、二味唐辛子が出来ます。さらに柚と山椒の苗も植えたので、4年後くらいには四味唐辛子になる予定。すごい長期計画です(笑)
小さな畑から始まった野菜作りは来年15年になります。昨年からはブログという強い味方も得て、想像もしていなかった広がりになり、とても嬉しく思っています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
shogame2さん:畑にいる時です。普段は仕事もあるので、朝1時間程度の作業になってしまいますが、週末は、ゆっくりと眺めることから始められる大切な時間です。 日常の生活の中で、へこむことやちょっとつらいことがある時は、とにかく畑に行きます。 シャベルを持って用もないのに土を掘ったり、草取りをしたりすると、いつの間にか土がとげとげした気持ちを吸い取ってくれるように思えます。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中で、ご自身が気に入っている思い出深い記事、また、読者に評判だった記事は?
shogame2さん:●2006年11月30日 おわりとはじまり
ブログを始めて間もなく、突然13年もお借りしていた畑を返却しなければならなくなりました。 頭の中が真っ白になりながら、でもまだ知り合ったばかりのブログ仲間の方が、励ましてくれたのは本当に涙が出るほど嬉しかったです。 そしてなんと言ってもパートナーの支えはありがたかった。この11月30日は、古い畑の最後の日でした。 子供と楽しんだ思い出の写真を載せ、胸がいっぱいになりながら文章を書きました。忘れられない最後の日です。

●2006年10月16日 あの不思議野菜がついに!_
落花生の初収穫 初めて作った落花生の初収穫でした。ブログ仲間のご協力を得て、落花生の生態を最後まで内緒にしていただいたので、育てている間もわくわくどきどきの本当に楽しい栽培でした。 収穫後初めて茹でた落花生を食べ、感動しました。さらに写真を撮る楽しさに目覚めた時期でもありました。

●2007年6月30日 シシリアンのアラビアータ
ほとんど市販されていない「シシリアンルージュ」というクッキングトマトの種を、ブログで知り合った方から送って頂いて、出来たトマトで作ったアラビアータです。 材料が、シシリアンルージュ、島唐辛子、タマネギ、ルッコラと全て私の畑製です。 このトマトで作るパスタの味は格別と感動しました。

●2007年5月24日 ハ・ジ・メ・マ・シ・テ
これもブログで知り合った方から頂いた「ヒヨコマメ」を栽培しようという試み。 「ヒヨコマメ」は栽培記録が検索をかけてもほとんど見つからず、種も実は食用です。 想像力を膨らませながらの栽培でしたが、皆さんからの反響も多く、私自身もとても楽しんだ栽培でした。 たった一粒収穫したヒヨコマメは、本当に可愛らしく、その可愛らしさをなかなか表現出来なくて沢山の写真を撮りました。

●2007年7月18日 豊作ブルーベリー
10年以上、失敗を繰り返しながら育ててきたブルーベリーが、嬉しいことに今年初めて大豊作になりました。特に去年の秋畑の引っ越しで、新しい場所の土の状態とかを調べたり、肥料などを試行錯誤したので、今年は思い入れもひときわでした。
出来上がったブルーベリーはソースにして、瓶詰めに。せっかく保存するならとオリジナルラベルを作り瓶もちょっとおしゃれに飾って楽しみました。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
shogame2さん:ビミョウにデジタル一眼レフ。 若い頃、35mmの一眼レフは、ちょっと使ったことがあります。ブログを始めてここ一年くらい写真が妙に楽しくてなりません。 今のデジカメはデジカメ創世期の頃のカメラで、こちらの希望通りにはなかなか写りません。 でもあのデジイチをたすきがけして鍬やシャベルをふるうことが出来るのか、想像しても可笑しいし。 だからとっても欲しいのですが、ビミョウに迷っているのです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
shogame2さん:子供を虐待する親のニュース。この事がニュースになる度に心が痛みます。 きっとお母さんが作った美味しいご飯を家族で食べていないんじゃないかと・・・・。 こういう家庭こそ畑で野菜を作ってみんなで収穫して、お母さんが料理してってやれば、きっとそんな事しなくなるんじゃないかと無責任に思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
shogame2さん:いつもありがとうございます。 今年の3月、2年目はどんな話題にしたらいいのやら、なんて思っていましたが、今のところ次から次に書きたいことが出てきています。 そのヒントも皆さんのコメントなどから沢山頂いています。本当に感謝しています。これからもよろしくお願いいたしいます。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【shogame2さんが好きなブログ、気になるブログ】

好きなブログやいつも気になっているブログは沢山あります。
その中から選ぶのは、とても難しくさんざん悩みました。
悩んだあげくそれぞれ違う分野から4つ選ばせていただきました。

●「うらぐち」  
家庭菜園から知り合った方ですが、ここ1年ほど引っ越し続きで畑仕事がままならないようです。
でも畑以外のことでも、とても文章がお上手なので、とにかく楽しいブログです。
あまりのおもしろさに、一人くすくす笑いながら2日ほどかけて読破したほどです。  
お住まいが北海道なので、もうこの時期畑作業が出来ず、最近はパン作りに凝っていらっしゃいます。
来年の野良仕事ブログがとても待ち遠しいです。

●「2008年にイタリアンレストランを開くまで
ただいまイタリアで、武者修行中。間もなく日本に戻って来ていよいよお店をオープンします。すごく楽しみにしています。 お料理の写真は、いつもとても美味しそうだし、イタリア野菜のことを沢山知っていらっしゃいます。 私もイタリア野菜の種を送っていただきました。
イタリア語は全く分からないので、想像力をたくましくて育てますが、なかなか上手く育てられません。miyaki_yaさんごめんなさい。

●「ズッキーの野菜畑
私と同じように畑を借りて、家庭菜園をされている方。でもお庭では、ガーデニングもし、お菓子作りもプロ並みの美味しさ、さらにお料理もいろいろ参考になる物ばかりです。それらをまとめたホームページまで作っていらっしゃいます。
それなのに、わさわさとしたところがなく、いつもゆったりとしていて優雅に思えます。こんな風にゆったりと日々が送れたら良いなーといつも思います。

●「白金の森から
北海道美瑛に住んでいないと撮れない美しい写真ばかりのブログ。すばらしい感性の持ち主の方と思っています。 この方の写真を見ると、心が落ち着き、ゆったりとして、静かで豊かな気持ちになります。  
隠れファンの私は、今回ここにご紹介させていただくために初めてのコメントを恐る恐る書きました。快諾していただいて嬉しい限り。  



【shogame2さんのライフログ】

現代農業 2007年 11月号 [雑誌]
/ 農山漁村文化協会

ちょっとマニアックですみません(笑)(現代農業 HP
時として「どうして私の疑問が分かったの?」というくらいぴったりの特集の時があります。
そんな時に購入。
もちろんプロ用の本なので、そのままは無理な事が多いですが、沢山のヒントを貰います。
広告欄には私にとってはとても珍しく、おもしろい道具などが出ていてそちらも結構楽しいのです。


Pen (ペン) 2007年 11/1号 [雑誌]
/ 阪急コミュニケーションズ

おしゃれでクリエイティブな雑誌。(pen HP) 
毎回こだわり満載で、楽しめます。そのこだわり方が、宇宙だったり、鎌倉の旅だったり、エコロジーだったり、とにかく多方面にわたるので面白い。
毎回パートナーが読んだ後お借りします。


shogame2さんの「ぬるぅい畑生活」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-11-06 16:07