今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

「桃の * petit a petit * 」の桃さん登場!

c0039735_10285129.jpg心を込めてひとつひとつ手彫りした、驚くほど繊細で美しいアートソープ作品の数々。バラや桜の花などを石けんに彫刻したソープカービングは、フローラルな香りまで伝わってくるような素敵な作品ばかり。そんなおしゃれな石けんをプレゼントされたら…、部屋に飾って、うっとりといつまでも眺めていたくなるほどうれしいですよね♪ 今週は、女性らしいフェミニンな手作り作品を紹介する、「桃の * petit a petit * 」の桃さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
桃さん:こちらこそいつもお世話になっております♪
HP開設が目標だったのですが、PC音痴な私にはどうしても作れず・・・。
いっそのことプロの方にHP制作を委ねてしまおうか?!とすら考える様になり・・・。
そんな折、エキサイトブログの存在を知り「これなら私にも出来そう!」と
始めたのがきっかけです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
桃さん:ブログタイトルの『petit a petit』とは、フランス語で「少しずつ」と いう意味で、趣味で作ったクラフトや手芸品を少しずつご紹介できればと思い名付けました。
お気に入りの雑貨小物、お菓子についてや、夫婦で訪れたフランス旅行のことなどにも 時々触れています。
めざすは『雑貨・ハンドメイド好きなヨーロッパ志向婦女子の心を鷲づかむブログ』なので(笑)、ちょっとスカし気味の内容を心がけています。

更新は頻繁にしていませんし(すみません)、これと言って役立つ情報も発信していませんが、訪れてくださる方の癒しの空間として存在できたらとても嬉しいです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
桃さん:新しい発見は、日々の生活の中でハンドメイドに親しまれている方が想像以上に多くいらっしゃることを知ったことです。
みなさんの「作る」ことへの情熱と愛情には目を見張るものがあり、私自身とても良い刺激を頂いています。

ブログを通して得たものは、人との出会いが何よりも大きいです。
「手作り」や「フランス好き」などの共通項で生まれた繋がり、そして、本来なら出会えなかったであろうご縁にも恵まれ、今ではブログ無しの人生は考えられないくらい(中毒?)、生活の中にしっくりと馴染んでいます。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
桃さん:根っからのマイペース人間。照れ屋で時に赤面もします。
(無愛想にツンとすましている時は大抵照れています。)

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
桃さん:(すでにお会いしているブロガーさんも沢山いらっしゃるのですが)機会があれば、
コメントやメールでやりとりしているブロガーさん(ブログをお持ちでない方も)全員とお会いしてみたいです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
桃さん:一番好きなことは、やはり何かを手作りすることです。
ソープカービングはもちろん、お菓子なども作り始めると夢中になってしまいます。
この前久しぶりにクッキーを焼いたのですが、アイシングで模様を描くのがすごく楽しくて、
時間を忘れて熱中してしまいました。

ハマっているのは手作り関連の趣味の1デイレッスンに参加することで、
つい先日は消しゴムはんこを作ってきました。

エキサイトブログ編集部:夢は?
桃さん:自宅とは別の場所に小さな白いアトリエを持ちたいです。
そこに出来ればフランスやベルギー製の白もしくはベージュの家具と少しの植物(枯れにくいやつ)を置いて、日中はそこで手仕事に没頭したいです。
時には手作りの友たちと持ち寄りパーティーをしたり、お茶をしながら物作りをしたり。
そしてたまにグループ展を開いたりもしたいですね。
      
エキサイトブログ編集部:とても素敵なソープカービング作品をハンドメイドされていますが、作り始めたきっかけやソープカービングの楽しみや魅力は?
桃さん:最初にソープカービングと出会ったのが、2002年。都内のカルチャースクールでソープカービングの作品を見て、その繊細な美しさに魅了され(衝撃的な出会いでした)体験レッスンに参加しました。
それから翌年の1月~3月、都内カルチャースクールでソープカービングの定期レッスンを受講。5月からは、タイでカービング技術を習得された講師の自宅教室に月2回通い始め、 現在に至っています。

石鹸とカービングナイフ。この2つさえあればソープカービングを始められるという手軽さがまず魅力のひとつと言えます。
彫り始めれば石鹸の清潔な香りが部屋に広がって癒されますし、仕上げたものをそのまま飾っておけば見目麗しい芳香剤にもなります。(笑)
私は作ったものを良くプレゼントするのですが、いつもとても喜ばれるのでそれが
「また作ろう。もっと上手く彫れる様に頑張ろう。」という励みとなっています。

エキサイトブログ編集部:美しい作品づくりのコツや心がけていることなどがあれば…
桃さん:ソープカービングを始めて今年で5年目に入りましたが、繊細なものが彫れるようになったのはここ2年ほどです。習い始めた頃はナイフで恐る恐る石鹸の表面を浅く彫ることしかできませんでしたが、レッスンカリキュラムをひとつひとつこなしていくうちに徐々に難易度の高い繊細なものが彫れるようになりました。
と言っても、ガリ勉女史のごとく机に齧りついてカービングを習得したという記憶は全くありません(笑)。
のんびりペースで楽しみながらをモットーに、彫りたい時は存分に彫り、スランプに陥った時はまったく彫らないというメリハリ効かせた(?)自分流を通して今に至った感じです。

ソープカービングを撮影する際は、合わせる小物、画像全体の色味、ソープが最も美しく見える角度など、私なりにこだわっています。(でも妥協してしまう場合も 時にはあります・・・。)
時間をかけて何十枚と撮るので、ブログにアップロード後はぐったりという状態が常ですが、コメントでお褒めの言葉をいただくと疲れも忘れてしまいます。

去年の秋から一眼レフデジカメで撮り始めましたが、正直使いこなせておらず、仕上がりを見ては自己嫌悪に陥ることもしばしばです。
これからもっと練習して、イメージ通りのソープ写真を撮れるようになることが今後の目標です。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
桃さん:ひとりで過ごす時間を大切にしています。大抵ぼんやりしているのですが、ぼんやりはしていても、常に何かしら考えているというか空想しているわけで、
そういう時に物づくりのデザインのヒントや、次にしたいことなどが浮かんだりするので、
私にとってひとりの時間は大切です。
(もちろん、誰かと一緒に過ごす時間も好きだし大切なので、お近づきの際には仲良くしてくださいね♪)

それから、私は猫派なので、近所の飼い猫が玄関先に遊びに来た時、ひたすら撫でている時とても癒されます。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
桃さん:★気に入っている作品は
1.Marguerite (2006 2月1日)
マーガレット模様の丸箱とソープカービングのマーガレットの組み合わせ。
箱を囲んだソープの配置や間隔、バックの色トーンなど、とても悩んで何度も撮り直した思い出の作品です。

2.Cadeau de Noel(2006 12月7日)
「入れ子式の紙箱を3段に重ねてリボンを結んだパッケージ」はすぐにイメージが湧いたのですが、肝心の中に納めるソープをどうするかでとても悩みました。
一番下段の2つのソープは「絶対に失敗したくない」と必死の思いで彫った渾身作です。

3.桃の*さくらんはあと*(2007 3月27日)
鼻歌まじりでとても楽しい気分で作りました。
清楚で上品、しかもかわいらしく仕上げられたので(超・自画自賛)、満足しています。

★読者に評判だった作品は
4.Ladureeへのオマージュソープ(2007 2月7日)
これといって難しい技法で彫ったわけでもなく、これはソープカービングと言えるのかと自分でも疑問でしたが、読者の方には可愛いと沢山褒めていただきました。
ソープの色合いや紙で組み立てた箱なども好評でした。

5.Chocolat de Savon(2006 2月10日)
石鹸素地というものを使って、チョコレート色のソープを作ることから始めたクラフトに近い作品です。読者の方の多くが本物のチョコレートと勘違いされていました。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
桃さん:私は実質毎日が休日みたいなものなので、我が夫に長い休日があったら、
ふたりでフランスに滞在したいです。(フランス各地をレンタカーで移動したいので、
運転が出来る夫が一緒でないと実現不可能なのです。笑)

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
桃さん:親子や兄弟間での殺人報道が増えているようで気になります。
残虐で猟奇的な犯行内容が多いように思いますし、世の中が殺伐とした方向に向かい続けているようでとてもやりきれないです。

それから、、、先日、新大統領が誕生したフランスが今後どのように変貌していくのか興味深いです。(ちなみに私はロワイヤル派でした)

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
桃さん:私のブログに訪れてくださってありがとうございます。
励ましやお褒めの言葉、そして「癒されます。」というひと言は、
作品作りの原動力となっています。
時々コメント欄をお休みさせていただくこともありますが、
開けている時にはどうぞお気軽に足跡を残して下さいね。
これからも、末永く宜しくお願いします♪

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【桃さんが好きなブログ、気になるブログ】

1.「simple flowers
フラワーアレンジメントのお仕事をされているbloom-fさんのブログです。
bloomさんが撮られる優しげな雰囲気の写真に心ほぐれます。
洗練された感性から垣間見えるチャーミングなお人柄には憧れる方も多いのでは。
   
2.「My funny Valentine
パリでカルトナージュの教室を主宰されているcinephileさんのブログです。
彼女とは去年東京で1度お会いしているのですが、ブログのイメージそのままの
爽やかで溌剌としたマダムなのです。

3.「JOURNAL Le Cahier Bleu」 
ガレット・デ・ロワのフェーブコレクターとして有名で、最近ショップも開かれた
パリ在住lecahierbleu さんのブログです。
彼女の影響で私もすっかりフェーヴのとりこに・・・。  
 
4.「うたかたの日々
代官山の手芸店『プルチーナ』のオーナー、yumyummyさんの日常が綴られたブログです。
いつもとてもオシャレな暮らしぶりなのですが、特に小さな娘さんのために手作りされた
お洋服や小物のデザインセンスに感心しきりです。
   
5.「anyway, life goes on.
私のカービング師匠、森田美穂さんのブログです。
森田さんの手から生み出されるフルーツ・ベジタブル、ソープカービングの作品はまさに至宝級。HPのギャラリーは圧倒的な美しさで胸に迫ってきます。



【桃さんのライフログ】
フローラ逍遥
渋澤 龍彦 / / 平凡社

美しい装丁にまず目を奪われます。そして頁をめくれば順々に現れる25種の植物図譜。
精緻に描かれた花々と澁澤龍彦氏のエッセイが織り成す美術書のような一冊です。


イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事
ユキ・パリス / / 文化出版局

イニシャル専門の刺繍本を探していた時に表紙買いしてしまいました。
中世ヨーロッパのモノグラム刺繍がカラー写真で紹介されていて、
視覚的にもとても美しいです。刺繍はしなくても(?)いつまでも眺めていたい一冊です。


桃さんの「桃の * petit a petit * 」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-06-05 14:35