今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

「HOPE」のksksk312さん登場!

c0039735_14181321.jpg時には大胆に、時には繊細に。自由な発想で描いた芸術性の高いドローイングやコラージュ作品を創作し、ブログで発表し続けるアーティスト。 時々発表する詩や文体からもアーティスティックなセンスが伝わる「HOPE」のksksk312さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
ksksk312さん:こちらこそ、お世話になっています。3年前に、自作の詩と写真を公開するためにホームページを立ち上げました。日記のログの保存場所としてブログの活用を思い立ったのがきっかけです。利用した途端、ブログが本館で、ホームページが奥の院になってしまいました。
  
エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ksksk312さん:「HOPE」は、2年前から始めたドローイングをはじめ、写真や詩、コラムなど、自分の創作の現場という位置づけです。わたしはプロのアーチストではないし、無名ではありますが、芸術を人生のファーストプライオリティにしています。どういうかたちであれ、自分の世界を向上心をもって追求したいし、ブログ名の『HOPE』には、芸術がつねに自分の希望であるようにとの気持ちをこめてみました。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
ksksk312さん:得たものは出会いやチャンス。新しい発見は、ゆるい文体やデジタルな時間の感覚です。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
ksksk312さん:ネットで自分が何をしたいのか伝えやすく、相手が何をしているのかわかりやすい。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
ksksk312さん:正直者。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
ksksk312さん:やはり、リンクしていただいている方々なのですが、実はお一人だけ、お会いしたことがあります。ベストブログでご紹介しているbetoriumさん。昨年の秋、大分県日田市での個展に、東京からわざわざクルマをとばして来てくださって...。彼の愛車、ルパン3世でお馴染みのフィアット500が個展会場に無事到着したときはホントに感激。ブログをやってて良かったと、心から思った瞬間でした。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと、ハマっていることは?
ksksk312さん:愛犬(柴犬のメス)とたわむれること。NHKのアニメ、『しばわんこの和のこころ』。

エキサイトブログ編集部:夢は?
ksksk312さん:文字通りのアーチストになること。

エキサイトブログ編集部:ドローイングや詩などの創作活動を始めたきっかけやその魅力は?また、自分らしさを表現するためにこだわっていることがあれば。
ksksk312さん:ドローイングは2年前、40才を過ぎてから始めました。きっかけをひと言でいうのは難しいのですが、自分がほんとうに好きなアウトプットは何か、追い詰められて悩む過程で直観がはたらきました...。いわゆる絵を描くことは苦手で、画材の知識も技術もないのでよく行き詰りますが、自分がいちばん自由になれるアウトプットのようです。詩作は、教科書で読んだ近代詩などの影響を受けて、10代の頃からはじめました。以来、中断と復活を繰り返しながら現在に至っています。

ドローイングも詩作も、大切なのはリズム感と詩的なイメージの調和だと考えます。完成までは試行錯誤の連続で苦しむけれど、うまくいくと宇宙に触れたかのようなよろこびがありやめられません。芸術は鑑賞するだけでも人の心をじゅうぶん豊かにしますが、わたしはインプットとアウトプットと両方を大切にしていきたい...。自分なりの感動とたわむれる日々を『HOPE』で綴っていけたらと思っています。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品。また、読者に評判だった作品は?
ksksk312さん:1・2006・9・27「SOS
木炭や色鉛筆、水彩などいろんな画材で制作した線描のドローイングです。線の密度や色合いに細心の注意をはらいました。昨年秋の個展でいちばん評判だった作品です。

2・2007・3・12「新国立美術館のポスター
新聞写真や美術館のチラシなどを貼り付け、水彩やアクリルで着色した作品。面白くまとまったコラージュ作品になったと思います。「新国立美術館のポスター」とタイトルをつけていますが、もちろん本物のポスターではありません...笑。念のため。

3・2007・3・17「誘惑
木炭のドローイングに、パソコンのレタッチソフトで色つけしました。水色が気に入っていて、青空に吸い込まれるようなイメージを連想したことから「誘惑」というタイトルを思いつきました。公開しているのは水色だけですが、別の色で何パターンもストックしています。

4・2006・10・10「名称未設定断片
頭に浮かんですぐにアップした短い詩です。プライベートでせつない思いをしていた頃の心情を『オズの魔法使い』のイメージに託しました。個人的に大切な、記憶のスナップショットのような感じ。

エキサイトブログ編集部:今、一番したいことは?
ksksk312さん:久々に東京で遊びたいです...。30代の終わりまで、実は東京で暮らしていました。休日のたびに映画を見たり、美術館に足を運ぶ日々。その後まったく上京していないので、六本木ヒルズって何なのか、有楽町そごうはホントに閉店したのか、この目で確かめたいです...笑。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
ksksk312さん:長崎市長の銃撃事件です。市長2代続けての悲劇なので、長崎市民、県民は大変なショックを受けています。暴力の連鎖が全国に広がらないことを強く願っています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
ksksk312さん:自分がなにをやっているのか、ときどきわからなくなるのでおしえてください。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【ksksk312さんが好きなブログ、気になるブログ】

betorium」 
シンプルな言葉で深い詩を書かれる方です。無駄を省いたブログのデザインも素敵です。おなじ方の写真のブログ「betoriumphoto」もクール。強くお薦めします。

はる・なつ・あき・ふゆ」 
写真のブログです。誰も目に止めないような小さな光景を、芸術性の高いポートレートによみがえらせてくれます。ブログ全体にも雰囲気があり、羨望のなまざしで見させていただいてます。

artshore 芸術海岸」 
現代美術、写真家のプロフィールと作品論をコンパクトにまとめておられます。情報量が圧巻で、現在は更新が止ってますが、アートが好きな方には強くお薦めするブログです。

万葉の世界」 
万葉集から一首、ピックアップし、ご自分の解釈や日記をからめて紹介されておられます。わたしは古典に弱いので、毎回いい勉強をさせてもらってます。

小学生のふんいき」 
画家の方のブログ。日記の他、ドローイングや詩も公開されておられます。作品だけでなく、文体からもアーチストだなあというのが伝わってきます。大好きなコンテンツです。



【ksksk312さんのライフログ】

Book of Days
/ Ecm

メレディス・モンクは、人間の声の可能性を極限まで追求した作曲家、ボーカリストです。実験的ですが、スピリチュアルでとても聴きやすく、全身が癒される感じ。100年後の未来では、こういう音楽が(モーツアルトのように...)普通に聴かれているような気がします。


Cy Twombly
Richard W. Leeman / / Thames & Hudson Ltd

サイ・トゥオンブリーは、アメリカ出身の抽象画家で、わたしがいちばん尊敬するアーチストです。高い技術力と強いアイデアが要求されるアートの世界にあって、諸々の制約を描くことの快感原則のみで凌駕する精神力に圧倒されます。1ミリでも巨匠に近づけたら、と思います。


自分にふさわしい場所
谷 郁雄 / / 理論社

谷郁雄さんは、たとえば「自分」とか「未来」とか、ありふれて誰も注意を払わなくなった言葉でもおろそかにしません。平易だけど深い。詩をまったく読んだことのない方にも(そんな人はいないでしょうが)お薦めできる詩人です。

ksksk312さんの「HOPE」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-05-01 17:20