今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

【新春特別インタビュー】 「ばーさんがじーさんに作る食卓」が書籍に!

c0039735_13533455.jpg世代を超えて多くの読者に親しまれる「ばーさんがじーさんに作る食卓」のsesenta&cincoさん。昨年10月のピックアップブロガーでご紹介しましたが、おふたりのブログが出版化され、好評を得てらっしゃいます。そのお祝いに、今回は新春特別インタビューと題し、おふたりに再度登場していただき、出版にまつわる裏話やブログを通じてますます増えた楽しみなどを語っていただきました。

エキサイトブログ編集部:昨年後半はピックアップの登場後、本を出版されたり、雑誌やラジオの取材を受けられたり、お忙しかったようですが、まずはおふたりの近況を…。
sesenta & cincoさん:遅くなりましたが、新年おめでとうございます。 ブロガーさん憧れの「ピックアップ」に二度も出させていただいて、ほんとに恐縮です。 力不足ですが、おめでたい「尉と姥」のお飾り代わりで、どうぞよろしくお願いいたします。

c0039735_13561065.jpgsesentaさん:「年寄りが二人で始めたままごとブログ」というのをおもしろいと感じていただけたのか、半年ほどの間に、いろいろと取材のお話をいただきました。 まさか、こんな辺鄙なところまで実際に取材には‥と安心していましたら、それが現実になってハイビジョンカメラで撮られてしまったのには、びっくり。まあ、メイドのみやげにこれもありかな、と脳天気に写ってしまったのが、ブロガーの皆さんのお目にも触れて、たいへん失礼いたしました。

cincoさん:なにしろ、テーマが「お料理ブログ」ですから、取材といえば「お台所でお料理するところ」が必要になります。プロの方の「撮影用のお料理」ではないので、できたものはぜんぶ、召し上がっていただきたいし‥ ですから、取材はもちろんですけど、あとのお食事会が、とても楽しかったです。お料理って、こんなにすてきなつながりを作ってくれるんだなあ、と実感して‥

エキサイトブログ編集部:ブログを書籍化するには苦労されたこともあったと思いますが、どんな点が大変であり、やりがいがありましたか。
cincoさん:ブログを始めて、わりと早い時期に「本にしませんか」というお話をいただいたものですから、それは大ビックリでした。 でも、声をかけて下さった編集者さんが、ご新婚のカップルさんで、お料理じょうず。ブックデザインご担当のデザイナーさんも、さわやかカップルさんで、まわりの皆さんに恵まれて、とても楽しかったです。 「ただのブログ本でない、いい本を作りましょう」といって下さった、編集者さんに、もう全てをおまかせしようと決めていましたから、私たちにはなにも苦労はありませんでした。

sesentaさん:最初のころは、ほんとうにブログのことを一から勉強でしたから、画像のデータを軽くすることだけを気にして、その点があとで印刷原稿化するときに、反省点として残りましたね。 そのうえ、うちのブログ、多分にその日暮らしで、作りっぱなしだったものですから、データがどっかに行っちゃってて‥毎日の整理は大切ですねえ。

エキサイトブログ編集部:ブログを本にする際、いちばん“自分たちのブログらしさ”を生かすために、こだわった点は?
sesentaさん:前にもお話したのですが、私たちにとって、ブログのいいところは「同時性」と「双方向性」だと感じていますので、本になってもその点をできるだけ残したいと、編集者さんにムリなお願いをしました。 たとえば、コメントごとぜんぶ載せられないかとか、本文なしのコメントだけなんていう案‥だとか。いえ、もちろんまじめな冗談ですが。

cincoさん:なにより、若い編集者さんお二人が、私たちのブログの「1ファン」としてずっと見て下さっていたことで、私たちの思いをわかっていただけたのがうれしかったです。膨大な数のコメントにも、ぜんぶ目を通して、コメントの選びだしまでして下さったのには、ほんとうに頭が下がる思いでした。

エキサイトブログ編集部:本のタイトルは『いつも、ふたりで ばーさんがじーさんに作る食卓』ということですが、「いつも、ふたりで」にこめる思いは?
sesentaさん:いろんなカップルの形があって、当然だと思うので、自分たちがよそさまのご参考になるとは思いませんが、せっかく出会った二人、ここちよい関係でいられればいいと思いますね。「いつも、ふたりで」というタイトルは、出版社さんと編集者さんが考えて下さったのですが、ご自分のブログで本を紹介して下さる皆さんがいらっしゃるおかげで、最初の照れくさい気持が消えて、今はすなおに好きになりました。
いつも二人でいて、けんかですか?‥すみません、ご期待に添えなくて申し訳ないですが、経験はないです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して、改めておふたりの楽しみが増えた点や良かったなと思うことは?
sesentaさん:昨年6月、勤めていた仕事を退くのと、ちょうど入れ代わるように、ブログの関連からいろいろとお声をかけて下さることが多くなったものですから、生活が変わるという寂寥を感じる間もなく、忙しくして来られたのはとても幸せでした。 なにしろ、これだけの数の皆さんが、毎日訪ねて下さるっていうのは、快いプレッシャー以外の何ものでもないですから。
cincoさん:ブログなんて知らないときは、「コンピュータの中の冷たい世界」としか思っていませんでしたけど、ぜんぜんそうじゃありませんでしたね。いろんな思いやりや、いたわりの気持が肌に感じられますもの。HNでお話していても、お買い物の道すがらにおしゃべりしてるのと、いっしょなんですね。 PCをonにして、今日のコメントを見せていただくときのワクワクは、ちょっと魔力的です。

エキサイトブログ編集部:2007年の抱負は?
sesentaさん:長年、Macばかりを使って来たので、自分の作るブログを、見て下さる90%以上の方には、どんなふうに見えているのか、ずっと気になって、Windowsを使えるようになりたいなあ、と。でも、これは、かけ声倒れに終わる可能性大ですが。

cincoさん:私のレパートリーが残り少なくなってくるので、なんとか新しいアイデアを考えてね、とsesentaにハッパをかけてます。このごろ、若いころに買って後生大事にしまってあった、古いお料理の本を出して見ていると、あの頃、夢でしかなかったメニューに、少しは手が届くようになったかな、と感じて、とてもうれしいです。少しずつ、温故知新も心掛けてみようかと‥

エキサイトブログ編集部:いま一番の楽しみや、おふたりにとってのささやかな幸せを感じることは?
sesentaさん:1年前には予想もしなかったことですが、生活の中に占めるブログの位置がだんだん大きくなってきて、ついつい、「今日は何にしよう」とネタを考えてるのに気づいたりします。「わざわざ‥」ではなくて、毎日しぜんにでき上がるのが、理想なのですが。でも、こんな充足感が、ことしも続いたら、うれしいですね。

cincoさん:私が見たいときに、ブログを見られるようになったので、コメントを読ませていただくのが、なによりいちばん楽しいです。ご返事を書くのが、思い出したように、とびとびになって申し訳ないなあ、と思うのですけど、ムリをせず、楽しく続けさせていただくのがいちばん、と思って。

エキサイトブログ編集部:おふたりのように素敵に年をとりたいと憧れる読者は多いと思いますが、年を重ねることについて思うことは?
cincoさん:こんな「じーさん・ばーさん」に、「お二人のように年をとりたいです」ともったいないメッセージをいただくことが多いので、恐縮してます。 70のばーさんが言うと、お笑いになるでしょうけど、こんな年でも、「あんなふうに年をとれたらいいなあ」と思う方にお会いすることがあるんですよ。私より10才以上年上でも、背筋がシャンとしていらして、ふだんの移動は自転車で、という方とか。 たとえどこかがご不自由であっても、気持ちがいつも前向きでいらっしゃる方には、逆にはげまされますし。 前に、新聞の投稿コラムで、やはり80才の方が、病院で会った100才の方に声をおかけになるのに、「おばあちゃん‥」ではなくて、「奥様‥」とちゃんと呼んでいらっしゃるのが、すてきだなあ、と。こころ美しくお年を重ねていらっしゃる、そういう方にいつも憧れます。

エキサイトブログ編集部:あらためて今年1年に向けて、読者のみなさんにメッセージをお願いします。
sesenta & cincoさん:いつもたくさんの方々にお訪ねいただいて、ありがとうございます。 うちのブログは、じぶんのオリジナルのレシピというより、いろんな本のおいしそうなレシピを作ってみて、それを見ていただくのを楽しみにしているので、「うちでも、ありものの材料でこんなにできたよー」というお便りが、なによりうれしいのです。
これからも、「ブログのためのブログ」にならないように、を胆に銘じて、じーさん・ばーさんらしくのんびりと勉強していきたいと思いますので、どうぞかわらずおつき合いをお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

いつも、ふたりで ばーさんがじーさんに作る食卓
岡西 克明 / / 講談社

sesenta&cincoさんの「ばーさんがじーさんに作る食卓」を読んでみましょう。
昨年のピックアップ記事はこちら
[PR]
by blog_editor | 2007-01-23 15:15