今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

「本日の、のんし。」のnonshiさん登場!

c0039735_17104071.jpgおいしそうでとっても素敵に見えるスイーツ写真の数々に、センスのよさが伝わるブログ。好きなお菓子作りを中心に、日々の暮らしを女性らしい感性でつづるカリフォルニア在住の人気ブロガー、「本日の、のんし。」のnonshiさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
nonshiさん:海外に引っ越して環境や時間の使い方がすっかり変わってしまって、さて、何をしよう・・・というのがあって、そこに大きなオーブンがあるのだからとお菓子を焼くようになりました。そのうちカメラにも興味がでてきて、被写体はそこに作ったお菓子があるのだから、と。そんな時ブログの存在を知り、そこに撮り貯めた写真と時間があるのだから、となって。
そんなきっかけで、離れている家族や友人たちへの近況報告も兼ねて始めました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
nonshiさん:本日の・・・というタイトルで自分の普段の生活のことを綴るブログになるはずでしたが、その日々の興味の対象がそこなのか(はい、そこです)すっかり食べ物中心です。
それでもここカリフォルニアならではの食材を通したその季節感だったり、その時思っていたことだったりを振り返られるような記録のようなものになればと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
nonshiさん:なにより日常の生活では絶対知り合えないようなたくさんの方とコメント欄を通じてお話ができてその上何かを共有できる、そんな人との繋がりを得られたのは大きなことです。ブログを始めた頃には思いもよらぬことでした。
ブログを通じて世界中に住むたくさんのブロガーさんと知り合えて、自分の知る世界がどんどん広がっていくのに、世界というか地球は狭いなと感じる。なんてすばらしい。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
nonshiさん:喜怒哀楽のはげしい猫。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
nonshiさん:コメントをくださるみなさんにお会いしてみたいのです。
それは近くにお住まいの「A la Table」のKazukoさんにお会いできた時、ブログから伝わるイメージ(もちろん素敵な)がリアルになった瞬間の感動があまりに素敵だったので。その感動をもう一度、いえ何度でも。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
nonshiさん:なにより好きな時間はお風呂で本を読むこと。
今はジェフリー・アーチャーばかり読んでいます。日本への一時帰国直後なので在庫はたっぷりあって、うれしいのです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
nonshiさん:大きなキッチン!

エキサイトブログ編集部:nonshiさんにとってクッキングの楽しみや魅力は? また、海外暮らしの中で大切にしていること、いやされる時間は?
nonshiさん:料理は食べたい、食べてもらいたいという気持ちから始まると思うのですが、まだ私はただ作りたい。それでも毎回新しい発見でどんどん楽しくなります。これが続いていつか食べた人に喜んでもらえるような料理になれば、もっと楽しくなるはず。
それから料理に限らず季節感を大切にして過ごしたいです。カリフォルニアに来てから季節感というものに目覚めてしまって、それは春に桜が咲くことに気がついたり、年越しの行事が大事に思えるようになったりという当たり前のことなのですが、なにせここは季節感が乏しく四季があまりないのです。なので、せめて旬の果物や野菜にいつも目を光らせていたいです。それがたぶん一番おいしいものだとも思うので。

エキサイトブログ編集部:ご自身で思い入れのあるポスト、読者のみなさんに好評だったポストは?
nonshiさん:やはり何かに夢中になっている時のものは、記憶に残っているものですね。

本日の、てんこ盛り。そしてぱっちん。」(2006-08-04)
チェリーの種抜きに夢中になって嬉々としていたところ、そのCherry Pitterが壊れました(ぱっちん熱)。
好きになるとすぐ夢中になってそればかり作り続け食べ続けてしまうのですが、それゆえ飽きてしまったり、あれ?という結末がいつも待っているのだけど、コメント欄で「バームクーヘン日誌・2」のバームクーヘンさんに過労死なんじゃないのとつっこんでいただいて、その通り!と愉快な出来事にかわりました。

」(2006-04-13)
この後、延々と赤いものが続きます(Blood OrangeStrawberryPlumRhubarbApple)。
この時も赤いものに夢中で、おそらく私のいつもの夢中っぷりが一番でているのではないかと思います。
料理は日常のものなのに、こんなことばかりしているのは、それはやはり楽しかったからです。

エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
nonshiさん:いつも思っていることでもあるのですが、南の島へ行きたいです。
でも住むのではきっとだめで、行って帰ってきてまた行きたい。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
nonshiさん:非常にローカルかつ個人的なことなのですが、サンフランシスコへ渡る橋が工事中で、フリーウェイの出口の閉鎖状況がめまぐるしく変わったり、橋そのものも通行止めになったりするので、最近その情報のチェックが欠かせません。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
nonshiさん:たくさんのブログの中から見つけてくださって訪れてくださって、本当に嬉しく思っています。どうもありがとうございます。
そしてコメントをくださる方へも。たぶん私の頭の中は言葉よりもイメージの方が強くて、そのまままったくもって訳のわからない文章になっているにもかかわらず、それを読解して的確にコメントしてくださる方がいて、そこではじめてひとつのポストが完成だと思っています。そんな勝手に甘えっぱなしのブログですが、これからもどうぞよろしくお願いします!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【nonshiさん:が好きなブログ、気になるブログ】
困りました、5つを選ぶのはとてもとても難しいです。

一日一膳
zo.chikaさんのあの作られるもののイメージはどこからくるのかと、毎回感心してはうなってばかりです。
そんな素晴らしくおいしそうなものばかりではなく、旅の写真も大好きです。あの風景を切り取る感性、こちらもいつもうならせていただいています。

スウェーデンからの生活便り
kanaさんの言葉で綴られるスウェーデン、感じたことを言葉にされるのがとてもうまくてどんどん身近なものに思えてきます。そしてもちろん、どんどん行きたくなっています。

MY LEFT EYE
とにかくigossouLAさんの撮られる写真が好きで、次にLAへ行くことがあったら何もかもその写真のイメージで見えてしまいそうです。特に電柱の写真、とても心惹かれてしまいます。不思議なんですけど。

うろうろ、ごそごそ。
お料理はもちろん、陶芸やお花や一人旅、ものすごくたくさんのことをされているのに、
どれも肩に力が入っていなくて自然に楽しんでいらっしゃって、充実という言葉はクロエさんのために。見習いたいこともたくさんあって、まずは私の包丁を研ぐ回数が増えています。

シンガポール☆スリング
チェコからシンガポールへ転勤されたkabarinさんの、その好奇心と行動力でマイナスなこともプラスに変えてしまう愉快なお話満載です。いつも本気で笑わせていただいています。



【nonshiさんのライフログ】

ブエナ☆ビスタ☆ソシアル☆クラブ
/ バップ

キューバのミュージシャンのドキュメンタリー映画です。彼らにとって音楽(と葉巻)は人生そのもので、そんな人や土地に根ざした音楽は、この映画で初めてそれを知った私にも熱く響いてきました。響きすぎて涙がでるくらい。


Six Feet Under: Complete Fifth Season (5pc) (Ws)
/

アメリカのテレビドラマ、LAの葬儀屋の家族のお話です。途中ストーリーがやりきれないほど重い展開で最後までとても見られないとも思ったのですが、最後の最後の1シーン、あの希望があってよかった。5シーズン、つまり5年分なので、もうまるで自分も家族になったかのような感情移入をしてしまう始末。思い出しただけでも泣きそうです。

nonshiさんの「本日の、のんし。」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-09-05 14:50