今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

「昆虫ブログ むし探検広場」のaakawabeさん登場!

c0039735_14551795.jpg男の子の夏休みといえば、クワガタやカブトムシ採りが楽しみの一つ!「小さいころ、よく採りに行った」なんていう少年時代を過ごした人は多いはず。そんな昆虫好きは要チェック。「この虫、なんていうの?」と思える珍しい虫がたくさん登場し、読者の質問に答えるユニークなスタイルのブログ。今回は、幼少の頃からの昆虫好きが高じて作った「昆虫ブログ むし探検広場」の運営者である園長こと、aakawabeさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
aakawabeさん:私の場合は、ブログ開設が情報発信のきっかけになったというよりは、もともと運営していたホームページをブログ化した、という順番です。
ホームページの中に投稿コーナーを設けていたのですが、コメント機能などブログの仕組みが投稿コーナーの運営にピッタリだったので移行しました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
aakawabeさん:身近な自然にもたくさんの昆虫たちが暮らしています。どちらかというと嫌われることが多い昆虫たちの魅力を伝えて、世の中に昆虫大好き&自然大好き人間をどんどん増やしたい!と思っています。
ブログのネタは、読者からの投稿によって成り立っており、私が昆虫についての質問に答えたり、投稿写真にツッコミを入れたり、というスタイルです。皆さんのおかげで「ネタ不足」という言葉とは無縁なのですが、逆に、夏場のハイシーズンには投稿が殺到し、うれしい悲鳴をあげています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
aakawabeさん:どんな人でも「昆虫好き」になる素質を持っているということに気づきました。ブログに来ていただくきっかけは、「気味悪い虫を見つけた」「子どもに虫の飼い方を教えたくて」「害虫対策に困って」などさまざまですが、あまり昆虫に興味のない人や、虫嫌いを自認する人もたくさんおられます。でも、そういう人たちも、ロムってるうちに、昆虫の世界に没入し、また「癒し」を感じたりしていただけるようです。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
aakawabeさん:やっぱり、双方向のコミュニケーションとその広がりだと思います。昆虫についての面白い体験や情報を読者どうしで共有していただく中で、私自身もたくさんの新しい情報をもらっています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
aakawabeさん:「ちょっと世間ズレした少年」でしょうか。どんな場所でも、虫を見つけたとたん、目をキラキラ輝かせる純真さがある反面、その1秒後にはおもむろにデジカメを取り出し、ブログで受けそうなシーンを狙い撮りする計算高さをあわせ持っています。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
aakawabeさん:これは、もう、たくさんおられて絞りきれません。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
aakawabeさん:一番好きなことはもちろん「むし探検」で、二番目に好きなことは「へなちょこ動物をつくり出す」ことです。何のこっちゃ?と思われた方は、私が運営するもうひとつのブログ「へなちょこ動物園のへなちょこSTUDIO」にぜひお越しください。

エキサイトブログ編集部:夢は?
aakawabeさん:ブログで食べていけるようになって、毎日、昆虫観察したりイラストを描いたりして暮らすことです。
そのためにもエキサイトブログさんにアフィリエイトを解禁していただきたいので、どうか規約変更のご検討、よろしくお願いいたします。(世間ズレした少年より)

エキサイトブログ編集部:見たことのない虫や幼虫、卵でもよくご存知ですが、これほど昆虫に詳しくなられたのは? また、昆虫の魅力などは?
aakawabeさん:緑の少ない大阪市内で生まれ育ちましたので、子どもの頃は、昆虫と触れあうには恵まれた環境ではありませんでしたが、それだけにさまざまな昆虫たちへのアコガレがつのっていました。高校生の頃から昆虫写真を撮り始め、その後、蝶の世界に没頭、やがて興味の範囲が昆虫全体にひろがって現在に至っています。
専門家でもないし、もともとはそんなに詳しくなかったのですが、読者からいただく質問に、図鑑や専門書を一所懸命調べて答えるうちに、いつのまにかモノ知りになってしまいました。
昆虫の魅力は、想像を絶する多様性、デザインの妙、行動の面白さ、生き残り戦略のすばらしさ‥ と数えあげればキリがありません。
人間が創ったものではないので、メディアに載せる際に、著作権や肖像権の心配がない、というのも隠れた魅力です。(世間ズレしてるなぁ‥)

エキサイトブログ編集部:夏の虫でこれは珍しいといえるもの、また読者に評判だったポスト(昆虫)や自分で気に入っているポスト(昆虫)は?
aakawabeさん:特に珍しいというわけではありませんが、夏のオススメは「タマムシ」「ハンミョウ」「オオセンチコガネ」など光リモノ系の甲虫たちです。ギラギラした太陽の下で、これら光り輝く昆虫たちが元気に活動しているのを見ると嬉しくなってしまいます。
最近、人気があったのは、キアゲハが蛹になるシーンの連続写真をアニメにして送っていただいた「キアゲハちゃんが大急ぎで服を脱いでるよぉ~」。
自分の作品としては、「紀伊半島半周ツアー報告」の上から4枚目、ムラサキシャチホコのトリックアートをぜひ見ていただきたいです。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
aakawabeさん:今一番欲しいのは、とても長~~い休暇で、もし休暇がとれたら、石垣島か奄美大島あたりで思いきりのんびり過ごし、そしてそのまま帰るのがイヤになって島に居ついてしまいたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?(その理由も)
aakawabeさん:世界各地で起こっている異常気象が気になります。あと100年後ぐらいには地球はどうなってるんだろうか、とか。マ、やがて人類が滅んでも、昆虫たちはしたたかに生き残るんでしょうけど。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
aakawabeさん:夏の真っ盛りには、昆虫たちもちょっとくたびれ気味ですけど、これから、バッタ、カマキリ、トンボなど、秋の昆虫たちのシーズンを迎えます。当ブログをお楽しみいただくとともに、ぜひ野山や公園で「むし探検」にチャレンジしてみてください。みなさんからの楽しいご投稿、お待ちしています!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【aakawabeさん:が好きなブログ、気になるブログ】

スミマセン。本業と、むし探検と、2つのブログ運営に忙しくて、なかなかほかの方のブログをチェックする時間がありません。ちょっと気になっているブログの表題のみ順不同でご紹介します。

昆虫料理を楽しむ
もしかしたら、昆虫たちとのつきあい方としては、「写真を撮る」よりも
「食べてしまう」のが正しいような‥。

奄美大島☆撮影日記
こういうブログを見ていると、今の自分の生活に大きな?が
付いてしまいます。
 
ランゲルハンス島の海
アカデミックなのに驚きでいっぱい。
海洋生物のことをやりはじめたら、人生100年やそこらでは
足りないんだろうな‥。

くらげねこの雑記帳
何気ないけど、すごい瞬間がいっぱい。
センスと運を両方お持ちなんですね。

どうぶつのおうち
登場する生き物たちが、ぜんぶカッコイイ。
技術と愛情を両方お持ちなんですね。



【aakawabeさんのライフログ】

デジタルカメラで撮る海野和男昆虫写真 -wild insects-
海野 和男 / ソフトバンククリエイティブ

イキイキとした昆虫たちの姿に感動!デジカメで撮る昆虫写真のノウハウもたくさん紹介されています。


磯あそびハイパーガイドブック―海とあそぶ、自然がわかる、地球に生きる
荒俣 宏 さとう 俊 / 小学館

昆虫観察に負けず劣らず面白い磯あそびの世界のガイド本です。


aakawabeさんが運営する「昆虫ブログ むし探検広場」を読んでみましょう。ただし、虫が苦手という女性は昆虫や幼虫のドアップ画像にドキリとするのでご用心…。
[PR]
by blog_editor | 2006-08-20 22:46