今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

「梅蔵猫日記」の梅蔵母さん登場!

c0039735_1304085.jpg妹分にやられっぱなしの顔も、怖くないシャーシャー顔も、キリリ顔もなんだかぷぷっと笑える表情豊かな雷蔵兄ちゃん。一方、猫パンチ&猫キック炸裂で、みごとなおてんばぷりを見せてくれる妹分の小梅ちゃんと小鈴ちゃん。そんなバトル風景をはじめ、おもちゃにつられて跳んだり跳ねたり、それぞれ夢中で遊ぶ姿も躍動感がいっぱいです。おもしろおかしく見せてくれる、まんが風なセリフもユニーク! 
かと思えば、ほんとはとっても仲がよさそうにより添う姿や、気持ちよさそうに眠る寝顔、どこかくすくすっと笑える寝姿まで、どれをとっても猫好きにはたまらない写真がいっぱい。

「こんな猫たちと暮らしていたら、毎日の疲れも癒されそう!」「猫は見ていてほんとにあきないな~」「かわいくて大好き!」と読者にも注目を集めています。
今回は、おもしろくて、あたたかい気持ち包んでくれる癒し系の猫ブログ、「梅蔵猫日記」の梅蔵母さんに登場していただきました。

c0039735_18345492.jpgエキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
梅蔵母さん:こちらこそお世話になっております。このたびはこのような機会をいただきありがとうございます。
このブログは5年前の2月に始めました。当初は雷蔵と小梅の2頭だけだったのですが、ふたりともまだ1歳になる前の若猫で日々面白いことをやらかしてくれていたため、何か形になるものに残しておきたかったのと同時に、元親の保護主さんに彼らの成長を見てもらえたらいいなあ、という気持ちもありました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
梅蔵母さん:ごく普通の猫たちとの日常を写真とともにつづっています。
現在、わが家は夫婦ふたりと3頭の猫で暮らしています。今年6歳になるマイペースで表情豊かな雷蔵(♂)に、雷蔵とは4か月違いの妹分、ツンデレの三毛猫・小梅(♀)、今年2歳になるもうひとりの妹分で、愛嬌 はあるけど、間の悪い末っ子の小鈴(♀)。3頭それぞれ、まるで違う個性や性格に振り回されたり、それを楽しんだり。わが家では恒例となっている3頭の猫バトルから、ほのぼの可笑しい豊かな表情や気の抜ける無防備な寝顔など……その雰囲気や空気感をそのままブログでお届けできれば いいなあと考えています。

エキサイトブログ編集部:ブログをはじめてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
梅蔵母さん:何といっても猫友達がたくさんできたことです。多くの猫の飼い主は猫と一緒に外出することはないので、普通に生活していても同じ猫飼いの人と出会う機会はほとんどありません。それがブログを通じて親しくなり、猫の話で盛り上がったり情報交換をしたり。実際にお目にかかり、おうちも行き来したりして今では普通のお友達としてお付き合いさせていただいてる方もいます。猫の病気のことなどもそれぞれ経験されたことを教えていただけるのでとても心強いです。
また、ときどき「保護猫時代だった保護主さんのブログからずっと見ています」とコメントをいただくことがあり、それはすごくうれしいですね。そんな小さい頃から見守っていただいてるなんて、うちの猫たちは幸せ者だと思います。

c0039735_1211576.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
梅蔵母さん:基本的に私は家が好きなので、家の中がもっと快適になるようにとはいつも考えています。とはいえ、モノがどんどん増えて整理しきれずにいるというのが現状ですが。猫と人間が機能的に暮らせるような部屋作りというのは永遠のテーマかもしれません。

エキサイトブログ編集部:夢は?
梅蔵母さん:看板猫のいる小料理屋さん。もしくは、趣味で作っている石けんのお店を開くことかな。
でも、身近でというか、切実な夢としては、猫たちがずっとストレスなくのびのびと健康に過ごしてくれることです。

c0039735_2243566.jpg


エキサイトブログ編集部:長男の雷蔵ちゃんと妹分の小梅ちゃん、小鈴ちゃんが繰り広げる日常がとてもほほえましく、にっこり楽しませていただいていますが、猫を飼い始めたきっかけや猫と暮らす楽しさは? また、癒されることや猫の魅力は?
梅蔵母さん:雷蔵を見つけたのは里親サイトです。その数ヶ月前に先代猫を亡くしており、そろそろ毎日の生活に「猫が足りない」と思い始めた頃で、先代猫に驚くほど似ていたためすぐに応募して譲渡していただきました。
遊び相手にもう1頭というのは最初から考えていたのでまもなく小梅を迎えることに。小鈴はそれから遅れること4年、友人から「保護した子猫をもらって」と電話がかかってきたのがきっかけです。
どの子も最初に写真を見たときに「ビビッ」と来るものがあったので、きっとご縁だったのだと思います。ちなみに、3頭とも保護猫です。雷蔵は生後まもなく動物病院の前に置き去りにされ、小梅は車のエンジンルーム中から保護され、小鈴は壁の中に入り込んでいたのを助けられました。

猫の最大の魅力はやはり温かくて柔らかいことと、人に媚びずきちんとケモノであるところ。その対極のギャップかなあと思っています。もちろん、人間にすり寄ってくることはありますが、媚びているのではなく人間をうまく操作しているという感じがします。表情も豊かでそれぞれ個性的。ひと言でいうと「猫はクセになる」です(笑)。

c0039735_1836391.jpgエキサイトブログ編集部:雷蔵ちゃんのきりり顔ややられ顔、小梅ちゃんのおてんばっぷりをはじめ、3匹の真剣に遊ぶなど、ナイスショットが満載ですが、決定的な写真を撮るために工夫していることや、かわいく撮るためのコツも教えていただけますか?また、記事をアップする際にこだわっていることなどもあれば…。
梅蔵母さん:撮影にはデジタル一眼レフカメラを使っているのですが、5年経った今でもほとんどカメラのことはよくわかりません。本当に数パターンの設定だけ覚えていて、動きのある場面ではこれ、などというふうに使い分けています。ちなみに、動きのある写真を撮るときは、Tvモードでシャッター速度を1/200秒に設定しています。ただ、素人のひとつ覚えなのでそれが最善なのかはわかりません。

とくにコツというものもないのですが、愛猫の行動パターンを頭に入れておけば、「ここで跳ぶぞ」とか予測できて撮影しやすいかもしれません。そして、これは私なりの方法なのですが、ファインダーを覗きながらもう片方の目も開けています。フレームの外での猫の動きがわかって捉えやすくなるので。
動きのある場面ではなるべく顔にピントが合うように気をつけています。そのほうがブログでも使いやすいし、面白い表情が撮れることが多いです。
ふだんは目で追えなくても一瞬を切り取る写真だと「こんな表情していたんだ!」という新鮮な発見も多く、そこが楽しいところでもあると思います。とにかく枚数を取ってみることでしょうか。数打てば当たるということもありますし、あくまでも私の経験上ですが、いちどきに数十枚撮ったとすると後半に行くにつれ面白いものが撮れる確率が高いですね。

記事をアップするときはそのときの雰囲気をなるべく壊さないようにと考えています。連続した写真を使うことが多いのもそのためです。なるべく流れとか間とかも伝えたいと思っているので、あまり変化のない写真が並ぶこともあります。そういうとき、それらしいセリフを入れてマンガ風に読んでもらえると楽しんでいただけるかなと。と言いつつも、実際そういう作業は好きなので見てくださる方のためという以前に、私自身が楽しんでいるところはあります(笑)。

c0039735_1333374.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
梅蔵母さん:とくには考えていないのですが、読む人が不快にならないような内容に…というのは気をつけています。
それと更新時間はだいたい同じくらいにしたほうが見てもらいやすいかもしれません。最近私はできていないのですが…。あとは地道にでも続けることでしょうか。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
梅蔵母さん:ブログを始めて5年と申し上げましたが、昔の記事と見比べると雷蔵も小梅も年齢を重ねたなあと感じます。始めた頃は1歳前だったのに、もうすぐシニアの領域です。子猫だった小鈴ももう2歳になりますし。当然のことながら猫の時間は人間に比べて圧倒的に早いわけですから、「今このときの時間を大切にしていかないといけないな」というのはよく考えています。

癒される瞬間は猫たちが布団で私にくっついて寝ているときでしょうか。もっとも寝返りが打てなかったりとそのうち苦行の時間となりますが!

c0039735_125968.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
梅蔵母さん:●「応用と進化形
二足立ちでのバトルはかつて当ブログの代名詞でした。年齢を重ねたせいなのか最近ではなかなか見られなくなったのが残念。

●「駅員ごっこ
セリフを勝手に想像した妄想系記事なのですが、雷蔵の性格と写真とセリフがなかなかうまくリンクしているのではと(笑)。

c0039735_18372953.jpg●「助太刀
こちらも妄想系記事です。小梅がもっと小さくおてんばだった頃、小梅ならF1やガンダムに乗りたがるだろうなあと。こういう記事は作っていてとても楽しい!

●「VSスイカ
小さな身体で大きなスイカに向かっていく小梅の心意気!

●「雷蔵百面相
猫ってこんなに表情豊かなんですよね。

●「あたしは三毛猫レスキュー隊」
小梅の身体能力と真剣さとそれゆえの可笑しさみたいなのが詰まった記事です。

●「シャーの大安売り ~雷蔵の場合~
小鈴を迎えてみんなが全然馴染めなかったとき、相手かまわずシャーを連発する雷蔵。本猫はいたって真剣なのですが、結果笑いを取ることに。

●「お盆休みのお父さん
雷蔵は枕を使うのがとても上手です。上手すぎて猫としての何かを忘れ去ることもしばしば。

●「じょうずに飲めるよ
胃薬を飲む小鈴の様子です。人を疑わないというか、あまりにじょうずな飲みっぷりに驚いたり微笑ましかったり。

●「ボクの顔に…
けっして進んで兄役をしているわけではないのに、小鈴のいい遊び相手になっている雷蔵。表情豊かなやられ顔が見どころです。

c0039735_1432440.jpg


エキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
梅蔵母さん:新しいデジタル一眼レフカメラ。5年も酷使しているせいかあちこちに不具合が出てきてそろそろ壊れそうなので。でもたぶん本格的に壊れるまでは騙し騙し使うと思います。撮りたいときにシャッターがちゃんと下りてくれないという悔しい出来事もときどきあるのですが。

エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
梅蔵母さん:本当にごく普通の飼い猫たちとの生活をブログでご紹介しています。どこにでもある日常なのだけど、一部を切り取ってみるとクスッと笑えたりほわんとしたり。そんなささやかな笑いをご提供できたらなと思っております。そして猫と暮らすのって楽しいかも、と少しでも感じていただけたら幸いです。これからもどうぞよろしくお願いします。

c0039735_13132368.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【梅蔵母さんのお気に入り&好きなブログ】

サモエド クローカのお気楽日記」 
こちらで初めてサモエドという犬種を知り、虜になりました。クローカくんのモフモフッぷりと笑顔がたまらなく好きです。いつか犬を飼う機会に恵まれたらサモエドを!と密かに考えています。

しろいねこ vol.2」 
先代すえこさんからのファンです。とにかく可愛いみるこちゃんと、添えられた絶妙のセリフにいつも微笑ませていただいてます。

くるねこ大和」 
言わずと知れた超有名猫マンガブログ。ときにむくわれない溢れんばかりの猫愛、そしてマンガで表現されている独特の間と笑いが何ともツボです。

           *    *    *   *    *   *    *

【梅蔵母さんのお使いのカメラとレンズ】

■カメラ/EOS Kiss X2
■レンズ/単焦点レンズ EF50mm f/1.8 II

c0039735_18433781.jpg


梅蔵母さんの「梅蔵猫日記」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2014-04-15 22:56