今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

「北イタリア自然派生活」のYukakoさん登場!

c0039735_2215559.jpg自然がいっぱいの裏庭で採れた木の実や自家菜園で収穫した野菜で、心あたたまる家庭料理を作ったり、パンやスイーツを手作りしたり。とくにパスタやピザに欠かせないオリーブやトマトをたっぷり使ったイタリア料理はとっても美味しそう!
秋には家族総出で、広大なオリーブ畑でオリーブの収穫をしたり、キノコや栗を採るのも楽しみのひとつ。
そんな自然がいっぱいの北イタリアで、体にも心にもやさしいナチュラルライフを楽しんでいる様子はとてもほのぼの感が伝わってきます。
一歩外に出れば、四季折々の季節感が感じられる散歩も楽しそうです。

以前は「田舎の台所@イタリア」という美味しそうなブログ名で、古くからの読者ファンにも人気を呼んでいますが、この夏から、自然と親しむ生活が伝わるようなブログ名に変わり、新たな魅力がプラス。今回は、そんな四季折々のシンプルライフをつづった、「北イタリア自然派生活」のYukakoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
Yukakoさん:いつもお世話になっております。このたびはピックアップブロガーに選んでいただきまして、どうもありがとうございます。
ブログを書き始めたのは8年前で、はじめは他のブログサービスで子育てや料理のことを中心につづっていましたが、子どもたちが成長するにつれ、子育てではなく料理ブログとして書きたい気持ちが強くなり、エキサイトさんにお引越ししました。写真をたくさんアップしてもサクサク動いてくれるのが気に入っています。
ブログタイトルは「リグーリア食彩日記」として始め、その後「田舎の台所@イタリア」に変更。そして「こちらの記事」にも書いていますが、年月が経つにつれ、もっと今の生活スタイルに似合ったタイトルにしたいと思いはじめ、今年8月よりさらに改め「北イタリア自然派生活」とし、気持ちを新たに書き始めることにしました。

c0039735_1810527.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
Yukakoさん:ブログのタイトル通り、私は北イタリアに住んでいます。とくに私の住む西リグーリアというところは、タッジャスカという種類のオリーブの産地で、わが家の周辺もオリーブ畑ばかり。そんなこともありID名のolivolivoはイタリア語のオリーブの木“olivo”を連ねて名づけました。
ブログでは、そんなオリーブの収穫の話やオリーブを使った料理をはじめ、自然素材をふんだんに使った家庭料理、スイーツの話、家庭菜園、自然を楽しむ旅や散歩のことなどを写真とともにご紹介しています。
料理に関しては、健康的で体にやさしい料理を作ることをいつも心がけています。もともとリグーリアの料理はイタリアの他地域の料理に比べ、あっさりとした薄味の野菜料理が多いのが特徴。そんな旬の野菜をふんだんに使った郷土料理もたびたび登場します。
読者の皆さんには、イタリアの有名都市とはひと味違った北イタリアの田舎の風景や自然あふれる山の魅力を見ていただき、なにかを感じとっていただけたらうれしいです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?<
Yukakoさん:ブログを通じて世界中の方々とコミュニケーションがとれることです。
イタリアでの生活ももうすぐ13年目になり、年々“ウラシマ度”が加速している私ですが、日本に住まれている方からは最近の日本の情報を教えてもらえることが本当にありがたいです。また外国に住まれている方とコメント欄で会話することも楽しみのひとつです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
Yukakoさん:聞き上手。おしゃべり好きなイタリアのお年寄りに好かれます(笑)。

c0039735_2242578.jpg


エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
Yukakoさん:できることならコメントをくださるすべてのブロガーさんとお会いしてお話してみたいです。
イタリアの端っこの片田舎に住んでいるので、なかなかイタリア在住のブロガーさんともお会いする機会がないのですが、実際にお会いしたことがあるのは、「Piccoli Passi-イタリア子育て+α日記」のpolidoroさんや、「リビエラに生まれて」のsoreseさん。彼女たちとは共通の友人も交えて4家族で集まったりするときもあります。いつもパパ班、ママ班、子ども班に分かれ、激しいトークで盛り上がります(笑)。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
Yukakoさん:一昨年からキャンプ生活にハマりました。小さなテントでデビューしましたが、住み心地がイマイチだったため、今年は大きなテントを購入。回を重ねるごとに我がテントには便利なキャンプグッズが増えていき、キャンプ時のコツもつかめてきて、ますます楽しさが増してきました。次回はどこへ行こうかと今からワクワクしています。

c0039735_22141116.jpgエキサイトブログ編集部:夢は?
Yukakoさん:大きな夢は、料理に関連する本を出版してみたいです。いわゆる誰もが知っているコッテリ味のイタリアンではなく、ヘルシーな食材を使った体にやさしいイタリア家庭料理や、西リグーリアの町や小さな村々で食べ継がれている数々の伝統料理などをレシピ本にしてみたいです。

もうひとつ身近な夢は、数年前から売出中の2つの家(現在住んでいる家と小さな村にあるセカンドハウス)を売却し、引越しを実現させること。まずはそれらの家が売れてくれないことには理想の家計画も立てられず…。今は買い手が現れるのをひたすら待っています(苦笑)。

エキサイトブログ編集部:北イタリアの自然の中でのスローライフに魅了されますが、北イタリアで暮らすことになったきっかけや自然の中で暮ら す楽しさ、その土地ならではの魅力は?
Yukakoさん:昔、イタリア語を習っていたので、勉強がてらイタリア人との会話をインターネットのチャットで練習していたのですが、偶然にも職業と趣味が私と共通している夫と知り合い、会話がはずみ、次第に交際へと発展。そして結婚しました。
北イタリアに住み始めたきっかけは、その夫がたまたまリグーリア出身だったので、嫁いできたというわけです。
リグーリアは横に細長い州で、私は西側のフランスとの国境に近い小さな港町に住んでいます。青い海と山々に囲まれているためイタリアの他地域よりも気候が温暖な土地。オリーブ栽培の他には花や野菜の栽培でも名高く、春は2月の黄色いミモザの花を皮切りに様々な花が咲き乱れ、夏は海水浴にお祭り、秋はオリーブやぶどうの収穫、キノコ狩りや栗拾いと、楽しみが盛りだくさん。
また、ここは南仏まで足を運べば、ちょっとした海外旅行気分が味わえるのも魅力のひとつ。
北イタリアの小さな町や村の好きなところは治安が比較的良いこと。町にもよりますが。もちろん用心するに越したことはないですが、スリや置き引きはあまりいないので安心して外を歩けます。ただ、リゾート地ではあるものの交通が不便なため、観光でいらっしゃる方のほとんどは車で来られる欧州人。もっと日本の方にも来ていただけたらうれしいのですけど。

c0039735_2253032.jpg


エキサイトブログ編集部:お料理やパン&スイーツ作りも楽しんでいらっしゃいますが、料理やパン、ス イーツ作りの楽しさは? また、記事アップの際に心がけていることがあれば…。
Yukakoさん:自分たちの小さな畑でも野菜やハーブを育てていますが、我が家が食べている大半の野菜や果物は、畑仕事が趣味の義父母や知人の畑で採れた無農薬の作物です。いつも大量にいただくので、どうやって美味しい料理やお菓子へ変身させようかを考えながら作ることが楽しみでもあります。また、たくさんあるおかげで何度も試作できるというか、失敗できるともいいますが(笑)、そんなところもうれしいこと。
我が家は、夫は胃が弱く、私は乳製品がダメ、長女は野菜嫌いで、比較的なんでも食べてくれるのは次女のみ。家族全員が喜んで食べてくれる料理を作るのはひと苦労ですが、「今あるもので何ができるか」「どうやったら子どもたちにたくさん野菜を食べさせられるか」、を考えながら献立を考えています。
野菜以外の食材選びは家計の負担にならない程度にオーガニックのものを使っています。レシピ作りのコツは味付けをシンプルに。調味料は良質のオリーブオイルと塩だけあれば十分!という料理が多いです。食材本来の味を生かして作ることを心がけています。

c0039735_22221498.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
Yukakoさん:小学生の娘たちの宿題につき合うことです。ちなみに宿題は恐ろしいほどたくさんでます!一緒にイタリア語を勉強するつもりで1年生から見ていますが、学年が上がるにつれ難易度があがり、もう私の頭ではどうにも理解できないことが多々ありますが(汗)、私が付き添っているのと、いないのとでは子どもたちの学習の進み具合が違うので、どんなに忙しくてもつき合うようにしています。でも、本音はそろそろ自立して勉強してほしい!(笑)
癒される瞬間は、やはり子どもたちの寝顔を見ているとき。口が達者な女子ふたりのおかげで騒音がたえない我が家ですが、静かに寝ているときは最高にかわいいです(笑)。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
Yukakoさん:★かぼちゃの花の詰め物(2010年7月5日)リグーリアの夏の定番料理。朝、ズッキーニの花がたくさん咲いていたら、夕飯のおかずはこれに決まりです。

c0039735_22162746.jpgオリーブの収穫 2011(2011年11月3日)  
我が一族の年間の一大行事、オリーブの収穫模様の一部を写真でご紹介しています。
今年もオリーブの収穫が始まりましたが、こちらの「オリーブオイル」のカテゴリにもオリーブの話を紹介しています。

簡単ペスト・ジェノヴェーゼ(にんにく、チーズなし)(2012年7月5日) 
作っていただいた方にはとても評判がよかった一品。胃もたれしないペストです。

きのこ狩り(2012年10月17日)
学校で「きのこを採ってきなさい」という宿題が出てキノコ狩りに行きました。図鑑に出てきそうなキノコの写真のほか、リグーリアでのキノコ狩りのルールについても説明しています。

野菜のミリオット(2013年3月7日)
疲れた胃を癒すときに作る一品。リゾットの粟版です。

フレッシュトマトとバジリコのソース(2013年8月13日) 
真っ赤な完熟トマトで作るトマトソース。これほど美味しいトマトソースはありません!

山の家(2013年10月25日) 
夏休み最後の思い出に、今は廃墟となっている曾じいちゃんの家を見に行きました。無人の小さな村は果物の宝庫。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
Yukakoさん:カメラを買い換えてレンズもほしいです。現在使用しているカメラはまだ元気ですが、そろそろ年をとってきましたので(笑)。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
Yukakoさん:フィリピンで発生した巨大台風のこと。ここ数年、世界各地で自然災害が増え、また規模がどんどん大きくなっているように感じます。異常気象と地球温暖化がこれ以上進行しないように、皆で真剣に力をあわせてエコに取り組むべきではないかと思います。どんな小さなことでもやらないよりはマシです。私ももっとがんばります!

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
Yukakoさん:私のブログを読んでくださる皆さま、どうもありがとうございます。たくさんの方に訪問していただけると励みになります。コメント欄にて皆さまとコミュニケーションをとることも楽しみです。
これからも飾らず自然体でブログを更新していこうと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

c0039735_2265151.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【Yukakoさんのお気に入り&好きなブログ】

大好きなブログはまだまだたくさんあるのですが、5つだけ選ばせていただきました。

★「いいことあるよ@ドイツ」 
ドイツ在住の麻さんのブログ。3人のティーンエイジャーのお子さんを持つ子育ての先輩。ブログの語り口が好きです。状況がリアルに想像できてしまい、いつも楽しませてもらっています。

★「un_voyage♪♪
甘く香ばしいパンの香りがこちらまで漂ってきそうな、美味しそうなブログをつづられているun_voyageさん。パン屋さんを開業されたら絶対に食べたい!今度はどこへ旅をされるのかしら?と私もワクワクしながら毎回レポートを楽しみにしています。

★「ボローニャとシチリアのあいだで」 
イタリア、ボローニャ在住の双子ちゃんのママ、みかりんちゃんのブログ。かわいいキッズの成長ぶりを見守らせてもらっています。食の街ボローニャの食べ物屋さん情報も充実しているので観光で行かれる方は必見ですよ!

★「北欧・スウェーデンよりシンプルライフ」 
スウェーデンでシンプルな素敵な生活を送られているMakiさん。オーガニック好きで、むーみん君とうちの次女の年齢も同じと共通点も多く親近感がわいています。Makiさんの収納術は見習うこと多し。IKEA商品の上手な使い方もさすがです。

★「ひつじさんの便り 八ヶ岳を望む森から」 
のどかで美しい八ヶ岳の景色と日本の四季の移り変わりをレポートしてくださるひつじさん。ほのぼの心温まるご家族の話、畑の作物の育ち具合など楽しく読ませてもらっています。うさぎさんの木工作品も素敵なものがたくさん。




【Yukakoさんのライフログ】

音楽はジャンルを問わず好きですが、娘たちがピアノを習い始めてからは、特にクラシックを聞くことが多くなりました。

モーツァルト:ピアノソナタ第8番&第11番&第14番&15番

内田光子 / ユニバーサル ミュージック クラシック


世界のUchidaこと内田光子氏のモーツァルトのピアノソナタです。なかでもK545(15番)は長女が音楽院3年生の最後の試験で弾いた課題曲のひとつだったため、もう何百回聴いたことか…(笑)。モーツァルトのCDは、内田光子さんのピアノの弾き方、音色がとても好きです。

別れの曲~ショパン名曲集

アシュケナージ(ヴラディーミル) / ユニバーサルクラシック


いつか娘達にもショパンの曲が弾ける日がやってくるのかな?と待ち望んでいましたが、ついに長女が「子犬のワルツ」の練習を始めました。アシュケナージ氏みたいに弾けるようになるまで、たくさん修行を積んでほしいものです(笑)。
ショパンのCDは、耳障りのよい名曲が集められているので好きです。

Yukakoさんの「北イタリア自然派生活」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2013-11-13 14:59