今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

「*thank you*」のmawa-photoさん登場!

c0039735_15471620.jpgやわらかい光に包まれて、ふんわりとやさしい色合いが心を癒す桜をはじめ、淡いグラデーションがまるで絵画のように静かな時の流れを感じる美しい沼の写真など。どれをとっても、光の捉え方がとてもやさしげで、見る人の心にも穏やかで心地よい風を運んでくれます。
夢の中に迷い込んだようなファンタジックなムードや淡い色合いが独特な雰囲気を作っています。

そんな、散歩の途中で出会った季節の花々や身近な風景、幸せそうな人たちの風景などを、女性らしい繊細な感性でとらえた写真にうっとり。ファインダー越しに、すてきな風景に出会えたことに感謝の気持ちをこめて、ていねいに切り撮っているような印象が伝わってきます。
今週は、日々出会えた風景と見てくださる読者に「ありがとう」の思いを込めて写真を撮り続ける、「*thank you*」のmawa-photoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
mawa-photoさん:今回、お声がけいただいたことを、とても光栄に思っています。本当にありがとうございます。
ブログをはじめたきっかけは、ひと言で言えば、自分の写真を保存するアルバム代わりにはじめた、ということになると思います。
私は撮った写真を整理らしい整理もせず、パソコンや外付けハードディスクに入れっぱなし。だから、昔の写真を見返してみたいと思ったら、その都度、ファイルを開いて探さなければなりません。面倒な作業はなしで、お気に入りの写真をいつでも簡単に見る良い方法は何かないかしら…と思っている時にブログを利用することを思いついたんですよ。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
mawa-photoさん:改めてそう言われると、なんだかとっても照れくさいですね。こちらでお世話になって、もう2年半にもなりますが、未だに何のポリシーもなく、また目指すものもないままに、ただ楽しんで撮った写真を気ままにアップしているだけのブログですから…。
あえて言えば、お花や、近くの沼へ出かけてのんびり撮った写真専門のブログでしょうか。
千葉の田舎に住むおばさんが、難しいことは考えず、のんびりお気楽に撮った写真ばかりですから、ほんのちょっと写真を見ていただきて、ほんのちょっぴり心がやわらかくなっていただけたら、うれしいな…と。

当初は「自分のため」のブログだったものが、訪問してくださる方が増えるにつれ、いつしか、「みなさんが笑顔で見ていただける写真を撮りたい」「そんな写真がいっぱいのブログにしたい」…なんて、生意気なことを実は密かに思っていたりもするんですけどね(笑)。

c0039735_15475240.jpg

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
mawa-photoさん:自分のお気に入り写真を簡単に投稿できて、好きな時にその写真を見ることができる。ブログは最高に便利な写真保存サイトだと思っています。
数あるブログの中でもexciteさんはシンプルで、扱いやすく、また投稿する写真の画質をそれほど落とさずに表示できるのがいいですね。

ブログをはじめたのは2009年の9月からですが、それ以前の写真も自分の記録として投稿しました。これは見ていただくことを想定していなくて、あくまでも自分の記録としての写真です。その一つ一つが今の自分に繋がっていると思えるので大切に残しているんです。
一眼レフを購入したのは2005年の秋ですが、当初はあまり熱心には撮影していませんでした。あの頃、それ以前からやっていた陶芸とビーズで作るアクセサリーに夢中になっていましたし、二つのボランティアにも参加し忙しくしていたので、カメラは二の次だったんですね。
撮影に行っても、ほんの少し撮って終わってましたしね。想像以上に写真は下手だし、機械音痴でカメラも使いこなせない。そんな時、友だちから写真教室に行くことを勧められ、少しずつ撮る回数が増えたように思います。
そうして、増え続ける写真の整理に困り、ブログを開くことになったわけですが、「自分が見る、自分のためのブログ」だったのが、次第に見ていただけることに喜びを感じるようになり、「もっと上手になりたい」「そのためには、もっと勉強して、もっとたくさん撮りに行かなきゃ」…とすっかり本気モードに変わってしまいました。今では陶芸もビーズもやめちゃって、カメラオンリーです。

ブログをはじめていなければ、そして、何より訪問してくださる方がいなければ、飽き性な私のことですから、写真の魅力を知らないままで終わってしまっていたかもしれません。
それから、ブログを通じてお友だちがたくさんできたことは、想定外の喜びとなりました。
あと、これも意外な効果だったんですが、嫁いだ娘が毎日私のブログを見て、元気に過ごしていることを確認しているんですよ(笑)。
そんなこんなで、まだまだexciteさんでお世話になると思いますので、よろしくです。

c0039735_15481884.jpg


エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
mawa-photoさん:主人に「形容詞の人」って、言われています(笑)。
「きれいー!」「すてきー!」「かわいいー!」「おいしいー!」「ほしいー!」などなど、感情表現が形容詞ばかりなので(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
mawa-photoさん:娘夫婦が子猫を飼いはじめてから、拝見しているブログ『ネコ! いつかは干支に・・・』のnekogoemonさん。ブログに登場するノラちゃんたちのかわいいこと。
大の猫好きだから撮れる写真だと思いますが、でも、nekogoemonさんがどんなふうに猫に接し、写真に収めていらっしゃるのか、お会いするのは恥ずかしいので、こっそりwatchingしてみたいです(笑)。また、添えられているほんわかムードの文章がこれまた心地よくてツボです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
mawa-photoさん:はい、三度の飯よりカメラ!で、ございまする。

エキサイトブログ編集部:夢は?
mawa-photoさん:ボケずに、左うちわの老後(笑)。

c0039735_15484611.jpg


エキサイトブログ編集部:季節感を感じる花や風景など印象に残る写真が魅力的ですが、写真を撮り始めたきっかけや写真を撮る楽しみや魅力は? また、自分らしい写真を撮るこだわりや記事アップの際に心がけて、などがあれば…。
mawa-photoさん:婦人雑誌でやわらかな雰囲気のお花の写真を見た時、「私もこんな写真を撮ってみたい」と思ったのですが、そのことが写真をはじめるきっかけになったかもしれません。
あれから、写真をはじめてもう7年近くになります。といっても、はじめて2、3年は熱心ではありませんでしたが、今は暇を見つけてはカメラを持って出かけて行きます。
好きな被写体にカメラを向けている時、何もかもを忘れて無心になれるんですね。
誰も入り込めない私だけの世界。嫁でも妻でも母でもない、年齢も性別も関係がない。すべてのしがらみから開放され、素の私になれる瞬間を与えてくれる…。そんなカメラの魅力に今はとりこです。

ただ、スランプというか、何を撮っても楽しいと思えない時もあったんですよ。その時、なぜこんな思いになってしまうのか、よくよく考えたら、自分の撮った写真と人の写真を見比べては落ち込んでいたことに気がつきました。
そのことを反省し、それ以来人と比べることをやめ、「自分が撮りたいものを楽しんで撮る」「とにかく、楽しもう」と徹するようになってからは、気持ちも楽になり、カメラがますます好きになりました。もしかしたら、「楽しんで撮る」こと、それが私の「こだわり」かもしれませんね。

記事アップで心がけていることは、ブログに負の感情は出さない、ってことかな。楽しい気分で写真を見ていただきたいと思っていますので、添える文章にマイナスな感情表現は避けるようにしています。負の感情は他に主人とかにぶつけていますから、それで十分なので(笑)。

c0039735_15491552.jpgエキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
mawa-photoさん:大切にしている時間…、特に意識したことはないので、すぐには思いつかないのですが、「一日一生」そんな思いで暮らすことを心がけています。
あまり、質問の答えになっていませんが、一日一日を大切に暮らすってことでしょうか。
癒される瞬間…は、やっぱり家族や友だちとのおしゃべり。そして、美味しい食事かな。あっ、それと大きい声を出して笑っている時ですね(笑)。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
mawa-photoさん:●2009.04.08 [霧の舞台]
現在も、撮らずにはいられない今井の桜。この朝、一期一会と思えるほどの素晴らしい霧が出たのに、まだまだ未熟だったために、絞りも露出も構図もでたらめな写真になってしまい、今も残念でならない写真です。

●2009.11.08 [眠れぬ夜]
自宅近くのスーパーの明かりを背景に、綿毛を重ね撮り。構図や丸ボケの大きさにこだわり撮った、初めてのお気に入り写真。
もちろん完ぺきな写真ではありませんが、先輩にお褒めいただいた、今も好きな写真です。

●2009.12.07 [優しさに包まれて]
一番やさしげな色が出た印旛沼の朝でした。これまでにも美しいと感じる夜明けに幾度も出会いましたが、薄紅色のグラデーションが地平線いっぱいに広がったこの美しい朝が、今も脳裏から離れません。

●2010.10.29 [ゆるい時が流れる場所]
ふなばし三番瀬海浜公園は私の大好きな癒しの場です。
ここも昨年3月11日の東日本大震災で大きな被害を受け、長い間立ち入り禁止となっていましたが、今年4月20日から潮干狩りが再開される予定とのこと。写真に撮ったこののどかな風景にまた会えると思うと感慨ひとしおです。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
mawa-photoさん:「CANON EOS 5D Mark III」。現在の半値にまで下がったら買います。って、いつのことやら。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
mawa-photoさん:つたない写真ばかりのブログに訪問してくださるみなさま。ただただ、感謝の気持ちでいっぱいです。
みなさんが見てくださるおかげで、ものぐさな私に、撮影に出かける元気とパワーが生まれます。
これからも、みなさんに背中を押していただきながら頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_154937100.jpg





【mawa-photoさんのお気に入り&好きなブログ】

ご紹介したいお友だちブログがたくさんあり、5つに絞り込めなかったので、おつきあいはないけれど、最近、頻繁に拝見しているブログを挙げさせてもらいました。仲良しブロガーのみなさん、ごめんなさい。

[ FOTO CYCHEDELICO ]
foto_cychedelicoさんの瞳に写るものはすべて美しい写真になりうる…。そう思えるほど、どの作品もハイセンスで魅力的。プロでも撮れないと思えるような美しい写真が目白押しで、そのクオリティーの高さには驚きです。
尊敬と憧れのまなざしでいつも作品を拝見しています。


[ プラハExpression ]
チェコの写真家と言えばJiri Vsetecka。彼の写真集を一冊だけ持っていますが、sklife2007さんが撮る写真はまるで、Jiri Vseteckaの世界を覗いているようです。
ブログを拝見するようになって、チェコの首都プラハが今一番行ってみたい所になりました。

[ ネコ! いつかは干支に・・・ ]
ノラちゃんの写真なら、このブログ以外には考えられません。

[ Nature Photo Mind ]
絶品のネイチャーフォトがいっぱい。風景写真を撮っていらっしゃる方ならもちろんのこと、そうでない方も一見の価値ありです。

[ K's Photo Note ]
どこにでもあるような何気ない風景や野の花の写真ブログ。でも、ksphotoさんがそれを写真にするとやさしさに溢れた素晴らしい作品になります。
年明けから更新されていませんが、折に触れ、過去の作品を拝見しては楽しませていただいています。また、素敵な作品が投稿される日を楽しみにしています。




【mawa-photoさんのライフログ】

読書が大好き。それが主人との共通の趣味だったほどですが、今は書店に行くと、真っ直ぐにカメラ雑誌のコーナーへ。それに、時間があればカメラを持って外へ飛び出してしまいますから、随分本を読まなくなりました。ただ、電車を利用して出かける時は必ず単行本を持参しています。
最近は向田邦子さんのエッセイが多いです。
どれも昔々買った本ですが、今も古さを感じない向田さんの文章が大好きで引っ張り出してきますよ。品のあるユーモアと、お人柄が大好きな向田さんのやさしさがそこここににじみ、読み進めるほどに、口角が上がって行きます。今現在も存命であれば、どれだけの名作が生まれたことでしょう。残念でなりません。

向田邦子全対談 (文春文庫 (277‐7))

向田 邦子 / 文藝春秋


今は、この「向田邦子全対談」を読んでいます。向田邦子さんのトークマジックに遭うと、口の重いお方ですら、ご自分を赤裸々に語ってしまうようで、とても興味深く読めますよ。

父の詫び状 (文春文庫 む 1-1)

向田 邦子 / 文藝春秋


向田邦子さんの本のを読んだことがない方には、この一冊もおすすめ。彼女の名声を不動のものにしたこの随筆。夜ベットの中で読んだら、ほっこりした気持ちで眠りにつけますよ。




【mawa-photoさんがお使いのカメラ&レンズ】

●カメラ/EOS 5D Mark II(メイン)、EOS 7D
●レンズ/花撮りに、CANON EF70-200mm F2.8L IS USM とSP AF180mmF/3.5 Di LD[IF] MACRO1:1
広い花畑用に、CANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
風景撮りに、CANON EF24-105mm F4L IS USM、CANON EF16-35mm F2.8L II USM、CANON EF70-200mm F2.8L IS USM

mawa-photoさんの「*thank you*」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2012-04-18 15:49