今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

震災特別編/「まんまるボス外伝」のbulltatsさん登場!

c0039735_1675813.jpgまんまるお目目とぺろっと出した舌、ひょうきんな表情がとっても愛らしい、フレンチブルドックのボスちゃん。見ているだけで、こちらまでにんまりしてしまい、心がほっこり癒されます。
そんなボスちゃんのかわいい写真や四季を伝える盛岡の風景などとともに、穏やかな日々をつづった「まんまるボス外伝」のbulltatsさん。
昨年3月11日の東日本大震災では、ご実家が被災され、一度にたくさんのかけがえのないものを失ってしまいました。
津波で最愛のご両親を失った遺族の思いは、計り知れないほどの悲しみや無念さがあると思いますが、そんな辛い思いを抱えながらも、明日に向かって一歩ずつ歩んでいる前向きな姿が、bulltatsさんの写真や文章から伝わってきます。
その写真を通して、「平穏無事に、毎日過ごせることがどんなにありがたいことか」、「改めて命あることに感謝したい…」と感じる読者が多いのではないでしょうか。

震災から1年を迎えた3月は、震災特別編として、被災地支援に力をそそいでらっしゃるブロガーのインタビューをご紹介しましたが、3月最終更新の今回は、そんな「まんまるボス外伝」のbulltatsさんにご登場いただき、ブログのご紹介とともに、震災でご家族を失った遺族の立場から、3・11の「あの日」のこと、そして、震災から一年の間のさまざまな思いや、一年を迎えた今の気持ちについて、とても正直に語っていただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。さっそくですが、ブログをはじめたきっかけは?
bulltatsさん:はじめまして!こちらこそ!今回はピックアップブロガーに選んでいただきありがとうございます。
私がブログをはじめたきっかけは、私の妻が先に我が家のフレンチブルドッグ「ボス」の日常をつづるブログをやりはじめたんですが、そっちとは違うボスの表情やエピソードを私なりの表現で載せてもっともっとボスのことを知って欲しかったからでした。

c0039735_16101915.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
bulltatsさん:おもにフレンチブルドッグ「ボス」の表情や私の興味あること、今現在住んでいる岩手県盛岡市の街の様子など自分で撮った写真を載せているブログです。私自身はただの写真好きなサラリーマンなんですが、自分が撮った写真を見ていただいて、ボスはもとよりフレンチブルドッグを「かわいい」と思ってもらったり、僭越ですが、それをきっかけに犬そのものを好きになっていただけたらうれしいと思ってます。それと写真に映る盛岡の街並みとかご覧いただき、盛岡をはじめ、岩手県に興味を持っていただけたら幸いですね。

岩手といえば、昨年2011年3月11日に東日本大震災津波により言葉につくせないほどの被害があったんですが、私の実家も被災しており、ここ一年はブログでもそのことについての記事が中心となっております。震災のことは後ほど詳しく話しますが、被災後の自分の胸の内などブログ記事につづっておりました。

エキサイトブログ編集部:3.11の東日本大震災ではご実家が被災され、ご両親が命を落とされましたことを読ませていただきました。ご両親のご冥福をお祈りいたします。震災が起こった「あの日」、bulltatsさんご家族に起こったこと、「あの日」を境に変わったことをお話しいただけますか?
bulltatsさん:ありがとうございます。あの日私は、会議出席のため宮城県仙台市へ出張しておりました。ホテルの会議室で地震に遭い、私自身も避難所でひと晩過ごしました。
妻とボスは、盛岡市内の自宅で無事。近くに住む妻の両親、当時北海道にいた妹、盛岡にいる弟も無事でした。津波被害が甚大だった大槌町など沿岸部にいる叔父、叔母、従妹たちも無事でした。
実は、この時、大地震発生の14時46分から15時前の間に、北海道にいる妹が実家に電話をしたら母に繋がったそうなんです。「大丈夫か?」との妹の問いに「大丈夫じゃない!早く逃げないと!」と母はそう言い残して電話が切れたんだそうです。
その後どうなったのか…本当のことは誰もわかりません。
岩手県大槌町にある実家建物は、津波により完全に流出し、跡形も無くなったことを知り、そしてその大槌町に住んでいた両親の安否の確認ができない日が続きました。
その間、多くの方々が私の両親の安否確認に動いてくれました。本当にありがたかったです。

あの日以来、被災地にいて命が助かった叔父、叔母、従妹や親友と連絡を取り合うことが増えましたし、そして行動を共にして盛岡から被災地に何度も足を運んだ弟、それを支えてくれた妻、疲れを癒してくれたボス…大切な人たちとの絆というか、つながりのようなものが今までに増して太く強くなった気がします。
しかし、両親はきっとどこかで生きていると信じていたのですが、無情にも時は過ぎていきました。
そして…、被災後行方不明だった父の遺体を4月8日に確認、DNA鑑定等により8月31日に母の遺骨を特定しました。死亡日はともに平成23年3月11日…。私は、津波により一度に父と母を亡くしてしまいました。

c0039735_16982.jpg


エキサイトブログ編集部:ご実家が津波で跡形もなくなったこと、最愛の家族を失った悲しみは言葉ではいい表せないと思いますが、その知らせを受けたときの心境や当時の思いはどのようなものでしたでしょうか?
bulltatsさん:仙台の避難所にいた時は、情報が少なかったものですから岩手にいる家族のことが心配で、「盛岡はどうなってるんだろう?」、「大槌町にある実家は津波でどうなったんだろう?」と…。でも、仮に建物は被害にあってもみんな命は大丈夫!そう信じ、自分に言い聞かせていました。
翌日、仙台から岩手に戻ることができました。そして、数日両親が、死亡者として「見つからないこと」に安堵していましたが、それ以降は、避難者名簿に両親の名前がなく「見つからないこと」にあせり、不安を強く感じてきました。「見つけたい」のは何なのか、頭の中が複雑になりました。しかし、行方不明のまま時間がどんどん過ぎていくうちに、徐々に生存の可能性が少なくなってきたと感じる心の変化も有り、「せめて遺体だけでも見つけたい…」という気持ちになっていったのも正直なところです。
 
エキサイトブログ編集部:…そして、3・11の大震災から1年たったいまの思いは?
bulltatsさん:この一年、さまざまなことがありました。両親の生存への希望と絶望、そして遺体を見つけ出すこと。「なんとしても見つけ出したい!」その思いで自らを鼓舞していたような気がします。
9月におかげさまで葬儀を営むことができたんですが、それまでの半年間突っ走ってきた感があっただけに、あらためて悲しみとか喪失感におそわれたような気がしました。
こんな話をして申し訳ないのですが、その悲しみや喪失感によりぽっかり開いた心の穴は、埋まるどころか拡がる一方なんです。突然、一度に失ったたものが多すぎて実感する余裕がないというか…。両親が亡くなったこともなんですが、町が消失した、家も無いし、あの街角も無い、そんなことが重なり喪失感を大きくしているような気がします。時間が辛さを薄めてくれるはずなんですが…もう少し時間がかかりそうです。

先日の3月11日は、大槌町主催の合同慰霊祭に参列するのも目的のひとつだったんですが、墓参りと実家跡地にも行ってきました。あの日親父とおふくろがいたその場所に立ちたかった。助けられなかった無念さを謝るとともに安らかな眠りを祈りたかったんです。
自分たちが住んでた家だって家族の一員のようなもので、「ありがとう」を言いたかった。確実に私たちはここで生活していた。しかし、復興への過程の中でこの跡地は、かたちを変えていくでしょう。被災後実家は、こんなことになっていたってことを風化させないためにもあえて写真にも残そうと思いました。
そんなわけで、心の中に辛さは残ってますが、その一方で多くの方々に支えられた一年でもありました。また、支えあい励まし、元気づけあえる家族や仲間がいる自分は幸せ者だと感謝しております。

c0039735_1695526.jpg


エキサイトブログ編集部:bulltatsさんの震災関連の写真&文章からは、被災された方々、遺族の悲しみや無念さに胸がつまりますが、その一方で、命あることのありがたさ、前を向いて歩いていく強さを感じ、頭が下がる思いがしますが、写真を通して伝えたい思い、読者のみなさんに感じてもらいたいこと、訴えたいことなどをお話しくださいませ。
bulltatsさん:いえいえ、まったく強くないですよ!でも、生かされているものとして、少しずつでもいいから「前に進まなきゃならない…」そう思っています。
写真で伝えたいこと…。今回の震災に関することでしたら、津波による被災の悲惨さです。当たり前のように感じる生活は、自然の猛威の前にいとも簡単に崩れてしまうこともある、ということを伝えられたら…と思いました。だからこそ平時であることに感謝しなければならないんだと思います。
読者のみなさんには、今回の東日本大震災津波のことを「風化させない」という思いを感じていただけたら幸いです。 
被災地が復興に向かっていく上でも、風化させないことのひとつの応援になるのではないかと思いますし、自然災害によって家族を失うことが辛いということも風化させたくないと思っています。

c0039735_7365815.jpg

 
エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
bulltatsさん:今回の震災でなんですが、仙台の避難所にいて携帯電話が繋がらず、自分の安否を伝えることができなかったとき、とっさにブログに気づき、3月11日17時55分に記事投稿を使って無事を伝えることができました。あらためて感謝ですね。
震災に関する記事にもコメントをいただき、励ましてくださった方もいました。本当にありがたかったです。
自分にとってブログは、写真という作品を自由に発表する場でもありますし、ほかの方の写真を見させてもらう場でもあります。ブログのおかげで、写真を通じて生まれたさまざまな縁にも感謝していますね! 
それに、今回はピックアップブロガーに選んでいただいたことによって、より多くの方々に気持ちを伝えることができました。ありがとうございます。両親もきっと喜んでくれていると思います。 

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、夢中になっていることは?
bulltatsさん:やはりカメラ、写真ですね!そしてフレンチブルドッグ「ボス」とのふれあいでしょう。

エキサイトブログ編集部:夢は?
bulltatsさん:夢ですかー!? そうですねー、見る人に何か伝わる写真を撮る…そんな人になりたいです。そして、いろいろなところで広く多くの方々に自分の作品を見ていただけるようになれたらうれしい。うーん…まさに夢ですね!
 
c0039735_1683191.jpgエキサイトブログ編集部:愛犬ボスちゃんのかわいい心あたたまる写真、心に余韻を残す写真がどれも魅力的ですが、写真を撮り始めたきっかけや写真を撮る楽しみや魅力は?また、自分らしい写真を撮るこだわりや記事アップの際に心がけていることなどがあれば…。
bulltatsさん:ありがとうございます!自分の写真をそう言ってもらえるのがとても励みになります。
撮りはじめのきっかけというか、写真で自分に大きな影響を与えてくれたのが、超若かりし頃の母や叔母のポートレートなんです。実は、ある方からモデルを頼まれて撮ったらしいのですが、見せてもらったとき「これが、うちの母ちゃん?? おばちゃん??」と当時小学生の私が驚くくらい綺麗で素晴らしいものでした。とても衝撃を受けたのを覚えています。「オレも人に喜ばれるようなスゴイ写真を撮りたい!」その時感じた思いが今でも根底にあります。 

一眼レフカメラは自分にとっては高価で中々買えず、しばらくは比較的簡単に撮れる小型のフィルムカメラ等で楽しんでましたが、ボスとの生活がはじまってからやっとデジタル一眼レフカメラを購入したのでした。
基本的に好きなものや残したいものを撮るわけで、カメラを構えるときというのはそれらとじっくり向き合うことでもあるのかと思います。つまりそれは楽しい時間でもあり、自分自身が元気になれることでもあるのです。先ほどのポートレートも含め、津波で多くの写真も流されてしまいましたが、その分また新たな思い出を撮って残していきたいと思います。

こだわりといっても技術的なことは、語れないんですが、例えばボスの写真でしたら、とにかく目にインパクトが感じられるように撮ることでしょうか。ボスのいろいろな表情は目に表れますから。あと、震災写真のことも含めてなんですけど、メッセージ性を感じるような写真を目指して撮ってるつもりなんですが、これは自分にとって永遠のテーマのひとつでもあるわけで、これからも自分なりに表現力を高めていこうと思ってます。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
bulltatsさん:妻と一緒に夕食をいただく時間、ボスとの散歩や遊ぶ時間、仲間と酒を飲んで語らう時間、浴室でひとり湯船に浸かっている時間ですね。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中で思い入れの深い記事、ご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
bulltatsさん:●東日本大震災津波に関する記事ですと
・2011-05-08 17:56 「再始動
大震災から約2ヶ月後、その時の思い。それまでの経緯を記すとともに、少しづつでも前に進み、当時行方不明だった母をかならず見つけるといった決意を込めてつづりました。

・2011-10-23 22:15 「一致
行方不明の母と弟のDNA鑑定で親子関係に矛盾が無い旨の結果から葬儀まで、その時に感じた思いを載せたものです。励ましてくれたある曲の歌詞についてもふれています。

・2011-12-11 22:40 「9ヶ月目の11日
被災地へ向かうクルマの中での弟との会話。被災後、見つからない両親を必死でさがしていたときに弟が見たものはなんだったのか…。2009年のお盆に撮った父、愛犬ジョニー、弟の写真とともに記事にしました。

c0039735_655989.jpg


・2012-03-20 12:00 「2012年3月11日その4~残す、伝える~
あの日からちょうど一年。津波により流失した実家跡地を訪れたときのものです。被災前の風景も今は昔ですが、この状況もいずれ変わっていく、だからこそ「今」を残したかった…そんな思いも込めて写真を撮りました。

●ボスの記事はたくさんあるので最近のものから

・2011-11-05 14:22 「久々屋外
震災後初めてカメラを持ってボスとの散歩したときの様子です。いつもの散歩コースを撮って見ました。あたりまえのように見える日常にあらためて感謝した次第です。

・2011-11-06 20:21 「黄葉紅葉
ボスと散歩しながら盛岡の秋、紅葉を楽しみました。この時期は毎年岩手公園の紅葉写真にチャレンジしてます。街角スナップとともに盛岡の魅力が伝わるといいなぁと思うのでした。

●読者に評判だったポストは
・2011-05-08 20:46 「母の日
行方不明中の母に贈ったカーネーション。多くの方から涙したとのお話を頂きました。

c0039735_16105045.jpg


・2011-08-04 21:22 「ランドセル
津波で流された弟のランドセルが見つかったときのこと。見つけたいのはランドセルじゃなかったけれど、母が弟のランドセルを捨てられずに大事に保管していたのかなぁと、少しほのぼのとした気持ちになったのでした。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
bulltatsさん:今一番ほしいものは…語学力ですかねー。大震災のことも含め、多くの国の方々に伝えたい。また、万が一、外国で自然災害にあった場合、言葉がわかれば少しは安心ですし、対応力も増すと思います。…あと、正直、カメラとレンズも欲しいです!

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
bulltatsさん:福島原発事故に係る放射能関連のことです。ここで多くは語りませんが、本当に辛いニュースばかりで身につまされます。

c0039735_7351594.jpgエキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!震災を通して読者に伝えたいメッセージ、これからの復興への願いなどをお願いします。
bulltatsさん:いつもご覧いただきありがとうございます。震災後は、励ましのお言葉など大変ありがとうございました。
被災地は復興にはまだまだ程遠いのが現状です。被災者も笑顔は見せますが、内面それほど元気じゃない方も少なくないと思います。これからもどうか風化させない思いと温かい気持ちを被災地に向けていただきますようお願い申し上げます。
また、ご家族が行方不明のままの方がまだ多数おります。なんとか見つかることをともに祈ってます。決してあきらめないで!

復興へは、街づくりのみならず被災者、犠牲者家族の心の健康も不可欠だと思います。震災後2年目、自分がやるべきことを考え、また頑張っていきます!これからも応援よろしくお願いします!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。





【bulltatsさんのお気に入り&好きなブログ】

たくさんあるので、絞るのが難しいですね。ひとつは我が家の「ボス」のメインブログとし、ほかはエキサイトブロガーさんから選ばせていただきます。

●「フレブル MY little BOSS 
妻のブログであり、ボスのメインブログとなっております。ボスのかわいい表情なら妻の写真が一番ですね。

●「BULLDOG ☆ JESSICA 
ブルドッグのジェシカとカレンのブログ。いきいきとした写真と愛情あふれる記事に心温まります。作者のmegさんには被災後もとても励まし続けていただきました。写真が縁の心友です。

●「morioka暇人日記
使用するカメラとレンズの豊富さに脱帽!風景やグルメなどなど臨場感ある写真に目を惹かれます。酒好きの私としては、盛岡市内の飲食店に関する記事も毎回楽しみです。

●「ロジャー奈良の町を駆け巡る…。
ブルドッグのロジャーくんの写真を中心にお子様たちの写真や日常スナップなどが、見てて微笑ましく和みます。色使いや構図など画作りにセンスを感じさせてくれます。

●「盛岡心情3
初めて見たとき、写真の美しさ、雄大さに圧倒されました。どのように撮っているんだろう、いつもそう思ってしまいます。風景写真の素晴らしさ、魅力を教えてくれたブログです。




【bulltatsさんのライフログ】

Let's try again(DVD付)

チーム・アミューズ!! / 株式会社アミューズ



最近、あまり本や映画、音楽を楽しむ状況になかったのですが、サザンオールスターズ、桑田佳祐さんのファンなのでこのDVD付CDは買って見て聴きましたよ!「夢溢る 笑顔の人生を もう一度 取り戻せ」など、歌詞の一部が応援メッセージにも聞こえ、心に響きました。




【bulltatsさんがお使いのカメラ&レンズ】

●カメラ/主に使うのは
Canon EOS DIGITAL 50Dで
●レンズ/よく使うレンズは
Canon EF50mm F1.4 USM
Canon EF100mm F2.8L マクロIS USM

bulltatsさんの「まんまるボス外伝」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2012-03-29 08:16