今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

「魚と野菜と私と和ノ香」のshoさん登場!

c0039735_18292541.jpg鮮度のよさが光る刺身や香ばしさが伝わるような焼き魚をはじめ、食欲をそそる煮魚や吸い物、一品料理まで…。魚好きにはとっても美味しそうな魚料理をメインに、新鮮な旬の素材の持ち味を生かした和食の数々。オリジナルレシピはもちろん、美味しさが引き立つポイントや魚のさばき方、干物の作り方まで、ていねいに教えてくれます。素材や料理別に分けられたメニューを見るとまるでお店のメニューのよう。

きっとご自身は長年修業を積んだプロの板前?料理人?…と思いきや、本業は料理人ではないというから驚き。料理好きが高じて、「いつかは自分のお店を…」という夢に向けて、徹底して和食の美味しさを追求しています。
時々登場する、魚のイラストを盛り込んだ手描きの“魚字”もとっても味わい深いものがあります。
「いつも美味しそうな魚料理&レシピを参考にさせてもらっています!」という読者も大勢いらっしゃいます。

今週は、そんな夢に向けて料理を楽しむ、「魚と野菜と私と和ノ香」のshoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。さっそくですが、ブログをはじめたきっかけは?
shoさん:きっかけは、自分で作った料理のレシピを忘れないようにしたかったからです。同じ味が2回作れないっていう悩みからはじまりました。
はじめると決まったら、あれこれしたくなって現在に至ります。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
shoさん:本当は、自分自身のことや日記などもたくさん書くつもりでいたのですが、実際は9割以上が料理の記事です。日記に書くような面白いことが、身のまわりでまったく起こらないんですよ。
それに実は、自分は料理人ではないんです。もともと魚料理が好きで、趣味で作った料理やレシピを忘れないように、ブログに記事をアップしています。
偉そうにブログのコンセプトを語るとしたら、パラパラ漫画のようにコマ数の多い料理ブログですね。文章を読まなくても、写真だけを見て、肩の力を抜いて、ゆる~くゆる~く本格的な和食が作れるブログを目指しています。

読んでくださる皆さまの頭の中で、「本格和食イコール難しい」が、少しでも「本格和食イコール簡単」に近づけられるように頑張っています。欲しいのは、「誰でも簡単に本格和食が作れるようになるブログ」とかの代名詞ですね!
そしていつか、このブログがメニューになった店を持つために更新しています。

c0039735_18305292.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
shoさん:ベターな回答ですが、本来だったら知りあうことのなかったであろうブロガーの方々と、画面上ではありますがお話ができた経験ですかね!
そして、感想を言ってもらえたり、自分のレシピで「美味しい」と言っていただけることのうれしさを知りました!それを知ってからは、もうブログにハマる一方でしたね。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
shoさん:「継続は力なり」ということ…は本当だなと気づかされました。小さなことからコツコツやることで、見てくれている方は多いなって感じましたね。いろいろ気づかされます。
今、PR現代さんの『花saku』という雑誌で料理のコーナーをやらせていただいているのですが、記事を見ていただいた編集者の方から連絡を受け、連載をスタートいたしました。こうしたご縁があったのも、ブログをやっていた結果であり、何がどこにつながっているかわからないのも楽しみのひとつですね!

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
shoさん:好きなことなら、とことん凝る性格だと思っています。このブログもその象徴ですね。というか、いわゆる典型的なB型男です。まっ、血液型性格診断は信じていませんが。

c0039735_183159100.jpgエキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
shoさん:Mchappykunさんですね!遠く南カリフォルニアから、自分のことを応援してくれている方です。
この後の夢の部分でも書くのですが、将来自分の店を持った時に、ぜひ招待したいと考えています。
 
エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
shoさん:筆ペンで魚文字を書くことです。これも自己流です。もとから絵を描くのは好きだったのですが、習字は苦手で。文字を書こうと思うとうまく書けないので、絵を描くつもりで書いています。
造語なのですが、ありとあらゆる魚介を魚文字にするのが目標です。最終的には「個展を開けたらいいな…」なんて思っています(笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
shoさん:料理が好きな方は皆がそう思うことかもしれませんが、やはり自分の店を持つことです。もちろん、このブログを続けてこのブログの名前で出店したいですね!
旬の魚と野菜料理と美味しい焼酎を出すお店…。えっと~、カウンター10席ぐらいで、奥に座敷があって、手前にテーブルが1~2席ぐらいで…。そして、昼はそのスペースを使って、料理教室とかやってみたりも楽しそうですね!
…って、そこまでは聞いてないですか?
それと、レシピが本にもなったらいいな~とか、魚字で個展も…なんて。夢はいっぱいありますよ!

エキサイトブログ編集部:旬の魚や野菜など新鮮素材をふんだんに使った和食の数々がとても美味しそうですが、料理が好きになったきっかけや料理を作る楽しさや魅力は?また、自分らしい料理&レシピ作りのこだわり、記事アップの際に心がけていることなどがあれば…。
shoさん:料理が好きになったのは、大卒で初めて配属された海鮮レストランで、包丁を握ってからです。自分で料理をするようになったのは、就職してからでそれ以前は、ほぼしたことはありませんでした。何がきっかけで自分の中の、感覚が激変するかわからないものだな、と思っております。
でも、魚は小さい頃から好きで、小さい頃から「寿司屋さんになりたい」と言っていたようです。結局のところは、お魚を食べることが大好きだったことが大きいですね。料理が好きになったのも、いろいろな食材に興味を持ちはじめたのも、自分の店を持ちたいと思い始めたのも、全部、もとをたどれば、お魚を好きになったことがきっかけです。
やはり、美味しい魚料理を店で食べた時に、「自分でも作ってみたい」と思うようになったからだと思います。仕事で、包丁や魚を扱うことが増え、魚と包丁が、より身近に感じられるようになったからこそかもしれませんね。
料理は、見よう見まね・和食の書物で覚えました。あとは、独学です。

c0039735_21435183.jpg


レシピ作りのこだわりは、世界平和を目指していることです。人にも、地球にもやさしくて、お魚も喜ぶ料理…。皮も骨も内臓もできる限り、美味しく食べること、捨てるところを極力少なくすることで、地球環境にも良く、食材も喜ぶレシピを考えています。魚も野菜も、そして野菜を作った生産者も喜ぶと考えています。
そして、素材の味を引き立てることはいつも考えています。食材の香り、魚の個性を壊さないように気を遣いながら調理をしています。

ちなみに今も、本職で料理人としては歩んでいないので、料理は自宅のキッチンで行い、撮影は暗くした部屋に照明を付けて撮影しています。撮影風景は恥ずかしくてとても見せられませんね。三脚を抱きしめながら、デジカメを生臭くしながら撮影しています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
shoさん:やっぱり、大好きな魚とたわむれている時、料理してる時ですかね。
月に7~8回くらい休みがあるシフト制の仕事をしていますが、どんなに仕事が忙しく疲れていても、休みの日に朝早く船橋の魚市場に行くことは楽しみであり、癒しですね。

c0039735_21463879.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
shoさん:★自分自身で気に入っている記事
●2011年5月26日「自家製 干物の作り方 メヒカリの干物
干し網もなんとなく作ってみたり、楽しかった記憶があります。
自分好みの味つけができるのも自家製の楽しみ。メヒカリの干物もすごく美味しかったです。

●2010年8月8日「ごま豆腐の利休揚げ
葛とごまで作ったごま豆腐に、葛とごまの衣をまとわせて揚げた精進料理風なのですが、卵白使っちゃてるのでちょっとそれちゃってますね。 食感・味・香りともに、かなり美味しくできた一品です。

●2010年10月7日「カンパチの西京利休焼き
西京漬って難しそうなイメージがあると思うのですが、意外と簡単にできます。
この記事では、さらにごまの香りをプラスしました。
焦がさず焼くのはなかなか難しいですが、軽く焦がしたくらいの香ばしさもなかなかいいと思います!

●2011年7月3日「イサキの難波焼き
2種類のネギをのせて焼いた変わり焼き魚。脂が多い魚に向く調理法で、ネギの香りも食欲を増します。
魚焼きグリルで美味しくできます。これも簡単レシピ!

●2010年11月15日「イカの塩辛 黒造り
2種類のイカの美味しい所だけを贅沢に使った真っ黒い塩辛。
贅沢に使ったといっても、世界平和です!このレシピに使わなかった部位も美味しく食べてますからね!
個人的には、この塩辛の作り方が、一番美味しい塩辛の作り方だと思っています!

★読者に好評だった記事
●2011年1月6日「ダイダイの自家製ポン酢
意外と簡単に作れることを、知らない方も多いと思います。そういう「意外と簡単」もたくさん記事にしていきたいですね。

●2010年9月13日「究極の!サンマの塩焼き
実はこれ、自分が考えた創作ではありません。記事にも書いてあるのですが、テレビ見た料亭のメニューのを作ってみた感じです。手間はものすごくかかるのですが、信じられないくらい美味しい焼き魚です。

●2010年7月3日「あら汁」検索で来ていただくことが一番多い記事がこれです。失敗すると生臭くなってしまうあら汁の失敗しない作り方を掲載しています。今でも毎月「あら汁」が検索ワード1位になっています。

c0039735_21533856.jpg


エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
shoさん:いよいよ、お皿を作りたくなっています。正直まったくなんにも知識がないのでどうなるかはわかりませんが、結局、和食はお皿と盛りつけで決まる!と思っています!
そんな意味で、かゆいところに手が届くお皿をいっぱい作りたいです。そしたら次は、自分で獲った魚で、自分で育てた野菜と、自分が作ったお皿に素敵な和食を作りたいです。
はいっ、時間をください!

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
shoさん:やはり電気代の値上げ…でしょうか?
急に現実味をおびてはきますが、個人的にも会社的にも大問題ですよね。
でも、世界平和のほうが大事なので、値上げしてもがんばります。…って意味わからないですよね。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
shoさん: いつもありがとうございます!
細々と、長くサヨリのように頑張っていきますので、飽きずに見に来てくださいね。
サヨリのようにとは書きましたが、サヨリは細くきれいな魚ですが、お腹の中は真っ黒なお魚で、腹黒い人のことをサヨリと言ったりするみたいです(笑)。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_21475270.jpg





【shoさんのお気に入り&好きなブログ】

自分の知らない世界を簡単に知ることができるのが、ブログの楽しいところですよね!
今回は4つ選ばせていただきました。

●「やせっぽちソプラノのキッチン
いつも見ていただいているMchappykunさんのブログ。南カリフォルニアから発信されるきれいな料理。自分の知らない食材や、現地の風景そして…魚料理。見ているだけでやさしい気持ちになれます!

●「三文釣師が釣行譚
自分の見たことも触ったこともない食材を記事にしているduoneemuさんの「食」の放浪記 は必見!
本当は釣りも教えていただきたいところです。
duoさんのライブ、見に行きたいな~。

●「もーりーの簡単クッキング シーズン2
自分がブログをはじめて、最初にコメントをしたもーりーさんのブログです!
右も左もわからずおどおどしていたところを助けていただいた記憶があります。
北海道の新鮮な食材を、簡単で美味しそうな料理に作り上げるブログ。画面からも美味しそうな匂いがしてきそうです!

●「裏 Creator's Diary
自分がこよなく愛する洋服ブランド「エンジンレーベル」のデザイナーEnamiさんのブログです。唯一無二を貫く精神に陶酔!もう一生Enamiさんがデザインしたデニムしか履かないと心に決めています。
自分の写真で履いているデニムもEnamiさんの作品。




【shoさんのライフログ】

下町ロケット

池井戸 潤 / 小学館



これまたベターなのですが、池井戸潤さんの「下町ロケット」です。
やはり夢は叶えないといけませんね!ひとりではできなくても、熱意が伝わればすべてがひとつになれる。なんだか、とても羨ましいと思いながら読んでいました。
自分も頑張らなきゃって気持にさせられました!

暗黒童話 (集英社文庫)

乙一 / 集英社


下町ロケットとは、まったくの対極のホラーやミステリー作品も好きなので、乙一さんの「暗黒童話」が好きです。
これはほんと…びっくりするくらいのホラーです。
しかし、最後まで飽きさせず一気読みをしてしまいました。きっとこの方にしか書けない作品です。

shoさんの「魚と野菜と私と和ノ香」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2012-03-04 10:59