今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

「KISEKAE」のkabaさん登場!

c0039735_1530614.jpgファッション雑誌から抜け出したような、おしゃれなファッションコーディネイト。モデルは少女マンガの主人公のような、美男美女お人形たち…。時にはガーリー&キュートにキメていたり、時にはロマンチックだったり、シックで大人っぽかったり。ドキッとするほどカッコよかったり…。
センスのよさが光る独特の世界に、うっとりしている読者も多いはず。

そんな人形たちの洋服やコサージュなどをハンドメイドし、スタイリングから撮影までを楽しんでらっしゃるのは…。その名も、「KISEKAE」というブログのkabaさん。
本業はオリジナルbagのハンドメイド作家であり、bag制作のブログも運営しています。

今週は、ていねいな手仕事を通して、好きな趣味を徹底して楽しんでらっしゃる、「KISEKAE」のkabaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
kabさん:こちらこそお世話になってます。
せっかくいろいろな機能があるのに、あまり使いこなせてなくてすみません。
もともとオリジナルbagのデザイン、制作をしており、その作品や制作過程をHPで紹介してました。でも、一人で更新出来るのは日記のみでしたが…(笑)。
その後、「スーパードルフィー」(創作造形(C)ボークス・造形村)というお人形に興味を持ち始め、その洋服をハンドメイドするようになった頃、友人から「ブログというものがあるよ!」と教えてもらいました。
更新がとても簡単で、写真も大きく紹介できるので、「これなら私にもできる!」と思い、人形のほうのブログ「KISEKAE」をスタート。bagのほうはHPに…と分けていましたが、次第にbagのHPの更新もままならなくなり、今では、人形とbag、ふたつのブログを運営しています。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
kabaさん:オリジナルbagのデザイン、制作日記を「KABA-BAG」というブログでつづっています。
もうひとつのブログ「KISEKAE」(今回メインでご紹介していただくブログ)は、私が趣味で楽しんでいます人形服の制作日記です。
服だけでなく、ウィッグやコサージュなども制作したり、ファッションコーディネートを楽しんでます。
作成したものを少しでも綺麗に見ていただけるよう、モデルの人形たちにポーズをつけ、服に似合うウィッグに変えたり、カメラに視線が向くようにしたりして撮影し、ご紹介しています。
できるだけ自然なポーズを心がけて、いかに「お人形らしくなく」素敵に見せるかを楽しんでいます。

どちらも年に数回のイベントや作品展で発表、販売してますので、仕様の説明や当日伝えきれなかったことをフォローするためのブログ、と思っていたのですが…。結局完成しなかったものや、実験的なことの方が多いので、「今こんなの作っています!」という発表の場、といったほうがいいですね。

オリジナルbagもほぼ自己流ですし、服飾縫製の知識もほとんどないんです。
でも、どちらも理想の完成形はしっかり頭の中でイメージできているので、それを実現するために「どう作ったらいいか?」「どんな素材ならイメージどおりにできるのか?」と試行錯誤することが好きなんです。
その結果、完成品ではなく、トライ&エラーの作りかけの画像が多くなってしまうんですけどね…(笑)。
人形は、「目が怖い…」という方もいらっしゃるかと思い、bagと人形を分けたのですが、結局どちらも見て下さる方が増えてきたのも、そのへんの制作過程を面白がって下さってるってことかなぁ?と思っています。

c0039735_15334262.jpgエキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
kabaさん:反応をすぐにいただけるのはもちろん、自分でも作ったものを客観視できます。画像にしてみて「あ!しまった!」とか「案外イケるじゃん?」など、気がつくことが多いです。
作り方を忘れて、「たしか一昨年の春あたりに作ったはず…」とブログから探ったり、作品記録としても大いに活用しています。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
kabaさん:更新が簡単な点ですね。
見てくださってる方がいるのがわかるので続けられます。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
kabaさん:好奇心旺盛。「百聞は一見に如かず」…で、人が丁寧に教えてくれようとしても、自分で試してみないと気がすまないタイプです。
自意識過剰で「私ならうまく出来る!」と激しく思いこんでいます。
でも興味の無いことにはまったく動けません(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
kabaさん:特にはいらっしゃいません…。
すでに親しい方のブログが多いのと、あまりたくさんのブログを拝見していないという理由で…。
すみません、ブログをあまり活用してないってことでしょうか?

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
kabaさん:思いついたことを試してみること。
それを思った通りに作れる材料、手法を見つけること。

エキサイトブログ編集部:夢は?
kabaさん:お人形服のファッションショー。モデルの人形が歩いてくれる訳ではないので(笑)、具体的なことは何ひとつイメージできないのですが。
着せ替えたり、写真を撮ったりして遊ぶ以外の方法で、人形や人形服を見せられないかなぁ~と、夢見ています。

c0039735_124465.jpg


エキサイトブログ編集部:少女マンガから抜け出したような美男美女の人形たちの服をハンドメイドされていらっしゃいますが、人形服作りのきっかけや楽しみは? また、自分らしい作品作りや記事アップの際のこだわりなどがあれば…。
kabaさん:ブログでモデルとして登場してるほとんどが「スーパードルフィー」という、60cmほどの樹脂製の球体関節人形です。
着せ替えだけでなく、ウィッグやアイの交換、メイクのリペイント、さらには削ったりパテを盛ったり、さまざまにカスタムできます。ブログに登場する人形だけで10体、さらに頭部だけ(取り替えが容易にできます)を5つか6つほど持っています。
これだけ人形にハマっていると、「子供のころからお人形が大好きで~」な答えを期待されがちですが、実はまったくしてなくて。「ごっこ」遊びが苦手だったのと、リカちゃん人形などに魅力を感じなかったことが理由でしょうか?

もともと何かを作ることは大好きで、小学1、2年生のころにはもう、刺繍やフェルトマスコット作りなどの手芸に凝っていました。「手先が器用だね」と言われるのが、一番嬉しかったですね。
大学で工業デザインを学び、卒業後はプロダクトデザイン職に就いてましたので、もの作りに携わっていたわけですが、それとは別になにか自分で手を動かして作りたくて…。
それがたまたまbagだったんです。退職を機に、革用のミシンを購入してオリジナルbag作りをはじめました。

c0039735_15493841.jpg

人形との出会いはbagのサイトを始めた数年後。当初は服ではなく、人形サイズのbagを作っていました。
単純に人間サイズのbagではなく、「人形サイズを作ってみよう」、ってことで…。友人の帽子デザイナー、靴職人を誘って、3人でそれぞれのアイテムの人形サイズを作ってイベントに出展するようになり、すっかり人形の面白さにハマっていきました。イベントに参加する際のユニット名「HSB」は「H=hat」「S=shoes」「B=bag」の略なんですけどね(笑)。次第に、所有する人形もどんどん増え、自分でも遊ぶには「まず服がなきゃ!」…となり、服を作り出したわけです。幸い裁縫道具のほとんどが、兼用できますしね(笑)。

でも、単純に人間サイズを縮小して作ればいいかと思いきや、そのままではまったく魅力的に見えないんです。足したり引いたり、人形ならではの部分も多いので、1からパターンを起こしています。
ファスナーやボタンも小さいものでないとダメですし、布も面積が小さくなるわけですから、その辺を考えて厚みや質感を慎重に選ばないと、うまく自然な感じが出ないのです。

メイクは上手な方にお願いしていますが、メイクアップ、カスタム、デザイン、スタイリング、撮影など、さまざまな楽しみ方があるので、「人形という素材を使ってセンスを表現できる」ということが、最大の魅力だと思ってます。
人形が可愛いのは当たり前ですから、ブログには極力主観を入れないようにしてるつもりですが、実際は「うほぉ~~カッコイイー!」「フフフやっぱ可愛い~、似合うわぁ!」と、ちょっとおかしいくらいに騒いでいますね(笑)。

c0039735_1540965.jpgエキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
kabaさん:就寝前の読書時間。
イベント出展や作品展の帰り、あまりに疲れて奮発してしまったグリーン席に座ってる時。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中で、ご自身が気に入っている作品や気に入っている記事といえば? また、読者に評判だった記事は?
kabaさん:★2007年05月14日 「よし!分かった!
この着物は私が作成したものでなく、お願いして作っていただいたものです。
着物なんてめったに着ませんし、男のもならなおさらで、着付けに苦労しました。
ちょっと動きを持たせて風が吹いてくる方向が分かるように撮りました。

★2008年02月07日 「やっぱり面倒なのよ
カメラをコンパクトなものから一眼レフに変えた最初の画像です。
一眼レフは重いし、使い方も分からないし…で、やっぱりコンパクトのほうがよかったかな…と最初は思っていたのですが、この画像をやたらに褒められたことがきっかけで、以来一眼レフを使っています(笑)。

★2008年04月22日 「あっという間に
大きくて画面に納まりにくいし、ポーズもキープするのが難しいので、2体以上並べてはなかなかうまく撮れないことがあります。あまり凝ってしまうと肝心の服の仕様もわかりづらくなってしまいますし…。
その点、これは良い感じに撮れて、気持ちよかったことを覚えてます。

c0039735_15332537.jpg★2009年05月14日 「何から...
実はコレ、アルミホイル製なんです。
わかる人いないだろうなぁと思ってたのに、案外あっさり当てられてしまって。
「お人形好きな人は、何かとモノを作ることが好きなんだなぁ~」ということがよくわかりました。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
kabaさん:アジア、ヨーロッパ各国に材料買い出しの旅に行きます。
留守中、すべてのミシンをオーバーホールに出して。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
kabaさん:環境汚染問題。
革を使うので…、なめす際の廃液の処分、施設、費用が大きく、生産量も減っていそうです。
たしかに値段も上がってますし、欲しいと思う革が減っていることも感じます。
日本の優れた技術で、安全で使いやすい革が作り続けられることを願います。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
kabaさん:いつもご覧くださり、ありがとうございます。
コメントもうれしいです。さらに褒めていただけるとモチベーションもアップしますので、どうぞよろしく!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【kabaさんが好きなブログ、気になるブログ】

●「ovejita
毎年一緒に2人展を行なってます。
同じことをしていても、「そう来るかぁ~!!」といつも彼女から出て来る作品に吃驚感動してます。

●「+d
やはり人形遊びはしてなかったはずなんですが…。妹の人形服ブログです。

●「渡邊印 制作日記
センス良く、とても凝ったbagを作ってらっしゃいます。
いつも「今度合ったら落語の話しを聞こう!」と思いつつ、お互いの制作苦労話になっちゃって(笑)。

●「くるねこ大和
単行本になるのを待てずに、ついつい見てしまうブログです。

●「日記/石川雅之
私は「もやしもん」しか読んでないのですが、石川雅之さんという漫画家さんの日記です。
文章が漫画のようにリズミカルな点が好きです。




【kabaさんのライフログ】

ザ・ケルン・コンサート

キース・ジャレット / ユニバーサル ミュージック クラシック


名前もアルバム名も知っているのに、実は最近までちゃんと聞いたことがなくて…。
「1975年にこんなすごいことがあったんだ!」って、今では夢中になっています。

三文ゴシップ

椎名林檎 / EMIミュージックジャパン


まず耳で聞いて沸き上がるイメージを満喫。PVもまた美しく、あらためて歌詞だけを読んで、またウムムと唸り…。1粒で2度も3度も美味しいという、素晴らしいアーティストだと思います。

1Q84 BOOK 1

村上 春樹 / 新潮社


長いこと、この方の面白さがわからずにいましたが、『少年カフカ』がとても面白く読めて以来、また初期のころのものから読み直しています。
これも「文庫になるまで買うもんか!」と思っていたのですが、つい買ってしまいました(笑)。

もやしもん 8―TALES OF AGRICULTURE (イブニングKC)

石川 雅之 / 講談社


「農大で箘とウイルスと少しばかりの人間が右往左往する」漫画です。
お酢やお醤油が偉大に見えると同時に、お酒には申し訳なく思えてきます。私はまったく飲めないので…。

ダージリン急行 [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


セットや小道具が素晴らしく美しくオシャレです。
ラブリーなお揃いのスーツケースはルイ・ヴィトン、マーク・ジェイコブズデザインだそうです。公式HPはこちら。

kabaさんの「KISEKAE」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-09-09 19:09