今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

「帽子をかぶった猫のいる暮らしの話し。」のpetites_nouillesさん登場!

c0039735_1024831.jpg白いふわふわの毛に黒い帽子をかぶせたような模様と、きゃしゃな2本足でスッと立った姿がとってもかわいい猫のボネちゃん。椅子に足を投げ出してちょこんと座っていたり、一緒に手をつないで歩いたり…、コックさん姿でお料理していたり…。猫だけど猫ではないようなユニークなキャラクターで描かれたお茶目な姿に、「ボネちゃんのような猫がそばにいたらかわいいな~♪」「毎日が楽しそう」と愛読するファンが多いようです。

そんなボネちゃんとのパリでの暮らしを描いた漫画風のイラストは、とてもほのぼのしたあたたかさが伝わり、見ているだけでほっこり癒されます。ときにはパリらしい話題や生活事情も伝わって、新鮮な驚きもあったり…。
今週は、そんなボネちゃんの飼い主であり、フランス人のパートナーとの「2人+1匹」の日々を想像力豊かに描く、「帽子をかぶった猫のいる暮らしの話し。」のpetites_nouillesさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
petites_nouillesさん:こちらこそ、いつもお世話になっております。まだまだブログ歴が浅いのにも関わらず「今週のピックアップブロガー」に選んで頂き、大変嬉しく思っております。

ブログを始めたきっかけはですね、パートナーがペンタブレット(絵を描く為のマウス)をプレゼントしてくれたのがきっかけになったと思います。
イラストは好きでずっと描いていたのですが、社会人になってからはいつの間にか描かなくなっていました。
フランスに来て、自分の時間が再度持てる環境に恵まれたので、再びイラストを描き始めようと思ったのですが、こちらの画材の値段の高さに驚愕してしまいました。
そこで「パソコンで絵を描いてみたら?」とパートナーがアイデアを出してくれました。4、5年のブランクがあったので気張らず、リハビリのような感覚で軽いタッチのイラストで描き始めたのが「ボネ」のイラストです。
ただ、自分のためにイラストを描くのもいいのですが、目的がないとなかなか続かない上、モチベーションが保てません。そこでブログでイラストを外に向けて発信すれば、モチベーションが保てるのではないかと思いつきました。
絵を外に発表する責任はいい緊張感に繋がっています。要するに、私は怠け者なのです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください
petites_nouillesさん:飼い猫のボネを主人公に、パートナー、私を含めた1匹+2人のとんちんかんな毎日の記録です。ブログはシンプルなイラストと短めの文章で構成されています。
基本的な記事の内容は「猫のいる生活日記」ですが、時に著しく脱線もします。
例えば、実生活を日記帳に語る日もあれば完全に仮想世界へ迷い込む日もあります。

初期の頃からブログを見に来てくれている皆様はお気づきかと思いますが、初めに比べるとイラストがだいぶ変りました。「ボネ」というキャラクターがだいぶ形になってきたからかもしれません。
これからも同じリズムでブログを通してイラストを描き続け、精進したいです。

HNですが、質問が多かったのでこの場を借りて説明させて頂きます。
これはパートナーが作った造語なので所謂「正しい」フランス語ではありません。
要約すると「小バカ」です。ちなみに「大バカ(grosses nouilles)」はボネです。
タイトルの由来はそのままですが、飼い猫のボネは帽子をかぶったような柄が頭にあるので、そのまま付けました。「ボネ」はフランス語で「帽子」という意味です。
c0039735_14423964.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
petites_nouillesさん:デジタルのイラストの便利さでしょうか。
と言うのは、以前はイラストは断然手描き派でした。
なのでPCでイラストを描くことに始めは抵抗があったのですが、いざ描き始めてみると、意外と、と言うよりかなり便利なことに気がつきました。
ブログに乗せる際など、いちいちスキャンしなくていいのも楽ですね。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
petites_nouillesさん:真面目なふりしていいかげん。

c0039735_1043133.jpgエキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
petites_nouillesさん:コメントを交換している皆様と会ってみたいです。
ただ、皆様は私なんかよりきっと、本物のボネに興味があると思いますが(笑)

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
petites_nouillesさん:猫以外への興味は全て食へ向いています(笑)今はチーズケーキとマフィンにハマっています。
残念ながらどちらもパリにはあまり売っていません。
どうせならフランスパンとかマカロンにハマればよかったのですが。

エキサイトブログ編集部:夢は?
petites_nouillesさん:今のところは、イラストを描き続ける事でしょうか。
もっと具体的には絵本を作りたいです。もちろん主人公はボネで。

エキサイトブログ編集部:ボネちゃんのイラストがほのぼのしていますが、猫漫画を描くことになったきっかけは? また、猫のいる暮らしの楽しさ、記事アップの際に心がけていることは?
petites_nouillesさん:イラストの話は最初にもふれましたが、もともと漫画も漠然と“いつか描いてみたいな”、という思いは昔からあったと思います。美大生時代、漫画を描くアルバイトをさせて頂く機会があり、その仕事を通して手ごたえのようなものを感じました。また、学校の友達と描いた漫画(1ページ程度の本当に簡単な物)をたまに見せ合ったり・・・。そんなこんなで漫画を描く土台はこの時に培われたのだと思います。
その後はデザイナーとして社会人生活を送っていたのですが、忙しくて体を壊したり、家族の不幸があったりして、悩んだ末に退職。フランスに逃げてきました(笑)。

こちらにきて再び自分の時間が有り余るほど持てるようになって、「さて、何をしよう?」と考えた時に「イラスト」が浮かびました。
初めのモチーフとして、身近にいたボネを今とは違うタッチで描いていたのですが、なにせボネのキャラクターが強烈だったもので、「イラストだけでは表現できない、この強烈な個性をどうしたら表現できるか?」と悩んだ時に漫画と言うには大げさですが、「小話付きのイラスト」というアイデアに辿り着きました。
猫のイラストを描いたのもこの時が初めてですね。
こんなこと言ったらボネに怒られそうですが、基本的には人物を描くほうが好きです。
なので自然とボネも二足歩行です。

c0039735_1018587.jpg猫はもともと大好きで、日本でもフランスでも飼っていました。ただ、この「ボネ」は本当に私にとっては特別な存在です。
猫もいろいろなタイプがいると思います。元気をくれる猫、癒してくれる猫、笑わせてくれる猫、等々。
ボネの場合、なんと言うか、想像力をかき立てるパワーを持っているのです。(スピリチュアルな意味合いはないです) まさに、彼女は私にとって毛まみれのミューズです。
ですので記事のネタは、ボネと暮らしている中で自然とイメージが湧いたものがほとんどです。
パートナーもブログに協力的で、嬉々とながら率先してネタ作りをしくれます。
補足的に付いているフランス語は「自分たちのことなのに、何が書かれているか解らない」と寂しそうにした日本語が読めないパートナーのために付け始めました。

イラストでこだわっている点は、そうですね、全体の雰囲気でしょうか。
ラインひとつでイラストの雰囲気がガラッと変るので、ボネの世界観が表現できるよう気をつけています。
ボネのお腹のラインとか、一見シンプルですが、何度も納得できるまで描き直しています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
petites_nouillesさん:私は静かにイラストを描いている。横にはふわふわのボネが寝ていて、少し離れたところでパートナーがPCゲームをしている。
ヒーターが程よく効いて、手の届くところにチョコレートが…。
そんな夜が最高の贅沢です。

c0039735_14433290.jpgエキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
petites_nouillesさん:★私が気に入っている記事
ボネぐるみ工場」(2008/11/10)
ボネアイス」(2009/01/09)
この2つは個人的に気に入っている記事です。イメージ通りのイラストがすんなり描けたのと、私が思うボネのキャラクター(性格)がアイデアとうまくリンクしたという点もあげられます。

★読者に好評だった記事
バカンス1」(2008/08/26)
遅ればせながら、クレープ祭り。」(2009/02/19)
こちら2つの記事は読者の皆様にいろいろな意味で好評でした。
というのも、「え?フランスってそうなの?」という意外な一面をかいま見れる内容だったからかもしれません。
いずれにしても、どちらの記事も謎が解けないままなので、読者の皆様にはストレスフルな内容となっております。ご注意を。

衝撃のクリスマスディナー。」(2009/01/07)
これは現在まででアクセスが一番多かった日の記事です。
よりによってこの記事の日とは!とほほ。という思いは否めませんが、皆様が楽しんで頂ければそれで十分です。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
petites_nouillesさん:自信ですかね。。。フランス人に負けないように図々しく、図太くなりたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
petites_nouillesさん:中川財務相のG7記者会見。
パートナーが、これはすごい!と動画を私に見せてくれました。
本当にいろいろな意味での衝撃映像で、画面に釘付けになってしまいました。
フランス人にとっても「こんな日本人いるのね~」とちょっと新鮮な驚きだったかもしれません。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
petites_nouillesさん:いつもコメントをくださる皆様へ。
ブログ上では素直に「皆様、ありがとうございます」となかなか言えないもので、この場をお借りして再度お礼を申し上げます。皆さんのコメントが励みになり、イラストを描く原動力になっています。
いつも見に来てくれている皆様へ。
これからもボネと私達の、とんちんかんな毎日をあたたかくお見守り下さい。
初めてブログに訪問して下さる皆様へ。
皆様がそれぞれ楽しい気持ちになって頂けたら、これ幸いです。
空いた時間にぜひ「帽子をかぶった猫のいる暮らしの話し。」へ遊びに来て下さい!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【petites_nouillesさんが好きなブログ、気になるブログ】

好きなブログはリンクを貼らせて頂いている全てのブログです。
ですので選ぶのは難しいので自分勝手ですが、私と同じコンディションのブログを選んでみました。
1:家猫(雑種)ブログ 2:記事の殆どが猫 3:私と同じ女性ブロガーさん
以下五十音順です。

・「1きん3ねこ
日本語とイタリア語の、クールな口調で綴られている猫ブログです。
畳と襖の素敵なお家で繰り広げられる、きなこちゃんとあんこちゃんの毎日に郷愁をそそられます。

・「いつか、あの虹の下で
同じ「猫漫画ブログ」です。私は勝手に「お互い刺激をもらえる仲」と思っています。
私とは違うタッチのイラストと、独特のギャグセンスで笑わせてくれます。

・「ちわりくんのありふれた毎日
ちわりくんとわおんちゃん、二匹の猫ブログです。
大人しくてお利口なちわり君。とてもボネと同じ猫とは思えません。ボネにはぜひ見習ってほしいです。

・「nicolog
ニコちゃんの穏やかな毎日があたたかな視点で綴られている猫ブログです。
おてんばな女の子、ニコちゃん。ボネに似ているな、と思いながら読ませてもらっています。

ゆるりと猫的日々
ニヤちゃんとくまちゃん、これまた個性的な二匹の猫ブログです。
「ゆるり」と関西弁でさらっと語られる文章に、思わず笑わされています。



【petites_nouillesさんのライフログ】

猫にかまけて

町田 康 / 講談社


数ある猫本のなかで最も私が好きな本です。泣いて、笑って、大変です。

What’s Michael? (1) (講談社まんが文庫)

小林 まこと / 講談社


ちょっぴり大人な猫漫画。マイケル最高です。

チーズスイートホーム (1) (モーニングKCDX (1943))

こなみ かなた / 講談社


毒のない世界観が、疲れた時に癒してくれます。ピュアでいいです。

petites_nouillesさんの「帽子をかぶった猫のいる暮らしの話し。」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-02-25 18:48