今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ | ログイン

「パリときどきバブー  from Paris France 」のとのまりこさん登場!

c0039735_1027244.jpg多くの人が憧れるパリの美しい町並みや素敵な夜景の景色から、オシャレなカフェやレストランのおいしい味まで。思わず「行ってみたい!」「食べてみたい!」と感じるパリの魅力がいっぱい。
海外生活を癒してくれる愛犬バブーちゃんや元気なちびっこ達のかわいいショットも人気です。
時には、住んでみないとわからないフランス事情や苦い経験もつづり、本当の意味でのパリの素顔にふれられることでも注目。毎日のアクセス数はエキサイトブログのなかでも上位をしめています。今週は、パリに在住し、パリを仕事の拠点として活動する「パリときどきバブー  from Paris France 」のとのまりこさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
とのまりこさん:こちらこそ長い間お世話になっています!
フランスで生活しはじめてから、日本でひとり心配して寂しがっている母に、どうやったら無事を知らせられるかと考えたあげく始めたのがこのブログです。とにかく機械音痴な母。メールのやり取りはなんとかこうにか出来るようになったものの、複雑なことは全くもってNG。メールに写真を貼付するなんてもってのほかなのです。そんな母にもインターネットのボタンひとつ押せばページを開けるようにしておけば、なんとかパリでの生活をのぞいてもらえる。そんな思いからでした。
そしてもうひとつ。このブログの主役でもある我が飼い犬「バブー」。子供の時からず〜っとず〜っと飼いたかった犬。でも「ダメ」と言われ続け、犬のことで何度泣いたか分かりません。そんな私が母に秘密でパリで増やした家族がこの小犬の「バブー」。
バブーが我が家に来てからというもの、どうやって母にこのことを言おうか…。どうやったら怒られないですむか…。そんな作戦を考え抜いた結果、「写真で見せてしまうのがいちばん!一度このかわいいバブーを見たら文句は言えないはず!」ということになったのでした。ブログを始めたのが、バブーが私の家族になった数日後というのもそんなわけなのです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
とのまりこさん:ヨークシャーテリアのバブー、そしてバブーの友だちパリのちびっ子キッズ達、そしておいしいものなどを通してパリの日常生活を綴っています。毎日特別なことはないけれど、本当に本当の、パリの普通の日常風景から…。
どこの街並みを切り取っても美しいパリ、オレンジのあたたかい光のともるパリ、焼きたてバゲットにおいしいスイーツにワインにチーズ、髪の毛をキュッとまとめてペタンコバレエシューズでさっそうと歩くパリジェンヌ…。何年すごしても魅力的で美しいパリの風を少しでも感じて、毎日パリの生活をのぞいて楽しんでいただけたらなあ…と思っています。
そして時にはあっと驚くあきれ果てるフランスの姿も…。私たち日本人が想像する、雑誌の「パリ特集」の素敵なイメージとはかけ離れた「適当大王国フランス」の本当の姿です。サービス大国日本の常識を持ったままだと日々痛い目に!ずいぶん慣れてきたとはいえ、何年たっても泣かされることの多い文化も考え方も違うフランス人の中での生活。たまには愚痴ってストレス発散しながら?!
イメージ通りのフランスの風景も、ビックリで信じられないフランスの風景も、色々なパリの風味を味わって下さい!
ブログに登場する子供たち、「サル姉妹」「キャラメルボーイ君」「プチ天使ちゃんと弟天使くん」…etc。バブーと並んで大人気のキャラクター達は全て私の友人の子供達。私の子供だと思われる方も多いようなのですが、いえいえ、こんなに子供はいません(笑)!みんな私の小さなお友達たちなのです。天真爛漫でいたずらっ子で毎日どんどん成長して、カメラの前でとんでもないことをやってくれるこのちびっ子達、パリの街角や日本に一時帰国する時の飛行場で話しかけられたりするほど有名人になっているようです。
子供たちの自然な姿を撮ることが大好きなので、これからもどんどん、この人気キャラクター達はもちろん、新しいキャラクターも発掘してみなさんに楽しんでいただけたらと思っています。
c0039735_0334778.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
とのまりこさん:ブログに書くという行為がなかったら、スルスルっと通り過ぎてしまうような日常の中の小さな小さなことも、改めて文字にしたり、写真と一緒に物語にすることで、すごく大切な一瞬になるということ。そして書き留めることによって想い出自体がハッキリしたものに整理され、ただただ毎日がなんとなく過ぎて行くということが全くなくなったのがすごく大きな発見!1日24時間、いいことも、悪いことも、楽しいことも、悲しいことも、ひとつひとつのことがとても大切に思えるようになりました。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
とのまりこさん:私にとって、ブログのよさのひとつは、パソコンの中に書ける日記だということ!
日記や作文なんていちばん嫌い!苦手!新しくノートを買って、新たな決意で始めても、3日と続いたことのなかった私…。そんな私が続けられたひとつの大きな理由は、ブログ、パソコンに書く日記だったから。漢字を書くのが苦手な私でも困らず書ける。「漢字が簡単に出てくるから」なんて理由も情けないなんて思いつつも、これは私にとっては日記が続けられたかなり大きな理由になったような気がします。
そしてそうやって毎日コツコツ書き続けて来た日記。今では1日休むと「どうしたの?」「病気?」なんていう連絡をもらうので、半分以上強迫観念に追われながら更新していたり?!
でもそのお陰でその日1日を振り返る、大切な時間になっています。
遠くはなれた所で暮らす家族や友だちに見てもらえるのも本当にブログだからこそ。普段なかなか口では言えないようなことも素直にかけるので、メッセージツールにもなっているような気がします。ブログのお陰で久しぶりに再会してもお互いの生活は日本にいる時よりも把握していたり!まるでず〜っと会っていたみたい。タイムラグもなく、海外で生活しているさみしさもぐっと減っています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
とのまりこさん:3歩歩いて2歩下がる。
日々ダメダメでガックリ…。後退しながらも、なんとかちょっとずつちょっとずつ前に進むカメタイプの「前向き星人」。うたれ弱いタイプながらも、「泣いてても笑っていてもど〜うせ明日が来ちゃうなら、笑っていた方がいっか…。」と、なんとかゆっくり進みます。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
とのまりこさん:コメントのやり取りをしている方とはずいぶん色々な方とお会いしました。フランスのパリという場所柄、旅行にいらっしゃる方も大勢いらっしゃいます。パリにいらっしゃる時にお会いする方もいれば、私が日本に帰る時にお会いする方もあり。
どの方もみんな素敵な友だち。そしてその後も長いおつき合いになっています。
顔も知らない、何才かも知らない、本当の姿は全く分からないお相手。なんだかこれって「出会い系みたい?!」なんて、毎回ドキドキするのですが、不思議なことに、コメントやメールのやり取りをしているだけで、なんとなくどういう人かが分かるもの。イメージと違ったということは今までありませんでした。
ブログを通じてコメントやメールでやり取りをしている方とはみなさんと会ってみたいな〜と思っています。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
とのまりこさん:ブログにはまだ書いたことがないけれど、最近ひそかにはまっているのが陶芸。
友人に誘われ、フランス人の先生のアトリエに通って習っている陶芸です。仕事柄、何時から何時までが仕事、何曜日が休み、どこが仕事場という区切りが全くないので、完全に仕事から離れる瞬間が全くなく、いまいち気持ち的なけじめをつけるのが難しいのが悩みでした。そこで、思い切って週1回くらい自分だけの時間を持ってしまおう!と始めたのがこの陶芸です。アトリエに通って、この陶芸をする2時間半の間は世の中のいかなる通信手段とも離れた自分だけの時間。携帯の電源は切り、パソコンのない所で、途中メールをチェックすることもない場所。相手は土の塊のみ。
脳をフル回転させて考えごとをしているときも、いつの間にか土を相手に無心に集中していて、ものすごくいいリフレッシュになっています。日本の伝統文化のひとつでもある陶芸を、外国で、外国の方から学ぶというのもすごく刺激的でおもしろく、今はまっているもののひとつです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
とのまりこさん:夢はたくさんありすぎるので書けません!自分でも全部把握していない。やってみたいことも実現しようと思っていることもた〜くさん。時間が足りないかも…。
でもその中のひとつは次の質問の中で…。

c0039735_10421332.jpgエキサイトブログ編集部:かわいいバブーちゃんの写真をはじめ、パリの素顔やパリっ子たちの写真などが魅力的ですが、写真を撮る楽しみは? また、自分らしい写真を撮ろうと心がけていることなどがあれば…。?
とのまりこさん:写真は昔から大好き。中学・高校時代はフィルムカメラや「写るんです」の使い捨て、デジタルカメラなんてまだない時代でしたが、とにかく「カメラ小僧」と呼ばれるほど写真をたくさん撮っていました。学校などには行ったことはなく、ただただ好きで撮り続けているというのが今に至った道のりです。
撮っていたものは基本的に同じ。私が好きなのは「ハイチーズ!ではない人のナチュラルな姿」。静物よりも動いている、生きているものを撮るのが圧倒的に好きです。
いわゆる「舞台裏」とか「メイキング」とよばれるものが大好きで、この言葉を聞くだけで体の底からワクワクしてくるほど。
映画や舞台が出来るまでの舞台裏に潜入したり、誰かの本当の素顔にせまるために密着したり、撮影現場の撮影風景を撮影したり。私の昔からの夢のひとつはこういう撮影ばかりをするカメラマンになること!大好きなミュージカルのプログラムを担当したり(舞台の練習風景などを撮影したり)、誰かひとりを追い続けてドキュメンタリールポをしたり、幼稚園や小学校の専属カメラマンになって遠足や行事を通して子供たちの成長を撮り続けたり…そんなことをどんどんやってみたい!
結婚式のカメラマン、子供や家族の写真撮影、雑誌の取材などなど、すでにこの夢の一部は始まっているのかもしれませんがやればやるほどやっぱり好き。だからやっぱりどんどん実現していきたい!これが私の夢のひとつです。
基本的にこういう考えがあるため、ブログに登場する子供たちもとにかくナチュラルな姿を捉えようとカメラを向けているし、結婚式の写真を撮ったり家族の写真をお願いされる時もいかにナチュラルな姿に近づけるか!
ファインダーはのぞかずに撮ったり、おしゃべりをしているとみせかけて隠し撮りしたり(笑)、そしてもちろん私自身の対応とトークで、いかに相手をリラックスさせるかなんてことに色々な工夫をしながら楽しんでいます。
仕事としてもプライベートとしてもこれからもどんどん「ハイチーズ!じゃない姿」を撮り続けたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
とのまりこさん:もちろんパリでの私の大切な家族、バブーとの時間。大切だし本当に癒される。どんなに悲しくても、どんなに腹がたっていても、どんなに落ち込んで全てを放り出して家に閉じこもりたくても、ひとりご飯を食べたりひとりでお散歩に行けないバブーのお陰で、いつも変わらずしっぽを振って喜んでくれるバブーのお陰で、なんとか毎日がんばれているから!

c0039735_0384624.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
とのまりこさん:「ことりさん、どこ??」 2008.10.23
プチ天使ちゃんとバブーが夏休みのバカンス中。旅先で出会った小鳥の巣。小さな体をめいっぱいのばして、2人で小鳥さんをさがす姿がかわいらしくて、私も大好きな写真達です。

KIKIちゃんと、またおいしいもの〜」 2008.11.20
小学校からの高校までず〜っと同級生の幼なじみでもある女優のKIKIちゃん。パリでの偶然の再会をきっかけに、約束通りパリと日本で定期的に再会して、そして食いしん坊道楽を続けている私たち。ブログ読者の方にはKIKIちゃんファンも多く、みなさん彼女の登場を楽しみにしています。
この記事に登場するラデュレはホントおいしくてお気に入り。「やっぱり大好きラデュレのパンペルデュ」でも紹介しています。

フランスで暮らすということは…」 2008.12.7
進歩のないマシーン」 2008.12.5
数々のフランス生活の愚痴やビックリ呆れ果てること。私の定番シリーズ「フランス不思議発見」の中から…。日本人にとっては憧れの大人気のパリ。毎月どこかの雑誌で特集が組まれ、毎週のようにパリを取り上げる番組が流れています。ところが普段の普通のパリはそんな所からは想像もできないほどの世界!
打ちのめされる海外生活の毎日、私はブログに愚痴ることでストレスを発散しているのですが、「もっと過激に書いて欲しい!」と言われるほど楽しみにしている人が多いみたい…。書けるものならもっと過激に書きたいけれど…?!

演技派のボイコット」 2008.3.16
少ない男の子の登場人物の中でも人気なのが王子ヘアのキャラメルボーイ君。甘えん坊で泣き虫の彼も、成長とともにだんだん賢くなってきた?!
歩きたくないからパリの街のど真ん中でボイコット、ねっ転がってしまったキャラメル君の姿は、かわいさ満点。いまだに「あのキャラメル君がかわいい〜」という人があとをたちません。

フランスの幼稚園をのぞいてみよう!」 2007.11.28
サル姉妹、妹ちゃんの幼稚園に潜入。雑誌やテレビではなかなか見ることの出来ない、フランスの現地の生の生活リポートは大人気のトピックのひとつ。
普通はなかなか撮影させてもらえない、こんなところにいれてもらえるのも、「パリときどきバブー」に登場してくれるキッズ達のおかげです。

シリーズ。キャラメル君とプチ天使ちゃんの恋の物語編
お姉ちゃんよかったね! 最終話」 2008.7.14、「つないじゃった 第5話」 2008.7.13、「手をつなぎたいの… 第4話」 2008.7.12、「ぼうしが運んだふたりの恋の物語」 2008.7.12、「おやつ編 ふたりの恋の物語」 2008.7.11、「2人の恋の物語」 2008.7.11
初対面を果たしたプチ天使ちゃんとキャラメルボーイ君。男の子と女の子をちょっと意識し始める、恥ずかしがり屋ちゃんの2人が繰り広げた恋の物語。映画の中のワンシーンのような小さな恋の物語。ブログ読者の方達もドキドキしながら恋の行方を見守って下さったようです。

パレロワイヤルでランチタイム」 2008.10.5
食いしん坊の私に、食いしん坊のバブーに…。我が食いしん坊家族がお届けするブログの記事で多いのは、もちろんおいしいもの!フランスにはおいしいものがたくさん。そしてカフェもビストロもレストランも、おいしくて素敵な所ばかり。読者のみなさんが楽しみにしているもののひとつもそんなグルメ情報。おいしいものを一緒に目で楽しんで、そしてパリに遊びに来る時にはプリントアウトしてガイドブック代わりにしてくださるかたも多いようです!

c0039735_039667.jpgエキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
とのまりこさん:「ぶらり日本縦断の旅」!
日本にいる時は、欧米に憧れ外の世界へばかり目が向いていました。日本の伝統文化や日本の伝統芸能、日本の持つ美しさには興味もなかった私。ところが海外で生活してみると、「ないものねだり」というのは不思議なもの…。日本がいかに素晴らしいものをたくさん持っていて、日本人がいかに奥ゆかしい素敵な人柄を持っているかということを思い知るはめに。日本人であることを誇らしく思えるようになりました。
ところがそんな日本のことはほとんど知らない!というわけで、自分が生まれ育った日本という国をもっともっと知るために、日本全国を上から下までゆ〜っくり横断旅行をしてみたいのです。もちろん、各地のおいしいものをいただきながら!

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
とのまりこさん:いつも本当にありがとうございます!どんなに疲れていても、どんなに酔っ払っていても、3日坊主の私が(半分強迫観念にかられながら?!)毎日ブログを更新しているのも、読んで下さっている人がいるからこそ!
そして私の日々のつぶやきを読んで、一緒に楽しみ、一緒に怒り、一緒に悲しんでくださるみなさんからのコメントやメールの反応にどんなに力づけられているか…。
2歩さがりながらも3歩前に進めているのはそんな読者の方のお陰。これからもどうぞよろしくお願いします!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【とのまりこさんが好きなブログ、気になるブログ】

ネットの世界をあちこちお散歩する時間がなく、最近はなかなかブログをチェックしたり出来ないのですが…。コメントをやり取りしている方や友人のブログはちょこちょこチェックするようにしています。だから「これ!」と選ぶのはとっても難しいのですがその中からちょこっとだけピックアップして…。全部私の友人のブログです。

しあわせはパリの黒い犬
パリの大親友のブログ。やさしい心の持ち主の彼女の人柄がそのまま現れたような温かい気持ちになるブログ。そしてこちらは私のブログにもたびたび登場するバブーの唯一の天敵「フレじいさん」の飼い主さんのブログでもあります。フレじいさんも飼い主さんも年明けには日本帰国が決まっていて、私達は最後の思い出作りに励んでいます(悲しい…)。バブーもしょっちゅう登場するこちらのブログにはおいしいものもいっぱい。

Mi Piace PECO
「犬とフランスに行きたいのですが…。」とお問い合わせメールをいただいたのがきっかけでパリでお会いしてからの友人ご夫妻とその飼い犬たち。本場イタリアで修行したパスタをいただけるパスタ屋さんをやっているご夫妻。もちろんお店は犬OK。日本に帰るたびにバブーと遊びに行っています。そしてブログの題名にもあるトイプーの「PECOちゃん」はバブーのお嫁さん候補として、ひそかに狙っているお相手です。

BON VOYAGE
こちらもブログを通じて知り合った友人ご夫妻。去年の帰国時にはなんと、初対面でいきなりバブーとお泊まりホームステイをしに富士山の方まで行ってしまいました。でもブログやコメントやメールでのやり取りってやっぱりその方の人柄が現れるもの。意気投合してそれ以来仲良くしていただいています。フランスと日本、離れているけれどお仕事もなんとなく似ていて、写真の師匠の一人として私の目標でもあります!

スタイルログ
ものすご〜くたま〜に、年に数回、気が向いた時しか更新されないブログなのですが…。(ちなみに2008年は1回しか更新していません。ひどいっ(笑))
私の中高時代の同級生、大親友のブログ。ファッション関係のお仕事をしている彼女は、生き方もセンスも、同じ女性として、親友として、同い年ながら昔から追いかけても追いかけても追いつけないかっこよさを持っていて、私の憧れの存在でもあります。私自身も彼女の影響を受けている部分がたくさんあって、帰国したら真っ先に会う友人です。



【とのまりこさんのライフログ】

ライフログ、普段使っていないのですが小さい頃からず~っと大好きな本をいくつか紹介しようと思います。こどもの本ばかりなのですが、どうしても大人になってから読んだ本でこれ以上に印象に残っている大好きなものがなくて…。やっぱり小さいとき、純粋な心を持っていた時に触れたものに勝つものはないのかしら?!どれも本当に私が大好きな本をご紹介します。



まず最初2冊は大掃除をする時も絶対に捨てないで大切に大切に本棚に閉まってある本。大人になってもたまに読み返したり…。ブログに登場するキッズ達が大きくなったらプレゼントしたいなあ…。「チョコレート工場の秘密」も「モモ」も大人が読んでも大切なメッセージを受け取れる本。

チョコレート工場の秘密 (てのり文庫 (566C008))

ロアルド・ダール / 評論社


映画にもなったこのお話。絶対に見ることが出来ない人気のワンカ社のチョコレート工場見学の招待券を当てたチャーリーの冒険物語。

愛蔵版 モモ

ミヒャエル エンデ / 岩波書店


円形劇場の廃墟に住んでいるもじゃもじゃ頭のモモと、「灰色の男たち」時間泥棒のお話。

次の2冊はこどものための絵本。
小さい頃持っていた絵本の中でも強烈に印象に残っていて、今でも大好きで、やっぱりこれもいつまでも大切にしたい絵本です。

はじめてのおつかい (こどものとも傑作集 (56))

筒井 頼子 / 福音館書店


ママに牛乳を頼まれて、はじめてのおつかいに出かけるみいちゃんの物語。

きょうはなんのひ? (日本傑作絵本シリーズ)

瀬田 貞二 / 福音館書店


パパとママの結婚記念日のために、まみこが家中に手紙を隠してママにメッセージ探しをさせるお話。これの真似をして、何度家中に紙を隠してママに宝探しをしてもらったか…。

そして最後はもちろん私が出版した本。

カフェと雑貨が好きな人のためのパリを旅する本

とのまりこ / 翔泳社


2008年8月に出版された1冊まるごと私のお薦めが詰まった「パリの本」です。カフェもレストランも、雑貨もスイーツも、公園も蚤の市も…。いつも私が行く所、ブログに登場する場所からよりすぐって選んだパリのガイドブックです。
写真がいっぱい、コラムなども入っていて、パリになかなか行けない方にも読んでパリのお散歩気分を味わっていただけたらいいなあ…と思って書いていますのでぜひ読んでいただけたらうれしいです!

とのまりこさんの「パリときどきバブー  from Paris France 」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-12-24 23:58