小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

e0021965_21210203.jpg
 昨晩の小曽根真 featuring No Name Horsesといい、先日観た守屋純子オーケストラといい、日ごろは違う活動をしているリーダーが率いるオーケストラがこのところ素晴らしい成果をあげています。そう思うのはぼくだけかしら?

 既存のオーケストラに比べると発想が自由で冒険心に富んでいる。見方を変えれば、オーケストラだけの活動に依存していないから、たまに結成したときにはやりたいことがやれる。そんなことをぼくは感じています。

e0021965_21210294.jpg
 オーケストラを維持することが大変なご時世ですから、不定期の活動を積み重ねていくことで成果をあげるのは想像を絶する困難を伴うことでしょう。しかしこれらのオーケストラはそれをいとも楽しげに達成しています。

 日本のジャズ・オーケストラの水準は高い。昨日のNo Name Horsesを聴いて強く感じたのは、音楽の響きが美しくなっていること。当初は力強いサウンドに圧倒されたものですが、それに加えて昨日のライヴでは響きの美しさ、優雅さに大きな魅力を感じました。

 中盤でトランペットの奥村晶をフィーチャーしたカルテットで演奏された「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」の美しさ。メンバーの水準の高さがわかる1曲でした。


e0021965_21210288.jpg
【出演メンバー】
小曽根真(ピアノ)
エリック・ミヤシロ (トランペット、フリューゲルホーン)
木幡光邦(トランペット、フリューゲルホーン)
奥村晶 (トランペット、フリューゲルホーン)
岡崎好朗 (トランペット、フリューゲルホーン)
中川英二郎 (トロンボーン)
マイケル・ディーズ (トロンボーン)
山城純子 (バス・トロンボーン)
近藤和彦 (アルトサックス、ソプラノサックス、フルート)
池田篤(アルトサックス、フルート)
三木俊雄 (テナーサックス)
岡崎正典(テナーサックス、クラリネット)
岩持芳宏 (バスクラリネット、バリトンサックス)
中村健吾(ベース)
高橋信之介(ドラムス)
2015年2月26日 「南青山 ブルーノート東京」 ファースト・セット


by jazz_ogawa | 2015-02-27 21:23 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_09110528.jpg
 日曜日の22日に観て来ました。戦争映画にはあまり食指が動かないんですが、クリント・イーストウッドが監督という点に惹かれました。

 結果は予想に反してよかった。イラク戦争の話ですが、テーマは家族のあり方について。

e0021965_09111310.png
 イーストウッドはこのところずっとさまざまな形で家族のあり方を描いてきました。今回もその部分に感銘を受けました。

 日本では前作の『ジャージー・ボーイズ』から半年弱という短いインターバルで力作がふたつも公開される。老いてこの創造性は驚異としか言えません。こうなると次回作にも期待が大です。



by jazz_ogawa | 2015-02-25 09:13 | 映画&DVD | Trackback | Comments(2)


e0021965_10334860.jpg
 テーマは「タクト・レーベルの真髄を聴く」。

 1960年代後半、日本のジャズ・シーンにはアメリカ留学を終えた渡辺貞夫を中心に、オリジナリティを追求する若手が増えてきました。そうした意欲的なミュージシャンに次々とレコーディングの機会を与えていたのが弱小家電メーカーのタクトです。

e0021965_10334811.jpg
 渡辺貞夫を中心に、新人だった日野皓正に初リーダー・レコーディングのチャンスを与えるなど、次代を担う有能なミュージシャンを起用してのアルバム作りがやがて日本のジャズ・ブームに繋がっていきます。

 今回は60年代後半の日本におけるジャズ・シーンでもっとも重要な足跡を残したタクト・レーベルの作品を聴きつつ、その時代の動きを紹介したいと思います。

 ですが、現時点で予約がトホホな状態だそうです。集客力ゼロの男ですから、現実はこんなものでしょう。いまからでも間に合いますので、興味のある方は是非!


e0021965_10334910.jpg
2月28日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第26回:渡辺貞夫も日野皓正もみ~んな若かった~タクト・レーベルの真髄を聴く』
@渋谷百軒店(ひゃっけんだな)「PANAMA JOE's」 渋谷区道玄坂2-19-1(03-3461-9047)
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:コクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/252534/まで。


by jazz_ogawa | 2015-02-23 10:36 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(0)
e0021965_13374662.jpg
 年に一度の恒例になっている守屋純子オーケストラ。昨日はその定期公演に行ってきました。

 このコンサートには毎回テーマがあります。今回は「Big Band Plays Hard Bop!」。ホレス・シルヴァーのオリジナルから、「ブローイン・ザ・ブルース・アウェイ」「ムーン・レイズ」「セニョール・ブルース」「セント・ヴィタス・ダンス」(この曲のみトリオで演奏)、さらには守屋さんのオリジナルが数曲、そしてもうひとつのテーマともいうべき新作「徳川家康公ジャズ組曲」からの4曲で構成。

 ホレスの名曲をグルーヴの効いたオーケストラで聴く。これには格別の味わいがありました。彼のファンキーな持ち味をオーケストラのアンサンブルがどう表現するか。それを楽しみにしていたコンサートです。そして、昨日の演奏には期待を上回るものがありました。

 それ以上に感銘を受けたのが新作の組曲。全貌は今年予定されているレコーディキングで明らかになるでしょうが、4曲を聴く限りでは極めて大きな期待が持てそうです。

 この曲は、家康公とゆかりの深い岡崎市から委嘱されたものとのこと。今年が没後400年にあたり、その記念行事の一環のようです。

 ぼくはこの曲を聴きながら、その音楽と守屋さんの姿に秋吉敏子さんのイメージを重ねていました。彼女同様、日本的な情緒をジャズの中に盛り込む巧みな手腕。それだけに、これは作編曲家としての守屋さんの面目躍如たる大作になりそうです。

 オーケストラのメンバーがほぼ固定されているため(今年は去年とまったく同じ)、彼女のことをみんなが理解しているのも演奏を聴けば明らか。加えて、オーケストラには欠かせない人材が顔を揃えているところも魅力です。

 このメンバー。考えてみれば山下洋輔さんや小曽根真さんのオーケストラとかなりの人数がダブっています。しかし、当然のことですがそれぞれのオーケストラが表現するサウンドはまったく違う。そこにいまの日本におけるジャズ・オーケストラの充実の一端を見る思いがしています。3つのオーケストラ、いずれもリーダーがピアニストであることも興味深い点です。

 それだけ引く手あまたの実力者たちが顔を揃えているので、守屋さんによればブッキングが大変とのこと。「早めにメンバーのスケジュールを押さえないと」ということで、すでに来年のコンサートも2月26日開催と決定。

 オーケストラの運営が非常に難しい現況を思えばこれも嬉しいことです。レギュラー活動は難しいとしても、定期的なコンサート開催には大きな意義があります。そこにぼくは期待をかけています。

e0021965_13375033.jpg
「守屋純子オーケストラ BIg Band Plays Hardb Bop!」
【出演メンバー】
守屋純子(p、arr)
近藤和彦、緑川英徳、岡崎正典、アンディー・ウルフ、宮本大路(sax)
エリック・ミヤシロ、木幡光邦、奥村晶、岡崎好朗(tp)
片岡雄三、佐藤春樹、東條あづさ、山城純子(tb)
納浩一(b)
広瀬潤次(ds)
岡部洋一(perc)
2015年 2月 20日 「渋谷区文化総合センター大和田・さくらホール」


by jazz_ogawa | 2015-02-21 13:43 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_01543262.jpg
 地下1階のロビー奥にある「Backyard」という名のバーですが、まさかこんなところにこんなかっこいいバーがあるとは、といった隠れ家的なスペースです。

 そのバーで、昨日から始まったマーカス・ミラー公演にちなみ、月曜までDJイヴェントが開催されています。

e0021965_01543680.jpg
 その一番バッターとしてやらせていただいたのがクオシモードの松岡 'matzz' 高廣さんとわたくし。

e0021965_01543953.jpg
 matzzさんはDJとしても活躍中の現役バリバリ。かたやワタクシメはなんちゃってDJですから、内容でかなうはずもありません。って、別に勝負を挑んだわけじゃないですけど。でも、たまにはDJやるのもいいです。

e0021965_01544212.jpg
 それで昨日は、先日天に召された友人を思い、彼が大好きだったマイルスとジャコの曲をいくつかちりばめてみました。考えてみれば、この3人、みんなあの世にいるんだ。ぼくも行きたいけど、もうちょっとこちらで楽しんでからにします。

e0021965_01544629.jpg
 あとはもちろんマーカスの曲がいろいろあって、それからぼくが作ったCDからも数曲。自画自賛ですが、これが実にいい。当時は最高にかっこいいフュージョン・ミュージックを作ってやろうと思ってレコーディングしたんですが、20年以上がすぎたら最高にかっこいいクラブ・ミュージックになってました。なんちゃって。

e0021965_01544931.jpg
 同級生の女子(もう子供じゃないけど)や1年下の女子も友人と一緒に来てくれましたし、久しぶりに会う顔もありました。そしてなぜかムッシュも。

e0021965_01545286.jpg
 さて、今日は午後から夜まで予定がびっしり。マイペースで楽しみながらこなしていきますけど。

e0021965_01545658.png


by jazz_ogawa | 2015-02-20 09:40 | Works | Trackback | Comments(2)
e0021965_09551527.jpg
 いやぁ~懐かしかった。

 先日のことですが、岸田恵士さんとは約35年ぶりに再会しました。

e0021965_09552602.jpg
 なんとなく疎遠になって35年。ぼくがものぐさだったからです。ライヴの場に行けばいつでも会える。そんな風に思っていたからこそ、なんとなく疎遠になってしまった。でも岸田さんのことはいつも気にしていました。

 国家試験に受かったあと、入局するまでの1か月弱、ぼくは憧れのニューヨークに行きました。77年のことだったかな。そこに住んでいたのが岸田さん。

e0021965_09552659.jpg
 日本にいたときからプーさんや鈴木勲さんのグループ、山ちゃんのトリオとか、あちらこちらで演奏している姿を観て、このひとはいずれ日本一のジャズ・ドラマーになると思っていました。

 そんな彼ですから、ニューヨークに拠点を移したときは寂しくもあり、でもちょっと嬉しかった。

e0021965_09552631.jpg
 そしてその数年後、1年間の予定でニューヨークにいた山ちゃんを介し、岸田さんと知り合いました。

 服装にしても立ち居振る舞いにしても、ぼくが心に描くジャズマンそのもの。ニューヨークで水を得た魚のように動き回る岸田さんの姿に憧れたものです。

e0021965_09552633.jpg
 6年の滞米生活を終えて帰国したのが78年のこと。その後もしばらくは付き合いが続いたんですが、今度はぼくがニューヨークに留学。

 そしてなんとなく疎遠になってしまった。

 そんなぼくのところに突然岸田さんからメールがきました。2週間くらい前のことです。あまりにもびっくりしたのと嬉しさとですぐに電話しました。

e0021965_09552647.jpg
 そして数日後に再会。積る話で大盛り上がり。苦労を重ね、人間としてさらに魅力的なひとになっていました。これもすごく嬉しい。

e0021965_09552729.png
 そして、昨日はようやく発表してくれた新作Blu-Rayを引っ提げてのライヴ。

e0021965_09552786.jpg
 急用があって途中で店をあとにしなければならない心残りはありましたが、久々に元気な岸田さんのドラミングが聴けて、このところのモヤモヤしていた気分も吹っ飛びました。

 ぼくもまだまだ楽しく生きていくぞ。今朝はそんな気分です。

e0021965_09552752.jpg
 Thank you, my SOUL BROTHER!!!

 
【出演メンバー】
岸田恵士(ds)
後藤輝夫(ts, conga)
越智巌(g)
羽仁知治(key)
河原秀夫(b)
2015年2月18日 「銀座MUGEN」 ファースト・セット


by jazz_ogawa | 2015-02-19 10:07 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_14151205.jpg
 昨日はヴァレンタイン・デイという大切な日にお越しいただき、本当にありがとうございました。楽しんでいただけたでしょうか?

e0021965_14151210.jpg
 今回はたまたまそういう日とイヴェントが重なったので、直球勝負の「ラヴ・ソング」特集としました。

 西船橋でのイヴェントはジャズ入門編的な内容にしようと思っているので、今回も有名なアーティストと有名な曲を集めました。

e0021965_14151252.jpg
 前半が「インスト編」で後半が「ヴォーカル編」。後半は12曲用意したので、話は簡単にして曲をきちんと聴くようにしました。最近はわりと自制が効くようになり(苦笑)、予定していた時間に近いところで終われるようになりました。

e0021965_14151266.jpg
 これからも「ONGAKUゼミナール」は続いていきますので(たぶん)、よろしくお願いいたします。

e0021965_14151293.jpg


【今後の「ONGAKUゼミナール」】
e0021965_14151707.jpg
2月28日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第26回:渡辺貞夫も日野皓正もみ~んな若かった~タクト・レーベルの真髄を聴く』
@渋谷百軒店(ひゃっけんだな)「PANAMA JOE's」 渋谷区道玄坂2-19-1(03-3461-9047)
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:コクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/252534/まで。

 1960年代後半、日本のジャズ・シーンにはアメリカ留学を終えた渡辺貞夫を中心に、オリジナリティを追求する若手が増えてきました。そうした意欲的なミュージシャンに次々とレコーディングの機会を与えていたのが弱小家電メーカーのタクトです。渡辺貞夫を中心に、新人だった日野皓正に初リーダー・レコーディングのチャンスを与えるなど、次代を担う有能なミュージシャンを起用してのアルバム作りがやがて日本のジャズ・ブームに繋がっていきます。
 今回は60年代後半の日本におけるジャズ・シーンでもっとも重要な足跡を残したタクト・レーベルの作品を聴きつつ、その時代の動きを紹介したいと思います。


e0021965_14151761.jpg
3月28日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第36回:70年代日本のジャズ対決~TBM vs EW)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:コクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/258863/まで。

 2月の「60年代音楽シリーズ」で特集したタクト・レーベルに続いて、今回は70年代に日本のジャズ・シーンを盛り上げた2大レーベルのスリー・ブラインド・マイスとイースト・ウィンドを紹介します。
 日本の若手を中心に名盤の数々を残したTBM。片やビッグ・ネームや海外のアーティストによる作品も含むEW。これらふたつのレーベルなくして日本のジャズは語れません。次回は当時のジャズの動きを紹介しながら、これらのレーベルに残された重要な演奏を聴きたいと思います。


by jazz_ogawa | 2015-02-15 14:19 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(0)
e0021965_15555698.jpg
 iPod代わりに買ったこの携帯プレイヤー。メインはiPodですが、こちらもときどき使っています。

 使い勝手はやはりiPodにかないません。でもそれなりに可愛いヤツです。

e0021965_15555682.jpg


e0021965_15555623.jpg
 なにせこんなに小さなSDカードでOKなんですから。使っているのは64GB。4000円弱です。これが倍の128GBになると価格が3倍近くになります。

 iPodとの使い分けとしては、なんでもかんでも入れちゃうのがiPodで、こちらにはいつでも聴きたいと思うものを選んでいます。

e0021965_15555690.png


 今年はSave Moneyに徹しようと思っているんですが、こういうのは気になってつい買ってしまいました。

e0021965_15555775.png
 ふたを開けたところ。

e0021965_15555768.png
 ポータブル・アンプです。

e0021965_15555746.jpg
 このポータブル・アンプを装着するためのフレームとバンド。

e0021965_15575311.jpg
 専用のケーブル。

e0021965_15575498.png
 装着したところ。

e0021965_15575447.png
e0021965_15575408.png
e0021965_15575476.png
 いろいろな角度で。

 ああ、満足。


by jazz_ogawa | 2015-02-12 16:00 | 平凡な日々 | Trackback | Comments(2)
e0021965_18570987.jpg
 昨日観てきました。ステップス・アヘッドは日本のレコード会社の企画から始まったステップスが改名したグループ。メンバーはその都度変更されて、というかほとんどレギュラー活動はしていないと思うのですが、今回は強力な顔ぶれが揃いました。

 留学中に「ボトムライン」で観たステップス・アヘッドは、イリアーヌがニューヨークに出てきた直後のこと。あれから30年以上がすぎていますが、そのときのプレイに圧倒されたことはいまでもはっきり覚えています。あのときはマイケル・ブレッカーとピーター・アースキンが繰り広げる壮絶なデュエットに圧倒されました。ベースはオリジナル・メンバーのエディ・ゴメス。

e0021965_18570926.jpg
 今回はベースがイリアーヌのパートナーでもあるマーク・ジョンソン、そしてサックスがアンディ・シェパード。ピーターはそのまま。

 マークには、25年ほど前にぼくがプロデュースしたピーターの『スウィト・ソウル』でベースを弾いてもらったことがあります。当時のピーターとマークは名コンビでしたよね。昨日の《ブルーノート東京」でも名コンビぶりを発揮していましたが。

 そしてリーダーのマイク・マイニエリ率いるステップス・アヘッド。常に新しいジャズをクリエイトしてきたグループとしての面目躍如たる演奏に、今回も心地のよい時間をすごすことができました。

e0021965_18570944.jpg
 ソロよし、グループのサウンドよしです。ピアニストに徹したイリアーヌの姿も久々に観ることができて、それも満足。しかも渡辺貞夫さんのお席に呼ばれて一緒に観ることができました。なんと幸せなことか。

 伝統的なジャズもいいけれど、こういうのもいい。気が多くて困ってしまいます。


【出演メンバー】
Mike Mainieri(vib)
Bob Sheppard(sax)
Eliane Elias(p)
Marc Johnson(b)
Peter Erskine(ds)
2015年2月9日 「南青山 ブルーノート東京」 ファースト・セット

e0021965_18570939.jpg

by jazz_ogawa | 2015-02-10 19:00 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_16313028.jpg
 ありきたりですが、ヴァレンタイン・デイにちなみ、今回のテーマは「ラヴ・ソング」。

 聴き飽きた曲もこの時期に聴けば心に染み入るかもしれません。ロマンティックな演奏とヴォーカルを集めてみたいと思います。

 もろヴァレンタイン・デイの開催です。カップルでのご来場も大歓迎。とは思いましたが、カップルだったらこんなイヴェントに参加しないか(悲笑)。

2月14日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール@西船橋 vol.6』(ヴァレンタイン・デイに聴くラヴ・ソング)
@「Ten & Half Cafe+」 千葉県船橋市本郷町421-2 1階(047-711-1911)
開場:15:30 開演:16:00 会費2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/252179/まで。

 
【今後の「ONGAKUゼミナール」】
e0021965_16313043.jpg
2月28日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第26回:渡辺貞夫も日野皓正もみ~んな若かった~タクト・レーベルの真髄を聴く』
@渋谷百軒店(ひゃっけんだな)「PANAMA JOE's」 渋谷区道玄坂2-19-1(03-3461-9047)
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:コクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/252534/まで。

 1960年代後半、日本のジャズ・シーンにはアメリカ留学を終えた渡辺貞夫を中心に、オリジナリティを追求する若手が増えてきました。そうした意欲的なミュージシャンに次々とレコーディングの機会を与えていたのが弱小家電メーカーのタクトです。渡辺貞夫を中心に、新人だった日野皓正に初リーダー・レコーディングのチャンスを与えるなど、次代を担う有能なミュージシャンを起用してのアルバム作りがやがて日本のジャズ・ブームに繋がっていきます。
 今回は60年代後半の日本におけるジャズ・シーンでもっとも重要な足跡を残したタクト・レーベルの作品を聴きつつ、その時代の動きを紹介したいと思います。


e0021965_16313091.jpg
3月28日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第36回:70年代日本のジャズ対決~TBM vs EW)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:コクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/258863/まで。


 2月に「60年代音楽シリーズ」で特集したタクト・レーベルに続いて、今回は70年代に日本のジャズ・シーンを盛り上げた2大レーベルのスリー・ブラインド・マイスとイースト・ウィンドを紹介します。
 日本の若手を中心に名盤の数々を残したTBM。片やビッグ・ネームや海外のアーティストによる作品も含むEW。これらふたつのレーベルなくして日本のジャズは語れません。次回は当時のジャズの動きを紹介しながら、これらのレーベルに残された重要な演奏を聴きたいと思います。



by jazz_ogawa | 2015-02-09 08:42 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(2)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム