小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
素晴らしいクリスマスプレ..
by 名古屋の正ちゃん at 15:48
. Double Fa..
by jazz_ogawa at 00:50
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

e0021965_02530037.jpg
 今日で今回のニューヨーク滞在はおしまい。午後の便で帰ります。

e0021965_02511985.jpg
 朝から雨ですが、いつものようにウォーキング。適当に30丁目界隈を歩いて、行き着いたのは28丁目と3番街の角にあるスタバ。ここで読書をしたあとはマンハッタンで最後の食事。

e0021965_02511962.png
 外は雨が止んで曇り空。こういうマンハッタンも嫌いじゃないです。

e0021965_02511915.jpg
 最近あちこちで見かける「Dry Bar」。ブロウ専門の店で、バーではありません。

e0021965_02511939.jpg
 メニューはこんな感じ。

 さてお昼は何を食べるか? 今朝は朝食抜きだったのでサンデー・ブランチになります。ですから、久しぶりに定番のエッグス・ベネディクトでも食べますか。これ、ぼくの大好物ですが、あまりに高コレステロールなので20年以上食べていません。

 今回は腹八分目作戦をきちんと励行したので、最後に自分へのご褒美ということで。

e0021965_02534442.jpg
 エッグス・ベネディクトは長いこと食べていないので、どこが美味しいかわかりません。遠出はしたくないので、スタバとアパートの途中にある「Cinema The Cafe」(330 East 34th Street)で。

e0021965_02534461.jpg
 このレストランは何年かに一度しか行きませんが、悪くありません。ということで、長年夢見てきたエッグス・ベネディクトをオーダー。

e0021965_02534485.jpg
 オランデーズ・ソースがかかったっポーチドエッグとハムがイングリッシュ・マフィンの上に鎮座しています。この姿がたまりません。ああ食欲がそそられる。

e0021965_02534445.jpg
 この歳になってもこういうものをペロリと平らげてしまう自分が怖いです。

 2時半にはリムジンが迎えに来るので、アパートに戻って帰る準備をしますか。

いいリフレッシュになりましたが、日本に戻ったらやりたいこと、やらなくちゃならないことがいろいろあるので、30日はちょっと忙しい。



by jazz_ogawa | 2014-12-29 02:56 | NY Mapができるまで | Trackback | Comments(6)
e0021965_11304495.png
 朝食を食べたあと、今日は部屋で少し仕事です。こちらでは何もするつもりはなかったんですが、原稿がひとつ残っていました。それを片付けてから、なんとなく部屋で読書。せっかちなので帰りの荷物も整理なんかしちゃって。

 それでも9時半ごろにはウォーキングに出発。晴れている日は、雨天に比べて格段に気分がいいです。それで喧騒を逃れ、昔住んでいたGramercy Park周辺に。

e0021965_11304474.jpg
e0021965_11304527.jpg
 この公園の周りにある建物は外観を変えてはいけないことになっています。ぼくが住んでいたアパートも、ですから昔のまんまの佇まい。

e0021965_11304544.jpg
 このGramercy Parkが起点になって6ブロックほど続くのがIrving Placeという通り。これはLexington Avenueの延長線にあたります。

e0021965_11304523.jpg
 その17丁目との交差点近くにあるのが「71 Irving Place Coffee & Tea Bar」(71 Irving Place)というコーヒー店。

e0021965_11304519.jpg
 ここも朝から賑わっています。

e0021965_11313753.png
 店内は暗いので読書には不向きですが、明るめの席を選んで一服。

 その後は21丁目のイタリアンで昼食をと思ってお店まで行きましたが、なぜかクローズ。



e0021965_11313847.jpg
 そこで同じブロックにあったチャイニーズ・レストラン「21 Home's Kitchen」(22East 21at Street)に。

e0021965_11313879.jpg
 初めて入ったのですが、値段の割に中が綺麗だったので、迷うことなく決めました。

e0021965_11313839.jpg
 そして大正解。ランチ・メニューから選んだのですが、出てきたエッグ・ドロップ・スープにびっくり。20年近く前にチャイナタウンから忽然と消えた「Canton 's」のスープとまったく同じ味でした。

「Canton's」はチャイナタウンでおそらく一番高級なレストランでした。ここには本当に足繁く通ったものです。ニューヨークで一番好きなチャイニーズ・レストランでした。有名な店はほとんど行きましたが、ここを超えるところはいまだに出会っていません。その店と同じ味のエッグ・ドロップ・スープに出会えるとは。

e0021965_11313835.jpg
 頼んだのはロースト・ポークとブロッコリーの炒め物。「Canton's」にこの料理はなかったですが、これも美味しかった。次回からここは必ず来ることになるでしょうね。メニューを見ましたが食べたいものがいろいろあります。

e0021965_11313810.jpg
 これはアパートに帰る途中に出会ったドア。雰囲気いいです。

e0021965_11341644.jpg
 アパート近くのおじさんは今日も元気。

【ところで】
 こんな記事がありました。http://www.nhk.or.jp/fm-blog/200/205095.htmlよかったら聴いてください。1月4日の夜中です。5日に日付が変わるときですね。毎回思うんですが、こんな著名人に混ざっていいんですかね。

 こんなものも発見。http://www.bluenote.co.jp/jp/news/features/6073/ DJも頼まれています。


 アパートでビーチ・ボーイズ、ザ・バンドなどを聴いていたらいい気分。あまりお腹もすいていないので今晩の食事はパス。もう少ししたら早めに寝るか。


by jazz_ogawa | 2014-12-28 12:46 | NY Mapができるまで | Trackback | Comments(2)
e0021965_13000886.png
 朝はバタバタすることがあったのでウォーキングは途中で取りやめ。外は晴れていますが、昨日よりは寒い。

 いったんアパートに戻り、その後はレキシントンのスタバで読書。

 クリスマスが終わり年末を迎えていますが、世の中が慌ただしいのかどうか、旅行者のぼくにはわかりません。ぼくはいつもの1日ですが。

e0021965_13000939.png
 どこかに行く気もないので、お昼もそのままスタバで。一度は食べたくなるターキー・ベーコンのサンドウィッチ(Reduced-Fat Turky Bacon)。卵も白身だけ。

e0021965_13000976.png
 これで230Kcal。日本でもメニューに加わるといいんですけど。

e0021965_13000938.png
 午後からは映画館にでも行きますか。ということで19丁目とブロードウェイの角にある「Lowes」で『Birdman』を。現実と妄想がごっちゃになった内容でよくわかりませんでした(苦笑)。カメラワークは面白かったですけど。

e0021965_13000948.png
 夜は7時からヴィレッジにある「Tokyo Tapas Cafe」(7 Cornelias Street)で大江千里さんのソロ・ライヴを聴きに。

 こちらに在住のフジテレビ・アナウンサー、阿部千代さんが途中で加わり、彼女が朗読する谷川俊太郎さんの詩のバックに演奏も。

e0021965_13001074.png
 大江さんのピアノはセロニアス・モンクのように跳ねるタッチに特徴があり、さすがに優れたメロディ・メイカーだけあって、ジャズのスタイルで弾く印象的な曲のオンパレード。大江千里の世界を堪能させてもらいました。

e0021965_13012177.png
 もう歌はうたわないという大江さん。その代わりに詩を詠みながらの演奏も聴かせてくれました。

e0021965_13012136.png
 昔の歌はうたわなくていいけれど、いまだからこそ歌えるものもあるんじゃないでしょうか。そんなことも休憩時間に話させてもらいました。

 2月14日には新作の発表が予定されており、日本でも春ごろには発売されるとか。それに合わせて来日してくれるといいんですが。

e0021965_13012105.png
 その後は、同じ通りにある「Cornelias Street Cafe」(29 Cornelias Street)で夕食。

e0021965_13012149.png
e0021965_13012137.png
 あんまりお腹が空いていないので、アペタイザーを2種類。カラマリとスモーク・サーモンです。

e0021965_13012110.png
 帰りに「Tokyo Tapas Cafe」の前を通ったら大江さんがピアノを弾いていたので、外から窓越しにパチリ。

e0021965_13012298.png
 そんなこんなで今日はわりと遅くまで街に出ていました。これは帰りに通ったメイシーズの壁です。


by jazz_ogawa | 2014-12-27 13:40 | NY Mapができるまで | Trackback | Comments(0)
e0021965_10352103.jpg
 天気予報では「雨のクリスマス」ということでしたが、外に出たらやんでいました。

e0021965_10352195.jpg
 家の近くの3番街もさすがに今日はガラガラ。朝早いということもありますが、開いているお店もまばら。気持のいいウォーキングができます。

e0021965_10352182.jpg
 今朝はグラマシー・パーク周辺をウロウロ。ここはマンハッタンン唯一のプライヴェート・パークです。

e0021965_10352172.jpg
 パークの向かい側にある懐かしのアパートをパチリ。ここの最上階に1年住んでいました。

e0021965_10352105.jpg
 その後は少し戻って28丁目と3番街の角にあるスタバ(200 E 28th St)に。

e0021965_10352110.jpg
 ここにも座り心地のいいソファーがあります。クリスマスの正しい過ごし方は「映画を観る」ですから、これからお昼まで大映映画でも観ながら長居しますか。

e0021965_10583297.jpg
 無性にパンケーキが食べたくなり、お昼ごはんはグラマシー・パーク近くにあるコーヒーハウス「Lyric Diner」(283 3rd Avenue)で。こういうことが年に1回くらいあります。

e0021965_10583215.jpg
 2枚食べれば十分。

 そして再びウォーキング。まだヴィレッジを歩いていなかったので、セントマークス・プレースへ。半分くらいのお店は開いていましたが、通りは閑散。

e0021965_10583329.jpg
 そのあとはバワリーを下り、ブリーカー・ストリートで右折。そのまま進むと2年目に住んでいたアパートがあります。グラマシー・パークのアパートもそうでしたが30年以上前とまったく変わっていません。

e0021965_10583341.jpg
 その手前のアパートがマルサリス兄弟やアート・ブレイキーが住んでいたアパート。

e0021965_10583327.jpg
 両方の位置関係はこうなっています。

e0021965_10583398.png
 そのままブリーカーを西に進むとこんな感じ。60年代の雰囲気を出してモノクロで写してみました。

e0021965_10595008.png
 とっくの昔に「Village Gate」はクローズしましたが看板がまだ残っています。

e0021965_10595005.png
 ボブ・ディランが出てきそうな通りでしょ。

e0021965_10595055.png
 そのディランが出演したことのある「Cafe Wah!」はいまも健在。三つ前の写真に写っている「Bitter End」も営業中。

e0021965_10595082.jpg
「Blue Note」の壁はクリスマス仕様。

e0021965_10595022.jpg
 マニア向けのレコード店がほとんど姿を消したマンハッタンですが、「Bleecker Street Records」は場所を変え、以前「Disc-O-Rama」だった場所(West 4th Street)で商い中。

e0021965_10595059.jpg
 そのあとは一服する場所を求めて5番街を北上。

e0021965_11004426.jpg
 31丁目の「Bread & Butter」がオープンしていたのでここで小休止ならぬ中休止。

e0021965_11004518.jpg
 初めて入ったのですが、地下がご覧のように居心地抜群。コーヒーも5種類くらいが選べて、なかなかいいです。

 そして再びアパートまでウォーキング。今日は天気もいいのでよく歩きました。

e0021965_11012603.jpg
 夜ご飯は27丁目にあるインデァイン・レストランの「Pongal」(110 Lexington Avenue)。ここはヴェジテリアンの店です。

e0021965_11012628.jpg
 今回は初めての料理、Vegitable Fried Riceを頼みました。Basmati Rice, spring onion, cabbage, carrots, green peas and spicesとメニューには書かれています。これ、大当たりでした。そんなにホットではないけれどかなりスパイシー。忘れていなければ次回も頼みます。メニューについていた番号は55番。

 夜は少し冷えてきましたが、雨がふっているよりはよほどましです。

e0021965_11012792.jpg
 エンパイアも赤とグリーンでクリスマスを祝っています。



by jazz_ogawa | 2014-12-26 13:28 | NY Mapができるまで | Trackback | Comments(4)
e0021965_12165323.jpg
 イヴといっても特別な計画はありません。いつものように1日がすぎていきます。変化に乏しい毎日をすごせることがいちばん楽でいいかも。なので今日も一日ダラダラ。

 雨は好きじゃないです。ウォーキングに不適ですし、濡れるのも嫌ですし。でも、家でおとなしくしていられないのが性分。

e0021965_12165311.jpg
 朝食後はいつものように外に出て、早歩きをしながら通りをうろうろ。あてもなく、信号が青になっている方向に歩いていきます。

e0021965_12165379.jpg
 雨の中、42丁目を歩き、5番街まで来たのでちょっとパチリ。時計は午前8時45分を指しています

e0021965_12165373.jpg
 こちらは定番、ロックフェラー・センターのクリスマス・ツリー。

e0021965_12165303.jpg
 雨でもスケートはやります。

e0021965_12165350.jpg
「Saks Fifth Avenue」です。

e0021965_12191214.jpg
 タイムズ・スクエアにある巨大なイルミネーション。

e0021965_12191280.jpg
 今年は通りでこの煙をあんまり見ません。

 この時点で正味1時間は歩いたので、地下鉄で14丁目に。

e0021965_12191389.jpg
 最近あちこちにできている「think coffee」(568 6th Avenue)でしばし休息。

e0021965_12191349.jpg
 ここは16丁目と6番街の角にあるお店。

e0021965_12191385.jpg
 ランチはルクセンブルク出身のピアニスト、ミシェル・レイスと。

 
e0021965_12191390.jpg
彼のアパート近くにある「French Roast」(78 West 11th Street)で。

e0021965_12201315.jpg
 食べたいものばかりがメニューに並んでいるので、どうしよう?  悩みに悩んで選んだのはクロック・ムッシュ。

e0021965_12201397.jpg
 ビザ(ピザじゃないよ)の話や音楽の話で、気がついたら2時間がすぎていました。

 雨は激しくなったりほとんどやんだりと、ぼくと同じでえらく気まま。こういう天候の中で外出している理由はないので、その後はバスと歩きで帰宅。家で読書と映画鑑賞。

e0021965_12201338.jpg
 雨の中を遠くに行くのもなんなので、夕食は一昨日も行った「Ruby」に再び。と思って外に出たら雨はやんでいました。でも「Ruby」で食事するイメージが頭の中にはインプットされてしまったので、歩いて5分のこの店へ。

 今晩はグリーン・カレーを腹七分目くらいにしておきました。ここは安いけれどおいしいので、もう1回くらいは行ってもいいかな?

 というところで本日はおしまい。

 Have Yourself A Merry Little Christmas from Manhattan!



by jazz_ogawa | 2014-12-25 13:25 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(0)
e0021965_11273490.jpg
 朝食後は例によってウォーキング。アパートの前にはミッドタウン・トンネルの入り口があるので、朝はいつも渋滞。

e0021965_11273429.jpg
 それを横目に、昨日と同じようなコースで南に下り、23丁目の「Eataly」(200 5th Avenue)でコーヒー・ブレーク。

e0021965_11273458.jpg
 今日も細かい雨が降っていますが、気温は昨日より暖かく、歩くのは辛くありません。朝のマンハッタンは雰囲気が好きです。30年以上前に学校へ通っていたときのことが思い出されます。

e0021965_11273413.jpg
 今日はエンパイアも上の方が霧で見えません。

e0021965_11273402.jpg
「Eataly」の斜め前にあるフラットアイアン・ビルは、目に入ると写真を撮らずにいられません。

e0021965_11273572.jpg
 そしてランチは17丁目の「Basta Pasta」(37 west 17th street)で。

e0021965_11283221.jpg
 大江千里さんとは1年ぶりで話が弾みました。

e0021965_11283251.jpg
 ぼくはプロシュート、グリーンピーズ、ポルチーニ・マッシュルームのペンネを。

e0021965_11283201.jpg
 その後は頼まれた買い物をしにタイムズ・スクエアに。ですが、残念ながらソルドアウト。

e0021965_11283235.jpg
 かなりの混雑です。

e0021965_11283216.jpg
 これは6番街と42丁目の角にあるブライアント・パークのスケートリンク。

e0021965_11283207.jpg
 そのまま42丁目を東に行くとグランド・セントラル駅。モノクロ写真だと雰囲気があるでしょ。

e0021965_11293570.jpg
 ならばクライスラー・ビルもモノクロで。

e0021965_11293544.jpg
 座り心地のいい椅子があるレキシントンのスタバで、今日はイングリッシュ・ブレックファースト・ティーを。

e0021965_11293547.jpg
 夕食は「Jean-Georges」(1 Central Park West)でちょっと豪勢に。ぼくの好きなレストランのひとつです。

e0021965_11293511.jpg
 アペタイザーはフライド・カラマリ。最近立て続けに食べています。

e0021965_11293507.jpg
 メインはテンダーロインのステーキ。今日は腹八分目を返上し、全部をペロリ。

e0021965_11293595.jpg
 こういうレストランではデザートを食べるのもマナーというもの(嘘つけ)。なのでチーズ・ケーキをオーダー。クランベリーのソルベは好きじゃないのでヴァニラのアイスクリームに変えてもらいました。ただしこれは友人とシェアしました。

 ということで、朝とお昼は腹八分目でしたが、夜は腹十二分目まで食べたところで本日はおしまい。

e0021965_11293569.jpg
 と思って家に帰ったらテレビでマイケル・ブーブレのクリスマス特番が。

e0021965_11563030.jpg
 ゲストはバーブラ・ストライザンド他。ふたりで「イット・ハド・トゥ・ビー・ユー」を歌っています。


by jazz_ogawa | 2014-12-24 12:11 | NY Mapができるまで | Trackback | Comments(6)
e0021965_10130925.jpg
 朝食後はウォーキング。天天気予報によれば今日は曇りのち雨、明日から25日までは雨となっていますが、どうでしょう? 

e0021965_10130928.jpg
 まずはアパートから南下して14丁目まで。家の近くではクリスマス・ツリーがいつものように売られています。

e0021965_10130993.jpg
 3番街の29丁目にあるインディアン・レストラン「Vatan」の壁にいる象。

e0021965_10130956.jpg
 こんなビルは怖そう。

e0021965_10130971.jpg
 どなたか存じあげませんがユニオン・スクエア近くにあった像。いつの間に設置されたんでしょう?

e0021965_10130943.jpg
 今回初めて見たものがもうひとつ。路上で充電できるんですね。

 ここでユーターンして北上。

e0021965_10130959.jpg
 ぼくが好きなビルのひとつです。

e0021965_10130934.jpg
 Citi Bikeは成功してるんでしょうか?

e0021965_10130975.jpg
「Eatery」でお茶と思ったんですが、レジが混雑していたんで6番街を上がって31丁目にある「Gregorys Coffee」(874 Avenue of the Americas)で小休止。

e0021965_10130918.jpg
e0021965_10145090.jpg
 このコーヒーショップは最近あちこちにあります。

 ここまでで50分少々のウォーキング。

e0021965_10145066.jpg
 エムパイアもてっぺんは雲がかかっています。

 その後は家で昼食。昨日の夕食をチン。

e0021965_10145010.jpg
 ところでこれはニューヨークのアパートのクリスマス・ツリー。

e0021965_10145067.jpg
 こちらは東京のアパート。

e0021965_10145012.jpg
 ニューヨークのアパートのロビー。

e0021965_10160885.jpg
 東京のアパート。何たる差。

 ずっと部屋に籠っていても仕方ないので、3時からまたブラブラ。

e0021965_10145034.jpg
 と思って外に出たのですが、予報どうりで雨が降っていました。小粒だし傘を取りに戻るのもなんなので、そのままアパートからあまり遠くには行かず、42丁目周辺をウォーキング。

e0021965_10145032.jpg
 42丁目にいるライオン。

e0021965_10170334.jpg
 そのあとは昨日と同じ40丁目のスタバで映画鑑賞となりました。

e0021965_10170374.jpg
 ここは2組4脚だけですが窓際に座り心地のいい椅子があります。その席が空いていたので、本日はここで落ちつくことに。

e0021965_10170372.jpg
 こちらのスタバにはクリスマス限定でこんなものも。日本にもあるのかしら?

e0021965_10170377.jpg
 霧雨の中を少しウォーキングして、夕食も近場で。

e0021965_10170349.jpg
 となると選択肢は限られています。今晩は「Ruay Thai」(625 2nd Avenu)で。ちなみに2軒ほどとなりにあったタイ・レストランはクローズしていました。

e0021965_10170352.jpg
 オーダーしたのはビーフのスキャリオン・ジンジャー・ソース炒め。当然腹八分目でやめました。この物足りなさが嬉しい、っていうのは自虐的?

e0021965_10170399.jpg
 


by jazz_ogawa | 2014-12-23 13:13 | NY Mapができるまで | Trackback | Comments(4)
e0021965_12095015.jpg
 成田はまだガラガラ。チェックインも出国手続きも待たずにスイスイでした。この時期にしては珍しい。

e0021965_12095117.jpg
 珍しいといえば、時間どおりに離陸しました。

 機内ではいつものように映画三昧。これがぼくの時差ぼけ防止です。ただしこれといった映画はなかったので、観たのは『マダム・マロリーと魔法のスパイス』『Magic In The Moonlight』(監督:ウディ・アレン)『サード・パーソン』の3本だけ。

e0021965_12095166.jpg
 JFKにも定刻どおりに到着。ところがこちらはイミグレーションが長蛇の列。成田のすき具合も初めてなら、こちらの混み具合も初めて。それでも30分ほどで入国できました。

e0021965_12095102.jpg
 アパートに着いたのが4時半すぎ。

e0021965_12095198.jpg
 お会いするのが楽しみだったCDとご対面。

 ちょっと部屋の整理をして、ここでボンヤリしていると眠くなるかもしれないので、夕食には早いのですが、とりあえず外へ。気温は2度とのこと。東京より寒い。

e0021965_12095107.jpg
e0021965_12104403.jpg
 結局40丁目とレキシントン・アヴェニューの角にあるスタバ(360 Lexington Avenue)でお茶を飲みながらしばし読書。

e0021965_12104485.jpg
 そのあとは向かいの銀行でいくつか必要なトランスアクションを。

e0021965_12104540.jpg
 それで目と鼻の先にある39丁目の「Hunan Manor」(339Lexington Avenue)で初日の夜ご飯。

e0021965_12104562.jpg
 小龍包

e0021965_12104594.jpg
 スピナッチのソテー

e0021965_12104545.jpg
 チキンのチャーハン。

 今回のテーマは腹八分目なので、全部は食べずテイクアウト。明日以降の昼食用です。

e0021965_12113492.jpg
e0021965_12113466.jpg
 帰り近くのマーケットで明日からの朝食用に野菜を。

e0021965_12113449.jpg
e0021965_12113539.jpg
 本日のエムパイアとクライスラー。これで今日はおしまい。


by jazz_ogawa | 2014-12-22 13:01 | NY Mapができるまで | Trackback | Comments(0)
e0021965_00330045.jpg
 絶妙のタイミングで来日とはまさにこのことでしょう。エッダ・マグナソンは日本ではあまり知られていないスウェーデンのシンガーですが、現在上映中の映画『ストックホルムでワルツ』に主演し、同国を代表するモニカ・ゼタールンド役を演じたひと。

 その話題と劇中で披露した魅力的なシンガーぶりで、初来日にもかかわらず「ブルーノート東京」は満員の盛況。その最初の日のファースト・セットを昨日は観てきました。ほとんどのMCをニルス・ラン・ドーキーが務めていたことを考えると、彼のトリオにエッダが加わったという形でしょうか。

e0021965_00330097.jpg
 エッダのヴォーカルは素朴でどことなくアン・バートン風。そこが魅力です。「降っても晴れても」「サム・アザー・タイムj「月光のいたずら」といった選曲も彼女の個性にあっていました。みんなが期待していたと思われる「ワルツ・フォー・デビー(モニカのワルツ)」は早い段階で登場。この曲ともう1曲のスウェーデン民謡だけが母国語で歌われたほかは英語の歌詞で。

 雰囲気がよくて品のあるヴォーカル。そんなに歌はうまくないけれど、エッダの場合はそれもまた魅力になっていました。こういうのは好きです。楽しみなシンガーが登場したものです。

「エッダ・マグナソン with ニルス・ラン・ドーキー・トリオ“オマージュ・トゥ・モニカ・ゼタールンド”」

【出演メンバー】
Edda Magnason(vo)
Niels Lan Doky(p)
Ira Coleman(b)
Niclas Bardeleben(ds)
2014年12月20日 「南青山 ブルーノート東京」 ファースト・セット
e0021965_00330305.jpg


by jazz_ogawa | 2014-12-21 09:58 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_09415674.jpg
 今年最後の大物です。ビートルズのオリジナル・レコーディング・アルバム他全16作品が世界初、紙ジャケット仕様高音質CD(SHM-CD)で登場。日本限定企画商品で、初回生産限定盤での発売。
 もうこれ以上出さないでほしいんですが、出れば買ってしまうところが悲しいやら嬉しいやら。ほんと、これで打ち止めにしたいです。

e0021965_09474384.jpg
『イエロー・サブマリン』『アビイ・ロード』『レット・イット・ビー』『赤盤』『青盤』『パスト・マスターズ』は初の紙ジャケット化。

e0021965_09415633.jpg
 Disk Union特製の木製ボックスはサイズ確認ミスにより、16枚全部が入りません。これ、ブックレットの厚みを計算していなかったんでしょうね。それぞれのブックレットが思った以上に厚いですから。

e0021965_09415669.jpg
「現在、正しいサイズのボックスを再生産しておりますので、良品が完成次第、別便にてお送りさせていただきます」ということです。


e0021965_09415687.jpg
『ヘンリー・マッカロー/マインド・ユア・オウン・ビジネス』(US/国内仕様盤)
 ダーク・ホースからの1枚。輸入盤に日本語ライナーをつけた国内仕様盤。

e0021965_09415623.jpg
 紙ジャケットの完成度はかなり高いです。


e0021965_09430169.jpg
『Gus & Me: The Story of My Granddad and My First Guitar』
 キース・リチャーズの自伝的な絵本。日本語版も出ていますが、こちらは英語版。

e0021965_09430157.jpg
e0021965_09430136.jpg
 ビッグバンドのミュージシャンでもあった祖父ガスが、幼い日のキースに一本のギターを手渡すまでの「魔法のような時間」の物語。絵は、キースの実娘でアーティストのセオドラ・リチャーズが担当。色がきれいです。

e0021965_09430128.jpg
 巻末には写真入りのバイオグラフィーと

e0021965_09430102.jpg
 キースみずからが絵本を朗読・演奏するCDがついています。

e0021965_09433863.jpg
 父娘の写真を配した裏表紙。



by jazz_ogawa | 2014-12-19 09:48 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(2)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム