小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
e0021965_09325034.jpg
『A HARD DAY'S NIGHT』(US盤)
 国内盤の発売は8月20日なのでいましばらく先ですが、待ちきれずにアメリカ盤を先日入手しました。Blu-ray+DVDのセットです。

e0021965_09325596.jpg
『Monty Python Sings』(EU盤)。
 デラックス・エディション(2枚組)と通常盤です。デラックス・エディション(左)には、1970年発表のデビュー盤『Ponty Pyson's Flying Circus』がボーナス・ディスクとしてついています。

e0021965_09325552.jpg
『エレクトロ・ナッツ・メロウ・ストリングド・バンド/ウィズアウト・ザ・ビートルズ』(国内盤)
 バッド・ボーイズが変名でリリースした幻の作品。さすが最高のコピー・バンドのひとつだけあって、歌のない(キーボードがガイド・メロディを弾いています)ビートルズ・サウンドがほぼ完璧に再現されています。嬉しいのは、そのガイド・メロディを外した演奏のみのヴァージョンも収録されていること。

e0021965_09325502.jpg
『ノラ VOL.1』(国内盤)
 和製マージー・ビート・バンドとでもいえばいいでしょうか。ビートルズを意識したサウンドとメロディ&コーラスが最高です。

 今回はたいした収穫がなかったですが、9月にはポールの旧作が出ますし、またまた大変なことになりそう。その前の一休みといったところでしょうか。


by jazz_ogawa | 2014-07-30 09:38 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(2)
e0021965_01023600.jpg
 暑い盛りですが、8月に2回、9月にも2回、「ONGAKUゼミナール」が開催されます。いずれもいまのところガラガラ。とくに来週の土曜日、8月9日の「60年代音楽シリーズ」はほとんどひとが集まっていません。どうなるんでしょう?

 ということで、いまいちど宣伝を。

 8月9日のテーマは「When I'm Sixty-Four~1964年の奇跡」。

 ぼくが64歳になったのにひっかけて、それとはまったく関係はないんですが、1964年の音楽を聴こう、というイヴェントです。

e0021965_01024406.jpg
 どうして「奇跡」かというと、半世紀前のこの年はぼくにとって奇跡的な1年だったんですね。ビートルズを初めて聴き、ボサノヴァにも出会い、偶然のことながらマイルスの初来日公演も観ています。さらにはベンチャーズのコピー・バンドを始めたのがこの年のこと(写真も半世紀前のぼく)。

 東京オリンピックもあったし、『平凡パンチ』と『ガロ』も創刊されたし。そんなこんなで、この年にこういう体験が重ならなければ、いまのぼくはどうなっていたか。ぼくにとっては実に奇跡的な1年でした。

 ということで、当日は64年の日本というか東京ですね、そこがどんなところだったか、そしてぼくがどんな中学2年生だったかを、勝手に熱く(苦笑)語ります。

 そんなの誰も聞きたくないでしょう。ということで、ほんの数名だけ、奇特な方が予約をしてくれていますが、「な~んだ、そんなイヴェントなのか」と思ってキャンセルしないでね。

8月9日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第23回:When I'm Sixty-Four~1964年の奇跡』
@渋谷百軒店(ひゃっけんだな)「PANAMA JOE's」 渋谷区道玄坂2-19-1(03-3461-9047)
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:コクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/186147/まで。

 以後の「ONGAKUゼミナール」もガラガラです。興味のある方はぜひお越しください。


【今後の「ONGAKUゼミナール」】
e0021965_01024400.jpg
8月30日(土) 『小川隆夫×内山繁 クロス・トーク「Mt. Fuji Jazz Fes. 10年の軌跡」』
@三軒茶屋「Jazz & Cafe Gallery Whisper」 世田谷区上馬1-32-3(03-5787-5794)http://whisper.co.jp/whisper/
開場:17:30 開演:18:00 会費:3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/184011/まで。

 音楽ジャーナリスト小川隆夫とフォトグラファー内山繁のクロストーク第3弾。
 80年代~90年代にかけて開催された伝説のジャズ・フェス、「マウント・フジ・ジャズ・フェスティバル」。多くの大物ミュージシャンが一堂に会する、夏の風物詩とも言える音楽イヴェントでした。
 そのイヴェントを、カメラのファインダーを通して観てきた内山繁と、舞台裏でミュージシャンの肉声を聞いてきた小川隆夫が語り尽くします。
 まずは、開催のきっかけとなったNYでの「ワン・ナイト・ウィズ・ブルーノート」の話題から、内山繁撮影の写真とともにお楽しみください。


e0021965_01024464.jpg
9月6日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク・ライヴ』(第7回:平戸祐介プレイズ・ブルーノート)
@代官山「Lezard(レザール)」 渋谷区猿楽町2-5 2F(03-3496-1374)
開場:18:30 開演:19:00 会費:4000円(フリー・ドリンク)
ご予約・お問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/193629/まで。

「よそでは聴けない」を大きなテーマにしている『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク・ライヴ』。7回目となる今回は、人気絶頂のグループ、quasimodeを率いるピアニストの平戸祐介が登場。彼とホストの小川隆夫が愛するブルーノートの名曲の数々をトークとソロ・ピアノでじっくり味わいたいと思います。


e0021965_01024438.jpg
9月27日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第33回:「Mt. Fuji Jazz Fes. 10年の軌跡~音楽編」)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/193636/まで。

 8月30日に三軒茶屋の「Whisper」で開催する『小川隆夫×内山繁 クロス・トーク「Mt. Fuji Jazz Fes. 10年の軌跡」』と対をなす企画。
「Whisper」ではジャズ・フォトグラファーの内山繁氏が撮影した写真を見ながらのトーク・セッションですが、こちらは音楽を中心に伝説のジャズ・フェスティヴァルを振り返ります。フェスティヴァルにミュージシャン御用達の医師として関わった10年間。どんなエピソードが飛び出すか。



by jazz_ogawa | 2014-07-28 08:45 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(6)
e0021965_09232001.jpg
 明日は「FUJI ROCK」の特番があるため「Jazz Conversation」はありません。ロック・フェスティヴァルに蹴散らされてしまいました。毎年のことですが、仕方ないです。

by jazz_ogawa | 2014-07-26 09:23 | Inter-FM | Trackback | Comments(0)
e0021965_10230939.jpg
 火曜日に観てきました。ジョルジ・ベンといえば「マシュ・ケ・ナダ」。ずいぶん以前に来日公演を観たきりですから、本当に久しぶり。名前もいつの間にかジョルジ・ベンジョールに変わっていました。

e0021965_10231483.jpg
 ステージで演奏されたのは、ブラジル音楽というよりロック的なものがほとんど。ブラジリアン・ロックとでもいえばいいでしょうか。

 彼が弾くギターの音とコード・ワークやソロ・フレーズが独特の味わいを醸し出していました。

 一番気になったのはバックでパーカッションを担当していたひと。いてもいなくてもいいような存在感がなんとも微笑ましく、途中でちょっとダンスを披露し、「さあ、ここからいよいよプロの見せ場が始まるのか」と思いきや、照れたようなしぐさでまた定位置に。なんだかご褒美に日本に連れてきてもらった親戚みたいな感じで、こういう情景(勝手な想像ですが)、ぼくは嫌いじゃありません。

e0021965_10231428.jpg
 それにしてもジョルジは若い。声も変わっていません。

 ようやく最後にラテンのリズムが。そこで「マシュ・ケ・ナダ」も歌われました。ラテンのリズムが始まったとたん、通路で何人もが踊り始めました。彼らにしてみれば、最初からラテンのリズムでガンガン踊りたかったんじゃないでしょうか。

e0021965_10231423.jpg
 でもラテン色の少ないロック的なビートやサウンド、ぼくはとても楽しい時間を過ごすことができました。


【出演メンバー】
Jorge Ben Jor(vo,g)
David Ryshpan(p)
Jean Arnoult(sax)
Fred Simmons(tb)
Dadi Carvalho(b)
Nenem da Cuica(per)
Lucas(ds)

2014年7月22日 「南青山 ブルーノート東京」 ファースト・セット


by jazz_ogawa | 2014-07-24 10:25 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_07490345.jpg
 先週の土曜日、本業を終えたあと、夕方から始まる「ONGAKUゼミナール」まで時間があったので、「日比谷シャンテ」で観てきました。

 珍しいことにウディ・アレンが監督ではなく役者として出演。主役のジョン・タトゥーロが監督と脚本も担当しています。

e0021965_07490327.jpg
 とはいえ、映画そのものがウディ・アレン・タッチというか、知らなければ彼の監督作品と間違えるひとも多いのでは? 彼の映画同様、この作品も皮肉やきついジョーク満載で、登場人物による会話がぞんぶんに楽しめます。

e0021965_07490721.jpg
 シャローン・ストーンは相変わらず美しいし、マンハッタンの街角が映像の中に散りばめられています。おまけに「ヴィレッジ・ヴァンガード」がかなり高級なジャズ・クラブに変身していたりして、ニューヨーク好きのぼくには堪りません。

 音楽はジーン・アモンズの演奏が中心で、こちらもニューヨークが舞台の映画という印象を強めています。

e0021965_07490711.jpg
 このところヨーロッパを舞台にした映画を何本も発表してきたウディ・アレンですが、これを機にまたニューヨークの話を映画にしてくれないかしら。やっぱり彼はニューヨークがぴったりのひとです。
 

by jazz_ogawa | 2014-07-23 07:50 | 映画&DVD | Trackback | Comments(6)
e0021965_14081465.jpg
 今回は予約の出足が好調だったので安心していたら、キャンセルが5人も出てしまいました。連絡なしのひともふたりいて、20席のうち5席がキャンセルは辛いです。ぼくの場合は「キャンセル(される)王」ですから当然といえば当然ですし、こういうものとはわかっているのですが、それでもやっぱり本音は「トホホ」です。

e0021965_14081503.jpg
 それはそれとして、お越しいただいたかたには心からお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

 今回のテーマは初来日からこの7月でちょうど半世紀が過ぎたマイルス・デイヴィスの60年代。

e0021965_14081638.jpg
 マイルスの楽歴の中でこの10年ほど音楽的に大きな変化を遂げた時代はなかったと思います。そのことを、年代順にみなさんと再検証(というほどのこともないですが)してみたのが今回の「ONGAKUゼミナール」。

e0021965_14081762.jpg
 みなさんジャズ・ファンですから、そんなことは改めていうまでもないことだと思います。ですがジャズにとっても重要な10年間を、その先頭に立ってリードしたマイルスの音楽でもう一度たどってみるのもたまにはいいのでは? なんて思い、今回のイヴェントはやってみました。

 それでは、今後のイヴェントの紹介を。毎度のことですが予約の出足は絶不調。どれもいまのところガラガラです。さあ主催者、どうする?


【今後の「ONGAKUゼミナール」】
e0021965_14081820.jpg
8月9日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第23回:When I'm Sixty-Four~1964年の奇跡』
@渋谷百軒店(ひゃっけんだな)「PANAMA JOE's」 渋谷区道玄坂2-19-1(03-3461-9047)
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:コクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/186147/まで。

 次回の「60年代音楽シリーズ」はこの8月で64歳となる小川隆夫にとって、人生を変えるほどの出来事がいくつもあった1964年にスポットライトを当てます。
 ビートルズやボサノヴァをはじめとしたさまざまな音楽との出会い、マイルス・デイヴィス初来日、バンド結成、東京オリンピックなど、多感な中学生だった時代を現在の視点から振り返ってみたいと思います。


e0021965_14083264.jpg
8月30日(土) 『小川隆夫×内山繁 クロス・トーク「Mt. Fuji Jazz Fes. 10年の軌跡」』
@三軒茶屋「Jazz & Cafe Gallery Whisper」 世田谷区上馬1-32-3(03-5787-5794)http://whisper.co.jp/whisper/
開場:17:30 開演:18:00 会費:3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/184011/まで。

 音楽ジャーナリスト小川隆夫とフォトグラファー内山繁のクロストーク第3弾。
 80年代~90年代にかけて開催された伝説のジャズ・フェス、「マウント・フジ・ジャズ・フェスティバル」。多くの大物ミュージシャンが一堂に会する、夏の風物詩とも言える音楽イヴェントでした。
 そのイヴェントを、カメラのファインダーを通して観てきた内山繁と、舞台裏でミュージシャンの肉声を聞いてきた小川隆夫が語り尽くします。
 まずは、開催のきっかけとなったNYでの「ワン・ナイト・ウィズ・ブルーノート」の話題から、内山繁撮影の写真とともにお楽しみください。


e0021965_14083286.jpg
9月6日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク・ライヴ』(第7回:平戸祐介プレイズ・ブルーノート)
@代官山「Lezard(レザール)」 渋谷区猿楽町2-5 2F(03-3496-1374)
開場:18:30 開演:19:00 会費:4000円(フリー・ドリンク)
ご予約・お問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/193629/まで。

「よそでは聴けない」を大きなテーマにしている『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク・ライヴ』。7回目となる今回は、人気絶頂のグループ、quasimodeを率いるピアニストの平戸祐介が登場。彼とホストの小川隆夫が愛するブルーノートの名曲の数々をトークとソロ・ピアノでじっくり味わいたいと思います。


e0021965_14083299.jpg
9月27日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第33回:「Mt. Fuji Jazz Fes. 10年の軌跡~音楽編」)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/193636/まで。

 8月30日に三軒茶屋の「Whisper」で開催する『小川隆夫×内山繁 クロス・トーク「Mt. Fuji Jazz Fes. 10年の軌跡」』と対をなす企画。
「Whisper」ではジャズ・フォトグラファーの内山繁氏が撮影した写真を見ながらのトーク・セッションですが、こちらは音楽を中心に伝説のジャズ・フェスティヴァルを振り返ります。フェスティヴァルにミュージシャン御用達の医師として関わった10年間。どんなエピソードが飛び出すか。



by jazz_ogawa | 2014-07-21 00:12 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(3)
e0021965_23460363.jpg
 日曜日の「Jazz Conversation」では19時台の1時間を使って「証言で綴る日本のジャズ」をやります。

e0021965_23460304.jpg
 今回のゲストは山下洋輔さん。

e0021965_23460391.jpg
 幼少時のお話から1970年代にヨーロッパで大暴れするまでを振り返っていただきます。

e0021965_23460320.jpg
 山下さんは音楽はもとより文章を書いてもワン&オンリーの方です。希代のエッセイストとしてもおなじみでしょう。そしてお話も面白い。

e0021965_23460392.jpg
 ですから、ぼくは黙っていた方がよかったかもしれません。お邪魔虫みたいなものです。それだけに、山下さんの名調子を台無しにしていなければいいのですが。

e0021965_23461223.jpg
 そしてこの「証言で綴る~」と連動させた形で18時台の特集は「日本のピアニスト~1970年代編」。

 山下さんが注目を集めていたころ、ほかにどんなピアニストが活躍していたか。30分の短い特集ですから掘り下げることはできませんが、当時愛聴していたアルバムから何曲か聴いて下さい。

e0021965_23461240.jpg
「マイルス・デイヴィスの真実」では1973年から74年にかけての動きを紹介しようと思っています。

 こんな内容ですが、よろしければ日曜の18時、InterFMでお耳にかかりましょう。

Jazz Conversation #232(2014.7.20.放送)
①【18:00:楽器別特集(第39回:日本のピアニスト~1970年代編)】
②【18:30:マイルス・デイヴィスの真実(第206回:さらなる発展を求めて)】
③【19:00:証言で綴る日本のジャズ(14)~山下洋輔】(1時間)

e0021965_23461298.jpg



by jazz_ogawa | 2014-07-19 00:06 | Inter-FM | Trackback | Comments(0)
e0021965_00332648.png
 昨日(17日)のことですが、「山下洋輔スペシャル・ビッグバンド・コンサート 2014」を観てきました。

 大きなホールでジャズのオーケストラを聴く。これも贅沢のひとつです。しかも山下洋輔さんのオーケストラとくればなおさらのこと。

e0021965_00332632.jpg
 ちなみに今度の日曜日に放送される「Jazz Conversation」では19時台の1時間が「証言で綴る日本のジャズ~山下洋輔編」です。

 それはそれとして、このオーケストラは2年に一度ツアーするんですが、毎回メンバーの充実と見事なアンサンブルで極上の時間を過ごさせてくれます。今回も文句なし。

e0021965_00332600.jpg
 今年のプログラムは第一部が組曲「展覧会の絵」で第二部がドボルザークの交響曲第9番「新世界より」。編曲と指揮はいつもどおりで松本治さん。

 山下さんはピアニストに徹していますが、それでも彼のリーダーシップと音楽性がメンバー全員に伝わり、見事な山下ワールド的クラシックのジャズ化が目の前で繰り広げられました。昨日はツアー最終日ということもあり、これまでに築いてきたチームワークの集大成にもなっていたのでしょう。

 オーソドックスなジャズ・オーケストラ編成でありながら、そこは山下ジャズですから、実にユニークな響きも随所で。メンバーの個性的なソロがクラシックの有名曲を通して独特の音楽に生まれ変わります。毎回のことですが、そこがこのオーケストラの聴きどころ。

 ジャズ・オーケストラ的な醍醐味が味わえたのはサックス陣が活躍した「新世界より」のほうかしら。中でも池田篤さんを破格の長さでフィーチャーした「家路」が素晴らしかったです。

 ぼくは池田さんにとって、彼の人生のひとこまにもなっていないような存在ですが、そして長いことお目にもかかっていませんが、いつも気にかけてきました。その池田さんが本当に立派な演奏を聴かせてくれたことに、目頭が熱くなりました。勝手にさまざまな思いがよぎったんですね。

e0021965_00332647.jpg
 そんなことも含めて、ジャズのスタイルや時代性を超越したところに山下ミュージックはあると思います。そのことを改めて実感できたのが昨日のコンサートでした。いやぁ、お見事!


「山下洋輔スペシャル・ビッグバンド・コンサート 2014」
【出演メンバー】
山下洋輔(p)
エリック宮城、佐々木史郎、木幡光邦、高瀬龍一(tp)
松本 治、中川英二郎、片岡雄三、山城純子(tb)
池田 篤、米田裕也、川嶋哲郎、竹野昌邦、小池 修(sax)
金子 健(b)
高橋信之介(ds)
松本 治(arr, cond)
2014年7月17日 「渋谷オーチャード・ホール」


by jazz_ogawa | 2014-07-18 00:36 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)

e0021965_11523894.jpg
 一昨日六本木で観てきました。

e0021965_11523861.jpg
 アニメのような色彩感や建物とか家具のデザインが素敵でした。物語の設定も面白く、テンポもよく、ひとが殺されたりもしますが、全体にほのぼのとしたムードが漂い、不思議な魅力を放つ映画でした。

 気分が良かったので、帰りは早めのセルフ・バースデイ・プレゼントということで、青山で散財しちゃいました。プラス・アルファ付きです。


by jazz_ogawa | 2014-07-15 11:53 | 映画&DVD | Trackback | Comments(2)
e0021965_12260873.jpg
 予約があまり入っていなかったのですが、当日参加の方が何人かいらして、どうにかかっこうがついた感じでの開催でした。お忙しい中、お越しいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

e0021965_12260938.jpg
 昨日のテーマは、過去に出した著書から「愛しのジャズマン」がテーマ。これまでにあちらこちらで話したり書いたりしてきたエピソードのほかにも、初めてお披露目するものもいくつか。楽しんでいただけたのなら嬉しいです。

e0021965_12260940.jpg
 話していて思ったのですが、ジャズの世界では「喧嘩別れ」といわれているエピソードが多いこと。それらの中から、ぼくが直接当人に聞いた話はみ~んな違っていました。誰かが面白おかしく脚色しちゃうんでしょうね。でも真相を知らない方が楽しみは大きいかもしれません。

e0021965_12260909.jpg
 さて、今後の「ONGAKUゼミナール」ですが、今度の土曜日はありがたいことに満席だそうです。主催者によれば、キャンセル待ちでよろしければ受け付けますとのこと。その次の8月10日はほとんど予約が入っていません。こちらはぜひ、よろしくお願いします。
 それから9月のイヴェントふたつも予約を開始しました。

【今後のONGAKUゼミナール】
e0021965_12260951.jpg
7月19日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第32回:初来日から半世紀~マイルス・デイヴィスの60年代)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/179451/まで。
こちらは満席になりました。ありがとうございます。

 この7月で初来日からちょうど半世紀。それを記念して、今回はジャズ激動の60年代を牽引したマイルス・デイヴィスと史上名高い黄金のクインテットの音楽にスポットライトを当てます。


e0021965_12261888.jpg
8月9日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第23回:When I'm Sixty-Four~1964年の奇跡』
@渋谷百軒店(ひゃっけんだな)「PANAMA JOE's」 渋谷区道玄坂2-19-1(03-3461-9047)
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:コクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/186147/まで。

 次回の「60年代音楽シリーズ」はこの8月で64歳となる小川隆夫にとって、人生を変えるほどの出来事がいくつもあった1964年にスポットライトを当てます。
 ビートルズやボサノヴァをはじめとしたさまざまな音楽との出会い、マイルス・デイヴィス初来日、バンド結成、東京オリンピックなど、多感な中学生だった時代を現在の視点から振り返ってみたいと思います。


e0021965_12261846.jpg
8月30日(土) 『小川隆夫×内山繁 クロス・トーク「Mt. Fuji Jazz Fes. 10年の軌跡」』
@三軒茶屋「Jazz & Cafe Gallery Whisper」 世田谷区上馬1-32-3(03-5787-5794)http://whisper.co.jp/whisper/
開場:17:30 開演:18:00 会費:3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/184011/まで。

 音楽ジャーナリスト小川隆夫とフォトグラファー内山繁のクロストーク第3弾。
 80年代~90年代にかけて開催された伝説のジャズ・フェス、「マウント・フジ・ジャズ・フェスティバル」。多くの大物ミュージシャンが一堂に会する、夏の風物詩とも言える音楽イヴェントでした。
 そのイヴェントを、カメラのファインダーを通して観てきた内山繁と、舞台裏でミュージシャンの肉声を聞いてきた小川隆夫が語り尽くします。
 まずは、開催のきっかけとなったNYでの「ワン・ナイト・ウィズ・ブルーノート」の話題から、内山繁撮影の写真とともにお楽しみください。


e0021965_12261965.jpg
9月6日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク・ライヴ』(第7回:平戸祐介プレイズ・ブルーノート)
@代官山「Lezard(レザール)」 渋谷区猿楽町2-5 2F(03-3496-1374)
開場:18:30 開演:19:00 会費:4000円(フリー・ドリンク)
ご予約・お問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/193629/まで。

「よそでは聴けない」を大きなテーマにしている『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク・ライヴ』。7回目となる今回は、人気絶頂のグループ、quasimodeを率いるピアニストの平戸祐介がとプ上。彼とホストの小川隆夫が愛するブルーノートの名曲の数々をトークとソロ・ピアノでじっくり味わいたいと思います。


e0021965_12261999.jpg
9月27日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第33回:「Mt. Fuji Jazz Fes. 10年の軌跡~音楽編」)
@銀座「le sept」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、
またはコクチーズhttp://kokucheese.com/event/index/193636/まで。

 8月30日に三軒茶屋の「Whisper」で開催する『小川隆夫×内山繁 クロス・トーク「Mt. Fuji Jazz Fes. 10年の軌跡」』と対をなす企画。
「Whisper」ではジャズ・フォトグラファーの内山繁氏が撮影した写真を見ながらのトーク・セッションですが、こちらは音楽を中心に伝説のジャズ・フェスティヴァルを振り返ります。フェスティヴァルにミュージシャン御用達の医師として関わった10年間。どんなエピソードが飛び出すか。



by jazz_ogawa | 2014-07-14 00:01 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(0)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム