小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧
e0021965_1054128.jpg
 西船橋での「ONGAKUゼミナール」にお越しいただいたみなさま、本当にありがとうございました。ここでのイヴェントは今回で2回目。どちらもほぼ満席でありがたい限りです。

e0021965_1055141.jpg
 テーマは得意の「マンハッタン・ジャズ散歩」。マンハッタンやニューヨークにまつわる曲をかけながら、あちこちの街並みを写した写真を紹介しながらのエアー散歩(?)です。

e0021965_106120.jpg
 ミッドタウン、イースト・ヴィレッジ、セントラル・パーク、ハーレム、チャイナタウン、クライスラー・ビル、エンパイア・ステート・ビル、春夏秋冬、さまざまなマンハッタンの写真を見ながら、みなさんとあちこちをさまよいました。

e0021965_1062334.jpg
 いい加減なナヴィと一緒でどうだったかわかりませんが、少しでもマンハッタンをブラブラした気分になっていただけたのなら嬉しいです。

e0021965_1064772.jpg
 西船橋「Ten & Half Cafe」での「ONゼミ」、次回は2月に予定しています。そのときはまたよろしく。

e0021965_107311.jpg
 それで今後ですが、10月と11月の「ONGAKUゼミナール」が現在予約受付中です。10月の2回はすでに何度か紹介していますが、11月のイヴェント告知は初めてです。

 11月9日(土)の『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク&スペシャル・ライヴ』(第3回:スペシャル・ゲスト~木住野佳子 プレイズ・ビル・エヴァンス)は、デビュー以来一貫して小さなジャズ・クラブ出演を見合わせてきたピアニストの木住野佳子さんが代官山の「レザーール」で演奏してくれることになりました。こういうチャンスはめったにないと思われます。ぜひ、よろしく。


【今後の「ONGAKUゼミナール」】
e0021965_1071674.jpg
10月5日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第19回:祝! ザ・タイガース再結成~ザ・タイガースのすべて』
@三軒茶屋「Jazz & Cafe Gallery Whisper」 世田谷区上馬1-32-3(03-5787-5794)http://whisper.co.jp/whisper/
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、または
http://kokucheese.com/event/index/109844/まで


e0021965_1073923.jpg
10月19日(土) 『小川隆夫と聴くUKオリジナルLP盤~ザ・ビートルズ vs. ザ・ローリング・ストーンズ+プラチナSHM試聴会』
@ 銀座「Blue Eyes」 中央区銀座1-20-15(03-3564ー4155)http://www.miles5.co.jp/
開場:14:00 開演:14:30 会費:2000円(+1ドリンクオーダー)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、または
http://kokucheese.com/event/index/109846/まで


e0021965_1083491.jpg
11月9日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~トーク&スペシャル・ライヴ』(第3回:スペシャル・ゲスト~木住野佳子 プレイズ・ビル・エヴァンス)
@代官山「Lezard(レザール)」 渋谷区猿楽町2-5 2F(03-3496-1374)
開場:18:30 開演:19:00 会費:4000円(フリー・ドリンク)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、または
http://kokucheese.com/event/index/115762/まで


e0021965_1084980.jpg
11月30日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第28回:ジャズで聴くミシェル・ルグラン・ソングブック)
@「Bar le sept銀座」 中央区銀座6-7-19 ミクニ銀座ビル7F(03-5537-2388)
開場:17:30 開演:18:00 会費3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、または
http://kokucheese.com/event/index/115766/まで
by jazz_ogawa | 2013-09-30 10:14 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(0)
e0021965_2174151.jpg
 ようやく涼しくなってきた今日このごろ、次回は9月最後の「Jazz Conversation」になります。

e0021965_2175213.jpg
 今回の特集は、昨年に続いての「ご長寿ミュージシャン集合」。勝手に基準を設けていて、資格は80歳以上の現役。

 とはいってもバリバリの現役もいれば、ご高齢ですからほんのときたま活動しているひとも。昨年の放送とはかぶらない人選をしますが、今年来日したひともけっこういます。みなさんお元気でご同慶のいたりです。

e0021965_218290.jpg
「マイルスの真実」はボクシングの世界チャンピオン・シリーズみたいな感じになっています。

e0021965_2181794.jpg
 そして特集と連動した形で「ミート・ザ・スター」には89歳と半のボブ・ドローが登場。

e0021965_2183117.jpg
 それにしても若い!

e0021965_2184624.jpg
 ドローのマイルス話も面白かったです。ただしこの部分、かなり長いので番組ではほんの一部を、みたいになるでしょう。そこが残念というか勿体ないというか。まあどこかで紹介したいとは思いますが。

 といった内容で次回はお送りします。日曜日の18時、よろしければInterFMでお会いしましょう。

Jazz Conversation #191(2013.9.29.放送、10.3.再放送)
①【18:00:ご長寿ミュージシャン集合~パート1】
②【18:30:マイルス・デイヴィスの真実(第165回:『ジャック・ジョンソン』への布石)】
③【19:00:Meet The Star(第141回:ボブ・ドロー)】
④【19:30:ご長寿ミュージシャン集合~パート2】

e0021965_2185751.jpg

by jazz_ogawa | 2013-09-27 02:21 | Inter-FM | Trackback | Comments(2)
e0021965_9261725.jpg
 封切り前から気になっていたので、日曜日に観てきました。

e0021965_9263247.jpg
 渡辺謙の鬼気迫る演技に圧倒されました。観ていて怖いほどです。演技とはいえ、これほどの殺気が出せる役者さんはそんなにいないでしょう。

e0021965_9264113.jpg
 テーマがテーマだけにハッピーな気分で映画館をあとにするよな内容ではありません。凄い映画であることは間違いないでしょうし、高い評価をくだされることと思います。強い印象を覚えました。いろいろな点で観てよかったとは思っていますが、こういう映画は観るのが辛いです。

 次は何かハッピーになる映画を観にいきましょう。
by jazz_ogawa | 2013-09-25 09:27 | 映画&DVD | Trackback | Comments(6)
e0021965_23364948.jpg
『メイン ストリートのならず者』(国内盤プラチナSHM)
『刺青の男』(国内盤プラチナSHM)

 今回は水曜日に発売されるストーンズのプラチナSHMが目玉。

 これはユニバーサルミュージックとビクタークリエイティブメディアが開発したプラチナ素材を用いたSHMディスクというんでしょか? CD規格から外れているため、CDとは呼べないことになっています。

 呼び名はどうでもいいんですが、高音質が実現されているところが重要。しかもSACDとは違って従来のプレイヤーで聴けるところがポイントです。

 こうなるとSACDとの聴き比べもやってみましたが、軍配はウーン。どっちも従来のCDよりは音がいいです。とくにミックのヴォーカルが迫力満点。これは嬉しい。

 第一弾のストーンズ関連は上記の2枚。

e0021965_2337399.jpg
 ボックスに入っていて、蓋を開けると、左にディスク、右に紙ジャケが収納できるようになっています。

e0021965_23371270.jpg
 ディスクの表面はグリーンで、デザインもスッキリ。

e0021965_23372326.jpg
 今回の2枚では、当然こちらが注目。内袋とポストカードも再現されています。

e0021965_23373265.jpg
 この担当者の偉いところは、帯に国内オリジナル盤(別会社のパイオニアから出ていた)のカタログ番号を印刷しているところ。ただし下のほうにはしっかりユニバーサルのロゴも入っていますが(ア~ア)。

 今後もこのプラチナSHMはシリーズ化されるので、またスートンズのコレクションが増えてしまいます。嬉しいのか困っているのか、自分でもよくわかりません。でも単なる再発じゃないので、やっぱりこういうのは大歓迎です。

e0021965_23374773.jpg
『地獄の果てまで連れてって』(国内盤)
 ヨーコさんのプラスティック・オノ・バンドによる新譜。

e0021965_2337569.jpg
 日本盤のみ2CD(Blu-spec CD2+特別ディスク)、ボーナストラック付、歌詞対訳の豪華仕様です。

e0021965_2338561.jpg
 特別ディスクの盤面をデザインしたのは横尾忠則さん。

e0021965_23381439.jpg
『Out of Sight』(US盤 7インチ・シングル)
 ポールがイタリア出身のSIR BOB CORNELIUS RIFOによるエレクトロDJユニット/ダンス・パンク・スタジオ・ソロ・プロジェクト(あ~長い・苦笑)のTHE BLOODY BEETROOTSの新曲に参加。

e0021965_23382645.jpg
 これはハンド・ナンバリング入り2000枚限定の7インチ・シングル盤。今月発売のセカンド・アルバム『HIDE』からのシングル・カットです。

今回はここまで。
by jazz_ogawa | 2013-09-23 00:17 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(0)
e0021965_940579.jpg
 今回の「Jazz Conversation」ではまたまた新しい企画をやってみたいと思います。題して「証言で綴る必聴! ジャズ名盤」。

 これまで高音質盤を用いた「必聴! ジャズ名盤」は8回ほどやっていますが、9回目となる今回は、当事者が語る「必聴! ジャズ名盤」です。

e0021965_940186.jpg
 まな板に乗ってくれたのはチックさん。取り上げる名盤は大ヒット曲「スペイン」を初めて収録した『チック・コリア&リターン・トゥ・フォーエヴァー/ライト・アズ・ア・フェザー』です。

e0021965_9403170.jpg
 チックさんみずからがRTFとこのアルバムについて語り、短いコメントではありますが全曲を紹介してくれます。こんなことをやっちゃうのも「Jazz Conversation」のいいところじゃないでしょうか。と、ここは自画自賛。

e0021965_9411542.jpg
 この「証言で綴る必聴! ジャズ名盤」は19時台の1時間を使って放送します。

e0021965_9413228.jpg
 ということで特集は18時台の前半だけ。いつもの半分の長さになってしまいましたが、「女流ギタリスト」の演奏をいくつか紹介したいと考えています。

e0021965_9414275.jpg
「マイルス・デイヴィスの真実」は「フィルモア・イースト」ライヴから離れ、新しい局面に突入します。この時期、マイルスはスタジオでいくつものレコーディングをしています。なので、ここからの数回はそれらを整理しようかなと。

 ということで、今度の日曜のラインアップはこんな感じ。興味のある方はInterFMでお耳にかかりましょう。

Jazz Conversation #190(2013.9.22.放送)
①【18:00:楽器別特集(第34回:女流ギタリスト)】
②【18:30:マイルス・デイヴィスの真実(第164回:ジャズとロックの垣根を越えて)】
③【19:00:(証言で綴る)必聴! ジャズ名盤(第9回:『チック・コリア&リターン・トゥ・フォーエヴァー/ライト・アズ・ア・フェザー』)】

e0021965_9415860.jpg

by jazz_ogawa | 2013-09-20 09:44 | Inter-FM | Trackback | Comments(6)
e0021965_11443769.jpg
「東京Jazz」で見逃してしまったため、先週の木曜日に「ブルーノート東京」で観てきました。

 注目のグループだけあって充実した内容です。

「若いミュージシャンと一緒に自分がやりたい音楽をやりたいようにやる」

e0021965_11444936.jpg
 前回来日したときにチックはぼくのインタヴューでこう語ってくれました。

 そしてステージではそのとおりの演奏が。

e0021965_1144594.jpg
 注目株のマーカス・ギルモアとチャールズ・アルトゥラのプレイは期待以上のものでしたし、それよりなによりチックの溌剌とした演奏には最初から最後まで圧倒されっぱなし。

 40年以上も前にリターン・トゥ・フォーエヴァーで斬新な音楽を聴かせてくれたチック。そのひとがいまも最先端の音楽をクリエイトしている。尽きぬ創造性には驚かされるばかりです。

 先日観た87歳のトニー・ベネットも素晴らしかった。そしてこのチックと彼のニュー・グループも最高。音楽の楽しみに限界はありません。とことん楽しんで、残りの人生を充実したものにしよう。そんなことを思った夜でした。


e0021965_11451253.jpg
【出演メンバー】
Chick Corea(p)
Tim Garland(sax)
Charles Altura(g)
Carlitos Del Puerto(b)
Marcus Gilmore(ds)
Luisito Quintero(per)
2013年9月12日 「南青山 ブルーノート東京」 ファースト・セット
by jazz_ogawa | 2013-09-16 11:46 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_8592521.jpg
 このところお気に入りのテーマになっている「ザ・対決」が今回の特集。

e0021965_8593879.jpg
「Jazz Conversation」では2回目の「ザ・対決」です。対決するのはクリフォード・ブラウンとウイントン・マルサリス。彼らの5番勝負をお楽しみください。

e0021965_8595025.jpg

e0021965_90512.jpg
 この特集を組むにあたりふたりのレコーディングをチェックしてみたんですが、共通点が多いことに改めてびっくり。そのあたりのことにも触れながら両者の聴き比べをやってみましょう。

e0021965_901897.jpg
「マイルスの真実」では1970年3月6日の「フィルモア・イースト」の話がまだ続いています。今回も未発表演奏を紹介します。

e0021965_903423.jpg
「ミート・ザ・スター」のゲストはギタリストのチャック・ローブ。

e0021965_905094.jpg
 新作『シルエット』を8月に出したばかりなので、そこから演奏を聴きながらのインタヴューになっています。

e0021965_91012.jpg
 それでは3連休中ですが、あすの日曜日、お時間があればInterFMでお耳にかかりましょう。

Jazz Conversation #189(2013.9.15.放送)
①【18:00:ザ・対決(第2回:クリフォード・ブラウンvsウイントン・マルサリス~パート1)】
②【18:30:マイルス・デイヴィスの真実(第163回:ロック・ファンからも評価)】
③【19:00:Meet The Star(第140回:チャック・ローブ)】
④【19:30:対決シリーズ(第2回:クリフォード・ブラウンvsウイントン・マルサリス~パート2)】

e0021965_911592.jpg

by jazz_ogawa | 2013-09-14 09:04 | Inter-FM | Trackback | Comments(0)
e0021965_10134044.jpg
 白眉はなんといっても初日の昼の部に登場したトニー・ベネット。

 御年87歳の現役バリバリです。ステージに登場しただけでぼくは涙腺が緩んでいました。

 たしか1948年にレコード・デビューしていますから、そこから数えても65年のキャリア。その年輪を重ねた歌声はいまだ衰えがありません。

 なんという歌唱力でしょう。どの曲からも歌の心が伝わってきます。声量もあれば、肩から力を抜いて歌うときのリラックスした様子もお見事。

e0021965_10135088.jpg
 ステージに出ることを心から楽しんでいたのでしょう。迎える満場のオーディエンスの反応も心温まるものでした。何度スタンディング・オヴェイジョンをしたことか。

 昨年のバート・バカラックといい、超ヴェテランの素晴らしいステージに接することができて、ほんと生きててよかった、です。

 そのほかにも素晴らしいステージがいろいろありましたが、今年は自分のイヴェントとも重なり、全部のコンサートを観ることができなかったのが残念。

e0021965_101412.jpg
 おまけに前回のブログにも書きましたが、地上広場で予定されていたぼくの「トーク&ライヴ」は土砂降りのため中止。

 せっかく素晴らしいミュージシャンがこのために待機していてくれたのにもったいない。このイヴェントを楽しみにしていた方にも申し訳なかったですが、泣く子と豪雨にはかないません。

e0021965_10142710.jpg
 これ、バック・ステージに貼ってあった予定表。

e0021965_10143749.jpg
 それをアップにすると、この3人をバックにぼくが歌うことになっていた?

【本日のおまけ】
e0021965_10144792.jpg
 こちらは25年前の写真。お互いに若い。このときのベネットさんがいまのぼくの年齢です。ふたりのジャケットが時代を感じさせます。
by jazz_ogawa | 2013-09-11 10:18 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_14553995.jpg
 一昨日は開催中の「東京Jazz」と重なってしまいましたが、「東京Jazz」の昼の部を観てから「le sept」で「ONGAKUゼミナール」をやってきました。お忙しい中、ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました。

e0021965_14555180.jpg
 今回のテーマは「ザ・対決 チック・コリア vs. キース・ジャレット」。つまりふたりの演奏をいくつかのテーマで聴き比べてみるという、実にイージーな発想によるものです。

e0021965_1456157.jpg
 ところが自分でいうのもなんですが、これがけっこう面白い。少し前の「Jazz Conversation」で「ブルーノート vs. プレスティッジ」というレーベル対決をやって味をしめたことが、今回のイヴェントにつながりました。

 これに気分をよくしたぼくは、次回(15日)の「Jazz Conversation」でもこの「ザ・対決」をやろうと思っています。こちらはクリフォード・ブラウンとウイントン・マルサリスに対決してもらいます。

 それから10月には銀座の「Blue Eyes」でビートルズとストーンズの対決が待っています。

 ネタはいくらでもありますので、お手軽ないいテーマを見つけたもんだと悦に入っています。そのうち飽きられちゃうとは思いますが、それまではせいぜいあちここちで「ザ・対決」をやっていこうかなと。

e0021965_14561534.jpg
 今後の「ONGAKUゼミナール」も紹介しておきましょう。

 主催者の報告によれば10月5日の「祝! ザ・タイガース再結成~ザ・タイガースのすべて」にはまったくひとが集まっていないそうです(現在3名、トホホ)。「Whisper」のイヴェントでは前回もギリギリ最後になって神風が吹き、なんとか体面を保つことができました。今回はどうなることやら。


【今後のONGAKUゼミナール】
e0021965_14563669.jpg
9月28日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール@西船橋 vol.2』(マンハッタン・ジャズ散歩)
@「Ten & Half Cafe」 千葉県船橋市本郷町421-2 1階(047-711-1911)
開場:15:30 開演:16:00 会費2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、または
http://kokucheese.com/event/index/98050/まで


e0021965_14564851.jpg
10月5日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第19回:祝! ザ・タイガース再結成~ザ・タイガースのすべて』
@三軒茶屋「Jazz & Cafe Gallery Whisper」 世田谷区上馬1-32-3(03-5787-5794)http://whisper.co.jp/whisper/
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、または
http://kokucheese.com/event/index/109844/まで


e0021965_14565988.jpg
10月19日(土) 『小川隆夫と聴くUKオリジナルLP盤~ザ・ビートルズ vs. ザ・ローリング・ストーンズ+プラチナSHM試聴会』
@ 銀座「Blue Eyes」 中央区銀座1-20-15(03-3564ー4155)http://www.miles5.co.jp/
開場:14:00 開演:14:30 会費:2000円(+1ドリンクオーダー)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話、または
http://kokucheese.com/event/index/109846/まで


【ご報告】
e0021965_1531510.jpg
 昨日(9月8日)の「東京Jazz」では会場となった東京国際フォーラム・地上広場で6時からぼくのトーク&ライヴ・イヴェントを予定していましたが、折からの激しい雨で中止となりました。

 マット・ダスク他がゲスト参加してくれることになっていたのですが残念無念。7日のマット・ダスクのステージにスペシャル・ゲストとして登場した八代亜紀さんが「雨雨降れ降れもっと降れ~」と歌ったのが原因でしょうか?

 ともあれお集まりいただいたみなさん、申し訳ありませんでした。
by jazz_ogawa | 2013-09-09 15:09 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(4)
e0021965_114598.jpg
 次回の放送は開催中の「東京JAZZ」と重なってしまいますし、番組の開始時間である18時には、「東京JAZZ」の会場である丸の内・東京国際フォーラムの地上広場に特設された「DJブース」でぼくのトーク(&ライヴ たぶん)イヴェントもスタートします。ですから分身の術を使って、両方に登場することになっています。

e0021965_11451761.png
「東京JAZZ」でのイヴェントには、うまく行けば昼の部に出演したミュージシャンがゲストで登場してくれます。目下交渉中で、ぼくも実現することを楽しみにしています。

e0021965_1145268.jpg
 さて、番組ではただいま上映中の映画『オン・ザ・ロード』を紹介しようと思っています。これは、ぼくも高校のころに読んで感化されたビートニク作家ジャック・ケルアックの出世作『路上』にまつわる物語。

e0021965_11453519.jpg
 車に乗ってニューヨークから西海岸まで行ったり来たりするロード・ムービーです。時代は1940年代末から50年代初頭にかけて。その時代の若者たちの苦悩や人生観を描いた映画で、当時のジャズがいろいろ登場します。

e0021965_11454937.jpg
 ということで、特集の前半はその『サウンドトラック・アルバム』から。そして後半は、ぼくが選んだその時代のジャズをかけようかな、と。こちらは、言ってみれば「アナザー・サイド・オブ・オン・ザ・ロード」といった感じでしょうか。

e0021965_11455841.jpg
「マイルスの真実」では、前回消化不良を起こした方のために、今回は始めにちょっと話をするだけで、あとはたっぷり未発表ライヴをお聴かせしようと思います。マニアの方は録音の準備をお忘れなく。

e0021965_11503690.jpg
 そして「ミート・ザ・スター」のゲストは、あの大江千里さん。彼、日本での大成功を断ち切り、ニューヨークに移住してジャズ・ピアニストになっているんですよね。

e0021965_11504747.jpg
 その2作目『スプーキー・ホテル』(本日発売!)を引っさげての凱旋帰国です。明日(土曜日)は「東京JAZZ」にこのオーケストラで出演し、放送エリアの関東近辺では来週の木曜日(「モーションブルー横浜」)と金曜日(「ブルーノート東京)にもセクステットでのライヴがあります。

e0021965_1151073.jpg
 その大江さんが新作を携えてスタジオに来てくれました。初対面ですが、会ったとたんにシンパシーを感じました。生き方に共鳴したんでしょうね。

e0021965_11511066.jpg
 やりたいことをとことんやる。ぼくもそういう人間ですから、「道は違っても似ているなぁ」と勝手に感じていました。

e0021965_1151198.jpg
 インタヴュー後も意気投合し、いろいろ話してしまいました。連絡先を交換して年末にニューヨークで会いましょう、なんて約束もしました。ぼくの場合、こういうことってほとんどないんですが、大江さんとは昔からの知り合いのような感じがしました。と勝手に思っていますが、彼はどう思ったことやら。

e0021965_11512831.jpg
 そんなこんなで(何が?)、次回の「Jazz Conversation」は次のようなラインアップになります。

Jazz Conversation #188(2013.9.8.放送)
①【18:00:映画『オン・ザ・ロード』~パート1】
②【18:30:マイルス・デイヴィスの真実(第162回:ロック・フィールドへの進出)】
③【19:00:Meet The Star(第139回:大江千里)】
④【19:30:映画『オン・ザ・ロード』~パート2】

 放送も聴いてほしいし、地上広場に特設する「DJブース」にも来てほしいなぁ。

e0021965_11513842.jpg

by jazz_ogawa | 2013-09-06 12:00 | Inter-FM | Trackback | Comments(4)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム