小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧
e0021965_14154653.jpg
 25日のことですが、今月3回目になるインタヴューを受けました。ひごろはこちらがインタヴューする側なんですが、短期間に3回続けてインタヴューをされると妙な気分です。

 今回は「アットジャズ(@Jazz)」というネットで展開しているジャズのポータルサイト用のインタヴュー。

e0021965_14155622.jpg
 インタヴューアーは山口ミルコさん。お名前は存じていましたがお会いするのは初めて。そしてテーマはブルーノート。拙著もいろいろ読んでくださっていて、質問が的を射ていたので楽しくお話をすることができました。ありがとうございます。

e0021965_1416865.jpg
 ネット上にアップされるのは5月ごろとのことなので、そのときが来たらまたこのブログでお知らせ(自慢)します。

e0021965_14165149.jpg
 そういえば、InterFMのフリーペーパー『It's About the MUSIC!』(001号)が送られてきました。

e0021965_1417269.jpg
 こちらにも今月の初めに受けたインタヴューが掲載されています。

e0021965_14171425.jpg
 このフリーペーパー(こちらが裏表紙)、どこでもらえるんですかね?
by jazz_ogawa | 2013-03-30 14:19 | Works | Trackback | Comments(0)
e0021965_935789.jpg
 1週間ほど前になりますが、日本を代表するアレンジャーの前田憲男さんにインタヴューをさせていただきました。

 まったく独学でアレンジを習得したという前田さん。インタヴューは、5月にユーキャンから通販される10枚組CDボックス・セット『BEST OF SWING JAZZ』の解説書用です。

 ピアニストとしての前田さんはモダン・ジャズ以降のスタイルの持ち主です。影響を受けたのはジョージ・シアリングやオスカー・ピーターソンだと仰っていました。しかし最初に買ったのはベニー・グッドマンのSPで、そこにスイング・ジャズをアレンジする上でのエッセンスがすべて詰まっていたというお話には納得。

e0021965_9351868.jpg
 前田さんといえば、「両手で同時に違う曲のアレンジを書いた」という伝説の持ち主。そのことも聞いてみました。曰く、「同じ曲のヴァイオリン・パートなんかを同時に書いたことはある」とのこと。とにかく忙しくて時間がなく、苦肉の策として同時に2枚ずつ書いていたそうです。

 これまでいったいどのくらい編曲をしたんでしょう? 本人もわからないとのこと。あるときから特注の五線紙を毎年5000枚発注するようになったといいますから、オーケストラのアレンジを中心に考えれば、それだけで年に300曲から400曲くらいは書いていたんじゃないでしょうか?

e0021965_9353183.jpg
 量産型のアレンジャーですが、ありきたりの編曲しかしていなければ、それはただの便利屋さんにすぎません。しかし前田さんの凄いところは、これだけの量をこなしながら「超」の時が何個もつくほど素晴らしいアレンジを残していることです。まさに天才。こういう方のお話をうかがっているとこちらもいい刺激になります。
by jazz_ogawa | 2013-03-28 09:41 | Works | Trackback | Comments(2)
 
e0021965_132416.jpg
 先週の放送をお聴きいただいた方はご承知と思いますが、わが「Jazz Conversation」はInterFM始まって以来という(?)大改編の荒波をくぐり抜け、存続が決まり、放送時間も2時間に戻りました。新たな放送日と時間は日曜日の18時から。

「2時間放送の復活」を希望するメールを番組宛にこれまでたくさんいただきました。それが後押しをしてくれたことは間違いありません。本当にありがとうございました。

 しかし心配性でネガティヴ・シンキングのぼくですから、早くも「次の番組改編ではどうなるか?」なんてことをつい思ってしまいます(苦笑)。「始めがあれば終わりもあるさ」ですが、それでもしばらくは「2時間枠」を思いっきり楽しもうと思います。

e0021965_1325220.jpg
 といっても特別なことはやりません。以前のように「マイルス・デイヴィスの真実」と「ミート・ザ・スター」は原則として毎週やって、あとは特集という構成でいきますか。

 水曜日23時の放送も定着していたと思うのですが、またまたお引越し。以前は日曜16時からの2時間放送でしたが、18時スタートというのはどうなんでしょう?

 16時から放送していたときは「ゴルフ帰りの車の中」とか「夕食の準備中」とか、そんなメールをずいぶんいただきました。今度は夕食の時間帯なので聴くひとが減ってしまうかもしれません。はい、ネガティヴ・シンキングの小川が顔を覗かせました。

e0021965_133645.jpg
 まあそれはそれとして、1時間枠最後の放送はこんな内容になります。

Jazz Conversation #166(2013.3.27.放送)
①【23:00:最近の新譜から~パート1】
②【23:20:Meet The Star(第120回:チャールス・ロイド)】
③【23:40:最近の新譜から~パート2】

e0021965_1332219.jpg
「ミート・ザ・スター」のゲスト、チャールス・ロイドも2月に新作を出したばかりですから、今回は1時間丸ごと新譜特集となります。

e0021965_1333178.jpg
 この新作『ヘイガーズ・ソング』はちょっとワケありの1枚です。そんな話もインタヴューでは登場することでしょう。

e0021965_1334173.jpg
 それでは水曜日の放送としては最終回となる次回、27日の23時InterFMでお耳にかかりましょう。


 とここまで書いたところで大事なことを思い出しました(ぼくにとって、ということですが)。

 今晩のNHK-BSプレミアムで放送される「日本人の愛する洋楽アーティスト50」(23時45分から26時44分まで)という番組に登場するんでした。

e0021965_134254.jpg
 情報は解禁していいと思うので書いちゃいますが、ぼくは第6位(だと思います)に選ばれたサイモン&ガーファンクについてのインタヴューを受けました。

 たまたま81年にセントラルパークで開かれたフリー・コンサートに行っていたからでしょうけど、そのときのことや、その後に「マジソン・スクエア・ガーデン」などで観たコンサートについて話しています。

e0021965_1372927.jpg
 でも、たぶん使われるのはひとことかふたことでしょう。6位ということは日にちが変わって27日の午前2時すぎのオンエアーでしょうか? 今日はサッカーを見たら寝ちゃうでしょうから、忘れずにビデオ予約をしておかなくちゃ。
by jazz_ogawa | 2013-03-26 13:07 | Inter-FM | Trackback | Comments(4)
e0021965_16241187.jpg
「JAZZ WEEK TOKYO 2013」は今年から始まった都市型のジャズ・フェスティヴァルとでもいったらいいでしょうか。単独アーティストによるコンサート形式で、今回は22日から27日までの6日間で6組のアーティストが登場。

e0021965_1624256.jpg
 ぼくがどうしても観たかったのはウエイン・ショーター。先月発売された新作ライヴの『ウィズアウト・ア・ネット』が素晴らしかったことと、久々のライヴが観られることとで、これは絶対に落とせない。期待大で渋谷ヒカリエ内にある「東急シアターオーブ」に行ってきました。

e0021965_1624347.jpg
 ショーターは今年の8月で80歳。とてもそんな歳とは思えないアグレッシヴで創造的な演奏を新作でも聴かせてくれました。ただしこの新作が録音されたのは2011年のこと。それから2年ほどがすぎた現在、果たしてどのような演奏と音楽を聴かせてくれるのか?

 ダニーロ・ペレス、ジョン・パティトゥッチ、ジョナサン・ピンソンのリズム・セクションを従えたショーターは貫禄充分。そして堂々たるプレイで圧倒的な存在感を示しました。

 ぼくはありがたいことに前から4列目のほぼ真ん中の席で観ることができました。相変わらずのちょっとした仕草が茶目っ気を感じさせます。

 ショーターは生粋の即興演奏家です。その場で思い浮かんだことをどんどん音に出していきます。曲ごとに大枠はきまっているのでしょうが、それ以外は4人がそのときに思いついたプレイを自由にやってみせる。

 これはウェザー・リポートの手法でもあります。彼がいまだにそうやって、その場で次々と創造的なプレイを生み出していく。その姿を間近に観ることができて、ぼくはとても触発されました。

 予想していたこととはいえ、年齢を超越したプレイは現代のジャズにおける最先端に位置するもの。この創造性の源はどこにあるのでしょう?

e0021965_16245014.jpg
 マイルスもこの世を去るまで前進し続けましたが、弟分的なショーターもまったく負けていません。というか、マイルスは65歳でこの世を去ってしまいましたから、ショーターがいまなおジャズの先頭に立ち、前人未到のプレイを継続していることには驚くほかありません。そしてその姿に感動しました。

 昨日のコンサートを観ながら思っていたのはマイルスの遺伝子について。ショーターはいまもマイルスに端を発した音楽を追求することで、おのれの理想を具現化しようとしている──そう思えてなりません。このことはマイルスのグループに参加した全員が、程度の差こそあれ同様なんじゃないでしょうか。

 イージー・リスニング的な軟弱ジャズも嫌いじゃありませんが、ショーターが聴かせてくれたハードで創造的な演奏も大好きです。ぼくはおおいに刺激をされて会場をあとにしました。

e0021965_1625038.jpg
【出演メンバー】
Wayne Shorter(ts, ss)
Danilo Perez(p)
John Patitucci(b)
Jonathan Pinson(ds)
2013年3月24日 渋谷「東急シアターオーブ」
by jazz_ogawa | 2013-03-25 16:27 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(1)
e0021965_1481284.jpg
 大月と諏訪はずいぶん前に本業の関係でしばらく住んでいたことがあるんですが、その先の伊那には初めて行ってきました。

 今回は、ぼくのブログや銀座「le sept」での「ONGAKUゼミナール」などに参加してくださっているmotoさんの企画で、伊那での「ONGAKUゼミナール」が実現しました。

e0021965_1482740.jpg
 お骨折りくださったmotoさんおよび会場となった「雨ことばカフェ」のみなさん、そしてお集まりいただいた方々に心よりお礼を申し上げます。どうもありがとうございました。

e0021965_1415353.jpg
「雨ことばカフェ」は食事もできるゆったりとした空間の居心地のいいお店です。2階はギャラリーにもなっていて、この雰囲気、とても気に入りました。

e0021965_148492.jpg
 それで「ONGAKUゼミナール」ですが、初めての場所なのでテーマは何にするか? どんな方が来られるのかもわかりませんし、こういう場合は「マイルス・デイヴィスで聴くモダン・ジャズの歴史」がわかりやすいかなと考え、これまでにも何度かやったことのあるこのテーマにしました。

 しかし今回はいつもと違い、かなり真面目な内容になったんじゃないでしょうか。ほとんど脱線もしなかったですし。こういうのもたまにはいいかもしれません。
e0021965_149585.jpg

 最後まで聴かなかった曲もありますが、みなさんに聴いてもらったのは以下の12曲。

1. Indiana(Original Dixieland Jazz Band)
2. Flying Home(Benny Goodman Sextet)
3. Au-Leu-Cha(Charlie Parker)
4. Godchild
5. Well You Needn't
6. My Funny Valentine
7. My Ship
8. Milestones
9. So What
10. E.S.P.
11. Pinocchio
12. Pharoah's Dance

e0021965_1491878.jpg
 簡単にモダン・ジャズにいたる経緯をお話してからマイルスがいかにモダン・ジャズの行方を決定する演奏を残したかについて紹介したんですが、楽しんでいただけたでしょうか?

e0021965_1416224.jpg
 それで、終わったあとにお店のオーナーから「今後も定期的にお願いできませんか?」という嬉しいお言葉もいただきました。こちらはいつでもOKです。

 なお4月は「ONGAKUゼミナール」が2回あります。まだまだご参加をお待ちしていますのでよろしく!

4月6日(土) 『小川隆夫と聴くブルーノート・オリジナル10インチLP』
@ 銀座「Blue Eyes」 中央区銀座1-20-15(03-3564ー4155)http://www.miles5.co.jp/
開場:14:00 開演:14:30 会費:2000円(+1ドリンクオーダー)
予約・お問い合わせはhttp://kokucheese.com/event/index/72227/、もしくは「Blue Eyes」まで


4月27日(土) 『ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第17回:ブルース~ブルース・ロック』
@上馬「Jazz & Cafe Gallery Whisper」 世田谷区上馬1-32-3(03-5787-5794)http://whisper.co.jp/whisper/
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせはhttp://kokucheese.com/event/index/72689/、もしくは「Whisper Jazz & Cafe Gallery」まで
by jazz_ogawa | 2013-03-24 14:17 | ONGAKUゼミナール | Trackback(1) | Comments(2)
e0021965_0182653.jpg
 昨晩のことですが、超満員の「ブルーノート東京」で観てきました。今回は2年ぶりとなる日本でのソロ・ライヴ。最高でした。

 トリオやそれ以外の編成もいいですが、ソロもお見事。アンコールも入れての1時間半があっという間にすぎていきました。

 パワフルでスピード感に溢れたプレイ。ここに上原さんの魅力を感じますが、ソロ・ピアノを弾くときは、これらに加えて叙情味もたっぷりと聴かせてくれます。同じ曲でもソロとそれ以外の編成で演奏するときとでは表情がまったく違います。

 もともと表情豊かなプレイが上原さんの持ち味だと思います。昨日はそれがさらにきめ細やかになって迫ってきました。

 感心したのはクライマックスの持っていき方が実に自然だったこと。緩急自在の演奏を通していつの間にか盛り上がっている。そんな場面に何度も遭遇しました。無理せず自然体で演奏しているんでしょうね。作為的なところや鼻につく演奏はいっさいありません。気持ちの赴くまま、奔放に音を紡ぎながら、構成もきちんとしている。そういう演奏ができるところに彼女の素晴らしさを改めて感じました。

e0021965_0185134.jpg
 デビュー以来ずっと注目してきましたが、この先、どこまで伸びていくんでしょう。ぼくの知らない音楽の世界にこれからも連れていってくれるだろうことを期待しながら、暖かくなった夜の道を歩くのは心地のいいものですね。

 今日はこれから長野県の伊奈までイヴェントをやりに行ってきます。

【出演メンバー】
上原ひろみ(p)
2013年3月22日 「南青山 ブルーノート東京」 ファースト・セット
by jazz_ogawa | 2013-03-23 08:50 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_9454359.jpg
 今月出た2冊です。

e0021965_9455645.jpg
『ザ・ビートルズ・マテリアル vol.1 ザ・ビートルズ』(ミュージックマガジン)
 和久井光司さんの著書です。いつもながらに細かい紹介ですが、本当の意味でコンプリートな紹介になっていない点が残念。

 和久井さんならコンプリート本が作れるだろうに、その点が物足りない。というか、足らない部分は自分で補うことにすればいいか。そう考えると、この本、これから自分で補完していく楽しみがあります。

e0021965_946694.jpg
『ランキング! ザ・ビートルズ』(シンコー・ミュージックMOOK)
 こちらはぼくもアンケートに答えさせていただきました。こういう企画は前代未聞。これはこれで面白いかもしれません。
by jazz_ogawa | 2013-03-21 09:49 | Works | Trackback | Comments(0)
e0021965_22191832.jpg
 3月も残すところあと2回の放送となりました。

 実は4月に番組編成の大改編が実施されます。終了するものもあれば新たに始まる番組もある。それに曜日や時間の移動まで含めると8割から9割くらいの変更があると聞きました。大変です。わが「Jazz Conversation」はどうなるのでしょう? 果たして生き残れるのか?

 おおいに気になるところですが、少なくとも今週と来週はいつもどおりのスタイルでいきましょう。ですから内容はこんな感じ。

Jazz Conversation #165(2013.3.20.放送)
①【23:00:楽器別特集(第30回:歌うトランペッター~パート1)】
②【23:20:マイルス・デイヴィスの真実(第140回:『イン・ア・サイレント・ウェイ』への布石)】
③【23:40:楽器別特集(第30回:歌うトランペッター~パート2)】

e0021965_22193081.jpg
 この番組がスタートした直後のことですが、「歌うジャズマン」という特集を組みました。そのときはあえてトランペッターを外したのですが、それはいずれ今回のような特集を組もうと思っていたからです。それをここで実現させておきましょう。

e0021965_22194181.jpg
「マイルスの真実」はまだ『イン・ア・サイレント・ウェイ』にたどりつけません。ずいぶん引っ張っていますが、あるときからじっくりやろうと居直ってしまったので、端折ることはせず、話したいこと、聴きたい音楽はすべて紹介する方針でいきます。

e0021965_22195590.jpg
 ということで、今回はキャノンボール・アダレイの演奏を聴きます。

 そして番組の最後に重大(でもないか)発表が。

 興味のある方は水曜日の23時にInterFMでお耳にかかりましょう。
by jazz_ogawa | 2013-03-18 22:21 | Inter-FM | Trackback | Comments(8)
e0021965_9281483.jpg
 ひとつは内輪話のようなものですが、InterFMが発行するフリーペーパー「It's about the MUSIC!」(3月22日発行)にインタヴュー記事が掲載されます。「Golden Ear」と題するインタヴュー・コーナーの第1回目ゲストがワタクシというわけです。

e0021965_9282527.jpg
 察するに、音楽を聴きわけるいい耳の持ち主を「Golden Ear」と呼ぶようで、それならぼくの耳は「Bronze Ear」以下だと思うのですが(苦笑)。

e0021965_9283570.jpg
 それからもうひとつはNHK-BSプレミアムで3月26日の23:45~26:44に放送される「日本人の愛する洋楽アーティスト50」という番組用のインタヴュー。

 番組のHPによればこんな企画だそうです。

NHK洋楽倶楽部では日本における洋楽史半世紀を振り返り、ベスト50アーティストを選出・紹介するスペシャル番組を放送します。当番組サイトで視聴者の皆さんからのアンケートを募り、その声を元に制作する、その名も「日本人の愛する洋楽アーティスト50」。日本人が本当に好きなアーティストは誰なのか? 秘蔵映像や関係者の声とともにベスト50を作成する、見応え充分の本格洋楽番組です。

e0021965_9285079.jpg
 ということで、自分でも意外なアーティストについてのコメントを頼まれました。なお、出演者は以下のとおり。

ナビゲーター:クリス・ペプラー
インタビュー出演:安齋肇 石田衣良 浦沢直樹 世良公則 高嶋政宏 Char 東儀秀樹 東野幸治 藤井隆 未唯mie みうらじゅん ムッシュかまやつ Rolly 他

e0021965_929034.jpg
 ぼくは当然「他」のひとりです(ヘッヘッヘ)。

 今月はもう1本、インタヴューを頼まれています。こちらは月末なので、またそのときにでも紹介します。
by jazz_ogawa | 2013-03-16 09:31 | Works | Trackback | Comments(2)
e0021965_8591622.jpg
 10日の日曜日に観てきました。派手なところはありませんが、ぼく好みのトリオ・ミュージックを満喫。

 久々に聴いた北川潔のベース・ワークにも磨きがかかっていて、ケニー・バロンのプレイにぴったりでした。

e0021965_8592744.jpg
 ドラムスのジョナサン・ブレイクは、シンバルもハイハットも低い位置にセッティングして独特の奏法を観せてくれました。スタイル的にはアル・フォスター風かしら。このひと、ヴァイオリン奏者ジョン・ブレイクの息子さんなんですね。

e0021965_8593887.jpg
 演奏前にはインタヴューもさせてもらいました。

「プレイするときはストーリーを頭の中で描いている」

「力でプッシュするような演奏はしない」

e0021965_8594815.jpg
 なるほど、現在のケニー・バロンのスタイルを物語るお言葉でした。

e0021965_90098.jpg
 ぼくは留学中、自分で勝手に各楽器の順位をつけていたんですが(笑)、そのときにピアノ部門で常に1位だったのかケニー・バロンです。ニューヨークのライヴ・シーンでもっとも魅力的なピアニストが彼でした。そのことを伝えたら嬉しそうな顔をしてくれました。

【出演メンバー】
Kenny Barron(p)
Kiyoshi Kitagawa(b)
Jonathan Blake(ds)
2013年3月10日 「南青山 ブルーノート東京」 ファースト・セット
by jazz_ogawa | 2013-03-14 09:01 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(4)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム