小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
e0021965_921485.jpg
 コンサート決定のニュースが報じられて以来、2月25日が来るのを心待ちにしていました。当日は万難を排し、万全を期して行きたい。2月に入ってからは指折り数えていました。

e0021965_92253.jpg
 普段はこんなことしないのですが、つてを頼って2階の指定席のチケットを入手。指定席は180くらいしかないので大変だったと思います。ありがたいことです。

e0021965_923627.jpg
 そして当日。座席指定なので直前に会場に向かってもよかったんですが、気持ちが落ち着かないので、早めに「Zepp Tokyo」へ。

e0021965_924752.jpg
 リンゴが日本で公演するのは18年ぶり。前回もその前も行きましたが、まったく変わっていません。独特の仕草も語り口調もおんなじ。このひと、どこかで歳をとらなくなってしまったのかもしれません。

e0021965_92564.jpg
 休憩なしの2時間。フロントのメンバー4人、スティーヴ・ルカサー(TOTO)、リチャード・ペイジ(Mr. Mister)、グレッグ・ローリー(Santana & TOTO)、トッド・ラングレンがそれぞれ交代で3曲ずつ歌う合間にリンゴがヒット曲や現時点での最新作『RINGO 2012』からの曲などを歌い、全部で24曲を披露。この間、ちょっと長めの「ブラック・マジック・ウーマン」をやっているときに舞台から引っ込んだだけで、あとは出ずっぱり。歌はもちろんのこと、最後まで飛んだり跳ねたりドラムスを叩いたりで元気いっぱい。ぼくにとっては最高の一夜でした。

 4月にはピート・ベストも来るし、こちらも楽しみ。

e0021965_9384.jpg
【セットリスト】
マッチボックス
明日への願い
ウィングズ
瞳の中の愛 (トッド・ラングレン)
エヴィル・ウェイズ (グレッグ・ローリー)
ロザーナ (スティーヴ・ルカサー)
キリエ (リチャード・ペイジ)
ドント・パス・ミー・バイ
バング・ザ・ドラム・オール・デイ (トッド・ラングレン)
ボーイズ
イエロー・サブマリン
ブラック・マジック・ウーマン (グレッグ・ローリー)
ハニー・ドント
アンセム
ユー・アー・マイン (リチャード・ペイジ)
アフリカ (スティーヴ・ルカサー)
エヴリバディーズ・エヴリシング (グレッグ・ローリー)
アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン
愛こそ証し (トッド・ラングレン)
ブロークン・ウィングス (リチャード・ペイジ)
ホールド・ザ・ライン (スティーヴ・ルカサー)
想い出のフォトグラフ
アクト・ナチュラリー
ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ ~ 平和を我等に

【出演メンバー】
Ringo Starr(vo、ds、key)
Todd Rundgren (g、b、vo)
Steve Lukather(g、vo)
Gregg Rolie(org、key、vo)
Richard Page(b、g、vo)
Mark Rivera(sax、key、vo)
Gregg Bissonette(ds、vo)
2013年2月25日 「Zepp Tokyo」
by jazz_ogawa | 2013-02-28 09:06 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(4)
e0021965_2372758.jpg
 InterFMでは4月に番組の大改編が行なわれるそうなので、「Jazz Conversation」もどうなるか? 昨年末でスポンサーがいなくなってしまいましたし、番組の反響もどうなのかよくわかりません。ということで首を洗って待っているところです。

 ですが局内の評判はいいみたいだし、取り敢えず自分が楽しめる番組を作っていればいいかな、と。っていうか、そういうことしかできませんし。いい形になりそうな予感もしているので、果報は寝て待てです。

e0021965_2374190.jpg
 それで次回が2月最後の放送となります。今回は、現在上映中の映画『アントニオ・カルロス・ジョビン~The Music According To Antonio Carlos Jobim』にちなみ「ジョビン・ソングブック」を特集します。映画とはまた違うジョビンのカヴァー・ヴァージョンを楽しんでいただけたらと考えています。

e0021965_2375570.jpg
 そしてゲストは、旧知の大橋美加さん。

e0021965_238756.jpg
 彼女が発表した新作『By Special Request』からいくつか歌を聴きながら、アルバムにまつわるお話をしていただきました。

 ということで、こんな内容になります。

Jazz Conversation #162(2013.2.27.放送)
①【23:00:アントニオ・カルロス・ジョビン・ソングブック~パート1】
②【23:20:Meet The Star(第118回:大橋美加)】
③【23:40:アントニオ・カルロス・ジョビン・ソングブック~パート2】

e0021965_2382210.jpg
 興味のある方は水曜日の23時、InterFMでお耳にかかりましょう。
by jazz_ogawa | 2013-02-25 23:27 | Inter-FM | Trackback | Comments(4)
e0021965_1436148.jpg
 上馬にある「Whisper」での「60年代音楽シリーズ」。再開1回目はジャズでいこうと考え(ただの思いつきですが)、テーマを「プレスティッジの60年代」としました。ご来場のみさん、どうもありがとうございました。

 前回が駒場東大前の「Orchard Bar」で昨年の4月にやりましたから、10ヶ月ぶりになりますか。今後は偶数月に「Whisper」で開催と考えていますのでよろしくお願いします。

e0021965_14362827.jpg
 プレスティッジは来年創業65年を迎えるんですね。50年代の作品が高く評価されていますが、60年代のアルバムにもいいものがたくさんあります。それらをみなさんと聴きながら、いつものように脱線ありのよもやま話に終始した約2時間。

 ためになる話はひとつも出なかったと思いますが、それでも楽しんでいただけたら嬉しいです。

e0021965_14364285.jpg
 それでこんな曲を聴いてみました。
1. Red Garland/Soul Burin'~『Soul Burnin'』(1960)
2. Eric Dolphy/Fire Waltz~『At The Five Spot Vol.1』(1961)
3. Jimmy Forrest/Crash Program~『Out Of The Forrest』(1961)
4. Gene Ammonz/Pagan Love Song~『Bad! Bossa Nova』(1962)
5. Kenny Burrell//Grease Monkey~『Crash!』(1963)
6. Booker Ervin/Come Sunday~『The Song Book』(1964)
7. Sonny Criss/The Days Of Wine And Roses~『This Is Criss!』(1966)
8. Pat Martino/Cisco~『El Hombre』(1967)
9. Jaki Byard/Shine On Me~『The Jaki Byard Experience』(1968)
10. Dexter Gordon/Fried Bananas~『More Power!』(1969)
11. Barry Harris/Ah-Leu-Cha~『Magnificent』(1969)

 本当は後半の1曲目に「Bobby Timmons/Someone To Watch Over Me」を用意していたんですが、前半がちょっと時間超過したのでこちらはカット。

e0021965_14365882.jpg
 今年は「ONGAKUゼミナール」を去年より少し活発にやることになりそうです。新しいシリーズも始めますし、お客さんが来てくれるかどうかとても心配しているんですが、そこは主催者の方々のご尽力にお任せするとして、ぼくはいつもどおり。

 今後の予定はすでにこのブログで紹介していますが、しつこく宣伝させてください。興味のある方は、よろしく、です。

3月9日(土) 『小川隆夫のONGAKUゼミナール~トーク&ライヴ』(第1回:ゲスト~佐藤允彦)
@代官山「Lezard(レザール)」 渋谷区猿楽町2-5 2F(03-3496-1374)
開場:18:30 開演:19:00 会費:3500円(フリー・ドリンク)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話で、または「こくちーず」
http://kokucheese.com/event/index/70216/まで。


3月23日(土) 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~in 雨ことばカフェ』(マイルスで聴くモダン・ジャズの変遷)
@ 雨ことばカフェ 長野県伊那市御園630-1(0265-98-7350)
開場:17:30 開演:18:00 会費:3000円(1ドリンク付き)
ご予約・問い合わせはお店まで info@amekotoba.com http://amekotoba.com/


4月6日(土) 『小川隆夫と聴くブルーノート・オリジナル10インチLP』
@ 銀座「Blue Eyes」 中央区銀座1-20-15(03-3564ー4155)http://www.miles5.co.jp/
開場:14:00 開演:14:30 会費:2000円(+1ドリンクオーダー)
予約・お問い合わせはhttp://kokucheese.com/event/index/72227/、もしくは「Blue Eyes」まで


4月27日(土) 『ONGAKUゼミナール~60年代音楽シリーズ 第17回:ブルース~ブルース・ロック』
@上馬「Jazz & Cafe Gallery Whisper」 世田谷区上馬1-32-3(03-5787-5794)http://whisper.co.jp/whisper/
開場:17:30 開演:18:00 会費:2500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせはhttp://kokucheese.com/event/index/72689/、もしくは「Whisper Jazz & Cafe Gallery」まで
by jazz_ogawa | 2013-02-24 14:38 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(2)
e0021965_2345724.jpg
 昨日は「Jazz Conversation」のリスナー招待を中心にした試写会が配給元である角川映画の試写室で開催されました。

e0021965_23452357.jpg
 これは2月9日から「角川シネマ有楽町」で開催されている「大人の音楽映画祭」と連動したもので、抽選に当たった25組50名様が集まってくださいました。

e0021965_23454042.jpg
 ぼくは試写の始まる前に15分くらいのトークを頼まれたので、ボサノヴァやジョビンについての紹介をさせてもらいました。

 この映画、ジョビンのドキュメンタリーですが音声は音楽のみ。ナレーションもありません。映像はライヴ・シーンや写真だけで、最初から最後までさまざまなひとが歌ったり演奏したりするシーンだけで構成されています。

 いってみれば映像版コンピレーション。それを通してジョビンがどれだけ世界中のひとびとに愛されているか、製作者はそんなことを伝えたかったのでしょう。

 いまはネット時代ですから、ジョビンのことにしてもボサノヴァのことにしても、情報は簡単に引き出せます。ですから余計な紹介は必要なし、音楽を存分に楽しんでください、という意図なんでしょう。こういう手法もありですね。

 登場するアーティストが多彩で、ジャズ系のひともいろいろ出てきます。マルシアや小野リサのライヴ映像も観ることができます(これ、なかなかいいです)。

 ジョビンの偉大さ、そして登場するアーティストたちの素晴らしさに、最初から最後まで目が釘付けになってしまいました。

 オープニングのモノクロ映像もよかったです。50年代と思われますが、古い旅客機が飛んでいる映像、それと車が連なってコパカバーナ(?)の海岸沿いや街を走るシーンがグッド。時代の雰囲気がよく出ています。一方通行なのに、路面電車だけが逆に走ってきてぶつかりそうになったり。どうでもいいことですが、この場面も含めてぼくはおおいに楽しんでしまいました。

e0021965_23455913.jpg
 なおこの映画は本日から3月8日まで「角川シネマ有楽町」で公開されています。

e0021965_23461075.jpg
 こちらもぼくのおすすめ。
by jazz_ogawa | 2013-02-23 00:04 | Works | Trackback | Comments(0)
e0021965_11264596.jpg
 先週の土曜日(16日)、北村英治さんの事務所でインタヴューをさせていただきました。

 北村さんにはちょうど1年前、「Jazz Conversation」のスタジオにお越しいただき、「証言で綴る日本のジャズ」にゲスト出演していただいたことがあります。夏に心臓の具合が悪くなったそうですが、現在はお元気で活動を再開しています。

e0021965_1127099.jpg
 人生の大先輩ではありますが、心臓病に関してはぼくのほうが先輩。そんな話題でも盛り上がりました(?)が、本題はスイング・ジャズについてのお話。

 春にユーキャンから通販で出るスイング・ジャズの10枚組ボックス・セット用のインタヴューです。ボックスに付属する解説書の監修を頼まれ、それならぜひ北村さんにお話をうかがおう、そう思って今回のインタヴューが実現しました。

e0021965_11271119.jpg
 ただし無理は禁物。「北村さんの体調がよろしければ」とお願いしたところ、ありがたいことに快諾していただけました。

e0021965_11272328.jpg
 北村さんは相変わらずの名調子。すっかり体調が良くなられたようで、ベニー・グッドマンや大親友だったテディ・ウィルソンの思い出で話は尽きません。あとでまとめるのが大変。なにせ話術の達人ですから、すべてが面白い。それをぼくの稚拙な文章でつまらないものにしたらそれこそ失礼というもの。責任重大です。

e0021965_11273315.jpg
 お疲れになるといけないので短時間で切り上げるつもりでしたが、思いのほか長居をしてしまいました。ですが北村さんの楽しげなご様子を拝見し、これからもまだまだお元気で素敵なジャズを聴かせていただけると確信できました。本当にありがとうございました。

  
by jazz_ogawa | 2013-02-21 11:28 | Works | Trackback | Comments(2)
e0021965_22412068.jpg
 今週のInterFMは「Live! Live! Live!」と題された特別な1週間。「Live」をテーマに、臨場感あふれるライヴ音源の数々をお送りしています。

e0021965_22414033.jpg
 ということでわが「Jazz Conversation」もライヴ特集。ニューヨークと東京の「ブルーノート」でライヴ・レコーディングされたアルバムから選曲してみました。

e0021965_22415272.jpg
 しかもディレクターが掛け合ってくれて、3月10日に「ブルーノート東京」で行なわれる「ケニー・バロン 70th バースデー・セレブレイション」に2組4名様をご招待。興味のある方は番組をお聴きください。

e0021965_22421284.jpg
Jazz Conversation #161(2013.2.20.放送)
①【23:00:ライヴ・アット・ブルーノート~パート1(ニューヨーク編)】
②【23:20:マイルス・デイヴィスの真実(第138回:ジョー・ザヴィヌルが参加)】
③【23:40:~ライヴ・アット・ブルーノートパート2(東京編)】

 それでは水曜日の23時、InterFMでお耳にかかりましょう。
by jazz_ogawa | 2013-02-18 22:42 | Inter-FM | Trackback | Comments(0)
e0021965_1072075.jpg
 昨日の午後、六本木にある「ビルボードライブ東京」で開催されたコンベンションに行ってきました。出演したのはホセ・ジェームスと社長に就任したドン・ウォズ。

e0021965_1073425.jpg
 ジャズの名門ブルーノートは新体制の元でさらなる発展を遂げようとしています。

e0021965_1084739.jpg
 常に新しい動きを紹介してきたブルーノートですから、ドン・ウォズを社長に迎えたことでどのような変化が生じるのか? そこに期待しています。

e0021965_1085738.jpg
 なにせアーロン・ネヴィルの新作『マイ・トゥルー・ストーリー』では、プロデューサーにキース・リチャーズを迎え、全曲で彼のギターが聴けるという、ブルーノートとしては考えられないアルバムを作ってしまったドン・ウォズ。

e0021965_109719.jpg
 社長に就任して1年、そろそろ体制固めと方針がはっきりしてきたのではないでしょうか。そんなことを実際に肌で確かめることができたのが昨日のコンベンションでした。

e0021965_1092182.jpg
 最初に、お馴染みの行方均さんが出てきてブルーノートの概略を紹介。

e0021965_1093258.jpg
 続いてドン・ウォズが紹介され、今後の予定など。

e0021965_1095279.jpg
 その後は行方さんがインタヴューアーになって、ドン・ウォズからさらなる具体的な計画を聞き出してくれました。


e0021965_1010617.jpg
 最後はミニ・ライヴを披露するホセ・ジェームスもステージに呼び上げて紹介。

e0021965_10123998.jpg
 ステージでは先月移籍第1作として発表された『ノー・ビギニング・ノー・エンド』からの曲を数曲。

e0021965_10125056.jpg
 ゲストのエミリー・キング(初来日)とも2曲をデュエット。

e0021965_1013216.jpg
 この『ノー・ビギニング・ノー・エンド』は日本でもヒット中。

e0021965_10131627.jpg
ホセ・ジェームスは来月、バック・バンドの日本人トランペッター黒田卓也のリーダー作をプロデュースするとのこと。しかもこのアルバム、ブルーノートから発表されるというのですから素晴らしい!

 そして、来年はチャーリー・ワッツのオーケストラ作品がブルーノートから登場予定とか。さすがストーンズのプロデューサーでもあるドン・ウォズ。今後のブルーノートはこれまで以上に期待大です。

【出演メンバー】
Jose James(vo)
Emily King(vo, g)
黒田卓也(tp)
Corey King(tb)
Kris Bowers(key)
Solomon Dorsey(b)
Richard Spaven(ds)
2013年2月15日 「六本木 ビルボードライブ東京」
by jazz_ogawa | 2013-02-16 10:17 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(4)
e0021965_856271.jpg
 日比谷の「シネマ・シャンテ」で観てきました。最近はリタイアしたひとを主人公にした映画が多いですね。それともぼくがそういう映画に関心を持つようになったから、観る比率が高くなったのかしら。30歳若かったらこの映画を観たかどうかわかりません。

 どうやって老後を過ごすか。そういうテーマが身近に迫ってきているので、親身になって観ることができます。が、しかし、現実をひしひしと感じている身となれば、たいていの映画は参考になりません。しょせんドラマの中の出来事。自分に置き換えたら「有り得ない」話ばかりです。

 が、しかし、それでも観て楽しんだり感動したりします。身近なことを想定しつつ、心の中ではドラマと割り切って観ているんでしょうね。だからこの映画も、「羨ましい老人たちの物語」として観つつ、同時に「ちょっと悲しい晩年を迎えているひとたちのドラマ」としても観ていました。

e0021965_8555535.jpg
 心にどこまで残るかはなんともいえませんが、悪い映画じゃなかったです。後味もわりとよかったし。こういう老後の過ごし方も悪くないかも。でもきっと環境に慣れるのに大変だろうな、集団で暮らすのはストレスが貯まるだろうな、などとネガティヴ・シンキングに陥りはしましたが、映画の中の話(他人事)であるなら充分に羨ましい老後ではありました。ぼくは「マリーゴールド・ホテル」で暮らしたいとは思いませんが。
by jazz_ogawa | 2013-02-14 08:58 | 映画&DVD | Trackback | Comments(0)
e0021965_1401629.jpg
 次回の「Jazz Conversation」は1時間丸ごと「証言で綴る日本のジャズ」をお送りします。迎えて6回目となる今回のゲストは渡辺貞夫さん。

e0021965_1402872.jpg
 昨年の12月には「ミート・ザ・スター」にも出演していただきましたので、今回は2回目の登場となります。

e0021965_1403939.jpg
 サダオさんのキャリアは60年以上ですから、そのすべてを1時間の枠でカヴァーすることは無理な話です。そこで今回はデビューから60年代末までのお話を聞かせていただきました。

e0021965_1404810.jpg
 ボストンのバークリー音楽院から戻ってきたのが65年秋のこと。ぼくがサダオさんのライヴを初めて観たのは翌年の新宿「ピットイン」。そこですっかりノックアウトされて、以来今日まですっと聴き続けてきました。

e0021965_1405950.jpg
 そのサダオさんから直接当時のお話を聞くことができて、ぼくはなんという幸せ者でしょう。サダオさんも気さくに当時のことを振り返ってくださいました。それだけに話は尽きず、いろいろ曲も用意はしておいたんですが、すべてがサワリだけになってしまいました。

e0021965_1411267.jpg
 ということなので、次回はトークが中心の1時間となります。興味のあるかたはぜひ水曜日の23時にチャンネルをInterFMに合わせてください。

 そうそう、映画の試写会ご招待もあります。

Jazz Conversation #160(2013.2.13.放送)
①【23:00:証言で綴る日本のジャズ(6)~渡辺貞夫】

e0021965_1412318.jpg

by jazz_ogawa | 2013-02-11 22:55 | Inter-FM | Trackback | Comments(6)
e0021965_13395698.jpg
 初めてのホールです。客席500という手頃なサイズで、ふたりのピアノ・デュオを堪能してきました。本業があったため、開演の7時には少し間に合わなかったんですが。

 小曽根さんとエリスのデュオは昨年の「東京Jazz 2012」で体験済み。ふたりで吹き込んだアルバムも聴いていますし、なんとなくどんな感じになるかは予想がついていました。しかしその予想をはるかに超えて素晴らしい協調性とインタープレイが楽しめました。

 このふたり、親子ほどの年齢差があります。ですが丁々発止と繰り広げられたデュエットは、エリスのモダンな感性と小曽根さんの幅広い音楽性によってさながら万華鏡のように多彩な広がりを見せてくれました。

 どちらかのスタイルに合わせるようなことはふたりとも一切しません。妥協もなし。自分の持ち味を存分に発揮しながらの一体感。そこが見事でした。どんな展開になるのかは、実際に演奏が始まってみないとわからない。そのスリリングな楽しさは、ピアニストとしてふたりが抜きん出た才能の持ち主であるからこそのもの。

 家からはちょっと離れた青葉台でのコンサートでしたが、心が温まる内容に、心地のいい気分で家路につくことができました。

【出演メンバー】
エリス・マルサリス(p)
小曽根真(p)
2013年2月7日 「青葉台 フィリアホール」


e0021965_1330329.jpg
 そして翌日はおふたりの対談の司会・進行を務めさせていただきました。これは雑誌『Jazz Japan』用のもの。テーマは「親から子へ受け継がれるジャズの伝統」。

e0021965_13304691.jpg
 おふたりのフリー・トークという形で、あっという間の1時間でした。

e0021965_13305940.jpg
 この模様は3月売りの「Jazz Japan」で紹介できるかと思います。
 
by jazz_ogawa | 2013-02-10 23:04 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム