小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧
e0021965_1346213.jpg
 今回はストーンズ関連の紹介です。まずはこれから。

『チャーリー・イズ・マイ・ダーリン』(EU+US盤/国内仕様盤)
『チャーリー・イズ・マイ・ダーリン』(US盤)
 今回は①DVD ②Blue-Ray Disc ③スーパー・デラックス・エディション(DVD+Blue-Ray Disc+2CD+10インチLP)の3種類が登場。

e0021965_13462256.jpg
 ③を買えば①と②も含まれるのでこの「スーパー・デラックス・エディション」を購入。

e0021965_13465369.jpg
 それにしてもこの国内盤の構成が面白いです。パッケージがUS製、DVDとBlue-Ray Disc(どちらも日本語字幕付)と10インチLPがEU製、そしてCDが日本製(SHM-CD仕様)というもの。

 それでUS盤も購入したんですがこちらはすべてがUS製でした。EU盤もパッケージはUS製でしょうから、これはパス。

e0021965_1347643.jpg
 それで、これはハード・カヴァー本とポスター

e0021965_13471916.jpg
 これが10インチLP。

e0021965_13473078.jpg
『Light The Fuse - A Bigger Bang In Toronto 2005』
 新たに2005年のライヴがダウンロードできるようになっていたのでこちらも購入。

e0021965_1347433.jpg
e0021965_13475234.jpg
『Ladies & Gentlemen / Stones in Exile / Some Girls』(US盤)
 Anniversary EditionということでDVD3作をパッケージしたもの。そんなに高くないので買っておきました。

e0021965_1348680.jpg
『ROLLING STONES』(US盤)
 今年の「BLACK FRIDAY/RECORD STORE DAY(11月23日)」限定商品にストーンズの7インチEPが。シングル盤ではなく、64年1月にリリースされた4曲入りの初EP。5000枚限定だそうです。

e0021965_13481992.jpg
『ナウ・ルック』(国内盤)
『俺と仲間』(国内盤)
 9月にワーナーミュージック・ダイレクトから限定で出たロン・ウッドのソロ作2枚が11月22日に一般発売されました(カタログ番号が異なります)。ということで、9月に発売された2枚と一緒にパチリ。
 上がワーナーミュージック・ダイレクト盤。

 ところで4ヴァージョンで出ているベスト盤の『GRRR!』も手元に揃ってきたんで、そろそろ整理して紹介しないと。
by jazz_ogawa | 2012-11-30 13:51 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(0)
e0021965_19173498.jpg
 ビートルズのソックリさんバンドは世界中で無数にありますが、この『レイン~ビートルズに捧ぐ』と題されたパフォーマンに登場した4人組(レイン)はかなりのハイレヴェル。

e0021965_19175229.jpg
 26日に渋谷「ヒカリエ」内にオープンした「東急シアター オーブ」で観てきました。

 70年代の終わりにブロードウェイで話題になった『ビートルマニア』(ぼくはオリジナルキャストによるショーを2回観ました、エッヘン)とほとんど同じ趣向で、服装も含めてビートルズの歴史を音楽でたどるのが『レイン~ビートルズに捧ぐ』です。

e0021965_1918529.jpg
 ステージは「エド・サリバン(こちらもソックリさんが映像で登場)・ショー」に出演したところから始まり、それぞれの時代の衣装を着て、ライヴの模様などを再現。両脇とバックのスクリーンに当時を伝える映像とかTVのCFとかが流されるのも『ビートルマニア』を踏襲しています。

 気になったのはポール役が右利きだったこと。これは、ちょっとね?? です。ブロードウェイで上演された演目なんですから、オーディションでいくらでも左利きのポールさんを探すことができたと思うんですけど、何かそうできない理由があるのかしら?

e0021965_19182352.jpg
 こちらは会場で売られていたレインのCD。

e0021965_19183947.jpg
 ビートルズのコピー・バンドといえば、ブログで紹介していなかったんですけど、iTunesで配信されている日本人3人組The Bootlesによる『red』というアルバムが見事です。

 これには面白い裏話があります。The Bootlesのサイトから引用しておきます。

「2011年11月半ば、Beatlesの未発表音源が発売されるという噂が、Twitterを中心に駆け巡った。アルバムタイトルは『red』。67年初頭、『サージェント・ペパーズ~』制作直前に作られたが、歌詞の内容が不適切の為マスターテープの没収となり、数十年の月日を経てこのたび陽の目を見ることになったというものだ。発売を告知するサイトが立ち上げられ、ポールやリンゴ、ジョージ・マーティンのインタビューや曲の雰囲気、使用楽器なども詳細に書き記されていた」

「これは2ch発信のデマで、Beatlesが未発表音源を出すことなどないのだった。このやり場のない気持を一体どこへ持っていけばいいのか? そしてここに期待に振り上げた拳を、下ろすすべを知らない3人の男たちがいた。The Bootles」

「Beatlesが未発表音源を出さないなら、自分たちで作ってしまえ! 彼らは偽サイトに記されている通りの仕様で、Beatlesを再現することを思い立ったのだった」

e0021965_19185773.jpg
 というのがこのアルバムです。これ、サイケデリックなビートルズで、内容は最高。ビートルズそっくりのコピーもいいけれど、こういう遊び心で音楽を作ってしまった彼らに敬服します。

e0021965_19191159.jpg
 なおThe Bootles名義ではもう1枚、iTunesでネット配信されている『a tribute to the Beatles』というコピー・アルバムも存在します。

 ただし、こちらはどうやら違うグループみたい。
by jazz_ogawa | 2012-11-29 19:22 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_14254294.jpg
 明日は11月最後の「Jazz Conversation」になります。内容はこんな感じ。

Jazz Conversation #149(2012.11.28.放送)
①【23:00:ストーンズ・ジャズ~パート1】
②【23:20:マイルス・デイヴィスの真実(第132回:ハンコックの退団)】
③【23:40:ストーンズ・ジャズ~パート2】

e0021965_1426248.jpg
 10月にはメジャー・デビュー50周年を勝手に祝い、「ジャズで聴くビートルズ」なる特集を組みました。同じ50周年の節目にビートルズをやってストーンズをやらないのではロックが本籍地のぼくとしては按配がよろしくない。

e0021965_14261742.jpg
 ということで、明日の特集は「ストーンズ・ジャズ」。自分でいうのもなんですが、結構いい選曲になったんじゃないかしら。

 興味のある方は23時にInterFMでお耳にかかりましょう。
by jazz_ogawa | 2012-11-27 14:27 | Inter-FM | Trackback | Comments(0)
e0021965_1044610.jpg
 先日自慢したリトグラフを額装してもらいました。思ったとおり額のほうが高くなってしまいましたが、いい感じでしょ。

 でも飾る場所がない(苦笑)。

 ニューヨークのアパートの壁にはジョンの大きなリトグラフもあるんですが、それと並べてみたい気もします。でも運ぶのが大変そう。

e0021965_105295.jpg
 これも大きすぎて(額装すると高さが1メートルくらい)、とてもじゃありませんが飾れません。

e0021965_1051288.jpg
 アンディ・ウォホールのサインと

e0021965_1052237.jpg
 ミック・ジャガーのサインもあります。

e0021965_1053383.jpg
 そしてマイルスの一筆書きのような絵。これも大判で、かなり高い額に入れてもらいました。

e0021965_1054943.jpg
 サインのほかにぼくの名前も書いてくれました。

e0021965_106047.jpg
 ノート・パッドに書かれた絵ですが、この額も高かったです。

e0021965_106122.jpg
 孫にも衣装で、額にはお金をかけます。
by jazz_ogawa | 2012-11-26 10:07 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(8)
e0021965_1235380.jpg
 ボックス・セットもかなり低価格で出ているので、気になるものを買うのも楽しみのひとつです。

 コロムビアから出ているコンプリート物とReal Jazz Musicから出ている4枚組もいろいろ買いましたが、そちらはいずれ気が向いたら紹介することにして、今回はそれ以外のボックスを。

e0021965_1241132.jpg
e0021965_1241987.jpg
『Joni Mitchell/Studio Albums 1968-79』(EU盤)
 最初の10枚(スタジオ録音のみ)がパッケージされたボックスです。

e0021965_1242995.jpg
e0021965_1243766.jpg
『Chicago/Studio Albums 1968-78』(EU盤)
 こちらも同じ。ライヴを除くスタジオ録音10枚組。ジョニ・ミッチェルのアルバムはすべてがダブル・ジャケット仕様になっていましたが、こちらはすべてがシングル・ジャケット。そこが物足りないですが、値段が値段なのでまあいいか。

e0021965_1244814.jpg
e0021965_1245757.jpg
『Machine Head: 40th Anniversary Deluxe Edition』(EU盤)
 こちらはCD4枚とDVD Audioのディスクが1枚の5枚組ボックス。ハード・カヴァーのブックレット付です。

e0021965_125916.jpg
e0021965_1251773.jpg
『Elvis Plesley/Prince from Another Planet』(US盤)
 1972年にMSGで開催されたコンサートを2公演分収録したCD2枚とドキュメンタリー的なDVDをパックしたもの。

e0021965_1253032.jpg
e0021965_1253943.jpg
『レッド・ツェッペリン/祭典の日(奇跡のライヴ)』(国内盤)
 こちらは5ヴァージョン出ましたが、ビートルズやストーンズではないためデラックス・エディション(CD+DVD+ボーナスDVD)を買うにとどめました。
by jazz_ogawa | 2012-11-25 01:27 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(4)
e0021965_9483492.jpg
 封切り初日の昨日、六本木の映画館で観てきました。

 クリント・イーストウッドは前作『グラン・トリノ』で俳優業から足を洗ったものと思っていたのですが、またまた心に残る作品に出演してくれました。

 ただしこのひとの演技や登場人物のキャラクターはいつも同じ。今回も頑固親父というか頑固爺さん役で、独特の味わいを醸し出します。

e0021965_9484933.jpg
 ぼくも世間的にはそろそろ老境に差し掛かっています。ところが、困ったことに自覚がない。相変わらず高校生気分で毎日を過ごしています。このギャップ、それをこれからは年々、これまで以上に感じるようになっていくんでしょうね。

 若い人は親の世代を考え、年輪を重ねたひとは若い世代に思いを巡らせる。そんな気分になれる映画じゃないでしょうか。

 素直に自分の気持ちを口に出せない恥ずかしがり屋で頑固者。この気持ち、よ~くわかります。

e0021965_949166.jpg
 この映画、原題より邦題のほうがはるかにいいです。そして、映画の力ってやっぱり大きいですね。

 とてもいい気持ちで映画館を出ることができました。いまも「ユー・アー・マイ・サンシャイン」のメロディと歌詞が心の中で響いています。
by jazz_ogawa | 2012-11-24 09:51 | 映画&DVD | Trackback(2) | Comments(2)
e0021965_9393116.jpg
 週末に観てきました。基本的には面白かったですが、脇が甘いというか、こんなことしていたらすぐに捕まっちゃうだろうなという場面が何度もあり、そちらが気になりました。

e0021965_9395248.jpg
 たとえば防犯カメラには気をつけても指紋には無頓着。早朝に死体を道頓堀川(?)に流しますが、いくら早朝だって、フツー繁華街の岸辺からは流さないでしょう。誰かに見つかること請け合いです。

e0021965_940129.jpg
 理解力が乏しくなっているので、主役ふたりの人間関係が最後までよくわかりませんでした。でもテンポがよかったので、2時間以上の映画でもだれるところがほとんどなかったです。そこはさすが井筒監督。
 
e0021965_9403025.jpg
【覚え書き】
 どうでもいいことですが、先日ERのシーズン8・エピソード19を観ていたらニューヨークのアパートが映っていました。登場するのは終盤の42分17-22秒と44分9-16秒の2シーンです。かなりバッチリ映っています。
by jazz_ogawa | 2012-11-22 09:43 | 映画&DVD | Trackback | Comments(0)
e0021965_16281766.jpg
 先週の特集、「ご長寿ミュージシャン集合」はいかがでしたでしょうか? 今週はその後編です。

e0021965_16283517.jpg
 この特集、放送では年上のひとから紹介しているので、だんだん若くなっていきます。といっても、最年少で81歳ですから。

e0021965_16285210.jpg
 基準は80歳以上のアーティスト。ということで、「ミート・ザ・スター」のゲストも今年80歳になったミシェル・ルグランです。

 それにしても、みなさんお若い。まだまだ現役バリバリのひとたちです。ジャズ・ミュージシャンは長生きするんでしょうか? 若死にしたひともいろいろいますが、さまざまな試練(?)をかいくぐってきたひとたちは健康にも留意しているんでしょう。

e0021965_1629414.jpg
 みなさんに共通しているのは、ツアーを楽しんでいることです。世界中を旅して、美味しいものを食べ、ファンにチヤホヤされ、スタッフからは大切にしてもらえる。こんな稼業はやめられない。これまでに出会った多くのご長寿ミュージシャンがこう仰っていました。ルグランさんもそんなひとりでした。

e0021965_16291642.jpg
 それと、ひと前で演奏するのいい刺激になるんでしょうね。

 ということで、今回の内容はこうなります。

Jazz Conversation #148(2012.11.21.放送)
①【23:00:ご長寿ミュージシャン集合~パート3】
②【23:20:Meet The Star(第113回:ミシェル・ルグラン)】
③【23:40:ご長寿ミュージシャン集合~パート4】

 21日の水曜日、23時からはInterFMに集合です。
by jazz_ogawa | 2012-11-19 23:58 | Inter-FM | Trackback | Comments(4)
e0021965_9482948.jpg
 初めてのトーク・イヴェントをやらせていただきました。

e0021965_949166.jpg
 ここは10月にカメラマンの内山繁さんがオープンしたカフェ&ギャラリー。

e0021965_9491881.jpg
 というわけで、マイルスから「my photographer」と呼ばれた内山さんとのマイルス談義をやってみたんですが、ぼくはとても楽しめました。ご来場のみなさんはどうだったでしょうか? ぼくらと一緒に楽しんでいただけたのなら嬉しいですけど。

 内山さんと知り合ったのはニューヨークに留学していたときのこと。彼は「スイングジャーナル」から派遣され、「クール・ジャズ・フェスティヴァル」の取材に来ていました。ぼくは、その「スイングジャーナル」がチャーターしたバスでサラトガのジャズ・フェスティヴァルに行ったんですが、そのときとなりに座ったのが内山さん。

e0021965_9493181.jpg
 やがてぼくも「スイングジャーナル」で原稿を書くようになり、そうして内山さんとは内外のあちこちで一緒に取材をするようになりました。中でもマイルスの取材は、怖かったけれど楽しかった思い出です。

e0021965_9494966.jpg
 その話をはじめたら内山さんもぼくもやめられない止まらない。事前にふたりにとっての思い出の曲をそれぞれ選んでおいたのですが、そちらはBGMにして、最初から最後まで喋りっぱなしになってしまいました。

e0021965_950092.jpg
 内山さんのお店、こじんまりとしてなかなかいいです。というわけで、来年の2月からここで定期的に「ONGAKUゼミナール」をやることにしました。

 その前に、現在決まっているものをふたつ紹介しておきます。

e0021965_950139.jpg
12.01. 『小川隆夫と聴く100%PURE LP―ストーンズからジャズまで』
@銀座「BLUE EYES」 中央区銀座1-20-15(03-3564-4155)http://www.miles5.co.jp/14:00時開場、午後14:30開演
会費:2000円(+1ドリンクオーダー・ミニマム)
ご予約・問い合わせ:お店までお電話で、または「こくちーず」http://kokucheese.com/event/index/56834/からお願いします。
 こちらはおかげさまで満席となりました。現在はキャンセル待ちを受付中です。
e0021965_9502831.jpg
01.19. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第25回「歌うジャズマン」)
@Bar le sept銀座 18:00~20:00PM 会費3000円(w/1 drink)
予約・お問い合わせはhttp://kokucheese.com/event/index/62528/、もしくは「le sept」(Tel:03-5537-2388)まで。
by jazz_ogawa | 2012-11-18 09:53 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(7)
e0021965_1483040.jpg
 11月になって、ビートルズとストーンズ関連のものが溜まってきました。それで今回はビートルズ関連から。

 写真は50周年を記念した『Love Me Do/P.S. I Love You』。
オリジナル盤(左上)
EU盤/今回の回収盤(右上)
EU盤/今回の再プレス盤(左下)
EU盤/国内仕様盤(右下)

 以前このブログで回収盤のことは自慢しましたが、10月下旬に正規のテイクに直したヴァージョン(再プレス盤)が市販されました。

 国内盤はこの再プレス盤に日本語のステッカーと歌詞カードをつけたものです。なのでEU盤は買わなくていいのですが、そちらが先に出たことと、値段が安かったこととで、押さえておきました。US盤は出ていないようです。

e0021965_1484040.jpg
 それで回収盤(左)と再プレス盤を見比べていたら文字の色に違いがあることがわかりました。

e0021965_1485331.jpg
 回収盤は灰色。

e0021965_149349.jpg
 再プレス盤は銀色。

e0021965_1491261.jpg
 50年前に出たオリジナル盤(左)と再プレス盤は同じ銀色です。

e0021965_1492247.jpg
『The Beatles BOX』(EU盤/国内仕様盤)
『The Beatles BOX』(US盤)
 これが今回一番の大物。段ボールで送られてきました。

e0021965_1493556.jpg
 重いので両方を一緒には持てません(苦笑)。
 
e0021965_1494518.jpg
 国内盤はEU盤に解説書と帯をつけたものなので、今回はこちらとUS盤を買えばOK。

 とはいうもののこの帯が曲者で、ボックスと単体で販売されているものでは若干の違いがあります。違いはボックス表記および定価表記の有無ですが、さすがにボックスを2セット買ったぼくとしては、単体の16枚は買いません。

e0021965_1410048.jpg
 最初、US盤はAmazonで予約したんですが、「US盤は入荷しなくなった」との連絡がありました。それで「US盤はプレスされないのか」と思ったのですが、ちゃんとUS盤も作られていました。

e0021965_14101243.jpg
 こちらがEU盤。違いは明白です。

e0021965_14102381.jpg
『Holidays Rule』(US盤)
 こちらはオムニバスのクリスマス・アルバム。メル・トーメが作った「ザ・クリスマス・ソング」をポールが歌っています。いまのところUS盤しか出ていないようです。

ポールがウイングス時代にリリースしたクリスマス・ソング「Wonderful Christmastime」のカヴァー(The Shins)も収録されています。

e0021965_14103823.jpg
『ライヴ・キス 2012』(輸入盤/国内仕様盤)
 これはDVDとBlue-Ray Discが出たので国内盤で両方を揃えました。パッケージは外国製(EUかUSの表示が見当たらないので、どこのものかわかりませんが)でディスクが国内盤。サイズの大きなパッケージがDVDです。どちらも40pのハード・カヴァー・ブックレット仕様です。

e0021965_14121915.jpg
『EL TOPO (OST)』(US盤)
 アップルから出た映画『エル・トポ』のサウンドトラック。アヴァンギャルド路線のサウンドで、ジョージの『不思議の壁』にも参加しているジョン・バーラムによるスコアです。LPも出る予定ですが、いまのところ入荷していません。

 こういうのはそんなにほしくないんですけど、「出たら買う」という決意にブレはありません(馬鹿か!)。

 ストーンズ関連のものも少し揃ってきましたが、とりあえず今日はここまで。
by jazz_ogawa | 2012-11-16 14:16 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(0)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム